塾講師のアルバイトの仕事内容は、ズバリ「授業」です。

でも「授業」だけではないのではないかと思っていますよね。

メインは「授業」ですがそれ以外にも、塾によってはしなければならない仕事があります。

では、授業も含めてどんな仕事があるかみてみましょう。

塾講師アルバイトの仕事内容

授業

メインの仕事の授業を大きくわけると、集団指導と個別指導の2タイプになります。

塾によっては自習室などで、塾生の学習を指導するというタイプもありますが、これは個別指導に入れてもよいのではないでしょうか。

というのも個別指導は講師ひとりに対して塾生は1名から3名までとされていて、塾生が理解できるように個々に指導します。

同じように自習室での指導も塾生が解らないところを個別に教えるからです。

一方、集団指導は5名以上の塾生を一律に指導します。

全ての塾生が理解できる指導をすることを求められていますので、個別指導より集団指導のほうが高いスキルを必要とされています。

地域差や塾自体のレベル差もありますが、集団指導のほうが個別指導より時給も高くなっています。

塾生が理解できる授業をするために、事前に研修やDVD視聴があったり、先輩講師の授業を見学したりと塾によってフォロー体制はまちまちです。

テスト採点

テスト採点について、ふたつのパターンがあります。

塾講師としてテストの採点するパターンとテスト採点だけをするというものです。

どう違うかというと、塾講師としてテスト採点するというのは、指導している塾生がうけた試験を採点することを指します。

塾にもよりますが、授業以外の諸々の業務の一環となっていて、時給も授業より低く設定されています。

また、授業のなかで復習テストとして、講義を理解すれば解ける問題をプリントして配るということがあります。

そんなプリントもテストなので採点することになります。

ただし、これは業務としては微妙なものです。

というのも、時給が出ずサービスで採点しなければならない塾もあるからです。

一方、大手塾や予備校などがテスト採点だけをするバイトを雇っています。

文字どおりテストの採点だけをしますので、塾講師とは少し違うかもしれません。

このなかには在宅というものもあります。

採点方法は○×だけではなく、部分点を配点するというものもあり、採点者による採点結果の不公平を失くすため、詳細なマニュアルがあります。

ほとんどの場合、時給ではなく出来高制なので、慣れれば件数も増え、アルバイト代も高額になるところがセールスポイントです。

三者面談

三者面談は塾講師・塾生・塾生の保護者との面談のことですが、場合によっては二者、塾講師・塾生もしくは塾講師・塾生の保護者との面談に、塾講師として臨むことになります。

塾からは「アルバイトということは言っていけない」と言われるようです。

面談は年2回もしくは3回あり、塾生の学力や今の成績を説明し、今後の勉強方法や進路のことについて、意識あわせをします。

時間は20分から30分くらいというのが主流です。

塾生との日頃の関係が親密であれば難しいことはないのですが、担任制でなかたり、塾生のことをよく知らない場合はなかなかハードな仕事になりそうです。

また、塾の経営という観点から、成績が伸び悩んでいる塾生や、成績が良くてもさらに上を目指す塾生ために、通常の授業以外の集中講座などを勧めなければならない場合もあるので、慎重に対応する必要がありそうです。

受験相談・進路指導のサポート業務

三者面談などと同様、受験相談・進路指導は、教員採用試験を突破した教員でも難しい業務と言われています。

なので、ほとんどの塾でアルバイト講師が担当するのは、受験相談や進路指導のサポート業務ということになります。

受験相談は、各学校の学校案内・新聞やインターネットでの検索した情報を、塾生にみせて検討してもらい、どの学校を受験するかを決めてもらうか話しあうことになります。

サポートの業務内容は、各学校の学校案内を収集したり、新聞やインターネットでの検索の仕方や検索結果を見易くまとめたりすることです。

進路指導はさらに高度です。

成績だけで進路や受験する学校を判断するのではなく、将来何になりたいか、またどういった仕事をしたいかというキャリアプランをも含めた進路の指導です。

サポート業務としては受験相談と同じようなことをしますが、業界情報や企業案内などを収集することが追加されます。

受験相談・進路指導とも難しい業務ですが、教員を目指している教育学部の学生は、将来のためにとサポート業務だけではなく、本来業務にチャレンジしているケースもあるそうです。

運営業務

運営業務については、アルバイトが従事する業務というよりは、塾を選ぶ際のポイントのひとつとして、知識として持っているほうが現実的だと思うので、運営の実態を大まかに説明します。

大手と言われる塾、フランチャイズの塾、個人塾それぞれ塾を維持・発展させるために努力しています。

役割分担がきっちりできている塾や予備校には総務部や教務部があり、スタッフは専門分野で仕事をしています。

運営陣もあらゆる戦略を考え、その考えのもと運営されていると言ってよいと思います。

フランチャイズの塾の場合はフランチャイズ元の塾の経営理念や経営方針により運営されています。

マニュアルを自己流にカスタマイズしている塾もあるようですが、運営戦略はフランチャイズ毎にほぼ同じと言ってよいと思います。

いわゆる個人塾の経営はなかなか難しく、大手といわれるフランチャイズに参画していく塾も少なくありません。

アルバイトが運営業務をすることはほとんど無いと申しあげましたが、まれにフランチャイズの塾で塾長という立場のアルバイト講師がいるようです。

雇われ塾長とも言えるかもしれません。

塾講師が持っているスキルとは別のスキルになるので、アルバイト後も正規雇用で講師を続けたいと思っていたり、将来塾の運営や経営に携わりたいと思っているなら、経験値として持っておくことはプラスになりそうです。

塾講師にも予習!

塾講師に予習時間があるのをご存じですか?ほとんどの塾で授業が始まる前に、塾講師が予習する時間を設けています。

15分という軽い予習時間の塾もあれば1時間必須というハードな塾もあります。

予習内容も塾によって違います。

授業前に身だしなみを整えたり、発声練習をしたりと、予習というよりも心構えをするだけの塾もあれば、テキストを熟読しなければならない塾もあります。

また、サービス予習(時間給対象外)の塾もあるようなので、予習に関しては応募時に対象塾のシステムを確かめる必要がありそうです。

塾講師アルバイトのやりがいポイント

塾生と本気で向き合い、成長に関わりたい。

塾生や保護者に喜んでもらうことが自身の誇りになる。

塾生だけでなく自身の能力や存在価値を見出したい。

優秀な塾生を教育することで社会貢献したい。

など、個人的なものから社会的なものまで、大きなやりがいを感じることができる業界だと言われています。

生徒の成長が見られる

子供の成長は早いですよね。

例えば一回生時、塾講師のバイトをスタートしたとすると、4回生の卒業時には小学校高学年なら中学生に、中学生は高校生に、そして高校生は大学生になっています。

このように、年齢的な成長だったり、体格などの身体的な成長をみることができます。

もうひとつ、本来の目的である学力の成長をみることもできます。

特に、自身が教えたことにより塾生の学力がアップしたとしたら、素晴らしいく喜ばしいこととですよね。

感動します。

そんな感動が忘れられず、アルバイト講師から正社員講師になったケースもあると聞いています。

生徒や親が喜ぶところに立ち会える

現実に学力がアップすると塾生は授業で様々な事を教えてくれた塾講師のことを信頼し、さらに上を目指すかもしれません。

そんな子供の姿をみて保護者も子供と同ように、塾講師を信頼するのではないでしょうか。

塾生も保護者も学力がアップしたことを喜び、保護者は努力した子供のことを褒め、学力アップに貢献してくれた塾や塾の講師に感謝の気持ちを持ってくれますよね。

学力が伸びたことを実感できた時だけではなく、受験した学校に合格し、塾生や保護者が喜んでいるその喜びを共有できた時も、塾講師のアルバイトをして良かったと思うのではないでしょうか。

学生の人生の転換に関われる

少し大袈裟かもしれませんが、塾生の進路というのは、塾生の人生をも左右しかねません。

そんな進路を決める重要な時期に、進路に大きく係る学力や偏差値をアップさせることを目標に授業をするとういうのはとても遣り甲斐がある事ではないでしょうか。

もちろん有名な学校に行くことがイコール幸せではありません。

勉強することが自分に向かないという塾生もいると思います。

多感な時期の塾生に多数の選択肢があることを伝え、塾生に合った進路を選んでもらう。

塾生の大きな転換期に係ることが塾講師にはできます。

自分の学力アップ

授業中や授業が終わった後、質問をうけて即答できなくて恥ずかしい思いをすることは多々あるようです。

そんな時、正直にわからないと答える派、これは自分の時は習わなかったと無視する派、そんなに重要じゃないと逃げる派などいろいろあるようですが、結局質問には答えないといけないので、他の講師に質問したり、持ち帰って調べて考えたりと苦戦しているようです。

そうすることで、自身の知識が増えるとことになます。

また、自身の学生時代に苦手だった学科を教えることにより、新たな発見があるかもしれません。

これらはやりがいというよりは、講師バイトのメリットのひとつと言ったほうが良いかもしれません。

時給が比較的良い

メリットといえば、塾講師はバイト給も良いと言われています。

他のアルバイトと比べて時給が高いので、短時間で高額を得ることができます。

平均的なデータですが、集団指導の場合、時間給は1,500円から6,000円、個別指導の塾講師の時間給は1,200円から3,000円くらいと言われています。

飲食業や接客業のアルバイトを比較しても良いことがわかります。

また、飲食業や接客業は商品知識など新たに覚えなくてはいけない事がありますが、アルバイト講師に関しては、今持っている知識を活用したり応用したりしてできそうです。

社会貢献?

「誰のためにアルバイトするのか」と尋ねられた時、なんと答えますか?

もちろん、アルバイト代を貰うというのが第一目的であり、自分のためにアルバイトをしているのだと思います。

でも、少し視点を変えて考えた時、教える塾生であったり、塾の代金を払ってくれる塾生の保護者であったり、塾を運営している経営者のために働いているのかもしれません。

さらに大きく視野を拡げると、教育という分野で、塾生に自身の知識を与えることにより、教育界の裾野をひろげる手応えを感じ、社会貢献していると実感するかもしれません。

塾講師のアルバイトは辛いこともある

陽があたるところには影があり、表があれば裏がある。

ということで、ネガティブなことをも沢山あります。

ただし、それをネガティブととるか、ポジティブにするかは、あなた次第かもしれません。

勤務時間に融通が利かない

塾の時間割はきっちり決まっています。

なので、講師は必ずその時間に教室に居て授業をしなければなりません。

時間割を元に講師のシフトが決まるわけですが、シフトの組み方は塾によって違います。

事前に希望をきいてくれて、それを元にスケジュールを組んでくれる塾もありますが、数としては少数派です。

ほとんどの塾が既に講師の担当授業が組まれたスケジュール表を配布するというパターンです。

スケジュール表にある「自分の担当の日の担当時間に、授業をする」ということになります。

都合がつかない日があるかもしれません。

そんな場合、ほとんどが自分でその時間に入ってくれる講師を探すことになります。

塾のえ講師なので誰でも良いというわけではありません。

小さな塾は塾講師の数が少ないですし、大きな塾は講師の人数も多いのですが、その分時間割数も多くなるので、代理の講師を探すのは難しくて、仕方なくプライベートの予定を潰して、授業しなければならないこともあるようです。

時間外労働が多い

時間外労働が多いということはブラックバイトに繋がる要因です。

塾業界も時間外労働が多いとされています。

労働基準法についての詳細説明は省きますが、労働基準法によりアルバイトの労働時間は、一日8時間と決められています。

それ以上働かなければならない場合は、時間外労働となり、時給は通常の1.25倍になります。

ここで注意が必要なのですが、2時間のバイト契約をしているとします。

2時間のバイトが終わった後、1時間残ってテスト採点を手伝って欲しいと頼まれた場合、そのお手伝いした1時間を時間外労働と思いがちですが、8時間を越えていないので時間外労働ではありません。

当然、時給は1.25倍にはなりません。

時間外労働については、多くても、サービスではなく、正当なアルバイト代が支給されるなら、それはギブアンドテイクの関係であると、個人的には思っています。

忙しい

忙しいのは何故かと考えた時、「自身の時間配分がうまくいかない場合」と「塾講師等の数が足りない場合」の2種類に大分されると思います。

自身の時間配分がうまくいかないのは自身の問題で、大学の講義やテスト、サークルなど優先順位をつけて忙しいからと学業もアルバイトも中途半端にならないように、自己解決するしかないのではないでしょうか。

一方、塾講師等の数が足りないのは、塾側の課題ですが、塾の雰囲気や塾長などの考え方を見極めて、対処するしかないのではないでしょうか。

拘束時間が長い

時間外労働とも関連がありますが、拘束時間が長いというのも塾講師のマイナスな部分と言われています。

拘束時間が長い原因は、授業前にする予習と、授業が終わったあとの報告レポート作成だと大部分の塾講師が言っています。

予習も報告レポートの作成も、塾によって違います。

特に報告レポートは塾生個人の進捗状況をひとりひとり作成しなければならない塾もあります。

ひとりの報告レポートを作成する時間を3分として、10人いれば30分以上かかります。

拘束されて行う予習に関して、15分程度の塾から1時間みっちりという塾もあるようです。

塾によってはアルバイト代が時給ではなく授業一コマ2,000円という設定の場合もあります。

その場合、この予習時間は一コマの中に入っていたりするので、注意が必要です。

拘束されなくても、自宅で納得できるまで調べたりすると、授業の準備のために費やす時間はとても多くなります。

これは拘束時間ではありませんが、良い授業をしたいという気持ちの表れなので、そんな予習しなくてもいいと一概には言えません。

拘束されてする予習と拘束されないけれど自発的にする予習、ニュアンスは違いますが、塾講師をするからには必ずぶつかる難しい問題です。

生徒とのコミュニケーションが大変

プライベート、例えば友人つきあいなら気のあわない人と無理にコミュニケーションをとらなくても良いのですが、塾講師であるからにはたとえアルバイトでも、塾生と良好なコミュニケーションをとらなければいけません。

コミュニケーションには、勉学のためのものとプライベートのものがあります。

勉学のためのものとは、塾生に疑問点や重要点を理解させるために交わす会話で、プライベートのものとは、文字通り塾生のプライベートな事柄から塾生が授業を受け易い環境をつくるための会話です。

講師とは友達のような関係で、相談したり、意見を言ったりしながら勉強したいと思っている塾生もいれば、主従関係のような、絶対的な服従・信頼を持って接することを塾講師に望む塾生もいます。

なので、これが正解というものは無く、塾生一人ひとりその個性にあわせた会話をすることが必要ではないでしょうか。

ただし、あまりぶれると塾生は敏感に感じ取りますので、注意してくださいね。

やる気の無い生徒を焚きつけるのが大変

塾生の個性にあわせた会話のなかでも、やる気の無い塾生にやる気を持たせるにはどうしたら良いのでしょう。

なんだかとても大変そうです。

ただ、本当にやる気が無いなら塾には来ないはずと思ってなんとかやる気を出させたいですよね。

ARCS(アークス)モデルをご存じですか?注意ATTENTION・関連性RELEVANCE・自信CONFIDENCE・満足感SATISFACTIONの頭文字をとっています。

おもしろそうと注意をひき、やりがいがあると感じることで関連性を意識することができ、出来るかもしれないと自信をつけ、やって良かったと満足させるというものです。

でも、おもしろそうだとかできるかもしれないと思ってもらうことが難しいのですが、まずは塾生と信頼関係を築くことが大切ですし、ちょっとしたことでも褒めることによって、「やって良かった」「褒めてもらって嬉しい」と思ってもらうことも大切かもしれません。

教えるスキルや話術のテクニック

初めての授業はおそらくとても緊張するでしょう。

事前研修がある塾が大多数ですが、研修だけでは不安に感じるかもしれません。

でも、授業は待ってくれません。

そんな不安ななか、特に難しいのは学力が違う塾生達のクラスの集団指導と言われています。

理解力の低い塾生にレベルを合わせるとハイレベルの塾生への指導が疎かになります。

かといって、レベルを高い塾生にあわせると、解らない塾生が取り残されることになります。

また、授業で学問や難しい問題を教えるスキルとは別の、授業内容や授業のなかで話す内容に興味を持たせるようにする話術も必要ということも頭の片隅においておきましょう。

生徒が受験で落ちたりするのが辛い

きっちり勉強した塾生ならなおさら、あまり勉強しなかった塾生でも、入試試験で不合格になると、心が痛みます。

落ちた本人が一番辛いのでしょうが、塾講師も一緒勉強をしてきたので、自分のことのようで、辛くなります。

何を言っても慰めにしかならないようで、声をかけるのもためらいます。

また教え方が良くなかったのかもしれないという不甲斐なさが残るかもしれません。

なんだか苦い水を呑み込んだようで、塾講師をしていて一番辛いことではないでしょうか。

怖い親もいる

モンスターペアレンツがいるかもしれません。

びっくりするくらい自己中心的で理不尽な要求を学校やPTAにするようです。

最近は塾や塾講師に対しても信じられないことを言い放ち、言われた塾講師は精神的に追い詰められるケースもあるようです。

子供の成長を見守り、塾に通わせて成績があがることを願うのは親としては当然です。

なので、子供の成績があがらなかった時、塾に対して冷静に塾の任務の範囲内の要求をする保護者がイコールモンスターペアレンツではありません。

塾や塾講師側としても、保護者の意見に耳を傾けて、改善すべき点があれば改善すべきです。

保護者が正当な要求をしているのに、それを見極めることができないということがないように、正当な要求か正当でないかを判断する力も塾講師に必要です。

過保護ゆえに要求がエスカレートしていないか。

自分や子供のミスや落ち度を塾のせいにしていないか。

塾に対して過度の不信感を持っていないか。

など慎重に判断し、一人で対応するのではなく、塾の責任者と複数で対応するようにしましょう。

塾講師のアルバイトに向いてる人

コミュニケーションスキルやプレゼンスキルがある人

度胸がある人

学問に対して深い関心と探求力を持っている人

子どもたちと対等につきあうことが出来る人

などが思いつきます。

全て持っていても、全て持っていなくても、要は「やる気」かもしれません。

教えることに熱意のある人

授業をすることが好きというのは、塾講師にとって大切な要素ではないでしょうか。

授業をすることが好きというのは、教えることが好きということだとも言えます。

小中学生は知識を増やし、学力をつける時期です。

そんな時期に自身が教えたことを吸収して、成績がアップすると考えただけで、俄然やる気が沸き上がってくるような人が塾講師に向いていると思いませんか。

面倒見のいい人

クラスにひとりは必ず面倒見のいい人がいて、あれこれ面倒をみてくれます。

宿題を一緒にしてくれたり、放課後残って掃除を手伝ってくれたり、風邪で休んだらお見舞いにきてくれたり。

困っている人がいると、気になってついつい手伝ったりしてしまう人が塾講師に向いています。

人の話をきちんと聞くことができる人

「あなたの話しをきちんと聞いていますよ」とわかってもらうために、うなずいたり、相手の目をみたり、「そうなの」だとか「へえ」だとかの相槌をうつなど、非言語コミュニケーションを利用し、相手が話しやすい雰囲気をつくります。

そのうえで、自分が聞きたいことではなく、相手が話したいことを話題にすることが重要です。

例えば、「昨日、ひさしぶりに、犬を公園まで散歩に連れて行った。」と相手が話した時、「昨日?」・「ひさしぶりだったんですね」・「犬と散歩ですか?」「公園に?」など相手が話した言葉を問いかけたのに、問いかけた単語によってその後の会話が違ったものになります。

そのことを理解して、相手即ち塾生が話したいことが話せる会話になるよう、きっちり聞いてあげることのできる人が塾講師に向いています。

誠実で正直な人

理解できている塾生の成績を伸ばしてあげることは比較的簡単に出来るのですが、理解できていない塾生に理解してもらうことは安易ではありません。

授業内容が理解できない塾生に対して、誠実に対応できる人が塾講師に向いているのではないでしょうか。

我慢強い人

何度同じことを教えても理解できない塾生もいます。

ひっかけ問題に必ずひっかかる塾生もいます。

そんな塾生に根気よく教えてあげるのが塾講師です。

また、必ずおしゃべりをして授業を邪魔する塾生もいます。

どんな時でも我慢強く対応できる人が塾講師に向いています。

勤める塾に必要な学力のある人

塾講師のアルバイトの募集の選考方法に、適性テストや模擬授業というものがある場合もありますが、ほとんどの塾が書類選考のあと、筆記試験と面接で採用か不採用かを決めます。

筆記試験の科目は、英・数・国の3教科というのが主流です。

実際には、塾で担当する授業を希望する科目を受ける方式と、全て受けて塾サイドで担当科目を決める方式があります。

筆記試験の出題内容は、実際の入試問題の塾もあれば実力考査的な問題の塾もあります。

筆記試験を通過した段階で、勤める塾に必要な学力があると塾が認めたわけですので心配することなくアルバイトをしてください。

学歴や在学している大学は採用・不採用に関係ないと言われています。

良い大学に合格したから必ずしも、上手に教えるとは限らないからです。

ちなみに、大部分の塾が10分程度の面接を行っています。

身だしなみや言葉遣い、塾講師としての品格があるかどうかをみるものです。

学力とともに、こういったことにも注意が必要です。

プレゼンスキルが高い人

プレゼンテーションというと社会人になってから、行うものと思っているかもしれませんが、塾で塾生を相手に、学問を説明し、内容を理解させ、その知識を応用させなければなりません。

塾生を惹きつける講義をする際、ジェスチャーを交えるのも効果的です。

声の強弱やトーンをかえることにより印象に残る講義をする必要もあります。

あるいは、塾生達が興味を持っているアニメやゲームの登場人物を上手くからめたりするのも塾生にうけるかもしれません。

そんなスキルを持った人が向いているのですが、講義を体験しながら習得し、レベルアップさせることもできます。

塾講師のバイトに向いていない人

塾講師のアルバイトに向いていない人ですが、例えば、時間にルーズな人のように、どんなアルバイトをする場合でも向いていないと思われるような、一般常識項目は省きます。

責任感の無い人

責任感の無い人は、どんなアルバイトにも向いていないのではないかと思わるのですが、特に塾講師には向いていないと思います

塾講師アルバイトする際、塾生の学力をアップさせるという責任、アルバイト代を貰っていることに対する責任など責任にもいろいろあります。

塾講師をするにあたり一番必要な責任感は塾生に対するものではないでしょうか。

無愛想な人

塾生や保護者からみて無愛想な講師は敬遠されがちです。

疑問に思ったことや、なかなか理解できないことを気軽に質問してもらうには、愛想良くしたほうが良いですよね。

自身に置き換えても、仏頂面した講師に質問しようという気持ちになりません。

このことは最終的には、あの講師から別の講師に変えてほしいといった話になりかねません。

接客業ではないので愛想良くする必要は無いといえば無いのですが、ある程度は愛想良く対応しているほうが、長続きするのではないかと思います。

気が弱い人

何度教壇にたっても、その度緊張し本来の実力が発揮できないような気の弱い人は、塾講師には向かないと思います。

塾生に優しく接することと気が弱いということは別物ということはわかっていると思いますが、そこを混同せず、叱るときは厳しく叱って指導することが大切です。

人前で話をするのが苦手な人

個別指導ではそうでもありませんが、集団指導の場合、多数の塾生の前で講義をしたり、プリントを配って内容を説明したり、今からすることを指示しなければなりません。

人前で話をすることが苦手な人にはかなり高いハードルではないでしょうか。

まとめ

いかがでしたか?こうして塾講師の仕事内容や向いている人、向いていない人をみてみると、塾講師というアルバイトは誰にでも出来そうだけど、そういう訳じゃないということがわかった気がします。

そんな難しい塾講師ですが、塾講師がいなければ、確実に今の日本の教育は破綻してしまうと思うので、選ばれし人がプライドを持って仕事してほしいです。


関連キーワード

塾講師バイト求人