塾講師のバイトは時給も高く、大学生からはかなり人気のバイトになっています。

では、実際に塾講師のバイトはどんな仕事なのか、詳細をご存知でしょうか?

バイトの面接はどんなことを聞かれるのか、また学力テストはあるのか、そして、塾講師のバイトの求人情報で確認しておかなければならないことや、知っておいた方がいいことなどを実際の経験を元に書いてみました。

今から塾講師のバイトを始めようかと思っている人は、ぜひ一度読んでみてください。

塾講師バイトの仕事内容

塾講師バイトの仕事内容は、個別指導と集団指導で変わってくる部分がありますが、内容としては大きく3つに分けられます。

  • 1. 教える内容の予習&授業の構成や板書内容を考える
  • 2. 授業を行う
  • 3. 保護者への連絡

塾講師の仕事は、単にバイトの時間に塾に行って授業をすればいい、という訳ではありません。

授業をしなければならないので、その構成を考えたり、集団指導では、板書内容もしっかりと事前に用意しなければなりません。

塾講師の仕事内容は、こちらの記事を参考に!

塾講師のバイト面接で聞かれる4個のこと

塾講師のバイト面接で聞かれることは色々あります。

基本的な自己紹介や志望動機に加えて、塾講師に求められる資質など、独特の質問もあります。

よく聞かれる質問と、受け答えのポイントをまとめてみました。

自己紹介

まずは、面接で自己紹介を求められます。

履歴書に書いている学歴や、専攻している内容、また、今までにどういった科目を学校で履修しているのかを聞かれます。

受け答えのコツ

塾でのアルバイトは、他人に対して教える仕事になるので、出来るだけわかりやすく、かつ簡潔に答えることが望ましいです。

大学や専攻内容、得意な科目や実際に教えたい科目、どの学年を受け持ちたいかなど、あらかじめ考えておく必要があります。

志望動機

「なぜ塾講師の仕事を志望するのか?」ということもよく聞かれます。

他のアルバイトでもそうですが、志望理由はまず聞かれるため、準備をしておく必要があります。

受け答えのコツ

まずは、数あるアルバイトの中で、なぜ塾講師のアルバイトがいいのかを考えてみましょう。

理由をいくつか箇条書きにしてみると、答える内容を整理することが出来ます。

また、近隣に塾がいくつかあるのであれば、なぜ、この塾でのアルバイトをしたいのかも考えてみましょう。

そうすると、「この塾だからこそ働きたい理由」を明確にすることが出来ます。

週に何日シフトに入れるか

これは、他のアルバイトでも聞かれることとですが、何曜日に入れるのか、また、長期休暇等はどうなのかを聞かれます。

受け答えのコツ

基本的に、塾は各曜日と時間で固定の生徒を受け持つことになるため、毎週、同じ曜日の同じ時間に授業を行う形になります。

そのため、確実に入れる曜日を答える様にしましょう。

ただ、あまりにも入れない曜日が多いと、かなり消極的だと思われるので、注意が必要です。

塾講師に求められる資質

「塾」は教育の場であるため、どういった姿勢で仕事に臨むべきなのかを聞かれます。

他の質問と違い、こういった質問は塾のバイト独特の質問かもしれません。

受け答えのコツ

塾講師も通っている生徒からしてみれば、学校の先生と同じ「先生」です。

なので、ちょっと難しいかもしれませんが「先生」とはどうあるべきかを考えてみましょう。

また、各塾ごとに指導方針や理念といったものがあるため、自分の考える先生像と絡めて答えを準備しておくと、より伝わりやすくなります。

塾講師のバイト面接での注意点

塾講師のバイト面接では、他のバイトと違い、気をつけないといけないことがいくつかあります。

それぞれの項目に関して、順番にチェックしていきましょう。

服装

塾講師のバイト面接での服装は、基本的にスーツもしくはそれに準じた服装で行くようにしましょう。

塾講師の方々の服装は、スーツであることが大半です。

塾の中では、生徒に会うことはもちろんのこと、面談に来られている保護者の方と会うこともあります。

そのため、服装は常に気をつけていなければなりません。

小規模な塾では、私服可能の所もあるかもしれませんが、面接の時は、スーツで受けに行く方が無難です。

髪型

髪型も服装と同じで清潔感を心掛ける必要があります。

男性の場合は、長すぎる髪型はNGです。

スーツの襟足に髪がかかったり、前髪で目が隠れないように注意をしてください。

ボサボサの髪型は清潔感に欠ける印象を与えるので、ジェルやムースで固めている人が多いです。

女性の場合は、髪の長さは関係ないですが、長ければゴムなどでまとめている方が良いです。

また、前髪が目にかからないようにピンなどで留めておくことも大事です。

そして、髪の色ですが、派手な色の髪はNGです。

黒髪もしくは、あまり派手でない茶髪程度に留めておくのが望ましいです。

持ち物

面接時の持ち物も忘れがちになってしまうので、注意しましょう。

面接の案内がある際に、塾側から持ち物に関してはアナウンスがあると思いますが、筆記試験のある場合は、筆記用具と消しゴム、腕時計が必要になります。

面接時に履歴書の提出を求められる場合もあるので、事前に確認をしておきましょう。

また、面接時に説明があった際にメモを取れるノートなどがあると、便利だと思います。

レベルチェックテスト

塾講師のバイトを受ける際に必ずあるのが、学力テストです。

学力試験の科目は、英語・数学・国語がメインになりますが、塾によっては、社会や理科の科目がある場合もあります。

レベルとしては、中学~高校程度の内容なので、余程、勉強が嫌い等でなければ解けると思います。

塾講師のバイト求人情報や面接時の確認事項4個

塾講師のバイトは、他のアルバイトと違って、授業1コマにつき○○円といった形になります。

そのため、求人情報をしっかり確認しておかないと「想定していたものと違った!」と感じる場合があります。

塾講師のバイトで気になる事項をいくつかまとめました。

昇給について

昇給の制度は、塾によってそれぞれ違うと思いますが、昇給試験がある塾もあれば、生徒からの人気や定期考査での結果などを総合的に見て、昇給を行う塾もあるみたいです。

昇給のタイミングや条件は、塾によって変わってくるので、採用が決まったタイミングなどで聞いておくといいと思います。

病気などの際の振替について

個別指導において、生徒が病気になってしまった際の授業に関しては、事前に連絡があれば振替授業を行うことになります。

振替授業の際は、生徒とスケジュールをすり合わせて授業を行う場合もあれば、難しい場合は、別の先生に代講をしてもらうことがあります。

また、講師側が病気になってしまった際なども、他の先生に代講をお願いする場合もあります。

テスト前や長期休暇の特別授業の有無

テスト前や長期休暇の特別授業に関しては、ある場合と無い場合があります。

集団指導は、基本的に各回のカリキュラムが決まっているので、クラスの授業の進み具合によっては、テスト前の授業をテスト対策に切り替えることがあります。

私が勤めていた塾では、近隣の学校の過去問を収集して、テストの傾向や対策を練っていたりしました。

個別指導に関しては、生徒の学力や学習状況に応じて授業内容を組み立てるので、テスト前は、テスト対策に切り替えることが多いです。

長期休暇の特別授業、いわゆる夏期講習や冬期講習は、基本的に、塾の1年のスケジュールに組み込まれているので、その時期に通常授業と夏期講習や冬期講習が重なり、授業の日数や時間が増えることは多々あります。

そのため、事前にバイトの日数や時間の相談が入ります。

ただ、大学生だと、自分達のテスト期間と被ることもしばしばあります。

余程、無理な場合は他の先生が代行してくださったりしますが、基本的には、自分の持っているクラスや生徒をそのまま担当することになるため、先々のスケジュールを考えて調整をする必要があります。

交通費、残業代の有無とその範囲

交通費に関しては、出るところと出ないところがあります。

事前に求人情報を見て、確認をしておく必要があります。

また、残業代に関しては、授業(例えば、他の先生が急に休みになってその代講を行う場合など)であれば、求人情報に記載の金額がそのまま残業代として支給されますが、保護者への連絡などの事務処理などの場合は、時給が授業の時とは別の金額になる場合があります。

加えて、単に片づけに時間がかかって帰るのが遅くなったとしても、それは残業にはならなかったりします。

そのため、何をした場合が残業扱いになり、時給はいくらになるのかも聞いておく必要があります。

塾講師バイトを始めるにあたって知っておきたいこと

「塾講師のバイトは高時給で良さそう!」と思う人は多いかもしれません。

ただ、その分、求人情報に書かれていること以外で求められるものもあります。

そこで、塾講師のバイトを始めるにあたって、知っておいた方がいい情報をいくつかまとめました。

担当する授業の予習(準備)は必須

これは、個別指導、集団指導のどちらにおいても必須になります。

特に集団指導の場合は、黒板やホワイトボードに板書をする必要があるため、どういった板書をするのかなどの確認が事前に入ることが多々あります。

授業の予習は、教える内容によりますが、30分~1時間くらいかかるのが常です。

ただし、この時間に関しては、あくまで自主的に準備をしているものなので、バイト代が出るわけではありません。

このように、決められた時間だけ授業を行えばいい仕事ではないので、注意をする必要があります。

教える学年によっては自分の知らない内容もあったりする

面接時に、どの科目を教えることが出来て、どの学年を受け持ちたいかを聞かれますが、実際に塾に来る生徒は、色々な学校に通っているため、授業を行ってみると、自分自身が知らない内容があったりします。

私自身も授業を行っていて感じたことですが、私立の学校や進学校の特進クラスに通っている生徒の授業を受け持つと、全然知らない内容を教えないといけない場合もあったりします。

知らない内容であっても「先生」という立場上、教えないわけにはいかないので、予習などをかなりしっかりして、授業に臨まないといけません。

そのため、バイトではありますが、自分自身でかなり勉強をしないといけないことも多々あるので、受け持つ学年を決める際は、どこまでなら無理をせずに教えられるのか、慎重に検討をして決めた方がいいです。

保護者への連絡を求められることもある

「塾講師のバイトは授業だけ!」と思っている人も多いかもしれませんが、実は、そんなことはありません。

私が所属していた塾では、月に1回、担当生徒の保護者に対しての電話連絡は必須でした。

電話の内容としては、現在、どういったことを教えていて、生徒がどういう状況なのか、また、テスト前後であれば点数の推移がどのようになっているのかなど、かなり詳細に伝える必要があります。

加えて、塾によっては、生徒と保護者との三者面談を行ったりもします。

バイトではありますが、塾講師という立場上、どうしても必要になる場合があります。

保護者への連絡等は、塾によって対応が変わってくると思いますが、単に「生徒に対して楽しく授業を出来ればいいや」と思っている場合は、かなりしんどいことになってしまうので、こういったことがあるのか塾側に事前に確認しておきましょう。

生徒に対しては常に「先生」であることが求められる

これは、各塾によって「先生」の立場が変わってきます。

私自身が学生の頃に通っていた個別指導の塾では、「先生は、大学生でアルバイト」ということをオープンにしている塾でした。

なので、生徒側も大学のことなどを聞いたりして、色々話をしたりしていたのですが、実際に、私自身が塾講師のバイトをしていた塾では「先生は大学生でアルバイト、ということは絶対に悟られないでください」と念押しされました。

全国的に大手の塾だったからかもしれませんが、アルバイトとはいえ、塾講師として他の社員の方と同様に見られていたので、この点はかなり厳しい塾でした。

生徒に対しては、あくまで社会人であり、社員であることを押し通さねばならなかったので、年齢や学歴等々が話題になると、かなり誤魔化していた部分があります。

生徒への接し方なども塾によってかなり変わってくるので、事前に確認しておいた方がいいかもしれません。

まとめ

ここまで塾講師のバイトの仕事内容や面接で聞かれること、確認しておいた方が良いことなどをまとめてみましたが、いかがでしたでしょうか?

「単に高時給のバイトだからいいかな?」と思っているだけなら、塾講師のバイトは辞めておいた方がいいです。

なぜならバイトとはいえ、生徒の学力や場合によっては、受験の合否を左右されるため、かなりの責任を求められるからです。

ただ一方で「テストの点が上がった!」「志望校に合格できた!」など、生徒の成長を見届けられるため、他のバイトでは得られないような充実感はあります。

また、得られるスキルや経験は非常に大きいです。

塾講師のバイトをやってみようかな?と思っている方々にとって、この記事が塾講師のバイトをより深く考えるきっかけになれば幸いです。