国際色豊かな職場で自分の英語力を磨きたいと思って入社したものの、全く希望しない経理部門の仕事を主に任され辟易、そんな希望通りにいかない人がいます。

その反面、希望をかなえ教室の運営を任されバリバリと教室の運営を取り仕切っているなんて言う人もいます。

この差って一体何なのでしょうか。

希望通りの人事配置にならないことは会社員としては当然のことです。

希望通りにならないから会社を辞める、それはもったいない事です。

今回は英会話教室を辞めたいと思ういくつかの理由について、英会話教室の事情を踏まえ考えてみたいと思います。

英会話教室の仕事を辞めたい…よくある3個の理由と対策

退職の理由①【希望ではない人事配置】

これが原因で退職する人も中にはいますが、非常にもったいない事です。

どんな企業に勤めていても、人事管理部門から営業部門への配置転換といった異動はどこかのタイミングで必ずやってきます。

当然ながら、英会話教室も英語事業を展開する企業ですから同じことが言えます。

国際色豊かな教室での勤務を希望してもかなわないこともあるので注意してくださいね。

この理由の対策

この対策に関してはこれという答えは存在しません。

人事の配置転換も当然ながらその社員の持つ能力や性格、適性などをよみとり適時適所な場所へ配置転換をかけています。

その勤務命令に従うのは社員として当然のことです。

しかしながら、希望は希望として上司を通じて報告することは必要でしょう。

それと同時に、その配置先で一生懸命に業務を行うことを忘れてはいけません。

その努力や成果をみて希望を叶えてくれるという場合もあると思います。

「おかれた場所で咲く花になる」ということがどこで働いていても、また、何をしていても必要な考えかもしれません。

退職の理由②【人間関係】

どんな企業でもこの人間関係が原因で良好な勤務環境が維持されず退職するというケースは後をたちません。

中には、亀裂にならないよう、弱い立場の社員が我慢し続け体調を崩すというケースも少なからずありますよね。

もちろん、こういったケースは英会話教室にも当てはまります。

特に、少人数で教室を運営している場合、そんな人間関係の悪化は教室の運営に直接影響を与えかねない一大事です。

その原因についてケースごとに具体的に見てみましょう。

日本人社員同士

日本人社員同士の人間関係の亀裂から勤務しにくくなり退職というケースが少なからずあります。

小規模の教室であれば、運営を行う社員が2人から3人ほど勤務しています。

その人数で数百人の受講生のスケジュールを管理しています。

少ない人数で結構な業務量をこなしています。

そこにはチーム意識が生まれ、良好なコミュニケーションがはかれれば、より良い教室運営が行えます。

しかし、能力差が大きい場合やモチベーションや意識の隔たりがそのチーム内に生じれば、少人数ですから一気に亀裂、崩壊につながるわけです。

日本人社員 対 外国人講師

運営スタッフと外国人講師の不協和音もよく聞かれるケースです。

そもそもの文化が違いますから仕方がない事ですが、お互いつまらないことでギクシャクしたりしています。

そのギクシャクを解消するための高いレベルでの会話が可能であればいいのですが、運営スタッフにそこまで高い語学力を持つ社員は少ないのです。

カタコトであればカタコトの修復しかできないことがほとんどです。

そこで大事なのが日本人英会話講師なのです。

そのギクシャクを取り払うにはお互いの文化を理解している日本人が高い語学力を駆使して仲介するのです。

英会話講師 対 本社教務社員

画一的で均一なレベルのレッスンを顧客に提供するのが、複数スクールを開講している会社の大切な使命です。

しかし、その画一的で均一なレッスンを行うための授業スタイルやカリキュラムが、必ずしも受講生の効果的な英語力の向上にはつながらないケースもあります。

それを改善しようと提案してもなかなか受け入れてもらえない場合があります。

その方針についていけなくて、独立したり職場を変える英会話講師もいます。

この理由の対策

これは、どの社会においても必ず存在する問題です。

ポイントは少ない人数で多くの業務を行っているということです。

明らかに自分の能力が足りていない場合は、その能力を高める必要がありますし、その努力を見せずに、ほかの人に頼るというのはよくありませんし、更なる関係悪化を引き起こします。

しかし、その努力をした上でも及ばないというケースもあります。

その場合に注意しなければいけないのは抱え込まないということ。

どうにもならない、解決しようがない状態で勤務をし続ければ必ず体調を崩してしまいます。

精神的にも追いやられ精神疾患を患えば回復するのに相当な時間と労力がかかってしまいます。

そうならないためにも、限界を感じる前に雇用形態の見直しや配置転換の希望を、上司を通じて会社に切り出しましょう。

退職の理由③【契約・給与金額】

外資や経営者が欧米人の場合、日本ではまだあまり馴染みのない年俸制の給与体系をとる会社もあります。

当然ながら業務については契約書や就業規則に盛り込まれていますが、そこには見えてこない、実際に業務を行わなければ見えない横断型の業務を行わなければならないこともあります。

その業務量と給与の水準が一致せず早々に退職してしまうというケースは多くあります。

この理由の対策

これについてはまず、契約を結ぶ前に業務内容について綿密に確認を行う必要があります。

どんな業務を行うのか、それはどこからどこまでが責任を持ち担当する業務なのか、事細かに確認し承諾する必要があります。

その承諾の上に勤務をしてもなお納得できない場合や、事実との相違があった場合には、限界まで我慢せず、雇用形態の見直しや配置転換の希望を、上司を通じて会社に切り出しましょう。

周りの仕事仲間や私が英会話教室の仕事を辞めたいと思ったエピソード

エピソード1【講師の退職①】

本社講師の教務担当との意見が食い違い対立

入社5年ほどの受講生から大変に評判の良い女性の英会話講師でした。

以前からその英会話スクールの指導体制の改善についてスクール内あるいは本社の教務担当者と意見を交換していました。

しかし、全く改善の気配が感じられず、とうとう定例の研修会で教務担当の部長と大激突。

大激論の末、即日退職してしまいました。

そのスクールでは、多くの受講生がその先生を慕い通っていただけに、生徒数が減り大きな痛手となったようです。

本社としては、会社の考えに同調できないのであればやめていただいて結構です、というのが当然の考えです。

しかし、以前から具体的な業務の改善を提案していたにもかかわらず、一向に取り合わない会社の組織体制にも大きな欠点があったと言わざるをえません。

さらには、若く有望な講師が退職してしまったわけですから、教室のダメージのみならず、会社全体の痛手であったのは間違いない事実なのです。

その講師は現在、英会話講師としてではなく、資格試験に特化した講義を主に行う派遣会社に勤務しています。

エピソード2【講師の退職②】

外国人講師の突然すぎる退職

入社2年ほどの日系アメリカ人の英会話講師でした。

以前からその教室に勤務する日本人英会話講師とうまが合わず、小さな言い争いをしていました。

ある日、その小競り合いが発展し裏の控室で、大声で口論しあう二人を目撃。

落ち着かせるために間に入ると、その日系アメリカ人の英会話講師が教室を飛び出してしまいました。

その翌日には退職の申し出があり、そのまま退職に。

外国人の講師については補欠の助っ人として派遣してくるスピードが当時は速かったことから、負担が増したのは、その後の2週間程度でしたが、やはり急な退職は同僚への負担が増すことから避けるべきことです。

エピソード3【運営スタッフの退職】

マネージャーと性格が合わず精神的な負担が増大

小さい教室では2人から3人の運営スタッフで営業をしています。

その中で、違う教室から異動してきた20代後半の女性スタッフがいました。

性格は明るく、経験者ということもあり講師はもちろん、受講生からも慕われていましたが、どうしてもマネージャーの強引な運営方針に合わずストレスを抱えていました。

その女性スタッフの体に異常がではじめたのが着任してから半年後でした。

体に帯状疱疹がでたというのです。

そこからは当日になってからの欠勤、病休の連続。

体調に異常をきたしてから、精神状態の悪化はまるで崩れ落ちるように速い展開でした。

結局、その女性スタッフは退職し、現在は体調も回復したようで、貿易関連の小さな事務所で事務員として勤務しています。

英会話教室を辞めてしまった人は、どんな仕事に転職している?

英会話講師の転職先としては、当然、技術職ですから、異なるスクールへの転職などが多く、場合によっては独立し自身のスクールを開講したり、英語教育に関係する企業へ就職したりするケースが多いです。

受付や運営スタッフの場合は、少ない人数で人事管理、庶務、経理と様々な業務をこなしていたことから、どんな事務職も問題なく務めることができます。

中でも、次のような事務職が多いです。

貿易関連業の事務スタッフ

輸出入を行う貿易会社では、書類のやり取りや電話での問い合わせ対応など、英語を使う機会が多いのが特徴です。

そういった会社でも、英会話教室を運営していたスタッフにとっては共通する事務が多く即戦力として期待されるはずです。

例えば、スケジュール管理。

いつ、どこの港に入港して、コンテナでの出荷日の調整管理。

こういった調整も、何百人もの受講生の受講スケジュールを組み立てていた事務と共通するところです。

外資企業の事務スタッフ

外資企業の事務スタッフも職務上で英語を使用する機会が多いと言えます。

給与や待遇も良いのが特徴で転職先としてはお勧めです。

英語教育関連企業の事務スタッフ

もともと、受講者の大きな成長のサポートと自らの語学力の向上を目指し入社し、そこで折り合いがつかず退職しています。

ですから、少しでもその意欲の継続をしたいと、英語教育関連企業の事務スタッフへの転職者もいます。

海外旅行ガイドスタッフ

海外へ渡航し語学力をブラッシュアップし、渡航先で現地のガイドスタッフをしたりするケースもあります。

帰国後には、その習得した語学力をいかし英会話講師を志す、なんて言う人もいます。

辞めるときの注意点、その後スムーズに就職、転職する方法とは?

やめるときの申し出

退職を決めた時点でなるべく早くが鉄則。

先述のように、小さい教室であれば当然、そこに勤務する運営スタッフの数も少なくなります。

2人から3人で営業していたスクールで突然1人がいなくなったらどうでしょうか。

これまで一緒に勤務していた同僚に、ただただ負担が重くのしかかってしまいます。

そうならないためにも、当然ながら、退職を決意した時点で、なるべく早く退職の意向をマネージャーに伝えるべきです。

英会話講師についても同様です。

その講師を慕う受講生が多くいればいるほど、その振替処理などに運営スタッフが四苦八苦してしまいます。

そうならないためにも、数か月の余裕を持ち辞表を提出するべきです。

スムーズな再就職と転職

英会話講師にしても運営のスタッフにしても語学力をアピールすれば最就職先に困るケースは少ないと言えます。

ですから、前もって退職の申し出を早めにして、現在の勤務先の勤務条件としっかりと見比べたうえで再就職先を選ぶことをお勧めします。

まとめ

より良い求人選んでいるのに退職の話と思うかもしれませんが、しっかりとしたその退職の原因をつかんでいれば、自分がいざその立場に置かれた際に、その窮地を抜け出す突破口を見つけ出すことができるかもしれません。

もし、その突破口が見つからない場合でも、印象が悪くならない円滑な退職にはつながるはずです。

英会話スクールの講師も運営のスタッフも、明るく国際色豊かな場所で働ける素敵な仕事と認識している方が多いかもしれません。

しかし、実際は先述のような煮え切らない出来事も多く、さらには日常の業務についても垣根のない横断型の業務が多いのも事実です。

それでも、やりがいは強く、高いモチベーションを維持できる仕事でもあります。

そういった、メリットとデメリットをしっかりと踏まえ求人情報をチェックしてみてください。

きっとあなたにピッタリなお仕事が見つかるはずです。


関連キーワード

英会話教室求人