高校教師の仕事内容にはどんなイメージがありますか?

ほとんどの方が高校を卒業する時代ですので、なにかしら思い出に残っている教師もいるかもしれませんね。

高校教師なんてただ授業をしているだけじゃないのと思っている方や、高校教師という職業に興味や憧れを持っている方々に向けて、少しでも高校教師が身近に感じてもらえるように、授業だけじゃない高校教師の仕事内容についてお話しさせていただきます。

「高校教師」が自分に向いているか診断するにはこちら →

高校教師の仕事は大きく4個の役割に分けられる

教科担当

高校教師の仕事と言えば、まずイメージするのは授業を行なうことではないでしょうか。

学習指導要領に則って、自分が担当する教科の授業を行います。

高校の教科は大まかに普通教科と専門教科に分かれており、それぞれ専門性が高まるため、教師自身の勉強も日々必要となります。

教科ごとに科会と呼ばれるものがあり、全ての教師がそれぞれの科に所属しています。

授業を行うといっても、授業の前に教室に来て50分間授業をするだけが仕事ではありません。

自分が行う授業の前に、どんな授業を展開していくのかを考える「授業準備」の時間が非常に重要で大切になってきます。

授業の内容をしっかり理解して授業に臨むことはもちろんですが、50分の授業の中で生徒を飽きさせないように導入、展開、まとめといった大まかな授業構成を考え、生徒が授業内容を理解しやすいように、事前に授業の下準備やプリントなどを作成してから授業を始めます。

クラス担当

担任や副担任と呼ばれる教師の役割です。

クラス担当となるとクラス運営という大きな仕事を行うことになります。

自分のクラスの男女の割合や成績・進路希望など、クラスの雰囲気や生徒一人ひとりのことを考えて、一年間どういったクラスにしていきたいのか、自分の理想とするクラスになるよう、指導・運営して行くのです。

朝・夕のホームルームでの話や日誌のやりとりなど、生徒一人ひとりに向き合って、日々信頼関係を築いていくような行動が必要になります。

行事などもクラスごとに行うものも多く、高校生ともなると自分たちでやりたい気持ちも大きくなってくるので、どこまで自主性を持たせて生徒を導いて行くのか常に悩むところです。

生徒が主役の体育祭や文化祭ですが、その準備や土台づくり、生徒達のモチベーションの上げ方など、クラスごとの雰囲気があるので、教師も悩みながら生徒を支えています。

また、生徒の親との関わりも多くなってきます。

授業態度が心配な生徒がいれば保護者への連絡を行い、常に近い立場から生徒や保護者と向き合うのもクラス担任の使命です。

部活動指導

部活動の顧問が行う業務のことです。

部活動の指導は多くの教師が担うことになるでしょう。

大まかな仕事内容は、放課後や場合によっては、早朝や土曜・日曜・祝日関係なく、生徒が活動している時に、生徒への指導・監督を行わなければいけません。

部活の担当は、個人の意思とは関係なく決まってしまう場合もあり、時には全く経験がなく、全く知らない部活動の指導も行わなければいけません。

校務分掌

学校全体の業務を廻していくために、教師は様々な役職についています。

それぞれいくつかの役割を担当しており、その校務ごとに学校での役割が変わってきます。

多くの教師がやっている仕事といえば、総務、教務と呼ばれる仕事でしょうか。

その業務にしては、あとから説明を行ないます。

そのほかにも、生徒指導や進路指導、特別活動指導、保健・体育、図書、人権・同和教育、事務など校務分掌は多岐に渡ります。

「高校教師」が自分に向いているか診断するにはこちら →

教科担当の3個の業務

授業前

授業の前には、授業準備を行います。

具体的には、授業で使用するプリントの作成や小テストの準備などです。

授業時間の組み立てなど、その時間を使って生徒にどんなことを理解してほしいか、理解させなければならないのか、しっかりと自分なりのポイントを持って授業へ臨みます。

授業中

50分間の授業の中で常に生徒を飽きさせず、授業の内容を分かりやすく理解してもらうために、どうすればいいのだろうかと考えながら授業を行います。

また、授業態度がよくない生徒や寝てしまう生徒へは、容赦なく教科書を読ませたり、指名して答えさせます。

さらに、生徒が考えて授業に取り組めるよう、プリントや小テストを利用する場合もあります。

授業後

授業後は、その日行った授業の進捗状況の確認や、テストまでの進み具合の確認を行い、今後の授業計画を立てたり、授業で小テストなどを行っていれば、その採点なども行います。

学期毎に授業時間は決まってくるので、授業の進捗状況を確認しつつ、今後の授業の構成や段取りを考えて、次の授業へと進んでいきます。

クラス担当の3個の業務

ホームルーム担当

生徒の側から見ると、クラス担任の最も分かりやすい仕事は朝夕のホームルーム担当でしょうか。

連絡事項をただ伝えるだけではなく、生徒一人ひとりの状況や体調を確認したり出来る時間ですので、教師もこの時間を大切にしています。

時間がとれずに連絡事項の確認のみの場合もありますが、やはり生徒一人ひとりの顔を見て話すことが大切になってきます。

学校行事の時の準備

学校行事での取り組みによってクラスの雰囲気が全く違ってきます。

思い出に残りやすいのは体育祭や文化祭の取り組みでしょうか。

その他にも、クラスマッチやクラス対抗のイベントなども、生徒が一致団結する良い機会となります。

その分トラブルや大変なことも多いですが、学校行事を楽しめるように、教師は縁の下の力持ちとして、生徒達のサポートを行います。

進路相談・進路指導

学年ごとにクラス担任としての進路指導は異なってきますが、高校1年生から進路希望調査は行いますので、それを基にした面談を行い、生徒の性格なども考えつつ、どのような進路がいいのか一緒に考えて、その夢に向かって指導をしていきます。

部活動指導の3個の業務

練習メニュー・指導内容の検討、監督・指導業務

部活動の指導は学校によっては、平日の放課後にほぼ毎日あります。

練習メニューを生徒自身に考えさせることも指導法の一つですが、大まかな練習の流れや指示は、部活動の顧問が行うのが一般的です。

自分が経験した部活動であれば、練習方法や大会前にはどんな練習や指導を行っていけばいいのかイメージが出来ますが、経験の無い部活動の顧問を行う場合もありますので、その場合は特に、日々どんな練習メニューがいいのかを考えたり、中だるみしないようにメリハリのある練習メニューや指導を行って行きます。

また、生徒が活動を行っている時間は、安全上の問題もあり、必ず、顧問が監督を行わければいけません。

大会準備・事務作業

どんな部活動でも、様々な大会に出場します。

大会への出場は生徒たちのモチベーションを上げるのにとても効果があり、そこを目指して頑張りますが、教師としては、その前準備も大切な業務になります。

大会に出場するための申込や交通機関の手配など、大会ごとに事務作業があり、期日までにメンバーの登録や各種協会への登録なども行わなければいけません。

また、部費を集めている部活動がほとんどですので、お金の管理や備品の管理・購入業務も教師が行うことになります。

生徒のフォロー・保護者対応

部活動と言っても楽しいだけではなく、その中での人間関係や大会での成績など、生徒は様々な悩みを抱えています。

それに対するフォローや、少しでも様子が気になる生徒がいれば、部活動の前後に教師側から積極的にコミュニケーションをとることもあります。

また、大会や土日の練習試合などは保護者の方々が協力してくださることもありますので、その対応なども常に行うことになります。

校務分掌の2個の業務

校務分掌にはたくさんの業務があり、その一つ一つを説明していくことは難しいため、特に多くの教師が行うであろう2つの業務内容について説明を行います。

総務部

学校全体に関わる仕事が多いため、総務部であれば、学校全体の行事の企画・運営と言って、入学式や卒業式、学期毎には始業式や終業式など、一年間のスケジュールからその時の式次第までを統括するような仕事になります。

そこからPTA担当や式典での役割など割り振られていくので、与えられた役割の仕事をこなしていくことになります。

教務部

教務部の仕事も学校全体、生徒・教師に直接関係する業務が多く、学校全体のカリキュラムの作成や時間割の作成、考査期間中の時間割や教師の割り振りなど、試験の運営や成績の管理などの業務を担っています。

これらの業務は様々な役割が教師ごとに与えられているので、その役割に沿ってそれぞれ主任と呼ばれる教師から仕事が割り振られて、仕事を行ないます。

中学教師との仕事内容の違い

中学教師との違いは、やはりほとんどの生徒が高校卒業時の進路選択において、大きな人生の帰路に立つことになるということかもしれません。

中学校を卒業する際、ほとんどの子ども達が高校に進学しますので、なんとなく高校に進学した生徒も、自分の将来やこれからの人生についてしっかり考える時期になります。

その進路を決める大切な3年間を生徒と関わりを持つことは、生徒自身の将来に少なからず影響を与えます。

そのためきちんと指導しなければいけないという緊張感はありますが、中学教師にはない高校教師の醍醐味と言えるかもしれません。

高校教師の仕事の良いところ

やりがいを感じるポイント

高校教師の一番のやりがいは、生徒の成長が見られる時ではないかと思います。

15歳から18歳の時をどう過ごすかは、その後に人生に大きな影響を与えます。

高校生ともなると友人関係や親子関係、日々の勉強や部活動、自身の将来など、悩みが尽きません。

そんな悩み多き生徒一人ひとりに向き合って、生徒自身が自ら考えて行動を起こしたり、悩んでいた生徒が笑顔になってくれた時は本当に嬉しくやりがいを感じます。

特にやりがいを感じるポイントを以下にまとめます。

生徒が希望の進学・就職先に進んだとき

生徒自身が希望していた進学先や就職先に進んだ時は、教師という仕事をしていてよかったなと感じます。

希望の進路先へ進むためには、生徒自身が努力することはもちろんですが、教師もどういったサポートや指導が必要なのかを考え、日々生徒と向き合っています。

そんな生徒自身の頑張りが実り、生徒が自ら望んだ進路先へ進むことが出来た時は、本当にうれしい瞬間です。

生徒から授業の内容がわかりやすかったと言われたとき

授業を準備する時間が少ない中でも、少しでも生徒が理解しやすいように日々工夫をしますので、そういった授業を生徒が受けて、「先生の授業分かりやすかった」とか、「あれってどういうことですか」など、質問や興味を持ってくれたらうれしいですし、教師をやってて良かったなと思います。

クラス全体がひとつにまとまったとき

クラスの生徒たちは、本当に個性豊かです。

それぞれ良い面も悪い面もありますが、自分の言葉や態度で40人という集団が一つの目標に向かって一生懸命努力し出すと、すごいパワーを感じます。

生徒と一体となって何かを成し遂げる体験は、教師にしか経験出来ないことだと思います。

面白いポイント

高校教師の仕事内容は大変そう思われるかもしれませんが、面白いこともたくさんあるんです。

授業でしか知らない生徒が学校行事で大活躍したとき

生徒の授業中とは違う意外な一面を見た時は、そのギャップに驚かされます。

授業だとほとんどの生徒は目立たないし、発言もしないことが多いので、あまり印象に残っていない生徒もいます。

「可もなく不可もなく、印象に残らない子」というイメージだった子が、学校行事などで他の生徒たちと一緒にとても目立って取り組んだり、活躍したりする様子を見ると、なんだかとても嬉しくなります。

生徒との雑談のとき

高校生といったら年齢も大人の一歩手前なので、会話していると結構楽しいです。

しっかりしているようで不安定な高校生の人生に、少しでも自分の人生経験や話が役に立てばいいなと思って、授業よりも熱心に話をしてしまうこともあります。

「高校教師」が自分に向いているか診断するにはこちら →

まとめ

高校教師という仕事に、少しでも興味を持っていただけたでしょうか。

授業の以外の場面では、以外と事務作業が多い職業だと思います。

その合間に、生徒とのやり取りや部活の指導・授業準備など様々な仕事をこなしている毎日です。

授業だけじゃない、教師の裏側を少しでも知ってもらって、教師を目指す人が少しでも増えてくれればと思います。


関連キーワード

教員求人