大学生に人気のアルバイトである塾講師。

家庭教師のアルバイトと肩を並べる高待遇バイトとして、コストパフォーマンスが良いことで人気のアルバイトの一つです。

多くの大学生が飲食店などでアルバイトをする中で、塾講師のアルバイトをするメリットはやりがいと給料の高さだと思います。

今回は塾講師のアルバイトの給料についてご紹介します。

自分には「どんな仕事」が向いているか、診断するにはこちら →
(正社員希望の人限定)

塾講師バイトの給料の相場はどのくらい?

塾講師アルバイトの給与事情について見てみましょう。

相場を知っておくことで、求人の選別をしやすくなります。

給与の相場は?

塾講師のアルバイトの時給は約1,200円程度が相場です。

飲食店の時給相場は900円程なので、金額面で比べるとかなり待遇が良いことになります。

もちろん塾によって時給の相場は異なります。

塾の規模や営業形態、塾の所在がどの地域になるのか、個人指導か集団指導か、などの要素によって異なってきます。

ただ、塾の営業形態によって、一度に教える生徒の数が増えたり、学年が上がったりすると、時給は高くなることがあります。

一方で、担当するクラスの生徒数や学年にの違いでは、時給が変わらない塾もあります。

様々な塾の求人を比較して、相場以上の給料を支給する塾を中心に選ベルような情報収集が大切です。

また、塾のアルバイト講師は、担当教科などによってクラス分けがされることが多いです。

そのため、希望通りのシフトに入れないと一日当たりの労働時間が少なくなるので、おおよその日給を計算しておくと良いでしょう。

給与にも響いてくる基本給以外のものは、どうなっているの?

賞与

アルバイトには正社員に見られるボーナスのような賞与は基本的にはありません。

しかし、生徒数や成績アップなどに応じて、アルバイトの意欲向上に繋がるような賞与を支給される可能性はあります。

昇給

長く働いているという理由で、ベースアップがされるとは限りません。

昇給は基本的に働いた期間ではなく、前述にある担当する生徒数の増加や成績アップ、または教える学年によることが多いです。

例えば、高校3年生を教える場合、最近まで現役の高校生だった大学生には、教えるハードルが高いと感じるため、時給が高めに設定されていることがあります。

また、生徒数が多くなると塾としても利益が上がるため、昇給という形でアルバイトに還元する塾もあるようです。

各種手当

夏期講習などの特別講習やテスト期間の指導では、講師に負荷がかかる分時給が上がることがあります。

仮に単価が上がらなかったとしても、通常授業のタイムシフトとは異なります。

そのため、一度に長時間教えることができるようになり、時給が上がらなくても日給が上がるようになっています。

給与が高い人は何が違うの?

給与が高い人には、どのような違いがあるのか見てみましょう。

生徒数を増やすこと

昇給の主な基準の一つに、担当する生徒数があり、生徒数が増えることが給料アップに繋がります。

では、生徒数を増やすにはどうすれば良いでしょうか。

アルバイト講師にできることは、主に二つあります。

一つ目は、自分が受け持っている生徒の成績を上げること、二つ目は、生徒からの評判を良くすることです。

この二つは口コミで入塾希望者を増やすというマーケティングに基づいた手法ですが、とても難しいのが現実で、経営方法などを専門的に学ぶ必要もあります。

指導における高いスキル

教えるスキルが高い人は、昇給のチャンスがあります。

教える生徒の学年によって、支給される給料も高くなるということです。

例えば、中学1年生と高校3年生とでは、教えた際に発生する時給が同じだとフェアではありません。

高校の勉強は一気に難しくなる上に、最近まで高校生をしていた大学生にとって、高校生を指導するには高いスキルが必要になります。

そのため、中学1年生から学年が上がるにつれて、支給される時給が上がる仕組みの塾もあります。

目安として、高校3年生の指導となると、受験対策も予想されるので、時給2,000円以上稼ぐことも可能になるでしょう。

役職・勤続年数

飲食店のようにバイトリーダーを設けている塾は少ないでしょう。

基本的にアルバイト講師は、そのほとんどが大学生で構成されているため、学年での年功序列のような給料の差を設けている塾もあるかもしれません。

仮にそのような仕組みがあったとしても、少額しか上がらないでしょう。

塾でのアルバイトは、実力で昇給していくものと考える方が良いかもしれません。

地域

地域で比較すると、都市部になるほど給与の相場は高くなる傾向があります。

中学校、高校からあまり遠くない場所に立地している学習塾が多いです。

そうすると必然的に生徒が来やすくなるため、生徒数が増えていきます。

その分給与も増える可能性も高くなります。

また、駅の近くに位置している塾は進学校を目指す生徒たちが多い可能性があるので、アルバイトの時給も少し高めに設定されている場合があります。

塾講師バイトの給料の決まり方

生徒の人数

塾講師のアルバイトにおける昇給のポイントの一つが、前述にもあるように、担当する生徒数です。

塾の相場にもよりますが、生徒数が一定数を超えると、報酬単価が上がるという算出になることが多いでしょう。

また追加で考えられる効果として、生徒数が増えるとクラスが増え、自分が入れるシフトも増えることが期待できます。

入れるシフトの枠が増えることで出勤日数が増えますが、その分お金を稼ぐことができます。

担当教科

担当教科によって単価が変わる場合があります。

理数系の教科の方が、文系教科よりも高くなるという場合が多いです。

塾によっては、国語の授業はほぼ行なっていない塾も多いです。

また社会も暗記教科の要素が多いので、人手が足りない塾では教えていない場合もあるようです。

しかし、どんな教科でも対応できるようにしておくとシフトが調整しやすいので、満遍なくどの教科も教えられるようにしておくことが昇給にも繋がっていきます。

自分には「どんな仕事」が向いているか、診断するにはこちら →
(正社員希望の人限定)

塾講師バイトで給料をあげるためにやるべき3個のこと

給料を上げるために、アルバイト講師にできることは何でしょうか。

少額でも時給を上げられるように、以下のことを意識してみましょう。

高校生を教えられるようにする

高校生を教えらるようになると、時給がアップし効率良く稼ぐことが期待できます。

高校生の指導は技術的に大変なことが多いので、しっかりと勉強をして臨むと良いでしょう。

高校生を担当することが増えれば、時給が良いので自ずと給料アップにも繋がります。

幅広く教えられるようにする

塾の授業スケジュールは、アルバイトは講師の都合もありますが、理系教科の日と文系教科の日にクラス分けされていることがあります。

従って、必ず希望に沿ったシフトが組めるというわけではありません。

もし少しでも長く働きたいなら、文理に限らずオールマイティにどの教科でも教えられるようになることをおすすめします。

そうすることで、アルバイトのシフトなどに制限が少なくなるため、多くアルバイトに入り、多く稼げるようになります。

また教えられる科目の制限が少なくなることで、授業を任される機会も増えていくことも期待できます。

長期休暇を最大限利用する

春期講習、夏期講習、冬期講習においては、特別時給が設定されて単価が上がるケースがあります。

仮に単価が上がらなかったとしても、講師である大学生も休暇期間になるので、1日中シフトに入ることができ、1日で多くの金額を稼ぐことが可能になります。

もし集中講習の期間中に8時間働いた場合、日給にすると10,000円を超えてくるでしょう。

学生の休み期間に人気になるイベントスタッフや引越しのアルバイトも1日中働いて10,000円を超えるくらいの給料です。

夏場や冬場の屋外作業を考えれば、エアコンのある部屋で授業をする塾講師のアルバイトの方が待遇が良いでしょう。

また、この期間にお金を稼ぐコツとしては、自分の希望の曜日を事前に運営側と相談しておくことが大切です。

飲食店などと掛け持ちによるアルバイトをしている場合、集中講習の期間は授業のシフトが入りやすいことが予想されます。

塾講師のアルバイトに専念した方が稼げますが、事前に塾と他のアルバイトの曜日スケジュールを固定することで、毎日アルバイトをすることも可能です。

勤めている塾の規模にもよりますが、塾のアルバイトだけで夏期講習などは1ヶ月で約200,000円を稼げる可能性もあります。

給料をアップさせるための求人の選び方

給料をアップさせるために、チェックすべきポイントをご紹介します。

求人サイトを閲覧する時や、面接時に確実にチェックしておきましょう。

給与相場が今よりも高いところを探そう

塾の規模によって給料は様々なので、時給がなるべく高いところを選ぶのが良いでしょう。

また、時給だけではなく、なるべく生徒数が多い塾を選ぶことをおすすめします。

生徒数が多い塾はクラス分けを多く行っているケースがあるため、シフトの自由度を利かせやすくなります。

飲食店のアルバイトと違い、固定された時間にアルバイトに入る必要があるので、時間の確認には気をつけましょう。

賞与や昇給制度をチェック

アルバイトなので、賞与が出ないことがほとんどです。

しかし中には、生徒数が多くなった場合などに、数万円程度のボーナスが付与されることもあるかもしれません。

昇給は生徒数の増加に比例して歩合制でアップされる場合があり、賞与は難しいですが、昇給の有無は必ず確認しておきましょう。

昇給額が少額でも塵も積もれば山となりますし、何よりモチベーションアップになります。

生徒数が増えても時給が変わらないと、負担が増えて疲れるだけになってしまいます。

残業代はちゃんと出る?

残業代はきちんと支給される塾が多いでしょう。

基本的に授業は時間通りに終わらせる必要がありますが、稀に延長せざるを得ない場合もあります。

授業後に生徒からの質問に答えることがあると、時間も延長してしまうでしょう。

他に、生徒が帰った後に教室の掃除をするなどの雑務作業をするのがルーティーンです。

給料が計算される基準を事前に把握しておくと良いでしょう。

反対に、授業時間よりも少し前に出勤して教材の準備をするのは、給料が発生しないことが多いと思います。

また、生徒に教えるために予習をしても、給料に反映されることはありません。

特に、高校生の理数教科や英語の長文読解などは、授業前に事前に解いておく必要があるので、少し大変です。

高校生の指導に関しては、そういう点もあり時給が高いのもありますね。

交通費や福利厚生は?

交通費もきちんと支給されることがほとんどです。

電車通勤の方はもちろん、車通勤の方も自宅からの距離を換算して燃料費を支給してくれる塾が多いでしょう。

その他、福利厚生として、土日の授業や長期講習期間で昼食などを挟む場合は、その費用が支給される場合があります。

支給金額は塾によって異なりますが、差し入れなどが出るようなものなので、大学生の懐事情によっては助かることになります。

またかなり稀な場合ですが、勉強費を支給してもらえる塾もあります。

例えば、筆者の場合は高校生の英語を教えていたので、その質をより向上させるためにオンライン英会話の費用を塾からの支給で勉強できたことがありました。

まとめ

いかがでしたか?

居酒屋やカフェなどのアルバイトと比べて、効率的にお金を稼ぐことのできる素敵なアルバイトであることは間違いありません。

教えることによって自分の知識も深まって、一石二鳥です。

筆者も大学生の頃塾講師のアルバイトをやりましたが、コストパフォーマンスの良さから、掛け持ちの他のアルバイトへのモチベーションが低くなってしまったことがありました。

夏期講習などは毎日授業に入ることで、かなり高額の給料を稼ぐことも可能です。

ただし、あまり給料が多過ぎると、保険の扶養を外れてしまう可能性があるので、計画的にアルバイトをしてください。

勉強に自信のある方は是非、一度応募されてみてはいかがでしょうか?

自分には「どんな仕事」が向いているか、診断するにはこちら →
(正社員希望の人限定)




塾講師バイト求人についてもっと深堀りした情報を見る

塾講師のバイト面接で聞かれる4個のことと受け答えのコツ、服装などの注意点とは!?

塾講師のアルバイトは時給も高く、大学生からはかなり人気のバイトになっています。では、実際に塾講師のアルバイトはどんな仕事なのか、詳細をご存知でしょうか?アルバイトの面接はどんなことを訊かれるのか、また採用に必要な学力テストはあるのか、また、塾講師のアルバイトの求人情報で確認しておかなければならないことや知っておくべきことなどを実際の経験に基づいて書いてみました。今から塾講師のアルバイトを始めてみたいと思っている人は、ぜひ一度読んでみてください。塾講師バイトの仕事内容塾講師アルバイトの仕事内容は、個別指導と集団指導で異なる部分がありますが、仕事内容としては大きく3つが挙げられます。教える内容の予

塾講師バイトのやりがいとは?経験者の私が感じる4個のやりがいを感じる瞬間を紹介します

塾講師は大学生のアルバイト先として人気がある職種であり、また将来教員を目指す人が塾で経験を積むために塾講師を選んでいる、ということもあります。塾にも様々な種類や指導形態がありますが、この記事では塾講師の仕事のやりがいについて紹介します。学習塾に通う子どもの割合やデータある調査データによると、学習塾の総数は全国に約49,000校あり、これは全国の小中学校の総数よりも多いそうです。また中学3年生の通塾割合は、全国の中学3年生の6割を超えていることが調査で分かっています。一斉授業を主とする学校では生徒個々に合わせたレベル別対応が難しいのが現状であり、塾で学校の授業を補填するという人も少なくありません

塾講師バイト辞め方の3個の注意点。辞める理由の整理、自分にあった塾講師バイトの見つけ方、迷惑がかからない辞めるタイミングなど

大学生に人気のアルバイトの一つに、塾講師があります。家庭教師と違い、多くの生徒と触れ合う機会が多いため、子供が好きな方や教職を目指している方におすすめのアルバイトです。また多くの学生が飲食店でアルバイトをする中で、100円〜500円ほど高い時給で雇用されるので、コストパフォーマンスが良いアルバイトとして家庭教師と並び大学生に人気です。そんな人気のアルバイトの一つである塾講師ですが、塾講師以外のアルバイトと違い、辞める時に気をつけなければいけない点がいくつかあります。円満退社をするためにも、どのような辞め方が良いのか紹介していきます。塾講師の辞め方の3個の注意点円満退社をするためにも、辞める時に

塾講師のバイトはブラックなの?!大変な点や良い点を経験者がすべてお話しします!

ここ最近では、アルバイトを劣悪な環境で働かせるなどの「ブラックバイト」がメディアで取り上げられることが増えました。そのブラックバイトの中には塾講師も含まれており、ニュースで報道されるなど話題になりました。では、塾講師のアルバイトがブラックバイトかと言われると、そんなことはありません。最近のメディアなどで、塾講師のアルバイト=ブラックバイトだと報道されたことが拡がっていき、塾で勤めることはブラックだというイメージが付いてしまったのかもしれません。しかし実際は、塾講師のアルバイトは、「価値のある仕事」の代表例とも言えるでしょう。今回、塾講師のアルバイト経験者である私の経験に基づいて紹介します。私の

塾講師バイトの時給はどのくらい?私の周りの相場や時給の決まり方を紹介します

この記事に興味を持ってくださったあなたは、恐らく塾講師のアルバイトを始めようかと迷っている方ではないでしょうか。この記事には、塾講師のアルバイトを始めようと考えている方に役立つ情報が沢山あると思います。是非最後まで読んでみてください。今回は誰もが知りたい塾講師のバイトの時給についての内容の記事になっています。塾講師のバイトの給料の相場はどのくらい?塾講師の給与の相場は?基本的に塾講師の時給は、他のアルバイトに比べて高く設定されています。特殊なスキルは必要ありませんが、ある程度の学力が必要になるからです。このことから、学力が低い方には務まらない仕事になっています。塾講師の仕事は誰にでもできる仕事

塾講師バイトがおすすめなのはこんな人!アルバイト経験から考える向き不向き

塾講師のバイトのおすすめポイントとはいったいどんな内容なのでしょうか?私は塾講師を3年勤めてきましたが、その経験から塾講師のバイトに向いている人・向いていない人の特徴を詳しく解説していきたいと思います。また、正社員とアルバイトの違いまで説明していきますので、求人探しの際はぜひ参考にしてみてください。子供と目標に向かって学業を高めれる、そんなやりがいの持てる塾のバイトは本当におすすめですよ。塾講師の仕事塾講師の仕事は生徒に勉強を教えることであり、生徒が抱える目標に向かって前進できるようサポートすることでもあります。アルバイトの大まかな仕事内容アルバイトの主な仕事内容は、授業をすることややテストの

大阪塾講師バイト求人の募集内容や時給の相場は?おすすめの塾会社や向き不向きややりがいなどを解説!

塾講師の仕事に興味がある人、是非やってみたいと思う人に少しでもプラスになる情報を提供したいと思います。今回は大阪の塾講師のバイト求人について分かりやすく簡単に説明します。この記事を読んで、少しでも学習塾の仕事のイメージが明確になれば幸いです。大阪の塾講師求人の仕事塾講師のメインとなる業務は、塾に来た子供に勉強を教えて、問題を解けるようにフォローをすることです。塾の指導形態に多少の違いはありますが、基本的に塾講師の仕事が大きく異なることはありません。ここで言う塾の指導形態とは、集団指導、個別指導、グループ指導などを指します。大阪塾講師バイト求人の大まかな仕事内容基本的な仕事は主要五教科(英語・数

塾講師アルバイト求人でよくある仕事内容とやりがいポイント&向いてる人

塾講師のアルバイトにおける業務内容は「授業」ですが、それ以外にも塾によって様々なやるべきことがあります。 では、実際にどのような業務があるかを今回はまとめてみましたので、ぜひ最後まで読んでいただければと思います! 塾講師のアルバイトだからこそ大変なところや、やりがいを感じるポイントも必見です。 今後、教員を目指したい方は、まずはアルバイトで経験を積んでみてはいかがでしょうか?塾講師アルバイトの仕事内容授業塾講師の主な業務となる授業は、集団指導と個別指導の2タイプに分かれます。集団指導は5名以上の塾生に一斉に指導を行います。理解度が異なる担当塾生に理解させる指導が求められるので、個別指導よ