塾講師として勤める人の経緯は様々です。

まず、学業と両立してアルバイトとして働くケースや、塾に就職して社員として働くケースがあります。

また、塾で勤めた経験の有無に問わず、空き時間を活かしたい主婦が塾講師として働くケースや、異業種で勤めていた人が転職して塾講師になるケースなど、働き方は様々あります。

そこで今回は、塾講師の転職事情に焦点をあてて、転職を考えるようになる原因や成功するために必要なことを紹介します。

塾講師が抱える不満の原因

塾講師の仕事は、実は働く人に不満が多い高い仕事でもあります。

その要因は様々ですが、大きく三つあります。

一つ目は労働環境、二つ目は精神的プレッシャー、三つ目は賃金の低さです。

これらの要因に関する理由は後述しますが、より良い環境で働くために、塾講師として他の塾へ転職を考える人も少なくありません。

上記の三つの不満を減らす転職ができるようにするためには、転職する際に注意すべきことがあります。

塾講師への転職で注意すべき3点

賃金体系

学習塾の業界には、サービス残業が当たり前という風潮が根強く残っています。

就業時間を終えても、生徒の質問があれば授業後も対応する必要があります。

また小テスト作成や採点など、授業以外の仕事もあります。

これらに残業代が付かないことも多いです。

時給や月収のみに注目しがちですが、残業代の有無は給与に大きく関わることなので確認が必要です。

また役職手当の有無など、将来的な賃金モデルもイメージしておくことも良いと思います。

福利厚生

住宅手当、社会保険、退職金制度の有無を確認しましょう。

競業避止義務契約の有無

特に同業から転職する人に注意してほしいことです。

塾によっては競業避止義務契約があり、一定期間他の塾への転職を禁ずる項目が就業規則に入っている場合があります。

この義務契約に違反してしまうと、転職前に勤めていた塾だけでなく転職先の塾にも迷惑をかけることになりますので、勤務地区などをするなど気をつけましょう。

塾講師の転職を成功させるためには何をすれば良い?

筆記試験対策

塾講師を目指す人は、教員免許があったり、高学歴だったりする人が多いです。

しかし、特に塾とは無関係の業界から転職する場合など、数学の公式や英語の基礎知識などを忘れている場合も多いです。

教員免許や高学歴でも、塾で行われる採用試験を通過しない限り、就職は難しいでしょう。

けれども余程の難関レベルの受験対策塾でもなければ、試験内容は市販されている基本的な知識を問う問題集レベルの試験対策で大丈夫です。

塾講師の転職するにあたっての必要な心構え

ハードな仕事であることは覚悟しておく

塾講師の仕事は、生活リズムが他の職種に比べて不規則になる他に、勤務時間も長くなりがちです。

授業時間外に生徒の質問や相談に対応したり、事務作業に追われたりすることもあります。

けれども塾講師の仕事は、給料よりも生徒に教えることにやりがいを感じるサービス精神やホスピタリティが必要になります。

勤務時間だけの授業だけでなく、授業時間外でも担当する生徒をサポートすることで、生徒との信頼関係を築くことに繋がります。

休日が少ない

参考程度に、他の職種と塾講師の求人情報でいくつか比較してみました。

他の職種の年間休日は120日程度であることに対し、塾講師の年間休日は90日~100日程度と少なかったです。

その理由は、定期テストや受験対策になると、土日や祝日に関係なく授業を行うからです。

また、夏休みや冬休み、進学塾であれば年末年始も授業を行う塾が多いです。

塾講師は業務の都合上、休みが少ないことも理解しておきましょう。

塾講師への転職で年収を上げるためにできること

給料の支払い体系を知っておく

正社員で働く多くの塾講師の給料は、月25万円という固定報酬制です。

安定感はありますが、人気講師であっても給料は一定で、年収は300万円~400万円が相場になります。

しかし、固定報酬制の場合、労働時間の長さに対する給料とのバランスに不満を抱く講師も多いのも事実です。

そこで知っておくべきことは、最近では一部の塾が成功報酬制度を導入していることです。

成功報酬制度は、講師への授業理解度や生徒からの人気等の要素により、授業コマ数が変動することで給料が増減する仕組みを言います。

塾の経営規模にもよりますが、年収800万円~1000万円を稼ぐ講師もいます。

現在勤めている塾で人気講師として授業を担当していても、業務への貢献に見合った給料を支払われていないと感じる人は、成功報酬制度がある塾に転職してみても良いでしょう。

役職を目指す

塾によっては、教室長、チーフなどの役職に対して、手当を支給しています。

年収にして100万円程度上がることもあるので、役職手当を支給してもらえる塾への転職を目指すことも大切です。

多く見られるケースではありませんが、転職前に勤めていた塾での実績を考慮される場合、転職による中途採用でも教室長やチーフ待遇で採用を行う塾もあります。

独立開業を目指す

塾講師として授業スキルだけでなく経営方法を学ぶなど経験を積んで、独立開業を行い個人塾を経営する人もいます。

個人塾の開業には200万円程度必要な他、生徒集めや授業準備なども自力で行う必要があります。

しかし自分の努力や工夫が収入に反映されやすい他、自由度も上がります。

大手塾にはない個人塾ならではの細かなサービスやサポートを提供し、地元で人気の塾となり年収2000万円以上稼ぐ人もいます。

また独立開業で営業するには敷居が高いという人は、大手塾のフランチャイズとして独立するのも選択肢の一つです。

塾講師で人気の業務形態とその理由

塾講師で人気の業務形態には以下があります。

個別指導塾

個別指導塾は、多くても3人程度の生徒の進捗を確認しながら分からないところを教えられるため、比較的授業に馴染みやすいです。

授業準備に必要な予習は大変ですが、担当生徒の進捗状況から学習計画を独自に組み立てられます。

また授業時間中に質問も随時受け付けられるため、効率良く授業運営を行えます。

個人経営塾

塾の経営状態にもよりますが、一般的には大手塾の方が賃金は高いです。

大手塾の場合、報告書や経営マニュアルが多く、こなすべき仕事量が増えるため実際の勤務時間が長くなります。

しかし、個人経営の塾は、報告書やマニュアルが少なく楽です。

経営に対する経験が少ない人であれば、大手塾や経営コンサルタントなどから運営のノウハウについて研修を受けた方が効率が良いです。

教室長

塾講師をまとめ、教室の運営や保護者対応にあたるのが教室長の役割です。

教室長自ら授業を行う塾もあれば、教室長は教室運営の管理に専念する塾もあります。

教室長は営業ノルマや人材指導など、運営する中での大きな役割があります。

実績が評価されると、教室長は役職手当がつく他、転職する場合も経験が評価されます。

 

転職前に自分の強みやスキル、弱みなどを振り返ってみましょう

塾の形態には、クラス形式による集団塾があれば、1対1などの少人数による個別指導塾もあります。

塾の形態が異なれば、塾講師に求められるスキルも異なります。

例えば個別指導塾の場合、少人数で生徒の理解度に合わせた指導やコミュニケーションを密に行えることを求められます。

一方クラス形式の集団塾の場合、大人数の生徒を前にしたコミュニケーションや一定基準の理解度に到達させるための授業力を必要とします。

他にも、塾の形態だけでなく担当する学年によっても異なってきます。

小学生から高校生まで、指導する生徒の年齢層や学年層によって塾を選ぶなど、自分が働きやすい環境を考えて転職することが大切です。

年代別の注意点

新卒で入社したばかりの場合

新卒で入社した塾講師の場合、気をつけなければならないことは3年以内の離職率が非常に高いことです。

その要因は労働環境、精神的プレッシャー、賃金の低さが挙げられます。

一例ですが、労働環境が理由の場合、授業だけではなく事務作業も増えるため、労働時間が長くなるだけでなく時間外労働を迫られることがあります。

精神的プレッシャーの場合、生徒の新規募集や経営的に売り上げを上げるなど、生徒の成績を上げる以外の要因が出てきます。

賃金の低さが理由の場合、時間外労働がやむを得ず必要な時に、残業代などの労働に見合った手当てが付かないこともあり、報われない思いをすることもあります。

働いてみないと実際の大変さは分からない部分もありますが、上記を踏まえた上である程度覚悟をして入社する必要があります。

20代後半~30代の場合

結婚などで扶養家族が増えることが要因で、賃金の低さや勤務時間の長さに不満を持つ人がいます。

また特別講習やテスト対策などが始まると休日も出勤しなければならないため、仕事に対する家族の理解も必要になります。

特に別の職種からの転職の場合は年収にも影響がないとは言えず、生活が一変することもあります。

40代以上の場合

多くの塾が、塾での勤務経験者は別として、一般の求人情報には40代くらいまでを対象とした年齢制限がある求人を出すことがあります。

塾での勤務経験がない場合は、生徒を指導するのに必要な学力を事前に復習した上で、一般企業で培った営業力や統率力などをPRすると良いでしょう。

塾講師で転職する人は多い

塾講師は離職率が高く、転職する人が多いです。

より良い給料を目指し同業に転職する人もいますが、塾の業界から離れた別の職種に転職する人も多いです。

転職理由

転職を希望する人は、以下の不満が転職理由となるケースが多いです。

労働環境

塾は学校が終わった夕方から夜にかけて授業を行います。

講師の生活サイクルも、夜間に仕事をする生活が中心になり、昼夜逆転の生活になります。

夏休みや冬休みの特別講習になると、短期間とは言え朝から晩までの長時間勤務を強いられます。

精神的プレッシャー

少子化で子供の数は減少している中、塾の件数は横ばいで、地区によっては塾を増やしているのが現状です。

どこの塾も生き残りをかけて、新規生徒の獲得に懸命です。

塾に営業担当がいるケースもありますが、塾講師が営業も兼任することも多く、勧誘の営業電話、学校校門前のチラシ配布などを行います。

また塾を辞める生徒の申し出に対しては、退塾をしないよう面談をする必要もあります。

これらは、営業における目標数やノルマが設定されているため、精神的ストレスが強くなります。

賃金の低さ

学生アルバイトだと、時給1,500円は高いと思う方も多いでしょうが、授業の前後に授業の準備などが必要で時間外勤務を必要とするため、実質的な賃金は低い見積もりとなってしまいます。

社員として働く場合においても、年収は300万円~400万円と、労働時間の長さを考えると給料が高いものであると断言いづらいことも出てきます。

自分に合った塾講師の求人の選び方や注意点

塾講師は、中途採用も多く、転職求人も多いですが、業界構造からアルバイトが多いです。

求人を見比べる時は以下に注目してください。

【選び方①】雇用形態から探す

正社員かアルバイトのどちらかの求人かを明確に把握しましょう。

アルバイトは主に学生や主婦など短時間で柔軟に働きたい人が多いです。

正社員は雇用の安定性がある他、教室長などキャリアアップも見込めます。

学生時代にアルバイトで働いていた講師がそのまま正社員になるパターンも多いです。

【選び方②】会社の業態から考える

大手塾か個人経営の塾か、補習塾か進学塾か、クラス授業形式か個別指導形式かにより、会社が求める講師像が異なります。

例えば補習塾であれば、生徒に寄り添い学習の方法を一から指導することが求められます。

一方の進学塾では、講師は生徒を合格させるための受験知識やテクニックを指導することが必要になります。

自分の能力や会社の営業方針などと照らし合わせて検討しましょう。

【選び方③】給与や雇用条件から考える

アルバイトの時給は1,500円程、正社員であれば月給25万円程が給与相場です。

正社員の給与体系は固定賃金制の塾がほとんどですが、一部の塾では成功報酬制度やインセンティブを導入しているところもあります。

また正社員での就職を希望するのであれば、退職金や社会保険の有無も必ず確認しましょう。

【選び方④】エリアから考える

大手塾であれば、正社員の場合に異動が伴うこともあります。

生活基盤が変わる可能性もあるので、その塾の教室エリアを確認する必要が出てきます。

ただし、異動に関した情報は求人情報に記載されていないこともあるので、大手塾やフランチャイズ展開をしている塾ならば注意が必要です。

気になる方は、採用面接の際に確認することをおすすめします。

まとめ

いかがでしたか。

塾講師の仕事は大変なことも多いですが、生徒の成績アップや受検合格などの場面に立ち会えて感動を分かち合える仕事です。

同業から転職する場合も、他の業界から転職する場合も、労働環境が良い塾を見つけることが大切です。


関連キーワード

塾講師求人

塾講師求人についてもっと深堀りした情報を見る

塾講師バイトの時給はどのくらい?私の周りの相場や時給の決まり方を紹介します

この記事に興味を持ってくださったあなたは、恐らく塾講師のアルバイトを始めようかと迷っている方ではないでしょうか。この記事には、塾講師のアルバイトを始めようと考えている方に役立つ情報が沢山あると思います。是非最後まで読んでみてください。今回は誰もが知りたい塾講師のバイトの時給についての内容の記事になっています。塾講師のバイトの給料の相場はどのくらい?塾講師の給与の相場は?基本的に塾講師の時給は、他のアルバイトに比べて高く設定されています。特殊なスキルは必要ありませんが、ある程度の学力が必要になるからです。このことから、学力が低い方には務まらない仕事になっています。塾講師の仕事は誰にでもできる仕事

塾講師募集はココを見て!良い求人、悪い求人の見極め方を教えます

将来、学校の先生を目指す皆さんの中には、大学生時代に塾講師のアルバイトや家庭教師をやってみようと思う方は多いのではないでしょうか?実際、私や私の友人もそのように考え、大学生時代に塾講師のアルバイトを経験しました。将来、学校の先生になりたいという考えがあり、塾講師のアルバイトをやろうと思ったのはもちろんなのですが、正直、バイトをするなら時給が良い方がいいなという考えも少しありました。しかし、働くにしたがって、給与以外のこの仕事の魅力を感じ、4年間塾講師のバイトを続けることができました。今回は、その当時のことを振り返りながら、この仕事の魅力とは何か、塾講師の募集で、良い求人や悪い求人の見分け方など

大阪塾講師バイト求人の募集内容や時給の相場は?おすすめの塾会社や向き不向きややりがいなどを解説!

塾講師の仕事に興味がある人、是非やってみたいと思う人に少しでもプラスになる情報を提供したいと思います。今回は大阪の塾講師のバイト求人について難しくなく簡単に説明したいと思います。少しでも学習塾の仕事のイメージが明確になれば幸いです。大阪の塾講師求人の仕事はどんな仕事?塾に来てくれた子供たちに勉強を教えることです。そして、教えたことをできるようにさせることです。集団指導、個別指導、グループ指導などと別れています。塾によって指導方法が変わるのが特徴です。大阪塾講師バイト求人の大まかな仕事内容基本的な仕事は主要5教科(英語・数学・理科・社会・国語)の勉強を教えることです。塾専用のテキストを使用して勉

塾講師の仕事はどんな人に向いている?向いている人の3つの特徴やキャリアについて解説します

子供に勉強を教える塾講師の仕事は、やりがいを何より大切にしています。生徒一人一人に寄り添い、成績が上がった時や受験で合格した時は、生徒と一緒に喜びを分かち合います。長く生徒と関わりを持っていきますので、生徒と塾講師の間に信頼関係も生まれます。授業準備は大変ではありますが、それ以上の喜びややりがいを感じられる仕事です。塾講師はどんな仕事?学校での普段の授業の予習・復習・補習に加え、中学・高校・大学への受験合格を目指す生徒には、受験対策の学習指導を行っていきます。それだけでなく、学習面以外でもコミュニケーションを取りながら生徒との会話を増やし、モチベーションを向上させていきます。授業形態は主に個別

塾講師正社員求人で働くメリットとは?バイトとの違いや責任、タイプ別の向き不向きを解説します

塾講師というと正社員で勤務している方もいますが、人数で考えれば、多くの学習塾においてアルバイトや派遣講師として働いている方の方が多いです。教員を目指す学生や、既卒で塾講師を専任で勤務する方など、学習塾には様々な講師が勤務しています。そこで今回は、塾講師の正社員の勤務内容、アルバイトや派遣講師の違いなどを中心に解説いたします。塾講師の正社員で働くメリットどの業種でも言えるかもしれませんが、基本的には正社員で働く方が当然安定した収入を得られます。また、それ以外にもメリットはいくつもあります。まずは、正社員で働くメリットについて詳しく解説します。安定した給与まずは何と言っても安定した給与が挙げられる

塾講師年収の相場は?給料を上げるためにやるべき4個のことも紹介します

様々ある職種において、正社員、派遣社員、アルバイトと、雇用形態も多用にあります。それは塾講師も例外ではなく、雇用形態によって給与体系などに違いは出てきます。そこで今回は、塾講師経験のある筆者が、様々な雇用形態における塾講師の給与体系、年収アップなど、入社してから分かったことなども含め詳しく解説します。ズバリ!塾講師の給料の相場はどのくらい?正社員の塾講師における給料の相場は、勤務する会社や役職によっても大きく異なります。正社員で新卒入社した場合の塾講師の給料相場新卒で入社の場合、決して高いとは言えません。キャリアを積み重ねていくことで少しずつ給料が上がっていきます。会社にもよりますが、私が勤め

塾講師バイト求人でよくある業務内容と求人の選び方を紹介します

アルバイトを探そうと考えた時、飲食店やコンビニなどの接客業が頭に浮かぶと思います。今回紹介する塾講師などの教育関係も接客サービスを行うアルバイトの一つです。「塾講師のアルバイトを希望しているけれど、初めてなので不安だ」「塾講師のアルバイトをしているけれど、今働いている塾が合わない」と感じている方もいるかもしれません。そこで今回は、塾講師のアルバイトを探す時に役に立つ情報を集めてみました。塾講師の業務内容塾講師なので塾で授業をするのは当然ですが、授業をすること以外にもすべき業務があります。例えば、チューターとして塾生の進路相談を受けたり、保護者との面談を行ったり、事務的な仕事をしたりするなど様々