これから小学校の教師になろうと燃えている人たちでも、小学校教師の仕事についていい噂はあまり聞いてないと思います。

確かに悩み多き職業ではあります。

でも、自分の発想を変えれば、結構楽しめる職業でもありますよ。

小学校教師の悩みと、その解決のための発想転換の仕方、ちょっとほっこりするエピソードなどを紹介します。

「小学校教師」が自分に向いているか診断するにはこちら →

小学校教師の悩みで多い6個の事とその解決方法

小学校教師の悩みを、主に対人関係別に6個に絞ってまとめます。

子どもとのこと

真っ先に挙げられるのが「子どもにどこまで指導していいのかわからなくなる」といった悩みです。

小学校では、毎日がトラブルの連続です。

ですが、中学校や高校のように「自分たちで話し合って解決しなさい」というわけにはいきません。

教師が間に立ち、先頭に立ちしながら、トラブルの解決に努めなければなりません。

うまく解決できた時にはそれなりの達成感はあるのですが、泥沼になって解決の糸口が見つからないこともあります。

そういう時に限っていろんな感情が絡んできます。

保護者が出てきたり、時には教育委員会まで動くことがあります。

あまり強い指導もできない昨今「どこまで教師が口を挟むか」「どこから家庭に任せるか」というタイミングの取り方が難しくなっています。

もう一人で解決できる時代ではない

パワハラと指導の境があやふやになってきているので、一人で問題解決に当たっていると、その境界線が見えなくなることがあります。

複数の目で見て、バランスよく進めていくことが解決の早道です。

可能ならチームで事に当たりましょう。

もう「一人で解決するのが当たり前」の時代ではないのです。

たくさんの人たちの知恵を借りて、みんなが納得できるような解決策を探っていきましょう。

保護者とのこと

「モンスターペアレント」という言葉が、だいぶメジャーになってきました。

テレビドラマなどにもよく登場するようになりましたね。

「モンスターペアレントだから。」で、何でも片づけてしまうのは少々危険だと思いますが、「それはまず家庭で取り組んでみてはいかがでしょう?」と言いたくなるようなクレームが存在するのも事実です。

相談があった以上、何らかの対策を提案しないといけないし、かといって学校ではできない内容のものもありますし、どう言ったらうまく伝わるかも重要な問題です。

保護者とうまくつながれなくて悩んでいる担任は多いです。

親身になって

先輩の先生が、よく「教師は親にはなれないが親身にはなれる」と言っておられました。

「親」ではなく「親の身になる」というところに私も共感していました。

学校に相談があるということは、保護者も「我が子のことで、どうしていいかわからなくて迷っている」ということだと思います。

そしてそれは、その場ですぐに答えが欲しいのではなく、誰かに聞いてもらいたいだけなのかもしれません。

担任を頼ってきてくれたのですから、できれば話をよく聞いてあげたいですよね。

そして、すぐに即答はせずに「その件はいったん預からせてください」というスタンスで話を聞くことだと思います。

一人での判断はとても危険です。

同僚や管理職によく相談をして、それからどう答えるかを検討する、というつもりでいればいいのではないでしょうか。

まずは、しっかり傾聴するという姿勢を大切にしたいですね。

教職員間のこと

まれにですが、教職員間の関係がうまくいってないことがあります。

ストレスの多い職場ですから、仕方のないことかもしれません。

日々の忙しさにイライラして、自分でも気づかないうちに強い口調で話しているかもしれません。

気の優しい教師は、それだけで参ってしまいますね。

教職員間の競争はほとんどありませんが、長いこと一緒にいると、自分だけ疎外感を感じてしまう瞬間はあります。

職員間の軋轢を誰にも相談できずに、一人悩んでいる教師も存在します。

新しい環境で

小学校教師の良いところは、数年に一度、教職員の異動があるところです。

「この学校に骨をうずめる」というのは公立の小学校ではありえません。

人員が入れ替われば、職員の雰囲気も変わります。

話しやすい職員が隣に来るかもしれませんよ。

それが望めないようでしたら、自分が異動するという手もあります。

力が発揮できる新しい環境に自分自身を置くことで、担任する子どもたちにとってもいい刺激になると思いますよ。

管理職(校長、副校長、教頭、主幹など)とのこと

「職員を管理する立場」ということもあって、教師に必要以上に厳しく接する管理職(校長、副校長、教頭、主幹など)もいます。

そして、職員室での管理職の力は絶大です。

何をするにしても、管理職の許可が必要です。

極端な言い方をすれば「管理職の気に入らない授業はできない」ということになります。

やりたいことが多い若手の教師の中には、それを窮屈に感じる人もいます。

管理職を味方に

管理職を味方につけることで、やりたい授業がある程度できるようになります。

子どもを思う気持ちは一緒なので、しっかり説明すれば、きっとわかってもらえます。

そのためには実績が必要になるかもしれません。

「子どもが喜んでいる」「学力が育ってきている」などの結果を示せば、管理職としても、簡単にストップをかけるわけにはいきません。

「保護者に支持されている」などの保護者の声を前面に出すのもいい方法です。

保護者がバックアップしてくれているということは、子どものためになっているということですから、管理職としても無視はできませんね。

増え続ける指導内容のこと

年々増え続けている教育課程も教師の仕事を圧迫しています。

道徳の教科化、英語学習、プログラミング学習など、事前に専門知識の習得が必要な学習内容が増えてきています。

そんな授業の変化についていけない教師は多いです。

自分で勉強しようと思っても、その時間を見出すのが難しい状態です。

学習内容が多岐に渡ることで、学期末に子どもに配る通知表を仕上げるのにも、時間がかかって大変です。

分業化を進めて

これは教師一人でできることではありませんが、授業の分業化を迅速に推し進める必要があると思います。

授業可能な内容を持ち寄って、それぞれの得意分野の授業を分担して行っていくという方法です。

何より、得意な内容を得意な教師がすることで、授業が充実し、子どもたちの自信にもつながります。

そして、教師一人一人の負担が軽くなります。

自分自身のこと

最後に、教師自身の悩みがあります。

「自分はうまく授業ができない」と自信を無くしている教師がたくさんいます。

先輩教師や、同僚の授業を見ても「自分の授業はなんて拙いんだ」と落ち込んでしまったりします。

同じように真似ようとしても、学級が違い、子どもが違うので、うまくいくわけがありません。

それでさらに落ち込んでしまうのです。

うまく授業ができないことを理由に、教師を辞めていく人も年々増えています。

自分らしさを大切に

教師になる人は、学生時代には成績の良かった人が多いです。

別の言い方をすれば、学力競争に勝ってきた人たちです。

だから、つい、周りの教師と自分を比べてしまうのです。

比べてしまうから、自分のできていない面が際立って見えてしまうのです。

そういう敗北感いっぱいの教師には「自分は他の人とは違う授業をするんだ」と考えることをお勧めします。

それは、自分らしさを大切にすることです。

長年教師をしていたのでわかるのですが、授業のやり方は年々変わります。

今「素晴らしい」と褒めたたえられているような授業が、5年後、10年後には見向きもされない、なんてことはよくあります。

新しい授業にチャレンジしている少数派の教師が、次の学校では他の教師を引っ張っているリーダーになっているかもしれませんよ。

「小学校教師」が自分に向いているか診断するにはこちら →

大変な仕事だけど、やりがいを見つけるポイントとは?

「教師のやりがい」って何でしょう?

経験してみなければわからないことですが、それは、子どもや保護者の心の中に大きな足跡を残せることだと思います。

「先生、楽しかったよ!」

大した授業でなくても、子どもが喜んでくれると、やはりやりがいがあります。

「楽しさ」を追求するあまり、遊びで終わる授業も少なくありませんが、それでも子どもは「楽しい授業」が大好きです。

授業が終わった後に「先生、今日の勉強楽しかったよ!」「またあの勉強やって!」「先生と勉強すると勉強が好きになる!」なんていう子どもたちの声を聞くと、うれしくなります。

子どもに「勉強が好き」と言わせるのは、教師の醍醐味のような気がします。

「今でも話しています」

昔担任した子どもの保護者と久しぶりに会うことがあります。

何年たっても覚えていてくれのは、うれしいことです。

第一声のほとんどが「あの頃はお世話になりました。こんなに大きくなりましたよ。ありがとうございました。」と感謝の言葉を頂きます。

そんなときには「いい授業ばかりじゃなかったのにな…」と心の中では恐縮してしまいます。

でも、出会って一緒の時間を過ごしたことは、何よりの宝物です。

「先生、今どちらの学校にお勤めですか?」「今頃、先生どうしているのかなと、時々子どもと話しているんですよ。」

何年たっても「先生」であり「担任」であり続けられるのは、教師だけですね。

「先生といた時が…」

長い月日が経つと、担任した子どもの結婚式に出ることがあります。

当然、他の同級生とも久しぶりに顔を合わせることになります。

すっかり大きくなって一人前になった子どもたちから、いろんな思い出話が聞けます。

時々、担任だった私が知らなかった秘密の話も出てきます。

誰と誰が内緒で付き合っていたとか、みんなでやっていた悪いこととか、元担任としてはドキドキです。

どっちにしても子どもたちの飾らない心からの言葉です。

そんな言葉の中で「先生といた時が一番楽しかったなあ」なんて言ってくれることがあります。

昔を懐かしむただの独り言かもしれませんが、私との時間が、子どもたちの思い出の一部として、これからもずっと残っていくのかと思うと「この子たちを担任して本当に良かったなあ」と思います。

小学校教師のやりがいは、こちらの記事も参考に!

「小学校教師」が自分に向いているか診断するにはこちら →

ほっこりエピソード

「教師になってよかったな」と思ったエピソードを2つ紹介します。

私が1年生の担任をしていた頃の話です。

「先生!早く…!」

ほとんどの学校では、朝から打ち合わせのための「朝会」が行われます。

その日も、スケジュールの確認だったり、来週の予定の説明だったり、職員室には静かな集中した時間が流れていました。

そんな職員室に、私の担任の1年生児童が、突然ドアを開けて駆け込んできたのです。

何か起こったのかと一瞬職員室に緊張が走りました。

私もドキドキしながら叫んでいました。

「どうしたの!何かあったの!?」全職員の目が一斉に1年生児童に集まります。

それに気づいてか気づかずか、その児童は職員室に響き渡る大きな声で叫びました。

「先生!早く勉強しよう!」

職員室の時間が一瞬止まった後、一斉にみんなで大爆笑。

その子は一刻も早く勉強したくてたまらなかったんですね。

私も一緒に大笑いしました。

1年生を担任すると、教師としての今までの常識が簡単に崩壊します。

時にはおなかの底から笑える、教師にはそんな楽しみがありますよ。

「お母さん!ハンガー!」

1年生のうちは、保護者と密に連絡を取り合います。

「連絡帳」はその大事なツールの一つです。

ある日の連絡帳にこんなことが書いてありました。

「先生、うちの子が『お母さん、ハンガー!ハンガー!』と言いながら家の中を走り回っているんです。先生の『準備するもの』の欄を見ても「ハンガー」なんて書いてないし、学校で必要とも思えないんですが、何かに使いますか?」

私は首をかしげました。

ハンガーを学校で使う予定はないし、そんなことを保護者便りに書いた覚えもありません。

「よく分かりませんねえ…。学校では必要ないので、持ってこなくていいですよ。なにか勘違いしているんだと思います。」とお返事しておきました。

そして次の日の連絡帳。

「先生、謎が解けました…」

疑問に思ったお母さんは、時間割のどこに「ハンガー」と書いてあるのか子どもに聞いたそうです。

そして、子どもはちょっと怒ったように言ったそうです。

「ここに書いてあるじゃない!」

子どもが指さした先を見て、お母さんには一瞬で謎が解けたそうです。

「これはね、『ハンガー』じゃなくて『版画』って書いてあるのよ。」

子どもはキョトンとしていたそうです。

1年生の時間割では、ほとんどひらがなを使うので、私は「版画」を「はんが」と書いていたのです。

1年生の子どもは、まだ「版画」をやったことがないので、勘違いしても仕方がないことですね。

このことがあって、このお母さんとは特に仲良しになりました。

こうしてどんどんネットワークが広がっていくのも教師の仕事の醍醐味です。

まとめ

小学校教師の悩みと、その解決の方法についてまとめてきました。

どんな職業でも一緒ですが「つらい、つらい」と思い続ければとてつもなくつらくなります。

「こんなもんかな?他に楽しいことはないかな?」と気楽に構えておけば、楽しめることが見つかったりします。

私の周りでも教師家業を楽しんでいる人は結構いっぱいいますよ。

要は発想の転換ですね。