2018年現在、離職率トップ3の職種には必ず教師などの教育業界が入っているそうです。

私たちが子どものころには担任の先生はとても楽しそうに見えたものです。

何がそんなに変わったのでしょうか?

それとも大人の世界を知らない子どもの気楽さからそう見えただけなんでしょうか?

ここでは小学校を例にとって、教師を辞めたくなる原因とその乗り越え方について考えていきます。

小学校教師を辞めたいと感じてしまう5個の原因とその乗り越え方とは?

辞めたい理由が様々なのは当然です。

大っぴらに言えないこともあるかと思います。

それらの声を集めてみると、小学校教師を辞めたい原因は大きく分けて以下の5つと考えられそうです。

指導することが多岐に広がりすぎて対応できない。

小学校教師は母親であり、父親であり、師匠であり、ガキ大将でなければならない

小学校の場合、6年生といえどもまだまだ子どもです。

1年生に至ってはトイレの使い方から教える必要があります。

小学校教師はそんな多種多様な子どもたちをひとつにまとめていくのですから、身のまわりのお世話をする母親であり、厳しくしつける父親であり、学問を教える師匠であり、遊びの中ではガキ大将になる必要があります。

いくつもの役目を毎日一人でこなしていくわけですから負担は大きいです。

指導することがどんどん増えていく

小・中学校には「指導要領」という教える内容を全国で統一した決まりごとがあります。

その「指導要領」が何年かごとに改訂されるのですが、その都度教える範囲が変わり、内容も増えてきています。

様々なメディアでよく取り上げられていますが、2018年から順次実施されていく改訂では「3年生からの英語教育」「道徳の教科化」「プログラミング教育」などが追加されています。

学校現場では「専門知識がないから難しい!」「今でも手一杯なのにもっとやることが増えるの?」といった悲鳴が広がっています。

その乗り越え方とは?

長期計画でメリハリをつけて、得意なことから始めてみましょう。

そんな多岐にわたる指導内容をこなしていくのは、一度に全部は無理だと割り切ることも大切です。

もちろん全てを同時進行でこなしていける人はそれが望ましいですが、そもそもそんな人は教師を辞めたいとは思わないでしょう。

長期計画を立てて「しばらくはこの指導だけを重点的に充実させよう」「軌道に乗ったら次はこの内容に力を入れよう」といった風にメリハリをつけて長い目で取り組んでいくと随分と気が楽になります。

まずは得意なこと、できそうなことから始めましょう。

そのうちに、他のこともいつの間にかこなせるようになっていた、ということもあります。

得意でない分野は「子どもが困らない程度に指導しておく」と考えておくといいと思います。

指導が通りにくい時代。

指導?パワハラ?

「子どもへの指導がうまく通らなくなってきている」というのも教師を辞めたい理由としてよく挙げられます。

昔は「愛の鞭」という都合のいい言葉があって、どんなに厳しくしても子どもたちはついてきたし、保護者からのクレームもありませんでした。

しかし今はあまり厳しくすると「パワハラ」だったり「指導の行き過ぎ」という言葉が飛び交います。

教師は腫れ物に触るようにして子どもたちを指導するしかないのです。

子どもたちもそれをよく知っていますので、教師が必要以上に強く言ってこないと分かっています。

子どもたちが担任の言うことに耳を貸さないようになって、崩壊が始まっている学級は少なくありません。

多分ほとんどの教師は、そんな子どもたちに失望しているのではなく、指導力のない自分を責めて「教師を辞めたい」と考えるのです。

まじめな人ほどそう考えます。

そして教師にはまじめな人が多いです。

その乗り越え方とは?

保護者を味方につけましょう。

まずは保護者とうまくつながりましょう。

保護者の理解が得られれば、子どもへの指導も通りやすくなります。

「自分はこんなことを大切にしている」「こんなときには厳しく指導します」といったことを保護者や子どもたちに高らかに宣言しておきましょう。

保護者にきちんと伝わっていれば、何かあっても「それは先生の言うとおりだ」と味方になってくれます。

やることが多すぎる!

トイレに行けない!

小学校の教師の一日は、まさに「走り回っている」という表現がぴったりです。

「教師は授業が終わるたびに休み時間があっていいじゃないか」と言う人がいますが、教師にとっての休み時間はゆったりと休憩しながら過ごす時間ではなく、次の授業の準備をする時間です。

ほとんどの学校が10分ほどの休み時間を設定していますが、授業の準備は10分では足りないことが多いです。

そのため「トイレに行く時間もない」というのが現状です。

昼休みっていつ?

大学を卒業してそのまま教師として学校に赴任した人たちは、民間企業の「昼休み」の様子を見て驚きます。

12時になって「今日は何食べる?どこで食べる?」「昼休みには近くのジムで筋力トレーニングをするのが日課です。」なんて会話を聞くと「え?昼休みってそんな自由な時間なの?」と思ってしまいます。

教師にとっての昼休みは学級事務のかき入れ時なのです。

宿題のチェックやテストの採点、連絡帳に目を通して保護者に連絡を取る、配布用のプリントや教材を作る等、とにかく大忙しです。

「先生、○○ちゃんがまだ給食片付けていません!」「先生、けんかです!」といったトラブルも頻発する時間帯でもあります。

昼休みにゆっくり休んでいるという小学校教師はあまり見たことがありません。

その乗り越え方とは?

過去の資産を活用しましょう。

時間は限られているので効率よく短時間で片付けていくしかありません。

紙媒体を使う作業はうまく工夫すると短時間で片付けられることがあります。

「過去の資料を日付を変えて使う」「パソコンに保存している教材をそのまま使う」などの方法があります。

多少の違いはあっても修正液を使えば最新の資料に変えることができますし、パソコンのデータならもっと簡単です。

先輩教師から資料や教材をもらっておいたり、インターネット上の教材を探して使うなどして効率化しましょう。

ブラックな労働環境。

早く帰れって言われても…

働き方改革が学校現場にも浸透してきています。

校長や教頭などの管理職から「勤務終了時間になったらすぐ帰るように」という指導がありますが「早く帰りたいのは山々だけれど、やらなければならないことがいっぱいで帰れない…」というのが教師の正直な気持ちです。

朝は勤務開始の1時間前にはほとんどの教師が職員室にそろっています。

夕方(夜?)最後に帰る職員は10時前後。

教師は「ブラックな企業」と指摘されている会社の様に、残業がとても多い職業です。

部活孤児と行事孤児

小学校で部活動の指導をしている教師は、土・日に対外試合が入ります。

同じ日に家庭のイベントが入っていても、部活動の方を優先せざるを得ません。

「部活孤児」になる教師の子どもは多いです。

「行事孤児」になる子もいます。

小学校にはいろんな行事がありますが、そのほとんどが同じ日なので、我が子の大切な学校行事に参加できなくなるのです。

例えば、自分の子の入学式、運動会、卒業式に行ったことがない教師は多いです。

かわいそうですが教師の子どもは「行事孤児」になりがちです。

その乗り越え方とは?

朝の時間帯や隙間時間を上手に使いましょう。

ブラックな労働環境をどうにかするのは個人では難しいですが、時間の使い方を工夫することはできます。

家庭で過ごす時間をもっと作りたいのであれば、朝の時間帯をうまく使うという方法があります。

今まで放課後にやっていたことのいくつかを、始業前に持ってくることはできませんか?

それだけでも帰る時間をちょっと早くできます。

また、隙間時間をうまく使うことを考えてみましょう。

給食の準備の時間、掃除が終わった後の5分間や、朝の会や帰りの会の合間など、隙間時間に一つでも仕事を終わらせておくと放課後の仕事が一つ減ります。

その分早く帰れるようになります。

「仕事が速い人」「帰るのが早い人」は、この隙間時間の使い方が上手だと言われています。

責任の重さにつぶされそうになる

子どもへの責任

教師の子どもへの責任は重いです。

ある程度の学力はつけないといけないし、礼儀作法を大切にする態度も育ててやりたい。

体を動かして体力をつけてほしいし、自立した人にもなってほしい。

だからといって学校に行くのが苦痛になるようではいけないしと様々な点での指導のバランスを考える必要があります。

しかし子どもたちの現実を見ていると、できていないことばかりが見えてしまいます。

「自分のやり方が間違っているのか?」「もっと出来るのではないか?」と、学級担任は試行錯誤しながら自問自答を繰り返します。

そんな責任の重さにつぶされそうになる教師は多いです。

自分を追いこみすぎて、鬱状態になる教師もいることは事実です。

保護者への責任

保護者は学校への期待の大きさから、たくさんの要求をしてくることがあります。

的を得ている内容が多いのですが、時には学校では対処できないことまで求めてくることもあります。

そんな時教師は保護者への説明で神経をすり減らすことになります。

モンスターペアレントと呼ばれる保護者への対応も難しいです。

学校は裁判所や警察とは違うので「理論的に一刀両断」という方法はとれません。

説得と妥協案を示しながら、子どものための最善の解決策を探らないといけません。

言葉をよく選びながらの話し合いになるので時間もかかります。

そんな保護者への責任感に押しつぶされそうになる教師は多いです。

その乗り越え方とは?

得意なことで輝きましょう。

まず自分には「出来ること」と「出来ないこと」があるということを認めましょう。

自分で一度認めてしまうとすっと心が楽になります。

そんなことを認めてしまうと、自分が能力の低い教師であるように感じるかもしれませんが、実は自信を持って全てを完璧にこなしている教師の方が圧倒的に少ないのです。

ほとんどの教師は自分の指導力の不足を嘆きながら、表だってはそれを感じさせないようにしているだけなのです。

「出来ないこと」を認めたら、次に「出来ること」を探しましょう。

今までの経験や趣味でも良いのです。

やってみたいことだけでも十分です。

そしてその「出来ること」を使って子どもたちや保護者に何が返してあげられるかを考えましょう。

すぐには見つからなくても、時間をかけて探していけばきっと見つかります。

子どもや保護者への責任は、担げるようになるまでとりあえず隣に置いておいて、自分の得意なことで輝いてみましょう。

本当に辞めていいの?小学校教師を辞める前に考えたい3つのこと

辞めると決めたら、すぐにでも次のことを考えたくなりますが、その前にちょっと深呼吸して落ち着きましょう。

そして、以下の3つについて考えてみましょう。

子どもたちの顔を思い浮かべてみましょう。

子どものせいではないのだけれど

年度末の退職だったら影響は最小限で済みますが、年度途中で教師を辞めるということになれば、子どもたちにとっては大きなショックです。

自分たちの近くにいた先生がいなくなるのですから。

ひょっとしたら子どもたちは「自分たちのせいで先生が辞める?」と思ってしまうかもしれません。

本当にあなたでなくても大丈夫?

気になる子どもはいませんか?

その子はあなた以外の担任でも大丈夫ですか?

あなたしか分からないその子とのつながりはありませんか?

あなたが辞めた次の日から、別の担任がその子と接することになります。

本当にあなたでなくて大丈夫ですか?

教師の生活は保障がしっかりしていたことを考えましょう。

教師の生活は保障がしっかりしています。

福利厚生、年金や医療保険などの保障が辞めた途端に無くなります。

医療保険が変わります

退職とともに健康保険の所属先が変わります。

再就職する場合

新しい勤務先が健康保険の適用事業所になっている場合は健康保険に加入し、その被保険者になります。

再就職しない場合

共済組合の任意継続組合員(最長2年間)になるか国民健康保険に加入し、その被保険者になることになります。

国民健康保険に加入する場合、前年度の収入が基準になりますので、信じられないくらいの金額の請求が来ます。

60才までは年金を払い続けなければいけない

今までノータッチだった年金の払い込みを、自分でしなければならなくなります。

それが60歳までは続くというのですから、結構な金額が必要になります。

次の職業で収入が保証されていれば問題ないですが、全く収入がなくなるということになったらちょっと大変です。

教師の再就職は意外と難しい。

教師を辞めてもその経験を生かした何らかの仕事ができればうれしいですよね。

ところが、退職した教師の再就職は容易ではないことを知っておきましょう。

何か特別なスキルや資格があれば別ですが、再就職先はかなり限られてくると思っておきましょう。

教師の転職方法は、こちらの記事を参考に!

まとめ

「とりあえず教師を辞める」というのは少々危険です。

というのは「教師は退職後痴呆症にかかりやすい」というデータもあります。

長年多大なストレスと闘い、前頭葉を最大限に駆使してきたことで、辞めたとたんにがっくり反動が来る人も多いのだそうです。(特に管理職に多いとか。)

やむにやまれぬ理由で教師を辞めることはあると思いますから、辞めた後の見通しは何かしら持っておくことをお奨めします。

教師はやりがいのある職業です。

そのやりがいに匹敵する何かがまだないのであれば、もう少しだけ踏みとどまっておいた方が良いのかもしれません。


関連キーワード

仕事の悩み 教員求人

教員求人についてもっと深堀りした情報を見る

教員補助員求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

教員補助員という仕事をご存知ですか?小中学校などに配置されており、学校の先生の補助をする仕事です。補助と一言に言っても、その仕事内容は多岐にわたっています。この記事では、教員補助員求人の仕事について詳しく解説していきます。教員補助員の仕事内容とは?現在、学校現場で活躍されている小中学校の先生はとても多忙な日々を送っています。本来先生の仕事の中核は教材研究をし、より良い授業を行うことで子どもたちの学力を向上させ、安心して過ごせる学級経営により子どもたちの学校生活を尊重することです。しかし、配付物を印刷したり、集金のお釣りを用意したり、廊下に貼る掲示物を作成したり、テストの結果をパソコンに打ち込ん

日本語教師求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

日本は今、少子高齢化などにより、今後人口減少が必至と言われており、労働者不足が懸念されています。そのため、日本政府は外国人労働者の受け入れに積極的に動き出しました。日本人としては、治安の悪化などのデメリット要素も考えてしまうところですが、それを払拭するための取り決めを進めている状況です。つまりは、今後は日本にいながら多国籍な文化も受け入れる必要があるのだと思いますが、日本人として伝統や文化も引き続き継承することも忘れてはいけないでしょう。そしてもう一つ重要になってくるのが、世界に誇るべき言葉である日本語を決して絶やしてはいけないうということではないでしょうか。「子どもの時に家庭で覚えた言葉で、

中学教師の年収はどのくらい?私の周りの相場や給料の決まり方を紹介します

非常に人気で目指す方も多い中学教師。実際になる上で最も気になるのが「年収」ではないでしょうか?間違いなく忙しく、大変なことが約束されている職業ですから、それなりの年収をもらっているはず…と思いたいところですが、実際のところ働いてみなければわからないことがありますよね。今回は「実際、教師の給料って多いの?少ないの?」と疑問を持つ方に向けて「中学教師の年収」について詳しくまとめました!現役中学校教師の私が、周囲の先生たちに聞き込みをしながら集めた実体験と実情を交えて、解説していきます!中学の給料の相場はどのくらい?正規採用正規採用(各都道府県の教員採用試験に合格した先生)をされた場合の年収を最初に

高校教師の仕事はどんな人に向いている?向いている人の5個の特徴やキャリアについて解説します

高校教師の仕事には、どのようなイメージがありますか。高校教師として働くには、どういったキャリアが役立つのでしょうか?もしかしたら皆さんの中には、「人前で緊張せずに話すことが出来る人が向いているのではないだろうか」といった、なんとなくのイメージはあるかもしれません。しかし、それだけが高校教師の適性として求められる訳ではありません。今回は、自分が高校教師に向いているのか知りたい人に向けて、どの様な適性が求められるのかについてお話させていただきます。高校教師はどんな仕事?高校教師の仕事は、ただ授業を行ったり、生活指導として制服の着こなしを指導したりするだけではありません。高校教師は、高校生という社会

中学教師の仕事はどんな人に向いている?得意な人の5個の特徴やキャリアについて解説します

「ブラック公務員」なんて呼ばれる中学教師。それでもまだまだ、中学教員を目指す人はかなり多いですよね。ただ「私って中学教員に向いているの?」「どんな力が必要なの?」などと相談を受けることが多いです。今回はそんな方のために「中学教師の仕事が向いている人の特徴やキャリア」について、実際に中学教員を務めている私がご紹介していきます!中学教師はどんな仕事?中学教師といえばどのような仕事でしょうか。浮かんでくるのは「青春」や「情熱」などの綺麗なイメージでしょうか。それとも「ブラック」「公僕」なんていう大変そうなイメージでしょうか。実際に中学教員を経験した私からすれば、どちらのイメージも正しいというところで

看護大学の教員求人でよくある募集内容や働き先の種類・おすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

「看護大学教員」は少しイメージしづらい職業ですよね。看護師を養成する際、以前は専門学校での教育が殆どでしたが、現在は大学での看護師養成が主流になってきています。そのため看護大学教員の需要も増え、現在は様々な大学が「看護学科」を新たに創設し、教員の募集を行っています。看護師のキャリア形成の一つとして選択肢に挙がりやすくなってきた「看護大学教員」について、その募集内容や求人のポイントについて解説していきます。看護大学教員のおおまかな仕事内容おおまかな仕事内容看護大学とは、看護師の養成を大学の教育過程で行う場のことを言います。看護師の養成課程には、主に大学での「講義」と現場での「実習」があり、これは

小学校教員の転職はどうすればいい?方法と転職成功のためにやるべき3個のことを紹介します

小学校に限らず、教員からの転職を考えている人は多いようです。しかし、安定した職を捨てて新しい職種へチャレンジするのですから、かなりの勇気と思い切りが必要です。そのために、様々な情報をしっかり下調べしておかなければなりません。そのような皆さんのお役に立てるよう、教職からの転職成功のための方法などを紹介します。教職を辞めて新しい仕事を始めるとしても、できれば教壇に立っていた経験をそのまま活かせる職種が良いですよね。実際に教職から他の職へ上手く転職できた例として、民間の塾の先生、家庭教師、教材会社のスタッフ、児童相談員、学童保育員、学習支援員などがあります。事務室の先生や、コツコツと正確に事務仕事を

養護教諭の仕事はどんな人に向いているの?仕事内容や向き不向き、キャリアについて解説します

学校の保健室に在中し、児童生徒の心身の健康をサポートする「養護教諭」。ドラマや漫画でもよく登場する職業ですが、いったいどのような仕事をするのか、どのような人に向いているのか、詳しく知っている人は少ないのではないでしょうか。ここでは、養護教諭の仕事内容について解説しながら、どんな人に向いているお仕事なのか考察したいと思います。養護教諭の仕事ってどんな仕事?養護教諭は、児童生徒の心身の健康のために、健康診断の計画や傷病の救急処置、健康相談やカウンセリングなどを行う仕事です。「教諭」と示されているように教育職で、中学や高校での「保健科」の授業を担当することも可能です。よく、養護教諭になるには看護師免

教師の転職はどうしたら良い?よくある転職先や、成功させるためにやるべき3個のことと上手な転職方法を解説します

もう先生なんてやめる、と思っている人は少なくないです。私もその一人ですし、周囲には早期退職、あるいは20~30歳代で早々にやめていく人もいます。さて辞めるにしても、何の準備もなく突然というのはあまりにも無計画、というもの。以下に教師の転職マニュアルを書いてみます。教師をしている人で転職する人は多い?風邪で休む、という理由で1週間、2週間と休む。そして知らないうちに病気休暇でしばらく休むことになり、そのまま退職、という人は小中高をあわせれば非常に増えています。大体は精神系、つまり「うつ病」が原因です。また飲酒運転による退職もあります。交通法規を違反しても飲まずにいられないアルコール依存症の教師は


教員求人に関するコラム

教師辞めたい…と感じる人の2個の理由と乗り越え方。現役教師の私が解説!

現在、学校の教師が「ブラック公務員」だということが社会にも明るみになってきました。教師という仕事はキラキラと輝いていて、子供達に囲まれて幸せだというイメージの反面、その内実、サービス残業地獄、モンスターペアレント、LINEトラブルなどといった闇の部分を抱えています。そして、毎年教員になった人の半数はその10年後に辞職・転職をしているという事実があります。これは、一般の民間企業と比べても異常な数だと言えるでしょう。それだけ辛い教師という仕事。どのように乗り越えていけばいいのでしょうか?今回は「教師が辛い、やめたい」と悩む教師の方向けに、現役教師の私がどのようにその困難を乗り越えてきたかについて解

中学校教師に多い6つの悩みとは?悩むこともあるけどこうやって解決しました!

多感で多くの悩みや葛藤を抱えながら成長していく中学生を教え導く立場として、多くの責任を背負う中学校教員としての仕事。勤務時間の長さや、その業務内容の複雑さがニュースなどでも取り上げられていますが、実際に働いてみるとどのような悩みを抱えることがあるのでしょう。ここでは、実際に中学校で働いたことのある筆者自身の経験も交えながら、中学校教員が抱えることの多い悩みやその解決方法、そのような悩みを抱えながらも中学校教員を続けたいと感じるやりがいについて紹介していきます。中学校教師に多い6つの悩みとは?どのような職業に就いたとしても、楽しいことばかりではなく、悩みは尽きないものです。子どもたちを相手にする

中学校教師になるには?資格や勉強しておくべきこと、仕事の探し方まで経験者が解説!

小学校の頃の自由さからうって変わり、中学校に入学すると新たな勉強に部活動など、子どもたちにとってはたくさんの変化が待ち受けています。そのような急激な変化にも子どもたちの側に寄り添って成長させて行くのが、中学校の先生です。誰しもが通っていた中学校、様々な個性を持った先生に出会ったことでしょう。小学校の先生が優しいお母さんだとすれば、中学校の先生はどっしりと構えたお父さんのようなものです。ここでは、まるで父親のような厳しさと優しさを持った中学校教員になるにはどうすればいいのか、勤務内容や就職方法、将来性に触れながら、多くのことについて紹介していきます。中学校教師になるには?中学校で勤務する教員にな

中学校教師のやりがいは?やってて良かった5つのことやそこで身に付く力とは?

中学校教員と言ったら、皆さんはどのようなイメージを持っていますか。授業での教科指導、放課後の部活指導に様々な行事の企画・運営など、業務内容が難しく、多忙な印象が持たれがちです。実際に中学校教員として働いてみると、確かにそのイメージ通りで多忙です。しかし、そこには中学校教員としてしか感じることのできないやりがいに溢れています。この記事では、筆者自身の体験も交えながらそのやりがいや、身につくスキルなどについてご紹介していきます。私はこんなところで中学校教師をしていました筆者自身は教員採用試験を突破した正規雇用である「教諭」という立場ではなく、契約社員のような雇用形態の「臨時講師」として勤務していま

中学教師になりたい!そのために必要な資格や勉強、適性の見分け方などを実体験を元に解説します!

子供たちが毎日通い、10代までの人生の大半を占める学校生活。その生活を導くのが教員です。「学校の先生はブラック」なんて言われてしまうこともありますが、思春期真っ盛りの子供たちの成長にあゆみよる責任感もあり、面白みのある教員の仕事。「中学校の先生になりたい!なるにはどうすればいいの?」の疑問に答えていきます。中学教師になるには?「先生になりたい!」という熱い気持ちはもちろん必要ですが、教員になるためには資格が必要です。さらに、資格を持っているだけでは教員にはなれませんので、採用試験を受け、合格しなければなりません。詳しく見ていきましょう。中学教師になるために必要な資格は?必要な資格は各都道府県の