銀行内の「顔」とも言える存在、それは「窓口」ではないでしょうか。

企業や病院の受付とはちょっと違う「顔」に、難易度の高い仕事だと思っている方もいらっしゃるかもしれません。

そこで今回は、銀行窓口の仕事内容や求人募集について、向き・不向きな人、選び方のコツなどを分かりやすく解説します。

「銀行窓口の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

銀行窓口のおおまかな仕事内容

銀行窓口の仕事のことを「テラー」と言います。

テラーの仕事内容は「ハイカウンター」と「ローカウンター」の2つに分けることができます。

そしてテラーを支える役割を「後方事務」と呼びます。

「ハイカウンター」と「ローカウンター」の違いは?

ハイカウンターの主な仕事内容は普通預金の入出金や、通帳作成、再発行、振込、税金の支払いなど です。

ローカウンターの主な仕事内容は新規口座開設、変更手続き、融資相談などです。

大きく異なる点としては「作業時間」が違います。

「ハイカウンター」と「ローカウンター」、どちらも正確さが求められることはもちろんですが、上記の仕事内容を見ていただければ分かるように、ハイカウンターでは迅速な処理が求められるのに対して、ローカウンターでは時間をかけて処理を行う必要があります。

そのため、カウンターが高い(ハイカウンターでの)仕事のとき、お客様は立って待ち、カウンターが低い(ローカウンターでの)仕事のときは、お客様も座って待つのです。

後方事務

テラーの後方で事務処理を行ったり、現金補充などをしてテラーがよりスムーズに業務を遂行できるようにサポートする仕事を、後方事務と言います。

厳密にはテラーではありませんが、表に立つテラーを裏で支える、必要不可欠な存在です。

銀行窓口求人でよくある募集内容とは?

仕事内容は、先に挙げた入出金業務などです。

求人には、後方事務も含まれます。

求められる最終学歴は、高卒以上が多いです。

銀行窓口の仕事は、正社員の他、アルバイト・パート、または派遣社員という形で雇用されるケースもあります。

給与相場

正社員の場合、月に10万円くらいから。

派遣社員やアルバイト・パートの場合は、時給1000円前後です。

いずれにしても、銀行の規模や場所(都市部かそうでないか)や、最終学歴等によって相場は違ってきます。

勤務時間や休日、残業

銀行窓口の場合、本・支店が休みの土日、そして祝日と、年末年始(日にちは銀行による)が休日になります。

店が開いているときから仕事は忙しいのですが、残業となると、実は少ない方だと思います。

私がテラーの仕事をしていたとき、(顧客獲得)キャンペーン等がない普段は、残業はあまりありませんでした。

あっても多くて30分くらいですが、これも銀行の規模や方針等によるでしょう。

しかし、データ上の金額と実際にある金額が、一円でも合わなかった場合(「事故」と言います)、合うまで店を出ることはもちろん、家に帰ることはできません。

その他、決算期には通常より多くのデータを本部へ提出する必要があるので、残業になる可能性は高いです。

アルバイトやパートで勤務している場合は、正社員よりも残業は少ないでしょう。

福利厚生

これも、雇用形態(正社員か、派遣社員か、アルバイトやパートか)や銀行の方針によって違ってきますが、アルバイトやパートで採用されても、交通費を全額負担してもらえる場合もありますし、お昼代を一部負担するといった、ユニークな福利厚生制度を取り入れている銀行もあります。

勤務場所

銀行や信用金庫、信用組合など、金融機関の本・支店です。

窓口と後方事務の場合、その場で働くことが前提となるため、残念ながら在宅勤務はありません。

必要なスキルや資格、経験

銀行窓口になるために必要な資格はありません。

そして年齢制限もないので、転職を考えている人には考慮の余地がある職だと思います。

加えて、勤務時間や日数が少ないアルバイトやパートという形で窓口を雇用する銀行も多々あります。

空き時間を利用して社会復帰をしたい人には、うってつけの仕事ではないでしょうか。

ただし中途採用の場合、銀行勤務や銀行窓口、後方事務などの就業経験がある人、少なくとも事務の経験がある人の方が、未経験の人よりも歓迎される傾向が強いようです。

ですが銀行窓口は、お客様と直接接する仕事でもありますので、販売や受付など、接客業の経験がある人にも、銀行窓口の仕事を得るチャンスはあります。

「銀行窓口の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

銀行窓口の仕事に向いている人

感じの良い人

銀行窓口は、お客様と直に接することが仕事の一つです。

その銀行が掲げるイメージに沿っていることを踏まえた上で、感じが良い印象をお客様(相手)に与えることができる人は、銀行窓口の仕事に向いていると思います。

「親しみ」と「礼儀正しさ」のバランスが取れた接客ができる人

上記の「感じが良い」につながることですが、お客様が銀行窓口の人に「親しみ」を感じると、「またここに来よう」という気になります。

ただし、親しみやすさを出しすぎると、馴れ馴れしい印象しか与えないことにもなりかねません。

「親しき中にも礼儀あり」ということわざもあるように、礼儀正しく接する中に、親しみを上手に取り入れて接客ができる人は、銀行窓口の仕事に向いていると思います。

清潔感がある人

相手に不快な印象を与えないために必要なものは、何だと思いますか?

それは「清潔感」です。

清潔な場所にいると清々しい気持ちになるように、清潔感がある人に、人は好感を持ちます。

特に銀行という場所ではお金を扱っていますので、「クリーンさ」が求められます。

そして人は、キチンとした身だしなみをしている人に、好印象を抱きやすいものです。

清潔感を意識した身だしなみをすることは、銀行窓口の仕事に限らず、どの仕事にも言える、最低限必要なマナーでしょう。

几帳面な人

銀行窓口では、お金を扱うことが仕事の一つです。

時に多額のお金を行き来させることもありますので、几帳面な性格の人は、銀行窓口の仕事に向いていると思います。

チームプレイができる人

伝票や通帳、入出金額を何人かでチェック・確認をすることは、事故(データと金額が合わないこと)防止のための必須事項です。

自分の役割(仕事)に責任を持ちつつ、後方事務担当者や、他の銀行窓口担当者を頼れる人、つまりチームで仕事を行うことができる人は、銀行窓口の仕事に向いています。

銀行窓口の仕事にあまり向いていない人

上記に挙げた「向いている人」と逆タイプの人は、銀行窓口の仕事には、あまり向いていないと言えるでしょう。

具体的には以下の通りです。

ルーズな人

銀行の商品である「お金」はもちろん、「時間」にもルーズな人には、銀行窓口の仕事はあまり向いていません。

不快感を与える人

外見上だけでなく、言葉遣いや所作に対しても、お客様が不快な印象を抱いてしまうような人は、銀行窓口の仕事には向いていないと思います。

お客様の厳しい目があることを考えると、清潔感や好印象というものはとても重要です。

お金に対する苦手意識が強い人

何度も書いていますが、銀行窓口は、お金を扱うことが仕事です。

銀行の商品である「お金」に対して苦手意識が強い人は、銀行という環境にも、なかなかなじむことができないでしょう。

頼れない人

「チームプレイができる人」の逆パターンとも言えます。

「誰にも頼らず自分一人で全部やってしまおう」とか「誰かにチェックを頼むのは面倒くさいから」「自分で何回か確認すれば大丈夫」と、自分の力を過信してしまう人は、後々事故を起こす確率が非常に高いです。

一度でも事故を起こすと、周りからの信用を失います。

いくら仕事上のスキルがあっても、信用できない人と一緒に仕事をするのは難しいですよね。

銀行窓口求人の選び方のコツを解説します!

銀行窓口の仕事内容は、どの銀行も差はありませんので、自分が持っているスキルや経験をどう活かしたいか、選ぶ基準を明確にしましょう。

どの雇用形態で働くかを決めましょう

正社員として働きたいのか、派遣社員か、希望条件と可能条件を照合して検討しましょう。

アルバイト・パートは、正社員より勤務時間が短い場合が多いので、お子さんがいる方、またお子さんが巣立ったためにできたひとり時間を利用したいと思う方は、都合が良いと思います。

ただし、勤務時間が短い場合は、それだけ給料の額も少ないことを意味します。

そして福利厚生が受けられないこともあるでしょう。

自分にとっての利点と不利点を秤にかけた上で、一番ベストな形を選びましょう。

銀行の規模を基準にする

大手の銀行の場合は支店も多く、それだけ就職できる可能性も高くなります。

交通アクセスが良い場所にありますので、たとえ支店勤務になっても、通勤に不便さは感じないと思います。

逆に規模の小さな銀行は、アットホームな雰囲気があります。

大手の場合は来行されるお客様も多いので、小規模な銀行よりも忙しく、残業になる可能性も、それだけ高くなると思いますが、小規模な銀行勤務になると、それほど忙しくない代わりに、色々な仕事を任されるかもしれません。

給与額を基準にする

毎月得たい(最低)給与額がハッキリしているのなら、その額を払ってくれる金融機関を選べばいいですね。

地域によって異なるということと、給与以外のポイントと合わせて最終的には比較検討していくことになるでしょう。

福利厚生を基準にする

「交通費は全額支給してくれるところ」とか「残業手当が出るところ」など、自分が望む福利厚生制度がしっかり整っている金融機関を選びましょう。

職場環境を基準にする

自分がどのような環境に身を置くかで、人として成長できるか否かが決まっていくといっても過言ではありません。

自分が働きたいと思う銀行店の環境が良ければ、働きがいを感じることができます。

加えて、そこで働く人たち(同僚)ともいい関係が築ければ、仕事も楽しくなります。

環境は「どうでもいい」で終わらせずに、きちんと押さえておきたいポイントです。

銀行窓口についてよくある疑問

ここでは、銀行窓口についてよくある疑問をいくつか挙げます。

なぜ銀行の窓口は午後3時で閉まるのか?

「銀行の営業時間は、午前9時から午後3時までとする」という銀行法施行規則を基に、大半の銀行窓口は、午後3時で閉めています。

営業時間の延長もできますが、その分閉店後の業務開始時間が遅くなることを意味します。

その結果、残業ということにもなりかねません。

窓口を閉めた午後3時以降の仕事は?

その日にあったお金の入出金額が合っているかどうか、確認をします。

つまりお金を数える作業(勘定。ちなみにお札を数えることを「札勘」と言います)を行います。

このとき、伝票(データ)の金額と、入出金額が合っていれば、その日の業務は無事終了・・・となりますが、一円でも合っていない場合、「事故」が発生したことになります。

事故が発生してしまったら、原因を究明する必要がありますので、先にも書きましたが、金額が合うまで店から出ることはおろか、帰宅することもできません。

銀行窓口(テラー)の仕事にもノルマはあるか?

金融機関によります。

あるとしても、本来その仕事を受け持っている営業ほど、高額または多数のノルマはありません。

銀行窓口の仕事は楽か?

銀行窓口は、お金を扱うことが仕事の一つです。

事故を起こさないよう、常に神経を使う必要があります。

冬のボーナスが支給される12月には、警備を強化する銀行もあります。

私がテラーの仕事をしていたとき、銀行強盗に遭遇したときどうするかを先輩から教えてもらって、一気に緊張感が押し寄せたこともありました。

幸い、一度もそのようなことに遭遇しませんでしたが。

銀行窓口はお金と人を結ぶ仕事ですから、知らず知らずのうちにストレスが溜まると思います。

窓口が開いている時間も、閉めた後も、とにかく終わるまでは忙しい仕事です。

「何もしない=楽」と考えている人には、楽ではない仕事だと思います。

しかし忙しい中、お客様や同僚からいろいろなことを学ぶことができる仕事です。

そこにやりがいとやる気を見出すことができれば、きっと楽しいと思えるでしょう。

「銀行窓口の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

まとめ

以上が銀行窓口についての説明になります。

いかがでしたか?

銀行窓口では普段どんな仕事をしているのかが分かりましたか?

近頃は、ウェブサイトで銀行窓口の求人を見ることもできます。

テラーの仕事に興味を持った方、空き時間を利用したい方。

パートやアルバイトでもいいので再就職を考えている方は、「銀行窓口に向いている人・あまり向いていない人」をじっくり読んでみてください。

これらに書いてあることは、銀行窓口に限らず、他の職種にも当てはまることだと思います。

あなたの普段の生活の中に取り入れて、ぜひ役立ててください。


関連キーワード

銀行求人

銀行求人についてもっと深堀りした情報を見る

銀行営業の仕事はどんな人に向いているの?仕事内容や向き不向き、やりがいについて解説します

銀行には多くの仕事があります。大きくは事務と営業に分けられます。両者は両輪の関係で、営業のとってきた契約を事務方が正確に遂行することで、銀行の業務は円滑に進められます。今や銀行はオーバーバンキング状態といわれ、地方銀行間の再編も進んでいます。低金利、設備投資の減少など、銀行にとっては厳しい環境下、銀行間の競争は激化しています。銀行の扱う商品は【お金】です。お金に色はありません。そのなかで自分の銀行を選んでもらう、それが銀行営業の仕事です。銀行営業の仕事の種類と大まかな仕事内容銀行の営業は、お客様により2種類に大きく分けられます。個人営業(リテール)と法人営業(ホール)です。個人営業(リテール)

銀行の仕事はどんな人に向いているの?仕事内容や向き不向き、キャリアについて解説します

日銀の金融政策であるマイナス金利導入により、昨今業績が芳しくない金融業界ですが、依然として就活生には人気があります。高給であり、経済の血液である金融へのやりがい、ビックプロジェクトへの関わりなど様々な魅力があります。その銀行の仕事に向いている人材、またその職場環境・業務内容、キャリアなどについて簡単に解説していきます。銀行の仕事はどんな仕事?銀行での仕事内容は多岐にわたります。まず、支店と本部の違い、総合職と一般職の違い、法人担当と個人担当の違いなどが挙げられます。そして、仕事全般にコミュニケーション能力が求められることは間違いありません。また、新卒採用で入社した新人は一般的に銀行の支店に配属

銀行の就職を成功させるためにやるべきことと、方法を解説します

夏の日差しが今日も暑いですね...こんな日には、銀行員として夏の暑い日差しの中、渉外活動をしていたことを思い出します。色んな取引先や企業へ推進活動をしている銀行員の方々、本当にお疲れ様です。特に最近は蒸し暑く、熱中症にも注意が必要ですね。この暑い中、スーツで就活している就活生の学生さんたちも本当にお疲れ様です。さて、今回は銀行員になりたいと思う方必見!というほどでも無いかもしれませんが、元銀行員の視点から見る「銀行の就職を成功させるためにやるべきこと」を記事として書かせていただきます。現在も、だと思いますが、銀行って結構人気な職業だと思っていますし、いま就活をしている学生さんの親世代からしても

銀行窓口の仕事はどんな人に向いている?得意な人の9個の特徴やキャリアについて解説します

「銀行窓口の仕事」から、あなたはどんなイメージを抱きますか?「受付」のような仕事?それとも銀行の「顔」?「お金を扱う仕事には変わりないから、きっと大変だろうな。」でしょうか。そもそも銀行の窓口業務とは、一体どのような仕事内容なのでしょう。今回は、銀行の中でも窓口の仕事について簡単に説明をしながら、どのような方に窓口業務が向いているかを分かりやすく解説していきます。他にも銀行窓口の仕事を活かせる経験や、社内・外でキャリアアップを図る方法も紹介します。銀行窓口の仕事に興味がある方、転職を考えている方は必読です!銀行窓口の仕事ってどんな仕事?銀行の窓口にあたる場所でお客様と直接応対をしている行員のこ