塾講師の仕事、学生時代にアルバイトで経験したことがあるという方もいるかと思います。

私は塾のアルバイト講師として4年間働きました。

個別指導塾、集団指導塾を大手から地域密着の個人経営まで幅広く経験した私は、正社員、アルバイトで働く塾講師を数多く見てきました。

その中で、塾講師は向いている人と向いていない人の差がはっきりすると感じました。

今日は、塾講師が向いていないと感じる人の特徴を挙げながら、その乗り越え方をまとめます。

「塾講師の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

塾講師の仕事とはどんな仕事?

まず塾講師の仕事といえば、「教科を指導するだけでしょ」と思われる方が多いかと思います。

実は、働く会社や塾の規模によっては、それ以外の仕事を任せられる可能性があります。

塾講師の仕事として、可能性がある6つを説明します。

教科指導

これは塾講師の仕事そのものです。

個別指導であれば、1対1もしくは1対2など少人数に教えます。

集団指導であれば、10名~40名のクラスの前で授業を行います。

科目は、受験科目である英語、国語、数学、社会、理科が基本です。

大学受験に対応したところでは、更に科目が細分化されます。

例えば、社会は日本史や世界史、理科は物理や化学などですね。

また、小論文指導などを行うこともあります。

指導のレベルは難関受験対策レベルから学校の授業の補習レベルまで、塾の性格や集まる生徒層に左右されます。

進路指導

進路指導も塾講師の仕事の役割です。

主に正社員の塾講師が行いますが、アルバイトの塾講師が行うこともあります。

学校よりも受験テクニックや情報が豊富という点で、保護者が期待する塾の大切な役割の一つです。

生徒も学校の先生には話しにくくても、塾の先生には話せるという子もいる為、最近の塾業界は力を入れています。

「この成績ならこの学校レベルですよ」という表面的な指導だけでなく、将来の夢や進路を一緒に考え提案できる力も求められてきています。

進路指導では、生徒との面談に加え、保護者も加えた3者面談が行われることもあります。

生徒のカウンセリング

学習方法や学校での悩み、成績の伸び悩み等について相談を受けることも、生徒を預かる塾講師の仕事の一つです。

授業後に雑談のように話しかけてくる生徒もいますが、この中で相談が始まることもあり、仕事の一環でもあります。

営業活動

実は学習塾では、営業専門職がおかれることは少なく、塾長や塾講師が中心になり新規営業、オプション追加営業を行うところが多いです。

電話や面談を通じ、営業を行うほか、学校の下校時間に合わせて学校の前でチラシ配布を行うこともあります。

模試の採点や監督

月に1回や学期ごとなど、塾によっては模試を行うところがあります。

その採点や監督も塾講師が行うケースがあります。

雑務

電話応対、保護者へのお茶出し、掲示物の整備などの雑務も塾講師が行うところもあります。

最近は不審者対策で、生徒の行き帰りに塾の付近に塾講師が立ったり、駅までの送迎サービスを行う塾も増加しています。

「塾講師の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

塾講師が向いていない人の5個の特徴

いかがでしたか。

意外と多岐にわたる塾講師の仕事に驚いた人もいるかもしれません。

次に、どんな人が塾講師に向いていないのか、という特徴を挙げてみました。

そして、それでも塾講師を続けたい場合はどうすれば良いかを説明します。

実は、学習塾は、経営規模(大手、個人経営)、生徒層(難関受験レベル)、授業形態(個別指導、集団指導)など、一言で塾講師と言っても多種多様で、必要とされる性格、能力は異なります。

自分は塾講師に向いていないと感じても、職場(塾)を変えれば働きやすいという人もいるんです。

ここでは、その向いてないとされる特徴を持つ人が塾講師を続ける場合、検討した方が良い塾についても触れていきます。

生徒に教えるのが苦手

塾講師なので、募集してくる方は高学歴、所謂難関大学を卒業したような「勉強は得意だ」という人が多いです。

「学生時代、勉強は得意だったし、このレベルの科目を教えるだけなら簡単だろう」と思って塾講師になった人に多くある特徴が、「生徒に教えることができない」という点です。

生徒の中には、どこが分からないかも理解できず塾に来ている子もいます。

また、単に説明をするだけで分かった気になってしまい、授業の時は上手くいっているつもりでも成果が点数としてあらわれない、などが塾講師の苦悩ポイントです。

その乗り越え方とは?

まず大切なことは、生徒のレベルまで目線を下げることです。

それにより、自分にとっては当たり前の知識が、生徒にはないことに気がつくでしょう。

例えば社会で成績が伸びない子がいます。

生徒には知識がないのでしょうか、知識はあっても設問を上手に読めていないのでしょうか。

または、記号問題はできても文章で上手に書けない為に記述で点数がとれない子なのかもしれません。

それを見極め、そのポイントに絞って対策をとることが「教える」ということです。

また、図を使う、記憶に残りやすい語呂合わせ、雑学を交えるなども教える技術の一つです。

自分のやり方だけにこだわらず、教えるのが上手と言われる他の先輩、同僚講師の教え方を真似してみるのもいいと思います。

これは、経営規模、生徒層、授業形態に関わらず大切なことだと思います。

最初は戸惑うかもしれませんが、心がけや工夫、経験でカバーできるものだと思います。

時給にしか興味がない

特にアルバイト講師に多い特徴かもしれません。

塾講師のアルバイトは一般的に高時給と言われています。

しかし実際は、授業計画や準備、報告書作成など、雑務による残業が多い仕事でもあります。

授業以外には時給が発生しないケースもあります。

また塾の授業は固定されてるため、他のバイトのように自分の旅行や試験で自由にシフトを動かせないことが多いです。

また受験前やテスト前など、授業後も質問対応に追われることもあります。

例え自分が急いで帰りたくても、すぱっと帰るのが難しい時も多いです。

この為、塾講師は生徒に教えることへの熱意が必要となり、単に時給だけにしか興味がないと働いていて辛くなるかもしれません。

その乗り越え方とは?

そのきっかけは、時給の高さかもしれませんが、時給以外の働くやりがいに目を向けてはどうでしょうか。

例えば、自分が教えたことにより点数が上がったり、生徒が勉強の楽しみに気が付いたりした時のやりがいは強いでしょう。

「先生」と呼ばれる職業は数少ないものです。

人の人生に大きな影響を与える仕事であり、感謝される仕事でもあります。

私は塾講師として、4年働きましたが、その時の生徒は今でも「先生」と慕ってくれます。

仕事を超えた付き合いが持てる職業は少ないし、そこには時給以上に長い目でみると、自分にとってもプラスなことがあるのかもしれませんよ。

それでも、今の給料に不満がある人は、こちらから自分に合った給料高めの塾講師の仕事を出して貰うと良いでしょう。

営業が辛い

これは、生徒に勉強を教えることに熱意を持って入社した人に多い特徴です。

塾講師の仕事には、前述の通り営業的側面があるのも事実です。

例えば、どこの塾でも、新規の生徒獲得は最重要課題です。

学校の前で塾のチラシを配布したり、入塾希望者の前で自塾をPRしたり、時に勧誘電話をかけるなどの営業活動があります。

また、既存の生徒にも夏期講習や冬期講習の講座を増やすよう提案したり、特別合宿の営業をしたりします。

本部から、これらの営業活動にノルマが課せられるケースもあり、大きなストレスを感じる一因です。

自分は先生になりたくて塾講師になったのに、なぜ生徒の為になるか分からない営業活動をしなくてはならないのか、と理想と現実のギャップに苦しむ人が多いです。

その乗り越え方とは?

塾講師なのだから営業はやりたくないとやる前から毛嫌いしている方は、どんな職種でも理想と現実の差は大なり小なりあると思うので、まずは営業活動も積極的に取り組んでみてはどうでしょうか。

また、ノルマに苦しむ方は一度肩の力を抜いてみてください。

というのも、必死になりすぎて余裕がなさそうだなと思うと、自信のなさとして相手に映りマイナスになることが多いのです。

先ほど理想と書きましたが、やはり保護者が塾に求めるものは我が子を大切に見てくれる熱意だと思います。

ですから、まずはノルマを忘れて、成績を上げたい、苦手をなくしてあげたいという想いを相手に強く訴えてみましょう。

また究極なことを言うと、営業ができなくてもそれが許されるくらい講師としてのスキルを上げるという手もあります。

実際私が働いていたところで、人気講師故に営業活動に全く関知していないという先生が一人いましたよ。

以上、乗り越え方を書きましたが、どうしても強いノルマに耐えられないが塾講師は続けたいという方は、営業専門職がいる塾、生徒が殺到する人気塾に働き場所を移すということもできますよ。

コミュニケーション能力が弱い

人気の塾講師は、コミュニケーション能力が高い人が多いのが実情です。

初対面の生徒であっても、生徒のタイプ(大人しい子、活発な子、反抗的な子、向口な子、優等生タイプな子)を見極め、生徒一人一人に合った対応力が求められるのです。

また、授業の前後のちょっとした空き時間の雑談を通じて生徒との距離を縮めていける人は、結果として生徒の学習意欲を高めることができる気がします。

逆にコミュニケーション能力が低い方は、生徒との雑談が苦痛で仕方がないかもしれません。

塾講師もサービス業であり人気商売なので、生徒からの評判に左右されます。

コミュニケーション能力が低い故、塾講師には向いていないと感じる人もいるかもしれません。

その乗り越え方とは?

基本は清潔な格好と明るい笑顔と挨拶を心がけましょう。

そして、雑談の基本パターンを決めてしまうのも良いでしょう。

話すのが苦手という方は、まず生徒の話をよく聞くことから始めましょう。

コミュニケーション能力が低い方におすすめの塾は、難関校レベルのクラス授業などです。

淡々と授業をして質問に答えるだけでも、指導力が高ければ重宝されます。

また、複数の生徒とのコミュニケーションをとるのが苦手な方は、個別指導なら大丈夫かもしれません。

固定された生徒を1人ずつ相手にすれば良いので、じっくりと関係が築け、お互いの性格もよく把握できます。

最後に勘違いしてほしくないのは、おしゃべりな人がコミュニケーション能力が高いというわけではないということです。

生徒の話をよく聞き、生徒が話す雑談の背景には何があるかを考えるだけで、コミュニケーション能力は鍛えられてくるものなのです。

しつこい、イライラする人

これは情熱を持って生徒に指導する人に多い特徴です。

なんとしても成績を上げたい、苦手意識をなくしたい、合格させたいという想いが強く、生徒に対して何度もしつこく「分かった?」と聞いてしまう講師。

何度も間違う生徒に対し、イライラして感情的になってしまう講師。

また自分のやり方(例えばノートのとり方、検算のやり方)が正しいと頑なに信じ、それを生徒にも押し付けてしまう講師。

働いている時にこういうタイプの講師を何人も見てきましたが、その情熱とは裏腹に、生徒から反抗的な態度をとられたり担当変更になったりしてました。

やはり、ガミガミしつこく言われては、生徒も学習意欲がわきませんからね。

その乗り越え方とは?

まずは、生徒を信じることです。

語弊を恐れず言えば、塾講師の仕事は教科そのものを教えるより、生徒のやる気や分かりたいという気持ちを引き出すことに意味があると思います。

そのためには、小テストや宿題を通じて、生徒にできた!という達成感を与えてあげることが肝心です。

生徒のことを思えばしつこく教えたくもなるし、イライラもしてしまうでしょう。

しかし、それは自分の理想の先生像に固執しているからではないでしょうか。

まずは目の前の生徒だけを見て生徒を信じ、生徒のやり方を尊重しましょう。

その姿勢が生徒に伝わり、生徒からの人気や成績アップに繋がると思います。

「塾講師の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

まとめ

いかがでしたか。

塾講師の仕事は、塾により進路指導や営業活動など教科指導以外のことも求められることがあります。

また、様々な性格の生徒を相手にするため、高いコミュニケーション能力が求められます。

向いていないと思うこともあるかもしれませんが、自分の心の持ち方や工夫で改善できることも多いのです。

「塾講師の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →


関連キーワード

塾講師求人

塾講師求人についてもっと深堀りした情報を見る

塾講師の転職を成功させるためにやるべき3個のことと、上手な転職方法を解説します

塾講師になった人の経緯は様々です。教職を目指している学生や時給の高さにひかれた学生が、学業と両立して働くケース。学生時代にアルバイトで塾講師をしていた人が、塾に就職して社員として働くケース。空き時間を活かしたい主婦が塾講師として働くケース。他の職業を経験した人が転職して、塾講師になるケース。各々のケースで求める環境や給料、働き方は違います。また一言に塾といっても、個人が経営する塾と大手塾、補習中心の塾と進学塾、小学生対象の塾と高校生対象の塾などその規模や種類は様々です。加えて、その塾が講師に求める仕事内容も異なります。勿論、どこの塾でも教科を教えるというのはありますが、塾によっては保護者面談、

塾講師バイトの時給はどのくらい?私の周りの相場や時給の決まり方を紹介します

この記事に興味を持ってくださったあなたへ。あなたはきっと塾講師のバイトをどうしようか迷っている方ではないでしょうか。これから塾講師のバイトをしようと考えている方にはきっとお役に立てる情報がたくさんあると思います。是非最後まで読んでみてくださいね。今回は誰もが知りたい塾講師のバイトの時給についての内容の記事になっています。塾講師のバイトの時給、時給の相場、時給の決まり方、昇給するには…などなど、塾講師の仕事をするなら知っておくべきことばかりの内容です。これを知ると知らないでは雲泥の差があります。この記事に興味を持ってくださったあなたは賢い塾講師を目指してくださいね。塾講師のバイトの給料の相場はど

塾講師募集はココを見て!良い求人、悪い求人の見極め方を教えます

将来、学校の先生を目指す皆さんの中には、大学生時代に塾講師のアルバイトや家庭教師をやってみようと思う方は多いのではないでしょうか?実際、私や私の友人もそのように考え、大学生時代に塾講師のアルバイトを経験しました。将来、学校の先生になりたいという考えがあり、塾講師のアルバイトをやろうと思ったのはもちろんなのですが、正直、バイトをするなら時給が良い方がいいなという考えも少しありました。しかし、働くにしたがって、給与以外のこの仕事の魅力を感じ、4年間塾講師のバイトを続けることができました。今回は、その当時のことを振り返りながら、この仕事の魅力とは何か、塾講師の募集で、良い求人や悪い求人の見分け方など

大阪塾講師バイト求人の募集内容や時給の相場は?おすすめの塾会社や向き不向きややりがいなどを解説!

塾講師の仕事に興味がある人、是非やってみたいと思う人に少しでもプラスになる情報を提供したいと思います。今回は大阪の塾講師のバイト求人について難しくなく簡単に説明したいと思います。少しでも学習塾の仕事のイメージが明確になれば幸いです。大阪の塾講師求人の仕事はどんな仕事?塾に来てくれた子供たちに勉強を教えることです。そして、教えたことをできるようにさせることです。集団指導、個別指導、グループ指導などと別れています。塾によって指導方法が変わるのが特徴です。大阪塾講師バイト求人の大まかな仕事内容基本的な仕事は主要5教科(英語・数学・理科・社会・国語)の勉強を教えることです。塾専用のテキストを使用して勉

塾講師の仕事はどんな人に向いている?向いている人の3つの特徴やキャリアについて解説します

人にものを教える塾講師の仕事はやりがいを何より大切にしています。生徒一人一人に寄り添い、成績が上がったときや受験で合格した際は生徒と一緒に喜びます。長く生徒とかかわりを持っていきますので信頼関係も生まれます。授業にかける準備は大変ではありますが、それ以上の喜び、やりがいがある仕事です。塾講師はどんな仕事?学校での普段の授業の予習・復習・補修に加え、中学・高校・大学合格を目指す生徒には受験対策の学習指導を行っていきます。それだけでなく学習面以外でもコミュニケーションをとりながら生徒との会話を増やし、モチベーションを向上させていきます。授業形態は主に個別指導と集団授業かあります。個別指導は先生一人

塾講師正社員求人で働くメリットとは?バイトとの違いや責任、タイプ別の向き不向きを解説します

塾講師というと正社員で勤務している方もいますが、人数で考えれば、多くの学習塾においてアルバイトや派遣講師として働いている方の方が多いです。教員を目指す学生や、既卒で塾講師を専任で勤務する方など、学習塾には様々な講師が勤務しています。そこで今回は、塾講師の正社員の勤務内容、アルバイトや派遣講師の違いなどを中心に解説いたします。塾講師の正社員で働くメリットどの業種でも言えるかもしれませんが、基本的には正社員で働く方が当然安定した収入を得られます。また、それ以外にもメリットはいくつもあります。まずは、正社員で働くメリットについて詳しく解説します。安定した給与まずは何と言っても安定した給与が挙げられる

塾講師年収の相場は?給料を上げるためにやるべき4個のことも紹介します

今回は、塾講師経験のある筆者が、正社員、派遣、アルバイトを含めた様々な雇用形態における給与体系から、塾講師の年収アップなど、入社してからでないと分からなかったことも含め詳しく解説いたします。ズバリ!塾講師の給料の相場はどのくらい?正社員における給料の相場は、会社によって正直まちまちですし、役職によっても大きく異なります。正社員で新卒入社した場合新卒で入社の場合、決して高いとは言えません。キャリアを積んでいくことで、少しずつ給料が上がっていきます。会社にもよりますが、手取りで月収20万円を下回っていたと思います。ただし、長く勤務を続ける中で、役職が上がるにつれ徐々に給料は上がっていきました。校舎

塾講師バイト求人でよくある業務内容と求人の選び方を紹介します

アルバイトを探そうと考えた時、すぐに思いつくのが飲食店やコンビニなどの接客業、次に浮かぶのが塾講師や家庭教師などの教育関係ではないでしょうか。接客業も塾講師などの教育関係もどちらも人を相手にするアルバイトです。特に塾講師は塾生、塾生の親、塾で働く人々と年齢も立場も違う様々な人と係わっています。また、塾という業界の特殊事情があるので、アルバイトを探すにあたってはそのような事情も押さえておきましょう。塾講師のアルバイトをお探しの方へ「塾講師のアルバイトを希望しているけれど、初めてなので不安だ。」だとか「塾講師をしているけれど、今働いている塾は自分にはあわない。」と感じている方もいるかもしれません。


塾講師求人に関するコラム

塾講師の仕事は人気なの?人気な理由から大変なことまでご紹介!

「塾講師の仕事」と聞いて何を思い浮かべますか?アルバイトであれば高時給の仕事であったり、教師を目指している人から人気の仕事であったり、様々なことが思い浮かぶかもしれません。では、実際に塾講師の仕事は人気なのでしょうか?ここでは、塾講師が人気である理由や、大変な理由を順番に解説をしていきます。塾講師の仕事についておさらいしておこう塾講師の仕事について、実際にどんなことをするのかまとめてみました。塾講師の仕事自体は、大きく3つに分けられます。1. 授業の事前準備2. 授業を行う3. 保護者への連絡アルバイトで塾講師をしている場合は、基本的にこの3つのみですが、正社員で働いている場合は、生徒の進路面

塾講師のバイト面接で聞かれる4個のことと受け答えのコツ、服装などの注意点とは!?

塾講師のバイトは時給も高く、大学生からはかなり人気のバイトになっています。では、実際に塾講師のバイトはどんな仕事なのか、詳細をご存知でしょうか?バイトの面接はどんなことを聞かれるのか、また学力テストはあるのか、そして、塾講師のバイトの求人情報で確認しておかなければならないことや、知っておいた方がいいことなどを実際の経験を元に書いてみました。今から塾講師のバイトを始めようかと思っている人は、ぜひ一度読んでみてください。塾講師バイトの仕事内容塾講師バイトの仕事内容は、個別指導と集団指導で変わってくる部分がありますが、内容としては大きく3つに分けられます。1. 教える内容の予習&授業の構成

塾講師は未経験でも出来る!未経験でもスムーズに仕事に就く方法をご紹介します

塾講師の仕事は、勉強を教えることだけではありません。もちろん中心になるのは「授業」であることは確かです。苦労も多い職場ですが、しかし様々なスキルを学び、活かすことで、自分の成長が促される。そんなやりがいある仕事であると感じています。今回は塾講師のお仕事について紹介します。未経験の方もぜひ参考にしてみてくださいね。塾講師の仕事とは?塾講師は「先生」ですので、中心となる業務は「授業」になります。たとえば都心部などの大規模学習塾や予備校であれば、受付や事務の担当職員がおり、先生は授業とその準備のみに集中することも多いかと思います。しかし小規模の塾においては授業以外に実に多くの業務が付随してきます。今

塾講師として働くメリット6選。私が感じた良いところをまとめました

教師を目指しているので腕試しに、教員免許を持っているけれど教師は荷が重い、夜に働きたい等、様々な理由で塾講師という職業が気になっている方がいらっしゃるかと思います。今回は、塾講師の仕事内容や、塾講師として働くことのメリットやデメリット、塾講師のやりがいを感じる瞬間や塾講師に向いている人についてご紹介します。塾講師の仕事とはどんな仕事なの?塾講師の仕事は、夕方から夜にかけて学習塾にて、小学生から高校生の、主には受験のための勉強を教える仕事です。教師とは違い、子どもに社会で生きる力を身に着けさせるのではなく、学業の面のみを伸ばしていくことが業務となります。だいたい学校が終わった18時くらいから塾の

塾講師辞めたい…と言う人の3つのよくある理由とそれの対策とは?

塾講師思ったより大変なこと多くない?もう辞めたい。そんなことが頭をよぎっている皆様に、よくある理由とその対策を、元塾講師の筆者がお伝えしたいと思います。塾講師の仕事を辞めたい…3個のよくある理由とそれの対策とは?もちろん、何かしらの希望があって選んだ塾講師のお仕事。その希望が、「思っていたのと違う?」となった時に辞めたいと思うようになりますよね。筆者は学生時代にアルバイトとして塾講師の仕事に就いていました。小学生から高校生を相手に、英語をメインとした文系科目の担当で、個別教室のため最大でも同時に2人に授業をするというスタイルでした。そして、いくつかの理由が重なり退職を決意。その退職理由はきっと