会場を華やかに彩るイベントコンパニオン。

女性にとって、憧れの仕事ですよね!

でも実際にイベントコンパニオンとして働きたい場合、どうすればいいの?

求人雑誌を見るといろいろな会社があってどこがいいのかわからない!

そういった人のために、今回は、イベントコンパニオン求人でよくある募集内容や働き先の見つけ方・おすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します 。

イベントコンパニオンのおおまかな仕事内容

おおまかな仕事内容

イベントコンパニオンは、そのほとんどが人材派遣会社に登録していて、学生や本職を持っている人が空いている時間に仕事をする形が多いです。

仕事内容は所属している会社によって様々で、レースクイーンやモーターショーなど、表舞台に立つ華やかな仕事が多い会社もあれば、街角で商品のサンプルを配布するサンプリングの仕事やアンケート調査の仕事が多い会社もあります。

いくつか紹介しますと、以下のようなものがあります。

  • 新商品説明会、展示会・・・会場で企業の顔となり、商品の説明やPRする
  • レースクイーン・・・カーレースで各企業のレースクイーンとなり、レースを盛り上げる
  • パチンコ店イベントガール・・・パチンコ店でイベントを行う際、各パチンコ店に出向いてイベントを盛り上げる
  • タバコサンプリング・・・居酒屋に直接行き、飲み会中のお客様にタバコのPRをし、サンプルを配る
  • 街角サンプリング・・・街角で商品をPRし、サンプルを配る

イベントコンパニオンは会場でどういう役割を求められる?

イベントコンパニオンは会場の華となり、各企業の顔となります。

コスチュームはお客様の目を引くよう、ボディラインが協調されたものや、露出が多いようなものが多いです。

展示会や説明会ではたくさんのお客様の足を止め、自社商品のPRをしなくてはいけないので、非常に重要な役割です。

イベントコンパニオンにはどんな種類があるの?

モデル・イベントコンパニオン・パーティーコンパニオン・キャンペーンスタッフなど、イベントを盛り上げる女性たちを総称して『イベントコンパニオン』と呼んでいることが多いです。

イベントコンパニオンの募集でよくある職種

モーターショー

モーターショーはイベントコンパニオンにとってかなり敷居の高い仕事で、その分倍率も高いですが、目指しているコンパニオンはたくさんいます。

特に大きいのは東京モーターショーや東京オートサロンで、1日に100万人近くの来場数があり、各ブースにも来場者が押し寄せます。

モーターショーでは、展示されているクルマの横でポージングをし、クルマを引き立たせます。

コンパニオン目当てに来場する『カメラ小僧』と呼ばれる人々は、コンパニオンの写真を撮るのを楽しみにしているので、ポージングの種類やメイク、髪型を毎日変えるなど、気を配らなければいけません。

レースクイーン

自動車競技やオートバイ競技などのモータースポーツで、各チームのコンパニオンとしてレースを盛り上げ応援するのがレースクイーンの仕事です。

各チームに2人~と必要な人数が少なく、モデル並みの容姿が必要とされ、オーディションを勝ち抜くのは至難です。

コンパニオンの仕事の中でも、より露出の多い衣装が用意されます。

仕事内容は、主に所属したチームの宣伝、取材対応、モデル活動などです。

レース中はサーキットに立ってチームを応援したり、ドライバーのために傘を持って立ったり、ファンに向けて撮影会やステージショーを行うこともあります。

パチンコ店イベント

パチンコ店では週末にイベントが行われることが多く、コンパニオンの仕事ではよく募集を見かけます。

仕事内容は、パチンコ中のお客様にお菓子を配ったり、会員募集をしたり、飲み物のごみや吸い殻を集めるなど、パチンコ店のホールスタッフの延長のような仕事です。

季節のイベントに合わせたコスチュームが用意され、1時間仕事をして1時間の休憩、これを3セット程行います。

時給換算すると3,000円程でしっかり休憩が取れるので、コンパニオンに人気の仕事です。

タバコナイトサンプリング

居酒屋などの飲食店に、夜8時頃から入店し、個室で食事中のお客様にタバコのサンプリングとパフォーマンスを行います。

繁華街の居酒屋を何店舗も回るので、コンパニオンの人数が必要で、採用されやすく新人コンパニオンでもやりやすい仕事です。

事前に研修が行われ、台本の読み合わせやパフォーマンスの練習をします。

パーティーコンパニオン

パーティー会場でホールスタッフの補助をします。

お酒を注いだり、空のお皿やグラスを下げたり、料理の取り分けをすることもあります。

この仕事も採用人数が多いため、コンパニオンの勉強をするいい機会になります。

どういう職種が良いか決まっていますか?

これはコンパニオンの好みによって分かれます。

華やかな仕事を好むコンパニオンもいれば、とにかく時給が高い仕事がしたいコンパニオンもいます。

一概に良し悪しはありませんが、仕事に慣れるまでは採用人数が多い仕事を選び、他のコンパニオンの動きを参考にすると、自分のスキルアップにつながります。

イベントコンパニオンでよくある募集内容とは?

前述しましたが、イベントコンパニオンの募集内容には、いくつか種類があります。

例えば『イベントコンパニオン募集!』の中にも『モデル・イベントコンパニオン・パーティーコンパニオン・キャンペーンスタッフ』など種類が分けられています。

モデルの仕事は雑誌に載るような仕事だったり、企業のイメージガールとしてポスターになったりと、容姿端麗でなくては務まらない仕事なので、かなり倍率が高いです。

イベントコンパニオンやパーティーコンパニオンは、モデルよりも敷居が高くなく、ある程度可愛らしい女性であれば採用されることが多いです。

キャンペーンスタッフも同様で、明るく対応ができればOKです。

給与相場

日給1万円~2万円、時給1,200円~。

イベントの仕事は大体1日がかりなので、日給で支払われることが多くなります。

時給換算すると、1,200円~と他のアルバイトと比べると高めです。

また、パチンコイベントや、夜の時間帯に行われるパーティーやタバコサンプリングは、比較的時給が高く、2,000~3,000円ほどの時給がもらえます。

勤務時間や休日、残業

基本的に、いつ仕事をするかは自分で決められます。

例えば学生であれば土日のみ、好きな仕事がある場合だけ応募することもできますし、学校帰りにパーティーコンパニオンの仕事や、タバコのプロモーションを2時間ほどしてから帰宅するなど、自由に予定を組めます。

ただ、売れっ子コンパニオンとなり企業と仕事をするようになると、企業側の予定に合わせるようになるので、自由がきかなくなります。

また勤務時間は、展示会や説明会、モーターショーなど1日イベントが行われている場合は、イベントコンパニオンの仕事も1日がかりになるので、9時~17時くらいは拘束されます。

基本的に残業はありません。

待遇・福利厚生

待遇は以下のようになります。

福利厚生は、交通費くらいだと思います。

  • 短期・長期可
  • 土日のみ勤務OK
  • Wワーク可
  • 交通費支給

勤務場所

イベントホール、ホテル、飲食店、パチンコ店など各イベント会場が勤務場所となり、所属会社に立ち寄ることはあまりありません。

求められる人物像

仕事毎に書類選考やオーディションがあり、求められるスキルは様々ですが、共通して言えることは以下のようなことです。

容姿端麗な人

広告モデルや企業PRモデル、レースクイーンなどは、モデル並みの容姿とスタイルが求められます。

人の目を集める仕事なので、モデル並みとまではいかなくても、愛嬌があり笑顔の素敵な人が採用されやすいです。

どんな仕事にも柔軟に対応できる人

イベントコンパニオンの仕事は単発の仕事が多いので、現場で仕事の指示を出され、すぐに仕事に就かなくてはなりません。

知識が必要な仕事であれば、事前に研修がある場合もありますが、基本的にどんな仕事にも対応できる柔軟さが必要です。

気配りができる人

当日の仕事は担当者が指示してくれますが、手が空いている時には周りの人を手伝う気配りも必要です。

イベントコンパニオンは、所属会社代表として仕事に行きます。

そのコンパニオンの印象で、次にまた仕事を依頼するか決まる場合もあるので、誰にでも気配りができる人は、次の仕事も決まりやすくなります。

イベントコンパニオンが向いている人の特徴は、こちらの記事も参考に!

必要なスキルや資格、経験

必要な資格はありません。

やる気と笑顔があれば大丈夫です!

いろいろな仕事が経験できるので、仕事を始めてから経験を積んでいけばOKです。

イベントコンパニオンのおすすめ求人のポイント

イベントコンパニオンの会社はかなりの数があり、迷うことと思います。

仕事内容や給料、待遇も全然違ってくるので、確認すべき内容を挙げていきます。

交通費全額支給

県内県外問わず、多々ある会場に出向くイベントコンパニオンの仕事。

交通費について記載のない会社は確認が必要です。

一部のみの支給や、交通費込みの給料となっているところもあります。

宿泊費全額支給

前項と同じですが、こちらも注意が必要です。

数日間県外で仕事をする場合は宿泊が必要になるので、記載されているか確認しておきましょう。

過去の仕事実績

ホームページがある会社では、コンパニオンの仕事実績や実際の仕事風景を載せているところがあります。

自分が目標とする仕事の実績があるか確認しておくと、ミスマッチを防げますし、目標に向かって仕事に取り組めます。

イベントコンパニオンについてよくある疑問

新しい仕事を始める際、仕事に対して疑問を持ったり不安を抱いたりするものですよね。

ここでは、イベントコンパニオンについてよくある疑問と回答を載せておきます。

衣装はどんな感じですか?

衣装は現場によって様々で、一般的な展示会や説明会ではワンピースやスーツが多いです。

モーターショーやゲームショウなど華やかな展示会ではへそ出し、ショートパンツ、ミニスカートなどの衣装が多くなります。

パチンコ店イベントでは、季節のイベント毎でコスプレをすることもあります。

靴は持参になるので、白スニーカー、白パンプス、黒パンプスは用意しておきましょう。

身長や体重の制限はありますか?

制限はありません。

ほとんどの衣装が7号~11号サイズの作りなので、そちらに当てはまれば問題ありません。

登録に費用はかかりますか?

登録は無料でできます。

研修も基本的には無料、研修時間でお給料が出ることもあります。

ただ、宣材写真を撮影する場合は実費になるところが多いので、その時だけは3,000円~5,000円程度が給料から天引きになると思われます。

髪色はどうすればいいですか?

会社によって決まりがありますが、特に制限がないことが多いです。

清楚な雰囲気のコンパニオンを求める仕事が多いので、明るくなりすぎないようにしておきましょう。

登録後、すぐに仕事はできますか?

コンパニオンの仕事は、基本的に書類選考やオーディションがあるので、登録してすぐにというのは難しいかもしれません。

やりたい仕事とクライアントからの条件が合致すれば、早めに仕事を始めることは可能かと思います。

オーディションってどんな感じですか?

仕事の内容によりますが、就職の面接をイメージしていただければ良いかと思います。

自己紹介と自己PRを基本とし、感じが良いか、笑顔が良いか、場の雰囲気を明るくできるか、企業や商品のイメージに合っているかなどを見られます。

仕事内容によっては、ウォーキングやポージングを求められることがあるようですが、それはレースクイーンやモーターショーなど特に華やかな仕事の場合が大半です。

普通に面接官とお話する感じで大丈夫です。

まとめ

いかがでしたか?

イベントコンパニオンの仕事は各企業から所属会社に仕事の依頼があり、それを各コンパニオンに振り分けたり募集をかける仕組みなので、所属会社選びは非常に大切です。

自分がどんな仕事がしたいのか具体的にした上で、過去に実績のある所属会社を選ぶと良いですね。

また、イベント会場では様々な所属会社のイベントコンパニオンと一緒に仕事をする機会がありますので、各所属会社の特徴を聞いて掛け持ちをしたり、会社を移るコンパニオンもいます。

自身のキャリアアップのために、より大手の会社に移ることもあります。

実際に働いているコンパニオンたちは良い人が多く、ツンとした一匹狼タイプはそうそういません。

みんな笑顔が柔らかく気配りができて、初対面でもすぐに打ち解けられるコミュニケーションスキルを持っています。

これはこの仕事に限らず、今後の人生でとても大切なことだと思います。

イベントコンパニオンは楽しく仕事をしながら礼儀が身につき、美意識が高まり、いろいろな経験ができる魅力的な仕事です。

ぜひ参考にして、楽しく輝いてくださいね。