2020年の東京オリンピックも間近に迫り、インバウンドの旅行客も増え続けている日本。

英語の必要性をひしひしと感じ英会話教室に通い始めた、と言う方もいらっしゃるのではないでしょうか。

英会話教室、行くまでは勉強ということも有り少し固いイメージを持っているかもしれませんが、いざ行ってみると楽しく英語を学ぶことができ、もっと早くに通い始めれば良かった!と感じる習い事のひとつです。

このグローバルな時代、お子さんに英会話を習わせたいと考えている方も多いことでしょう。

英会話教室がとても一般的になった近年、英会話教室の求人も増え続けていることにお気づきでしょうか?

英語の指導をする先生のみならず、営業、受付などその仕事も多岐に渡ります。

今回はグローバルな人材を育てる英会話教室での仕事をご紹介していきましょう。

英会話教室の仕事にはどんなものがあるの?

まず英会話教室に私達が通い始めた時、一番接することが多いのが「受付業務」を行う方と「講師」の先生方でしょう。

講師の先生は授業を行うと言うシンプルで分かりやすい仕事内容です。

受け持つクラスや生徒さんに合わせて授業を考えたり、教材の準備などを行います。

生徒さんの今のレベルを判断するためにテストの作成などを行うこともあるでしょう。

受付の業務内容は多数の生徒さんや講師のスケジュールを組み立てることがメインになります。

社会人になると教室に通う回数は人によって違うので、授業の予約を受け付けたり講師との生徒さんの相性を考えながらスケジュールを組み立てたりします。

また、講師と共に一人ひとりのレベルに合わせた教材の準備や授業の方針などを決める一方、生徒さんの「ここまで話せるようになりたい」と言う希望に向かってスケジュールを組み生徒さん・講師の双方に提示したりもします。

英会話教室に通うことを決める前に接することになるのが営業担当者でしょう。

その名の通り、教室に通ってもらうために無料体験に来た方はもちろん、企業によっては飛び込みで教材を進めたり無料体験に来ていただくきっかけを作る業務になります。

場合によっては受付担当が営業も担っている場合もありますが、大手の英会話教室になれば営業担当が別で業務に当たっていることが多いです。

英会話教室の大まかな仕事内容

続いて英会話教室の大まかな仕事内容を見ていきましょう。

朝、教室がオープンする前から順に一日を追ってみましょう。

予約の確認

まず一日の始まりはその日の予約の確認から行います。

何時にどの講師の授業でどの生徒が来るのか、どんな教材が必要でどんな授業を行うのかを確認し、準備の最終チェックを行います。

例えば講師が急な体調不良や止む終えない理由で仕事を休んだ日などがあれば、生徒さんへの連絡は受付担当が行います。

本日の授業がなくなった代わりに次の予約を入れたり、代わりの講師の案内をしたりもします。

教室の清掃

学校とは違い、教室の清掃も社員で行います。

清潔感のある受付エリアや教室はそれだけで活気のある英会話教室だなと安心感を与えます。

特に小さな子供の教室などを行っているところでは、机ではなく床にラグなどを敷いて授業を行っていたりもしますので、日々の清掃はとても大切なものになります。

教材の確認

次に行うのがその日使う教材の確認です。

人数分のプリントをコピーしたり、写真など授業に使う道具を用意します。

道具は自社のオリジナルのものを使う場合もありますし、講師や受付が手作りしたものを使う場合もあります。

またこの時に一緒に行うのが、次のレベルへ進んだ人へおすすめするための教材の準備です。

英会話教室は一ヶ月ごとに月謝を払うところが多く、生徒さんに来月も通ってもらえるよう先を見据えた教材の紹介なども行います。

英会話教室は数が多いので、自分の働く教室に生徒さんを繋ぎ止めておくためにも受付や講師から様々な提案をし続けることがとても大切です。

教材の発注

教材の発注業務も行います。

自社の教材の販売もかねているところが多いので、発注業務も頻繁に行います。

どのレベルの方にはどの教材が良いのか、次のステップに進むためにはどの教材を使うべきなのかなど生徒さんの成長に合わせて教材を選ぶため、自分自身も教材の中身や英語教育に精通しておかなければなりません。

金銭の管理

多くの教室で振込か現金払いか、クレジットカード払いかを選ぶことができるので販売職と同じように金銭の管理も行います。

いくつも支店がある英会話教室などでは、受付自身が売上の入金を行う場合もあるでしょう。

それぞれに決められたフォーマットや方法があり、パソコンでの業務も少なくありません。

授業

講師のみならず、受付にとっても一番大切な仕事が授業です。

授業に満足してもらえなければ、生徒さんは増えませんし長く続けてもらえません。

クオリティの高い授業を行うことはもちろん、生徒さん自身が「成長している」と感じられるアフターケアなども必要になります。

受付は授業を終えた生徒さんと会話をし、今日の授業はどうだったかや、通い始めてからの手応えを聞くなどモチベーションの維持に努める必要もあります。

営業・宣伝活動

営業活動・宣伝活動も行います。

皆さんも主要な駅前や比較的大きな駅前などで英会話教室のチラシをもらったことがあるのではないでしょうか。

教室がそこにあるということを知ってもらい、興味を持ってもらうためには地道な営業活動が不可欠です。

該当でのビラ配りに始まり、ブログやSNSなどを使った宣伝なども行います。

場合によっては少し遠くのマンションなどへポスティングに出かけることもあるでしょう。

営業職の方は飛び込みで教室の紹介を行うこともあります。

主に子供向けの英会話教室などに多いのですが、ご自宅へ足を運び話を聞いてくれそうな家庭を見つけ出す努力が必要です。

その後は無料の教室へ足を運んでいただけるよう、教室の雰囲気や通っている子供の成長などを織り交ぜながら親御さんへの営業を行います。

講師・生徒双方のスケジュール管理

講師、または生徒両方のスケジュール管理も行います。

大人数で行うクラスの場合は授業の曜日や時間が決まっているので生徒さんが合わせてくれますが、個人レッスンであればそうは行きません。

中には生徒さんが決められた営業時間の中で自分の都合の良いように時間を決めることのできる方式のところもあるので、双方のスケジュール管理は必須です。

業務連絡等

本社や他教室への業務連絡も行います。

今後の予定はもちろん、自社の教材の評判や反応、上手く行った授業、上手くはいかなかった授業などなんでも情報を共有し会社として次に繋げて行きます。

その日の売上や今日入会があった生徒さんの情報なども本社で一括管理しているところもあります。

受付は英会話教室に関する何でも屋と言ったところでしょう。

明日の予約の確認

一日の授業が終わると、明日の予約の確認を行います。

一日前に目を通しておくことで予約漏れやダブルブッキングを防ぎ生徒さんに気持ちよく授業に来ていただけるように努めます。

明日の授業の準備

最後には明日の授業の準備をします。

これは大人の教室でも子供の教室でも行うとても大切な業務です。

どんな授業を行うのか、何について説明をするのか、子供の教室ではどんなゲームを行うのかなどを生徒さんの情報を得ている受付も交えて意見の交換をします。

明日の準備が整えば、一日の業務は終了です。

英会話教室の仕事はどんな人に向いている?

続いて英会話教室で働くにはどんな人が向いているのかについてお話をして行きましょう。

英会話が好きな人

まず、一番大切なことは「英会話が好き」だと言うことです。

必ずしも英語の能力が必要と言うわけではありませんが、やはり英会話が苦手な人よりも少しでも話せる人、英語に興味がある人の方が向いています。

中にはネイティブ講師とのやり取りは全て英語で行わなければいけないと言うところもあります。

受付と言えども英語教育に携わる者として、生徒さんからアドバイスを求められることもあるでしょう。

そんな時に自分の勉強法や経験を元に話ができる人材が求められています。

英会話教室の受付業務や日本人講師には留学経験者が多数います。

英語を使って仕事がしたいと言う志を持って働いている人が多いですよ。

人当たりの良い人

受付も講師もコミュニケーション能力の高い人材が求められています。

多数の生徒さんと会話をする機会がありますし、コミュニケーションが仕事の一環でもあります。

何と言っても英語の「会話」教室ですから話をしないわけにはいきません。

受け付けでも生徒さんから質問を受けることもとても多いので、きちんと受け答えができて会話のキャッチボールが上手な方、特に子供の親御さんと話す場合はここに通わせて期待できると思ってもらえるような会話が必要になります。

イベントが好きな人

英会話教室は日本の習い事よりもイベントごとに敏感です。

ハロウィンやクリスマスなどカトリックの国のイベントは盛大に祝いますし、生徒さんを集めてパーティをするところも多いでしょう。

イベントが好きな人は楽しんで仕事をすることができるでしょう。

パソコン業務に抵抗のない人

今は多くの教室がパソコンで生徒さんの情報や予約の管理を行っています。

教室によってシステムは違いますが、予約を入力したり予約を確認したりするのにパソコンは欠かせないツールとなっています。

中にはエクセルなどのソフトを使って表を作成したり、ワードなどで広告を作ったりと言う業務も出てくるでしょう。

パソコンが全く使えない方よりも、抵抗がない方のほうが無理なく業務を覚えられると言えるでしょう。

逆に英会話教室の仕事に向いていない人の特徴は?

逆に英会話教室の仕事に向いていない人の特徴を見ていきましょう。

人と接するのが苦手な人

人と話をしたり、連携を取ったりするのが苦手な方は残念ながら英会話教室の仕事には向いていません。

授業を行う、受け付けや生徒さんのサポートを行う、営業をする、すべての仕事がカスタマーに向かった内容になります。

社員同士のコミュニケーションも重視される仕事ですので、人との関わりをなくすことはできません。

英会話が苦手な人

家から近いから・・・時給が良いから・・・と言った理由で英会話が苦手なのにも関わらず、英会話教室での仕事を考えている方もいらっしゃるかもしれません。

が、残念ながら全く話せないと言う方はなかなか難しい仕事でもあります。

必ずしも英会話能力が必要な訳ではない、というのは全く話せなくても大丈夫、とはまた違う意味を持ちます。

最初から苦手だ、話すつもりがない、という方は仕事を始めても上手くは行かないことが多いです。

逆に今は話せなくても話せるようになりたいという意欲のある方は大丈夫です。

英会話教室の仕事で活かせる、今までの経験

今までの経験を活かして英会話教室での仕事を始めてみようと考えている方もいらっしゃるでしょう。

一体どんな経験があれば、英会話教室での仕事にうまく馴染んでいけるのでしょうか?

接客業

飲食業、販売業などの接客業の経験のある方は大いに活かすことができるでしょう。

お客様との話し方や距離の取り方、おすすめの仕方などを知っている方にとっては働きやすい職場です。

事務

事務処理能力の優れている方、今までの仕事でパソコン業務が多かった方なども経験を活かすことができるでしょう。

その後のキャリアについて

この仕事についた後のキャリアアップの道は?

まずは受付業務から始めて、そのうち講師へとキャリアアップしていくことも可能です。

特に子供の英会話教室であれば学歴不問でTOEICの点数が基準を満たせば講師として活躍できると言うところも多いです。

TOEICの点数は努力次第で伸ばせるものですので、やってみたいという方はぜひ勉強を始めてみてはいかがでしょうか。

他の仕事にもこの経験を活かせる?

英会話教室で働いた後は塾の仕事や接客業、各種サービス業などに転職の道が開けます。

お客様と接する仕事に慣れるため、営業職などでも経験を活かすことができるでしょう。

まとめ

今回は英会話教室の仕事内容に注目してお話をしました。

いかがだったでしょうか?

英会話教室は明るく楽しい雰囲気の職場です。

ネイティブの講師などが所属している場合はさらに楽しいイベントがあったり、国際交流があったりと働いている方も笑顔で毎日を過ごせる職場となるでしょう。

興味のある方はぜひ、英会話教室の募集に応募してみましょう!


関連キーワード

英会話教室求人

英会話教室求人についてもっと深堀りした情報を見る

英会話教室正社員の年収や仕事内容、おすすめ求人の特徴とは?よくある募集内容や正社員として求められることを解説!

英会話教室の正社員で働きたいと思っている方に、仕事内容や、おすすめ求人の特徴など紹介していきます。はじめに英会話教室では実際どんな人が働いているのでしょうか。当然、教える人がいなければ話になりませんよね。その教える人である講師は、外国人講師と日本人講師に二分され、さらには常勤講師と非常勤講師に分けられます。外国人常勤講師外国人非常勤講師日本人常勤講師日本人非常勤講師以上のような4パターンが講師の分類になります。更には、受付やその他運営に関する業務全般を行うレセプションスタッフが勤務しています。レセプションスタッフ(常勤)レセプションスタッフ(非常勤)事務一般職では2パターンに分類されます。では

英会話教室バイト求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

大手から中小企業、さらには個人の経営まで至る所にある英会話教室。一つの街でもたくさんの教室があり、それぞれ特徴を持っています。英会話教室は小さな子供向けのものからビジネスマン向けのものまでその業種も様々で、業態によって仕事内容も少しずつ変化してきます。日本人は英語が不得手だと言われており、英会話派人気の習い事として定着しています。皆さんの中には「英語が得意なわけではないけれど、英会話教室でバイトをしてみようかな?」と考えている方もいるでしょう。英会話教室でのバイトはある程度の語学力が必要なもの、まったく必要としないもの両方が存在します。今回は英会話教室でバイトをしてみたいと考えている方に向けて