英会話講師になりたいとか英会話講師のように英語を話せるようになりたいと思ったことはありませんか?

英会話講師は学校によって外国人講師と世間話や、仕事の話をしている姿を見かけて憧れている人や憧れたことがある人は少なくないと思います。

英会話講師の仕事に憧れている人や英会話講師の仕事をしてみたいと考えている人はいるかと思いますが、英会話講師が一体どれくらい給料をもらえるのか知りたいところです。

英会話講師の給料って実は知っているようで知らない人が多いのではないでしょうか?

今回は、英会話講師の給料事情についてまとめてみましたので紹介します。

英会話講師の給料の相場はどのくらい?

英会話講師の給料って意外と知らないため気になる人も多いことでしょう。

もしくは英会話講師はブラックな仕事と言われているので給料が安い、稼ぐことができない仕事と思われがちです。

一般企業同様勤めるところによってはブラックなケースもありますが、全てがブラックというわけではありません。

また、英会話講師の給料事情ですが、雇用形態によって大きく変わってきます。

例えば、正社員と派遣社員、アルバイトなどとは条件が異なってきます。

ここでは正社員、アルバイトなどに分けて給料相場を紹介します。

正社員で新卒入社した場合

新卒の場合、多くは正社員として英会話講師をする前に英会話講師のサポートをしながら仕事を覚えることがほとんどです。

新卒で正社員として採用された場合は、給料相場が月収16万円〜23万円になります。

ただし、働くエリアや勤める学校によっては給料が異なってきます。

正社員で転職した場合

転職で正社員として英会話講師になった場合は、どれくらいの経験を積んでいるかやスキルに応じて給料が異なります。

給料相場は、月収18万円〜50万円と言われていますが、こちらも勤める学校や働くエリアによって異なります。

また、役職になったり、教科書の作成に携わったり、新人教育や講師などの育成に携わったりすると給料は高くなります。

契約社員

契約社員の英会話講師の場合は、給料相場、月収16万円〜25万円ほどになります。

パート・アルバイト

パートやアルバイト、つまり非常勤講師として勤める場合、多くは時給制になり、時給相場は、1,200円〜3,000円くらいになります。

プライベートレッスン

最近はオンラインやSNSを介してプライベートレッスンを行なっている英会話講師もいます。

いわゆる個人事業主として英会話講師をしているケースです。

この場合は、業務委託している英会話学校が決めた相場に応じて一レッスンいくらもしくは1時間いくらになります。

例えば、一レッスン3,000円のところもあれば、1時間500円などというところもあります。

年収にも響いてくる基本給以外のものは、どうなっているの?

賞与

賞与についてはクラスをどれだけ受け持ったのかや生徒からの人気度がどれだけあるのか、1年間でどれだけの生徒に対して高評価を得ているかなどについて査定されます。

賞与が高い人は、年収が高い人になるため、英会話講師として活躍していく上で賞与の金額はとても大切になります。

昇給

昇給は年1回や2回がほとんどです。

賞与同様、クラスをどれだけ受け持ったのかや生徒からの人気度などに応じて昇給具合が決まります。

各種手当

英会話講師の手当はほとんどが社会保険完備と交通費になります。

一般企業のように住宅手当は外国人講師に対してがほとんどで日本人の英会話講師に対して支給してくれるところはありません。

給与が高い人は何が違うの?

英会話講師を目指している人や英会話講師をしている人、もしくは英会話講師に興味がある人からしたら給料の高い人とそうでない人の違いが何なのかとても気になるところです。

ここでは英会話講師の給料が高い人とそうでない人の違いが何なのかについてふれていきます。

受け持つクラスの数

給料が高い英会話講師は、受け持つクラスが他の英会話講師に比べて多いのが特徴です。

受け持つクラスが少なくて高給取りの英会話講師は稀なので受け持つクラスの数は英会話講師の実力を示す上での一つのステータスにもなっています。

生徒からの人気度

生徒からの人気度も大切な要素です。

生徒から人気の高い講師はイコール受け持つクラスが多い講師であり、生徒から信頼度や人気度が高いということはそれだけ教えるスキルが優れている、授業が理解しやすいなどの要素が揃っていたりします。

勤務場所

勤務場所は、生徒の集まりが異なりますので給料に割と影響しています。

例えば、郊外の英会話スクールより都市部の英会話スクールの方が生徒数は当然多く、生徒数が多ければ給料をアップさせるチャンスはあります。

ただ、同じ人気の英会話スクールであってもオンラインの場合は、授業料が安く人気ではありますが、その反面、英会話講師への給料も高くありません。

英会話講師で給料を上げるための転職術

英会話講師として給料を上げてきたいとなるとどうしたら昇給できるのか、どうしたら賞与が増えるのかなどをまず考えることでしょう。

今勤めている英会話スクールなどでまず給料が上がらないか考えることはごく自然なことです。

ただ、どれだけ頑張ってもどれだけ考えても給料が上がらない時は上がりません。

その時には、転職して給料をあげる方法もあります。

ここでは、転職して給料を上げるためにどのようなポイントに注目して転職先を探すべきかについてまとめてみました。

転職先の選び方1:条件のいい学校へ転職する

条件のいい学校に転職するのは給料を上げるために大切なことです。

条件のいい学校とは具体的に、非常勤講師なら時給が今の職場よりいい学校や正社員なら福利厚生が現在の職場より手厚い待遇であることなどです。

転職先の選び方2:都市部の勤務先へ転職する

働くエリアによって給料はやはり異なるため、今、勤めている職場が郊外である場合は、都市部の英会話スクールで勤務することが給料を上げるための手っ取り早い方法です。

都市部の英会話スクールは生徒数が多いことや生徒数が多いために受け持つクラスが多くなる、実力によっては受け持つクラスを増やしてもらえるためです。

給料をアップさせるための求人の選び方

英会話講師として給料をアップさせるためにはどういう求人を選べばいいのか知りたい人は多いことでしょう。

恐らく現役の英会話講師であってもこのことは頭を悩ましているはずです。

英会話講師として給料をアップさせるためには下記の項目に着目して求人を選ぶことが大切です。

交通費

意外かもしれませんが、交通費を全額支給してくれる英会話スクールとそうでない英会話スクールがあります。

よく見る求人で時給や給料がいいけど交通費の支給は一部しかしないところがあります。

この場合、家から近いならさほど問題にはなりませんが、人気のスクールで給料を上げるために転職したいけど家から少し遠いとなった場合、交通費が一部しか支払われないと残りは当然ですが自腹になります。

自腹でまかなっても問題ないくらい稼げるなら話は別ですが最初はそうではありませんので交通費が全額支給か一部支給かはしっかりと確認しておきましょう。

役職

役職で募集しているかもしくは役職候補として募集しているかも大切な要素です。

英会話スクールの場合、よくあるのが教室長です。

スクールの責任者、いわば店長のような管理職になることで給料は上がります。

ただ、英会話講師の求人には役職候補や役職を募集せず、英会話講師として募集しているケースがあります。

この場合は、給料が将来的に異なってきますのでしっかりとチェックする必要があります。

賞与

賞与制度がある英会話スクールと賞与制度がない英会話スクールがあるのでここも大切なチェックポイントになります。

賞与はやはりあるとないとでは年収が大きく異なりますし、仕事に対するモチベーションも変わります。

何より賞与がある英会話講師は当然ですが年収を上げるチャンスがあります。

求人内容の中に賞与制度があるかないかはしっかりとチェックしておくべきです。

経験者が教える、実際に給料がアップしたのはこんなとき

ここまで英会話講師として給料を上げるためにどうしたらいいのかや転職する際のポイントなどについて紹介しました。

ここでは、英会話講師として実際に給料が上がったのはどんな時かについて紹介していきます。

受け持つクラスが増えた時

正社員の場合は、すぐにはわからないのですが、非常勤講師として働く場合、受け持つ授業の数をコマ数と呼び、コマ数に応じて給料が払われたり、時給が異なってきたりします。

そのため、受け持つクラスが増えると給料が上がります。

実際に筆者が非常勤講師として勤めていた時は時給1,200円でしたが受け持つ授業が増えると時給も上がり、最終的には時給5,000円までもらえるようになりました。

他の正社員で勤めている英会話講師に聞いた話でも受け持つクラスが増えることは給料アップや賞与査定につながるようです。

生徒からの人気が高まり一クラスの生徒人数が増えた時

生徒からの人気が高いのも給料が上がることにつながります。

人気が高いというのはファンクラブができるような人気ではなく、生徒から理解しやすい授業や楽しい授業と講師に対しての評価や信頼度が高いことを示します。

人気の英会話講師や給料が高い英会話講師は、生徒からの人気が非常に高く、クラスは全て満席や予約制の英会話スクールの場合は予約が取りづらいことになります。

筆者が生徒から高い評価を受けた時は、非常勤講師の時でしたが、受け持つ授業が6から10になり、時給も大幅にアップすることができました。

正社員として採用してもらった・役職に就いた時

筆者が英会話講師として給料が大きく上がったのは、正社員として採用してもらえた時です。

時給制の非常勤講師だと受け持つ授業のコマ数で給料が決まります。

しかし、社会保険などは完備されておらず、交通費が支給されるくらいでした。

正社員として採用してもらったことで賞与がもらえたり、社会保険が完備されたため、年収が上がりました。

また、役職としてリーダーを任された時は教科書の作成や新人教育を任されたことで基本給を上げることができました。

独立開業して自ら英会話スクールを運営した時

転職などと同様に給料をアップさせるためには独立開業することも一つの方法です。

これは筆者の体験ではなく、筆者の職場にいた先輩の話にはなりますが、英会話スクールで人気の地位を築き、受け持つ授業数も多く、書籍も発行していた講師がある日独立開業して自らの英会話スクールを運営して成功したケースがあります。

当然ですが、年収も大幅に上がり、1,000万円以上稼ぐことができたと聞いたことがあります。

これはあくまでも成功事例になり、失敗するリスクがついてきますが、英会話講師として給料を大幅に上げたい時の方法の一つとしては有効な方法です。

もちろんですが、いきなり開業したところで生徒は集まりませんし、人気もないのに実績があるからと独立してもうまくいくかはわかりません。

筆者の職場にいた先輩のようにある程度の地位を築いて確たるスキルを身につけてから独立すれば給料を上げることができますし、人気の出るような英会話スクールにすることができれば給料はますます増やすことも可能です。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は、英会話講師の給料事情についてまとめてみました。

英会話講師を目指す人や英会話講師として成功していきたい人の参考になれば幸いです。

英会話講師は、ネットや世間ではブラック企業と呼ばれていることもあります。

確かに外国人講師から比べたら待遇がいまいちであることもしばしばです。

ただ、やり方によっては稼ぐことが可能な仕事であることも確かです。

英会話スクールで稼げないから英会話講師は諦めたという人がもしいたならそれは今一度考え直してもいいかもしれません。

なぜなら英会話スクールに勤めるだけが英会話講師ではないからです。

例えば、高校や大学受験の予備校・学習塾などで英会話講師として働くことも可能ですし、日本人で英会話講師をして稼ぎたいのならそちらの方が可能性としてはグッと高まります。

今回の記事を参考に英会話講師の求人にチャレンジしてみてはいかがでしょうか?


関連キーワード

英会話講師求人

英会話講師求人についてもっと深堀りした情報を見る

英会話講師として転職を成功させるために!狙い目な職場の3個の特徴と上手に転職するための注意点

ここ数年で日本の生活環境が大きく変化してきています。大きな原因は、日本がグローバルマーケットで競争していることだけでなく、昨今の世界的な旅行ブームにより訪日客が増えたことや東京オリピック開催に伴い、英語が必要になってきているところです。その環境変化に伴い、今まで日本語だけでよかった生活環境が大きく変わり、仕事をする上で英語を少しでも話せることが必要となってきていますし、大手企業などへ就職するのにあたり、英語が話せて当たり前の環境になってきました。日本にいながら英語を練習したい場合、多くの人は、英会話スクールに通います。英会話スクールに通う生徒が増えると英会話講師の需要が増えます。英会話講師の仕

子供英会話講師求人でよくある募集内容や働き先の種類・おすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

子供英会話講師求人はどのようなお仕事なのでしょうか。人気の職業ですが、目指している方たちにとって気になることは色々あるでしょう。大手英会話スクールの子供英会話講師として働いた経験から、私が疑問について詳しく解説します!子供英会話講師のおおまかな仕事内容子供英会話講師のお仕事というと、どんなイメージを描くでしょうか。やはり、子供たちと楽しく歌を歌ったり、英語の本を読んであげている様子を想像する方が多いと思います。しかしそれだけではなく、実は多くの仕事をこなしています。おおまかな仕事内容まずはレッスンをすることが一番重要な仕事です。そのために、事前に教材の準備をしたり、予行練習をしたり、歌やダンス

英会話講師が向いている人の5個の特徴や必要なスキル・適正とは?子供向け英会話の場合に必要な素養も解説!

子どもの英語教育に対する関心が高まっています。また、東京オリンピック開催に向けて、英語の勉強のやり直しをしている大人も急増中というニュースも目にします。そんな中、自分も英語教育に携わりたい!と思っている方も多いでしょう。私は大手英会話スクールで子ども英会話講師をするようになって数年経ちますが、やりがいを感じると共に自身の力が足りないと思うことも多く、毎日が勉強です。決して誰もが簡単につとまる仕事ではないことは事実です。では、どういう人が英会話講師に向いているのか、必要な英語レベル・素養について解説します!英会話講師の仕事内容英会話講師の仕事というと、もちろんレッスンを行うことが一番の仕事となり

英会話講師の仕事はどんな人に向いている?得意な人の3個の特徴やキャリアについて解説します

英会話講師というとどういうイメージを持ちますか?英会話講師になりたいけれど、自分に向いているのかと悩んでいる人もいるでしょう。では、どんな人が英会話講師の仕事に向いているのか、実際に働いた経験から解説します。英会話講師はどんな仕事?英会話講師とは、文字通り英会話を教えるお仕事です。主に英会話スクールや、学校、塾、自宅などで生徒に教えます。英会話講師の大まかな仕事内容英会話講師の仕事内容とは実際どのようなものなのでしょうか。まずイメージするのは、生徒相手に授業を行っている姿だと思います。英会話講師は、授業を行うことがまず大きなお仕事です。しかし、それだけではありません。その授業を行うための事前準