塾講師のアルバイトは時給も高く、大学生からはかなり人気のバイトになっています。

では、実際に塾講師のアルバイトはどんな仕事なのか、詳細をご存知でしょうか?

アルバイトの面接はどんなことを訊かれるのか、また採用に必要な学力テストはあるのか、また、塾講師のアルバイトの求人情報で確認しておかなければならないことや知っておくべきことなどを実際の経験に基づいて書いてみました。

今から塾講師のアルバイトを始めてみたいと思っている人は、ぜひ一度読んでみてください。

塾講師バイトの仕事内容

塾講師アルバイトの仕事内容は、個別指導と集団指導で異なる部分がありますが、仕事内容としては大きく3つが挙げられます。

  • 教える内容の予習&授業の構成や板書内容を考える
  • 授業を行う
  • 保護者への連絡

塾講師の仕事は、勤務時間に塾で授業を行えば良い、という訳ではありません。

授業を行うので、その構成を考えたり、集団指導ならば、板書内容もしっかりと事前に準備したりしなければなりません。

塾講師の仕事内容は、こちらの記事を参考に!

塾講師のバイト面接で聞かれる4個のこと

塾講師のアルバイト面接で訊かれることは多々あります。

自己紹介や志望動機をはじめ、塾講師に求められる資質など塾講師ならではの質問もあります。

よく訊かれる質問と、その受け答えのポイントをまとめてみました。

自己紹介

まずは、どのような職種の面接でも訊かれることになりますが、自己紹介を求められます。

履歴書に記入した学歴や専攻している内容、また塾講師の経験があれば、今までに学校で履修した科目などを訊かれます。

受け答えのコツ

塾でのアルバイトは子供に対して教える仕事になるので、できるだけ分かりやすく且つ簡潔に答えることが望ましいです。

得意な科目や実際に教えたい科目、どの学年を受け持ちたいかなど、予め質問内容に対する回答を考えておく必要があります。

志望動機

「なぜ塾講師の仕事を志望しましたか?」ということもよく訊かれる質問の一つです。

他のアルバイトでもそうですが、志望理由はまず訊かれるため、準備をしておく必要があります。

受け答えのコツ

まずは、沢山あるアルバイトの中から、何故塾講師のアルバイトを選んだのかを考えてみましょう。

理由をいくつか箇条書きにしてみると、答える内容を整理することができます。

また、近隣に塾がいくつかあるのであれば、何故この塾でのアルバイトを希望するのか併せて考えてみましょう。

そうすると、「この塾だからこそ働きたい理由」を明確にすることができます。

週に何日シフトに入れるか

これも他のアルバイトでも訊かれることですが、勤務が可能な曜日や時間、また夏休みなどの長期休暇等は勤務可能かどうかなどを訊かれます。

受け答えのコツ

基本的に、塾は各曜日と時間で固定の生徒を担当することが多いため、毎週同じ曜日の同じ時間に授業を行う形になります。

そのため、確実に勤務に入れる曜日と時間を答えるようにしましょう。

あまりにも入れない曜日が多いと消極的だと思われるので、注意が必要です。

塾講師に求められる資質

「塾」は教育の場であるため、どういった姿勢で仕事に臨むべきなのかを訊かれます。

他の質問と違い、このような質問は塾のアルバイト独特の質問かもしれません。

受け答えのコツ

塾講師も、塾に通っている生徒からすると、学校の先生と同じ「先生」として見られています。

少し難しい質問内容かもしれませんが、「先生」とはどうあるべきかを考えてみましょう。

また、各塾ごとに指導方針や理念がありますが、自分の考える先生像と絡めて答えを準備しておくと、より伝わりやすくなります。

塾講師のバイト面接での注意点

塾講師のアルバイト面接では、他のアルバイトと違い、注意すべき点がいくつかあります。

それぞれの項目に関して、順番にチェックしていきましょう。

服装

塾講師のアルバイト面接での服装は、基本的にスーツもしくはそれに準じたフォーマルな服装で行くようにしましょう。

塾講師の方々の服装は、スーツであることが大半です。

塾の中では、生徒に会うことはもちろん、面談に来られている保護者の方と会うこともあります。

そのため、服装は常に気をつけなければなりません。

小規模な塾では私服可能な塾もあると思いますが、面接の時はスーツで受けに行く方が無難です。

髪型

髪型も服装と同じで、清潔感を心掛ける必要があります。

男性の場合は、長すぎる髪型はNGです。

スーツの襟足に髪が掛かったり、前髪で目が隠れたりしないように注意をして下さい。

整っていない髪型は清潔感に欠ける印象を与えるので、ジェルやムースで固めている人が多いです。

女性の場合は髪の長さは関係ないですが、長ければゴムなどでまとめておく方が良いです。

また、前髪が目にかからないようにピンなどで留めておくことも大事です。

そして髪の色ですが、派手な色の髪はNGです。

黒髪もしくはあまり派手でない茶髪程度に留めておくのが望ましいです。

また、髪をまとめるゴムやピンも派手なものにならないように、注意しましょう。

服装もそうですが、髪に関しても、面接を受けるだけではなく、塾生の前で授業を行えるような格好になっているかを考えることがおすすめです。

持ち物

面接時の持ち物も忘れがちになってしまうので、注意しましょう。

面接の案内がある際に、塾側から持ち物に関してはアナウンスがあると思いますが、筆記試験のある場合は、筆記用具と消しゴム、腕時計が必要になります。

面接時に履歴書の提出を求められる場合もあるので、事前に確認をしておきましょう。

また、面接時に説明があった際にメモを取れるノートなどがあると、便利だと思います。

レベルチェックテスト

塾講師のアルバイトを受ける際に、学力テストで学力レベルのチェックを行う塾がほとんどです。

学力試験の科目は、英語・数学・国語がメインになりますが、社会や理科も受ける場合もあります。

チェックとしては、基本的には中学~高校程度の内容なので、余程勉強が嫌い等でなければ解けると思います。

ただし大手進学塾や受験専門塾の場合は、高度な学力を求められる場合が出てくることに注意しましょう。

塾講師のバイト求人情報や面接時の確認事項4個

塾講師のアルバイトは、他のアルバイトと違って、授業1コマにつき○○円といった形になります。

塾によって、1コマの授業時間が60分である所もあれば90分という所もあり、授業時間に幅があります。

そのため、求人情報をしっかり確認しておかないと「想定していたものと違った!」と感じる場合があります。

塾講師のバイトで気になる事項をいくつかまとめました。

昇給について

昇給の制度は塾によって違うと思いますが、昇給試験がある塾があれば、生徒からの人気や定期考査での結果などを総合的に見て昇給を行う塾もあります。

昇給のタイミングや条件は、塾によって変わってくるので、採用が決まったタイミングなどで、気になる方は聞いておくと良いと思います。

病気などの際の振替について

個別指導において、生徒が病気などで欠席になった場合の授業に関しては、事前に連絡があれば振替授業を行うことになります。

振替授業の際は、生徒とスケジュールを調整して授業を行う場合もあれば、調整が難しいときは、別の先生に代講をしてもらう場合もあります。

また、講師側が病気になった際なども、他の先生に代講をお願いする場合があります。

テスト前や長期休暇の特別授業の有無

テスト前や長期休暇の特別授業の有無は、塾によって変わってきます。

集団指導は、基本的に各回のカリキュラムが決まっていますが、クラスの授業進度によって、テスト前の授業をテスト対策に切り替えることがあります。

例えば私が勤めていた塾では、近隣の学校の過去問題を収集して、テストの傾向や対策を練ることをしていました。

個別指導に関しては生徒の学力や学習状況に応じて授業内容を組み立てるので、テスト前はテスト対策に切り替えることが多いです。

長期休暇の特別授業、いわゆる夏期講習・冬期講習は、塾の年間計画に組み込まれています。

そのため、長期休暇時は、通常授業と夏期講習・冬期講習等が重なり、授業日数・時間が増えることは多々あります。

また、事前にバイトの日数や時間の相談が必要になってきます。

ただ、大学生の場合、大学のテスト期間と重なることもしばしばあります。

スケジュールの都合で勤務が難しい場合は、他の先生が代行することもあります。

長期休暇時であっても、基本的には自分の担当クラスや生徒をそのまま担当することになるため、先々のスケジュールを考えて調整をする必要があります。

交通費、残業代の有無とその範囲

交通費の支給に関しては、塾によって有無に違いがあるので、事前に求人情報を見て、確認をしておく必要があります。

また、残業代に関しては、担当講師の欠席で授業を急遽代講する場合などであれば、求人情報に記載の金額がそのまま残業代として支給されます。

しかし、保護者への連絡などの事務処理などの場合は、時給が授業の時とは別の金額になる場合があります。

また、注意することは、授業後等の片付けに時間がかかって帰るのが遅くなったとしても、それは残業にはならないことがあります。

そのため、残業扱いになる業務や、その際に発生する時給についても事前に訊いておく必要があります。

塾講師バイトを始めるにあたって知っておきたいこと

「塾講師のアルバイトは高時給で良さそう!」と思う人は多いかもしれません。

ただ、求人情報に書かれていること以外で求められる業務も予想されます。

そこで、塾講師のアルバイトを始めるにあたって、知っておくと良い情報をまとめました。

担当する授業の予習(準備)は必須

これは、個別指導、集団指導のどちらにおいても必須になります。

特に集団指導の場合は、黒板やホワイトボードに板書をする必要があるため、どういった板書をするのかなどの確認が事前に入ることが多々あります。

授業の予習は、教える内容によりますが、30分~1時間くらいかかるのが常です。

ただし、この時間に関しては、あくまで自主的に準備をしているものなので、バイト代が出るわけではありません。

このように、決められた時間だけ授業を行えばいい仕事ではないので、注意をする必要があります。

教える学年によっては自分の知らない内容もあったりする

面接時に、どの科目を教えることができて、どの学年を受け持ちたいかを訊かれます。

実際に通塾する生徒は通う学校は様々なので、授業を行ってみると、自分自身が知らない内容があることが出てきます。

例えば、私自身も勤めていた塾での授業の時、私立の学校や進学校の特進クラスに通っている生徒の授業を受け持つと、現役時でも全く学習経験がない内容を教えないといけない時が出てきたことがありました。

学習経験がない内容であっても「先生」という立場上、教えないわけにはいかないので、予習などしっかり準備して授業に臨まないといけません。

そのため、アルバイトではありますが、自分自身でしっかり予習などの勉強をすることが多々出てくるので、受け持つ学年を決める際は、無理をせずに教えられる範囲を慎重に検討して決めた方が良いです。

保護者への連絡を求められることもある

「塾講師のアルバイトは授業だけ!」と思っている人が多いかもしれませんが、実際はそんなことはありません。

私が勤めていた塾では、月に1回担当生徒の保護者に対しての電話連絡は必須でした。

電話の内容は、現在どのようなことを教えて、生徒がどういう状況なのか、また、テスト前後であれば点数の推移がどのようになっているのかなど、詳細に伝える必要があります。

加えて、塾によっては、生徒と保護者との三者面談を行うこともあります。

アルバイトとは言え、塾講師という立場で生徒に教える担当である以上、電話連絡や三者面談で生徒の状況を伝えることが必要になる場合があります。

保護者への連絡等は、塾によって対応が異なりますが、塾生への指導方針は、塾によって統一されているものがあります。

指導方針を確認せずに授業を行うと、授業報告等の際にトラブルになることも予想されるので、塾側に事前に確認しておきましょう。

生徒に対しては常に「先生」であることが求められる

これは、各塾によって「先生」の立場が変わってきます。

私自身が現役当時に通塾していた個別指導の塾では、「先生は、大学生でアルバイト」ということをオープンにしている塾でした。

そのため、塾生から大学のことなどを訊かれた時に、塾講師が大学の話をしたりしていました。

ところが、私自身が塾講師のアルバイトをしていた塾では「先生は、大学生でアルバイト、ということは絶対に悟られないで下さい」と、事前に念押しされました。

全国的に大手の塾だったからかもしれませんが、アルバイトとは言え、塾講師として他の社員と同様に見られていたので、この点は厳しい塾でした。

生徒に対しては、あくまで社会人であり社員であることを押し通さねばならなかったので、年齢や学歴等々が話題になると、かなり誤魔化していた部分がありました。

生徒への接し方なども、塾講師としての立場上、勤めている塾によって変わってくるので、事前に確認しておいた方が良いかもしれません。

まとめ

ここまで塾講師のバイトの仕事内容や面接で訊かれること、確認しておいた方が良いことなどをまとめてみましたが、いかがでしたか?

単に「高時給のバイトだから良いかな?」などと思っているだけなら、塾講師のバイトは辞めておいた方が良いです。

なぜならバイトとは言え、生徒の学力や受験の合否を左右するような責任を求められるからです。

一方で、「テストの点数が上がった!」「志望校に合格できた!」など、生徒の成長を見届けられるため、他のアルバイトでは得られない充実感があります。

また、得られるスキルや経験は非常に大きいです。

塾講師のアルバイトに興味を持っている方にとって、この記事が塾講師のアルバイトをより深く考えるきっかけになれば幸いです。



塾講師バイト求人についてもっと深堀りした情報を見る

塾講師バイトの時給はどのくらい?私の周りの相場や時給の決まり方を紹介します

この記事に興味を持ってくださったあなたは、恐らく塾講師のアルバイトを始めようかと迷っている方ではないでしょうか。この記事には、塾講師のアルバイトを始めようと考えている方に役立つ情報が沢山あると思います。是非最後まで読んでみてください。今回は誰もが知りたい塾講師のバイトの時給についての内容の記事になっています。塾講師のバイトの給料の相場はどのくらい?塾講師の給与の相場は?基本的に塾講師の時給は、他のアルバイトに比べて高く設定されています。特殊なスキルは必要ありませんが、ある程度の学力が必要になるからです。このことから、学力が低い方には務まらない仕事になっています。塾講師の仕事は誰にでもできる仕事

大阪塾講師バイト求人の募集内容や時給の相場は?おすすめの塾会社や向き不向きややりがいなどを解説!

塾講師の仕事に興味がある人、是非やってみたいと思う人に少しでもプラスになる情報を提供したいと思います。今回は大阪の塾講師のバイト求人について難しくなく簡単に説明したいと思います。少しでも学習塾の仕事のイメージが明確になれば幸いです。大阪の塾講師求人の仕事はどんな仕事?塾に来てくれた子供たちに勉強を教えることです。そして、教えたことをできるようにさせることです。集団指導、個別指導、グループ指導などと別れています。塾によって指導方法が変わるのが特徴です。大阪塾講師バイト求人の大まかな仕事内容基本的な仕事は主要5教科(英語・数学・理科・社会・国語)の勉強を教えることです。塾専用のテキストを使用して勉


塾講師バイト求人に関するコラム

塾講師バイトのやりがいとは?経験者の私が感じる4個のやりがいを感じる瞬間を紹介します

ある学習塾の調査データによると、学習塾は全国に49,000校あり、これは全国の小中学校の校数よりも多いそうです。また、中学校3年生の通塾割合は6割を超えるということで、半分以上の人が通っているのが塾です。学校は、一斉授業がほとんどで個々へのレベル別対応はなかなかしてもらえないのが現状ですので、塾で学校の授業を補填するという人も少なくありません。「学童保育型」の塾では、学習だけでなく、遊びをプログラムに入れていることや、英会話、サイエンス、読書など特徴を打ち出した塾も増えてきています。また、大学生のアルバイト先として人気がある職種に、塾講師があります。将来、教員を目指す人が塾で「先生」を経験した

塾講師バイト辞め方の3個の注意点。辞める理由の整理、自分にあった塾講師バイトの見つけ方、迷惑がかからない辞めるタイミングなど

大学生に人気のアルバイトの一つに、塾講師があります。家庭教師と違い、多くの生徒と触れ合う機会が多いため、子供が好きな方や教職を目指している方におすすめのアルバイトです。また多くの学生が飲食店でアルバイトをする中で、100円〜500円ほど高い時給で雇用されるので、コストパフォーマンスが良いアルバイトとして家庭教師と並び大学生に人気です。そんな人気のアルバイトの一つである塾講師ですが、塾講師以外のアルバイトと違い、辞める時に気をつけなければいけない点がいくつかあります。円満退社をするためにも、どのような辞め方が良いのか紹介していきます。塾講師の辞め方の3個の注意点円満退社をするためにも、辞める時に

塾講師バイトを辞める時の理由とその伝え方は?経験者が当時のやり方、反省、こうすれば良かったを解説

家庭教師や進学塾講師などの「教育関連サービス」のアルバイトは、他職種に比べて高単価(高時給)でありシフトの融通も利きやすい、といった理由から人気があります。今回はその中でも塾講師のアルバイトに絞って、仕事の特徴を紹介していきます。とは言え、今回のテーマはこの仕事を「辞めたい」と思ったときにどのようにすれば良いのか、というものです。そのため、現在すでに塾講師としてアルバイトの仕事をしていて、もう辞めようかなと感じている方に特に有益な情報を提供していきます。メリットが多くありとても魅力的な職場なので、「辞めない」という選択もおすすめですが、まずは以下の内容を確認して、実際に辞める場合にはどのような

塾講師バイトの給料はどのくらい?私の周りの相場や給料の決まり方を紹介します

大学生に人気のアルバイトである塾講師。家庭教師のアルバイトと肩を並べる高待遇バイトとして、コストパフォーマンスが良いことで人気のアルバイトの一つです。多くの大学生が飲食店などでアルバイトをする中で、塾講師のアルバイトをするメリットはやりがいと給料の高さだと思います。今回は塾講師のアルバイトの給料についてご紹介します。塾講師バイトの給料の相場はどのくらい?塾講師アルバイトの給与事情について見てみましょう。相場を知っておくことで、求人の選別をしやすくなります。給与の相場は?塾講師のアルバイトの時給は約1,200円程度が相場です。飲食店の時給相場は900円程なので、金額面で比べるとかなり待遇が良いこ

塾講師バイトはブラックなの?塾講師バイト経験者がその実態を話す!

ここ最近では、アルバイトを劣悪な環境で働かせるなどの「ブラックバイト」がメディアで取り上げられることが増えました。そのブラックバイトの中には塾講師も含まれており、ニュースで報道されるなど話題になりました。では、塾講師のアルバイトがブラックバイトかと言われると、そんなことはありません。最近のメディアなどで、塾講師のアルバイト=ブラックバイトだと報道されたことが拡がっていき、塾で勤めることはブラックだというイメージが付いてしまったのかもしれません。しかし実際は、塾講師のアルバイトは、「価値のある仕事」の代表例とも言えるでしょう。今回、塾講師のアルバイト経験者である私の経験に基づいて紹介します。私の