会場を華やかに彩る、イベントコンパニオンって憧れの仕事ですよね。

例えばレースクイーンは、レースを盛り上げる上でなくてはならない重要な存在です。

でもイベントコンパニオンって簡単になれるもの?

モデルとか、そんな人だけがなれるものじゃないの?

ここでは、イベントコンパニオンに興味がある人のために、仕事内容や向いている人の特徴等を解説いたします。

イベントコンパニオンとはどんな仕事?

イベントコンパニオンとは、展示会やカーレース会場、新商品の紹介説明会や様々なイベントで商品の説明や紹介を行う、女性に限られた仕事です。

会場の華となり、また各企業の顔となります。

会場に来ている多くの人の注目を集めるため、また商品をより良く見せるために、ボディラインの強調された露出度が高いコスチュームが用意されるので、それを着こなすスタイル、容姿の持ち主でないと採用されない、シビアな仕事です。

その分、お給料は高く用意され、待遇も良いことが多いです。

イベントコンパニオンの大まかな仕事内容

イベントコンパニオンには、実に多くの仕事があります。

この仕事で働く女性たちは、基本的にどこかの人材派遣会社かイベントプロダクションに所属しており、雇用形態は派遣社員であることがほとんどです。

所属する会社によって得意な分野が違うので、モデルやレースクイーン、イベントモデル等、華々しい仕事を求める場合は、それが得意な会社に登録した方が良いですし、パーティーコンパニオンや街角でのサンプリング、イベントの受付等、そこまで自分をアピールしないような仕事が多い会社もあります。

それは事前に各会社のホームページを確認し、過去の仕事実績を見て判断しておくと良いでしょう。

仕事内容は様々ですが、いくつか紹介します。

  • モデル・・・雑誌の撮影や、新商品のPR撮影を行う、個人で撮影会を開く
  • レースクイーン・・・カーレースの際にレース会場で応援、イベントを盛り上げるトークショー、グッズ販売、写真撮影会を行う
  • パーティーコンパニオン・・・パーティーでお客様の接待をする(お酒を注ぐ、空いたお皿を下げる等)
  • サンプリング・・・繁華街で道行く人にサンプルを配布する
  • イベント受付・・・各イベントでお客様の案内や、内容説明、人数管理等を行う

この他にも書ききれないくらいたくさんの仕事があり、毎回違う仕事に携われるので、飽きのこない仕事であると言えます。

イベントコンパニオンが向いている人の6個の特徴とは?

では、イベントコンパニオンが向いている人はどういう人でしょうか。

いくつか特徴を挙げてみます。

人前に立つのが好きな人

イベントコンパニオンは、見られるのが仕事です。

人前に立って自分をアピールでき、同時に商品をアピールできる人でないとできません。

一人のお客様だけと会話をする仕事もあれば、新人コンパニオンであっても何十人という人の前でトークをすることもありますし、売れっ子コンパニオンになると、ステージで何百人もの人の前でトークショーをすることもあります。

初めは緊張すると思いますが、いつまでも人前でガチガチになっていると務まりません。

コミュニケーション能力が高い人

人対人のこの仕事、コミュニケーション能力が高くないと仕事がしにくいです。

イベントコンパニオンは、各仕事で初対面のスタッフや仲間と出会い、一緒に仕事をしていきます。

年単位で付き合う仕事もありますが、大体の仕事は単発なので、一日で仕事を覚え、仕事相手を覚え、仕事後は解散することがほとんどです。

自己管理能力のある人

イベントコンパニオンの仕事は、代わりがききません。

その仕事のために書類選考をし、オーディションを開催し、見事選び抜かれた人ができる仕事なので、当日キャンセルはご法度なのです。

そのため、日頃から体調管理に気を遣い、常に万全の状態で仕事ができなければなりません。

また、売れっ子コンパニオンになってくると、ファンがつきます。

ファンはそのコンパニオンを見るために予定の調整をし、有給を取って会いに来てくれることもあるので、代理のコンパニオンが来ると残念な思いをさせてしまいます。

自己アピールができる人

商品をより良く見せるためのイベントコンパニオンですが、自分のこともより良く見せなければなりません。

実際イベントコンパニオンには容姿端麗な人が多く、美意識が高い人が多いです。

また、仕事をするためにはオーディションを通過しないとできない仕事もあるので、まずはオーディションに受かるためにしっかり自分をアピールできないと、仕事自体入らなくなってしまいます。

体力がある人

イベントコンパニオンは「笑顔で立って商品をアピールするだけ」というイメージがありますが、これがなかなかの重労働です。

もちろん休憩も取らせてもらえますが、タイトなコスチュームにヒールのある靴を履いて、何時間も立ち続けなければならないので、体力が必要です。

レースクイーンなんかは、炎天下、笑顔で姿勢を保って立っている必要があるので、体力の消耗も激しいですし、真冬であっても露出のあるコスチュームを着なくてはなりません。

日頃からの体力作りと体調管理も大切な仕事のひとつです。

容姿端麗な人

イベントコンパニオンは、商品をより良く見せるための言わば企業の顔です。

そのため、容姿端麗であることは必須条件となります。

ただ、クライアント側がプロフィール画像やオーディションでどのコンパニオンを起用するか決めるので、容姿プラス特技で選ばれることもあります。

例えば容姿は普通並みだけど、英語が堪能など、特技を生かせる仕事もあります。

またイベントコンパニオンは様々な仕事があるため、サンプリングやイベント受付等ある程度の容姿ならOKという仕事もいくつもあります。

イベントコンパニオンが向いていない人の2個の特徴とは?

では、反対にイベントコンパニオンが向いていない人はどんな人でしょうか。

こちらもいくつか特徴を挙げてみました。

人前に立つのが苦手な人

前項でも申し上げたように、イベントコンパニオンは、見られるのが仕事です。

仕事内容にもよりますが、基本的に人前に立つ仕事が多いので、それが苦手であれば、仕事自体が苦痛になってしまうでしょう。

空気が読めない人

人間関係の構築が重要なイベントコンパニオンの仕事。

仕事現場では基本的に初対面の人ばかりなので、初めから上手に付き合っていけるような工夫が必要です。

空気が読めず場の雰囲気を悪くしてしまう人は、イベントの仕事自体上手くいかなくなる恐れがありますので、注意して仕事をしましょう。

イベントコンパニオンのスキルを活かせる職種・仕事にはどんなものがある?

イベントコンパニオンとして活躍してきた人も、30代中盤くらいからは引退を考え始めます。

この経歴を生かして次の仕事に就職するためには、今まで培ってきたスキルを武器に、キャリアアップすることが一番の成功例と言えるでしょう。

例えばトークを生かしナレーターやMCになれば30代を過ぎても活躍できる場がありますし、アナウンスのスキルを生かし結婚式の司会業等ができることもあります。

また、所属している事務所で就職し、今度は若手のイベントコンパニオンの教育に当たったり、仕事の調整をすることもできます。

そのためにはイベントコンパニオン時代に事務所の社長と良い関係を築き、社長の片腕となって働けるほどの信頼を得ることが必要です。

ナレーターコンパニオン

イベントコンパニオンの経験が生かせる仕事と言えば、まず頭に浮かぶのがナレーターコンパニオンです。

商品の前でPRをするイベントコンパニオンに対し、ナレーターコンパニオンはステージ上でマイクを使って、商品の説明や特色の紹介をするのが仕事です。

イベントコンパニオンより待遇が良く、給料も高いことが多い上に、イベントコンパニオンとしての経験を採用条件としていることが多いため、イベントコンパニオンからキャリアアップした仕事であると言えるでしょう。

人材派遣会社勤務

派遣されていた立場から管理する立場にまわることによって、今まで培ってきた経験が役に立ちます。

お互いの立場から物を考えられるので、イベントコンパニオンとして現場に立っていたことが、プラスの経験として認められます。

これからイベントコンパニオンの仕事をはじめるには、どうしたらいい?

イベントコンパニオンになるには、資格や学歴、経験の有無などは必要ありません。

イベントコンパニオンになるに相応しい容姿と、笑顔、やる気があれば十分です。

年齢は10代後半~20代が多いですが、30歳を過ぎても仕事を続けているイベントコンパニオンも多くいます。

まずは所属する事務所を選び、面接を受けます。

事務所によって仕事の内容が変わってくるので、面接の際にどんな仕事がしたいのか、ビジョンをはっきりさせておくといいでしょう。

面接が終わり晴れて事務所に所属できたとしても、すぐに仕事があるわけではありません。

希望の仕事に応募し、書類選考を通り、オーディションを通過して、ようやく仕事ができるのです。

仕事を積み重ねることで次の仕事も受けやすくなり、自分のスキルも上がってきます。

事務所によってはイベントコンパニオンとして活躍するために、歩き方や話し方、サインの練習等様々な研修が受けられるところもあります。

資格は必要?

必要ありません。

仕事によっては、資格があるイベントコンパニオンが有利になる場合もありますが、基本的には資格より容姿が優先されます。

必要なスキルや経験は?

特に必要ありませんが、仕事をしていく上でいくつかコンパニオンの経験があった方が仕事を取りやすくなるので、事務所に所属してからしっかり仕事を頑張りましょう。

イベントコンパニオンの仕事をするにあたって覚えなければいけないこと

仕事内容をしっかり把握しておく

商品のPRをするためには、その企業と商品のことをしっかり理解しておく必要があります。

事前に研修がある場合は、お客様にわかりやすく説明できるよう内容を把握しておきましょう。

仕事開始前に簡単に内容を教えてもらう場合もあるので、事前に自分がPRする商品のことを調べておくと、仕事がしやすくなります。

イベントコンパニオンのやりがいはコレ!

時給が高い

イベントコンパニオンは、他の業種と比べて圧倒的に時給が高く、待遇も良いです。

1時間ごとに休憩があり、休憩時間も給料が発生することもあり、一度イベントコンパニオンとして働くと、他のアルバイトがばかばかしく思えてしまうこともあります。

しかし、イベントは基本的には土日が主なので、毎日仕事があるわけではなく、イベントコンパニオンの収入だけで生活していくのは、困難であることが多いです。

学生や本職を持つ人が、空いている日に仕事をする程度であれば、いいお小遣い稼ぎになります。

華々しい舞台に立てるという魅力

誰でもなれるわけではないイベントコンパニオンの仕事。

人生のうちで素敵なコスチュームを身に着け、注目を浴びる事ってそうそうないですよね。

でも、イベントコンパニオンであればそれが日常茶飯事です。

また、同じように働いている仲間も容姿端麗で美意識が高いことが多いので、自分に磨きがかかるのも魅力です。

芸能界への道や就職へとつながる可能性がある

普通の仕事をしていると、まず出会うことのない、偉い方々と出会うことができます。

大きな展示会に仕事に行くと、出店しているスポンサーとお話をすることがありますが、そこで気に入ってもらえると次の仕事につながったり、うまくいけば就職につながったりします。

また、イベント中にプロダクションからスカウトされたり、ファンが撮った写真がきっかけで、モデルやグラビアアイドルとしてデビューすることもあります。

このように、イベントコンパニオンとして注目を浴びる仕事をしているからこそ、出会えるチャンスがあるというのも、この仕事の大きな魅力です。

まとめ

以上、イベントコンパニオンの仕事についてまとめてみましたが、いかがでしたでしょうか。

イベントコンパニオンとして活躍するためには、容姿を磨くことの他に、人間性を磨くことも必要です。

人対人の仕事なので、いくら仕事ができても、相手方と気持ちよく接することができなければ再度の仕事依頼は来ませんし、事務所の信用問題にもなり得るので、仕事を受ける際は「事務所の代表として行く」ということを念頭に置きましょう。

実際働いているイベントコンパニオンは、気配りができて愛想の良い人が多く、初対面でもすぐに打ち解けられる人ばかりです。

イベント中には一緒に休憩し一緒にお昼ご飯を食べ、時には同じホテルに泊まり、また一緒に仕事に行くなど、数日間行動を共にすることもあるので、コンパニオン同士親友のようになることもあります。

仕事をしながら美意識が高まり人間力も磨かれる、とても魅力的な仕事です。

イベントコンパニオンを目指している人が楽しく仕事ができるよう、心から願っています。