大学生に人気のアルバイトの一つに、塾講師があります。

学生時代の塾講師のアルバイトにやりがいを感じて、そのまま塾講師として就職をする人が少なくありません。

そんな塾講師は、実際どのようなところにやりがいを感じているのでしょうか。

これから紹介する記事は、塾講師のアルバイトに興味がある人や、就職先に迷っている学生や社会人におすすめできる内容になっています。

「塾講師」が自分に向いているか診断するにはこちら →

塾講師はどんな仕事?

塾講師の仕事は、大きく分けて2つに分けることができます。

1つ目はご存知の通り、生徒への教科指導です。

これはアルバイト・社員問わず、全ての従業員が経験する業務です。

2つ目は、カリキュラムの考案や教室・校舎運営が挙げられます。

原則、正社員の業務ですが、アルバイトでもカリキュラムの考案を任せられるケースもあります。

雇用形態によって仕事内容はどう変わる?

アルバイト

塾講師のアルバイトは、生徒の指導が業務のメインです。

アルバイトは大学生が多いので、大学生の授業後である夕方または夜から勤務するタイムシフトが多く見られます。

塾の規模にもよりますが、カリキュラムの組み方や指導ペースなどがアルバイトの業務になっている場合もあります。

また、給料に関しては時給制です。

小学生・中学生・高校生と順に指導のレベルが上がってくるので、それぞれに合わせて単価設定がされていることが多いです。

更に、同じ中学生の指導でも学年が上になるほど単価が上がります。

中高生で考えると、中学1年生の指導が一番単価が低く、高校3年生の指導が最も高単価になります。

正社員

正社員は、生徒の教科指導以外にも事務処理などの仕事をする必要があります。

大抵昼頃からの勤務になります。

また、正社員は教科の指導だけでなく教室運営もしなければいけません。

大手だと事務処理などは本部と分業することもありますが、フランチャイズ制度をとっている場合、校舎の運営は塾長と社員に委ねられます。

運営にあたる主な業務としては、募集のための宣伝や備品の発注、月謝の管理などが挙げられます。

給料に関しては、塾の規模にもよりますが、校舎全体の生徒数に対してインセンティブを設けられるケースが多いです。

やりがいをより感じられるのは?

正社員の方が子供たちと過ごす時間が多いので、よりやりがいを感じることができます。

自分の考えに基いて塾が運営されるので責任は大きいですが、その分生徒の学力が向上したり受験生が志望校に合格したりなどの実績ができると、自信に繋がってきます。

また、給料に関しても、塾講師は他の職業と比べても見劣りはしないので、その点もモチベーションになるでしょう。

「塾講師」が自分に向いているか診断するにはこちら →

やりがいを感じる6個のポイント

受験生の指導

受験生の教育指導は責任が重いですが、その分とてもやりがいを感じます。

中学3年生はもちろんですが、高校3年生は大学受験ということもあり、今後の人生を決定づける受験になります。

志望校に合格するために最後の1年を勉強するので、志望校に受かった時の生徒の喜びは、塾講師にとっても何事にも変えがたい大きな喜びとなることでしょう。

受験が終わった生徒から「先生、ありがとう」と報告をされた時には、今までの努力と頑張りが報われたことを強く感じられると思います。

勉強を教える点に関しては教師も同じ職業のように見えますが、教師は安定した地位が確立された仕事ではありますが、子供達に社会的な教育をしたり部活動の顧問をしたりと、勉強以外のことに精を出す部分もあります。

それに比べて塾講師は、勉強という部分に教師よりもフォーカスできるので、「勉強を教えることが好き」という人は、塾講師の方が向いているかもしれません。

子供の良き相談相手であれる

中高生は志望校への入学を成功させるために塾に来ます。

しかし中には、将来何をしたいかなどの明確な目標がなく、志望校に迷ってしまう生徒も多くいます。

特に高校生は、行く大学やその学部・学科によって将来の職業が決まる場合も多いです。

人生の先輩として進路指導などの相談に乗りこともあります。

生徒に頼られるというのは嬉しいことですし、自分が上手く生徒を導くことによって生徒の明るい未来が開けていくと思うと、やりがいを感じずにはいられません。

子供が懐いてくれる

思春期・反抗期も相まって、不真面目な生徒やなかなか言うことを聞いてくれない生徒も出てきます。

言葉では偉そうなことを言う生徒ですが、中身はまだまだ子供なので、とても可愛く、微笑ましく思います。

まるで自分が子供を持ったような感覚にさえなる時があります。

生徒は、学校の先生に裏であだ名をつけたり、悪口を言ったり、友達関係でフラストレーションを抱えていたりします。

そんな時は、勉強以外の面でも人生の先輩として相談に乗ることで、生徒からの信頼も厚くなるでしょう。

塾の先生は、生活指導などを含めた学校の先生が行う様々なことに介入しないので、思春期の子供にとっては好かれやすいのかもしれません。

「子供が好き」という方は、教師よりも塾講師の方が向いているかもしれません。

自身の教養の向上

勉強を教えるということは、理解する以上の学習を必要とします。

問題の解き方を教えるということは、原理を理解しておく必要があったり、自分が学生時代に学んできた以上の勉強をしたりする必要があります。

学年が上がると教えることも難解になるので、その分予習などを必要とする場合もありますが、予習や教えることを通して、自分にとって学びを深めることもできます。

端的に言えば、他職業の社会人よりも勉強においての知識は深まるということになります。

近年テレビで芸能タレントが出演しているクイズ番組で出題される問題にも答えられるようになるでしょう。

人と違う時間で生活できる

塾は、生徒が学校を終わった後に通う場所で、基本的には夕方から夜が時間帯になります。

午後から出勤して事務作業を済ませてしまい、夕方頃から小学生の指導を始めるというのがよく見られるタイムシフトです。

そのため、夜は就寝が遅くなりますが、朝は遅めの時間に起きることができます。

また午前の時間を有効に使えば、人が少ない時間にジムに行って体を動かしたり、映画館に行ったり、場所の制約なくランチをしたりなど、娯楽を効率良く楽しむことができます。

土日に出勤がある塾も多いですが、その分平日を休みにすることもできます。

例えば、どこかに遊びに行くにしても道路が空いていたり、店や商業施設などでも行列に並ぶ必要がなかったりと、得をすることも沢山あります。

ちょっとした有名人になれるかも!?

大手予備校講師ともなると、衛星授業をする形態もあります。

担当科目の指導方法がユニークなど話題になると、だと中高生からは人気の講師になるかもしれません。

テレビ出演している講師もいるくらいなので、本業以外からの収入も期待できるかもしれません。

テレビに出られるのはかなりレアなケースかもしれませんが、大手の塾だと同じ系列などに衛星授業を提供することも考えられます。

最近ではタブレット端末を教育業界に導入する動きがかなり活発なので、自分自身がいつの間にか人気の講師の一人になっているかもしれません。

やりがいを持って働くために必要なこととは?

マインドセット

今就いている職業にやりがいを持って働き続けるには、自分の中でマインドセットをしておく必要があります。

それは何かと言うと、上記で紹介したやりがいを感じるポイントをしっかりと自分に落とし込んで、どのようなポイントに自分がやりがいを感じるかを理解をしておく必要があるということです。

どんな仕事でも毎日常にやりがいを感じ充実した日々を送れることは稀で、「辛い」「辞めたい」と感じることがきっとあるでしょう。

そんな時に、仕事を続ける意義を自分なりに把握して仕事に対するやりがいを持ち続けておくことで、軸をもって仕事を長く続けることができるのです。

勉強を怠らない

生徒に質の良い指導を提供するためにも、常に学習することを怠らないようにしましょう。

担当教科の知識に自信がないと、だんだん「自分に向いてないのかな」「生徒に教える知識がないのでは」というネガティブな感情に襲われます。

常に勉強をし自分の知識を磨くことでそれが自信となり、自信を持って指導をすることで生徒からの信頼も厚くなるでしょう。

独自性

自身が考案したカリキュラムに沿って講師は指導を行います。

原則、毎年大きな変化はありませんが、生徒の学力を常に考えてアップデートをしていくことで、より良い指導ができるようになります。

自身の考案したカリキュラムによって生徒の成績が上がると、大きな達成感を得ることができます。

大手の学習塾においては本部がカリキュラムを作成していることもありますが、地域によって変更すべきものではありますし、学校の授業進度とうまく擦り合わせることがあります。

カリキュラムを自分で作ると、後々の達成感に繋がるのでお勧めです。

また、カリキュラムだけでなく授業自体にも工夫が必要です。

場合によっては、塾ごとに模範授業のマニュアルなどがあるかもしれませんが、授業がつまらないと生徒は良い反応をしてくれません。

生徒に勉強を楽しいと思ってもらうことで、学習意欲を上げることこそが重要なのです。

勉強に繋がるようなゲームを考案すべきとまでは言いませんが、授業中に世間話をしてみたり、生徒が勉強に飽きない面白い仕組みを作ってみたりしておくと良いでしょう。

フリーな時間を楽しむ

一般的な社会人とタイムシフトがずれているというのは一長一短で、人によっては社会からの疎外感を感じることもあるでしょう。

特に、友人と休みが合わないことが嫌という人が多いかもしれません。

しかし、限りある休みを楽しんでこそ仕事の質が高まるものですので、割り切ってしっかりリフレッシュをすることが大切です。

例えば、空いているデイタイムにジムに行くことは、心身共に健康になれるのでおすすめです。

「塾講師」が自分に向いているか診断するにはこちら →

塾講師の仕事で大変なことは?

子供のわがまま

小学生は分別がなくうるさい時がありますし、中学生は思春期・反抗期真っ只中なので授業の雰囲気によっては騒々しい時もあります。

部活や習い事が忙しく、宿題をきちんとこなしてこない生徒も少数います。

言うことを聞かない生徒や、親に無理やり塾に通わされていて学習へのモチベーションが低い生徒をコントロールするのは非常に難しいことですが、その生徒を放置していてはいけません。

親に申し訳が立たないですし、授業の雰囲気がネガティブな方向になってしまうためです。

個別指導の塾ならあまり問題ないですが、集団指導の場合は様々な子供達がいる中で良い雰囲気の授業を作ることは非常に大変です。

受験指導

受験生を教えるのは、非常に責任が重いことです。

なぜなら、受験の成功・失敗はその子供の将来を左右することになるからです。

また、高校生の大学受験に関しては志望校の選択肢が多くあるため、各大学の過去問(赤本)の解説を個別に行う必要がありとても大変です。

中には非常に難解な問題もあり、その場で答えが出せないと言う場合もありますので、その場合は持ち帰って、後日生徒に解説すると良いでしょう。

遅い時間の勤務

人間の体というものは、日光が当たる時間帯に活動するような仕組みなので、夜が活動の軸になる塾講師は結構大変です。

しっかりと生活リズムが取れていないと、睡眠不足などから体調を崩してしまうリスクが高くなってしまうので、残業がある場合はなるべく授業後ではなく日中、授業前に早く来て済ませておくことをおすすめします。

意外とある勉強以外の仕事

正社員は勉強以外にも、生徒募集のために広告の手配をしたり、教室の掃除、月謝の管理や保護者との面談など仕事が沢山あります。

特に学生が長期休みに入る夏期講習などは、授業自体も丸一日あるような状態なので、事務処理などを並行して行うのがかなり大変です。

まとめ

塾講師でやりがいを感じる6個のことについて紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。

塾講師は正社員でもアルバイトでも子供の将来を決定づける、非常に責任ある仕事です。

健気な生徒から感謝される喜びを味わいたい方、子供が好きな方にはおすすめです。


関連キーワード

塾講師求人

塾講師求人についてもっと深堀りした情報を見る

塾講師の転職を成功させるためにやるべき3個のことと、上手な転職方法を解説します

塾講師になった人の経緯は様々です。教職を目指している学生や時給の高さにひかれた学生が、学業と両立して働くケース。学生時代にアルバイトで塾講師をしていた人が、塾に就職して社員として働くケース。空き時間を活かしたい主婦が塾講師として働くケース。他の職業を経験した人が転職して、塾講師になるケース。各々のケースで求める環境や給料、働き方は違います。また一言に塾といっても、個人が経営する塾と大手塾、補習中心の塾と進学塾、小学生対象の塾と高校生対象の塾などその規模や種類は様々です。加えて、その塾が講師に求める仕事内容も異なります。勿論、どこの塾でも教科を教えるというのはありますが、塾によっては保護者面談、

塾講師バイトの時給はどのくらい?私の周りの相場や時給の決まり方を紹介します

この記事に興味を持ってくださったあなたは、恐らく塾講師のアルバイトを始めようかと迷っている方ではないでしょうか。この記事には、塾講師のアルバイトを始めようと考えている方に役立つ情報が沢山あると思います。是非最後まで読んでみてください。今回は誰もが知りたい塾講師のバイトの時給についての内容の記事になっています。塾講師のバイトの給料の相場はどのくらい?塾講師の給与の相場は?基本的に塾講師の時給は、他のアルバイトに比べて高く設定されています。特殊なスキルは必要ありませんが、ある程度の学力が必要になるからです。このことから、学力が低い方には務まらない仕事になっています。塾講師の仕事は誰にでもできる仕事

塾講師募集はココを見て!良い求人、悪い求人の見極め方を教えます

将来、学校の先生を目指す皆さんの中には、大学生時代に塾講師のアルバイトや家庭教師をやってみようと思う方は多いのではないでしょうか?実際、私や私の友人もそのように考え、大学生時代に塾講師のアルバイトを経験しました。将来、学校の先生になりたいという考えがあり、塾講師のアルバイトをやろうと思ったのはもちろんなのですが、正直、バイトをするなら時給が良い方がいいなという考えも少しありました。しかし、働くにしたがって、給与以外のこの仕事の魅力を感じ、4年間塾講師のバイトを続けることができました。今回は、その当時のことを振り返りながら、この仕事の魅力とは何か、塾講師の募集で、良い求人や悪い求人の見分け方など

大阪塾講師バイト求人の募集内容や時給の相場は?おすすめの塾会社や向き不向きややりがいなどを解説!

塾講師の仕事に興味がある人、是非やってみたいと思う人に少しでもプラスになる情報を提供したいと思います。今回は大阪の塾講師のバイト求人について難しくなく簡単に説明したいと思います。少しでも学習塾の仕事のイメージが明確になれば幸いです。大阪の塾講師求人の仕事はどんな仕事?塾に来てくれた子供たちに勉強を教えることです。そして、教えたことをできるようにさせることです。集団指導、個別指導、グループ指導などと別れています。塾によって指導方法が変わるのが特徴です。大阪塾講師バイト求人の大まかな仕事内容基本的な仕事は主要5教科(英語・数学・理科・社会・国語)の勉強を教えることです。塾専用のテキストを使用して勉

塾講師の仕事はどんな人に向いている?向いている人の3つの特徴やキャリアについて解説します

子供に勉強を教える塾講師の仕事は、やりがいを何より大切にしています。生徒一人一人に寄り添い、成績が上がった時や受験で合格した時は、生徒と一緒に喜びを分かち合います。長く生徒と関わりを持っていきますので、生徒と塾講師の間に信頼関係も生まれます。授業準備は大変ではありますが、それ以上の喜びややりがいを感じられる仕事です。塾講師はどんな仕事?学校での普段の授業の予習・復習・補習に加え、中学・高校・大学への受験合格を目指す生徒には、受験対策の学習指導を行っていきます。それだけでなく、学習面以外でもコミュニケーションを取りながら生徒との会話を増やし、モチベーションを向上させていきます。授業形態は主に個別

塾講師正社員求人で働くメリットとは?バイトとの違いや責任、タイプ別の向き不向きを解説します

塾講師というと正社員で勤務している方もいますが、人数で考えれば、多くの学習塾においてアルバイトや派遣講師として働いている方の方が多いです。教員を目指す学生や、既卒で塾講師を専任で勤務する方など、学習塾には様々な講師が勤務しています。そこで今回は、塾講師の正社員の勤務内容、アルバイトや派遣講師の違いなどを中心に解説いたします。塾講師の正社員で働くメリットどの業種でも言えるかもしれませんが、基本的には正社員で働く方が当然安定した収入を得られます。また、それ以外にもメリットはいくつもあります。まずは、正社員で働くメリットについて詳しく解説します。安定した給与まずは何と言っても安定した給与が挙げられる

塾講師年収の相場は?給料を上げるためにやるべき4個のことも紹介します

様々ある職種において、正社員、派遣社員、アルバイトと、雇用形態も多用にあります。それは塾講師も例外ではなく、雇用形態によって給与体系などに違いは出てきます。そこで今回は、塾講師経験のある筆者が、様々な雇用形態における塾講師の給与体系、年収アップなど、入社してから分かったことなども含め詳しく解説します。ズバリ!塾講師の給料の相場はどのくらい?正社員の塾講師における給料の相場は、勤務する会社や役職によっても大きく異なります。正社員で新卒入社した場合の塾講師の給料相場新卒で入社の場合、決して高いとは言えません。キャリアを積み重ねていくことで少しずつ給料が上がっていきます。会社にもよりますが、私が勤め

塾講師バイト求人でよくある業務内容と求人の選び方を紹介します

アルバイトを探そうと考えた時、すぐに思いつくのが飲食店やコンビニなどの接客業、次に浮かぶのが塾講師や家庭教師などの教育関係ではないでしょうか。接客業も塾講師などの教育関係もどちらも人を相手にするアルバイトです。特に塾講師は塾生、塾生の親、塾で働く人々と年齢も立場も違う様々な人と係わっています。また、塾という業界の特殊事情があるので、アルバイトを探すにあたってはそのような事情も押さえておきましょう。塾講師のアルバイトをお探しの方へ「塾講師のアルバイトを希望しているけれど、初めてなので不安だ。」だとか「塾講師をしているけれど、今働いている塾は自分にはあわない。」と感じている方もいるかもしれません。


塾講師求人に関するコラム

塾講師の仕事は人気なの?人気な理由から大変なことまでご紹介!

「塾講師の仕事」と聞いて何を思い浮かべますか?アルバイトであれば高時給の仕事であったり、教師を目指している人から人気の仕事であったり、様々なことが思い浮かぶかもしれません。では、実際に塾講師の仕事は人気なのでしょうか?ここでは、塾講師が人気である理由や、大変な理由を順番に解説をしていきます。塾講師の仕事についておさらいしておこう塾講師の仕事について、実際にどんなことをするのかまとめてみました。塾講師の仕事自体は、大きく3つに分けられます。1. 授業の事前準備2. 授業を行う3. 保護者への連絡アルバイトで塾講師をしている場合は、基本的にこの3つのみですが、正社員で働いている場合は、生徒の進路面

塾講師のバイト面接で聞かれる4個のことと受け答えのコツ、服装などの注意点とは!?

塾講師のアルバイトは時給も高く、大学生からはかなり人気のバイトになっています。では、実際に塾講師のアルバイトはどんな仕事なのか、詳細をご存知でしょうか?アルバイトの面接はどんなことを訊かれるのか、また採用に必要な学力テストはあるのか、また、塾講師のアルバイトの求人情報で確認しておかなければならないことや知っておくべきことなどを実際の経験に基づいて書いてみました。今から塾講師のアルバイトを始めてみたいと思っている人は、ぜひ一度読んでみてください。塾講師バイトの仕事内容塾講師アルバイトの仕事内容は、個別指導と集団指導で異なる部分がありますが、仕事内容としては大きく3つが挙げられます。教える内容の予

塾講師は未経験でも出来る!未経験でもスムーズに仕事に就く方法をご紹介します

塾講師の仕事は、勉強を教えることだけではありません。もちろん中心になるのは「授業」であることは確かです。苦労も多い職場ですが、しかし様々なスキルを学び、活かすことで、自分の成長が促される。そんなやりがいある仕事であると感じています。今回は塾講師のお仕事について紹介します。未経験の方もぜひ参考にしてみてくださいね。塾講師の仕事とは?塾講師は「先生」ですので、中心となる業務は「授業」になります。たとえば都心部などの大規模学習塾や予備校であれば、受付や事務の担当職員がおり、先生は授業とその準備のみに集中することも多いかと思います。しかし小規模の塾においては授業以外に実に多くの業務が付随してきます。今

塾講師が向いてない人の5個の特徴。向いていない場合の乗り越える方法も紹介

塾講師の仕事、学生時代にアルバイトで経験したことがあるという方もいるかと思います。私は塾のアルバイト講師として4年間働きました。個別指導塾、集団指導塾を大手から地域密着の個人経営まで幅広く経験した私は、正社員、アルバイトで働く塾講師を数多く見てきました。その中で、塾講師は向いている人と向いていない人の差がはっきりすると感じました。今日は、塾講師が向いていないと感じる人の特徴を挙げながら、その乗り越え方をまとめます。塾講師の仕事とはどんな仕事?まず塾講師の仕事といえば、「教科を指導するだけでしょ」と思われる方が多いかと思います。実は、働く会社や塾の規模によっては、それ以外の仕事を任せられる可能性

塾講師として働くメリット6選。私が感じた良いところをまとめました

教師を目指しているので腕試しに、教員免許を持っているけれど教師は荷が重い、夜に働きたい等、様々な理由で塾講師という職業が気になっている方がいらっしゃるかと思います。今回は、塾講師の仕事内容や、塾講師として働くことのメリットやデメリット、塾講師のやりがいを感じる瞬間や塾講師に向いている人についてご紹介します。塾講師の仕事とはどんな仕事なの?塾講師の仕事は、夕方から夜にかけて学習塾にて、小学生から高校生の、主には受験のための勉強を教える仕事です。教師とは違い、子どもに社会で生きる力を身に着けさせるのではなく、学業の面のみを伸ばしていくことが業務となります。だいたい学校が終わった18時くらいから塾の