塾講師として勤める人の経緯は様々です。

まず、学業と両立してアルバイトとして働くケースや、塾に就職して社員として働くケースがあります。

また、塾で勤めた経験の有無に問わず、空き時間を活かしたい主婦が塾講師として働くケースや、異業種で勤めていた人が転職して塾講師になるケースなど、働き方は様々あります。

そこで今回は、塾講師の転職事情に焦点をあてて、転職を考えるようになる原因や成功するために必要なことを紹介します。

自分には「どんな仕事」が向いているか、診断するにはこちら →
(正社員希望の人限定)

まずは「塾講師」の仕事例をチェック

塾講師が抱える不満の原因

塾講師の仕事は、実は働く人に不満が多い高い仕事でもあります。

その要因は様々ですが、大きく三つあります。

一つ目は労働環境、二つ目は精神的プレッシャー、三つ目は賃金の低さです。

これらの要因に関する理由は後述しますが、より良い環境で働くために、塾講師として他の塾へ転職を考える人も少なくありません。

上記の三つの不満を減らす転職ができるようにするためには、転職する際に注意すべきことがあります。

塾講師への転職で注意すべき3点

賃金体系

学習塾の業界には、サービス残業が当たり前という風潮が根強く残っています。

就業時間を終えても、生徒の質問があれば授業後も対応する必要があります。

また小テスト作成や採点など、授業以外の仕事もあります。

これらに残業代が付かないことも多いです。

時給や月収のみに注目しがちですが、残業代の有無は給与に大きく関わることなので確認が必要です。

また役職手当の有無など、将来的な賃金モデルもイメージしておくことも良いと思います。

福利厚生

住宅手当、社会保険、退職金制度の有無を確認しましょう。

競業避止義務契約の有無

特に同業から転職する人に注意してほしいことです。

塾によっては競業避止義務契約があり、一定期間他の塾への転職を禁ずる項目が就業規則に入っている場合があります。

この義務契約に違反してしまうと、転職前に勤めていた塾だけでなく転職先の塾にも迷惑をかけることになりますので、勤務地区などをするなど気をつけましょう。

自分には「どんな仕事」が向いているか、診断するにはこちら →
(正社員希望の人限定)

塾講師の転職を成功させるためには何をすれば良い?

筆記試験対策

塾講師を目指す人は、教員免許があったり、高学歴だったりする人が多いです。

しかし、特に塾とは無関係の業界から転職する場合など、数学の公式や英語の基礎知識などを忘れている場合も多いです。

教員免許や高学歴でも、塾で行われる採用試験を通過しない限り、就職は難しいでしょう。

けれども余程の難関レベルの受験対策塾でもなければ、試験内容は市販されている基本的な知識を問う問題集レベルの試験対策で大丈夫です。

塾講師の転職するにあたっての必要な心構え

ハードな仕事であることは覚悟しておく

塾講師の仕事は、生活リズムが他の職種に比べて不規則になる他に、勤務時間も長くなりがちです。

授業時間外に生徒の質問や相談に対応したり、事務作業に追われたりすることもあります。

けれども塾講師の仕事は、給料よりも生徒に教えることにやりがいを感じるサービス精神やホスピタリティが必要になります。

勤務時間だけの授業だけでなく、授業時間外でも担当する生徒をサポートすることで、生徒との信頼関係を築くことに繋がります。

休日が少ない

参考程度に、他の職種と塾講師の求人情報でいくつか比較してみました。

他の職種の年間休日は120日程度であることに対し、塾講師の年間休日は90日~100日程度と少なかったです。

その理由は、定期テストや受験対策になると、土日や祝日に関係なく授業を行うからです。

また、夏休みや冬休み、進学塾であれば年末年始も授業を行う塾が多いです。

塾講師は業務の都合上、休みが少ないことも理解しておきましょう。

塾講師への転職で年収を上げるためにできること

給料の支払い体系を知っておく

正社員で働く多くの塾講師の給料は、月25万円という固定報酬制です。

安定感はありますが、人気講師であっても給料は一定で、年収は300万円~400万円が相場になります。

しかし、固定報酬制の場合、労働時間の長さに対する給料とのバランスに不満を抱く講師も多いのも事実です。

そこで知っておくべきことは、最近では一部の塾が成功報酬制度を導入していることです。

成功報酬制度は、講師への授業理解度や生徒からの人気等の要素により、授業コマ数が変動することで給料が増減する仕組みを言います。

塾の経営規模にもよりますが、年収800万円~1000万円を稼ぐ講師もいます。

現在勤めている塾で人気講師として授業を担当していても、業務への貢献に見合った給料を支払われていないと感じる人は、成功報酬制度がある塾に転職してみても良いでしょう。

役職を目指す

塾によっては、教室長、チーフなどの役職に対して、手当を支給しています。

年収にして100万円程度上がることもあるので、役職手当を支給してもらえる塾への転職を目指すことも大切です。

多く見られるケースではありませんが、転職前に勤めていた塾での実績を考慮される場合、転職による中途採用でも教室長やチーフ待遇で採用を行う塾もあります。

独立開業を目指す

塾講師として授業スキルだけでなく経営方法を学ぶなど経験を積んで、独立開業を行い個人塾を経営する人もいます。

個人塾の開業には200万円程度必要な他、生徒集めや授業準備なども自力で行う必要があります。

しかし自分の努力や工夫が収入に反映されやすい他、自由度も上がります。

大手塾にはない個人塾ならではの細かなサービスやサポートを提供し、地元で人気の塾となり年収2000万円以上稼ぐ人もいます。

また独立開業で営業するには敷居が高いという人は、大手塾のフランチャイズとして独立するのも選択肢の一つです。

塾講師で人気の業務形態とその理由

塾講師で人気の業務形態には以下があります。

個別指導塾

個別指導塾は、多くても3人程度の生徒の進捗を確認しながら分からないところを教えられるため、比較的授業に馴染みやすいです。

授業準備に必要な予習は大変ですが、担当生徒の進捗状況から学習計画を独自に組み立てられます。

また授業時間中に質問も随時受け付けられるため、効率良く授業運営を行えます。

個人経営塾

塾の経営状態にもよりますが、一般的には大手塾の方が賃金は高いです。

大手塾の場合、報告書や経営マニュアルが多く、こなすべき仕事量が増えるため実際の勤務時間が長くなります。

しかし、個人経営の塾は、報告書やマニュアルが少なく楽です。

経営に対する経験が少ない人であれば、大手塾や経営コンサルタントなどから運営のノウハウについて研修を受けた方が効率が良いです。

教室長

塾講師をまとめ、教室の運営や保護者対応にあたるのが教室長の役割です。

教室長自ら授業を行う塾もあれば、教室長は教室運営の管理に専念する塾もあります。

教室長は営業ノルマや人材指導など、運営する中での大きな役割があります。

実績が評価されると、教室長は役職手当がつく他、転職する場合も経験が評価されます。

 

転職前に自分の強みやスキル、弱みなどを振り返ってみましょう

塾の形態には、クラス形式による集団塾があれば、1対1などの少人数による個別指導塾もあります。

塾の形態が異なれば、塾講師に求められるスキルも異なります。

例えば個別指導塾の場合、少人数で生徒の理解度に合わせた指導やコミュニケーションを密に行えることを求められます。

一方クラス形式の集団塾の場合、大人数の生徒を前にしたコミュニケーションや一定基準の理解度に到達させるための授業力を必要とします。

他にも、塾の形態だけでなく担当する学年によっても異なってきます。

小学生から高校生まで、指導する生徒の年齢層や学年層によって塾を選ぶなど、自分が働きやすい環境を考えて転職することが大切です。

年代別の注意点

新卒で入社したばかりの場合

新卒で入社した塾講師の場合、気をつけなければならないことは3年以内の離職率が非常に高いことです。

その要因は労働環境、精神的プレッシャー、賃金の低さが挙げられます。

一例ですが、労働環境が理由の場合、授業だけではなく事務作業も増えるため、労働時間が長くなるだけでなく時間外労働を迫られることがあります。

精神的プレッシャーの場合、生徒の新規募集や経営的に売り上げを上げるなど、生徒の成績を上げる以外の要因が出てきます。

賃金の低さが理由の場合、時間外労働がやむを得ず必要な時に、残業代などの労働に見合った手当てが付かないこともあり、報われない思いをすることもあります。

働いてみないと実際の大変さは分からない部分もありますが、上記を踏まえた上である程度覚悟をして入社する必要があります。

20代後半~30代の場合

結婚などで扶養家族が増えることが要因で、賃金の低さや勤務時間の長さに不満を持つ人がいます。

また特別講習やテスト対策などが始まると休日も出勤しなければならないため、仕事に対する家族の理解も必要になります。

特に別の職種からの転職の場合は年収にも影響がないとは言えず、生活が一変することもあります。

40代以上の場合

多くの塾が、塾での勤務経験者は別として、一般の求人情報には40代くらいまでを対象とした年齢制限がある求人を出すことがあります。

塾での勤務経験がない場合は、生徒を指導するのに必要な学力を事前に復習した上で、一般企業で培った営業力や統率力などをPRすると良いでしょう。

塾講師で転職する人は多い

塾講師は離職率が高く、転職する人が多いです。

より良い給料を目指し同業に転職する人もいますが、塾の業界から離れた別の職種に転職する人も多いです。

転職理由

転職を希望する人は、以下の不満が転職理由となるケースが多いです。

労働環境

塾は学校が終わった夕方から夜にかけて授業を行います。

講師の生活サイクルも、夜間に仕事をする生活が中心になり、昼夜逆転の生活になります。

夏休みや冬休みの特別講習になると、短期間とは言え朝から晩までの長時間勤務を強いられます。

精神的プレッシャー

少子化で子供の数は減少している中、塾の件数は横ばいで、地区によっては塾を増やしているのが現状です。

どこの塾も生き残りをかけて、新規生徒の獲得に懸命です。

塾に営業担当がいるケースもありますが、塾講師が営業も兼任することも多く、勧誘の営業電話、学校校門前のチラシ配布などを行います。

また塾を辞める生徒の申し出に対しては、退塾をしないよう面談をする必要もあります。

これらは、営業における目標数やノルマが設定されているため、精神的ストレスが強くなります。

賃金の低さ

学生アルバイトだと、時給1,500円は高いと思う方も多いでしょうが、授業の前後に授業の準備などが必要で時間外勤務を必要とするため、実質的な賃金は低い見積もりとなってしまいます。

社員として働く場合においても、年収は300万円~400万円と、労働時間の長さを考えると給料が高いものであると断言いづらいことも出てきます。

自分に合った塾講師の求人の選び方や注意点

塾講師は、中途採用も多く、転職求人も多いですが、業界構造からアルバイトが多いです。

求人を見比べる時は以下に注目してください。

【選び方①】雇用形態から探す

正社員かアルバイトのどちらかの求人かを明確に把握しましょう。

アルバイトは主に学生や主婦など短時間で柔軟に働きたい人が多いです。

正社員は雇用の安定性がある他、教室長などキャリアアップも見込めます。

学生時代にアルバイトで働いていた講師がそのまま正社員になるパターンも多いです。

【選び方②】会社の業態から考える

大手塾か個人経営の塾か、補習塾か進学塾か、クラス授業形式か個別指導形式かにより、会社が求める講師像が異なります。

例えば補習塾であれば、生徒に寄り添い学習の方法を一から指導することが求められます。

一方の進学塾では、講師は生徒を合格させるための受験知識やテクニックを指導することが必要になります。

自分の能力や会社の営業方針などと照らし合わせて検討しましょう。

【選び方③】給与や雇用条件から考える

アルバイトの時給は1,500円程、正社員であれば月給25万円程が給与相場です。

正社員の給与体系は固定賃金制の塾がほとんどですが、一部の塾では成功報酬制度やインセンティブを導入しているところもあります。

また正社員での就職を希望するのであれば、退職金や社会保険の有無も必ず確認しましょう。

【選び方④】エリアから考える

大手塾であれば、正社員の場合に異動が伴うこともあります。

生活基盤が変わる可能性もあるので、その塾の教室エリアを確認する必要が出てきます。

ただし、異動に関した情報は求人情報に記載されていないこともあるので、大手塾やフランチャイズ展開をしている塾ならば注意が必要です。

気になる方は、採用面接の際に確認することをおすすめします。

まとめ

いかがでしたか。

塾講師の仕事は大変なことも多いですが、生徒の成績アップや受検合格などの場面に立ち会えて感動を分かち合える仕事です。

同業から転職する場合も、他の業界から転職する場合も、労働環境が良い塾を見つけることが大切です。

自分には「どんな仕事」が向いているか、診断するにはこちら →
(正社員希望の人限定)




塾講師求人についてもっと深堀りした情報を見る

塾講師の仕事は人気なの?人気な理由から大変なことまでご紹介!

塾講師は人気って皆さんはご存知でしたか?「塾講師」と聞いて、高時給のアルバイトであったり、教師を目指す人が働いていたりなど、様々なことが思い浮かぶかもしれません。では、実際の塾講師の大変な業務や、働いてみないとわからない事っていったいどんな事だと思いますか?そもそもなんで人気なのでしょうか?ここでは、塾講師が人気である理由や、大変な理由も順番に解説をします。塾講師の仕事についておさらいしておこう塾講師の仕事について、業務内容を簡単にまとめてみました。塾講師の仕事は、大きく三つに分けられます。1. 授業の事前準備2. 授業を行う3. 保護者への連絡アルバイトで塾講師として働く場合は、基本的にこの

塾講師のバイト面接で聞かれる4個のことと受け答えのコツ、服装などの注意点とは!?

塾講師のアルバイトは時給も高く、大学生からはかなり人気のバイトになっています。では、実際に塾講師のアルバイトはどんな仕事なのか、詳細をご存知でしょうか?アルバイトの面接はどんなことを訊かれるのか、また採用に必要な学力テストはあるのか、また、塾講師のアルバイトの求人情報で確認しておかなければならないことや知っておくべきことなどを実際の経験に基づいて書いてみました。今から塾講師のアルバイトを始めてみたいと思っている人は、ぜひ一度読んでみてください。塾講師バイトの仕事内容塾講師アルバイトの仕事内容は、個別指導と集団指導で異なる部分がありますが、仕事内容としては大きく3つが挙げられます。教える内容の予

塾講師は未経験でもできる!未経験でもスムーズに仕事に就く方法をご紹介します

数ある職種の中で、塾講師は大学生の間でも人気アルバイトの一つであり、アルバイトから正社員として昇格する形で勤務を継続する人もいます。塾講師の主な仕事である授業を行うこと以外に様々な苦労も多い職場ですが、様々なスキルを学び活かすことで、自分の成長に繋がる、やりがいある仕事であると感じています。今回は塾講師の仕事について紹介します。塾講師の仕事前述通り、塾講師の中心業務は塾生に授業を行うことです。塾の経営規模や指導形態に左右されますが、今回は小学生~高校生を対象にした小規模な学習塾を想定して業務内容を紹介します。塾講師の仕事内容塾講師は、一般的には以下の業務を行います。①出勤後の授業準備②電話対応

塾講師バイトのやりがいとは?経験者の私が感じる4個のやりがいを感じる瞬間を紹介します

塾講師バイトのやりがいって皆さんはどんな事だと思いますか?塾講師は大学生のアルバイト先として人気がある職種であり、また将来教員を目指す人が塾で経験を積むために塾講師を選んでいるということもあります。塾には講師以外にも様々な職種がありますが、この記事では「講師」のやりがいについて経験者がお話しさせていただきます。また、この職業で身に付くスキルや必要な資格、向いている人の特徴についてもご紹介していきたいと思います。学習塾に通う子どもの割合やデータある調査データによると、学習塾の総数は全国に約49,000校あり、これは全国の小中学校の総数よりも多いそうです。また中学3年生の通塾割合は、全国の中学3年

塾講師が向いてない人の5個の特徴。向いていない場合の乗り越える方法も紹介

塾講師の仕事、学生時代にアルバイトで経験したことがあるという方もいるかと思います。私は塾のアルバイト講師として4年間働きました。個別指導塾、集団指導塾を大手から地域密着の個人経営まで幅広く経験した私は、正社員、アルバイトで働く塾講師を数多く見てきました。その中で、塾講師は向いている人と向いていない人の差がはっきりすると感じました。今日は、塾講師が向いていないと感じる人の特徴を挙げながら、その乗り越え方をまとめます。塾講師の仕事とはどんな仕事?まず塾講師の仕事といえば、「教科を指導するだけでしょ」と思われる方が多いかと思います。実は、働く会社や塾の規模によっては、それ以外の仕事を任せられる可能性

塾講師バイト辞め方の3個の注意点。辞める理由の整理、自分にあった塾講師バイトの見つけ方、迷惑がかからない辞めるタイミングなど

大学生に人気のアルバイトの一つに、塾講師があります。家庭教師と違い、多くの生徒と触れ合う機会が多いため、子供が好きな方や教職を目指している方におすすめのアルバイトです。また多くの学生が飲食店でアルバイトをする中で、100円〜500円ほど高い時給で雇用されるので、コストパフォーマンスが良いアルバイトとして家庭教師と並び大学生に人気です。そんな人気のアルバイトの一つである塾講師ですが、塾講師以外のアルバイトと違い、辞める時に気をつけなければいけない点がいくつかあります。円満退社をするためにも、どのような辞め方が良いのか紹介していきます。塾講師の辞め方の3個の注意点円満退社をするためにも、辞める時に

塾講師として働くメリット6選。私が感じた良いところをまとめました

塾講師という職業が気になる方には様々な理由があります。例えば、教師志望で経験を積むため、教員免許を持っているけれど教師は荷が重いこと、日中ではなく夜に働きたい等が考えられます。今回は、塾講師の仕事内容や、塾講師として働くことのメリットやデメリット、塾講師のやりがいを感じる瞬間や塾講師に向いている人について紹介します。塾講師の仕事塾講師の仕事は、学校が終わる夕方から夜にかけて小学生から高校生まで幅広く教えます。教える内容は、受験対策を行ったり学校進度に合わせた内容の指導を行ったりするための勉強を教えることになります。学校の教師とは違い、成績アップや受験合格に向けた学業の面を中心に伸ばしていくこと

塾講師バイトの時給の相場はいくら?給料をアップさせるための求人の選び方教えます!

大学生に人気のアルバイトである塾講師。家庭教師のアルバイトと肩を並べる高待遇バイトとして、コストパフォーマンスが良いことで人気のアルバイトの一つです。多くの大学生が飲食店などでアルバイトをする中で、塾講師のアルバイトをするメリットはやりがいと給料の高さだと思います。今回は塾講師のアルバイトの給料についてご紹介します。塾講師バイトの給料の相場はどのくらい?塾講師アルバイトの給与事情について見てみましょう。相場を知っておくことで、求人の選別をしやすくなります。給与の相場は?塾講師のアルバイトの時給は約1,200円程度が相場です。飲食店の時給相場は900円程なので、金額面で比べるとかなり待遇が良いこ

塾講師として必要なことは?一番必要なスキルは何?塾講師になりたい人はぜひご覧下さい!

塾講師は格好良く、生徒から憧れを持たれる職業の一つです。分かりやすく面白い授業を行い、勉強や受験にも親身になって対応してくれます。「こんなにこの勉強って分かりやすかったっけ!?」「授業が終わったら質問しに行ってみようかな?」と、生徒たちが勉強に対して前向きな気持ちになれるような、そんな憧れの塾講師になるにはどうすれば良いか紹介します。塾講師の仕事内容塾講師の仕事内容は、ただ生徒に分かりやすく且つ面白く勉強を教えるだけではありません。授業以外に行う塾講師の仕事内容について、詳しく説明していきます。重要なことは「勉強の楽しさを教える」こと通塾する生徒の中には、学校での学習が分からなくなったり、分か

塾講師を辞める理由は何が多い?3個の理由と辞めるのを決める前に考えておきたいこと

塾講師のアルバイトは、他の職種と比べて時給が高く、勤務時間も短いことから、人気のアルバイトの一つです。長く勤務を続ける人がいる一方で、辞めていく人がいるのも事実です。塾講師のアルバイトを辞めていく人は、どのような理由で辞めるのでしょうか?その理由と、辞める前に考えておきたいことについてまとめてみました。塾講師の離職率は低い?塾講師の離職率にどのようなイメージを持ちますか?私が実際に働いてみた感覚では、塾講師の離職率は比較的低いように思います。離職イメージとしては二つ考えられ、一つ目は、大学入学時から塾講師としてアルバイトを開始し、大学を卒業するタイミングで離職する長期パターンです。二つ目は、大

塾講師におすすめな3個の塾のタイプとその特徴。働きやすさや待遇など!

塾講師でおすすめな学習塾のタイプって知っていますか?塾講師は他の職種と比べても時給が高く、人気のアルバイトの一つですが、今や様々な学習塾があり、どこがいいのかなんて求人募集を見ているだけではわからないですよね。そこで、これから働いてみたいと考えている方に、塾講師の指導形態別の特徴や待遇、上手な働き先の選び方などを詳しく紹介していきたいと思います。ぜひ参考にしていただき、自分に合う学習塾の講師の求人を探してみましょう。塾講師の大まかな仕事内容塾講師の大まかな仕事内容として、生徒に勉強を教える他に、保護者への連絡やテスト採点の作業などがあります。しかし、仕事内容の8割近くが教える仕事だと考えて問題

塾講師の仕事でやりがいを感じる6個のこと

大学生に人気のアルバイトの一つに、塾講師があります。学生時代の塾講師のアルバイトにやりがいを感じて、そのまま塾講師として就職をする人が少なくありません。そんな塾講師は、実際どのようなところにやりがいを感じているのでしょうか。これから紹介する記事は、塾講師のアルバイトに興味がある人や、就職先に迷っている学生や社会人におすすめできる内容になっています。塾講師はどんな仕事?塾講師の仕事は、大きく分けて2つに分けることができます。1つ目はご存知の通り、生徒への教科指導です。これはアルバイト・社員問わず、全ての従業員が経験する業務です。2つ目は、カリキュラムの考案や教室・校舎運営が挙げられます。原則、正

塾講師のバイトはブラックなの?!大変な点や良い点を経験者がすべてお話しします!

ここ最近では、アルバイトを劣悪な環境で働かせるなどの「ブラックバイト」がメディアで取り上げられることが増えました。そのブラックバイトの中には塾講師も含まれており、ニュースで報道されるなど話題になりました。では、塾講師のアルバイトがブラックバイトかと言われると、そんなことはありません。最近のメディアなどで、塾講師のアルバイト=ブラックバイトだと報道されたことが拡がっていき、塾で勤めることはブラックだというイメージが付いてしまったのかもしれません。しかし実際は、塾講師のアルバイトは、「価値のある仕事」の代表例とも言えるでしょう。今回、塾講師のアルバイト経験者である私の経験に基づいて紹介します。私の

塾講師バイトの時給はどのくらい?私の周りの相場や時給の決まり方を紹介します

この記事に興味を持ってくださったあなたは、恐らく塾講師のアルバイトを始めようかと迷っている方ではないでしょうか。この記事には、塾講師のアルバイトを始めようと考えている方に役立つ情報が沢山あると思います。是非最後まで読んでみてください。今回は誰もが知りたい塾講師のバイトの時給についての内容の記事になっています。塾講師のバイトの給料の相場はどのくらい?塾講師の給与の相場は?基本的に塾講師の時給は、他のアルバイトに比べて高く設定されています。特殊なスキルは必要ありませんが、ある程度の学力が必要になるからです。このことから、学力が低い方には務まらない仕事になっています。塾講師の仕事は誰にでもできる仕事

塾講師を辞めたいと思う7つの瞬間は?!ストレスをためないために知っておこう!

塾講師のアルバイトは辞めてしまう人が多いとよく言われています。割合で見ると、塾講師のアルバイトを始めた方の約7割が、1年以内に塾講師のアルバイトを辞めるというデータもあります。その原因の大部分は、受験生を多数受け持つことから、その責任の重さやストレスの負荷が大きいことによるものです。今回は塾講師を辞めたいと思う瞬間、辞めたくなる理由を紹介したいと思います。今現在塾講師のアルバイトに就いていて辞めたいと思っている方にとっては、気付くことも沢山あるかと思います。これから塾講師のアルバイトを始めようと考えている方にとっても、最後までお読みいただくと非常に役立つ情報になるかと思います。塾講師を辞めたい

塾のアルバイトをやってて良かった3個のことと、事前に知っておけば良かった4個のこと

塾アルバイトを始めてみたいという方は、ぜひこの記事を最後までご覧ください。あなたにとって為になる情報を今回はまとめてみました。時給も高く、拘束時間も短いことから大学生や副業をする社会人に人気の「塾講師」。塾講師のアルバイトの時給や勤務時間、やりがいなどをしっかりご紹介していきます。「塾講師のバイトはネイルはありなのか?」など気になる疑問にもお答えしますので必見ですよ。私はこんなところで塾のアルバイトをしていましたテレビCMや電車のドア上に広告を出している割と有名な大手学習塾で塾講師としてアルバイトをしていました。指導形式は集団講習と個別指導があり講師は、集団講習も個別指導も両方やるかどちらかを

塾講師募集はココを見て!良い求人、悪い求人の見極め方を教えます

将来、学校の先生を目指す皆さんの中には、大学生の時に塾講師のアルバイトや家庭教師をやってみようと思った方も少なくないと思います。私は大学生で塾講師のアルバイト経験があり、学校の先生になりたいという思いを持った上で塾講師のアルバイトを始めてみようと思いました。加えて、アルバイトを始めるなら、時給が高い方が良いという考えもありました。実際に働いてみて、給与以外にも塾講師の仕事に魅力を感じ、4年間塾講師のアルバイトを続けることができました。今回は、私の体験も踏まえて、塾講師の魅力や求人の見分け方などを紹介します。塾講師の仕事とはどんな仕事?通われる生徒の通塾目的に沿って、学習指導を行うことがメインと

塾講師バイトがおすすめなのはこんな人!アルバイト経験から考える向き不向き

塾講師のバイトのおすすめポイントとはいったいどんな内容なのでしょうか?私は塾講師を3年勤めてきましたが、その経験から塾講師のバイトに向いている人・向いていない人の特徴を詳しく解説していきたいと思います。また、正社員とアルバイトの違いまで説明していきますので、求人探しの際はぜひ参考にしてみてください。子供と目標に向かって学業を高めれる、そんなやりがいの持てる塾のバイトは本当におすすめですよ。塾講師の仕事塾講師の仕事は生徒に勉強を教えることであり、生徒が抱える目標に向かって前進できるようサポートすることでもあります。アルバイトの大まかな仕事内容アルバイトの主な仕事内容は、授業をすることややテストの

大阪塾講師バイト求人の募集内容や時給の相場は?おすすめの塾会社や向き不向きややりがいなどを解説!

大阪塾講師バイトに興味がある人、是非やってみたいと思う人に少しでもプラスになる情報を提供したいと思います。今回は大阪の塾講師求人について分かりやすく簡単に説明していきます。この記事を読んで、少しでも学習塾の仕事のイメージが明確になれば幸いです。大阪塾講師アルバイトに興味のある方は、この記事でやりがいについてや自分に向いているのかを知って、ぜひ求人に応募をしてみてくださいね!大阪の塾講師求人の仕事塾講師のメインとなる業務は、塾に来た子供に勉強を教えて、問題を解けるようにフォローをすることです。塾の指導形態に多少の違いはありますが、基本的に塾講師の仕事が大きく異なることはありません。ここで言う塾の

塾講師正社員求人で働くメリットとは?バイトとの違いや責任、タイプ別の向き不向きを解説します

塾講師というと正社員で勤務している方もいますが、人数で考えれば、多くの学習塾においてアルバイトや派遣講師として働いている方の方が多いです。教員を目指す学生や、既卒で塾講師を専任で勤務する方など、学習塾には様々な講師が勤務しています。そこで今回は、塾講師の正社員の勤務内容、アルバイトや派遣講師の違いなどを中心に解説いたします。塾講師の正社員で働くメリットどの業種でも言えるかもしれませんが、基本的には正社員で働く方が当然安定した収入を得られます。また、それ以外にもメリットはいくつもあります。まずは、正社員で働くメリットについて詳しく解説します。安定した給与まずは何と言っても安定した給与が挙げられる

塾講師年収の相場は?給料を上げるためにやるべき4個のことも紹介します

様々ある職種において、正社員、派遣社員、アルバイトと、雇用形態も多用にあります。それは塾講師も例外ではなく、雇用形態によって給与体系などに違いは出てきます。そこで今回は、塾講師経験のある筆者が、様々な雇用形態における塾講師の給与体系、年収アップなど、入社してから分かったことなども含め詳しく解説します。ズバリ!塾講師の給料の相場はどのくらい?正社員の塾講師における給料の相場は、勤務する会社や役職によっても大きく異なります。正社員で新卒入社した場合の塾講師の給料相場新卒で入社の場合、決して高いとは言えません。キャリアを積み重ねていくことで少しずつ給料が上がっていきます。会社にもよりますが、私が勤め

塾講師アルバイト求人でよくある仕事内容とやりがいポイント&向いてる人

塾講師のアルバイトにおける業務内容は「授業」ですが、それ以外にも塾によって様々なやるべきことがあります。 では、実際にどのような業務があるかを今回はまとめてみましたので、ぜひ最後まで読んでいただければと思います! 塾講師のアルバイトだからこそ大変なところや、やりがいを感じるポイントも必見です。 今後、教員を目指したい方は、まずはアルバイトで経験を積んでみてはいかがでしょうか?塾講師アルバイトの仕事内容授業塾講師の主な業務となる授業は、集団指導と個別指導の2タイプに分かれます。集団指導は5名以上の塾生に一斉に指導を行います。理解度が異なる担当塾生に理解させる指導が求められるので、個別指導よ

塾講師仕事内容10個の業務と向いている人・向いていない人の特徴など解説します

塾講師という職業に就いてみて初めて、意外と塾講師の仕事内容は多岐にわたり、収入が良いことも理解できると感じる方が多いのではないでしょうか。塾講師の仕事を始めてから戸惑うことがないよう、仕事内容ややりがいなど大変なことも交えて、塾講師経験者が仕事の魅力について詳しく紹介します。塾講師の仕事に興味がある方は、向いている人・向いていない人の特徴についても参考にしてみてください。塾の形態は大きく分けて2つ。その違いは?集団指導集団指導は、塾講師1人に対し、5名以上の塾生を指導します。授業時間は塾によって違いはありますが大体60分〜90分、指導科目は英・数・国の3教科が中心です。「授業」と「授業における

塾講師バイト求人を探すときに役立つ情報をご紹介!業務内容や種類についてもご説明します

アルバイトを探そうと考えた時、飲食店やコンビニなどの接客業が頭に浮かぶと思います。今回紹介する塾講師などの教育関係も接客サービスを行うアルバイトの一つです。「塾講師のアルバイトを希望しているけれど、初めてなので不安だ」「塾講師のアルバイトをしているけれど、今働いている塾が合わない」と感じている方もいるかもしれません。そこで今回は、塾講師のアルバイトを探す時に役に立つ情報を集めてみました。塾講師の業務内容塾講師なので塾で授業をするのは当然ですが、授業をすること以外にもすべき業務があります。例えば、チューターとして塾生の進路相談を受けたり、保護者との面談を行ったり、事務的な仕事をしたりするなど様々