「銀行窓口の仕事」から、あなたはどんなイメージを抱きますか?

「受付」のような仕事?

それとも銀行の「顔」?

「お金を扱う仕事には変わりないから、きっと大変だろうな。」でしょうか。

そもそも銀行の窓口業務とは、一体どのような仕事内容なのでしょう。

今回は、銀行の中でも窓口の仕事について簡単に説明をしながら、どのような方に窓口業務が向いているかを分かりやすく解説していきます。

他にも銀行窓口の仕事を活かせる経験や、社内・外でキャリアアップを図る方法も紹介します。

銀行窓口の仕事に興味がある方、転職を考えている方は必読です!

「銀行窓口の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

銀行窓口の仕事ってどんな仕事?

銀行の窓口にあたる場所でお客様と直接応対をしている行員のことで、「テラー」とも言います。

大半の銀行では女性が担当していることが、特徴と言えるでしょう。

しかし窓口の仕事は、お客様を迎えることだけではありません。

銀行窓口の大まかな仕事内容

「ハイカウンター」と「ローカウンター」の2つに分かれます。

ハイカウンターでの仕事内容

普通預金などの入金や出金、振込、税金の支払い業務などを行います。

私が勤務していた支店の窓口は、預金係(入金や振込、支払い)と出納係(出金、現金の管理)に分担していました。

ローカウンターでの仕事内容

新規口座開設、融資相談など、必要書類の多い作業を行います。

ちなみに私が勤務していた支店の融資担当窓口は、男性(内勤・部長職)でした。

「ハイ」と「ロー」の違いは?

簡単に言えば「作業時間」です。

どちらも丁寧に仕事を行うことは共通していますが、ハイカウンターでの仕事には、「迅速さ」も求められるのに対して、ローカウンターでの仕事は、逆に「時間をかけて」作業を行う必要があります。

つまりテラーが作業中の間、お客様が立って待つような仕事内容は「ハイ(高い)カウンター」で行われ、お客様も座っていただくほど時間を必要とする仕事内容は、「ロー(低い)カウンター」で行われるということです。

後方事務

厳密には「窓口の仕事」とは言えないかもしれませんが、窓口(テラー)の後方で、現金補充や法人取引の書類手続きなどの事務作業を行います。

後方事務は、お客様と直接応対することはありません。

表に立つテラーをサポートする「裏方」のような存在と言えるでしょう。

「銀行窓口の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

銀行窓口の仕事はどんな人に向いている?向いている人の9個の特徴とは?

銀行窓口がどんな仕事内容か、大まかにでも概要がつかめたでしょうか。

次に、銀行窓口の仕事に向いている人の特徴を9つ挙げてみました。

感じの良い人

銀行窓口は、お客様と接する仕事でもあります。

何か陰気で暗い感じの人より、「この人、感じが良いな」と思える雰囲気がある人の方が、窓口の仕事に向いていると思います。

第一印象が重要となると言えるでしょう。

几帳面な人

銀行とは時に多額のお金が行き来する場でもあります。

そういう場でお金を扱う仕事をする以上、几帳面な性格の人は銀行窓口の仕事に向いているのではないでしょうか。

細かいことにも気を配り、見逃さないこと、着実に業務を行えることが求められます。

計算(暗算)スキルが高い人

お金を扱うという点では、計算が早いだけでなく、正確にできる人もまた、窓口の仕事に向いていると思います。

銀行の窓口が午後3時に閉まった後、窓口の仕事はこれで終わりでは、残念ながらありません。

窓口を閉めた後は、現金勘定が合っているかの確認作業が待っています。

それだけではなく、窓口を開けている入出金作業のときも、現金を数える必要はあります。

お札や小銭を数える作業は、ほぼ毎日繰り返しているうちに早くなっていきますが、ただ手で数えるだけでなく、自分の頭も使いながら、計算するように数える習慣を身につけると、より正確に数えることができるようになるでしょう。

計算が得意な人

一般的に数字に「強い」という人は、計算が「得意」でもあります。

そういう人は窓口業務に向いていると言えるでしょう。

というのも、銀行窓口に限らず、銀行業務というのは、常に数字を扱う仕事だからです。

しかし窓口では、「計算」よりも「勘定(数える)」仕事の方が圧倒的に多いです。

数える作業も、数をこなせば慣れていきます。

慣れれば作業自体は苦にならなくなります。

だから「計算は苦手」と思っている人でも、窓口の仕事ができない、というわけではありませんので、その点は安心してくださいね。

所作が美しい人

カルトン(お客様の通帳や現金を入れるプラスチック製のトレイのこと)の出し方、出すタイミングも大切です。

札勘(さつかん=お札を数えること)をしているときの、手の動きも注目されます。

コンピューターでの通帳操作など、業務を一つ行うときでも所作が美しく見える人は、窓口の仕事に向いていると思います。

所作が美しく見える人は、見る人の目を惹きつけるだけでなく、相手を思いやる心も持ち合わせている印象を与えるからです。

柔軟な応対ができる人

上記の「所作が美しく見える人」と少々重なる部分がありますが、お客様一人一人に合わせて応対ができる人、つまり柔軟性がある人は、窓口の仕事に向いていると言えるでしょう。

ただしそれは、媚びたりぞんざいに接するような「わけ隔てる」ことを推奨しているのではありません。

くれぐれも誤解なさらないようにしてください。

きちんとした身だしなみをしている人

制服にムダな「改造」を施していない、シワや汚れがない制服を、きちんと着ている人。

ストッキングに伝線もなく、足のサイズにピッタリ合っていて、きちんと磨かれた靴を履いている人。

(少なくとも勤務中は)派手で大きめなアクセサリーをつけていない人。

爪は長すぎず、きちんとそろえて切ってあり、指先まで手入れが行き届いている人。

色を塗っていても、控えめにとどめている人。

メイクは濃すぎず、薄すぎず、加減をしっかり知った上できちんと施している人。

清潔感のある髪(型や質)の人。

このように、外見上からでも、きちんとした印象を周囲に与えると、銀行へやって来るお客様は、「この人にお金を預けても大丈夫」という安心感を抱くのです。

お客様を安心させる雰囲気がある人には、他の行員も、好感且つ信頼感を抱きやすいもの。

つまり、普段からきちんとした身だしなみをしている人は、銀行窓口の仕事に向いていると言えるでしょう。

どんなときも心にゆとりを持っている人

銀行窓口の仕事というのは、はっきり言って忙しいです。

窓口が閉まる午後3時以降も、忙しいことに変わりはありません。

お金を扱う仕事は細やかな神経を使いますので、心は常に緊張している状態です。

それでも、髪をふり乱すことなく、心の一部にゆとりを持ちながら、淡々と集中して仕事をこなしている人は、周囲にもゆとりを与えることができています。

そういう人が銀行窓口担当だと、なんだかホッとしませんか?

チームプレイができる人

いくら計算が得意でも、数字に強いという自信を持っていても、その能力を過信してしまってはいけません!

お金の入出金額、通帳記入といった作業は、一人で全部行うのではなく、自分以外の他の行員(できれば2・3人)に、金額が合っているかどうかを必ず確認してもらってから、お客様に通帳やお金をお返しすること。

これは絶対的な基本ルールです。

これを怠ってしまうと、金額が合わない、いわゆる「事故」の発生につながります。

「事故」が発生すると、(本・支)店から外に出ることはもちろん、金額が合うまで全員、家に帰ることもできません。

それくらい、「事故」に対しては厳しく追及されるのです。

なぜなら銀行はお金を扱う仕事だから。

お金が商品でもあるのです。

窓口に限らず銀行業務は、一人(ワンマン)ではなく、チームプレイです。

他の行員(チーム)を頼ることができる人、そして他のチームに頼られる人、つまりチームプレイができる人は、銀行(本・支)店の「顔」とも言えるポジションの窓口でも、立派に仕事をこなしていくことができるでしょう。

「銀行窓口の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

銀行窓口の仕事で活かせる経験

ここでは、銀行窓口の仕事に活かすことができる経験を2つご紹介します。

1つは銀行での経験で、2つ目は銀行以外での経験です。

後方事務

銀行窓口業務をサポートする仕事として、後方事務と呼ばれている仕事があります。

金融機関によってはこちらもパートを含めた求人が出ていることがあります。

後方事務の経験があればスムーズに窓口業務を担当することができます。

コピーやファイリング、書類整理、郵送物手配などを行うことがメインの後方事務では接客を含まないため、事務作業に集中することができるので、銀行未経験でもじっくり銀行に関する知識を身に着けていくことができます。

銀行窓口の業務を一番近くで学べる環境と言えるでしょう。

公共機関での臨時職員(アルバイト)

私は一時期、区役所などの官公庁や税務署や社会保険事務所といった公共機関で、アルバイトをしていました。

主な仕事内容、書類整理、伝票の記入、ファイル管理、といった簡単な事務作業から受付まで、多岐に渡っていました(アルバイト先によります)。

公共機関でアルバイトができる期間は決まっているので、いくつかの機関に履歴書を渡していたのですが、その中のある機関を通して金融機関の方から「うちで正社員として働かないか」とお声をかけていただき、金融機関で働き始めました。

私が情報処理1級(合格)の資格を持っていたことと、公共機関で受付(=窓口)の仕事をしていた経験があることを理由にスカウトされたのでした。

公共機関での受付の仕事は、時間に換算すればそれほど多くはありませんでしたが、「経験しました」と言うことはできます。

そして数をこなすうちに、お客様をなるべく待たせないようにするには職員さんにどう仕事を伝えて任せるかなど、「スムーズな進め方」や「流れ」を会得することができたため、胸を張って「経験しました」と言えたのでした。

「銀行窓口の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

その後のキャリアについて

窓口の仕事についた後の、社内でのキャリアアップの道は?

窓口というのは銀行の「入口」に相当する部分にあり、(本・支)店のイメージが決まると言える、大事なポジションです。

入口は最前列でもあり、同時に「出口」でもあります。

であれば、幅広い視点を持ちながら、全体像を見る感じで仕事に臨んでみてはどうでしょう。

まずは自分の仕事内容を把握することに全力を注いでみた上で、全体の「流れ」を把握するのです。

その流れは「お金」や「データ」であったりと、様々です。

全体の流れを把握すると、その中で今自分がどの位置にいて、どの部分の仕事を担っているかが見えてきます。

そうすることで、自分が進みたい方向も分かります。

あなたの進みたい道に進むことができる、それこそがあなたのキャリアアップにつながっていくと思います。

どんなに時間がかかっても大丈夫です。

キャリアアップの道は、あなた自身が自分で見つけ、あなた自身が自分で進むことで、あなた自身の道を築いていくことができますから。

他の仕事にもこの経験を活かせる?

もちろんこの仕事で得たスキルや経験は他の仕事にも活かせます。

代表的な職種を3つ挙げました。

受付

銀行窓口の仕事は、銀行にやってくるお客様の応対をすることです。

窓口業務という点で共通なので、企業や病院の受付でも銀行窓口の経験を活かすことができると思います。

販売員

お客様と直に接する経験は、販売の仕事でも活かすことができるでしょう。

これは私個人の話ですが、海外の土産物屋で販売員の仕事に就けたのは、私に窓口業務の経験があったからです。

当時の社長が後日、そう話してくれました。

事務

窓口の仕事というのはお客様の応対だけではありません。

データ入力業務ややファイル管理など、一般的な事務の仕事も含みます。

そういった一般的な事務業務に関してはの経験は、銀行に限らずその他企業などでの事務の仕事で活かすことができます。

まとめ

以上が銀行窓口の仕事についての解説になります。

いかがでしたか?

あなたがイメージしていた通りだったでしょうか?

それとも、少しでも銀行窓口の仕事に対する敷居の高さがなくなりましたか?

銀行窓口の仕事に向いている人についての事柄は、他の仕事に対しても当てはまることだと思います。

今のあなたの仕事に一つでもいいので、ぜひ役立ててみてくださいね。

「銀行窓口の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

実際に銀行窓口求人を探す時は、こちらの記事を参考に!

  この仕事を探せるおすすめ求人サイト
  この仕事を探せるおすすめ求人サイト
転職した人の8割が使ってる!1つ目の転職サイトとして、まずは登録しておくべき大手サイト 公式サイト 公式サイト
最初に、年収診断をしてくれるのがウリ!7万人の転職者データを元にしてちゃんとした適正年収を提示してくれます。 公式サイト 公式サイト
転職支援実績NO.1。41万人以上の転職支援を誇る。No.1だからこその充実サポートでキャリアップを支援してくれます。 公式サイト 公式サイト
【裏技紹介】リクナビNEXTに会員登録したら、TOPページのフリーワード検索で「探したい職種」を入力して検索を!そうすると、自分にあった求人がたくさん見つかります。

関連キーワード

銀行求人

銀行求人についてもっと深堀りした情報を見る

銀行営業の仕事はどんな人に向いているの?仕事内容や向き不向き、やりがいについて解説します

銀行には多くの仕事があります。大きくは事務と営業に分けられます。両者は両輪の関係で、営業のとってきた契約を事務方が正確に遂行することで、銀行の業務は円滑に進められます。今や銀行はオーバーバンキング状態といわれ、地方銀行間の再編も進んでいます。低金利、設備投資の減少など、銀行にとっては厳しい環境下、銀行間の競争は激化しています。銀行の扱う商品は【お金】です。お金に色はありません。そのなかで自分の銀行を選んでもらう、それが銀行営業の仕事です。銀行営業の仕事の種類と大まかな仕事内容銀行の営業は、お客様により2種類に大きく分けられます。個人営業(リテール)と法人営業(ホール)です。個人営業(リテール)

銀行の仕事はどんな人に向いているの?仕事内容や向き不向き、キャリアについて解説します

日銀の金融政策であるマイナス金利導入により、昨今業績が芳しくない金融業界ですが、依然として就活生には人気があります。高給であり、経済の血液である金融へのやりがい、ビックプロジェクトへの関わりなど様々な魅力があります。その銀行の仕事に向いている人材、またその職場環境・業務内容、キャリアなどについて簡単に解説していきます。銀行の仕事はどんな仕事?銀行での仕事内容は多岐にわたります。まず、支店と本部の違い、総合職と一般職の違い、法人担当と個人担当の違いなどが挙げられます。そして、仕事全般にコミュニケーション能力が求められることは間違いありません。また、新卒採用で入社した新人は一般的に銀行の支店に配属

銀行の就職を成功させるためにやるべきことと、方法を解説します

夏の日差しが今日も暑いですね...こんな日には、銀行員として夏の暑い日差しの中、渉外活動をしていたことを思い出します。色んな取引先や企業へ推進活動をしている銀行員の方々、本当にお疲れ様です。特に最近は蒸し暑く、熱中症にも注意が必要ですね。この暑い中、スーツで就活している就活生の学生さんたちも本当にお疲れ様です。さて、今回は銀行員になりたいと思う方必見!というほどでも無いかもしれませんが、元銀行員の視点から見る「銀行の就職を成功させるためにやるべきこと」を記事として書かせていただきます。現在も、だと思いますが、銀行って結構人気な職業だと思っていますし、いま就活をしている学生さんの親世代からしても

銀行窓口求人でよくある募集内容や、向き不向きや選び方のコツを解説します!

銀行内の「顔」とも言える存在、それは「窓口」ではないでしょうか。 企業や病院の受付とはちょっと違う「顔」に、難易度の高い仕事だと思っている方もいらっしゃるかもしれません。 そこで今回は、銀行窓口の仕事内容や求人募集について、向き・不向きな人、選び方のコツなどを分かりやすく解説します。 銀行窓口のおおまかな仕事内容銀行窓口の仕事のことを「テラー」と言います。 テラーの仕事内容は「ハイカウンター」と「ローカウンター」の2つに分けることができます。そしてテラーを支える役割を「後方事務」と呼びます。「ハイカウンター」と「ローカウンター」の違いは? ハイカウンターの主な仕事内容は普通預金の入出金や、通帳