現在の飲食店業界は、さまざまな企業が進出し、競争力が高まる中しのぎを削っています。

飲食店にはそれぞれ特徴が異なることがあります。

その要因として「店長」の存在があります。

飲食店店長の打ち出す方針のもと運営している飲食店ですが、今回はその「店長」の仕事にスポットを当てて解説していきたいと思います。

飲食店店長の大まかな仕事内容

飲食店の店長は、店内で勤務する従業員を管理したり、備品の管理、お金の管理を任されています。

例えば、従業員の体調を気遣いシフトを調整したり、冷蔵庫が破損した場合の対応、また、お金に関する管理にはその日の売上を記録していくことで経営分析のデータとして活用したりします。

仕事上の役割とは?

飲食店の店長の仕事上の役割として、特に従業員の管理は大切です。

それは、いくら店内にお客様が多くても、対応する従業員がいなければ意味がないためです。

「人は宝」とよくいわれますが、まさにその通りだと思います。

飲食店店長の仕事が得意な人の3個の特徴

飲食店の店長には、向いている要素として次の項目が挙げられます。

面倒見の良い人

悪く言えば「おせっかい」ですが、飲食店では大変重要な要素です。

よく子供がご飯をこぼしたら、拾ってあげたり拭いてあげたりすると思います。

単に、その対応の仕方が子供からお客様に対象が変わっただけです。

飲食店では、お客様がよく食べ物をこぼすということが多々あります。

そんなときに面倒見がよくなければ、落ちた食べ物の処理などはすることないでしょう。

向上心のある人

飲食店で勤務するうえで、向上心も非常に重要な要素の1つです。

人は仕事をするうえで、「ずっとこのままでいい」という方はほとんどいないことでしょう。

向上心を持つからこそ、ライバルとの競争や新しいことにも挑戦することができるのです。

信頼のある人

飲食店の店長は、そのお店の鏡です。

店長の色がそのままお店の色として定着することがほとんどだと思います。

そこで勤務する従業員も、店長のもと集まった精鋭といえるでしょう。

そんな店長は、従業員から信頼されていなければ成り立ちません。

飲食店店長の仕事で活かせる経験

ここでは、飲食店の店長が仕事で活かせる経験をご紹介したいと思います。

物事の段取りを組めるようになる

飲食店の1日は、忙しいときと暇なときの差が相当あります。

お昼頃のピークは、お客様や従業員で店内がいっぱいになります。

そのたくさんのお客様を相手にするためには、やはり「段取り」が必要となります。

また、このときに実際にそうなったときのロールプレイをすることで物事を予知することができます。

段取りを失敗しても、同じことを繰り返さないように、次回勉強するようになるため、「物事の段取り」については相当な知識や経験を積むことができます。

ピーク時の指示だし

飲食店の店長の業務として、ピーク時の指示だしがあります。

アルバイトや他の従業員に「今してほしいこと」をお願いするのです。

店内のピークがうまく回るための方法として、店長は周囲を意識し、細かく指示を出さなければなりません。

実はこの経験、さまざまな場面で活かすことができます。

例えば、掃除中、本来1人でしているところに他の誰かを気軽に誘うことができるようになります。

一見誰でもできそうですが、掃除という比較的簡単に行うことのできる作業でも、他人と協力して行うことで負担を減らす効果があります。

これは、自身が身動きが取れないほど仕事を抱え込んでしまう状態に陥った場合など、他人に物事をお願いできるようになるということに繋がります。

飲食店店長で働くメリットとは?

キャリアとして周囲からの評価が得られる

飲食店の店長というキャリアから、同級生や知人に公表することで自身に繋がります。

さらに、他企業とのやりとりの中で、飲食店の代表として取引ができるため、総合的な評価を得ることができます。

給料が高い

仕事をするうえで、「生活水準を上げたい」と思う方も少なくありません。

飲食店の店長ともなれば、他の一般従業員とは違い、給料が高く設定されます。

その分、責任感が高くならなければなりません。

その後のキャリアについて

この仕事についた後のキャリアアップの道は?

飲食店店長のさらに上のキャリアは「SV」です。

スーパーバイザーと呼ばれるキャリアで、よくチェーン展開している飲食店企業にみられます。

地域の飲食店の品質向上や衛生管理などの仕事を行います。

他の仕事にもこの経験を活かせる?

飲食店の店長という経験は、他の仕事にも活かすことができます。

店長は人をまとめなければなりません。

どの職種にも「人をまとめる力」というのは必ず必要となってくることでしょう。

常にリーダー的存在となって、周囲を引っ張っていくことができるようになります。

自分にあった飲食店店長の求人の選び方や注意点

飲食店の店長はさまざまな形態で求人が出されることがあります。

ここでは、その飲食店店長の求人の選び方を紹介します。

【選び方①】雇用形態から探す

飲食店の店長が必ずしも正社員とは限りません。

場合によってはアルバイトも店長として勤務することもあります。

しかし、正社員のほうが店長にとってメリットが多いことから、正社員で雇用形態を結ぶことをおすすめします。

【選び方②】お店の業態から考える

飲食店によって、その業態はまったく異なります。

個人で運営している飲食店、全国にチェーン展開している飲食店などさまざまですが、飲食店の業態を考えることは、求人情報として大切であるといえます。

【選び方③】給与や雇用条件から考える

飲食店の店長はそれなりに給料を支給されていることが少なくありません。

その分、責任感が重くのしかかってきますが、求人を選ぶ点で給与は大切な要素の1つです。

また、雇用条件についても考える必要があります。

飲食店店長でも、給与額はさまざまですし、勤務時間も異なります。

自分に合った求人を選ぶときにこれらは非常に重要となってきます。

まとめ

飲食店は店長の雰囲気で、店内の雰囲気が変わります。

お客様にとって飲食店は、安らぎの場です。

お客様の要望にきちんと応えられるように対応していかなければならない飲食店店長ですが、今回は「向いている人」をテーマにご紹介させていただきました。

飲食店に興味を持たれている方の参考になれば幸いです。


関連キーワード

飲食求人