中学教師の年収についての写真

非常に人気で目指す方も多い中学教師。

実際になる上で最も気になるのが「年収」ではないでしょうか?

間違いなく忙しく、大変なことが約束されている職業ですから、それなりの年収をもらっているはず…と思いたいところですが、実際のところ働いてみなければわからないことがありますよね。

今回は「実際、教師の給料って多いの?少ないの?」と疑問を持つ方に向けて「中学教師の年収」について詳しくまとめました!

現役中学校教師の私が、周囲の先生たちに聞き込みをしながら集めた実体験と実情を交えて、解説していきます!

中学の給料の相場はどのくらい?

正規採用

正規採用(各都道府県の教員採用試験に合格した先生)をされた場合の年収を最初に見ていきましょう。

こちらでは公立中学の年収と私立中学の年収比較もしていきます。

公立中学に赴任した場合

公立中学に赴任した場合、私の身の回りの先生方に聞いてみると「500万円」あたりになるようです。

また、私が公立中学校の中学教師になった時の初任給は、大卒で約24万円程度だったと記憶しています。

短大卒の公立中学校の先生の初任給は約22万円程度らしく、大卒の初任給の方が2万円程度多いです。

私立中学に赴任した場合

私立中学の場合は、年収300万円〜600万円と幅広いと聞きました。

こちらは私立中学で受け持つ担当の役割やキャリアによって年収が大きく変わってくるようです。

また、受験生に人気のある私立の中学校ですと、生徒からの学費や寄付も多くなりがちなので給料はいいですし、あまり人気でない私立の中学校だと給料は安くなるのだと思われます。

臨時採用

次に臨時採用(1年契約の講師や一時的に雇われる先生)の先生の年収を聞きました。

公立中学に赴任した場合

公立中学に臨時採用として赴任した場合の平均年収は、受け持つ授業数によってかなり差があり、「100万円未満〜300万円」とのことです。

臨時採用の先生は、常勤講師(民間で言えば非正規雇用)になれれば一定の年収が見込めますが、非常勤講師となれば、1コマ何円という給料の計算になりますので、授業数が少なければその分、給料も安くなってしまいます。

私立中学に赴任した場合

私立中学でも公立中学と現状は同じです。

受け持つ授業数によって年収も変動しますので、ほとんど公立中学と変わりはありません。

年収にも響いてくる基本給以外のものは、どうなっているの?

教師の給与には、基本給以外にどのようなものが含まれるでしょうか。

年収にも響いてくるそれらの給与を次にご紹介します。

賞与

賞与

中学教師の魅力と言えば「確実に年に2回の賞与があること」でしょう。

民間企業の場合、これが不安定だったり、最悪ない場合もありますね。

中学教師の賞与については、年齢によって変動していきます。

こちらは私の実際のボーナスから計算してみたいと思います。

中学教師は年齢が上がることによって基本給が増えていきますので、もし今の賞与計算が変わらず順調に上がり続ければ、下記のようになるはずです。

  • 20〜24歳 賞与約90万円
  • 25〜29歳 賞与約110万円
  • 30〜34歳 賞与約130万円
  • 35〜39歳 賞与約140万円
  • 40〜44歳 賞与約150万円
  • 45〜49歳 賞与約170万円
  • 50〜54歳 賞与約180万円
  • 55〜59歳 賞与約185万円

各種手当

その他、中学教師の主な手当は以下のようになっています。

地域手当

主に、勤務先が僻地であったり、離島であったりする際に出る手当です。

名称は都道府県によって異なることがあります。

残念ながら私の勤務する地域では「地域手当」が出ないため、どれくらいの手当なのかはわかりません。

寒冷地手当

冬の寒さが厳しい地方では、冬場の暖房代の補助として、寒冷地手当が出るところもあるようです。

これは年1回の支給が通常のようです。

義務教育等教員特別手当

こちらは、特別支援学校や特別支援学級を担当する公立教員に対して支給される手当です。

こちらは残念ながらデータは出ませんでしたが、公立中学の義務教育等教員特別手当を支給されている私の友人によると「1〜2万円」との返答がありました。

扶養手当

扶養手当とは、教師が自身の子供を持った際に、その扶養を目的として支給される手当となります。

一般企業でも支給があるかと思います。

教師の場合、実際に扶養手当がもらえるのは、扶養対象者(子供)が0歳から18歳に到達するまでの間となります。

こちらは全国平均が「約6,000円」となっています。

住居手当

住居手当とは、教師が勤務校へ勤務するにあたり、アパートやマンションなどの住居を借りる際に支給される手当です。

月額12,000円を超える家賃もしくは下宿代等を支払っている場合にのみ、支給されます。

実際はどのように住居手当が決まるのか、事務担当に聞いてみると、支給額の決定には次のようなルールがあるとのことでした。

月額23,000円以下の家賃の場合、12,000円の支給

月額23,000円以上、55,000円未満の場合、(家賃-23,000円)÷2+11,000円という計算式が応用されます。(家賃50,000円の場合は、24,500円支給となる)

月額55,000円以上の場合、27,000円の支給となります。

ちなみに私は「50,000円」の家賃のアパートに暮らしていますが、毎月の手当は計算通り「24,500円」です。

通勤手当

通勤手当とは、教師が自宅から勤務校へ通勤する際にかかる費用の一部を軽減するための手当です。

自宅から勤務校が3キロメートル以上離れている教師が対象となります。

私の場合は10kmほど離れた場所に住んでおり、5,000円の手当が毎月支給されています。

部活動指導手当

部活動指導手当とは、勤務日以外(土曜日・日曜日や国民の休日)に、部活動の指導を3時間半以上行った際に支払われる手当です。

私が働く京都府では、一回「3,000円」の手当が支給されます。

勤続年数以外にも給与に影響するものはある?

次にご紹介するのは、継続年数以外に、給与に影響のある教師の役割についてです。

こちらも年収に大きく響いてきますので、参考にしてください!

部活動の顧問になるかならないか

部活動の顧問をする男性教師

上記にもありますが、部活動の指導を休日・祝日に行うことで、「部活動指導手当」が支給されます。

中学教師となると、部活動の顧問に絶対ならなくてはいけないようなイメージもありますが、実はこれは強制ではありません。

そのため部活動の顧問を拒否する先生もいるぐらいです。

しかし休日の一回の部活動指導が「3,000円」となると、小金稼ぎという意味ではいい仕事になりますね。

役職

管理職となると、管理職手当を支給されます。

どのように決定されるかというと、給料月額の10%という規定がなされています。

そのため例えば給与が「433,000円」だった場合、管理職手当は「43,400円」となります。

地域

上記にもある通り、僻地や離島に勤務要請がなされた場合は、地域手当を支給されます。

こちらは地域や都道府県によって本当に大きく差がありますので、勤務前にしっかりと調べることが大切です。

中学教師の給料の決まり方

正規採用か臨時採用か

まず大きく違うのは「正規採用か臨時採用か」です。

もちろん正規採用の方が基本給は大きいです。

しかし一方で臨時採用の場合、勤務時間が完全に決まっており、サービス残業というものはありません。

そして正規採用の教師には毎日のサービス残業が待っています。

そのため時給換算をすると、臨時採用の方が上だという場合もあります。

年齢

上にも書いていますが、教師は年齢が上がると給与も増えます。

勤講師か非常勤講師か

常勤講師の場合は、正規採用の中学教師と同じく月額制の基本給があります。

一方で非常勤講師の場合は「週に何時間の授業」といった形で雇用されますので、「行った授業時数の分だけ給与がもらえる」という給与体系となります。

管理職か教諭か

管理職の場合「管理職手当」を基本給の10%上乗せでもらうことができます。

教諭の場合はそのような手当がありませんので、そこが管理職と教諭の大きな違いです。

大卒か短大卒か

どの都道府県でも大卒の方が短大卒よりも2〜5万円程度、給与が上です。

特に初任給となると2〜5万円という差が大きく、その格差に不満を持つ先生も多いです。

私の友人の短大卒の先生は、「実質上、業務は変わらないし、採用枠にも変わりがないのに給与が低いのはおかしい」と憤っていました。

私もその通りだと思っています。

雇用形態ごとに違いは出てくる?

月給や年収

上記の通り、中学教師の雇用形態は「正規採用」「常勤講師」「非常勤講師」という3つが主となります。

この3つの働き方には大きく違いがあります。

正規採用

正規採用の場合は、基本給があり、年齢ごとに給与が決まり、そして夏季のボーナスと冬季のボーナスが年々上がっていきます。

常勤講師

常勤講師の場合にも基本給がありますが、雇用が一年更新のため、夏季ボーナスが冬季ボーナスの半分ほどしかありません。

そして冬季ボーナスも基本給を元に計算されているため、正規採用の先生よりは少ないです。

非常勤講師

非常勤講師の場合は時給制となり、行った授業時数の分だけ給料がもらえる形です。

そしてボーナスについては常勤講師と同じ扱いとなります。

給料以外における良い点と悪い点

正規採用

臨時採用と比べると「来年も確実に仕事がある」ということが良い点でしょう。

私は正規採用をされて働いていますが、周囲の臨時採用の先生は毎年「来年も採用枠があるかわからない」と不安になりながら働いています。

一方で正規採用となるとサービス残業は当たり前ですので、非常に忙しくなります。

その点臨時採用の先生方(特に非常勤の先生)は、自分の授業さえ受け持つことができれば良いので、勤務時間はとても長いです。

臨時採用

上記の通り、自分の授業を受けもつことが仕事の基本となってくるので、サービス残業は少ないです。

そのためプライベートで自分の仕事が確保しやすいというのは臨時採用のメリットでしょう。

一方、これからも教師を続けたいと考えるときに、今の勤務校に来年も自分の採用枠があるかどうかはわかりません。

それは非常に不安なことです。

この働き方は、こんな人におすすめ!

正規採用

公務員のため解雇を恐れる必要もなく、退職するまで自分の仕事に不安を持つこともありません。

そのため生活に不安なく、長く働きたいという人には非常に合っているのが、正規採用の中学教師です。

上で正規採用がサービス残業が多く忙しいということを書いていますが、教師の仕事が好きならばそれも問題ではありません。

毎日、大好きな中学教師としての仕事を沢山続けることができるというのは「中学教師が好きな人」からすると、天職でしょう。

正規採用の中学教師は「中学教師という仕事が好きで、不況の中でできるだけ転職や解雇といった不安に恐れることなく長く働きたい」という方には、非常におすすめの仕事です。

臨時採用

臨時採用の場合は、生活の中に時間的な余裕を持つことができます。

そのため「教師を続けながら、副業をする道を探したい」「教えたり子供と接することは好きだけれど、ずっと仕事をするのは嫌だ」「授業のスキルを磨きたい」という目的を持った人には最適の雇用形態です。

これからの時代、一人の人が一つの仕事しか持っていないというのは少々不安なことです。

そのため、一つの職業にとらわれずに様々な収入源を持ちたいという場合は、臨時採用という雇用形態は非常に合っていると言えます。

正規採用の場合は、学校業務に平日も休日もべったりと就かなければならないので、副業の道を探すことは精神的にも体力的にも難しいことです。

公務員の副業は原則禁止ですが、モノによっては可能なのです。

そのため、様々な可能性を求めたい人には、時間的にも精神的にも余裕のある臨時採用枠をおすすめします。

まとめ

今回は正規採用の中学教師と、臨時採用の中学教師についての年収を細かく見ていきました。

一般的には「正規採用の方がいい」と思われがちですが、「臨時採用」として教師以外にも複数収入源を持つことができれば、正規採用よりも年収が上になる場合もあり得るのです。

そのため年収だけで正規採用か臨時採用かを選ぶというよりは、自分の人生設計や生き方に適した方を選択する方がいいと言えるでしょう。