学習塾で働く人ってどんな人?

勉強を教える先生やその他の職員の仕事や学習塾求人の内容について説明します。

学習塾のおおまかな仕事内容

おおまかな仕事内容

学習塾での仕事は、主に午後から夜にかけての仕事になります。

難関校への合格を目指す学習塾もあれば、あまり勉強が得意ではない子たち向けの学習塾もあります。

通ってくる子どもたちの年齢も、幼児から高校生まで幅広いですが、それぞれの学習塾ではその対象年齢や目的などを明確にし特色を出した運営を行っています。

通ってくる子どもたちに勉強を教えることが主な仕事ですが、実際に勉強を教えること以外の仕事も学習塾には多くあります。

仕事の中で一番多く顔を合わせるのは子どもたちですが、顧客は保護者であり、保護者のニーズを満たすことを求められる仕事であるとも思います。

学習塾の求人にはどんな種類があるの?

学習塾の求人で一番よく目にするのはアルバイト講師ではないでしょうか。

学習塾では講師だけでなく、事務やチューターなどの人材も募集しています。

学習塾の求人募集でよくある職種

塾講師

授業を担当する講師は、授業の前に、その日の授業をどう進めるかを組み立てたり、授業で使うプリントの準備をしたりします。

そして、授業を行い、授業後は子どもたちからの質問に答えたり、授業の報告書を作成したりもします。

このように、講師の勤務時間は授業の時間だけでなく、その前後のある程度の時間を含むことが多いです。

事務

入塾や退塾、コースの変更などの事務手続き対応やその処理、来塾者への対応などを行います。

また、本部などで人事管理や企画など一般企業と同様の職種を募集していることもあります。

学習塾事務の求人を探すときは、こちらの記事を参考に!

教室長

アルバイトの管理や教室の売上管理等を行います。

実際に子供に勉強を教える仕事というよりは経営者としての要素が強い仕事内容です。

チューター

主に高校生を対象としている学習塾などにはチューターといわれる進路についての相談に応じるアルバイトを置いているところもあります。

学習塾の求人でよくある募集内容とは?

学習塾ではどのような内容の求人が多く出されているのかを説明します。

給与相場

講師や事務はアルバイトでの募集が多いです。

また講師の場合は、授業の時間しか給与が発生しない場合や、1授業あたりいくらとなっている求人などもあります。

授業時間の前後にもある程度の拘束時間が発生することが多いので、その点を確認し時給換算してみると、難関校受験を目指す集団授業を担当する場合など一部を除くと、それほど時給が良いバイトとは言えないことも多く、注意が必要です。

教室長や運営を担当する社員の募集もあります。

学習塾の中には上場している企業も数多くあり、そうしたところでは一般企業の平均的な給与と同等であると思います。

小規模な学習塾ではその経営状態により、塾生の減少と共に給与も下がることも考えられます。

勤務時間や休日、残業

アルバイトの勤務時間は主に夕方から夜間になります。

正社員の場合は、正午からや午後から出勤という遅めの時間の勤務が多いです。

子どもや保護者への対応で残業も多く発生します。

また、授業を担当している場合は、担当の授業がある日に自己都合で休みを取ることは難しいです。

福利厚生

上場している学習塾は福利厚生も整っていると思います。

勤務場所

講師の場合は、学習塾の教室が勤務場所になります。

近隣のいくつかの教室を掛け持ちしている人もいます。

事務の場合は、教室の他に、本部での勤務もあります。

本部での勤務だと一般企業のOLと同じような雰囲気です。

正社員の場合は、教室長などは特に一つの教室だけでなくいくつかの教室を兼務していたり、会議で本部などに行く日などもあります。

求められる人物像

学習塾の求人で求められている人物像はどんな人なのでしょうか。

人に寄り添うことが出来る人

学習塾に通う子どもたちにはいろんな子がいます。

講師であれば、一人一人の個性や勉強の習得度に合わせた指導をしてご家庭のニーズを満たす必要があります。

臨機応変に対応が出来る人

事務であれば、入塾や退塾、コースの変更など事務手続きを正確にこなすことが求められます。

マニュアル通りではない要望を伝えてくる保護者もいますし、クレームが入ることもあります。

そうしたことに対しても、臨機応変に冷静に対応ができる人はこの仕事に向いていると思います。

コミュニケーション能力のある人

教室責任者となると、子ども、保護者、アルバイトの人たち、それらすべての人たちと密にコミュニケーションを取ることが必要な仕事です。

そうした人たちからの信頼を得ることが自身の仕事のやりやすさにも大きく影響します。

人の役に立ちたい人

学習塾に通ってくる子どもたちの目的はそれぞれですが、未来を担う子どもたちの将来を大きく左右する仕事です。

テストの成績が上がったという目先のことから、志望校の合格という少し先のこと、さらに希望の職業に就けたという遠い将来のことまで、学習塾で勉強したことの結果にあると考えると、とても人の役に立つことができる仕事だと感じます。

必要なスキルや資格、経験

講師であれば学力が求められます。

応募の際に試験が実施される場合がほとんどです。

また、学習塾や指導教科などによっては、中学受験の経験も求められます。

教育業ではありますが、教室長等の社員の求人で教員免許を求められることは稀です。

まとめ

学習塾というと「アルバイト」という雇用形態が思い浮かび、学生のアルバイト先としても人気ですが、事務職の募集や正社員の募集もあります。

大手の学習塾は上場企業でもあり、福利厚生面が充実していたり、給与体系などの制度も整っているところが多いです。

小規模な学習塾はそういった面では少し不安があるかもしれませんが、地域密着型で地元での信頼が厚かったり、子どもたちとの距離が近くやりがいを感じやすかったり、働く人同士が仲良く働きやすかったりという良い面も多くあると思います。

夜遅くなることが多い仕事でもありますので、アルバイトの場合は特に、学業や他の仕事との両立が可能なのかどうか、面接の際に実際の授業時間の他に拘束される時間をしっかりと確認することをお勧めします。