英語教育に携わりたい、英会話スクールに勤めて自身の英会話力もアップさせたいなど、英会話スクールに就職を考える人たちの理由は様々でしょう。

思い切って英会話スクール業界に転職を考えているなら、まずは情報収集が必要です。

ここでは、英会話スクール業界の現状や特徴、転職活動する際の心構えなどを解説していきます。

「英会話スクールの仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

転職を成功させるために知っておくべき3個のこと

転職を成功させる為に、まず必要なことはなんでしょうか。

転職を成功させるために知っておくべきこと1:英会話スクールでなにをしたいかをはっきりさせる

英会話スクールで働くのはネイティブ講師、日本人講師、そしてスタッフです。

スタッフの仕事は、マネージメント、営業、生徒対応、教育研修、企画などです。

自分は講師になりたいのか、マネージメントをしたいのかなど、まずはなにをしたいかはっきりさせておくことが大切です。

講師をするのであれば、高い英語能力があることが前提になりますが、営業やマネージメントでは、英語力よりもコミュニケーション能力や営業力などを求められます。

当然、必要な準備も変わってきます。

転職を成功させるために知っておくべきこと2:この仕事がしたい!という情熱をもつ

英会話業界は、英語教育に携わりたいという熱意を持っている人が集まってきます。

教育に携わるということはそれだけ多くの責任が生じます。

決して楽な仕事ではありません。

熱意がないと続けるのも厳しい業界です。

志をもって仕事をしていくという気持ちで取り組みましょう。

転職を成功させるために知っておくべきこと3:英会話スクールの仕事はラクでないということを覚悟する

英語教育熱の高まる日本で、教育に携わる仕事をしたいと情熱を持って転職を目指すことはすばらしいことです。

ぜひ夢をかなえてほしいと思います。

ただ、自分の思い描いてるイメージと、実際の仕事が違っていることもあります。

一見華やかなように見える英会話スクールですが、スクールは夜遅くまで開講しているところが多く、土日休みでないところがほとんでです。

スクールによっては、営業ノルマがあることもあります。

それでもやっていけるだけの覚悟があるのか、今一度自分に問いかけておく必要があります。

業界の現状 ~求人数は?未経験でも転職はしやすい?などのギモンに答えます~

英会話スクールは転職者の多い業界です。

中途採用の募集もよく見かけます。

英語教育の需要も高まる中、求人件数は増えており、未経験者でも採用するところは多くあります。

最近では英語力よりも人柄重視を掲げるスクールも増えています。

ジュニア英会話では、高い英語能力というより、子育て経験があったり、子どもの対応がうまいかどうかが重視されることもあります。

未経験でも応募できるところも多くあるので、チャンスはあるでしょう。

未経験での転職であれば、前職で営業担当などをしたことがあれば、評価を得られるかもしれません。

求められる人物像

英会話スクールで働く上で求められる人物とは、英語が堪能であることもちろん、人柄が重視されます。

営業活動や、生徒と直接接する場面も多く、信頼できて明るい人は採用される可能性が高まります。

営業はノルマがあったり、キツいと感じる人もいるかもしれません。

タフな精神力も必要です。

必要な資格やスキル、活かせる経験

自身の留学経験や、語学学習の経験はそのまま活かせます。

英語力の証明のために、TOEIC スコアや、英検などを取得するとよいでしょう。

営業であったり、受付であったり、人と接する仕事をしてきた経験は活かすことができます。

「英会話スクールの仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

英会話スクールの求人にある職種

英会話スクールの求人にある職種1:受付・事務

主に生徒の対応をします。

新規の生徒の入会手続きや、見学案内、スケジュール調整から、日々のレッスンに訪れる生徒の受付対応、予約受付、質問対応などを担当します。

営業的な業務が含まれるかは、スクールによって違います。

英会話スクールの求人にある職種2:講師

レッスンを担当します。

ジュニアクラスやビジネス英語、留学準備、帰国子女向けなど、レッスンの種類は多岐にわたります。

ジャンルによって求められるスキルや人物像は異なってきますので、自分にあった分野なのか求人内容をよく確認しましょう。

仕事内容としては、日々のレッスンに加え、定期的に研修に参加したり、授業の準備や計画を立てることも含まれます。

大手であればマニュアルや研修がしっかりしているのでそれに沿ってレッスンを進めることになりますが、先生自身のやり方に委ねるスクールもあります。

実際講師をしてみると、レッスン準備や自身の勉強にかなりの時間を取られることに気づくでしょう。

レッスン以外の雑務が多いということは認識しておきましょう。

英会話スクールの求人にある職種3:マネージャー

主に、スクールの運営や営業活動を行います。

スクールの講師やスタッフたちを統括し、スクールの経営状態の向上を目指します。

マネージャーという仕事は、かなり幅広い業務を担当することになるでしょう。

英会話スクールは転職者も多く、若くして責任あるマネージャーのポジションに就くこともよくあります。

英会話スクールの求人にある職種4:企画・開発・研修

本社で企画や教材開発に携わる業務です。

専門知識やスキルが求められることが多いでしょう。

本社に勤務できるのはほんの一握りで、教室の経営を経験してからでないと、本社勤務になれないという会社も多いようです。

講師の教育担当などの教務を担当するという仕事もあります。

転職するに当たっての必要な心構え

転職するに当たっての必要な心構え1:積極的に動く

スクールによって求めているものは違います。

もし採用されなくても、すぐにあきらめずに積極的に動いていきましょう。

きっと相性の合うスクールがあると信じて活動していくことをおすすめします。

転職するに当たっての必要な心構え2:勉強する気持ちを忘れない

勉強し続けてる気持ちが必要です。

たとえ採用されたとしても、安心してしまうのではなく、自身の勉強を続けていくことを忘れずにいきましょう。

上手な転職方法

まず、自分の希望条件をはっきりさせましょう。

絶対に譲れない条件、できれば希望する条件など、順位を明確にしておくことです。

給与や勤務地、福利厚生などはもちろん、スクールの雰囲気も自分のイメージする条件と合っているか、確認しておくといいでしょう。

転職先としておすすめの英会話スクールは?

転職先としておすすめの英会話スクール1:大手英会話スクール

駅前などによく見かける大手の英会話スクールです。

研修やマニュアルもしっかりしているので安心できます。

着実に力を付けていくことができるでしょう。

転職先としておすすめの英会話スクール2:オンライン英会話

空いてる時間に気軽に、インターネットを通じて講師と交信できる、オンライン英会話の需要は高まっています。

講師側から見ても、通勤をせずに自宅で仕事ができ、時間の融通もききます。

自分のペースで仕事がしたい人、Wワークをしたい人におすすめです。

転職先としておすすめの英会話スクール3:個別指導型スクール

着実に自分にあったペースで英語力を身につけたい人に需要が高まっています。

指導する側には、相手に合わせた指導をする力が必要で、高い指導力が求められます。

「英会話スクールの仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

まとめ

いかがでしたか?英会話スクールはたくさんあり、求人も多く出ています。

自分の希望するスクールに就職できるように、ぜひ積極的に動いてみましょう!

実際に英会話教室の求人を探すときは、こちらの記事を参考に!


関連キーワード

英会話スクール求人