学童クラブや学童保育所などと呼ばれている、共働き家庭などで日中に保護者が留守となる小学生が放課後を安全に過ごすための施設。

そこで働くための学童求人についてお答えします。

「学童の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

学童のおおまかな仕事内容

おおまかな仕事内容

通常は、放課後やってくる入所児童を「おかえり」と迎え入れ、手洗いやうがい、宿題をするよう声をかけたり、おやつの準備を一緒にしたりします。

入所児童がほぼ全員揃ったら、みんなで一緒におやつを食べます。

おやつ後は、宿題の続きをする子もいれば、外に遊びに行く子もいたり、室内で遊ぶ子もいます。

そうした子どもたちを指導員で手分けして見守ります。

仕事を終えて迎えに来る保護者にその日の子どもの様子などをお伝えし、入所児童が全員帰宅したら、掃除等をし勤務を終えます。

夏休みなどの小学校が長期休暇の期間は、朝から子どもたちを迎え入れます。

毎日施設にいるのは飽きてしまうので、電車等でのおでかけをしたりもします。

学童保育の仕事内容は、こちらの記事も参考に!

学童でどういう役割を求められる?

何よりも求められているのが、子どもたちの安全です。

怪我や事故はもちろん、不審者等から子どもたちを守り、楽しい放課後を過ごせるように保護者に代わって子供たちの世話をすることが一番大きな役割です。

学童求人にはどんな種類があるの?

学童の求人にはフルタイムで働く正社員、常勤職員から、週に数日や子供たちがやってくる午後から夜にかけての時間に働くアルバイト・パート、非常勤職員などがあり、幅広く働き方を選ぶことができます。

学童求人の募集でよくある施設

児童館

児童館は地域の子供たちが誰でも自由に遊びに行けて、自由に過ごすことができる場です。

その児童館の中に、学童保育所が併設されていることもあります。

学童保育所は入所する手続きをした児童のみが通います。

また放課後を自宅で過ごす子供たちと同様に、指導員の元で宿題をしたりみんなでおやつを食べたりする時間も設けられています。

児童館指導員の求人を探すときは、こちらの記事を参考に!

小学校内

多くの学童保育所は小学校の空き教室や小学校敷地内の建物にあります。

小学校内にあることで、通所時の安全や校庭や遊具等が充実しているなどのメリットがあります。

また、小学校の先生と、言動が気になる児童のことや学校行事等の連絡が取りやすいという面も指導員としての業務を進めていくうえで役立ちます。

民間企業が運営する施設

以前は自治体や家族会などが運営する施設が多かったですが、近年では待機児童の増加により、民間企業の参入も増えています。

例えば学習塾が運営する学童保育所では塾での学習ができたり、鉄道会社が運営する学童保育所は駅近にあり通勤帰りのお迎えに便利であったり、というように、運営母体の特色を活かしたプラスアルファのサービスを売りにしています。

障害を持つ児童を対象とした施設

特別な配慮が必要な障害を持つ児童を対象とした、放課後デイサービスというものもあります。

学童求人の募集でよくある職種

学童保育指導員

放課後になり学童保育所へやってくる児童を「おかえり」と迎え入れ、保護者が迎えに来るまでの時間を子供たちが安全に過ごせるように見守ります。

宿題を見てあげたり、おやつの時間にみんなでおやつを食べたり、子供たちと一緒に遊んだりしながら、その日の一人一人の健康状態や様子をチェックし、お迎えに来た保護者に伝えたりもします。

施設長

施設の責任者で、資格や経験年数を求められることが多いです。

施設長候補として採用され、数年間その施設で経験を積み施設長となるというケースも多くあります。

どういう事業形態や職種が良いか決まっていますか?

自治体や学校法人、株式会社や社会福祉法人、NPO法人など様々な運営母体から求人が出されています。

子供に接する仕事ということは共通ですが、保育内容や方針等にはそれぞれに特色があるので、自身のライフスタイルに合わせた働き方や、やりたいことに近い事業所を選ぶことができます。

「学童の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

学童求人でよくある募集内容とは?

非常勤や契約社員やアルバイトとしての求人が多いです。

ただ、少子化とはいえ、今後も共働き家庭や放課後に保護者が不在となる家庭は増加すると考えられることから、学童保育所の求人は今後も増えることと思われます。

給与相場

残念ながら給与は高いとは言えないのが現状です。

保育士不足から保育士に対する賃上げの動きがあるので、それに伴い今後は良くなっていく可能性もあります。

勤務時間や休日、残業

放課後の児童のための施設なので、始業時間が午後からで就業時間が夜20時ごろなど遅めの時間帯での勤務となることが多いです。

また、夏休みや冬休みなど小学校が長期休暇の間は朝から夜までの時間を交代制でシフト勤務としていることが多いです。

事業所によっては、土日も開室しているので、そういったところの求人では、土日休みではなくシフト勤務となります。

保護者の仕事の都合等でお迎えが遅れる場合などは残業となることもあります。

福利厚生

さまざまな運営母体があるので、運営母体によって大きく異なります。

勤務場所

学童保育所の中での勤務がほとんどですが、子供の外遊びに付き添い学校の校庭や近所の公園へ出かけたりします。

また、小学校の長期休暇中などは遠足として近隣の子供の喜ぶ遊び場へ電車やバスで連れて行ったりすることもあります。

求められる人物像

自分の子供をどんな人に預けたいかイメージすると具体的な人物像が見えてくるかと思います。

子供と関わる事が好きな人

業務時間のほとんどの時間を子供と一緒に過ごします。

「子供と関わることが好き」というのは必須です。

遊ぶ前に宿題をやらせたり、喧嘩の仲裁をしたりと、厳しい保護者の顔と、おやつを一緒に食べたり本を読み聞かせたり、甘えさせたりという優しい保護者の顔の両方が求められます。

また時には子供と同じ目線になり一緒になって真剣に遊ぶことで、子供たちとの信頼関係が深まります。

根気・忍耐力がある人

一人の自分の子供であっても子育ては大変なもの。

放課後の数時間とはいえ、何十人もの子供たちの世話をするということは、肉体的にも精神的にも重労働になります。

なかにはなかなか言うことを聞いてくれない子もいます。

大変な仕事ではありますが、一人一人の子供たちと根気強く向き合い、その成長をサポートすることは大きなやりがいにもつながります。

周りに注意を配ることが出来る人

小学生はとにかくたくさん動きます。

こちらの目の届かない場所へ探検に行ってしまったり、ちょっと危険なことをしてみたりもできる年齢です。

多くの子供を預かる学童では、常に子供たちがどこで何をしているか、指導員同士がチームワーク良く把握しておかないと、大きな事故につながります。

一人の子供と向き合うことに夢中になるのではなく、常に広い視野で周囲に注意を配ることが求められます。

保護者の気持ちに共感できる人

一日の仕事を終えて子供を迎えに来る保護者に「お疲れ様です」と暖かな言葉かけをし、家庭と仕事を両立している保護者を労う気持ちを持つことも大切です。

子供が放課後をどんな風に過ごしていたのかを伝えたり、保護者の仕事の愚痴を聞いたり、そういうちょっとした会話で保護者の心身の疲れが少しでも癒えると、保護者が子供に向ける顔もとても優しいものになります。

いくら子供が好きで子供との関係作りが得意でも、保護者対応ができない人は続けることが難しいかもしれません。

必要なスキルや資格、経験

求められる資格は保育士や教員資格が多いです。

保育所や幼稚園、小学校での勤務経験が優遇される求人等もありますが、実務経験のない有資格者の求人も多くあります。

自分にあった学童の求人の選び方や注意点

子どもと一緒に駆け回って遊ぶ指導員が求められていたり、保護者対応をしっかりとできる指導員が求められていたり、施設によって指導員に求めることも異なります。

また、運営母体によって雇用形態や待遇等にも幅があります。

自分がどういった働き方をしたいのかや、どのように児童や保護者に関わっていきたいのかをしっかりと把握しておく必要があります。

【選び方①】雇用形態から探す

非常勤職員や契約社員という雇用形態が多いです。

施設長候補として正社員の求人もありますが、資格や経験が求められることがほとんどです。

その他、アルバイトやパートで短時間や週に数日のみ、小学校の長期休暇中のみなどの求人もあります。

【選び方②】職種から探す

学童保育指導員としての求人がほとんどです。

保育所や児童館と併設している場合は、保育士や児童館職員と兼務という求人もまれにあります。

【選び方③】会社の業態から考える

運営母体は市町村等の自治体が多いようです。

学校法人やNPO法人が運営している施設もあります。

最近では民間企業の参入が増えており、それぞれの企業の特色を活かした施設が作られています。

【選び方④】給与や雇用条件から考える

経験を積むことでより広い視野をもって児童と接することができるようになったり、保護者からの信頼を得ることができたり、やりがいも出てきます。

昇給制度がないとモチベーションの維持が難しくなってくるかもしれません。

【選び方⑤】エリアから考える

近所の施設だと児童の中に友人や知人の子どもがいることもあります。

公私をしっかりと分けることができれば問題ないでしょうが、子どものいろいろな面が見える仕事でもあるので、自宅や地元とは少し離れた地域の方が働きやすいのではないかと思います。

注意点

春休み、夏休み、冬休みは小学校が長期休暇となるため、学童の指導員も通常と異なる勤務シフトとなることが多いです。

そういったことも応募時に確認しておくと良いでしょう。

「学童の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

学童求人についてよくある疑問

オフィスやショップ等の求人に比べ、学童の求人というのはあまり目にすることがないかもしれません。

よくあるいくつかの疑問にお答えします。

応募方法は?

市町村が運営する学童の求人は、市町村の広報誌やホームページ上で公開されることが多いです。

市町村の窓口に専用の応募書類が用意されていて、まずはそれを取りに行かなくてはならないという場合もあります。

面接でよく聞かれることは?面接合格の秘訣!

子どもとの関わり方に関する考え等、保育に関する想いはよく聞かれます。

とにかく笑顔が大切です。

大きな声でハキハキとした受け答えが合格の秘訣です。

未経験でも応募できる?

未経験者可の求人が多いです。

職場の雰囲気は?

基本的に女性の職場ではありますが、子供好きの人が多く、明るく働きやすい雰囲気があるかと思います。

正社員、派遣社員、アルバイトの募集があるの?

一番多いのは非常勤職員や契約社員としての求人です。

アルバイトやパートも多く、正社員の求人は少ないです。

雇用形態によって給与体系はどう違う?

どの雇用形態であっても、保育士と同様に現状十分な給与や昇給制度があるとは言い難い求人が多いと感じます。

ただ、保育士不足解消のための待遇改善の動きなどもありますので、今後改善することも期待されます。

残業って多いの?

保護者がお迎えにきて子どもを帰宅させる施設の場合は、保護者が残業で帰りが遅くなると、その分残業となってしまいます。

ただ、基本的には、遅くなる場合には保護者も祖父母や友人など代わりのお迎えの人を頼んでくれたりするので、そう頻繁には発生しないと思います。

シフトの自由度ってどうなの?

限られた職員でまわしているので、自由度は低いと思います。

資格って必要なの?

保育士や教員の資格をもとめられることが多いです。

まとめ

毎日小学校から元気に学童へやってくる子どもたちと一緒に成長を感じることができる楽しい仕事です。

ただ、どの仕事もそうですが、楽しいだけではなく、子どもたちの安全を守るという大きな責任があり、保護者などとのやり取りでは難しさを感じることも多くあります。

学童を必要とする家庭は今後も増加することが考えられます。

また、保育士不足解消のために、国も様々な施策を打ち出しています。

そうしたことから、今後より良い条件での求人も増えてくる職種であると思います。

様々な運営母体が存在し、雇用条件もピンからキリまであります。

ご自身が何を優先したいか、給与等の待遇面なのか、休日や福利厚生なのか、それとも保育方針なのか、まずはそれをじっくりと考えることで、より自分に合った求人を見つけることができるかと思います。