率直に言って、塾講師のバイトはそれほどブラックではありません。

また誰にでもできる仕事でもありません。

しかし、最近のメディアなどのニュースでブラックだと大体的に放送されたため、塾講師のバイト=ブラックだと情報がどんどんと流されてしまい、ブラックというイメージがついてきたのかもしれません。

塾講師のバイトは、「やる価値のある仕事である」の代表例とも言えるでしょう。

今回、塾講師のバイト経験者である私の経験に基づいて紹介したいと思います。

私はこんなところで塾講師を経験しました

個別指導塾(小学生・中学生・高校生)、集団授業(小学生・中学生)、家庭教師で講師を経験しました。(家庭教師は、塾講師ではないという方もおられるかもしれませんが、生徒に勉強を教えるという点で一緒にさせて頂きました。履歴書に書く時も家庭教師の経験は書きますよね?ご了承ください)

基本は中学生をメインに勉強を教えていました。

学力が低い生徒さんから高い生徒さんまで幅広い偏差値の生徒さんたちを受け持ちました。

特に中学生は高校受験をメインに授業を進めていく必要があります。

学校の教科書レベルの問題は簡単に解けるレベルの学力は必要になります。

高校生は大学受験を考えますので、かなり高い学力が必要になります。

小学生は、中学受験をする生徒さんにおいては、受験する中学によって指導する教科のレベルが変化してきました。

ある程度の学力は必要になるため、誰にでも簡単にできる仕事ではありません。

塾講師の仕事ってブラックなの?大変なの??

塾講師の仕事って本当にブラックなのでしょうか?

ブラックバイトの定義はご存知でしょうか。

法的なブラックバイトの定義はありません。

一般的には、ブラックバイトとは、使い捨てにされたり、時間や賃金を搾取されているアルバイトのことだといわれています。

ブラックバイトの問題を取り上げた中京大学の大内裕和教授の定義は「学生であることを尊重しないアルバイトのこと。フリーターの増加や非正規雇用労働の基幹化が進む中で登場した。低賃金であるにもかかわらず、正規雇用労働者並みの義務やノルマを課されたり、学生生活に支障をきたすほどの重労働を強いられることが多い」と著書に記されています。

またネット有名になったブラックバイト問題専門のブラックバイトユニオンでは、また違った観点から次のように定義しています。

「学生の無知や立場の弱さにつけ込むような形での違法行為が当たり前となっているアルバイトのこと。違法行為として、例えば、残業不払い、休憩時間の不付与、不合理な罰金の請求、パワハラ・セクハラの放置などがあげられる。」どちらもブラックバイトは社会は出る前の知識の乏しい学生に使い捨てにすることを前提にしています。

より情報収集の弱い人から搾取するという共通点があります。

塾講師の仕事は、ブラックではありません。

ブラックバイトの会社があるということです。

ここで解釈の違いが大きく差が出てきます。

どんな仕事も大変です。

塾講師の仕事も大変です。

塾講師=ブラックバイトの方程式は成り立ちません。

ここではブラックな塾講師のバイトによくあるパターンをいくつか紹介します。

もちろん「全ての塾がこういうワケではありません」。

「こういう場合もある、だから注意して求人を見極めよう」という視点で見て貰えたらと思います。

これから塾講師のアルバイトをしようと考えている人、もしくはもうすでに塾講師のアルバイトをしている人に役立つ内容になっています。

給料が拘束時間に似合わない場合がある(教室による)

基本的に塾講師の給料は授業中にのみ賃金が払われている場合が大半です。

ですので、授業以外の時間(授業と授業の間の休憩時間、授業の予習・復習に費やした時間、授業終了後の報告業務の事務作業の時間など)は賃金は支払われることはほとんどありません。

このため、拘束時間は長いけれど、給料は安いというパターンに陥ってしまいます。

恐らく、ほとんどの塾講師のアルバイトの方がこのパターンに当てはまると思います。

塾講師の給与相場は、こちらの記事を参考に!

シフトに入れてもらえない

授業コマ数がなければ、基本的には賃金が払われません。

塾講師としてアルバイトを始めたばかりは事務作業などが大半で、講師の人数が足りない時だけや急に休みが入ったのでシフトに入ってと頼まれた時だけシフトに入れる塾も存在します。

都合のいい使われ方をするので注意が必要です。

授業をまかせてもらえないのでお金が稼げない

シフトにいれてもらいない場合と似ていますが、集団授業の塾で多いパターンです。

集団授業の塾で授業を任せてもらえないということは、あまり必要とされていないということでもあります。

しかし、塾講師の急な休みが出ると代役の講師が必要になるので、人数合わせのために雇われている可能性があります。

必ず、確認しておきましょう。

シフトの柔軟性がない

売り上げ重視の塾の会社になりますと、シフトは徹底的に管理されます。

決められたシフトは絶対で、休むとペナルティが課される塾などもあります。

シフトの変更は仕事を放棄したとみなされ、次からはシフトを減らされたりする場合もあります。

シフトを基準に塾が回っているパターンです。

授業やその他の事務作業が大変

進学塾に多いパターンですが、授業の準備とその後の事務作業が半端なく多い塾があります。

進学塾ですので、授業の準備はある程度は仕方がないことですが、授業後の事務作業まで責任を課せられてやらされる塾もあります。

社員の仕事を減らすために、塾講師のアルバイトに仕事を振るパターンです。

DTS(デイリー・テレフォン・サービス)が大変

授業終了後に、保護者の方に電話でその日の内容を報告することを義務付けている塾があります。

いつも家にいるいるわけではないので、電話に出なかった時は、次の日に電話をする必要があります。

自分の開いている時間に電話をする必要があるので、毎日時間を拘束されている気分になります。

校門配布などの販促が辛い

ある程度の販促は必要になりますが、あまりに執拗な販促を強いる塾もあります。

「〇人、体験授業の申し込みを取ってこい」などを校門配布時に塾講師のアルバイトに強いる塾もあります。

それでロイヤリティなどが発生すればいいですが、もちろんそんなことはないのが、ブラックアルバイトの特徴です。

でも、塾講師の仕事って良い点もいっぱいあるんです

繰り返し言いますが、塾講師はブラックアルバイトではありません。

ブラックバイトの塾の会社があるだけです。

そんなブラックバイトの塾の会社に入らないことが、あなたにとって大切なことです。

塾の講師は、誰にでもできる仕事ではありません。

なぜなら、ある一定レベル以上の学力が必ず必要になるからです。

勉強ができない人にはできない仕事です。

そんな塾の講師の仕事にはやっててよかったという良い点がたくさんあります。

そんなやっててよかったという良い点をいくつか紹介します。

働きやすい環境である

塾講師のバイトをしている人は、基本的に勉強のできる人が多く、頭の回転が速い人が多いです。

ですので、仕事はスムーズに進めることが可能です。

大卒以上の人が多いので偏差値も高く、人の話をきちんと聞ける人も多く、働きやすい仕事環境があることが多いです。

友達ができやすい

個別指導塾では決まった時間帯で授業をする場合がほとんどです。

ですので、毎回同じ時間帯に顔を合わせることが多いので、自然と顔見知りになり、話をするようになります。

塾の終わる時間帯も同じですので、仲良くなる可能性が高く、友達がたくさんできます。

同じ講師同士で遊びに行ったりする時もあります。

わかりやすく説明するため、コミュニケーション能力が上がる

塾に来る生徒さんの半分以上は勉強ができない人が多いです。

ですので、自分がわかる言葉で説明しても、できない生徒さんには理解できません。

できない生徒さんに理解させるためには、できない生徒さんが理解できる言葉で説明する必要があります。

そのできない生徒さんが理解できる位置まで自分が下りて行って、できない生徒さんができる言葉で説明をして理解させるという過程が、コミュニケーション能力を引き上げてくれます。

受験のプレッシャーがかかるが、乗り越えた後の成功させた達成感と感動がある

受験生を受け持つと、受験のプレッシャーが受験生以上にかかる時があります。

受験生がやる気があればまだいいですが、受験生がまったくやる気がない場合があります。

その受験生を合格させる責任があるというプレッシャーが空回りしてしまい、受験生にきつく当たってしまう時もあります。

しかし、その受験を乗り越え、無事に志望校に合格させたときには、何よりも得難い経験と達成感に自分の心が満たされます。

合格したという結果が、感動を引き起こしてくれます。

人間の総合力が上がる

受験生を受け持ち、見事に合格させるところまで責任を持ってやり切ると、仕事のトータルスキルが上がります。

そして、合格した受験生からは感謝され人間の総合力も上がります。

家族と仲良くなって、ご飯や遊びにいくこともある

長く生徒を受け持っていると、家族と仲良くなり、一緒にご飯を食べに行ったり、遊びにいったりすることもあります。

しかし、あまりに生徒さんと近くなりすぎると、生徒さんがあまり勉強しなくなる可能性も出てくるので注意が必要です。

また、驚くような混乱が生じる可能性があるので要注意です。

元生徒が講師になるケースが多く、最初から気持ちよく働くことができる環境である

塾の働く環境が良いと、塾の卒塾性が講師として働くことがあります。

そんな塾はいい塾である場合が多いです。

卒塾生がそこで働きたいと思ってもらえることはその塾はいい雰囲気であった証拠です。

そんな良い雰囲気の塾で働きたいですよね。

まとめ

今回の内容はいかがでしたか。

あなたは、塾講師の仕事はブラックバイトだと思いましたか?

何度も繰り返し言いますが、塾講師の仕事はブラックバイトではありません。

ブラックバイトの塾の会社があるということです。

大切なことは、あなたがブラックバイトの塾の会社で働かないことです。

そのためには、どうするか。

事前にしっかりと情報を集めることです。

もし、今あなたが塾講師として働いている塾が上記のブラックバイトの内容と一致するのであれば、今すぐ行動を起こしましょう。

これから、塾講師として働こうという人は、上記のブラックバイトの内容をしっかりと頭に叩き込みましょう。

そして、これから応募しようとしている塾の情報を集めて精査しましょう。

その作業をするだけで、あなたの塾講師としての経験はより良いものになるでしょう。

言葉を恐れずに言いますと、塾講師のブラックバイトで働いている方は、自分がこれから働こうとする塾の状情報収集を怠り、塾の言いなりになってしまったという結果が待っていただけのことです。

今のこの時代、インターネットを使えばたいていの情報は手に入ります。

塾講師のバイトぐらいであれば、すぐに情報が手に入ります。

塾の情報を集めない理由はあるでしょうか。

あなたがブラックバイトの塾で働きたくないのであれば、めんどくさがらずに塾の情報を集めるだけです。

情報を集めれば、これからあなたが塾講師として働こうとしている塾がよい塾なのか、ブラックバイトな塾なのかすぐにわかるでしょう。

よい塾で塾講師として働くと、たくさんのスキルを身につけることができます。

年代の違う生徒たち、年下の顧客と関わることで、人との接し方を学び、コミュニケーション能力が上がります。

集団授業で生徒たちに授業を行うことでプレゼン力が上がります。

受験生を受け持つことで、その受験生の人生に関わります。

その受験生の人生が自分の力でいい人生になるのかよくない人生になるかという強い責任感が発生します。

その受験生を見事に合格に導くことで、その受験生の人生だけでなく、自分の人生にも強い影響を与えます。

もちろん良い影響です。

受験というプレッシャーを乗り超えたことで自分に自信もつきます。

そして、映画やドラマではなく自分の人生におけるストーリーで達成感と感動を心に刻み込むことができます。

これから教育関係の仕事に就く方、就きたい方は絶対に塾講師として働くことをお勧めします。

昨今、塾講師の仕事はブラックバイトである、という情報が飛び交っています。

しかし、この記事を読んだあなたはそんな軽い情報に左右されることはないと思います。

これから、塾講師の仕事をしようと考えている賢いあなたは、きっと塾の情報を集めて精査すると思います。

良い塾で働いて、あなたのスキルが圧倒的に上がり、感動に満ちたあなただけの塾講師のストーリーが語られることを楽しみしています。


関連キーワード

塾講師バイト求人

塾講師バイト求人についてもっと深堀りした情報を見る

塾講師バイトの時給はどのくらい?私の周りの相場や時給の決まり方を紹介します

この記事に興味を持ってくださったあなたへ。あなたはきっと塾講師のバイトをどうしようか迷っている方ではないでしょうか。これから塾講師のバイトをしようと考えている方にはきっとお役に立てる情報がたくさんあると思います。是非最後まで読んでみてくださいね。今回は誰もが知りたい塾講師のバイトの時給についての内容の記事になっています。塾講師のバイトの時給、時給の相場、時給の決まり方、昇給するには…などなど、塾講師の仕事をするなら知っておくべきことばかりの内容です。これを知ると知らないでは雲泥の差があります。この記事に興味を持ってくださったあなたは賢い塾講師を目指してくださいね。塾講師のバイトの給料の相場はど

大阪塾講師バイト求人の募集内容や時給の相場は?おすすめの塾会社や向き不向きややりがいなどを解説!

塾講師の仕事に興味がある人、是非やってみたいと思う人に少しでもプラスになる情報を提供したいと思います。今回は大阪の塾講師のバイト求人について難しくなく簡単に説明したいと思います。少しでも学習塾の仕事のイメージが明確になれば幸いです。大阪の塾講師求人の仕事はどんな仕事?塾に来てくれた子供たちに勉強を教えることです。そして、教えたことをできるようにさせることです。集団指導、個別指導、グループ指導などと別れています。塾によって指導方法が変わるのが特徴です。大阪塾講師バイト求人の大まかな仕事内容基本的な仕事は主要5教科(英語・数学・理科・社会・国語)の勉強を教えることです。塾専用のテキストを使用して勉


塾講師バイト求人に関するコラム

塾講師のバイト面接で聞かれる4個のことと受け答えのコツ、服装などの注意点とは!?

塾講師のバイトは時給も高く、大学生からはかなり人気のバイトになっています。では、実際に塾講師のバイトはどんな仕事なのか、詳細をご存知でしょうか?バイトの面接はどんなことを聞かれるのか、また学力テストはあるのか、そして、塾講師のバイトの求人情報で確認しておかなければならないことや、知っておいた方がいいことなどを実際の経験を元に書いてみました。今から塾講師のバイトを始めようかと思っている人は、ぜひ一度読んでみてください。塾講師バイトの仕事内容塾講師バイトの仕事内容は、個別指導と集団指導で変わってくる部分がありますが、内容としては大きく3つに分けられます。1. 教える内容の予習&授業の構成

塾講師バイトのやりがいとは?経験者の私が感じる4個のやりがいを感じる瞬間を紹介します

ある学習塾の調査データによると、学習塾は全国に49,000校あり、これは全国の小中学校の校数よりも多いそうです。また、中学校3年生の通塾割合は6割を超えるということで、半分以上の人が通っているのが塾です。学校は、一斉授業がほとんどで個々へのレベル別対応はなかなかしてもらえないのが現状ですので、塾で学校の授業を補填するという人も少なくありません。「学童保育型」の塾では、学習だけでなく、遊びをプログラムに入れていることや、英会話、サイエンス、読書など特徴を打ち出した塾も増えてきています。また、大学生のアルバイト先として人気がある職種に、塾講師があります。将来、教員を目指す人が塾で「先生」を経験した

塾講師バイト辞め方の3個の注意点。辞める理由の整理、自分にあった塾講師バイトの見つけ方、迷惑がかからない辞めるタイミングなど

大学生に人気のバイトに塾講師のバイトがあります。家庭教師と違い、多くの生徒と触れ合う機会が多いため、子供が好きな方や教職を目指している人にオススメのバイトです。また多くの学生が飲食店でバイトをする中で、飲食店のバイトよりも100〜500円ほど高い時給で雇用されるので、コストパフォーマンスがよく割の良いバイトとして家庭教師のバイトと並び、大学生に大人気です。そんな人気の塾講師のバイトですが、通常の飲食店と違い辞める時に気をつけなければいけない点がいくつかあります。円満退社をするためにも、どのような辞め方がベターなのかご紹介していきます。塾講師の辞め方の3個の注意点円満退社をするためにも、辞める時

塾講師バイトを辞める時の理由とその伝え方は?経験者が当時のやり方、反省、こうすれば良かったを解説

家庭教師や進学塾講師などの「教育関連サービス」のアルバイトは、他職種に比べて高単価(高時給)であり、シフトの融通が利きやすい、といった理由から人気があります。今回はその中でも塾講師のアルバイトに絞って、仕事の特徴を紹介していきます。といっても、今回のテーマはこの仕事を「辞めたい」と思ったときにどのようにすればいいのか、というものです。そのため、今現在すでに塾講師としてアルバイトの仕事をしていて、もう辞めようかなと感じている方にとくに有益な情報を提供していきます。メリットがたくさんありとても魅力的な職場なので、「辞めない」という選択もおすすめですが、まずは以下の内容を確認して、実際に辞める場合に

塾講師バイトの給料はどのくらい?私の周りの相場や給料の決まり方を紹介します

大学生に人気のアルバイトである塾講師。家庭教師のアルバイトと肩を並べる高待遇バイトとしてコスパが良いことで人気のアルバイトです。多くの大学生が飲食店などでバイトをする中で、塾講師のアルバイトをするメリットは、やりがいと、何より給料です。今回は塾講師のアルバイトの給料についてご紹介します。塾講師バイトの給料の相場はどのくらい?塾講師アルバイトの給与事情についてみてみましょう。相場を知っておくことで求人の選別がしやすくなります。給与の相場は?塾講師のアルバイトの時給の相場は大体¥1,200くらいからスタートします。飲食店が¥900くらいが相場なので、比べるとかなり待遇が良いですね。もちろん塾によっ