獣医師の仕事のうち、公務員として働くという方法があります。

獣医師なのに公務員?とよくわからない方のほうが多いと思います。

同じ公務員として働いている人たちの中にも、獣医師が公務員として働いていることを知らない人がいるくらい、この仕事は世間的には目立たない仕事です。

公務員の仕事は縁の下の力持ちである部分が多いですが、公務員獣医師として働く獣医師が請け負っている仕事も、同様に縁の下の力持ちとして活躍する場面が多いのが特徴です。

今回は、そんな少しマイナーな印象もある公務員獣医師のお仕事について、そしてその求人がどのようなものなのかについて、みなさんの気になるポイントをご紹介していきたいと思います。

公務員獣医師の仕事とはどんな仕事?

公務員獣医師は、まず大きく2種類に分かれます。

それは、国家公務員と地方公務員の2種類です。

国家公務員の場合は、基本的には農林水産省か厚生労働省に入省することになります。

地方公務員の場合は、都道府県もしくは市に入庁することになります。

国家公務員のうち、農林水産省の仕事は主に家畜衛生をメインにします。

農林水産省本省だけでなく、動物検疫所、動物医薬品検査所、家畜改良センターや農研機構での勤務配属になります。

農家における生産物の振興や経営の安定化対策を行ったり、畜産物の安全管理、家畜衛生の向上のために様々な防疫対策を考えたり実行したりします。

また、海外との連携も取りながら防疫の自由化等の対策までも行います。

一方、厚生労働省の仕事は、主に公衆衛生を担うことになり、とくに食に関する安全対策がメインになります。

食中毒の予防対策や、食品の輸出入に関することなど、食品衛生法に関した仕事を請け負います。

それらに加え、感染症対策も厚生労働省で働く獣医師の仕事になります。

例えば狂犬病や鳥インフルエンザのような人獣共通感染症を防ぐために危機管理体制の整備をしたり、輸入されてくる動物の検疫を行ったりします。

厚生労働省本省に加え、各地方の地方厚生局や検疫所、国立医療保険科学院などで勤務します。

海外のWHO、JICAへ出向することや、他の省庁への出向もあります。

地方公務員でも、おもに2種類に仕事内容が分かれます。

それは、公衆衛生と家畜衛生です。

国家公務員獣医師でいうところの農林水産省が家畜衛生、厚生労働省が公衆衛生と捉えていただけると分かりやすいかと思います。

家畜衛生を請け負う公務員獣医師の場合、家畜保健衛生所や畜産研究所といった場所で働くことになります。

公衆衛生を請け負う公務員獣医師の場合、保健所や環境衛生研究所、食肉衛生検査所、動物愛護センターで働くことになります。

国家公務員は日本全体のために海外との交渉を行ったり、北から南まで広く視野をめぐらしていることに対し、地方公務員の場合は、地域に密着した形でより細やかな仕事内容が求められています。

獣医公務員求人でよくある募集内容とは?

では、公務員として働く公務員獣医師の求人はどの様になっているのでしょうか。

基本的には、ほかの公務員と同様に、採用試験を受けて合格した後に採用され、配属場所が決まるという流れで、就職先として決めることになります。

その求人内容はどういった内容になっているのか。

給料の相場や休み、福利厚生などについて、ご紹介していきたいと思います。

給与相場

初任給うち、基本給は20万程度のところがほとんどです。

これに、通勤手当、家賃手当、地域手当など、公務員ならではの手当がもろもろとついてきます。

これに加えて、現在は公務員獣医師の人材不足があるため、獣医師手当というものを用意して人材確保に躍起になっているところが多いのが特徴です。

ちなみに獣医師手当は初年度からしばらくは3万円程度支給され、徐々になくなっていく(減額されて最終的には0円になる)ように決められているところが多いようです。

これらを総合して、だいたい総支給額で23〜24万円程度になると考えてもらえればいいかと思います。

勤務時間や休日、残業

基本の勤務時間は公務員の勤務時間と同じであるため、平日月曜日から金曜日まで、午前8時30分から午後5時15分までとなっています。

しかしながら、生き物を相手にするケースのある公務員獣医師は、ときに土日出勤であったり、変則的な時間に働くこともあります。

例えば、食肉衛生検査所では、食肉検査を行いますが、食肉処理場は仕事の始まる時間が朝早く6〜7時頃から可動することが多いため、そこに務める公務員獣医師の勤務時間スタートはあわせて早くなります。

公務員獣医師は公務員であるため、完全週休2日制でなおかつ祝日休みです。

お盆休みはありませんが、年末年始の休みは取得できます。

また、地方等により細かいところは異なりますが、夏季休暇の取得が4〜5日ほど取得可能なケースが多いです。

残業に関しては、配属される部署により大きな差が出やすいです。

昨今の公務員獣医師は予算が不足したこともあって、各所での人員不足が特徴になっておりますので、ひとりひとりの担う仕事量が増大している傾向にあり残業時間は長くなっている傾向にあります。

しかしながら、残業しても残業代に予算の限界があるためサービス残業になってしまっているケースが多々あります。

公務員といえども残業代で稼ぐことも難しい時代です。

また、公務員獣医師は緊急案件に対応し無くてはならないことが多く、業務が深夜をすぎることや、夜通しの作業などもそれなりに発生します。

福利厚生

公務員獣医師の最大のメリットと言えるのが、この福利厚生です。

労働組合が強いので、公務員である限り福利厚生には恵まれていると言って良いでしょう。

初年度であっても4月1日から有給休暇の取得可能な場合もあり、15日もらえます。

翌年からは20日の有給休暇が可能なため、一般企業よりも有給休暇は多く利用しやすい環境です。

また、住宅手当を始め、地域手当や危険手当など数多くの手当が存在しますので、基本給はそれほどよくはありませんが、手取りにはそれなりの色がついてくることが特徴です。

公務員であるという地位のメリットもあり、銀行での融資が簡単に得られたり、クレジットカードの審査なども通りやすいなどの社会的な信用度が高く得られる特徴もあります。

勤務場所

国家公務員であれば各省庁をはじめ、全国の地方へ出向したり、海外への出向もあるため、なかなかひとつの場所に永住することは難しいでしょう。

地方公務員であっても、その地域内で転勤が2〜3年ごとに1回は生じるため(異動といいます)、管轄エリアが広い都道府県の場合は引っ越しを余儀なくされることもあります。

家族がいる場合は、単身赴任もしくは長距離の出勤をすることも。

しかしながら、単身赴任手当が出たり、通勤手当もしっかり支給されるのでそこまで負担はないかもしれません。

それよりも、多くの公務員は異動に伴う引越し費用をもらうことはできないので、引っ越し貧乏になることもあります。

求められる人物像

公務員である以上、倫理感がしっかりとあり、ルールや規範に則ることのできる人物がまず求められています。

しかしながら、昨今の様々な情勢に柔軟に対応していくため、民間感覚を持った人材が重宝されることも多いです。

そのため、動物病院や一般企業での職務経験のある獣医師も積極的に採用されているところが特徴です。

公務員獣医師の多くは、一般市民を相手に仕事をすることになるため、人としっかりコミュニケーションをとれることも大切な要素です。

獣医師として学んできた勉強内容をそっくり活かす機会はどちらかというと少なく、仕事を始めてから新たに学んだり、法律を勉強したりする必要があるため、人によっては獣医学の必要性があまりないと感じるかもしれません。

必要なスキルや資格、経験

最低限必要なものは獣医師免許のみです。

獣医師免許さえあれば、公務員獣医師になる資格としては十分です。

その他、特に国家公務員として働くならば最低限英語に関するスキルがあるとポイントが高いでしょう。

公務員獣医師の仕事のおすすめ求人のポイント

では、実際に公務員獣医師の仕事をしてみようかと考えたとき、その求人をどのように探せば良いのかについてご紹介します。

基本的には公務員試験を受験して採用されることになりますが、とくに地方公務員として働く場合、獣医師の人材不足から特別な形で試験を実施していることが多いのが特徴です。

特に地方都市になればなるほどその傾向にあります。

採用人数を確認しよう、一人しか受からない地域と十人以上受かる地域がある

都道府県ごとに採用募集があるため、その年によって募集される採用人数には異なりが出てきています。

とくにこの地域で働きたい、というような強い希望がない場合であれば、採用人数が多いところを受験したほうが合格の確率が高くなります。

年齢制限をチェックしよう

公務員の場合、採用基準に年齢制限があります。

最近の公務員獣医師の場合、人手不足もあって年齢制限の基準がゆるくなっている傾向にあります。

そのため、年齢制限が厳しいところは人手が十分に足りている地域、逆に年齢制限がゆるいところは人手不足のため、少しでも人数を確保したいと思っている地域と捉えることができます。

公務員獣医師になることだけが目的ならば、年齢制限がゆるいところを受けるのも手です。

しかしながら、人数制限が厳しいところは、採用後も人員不足に悩まされずに落ち着いて仕事に取り組みやすかったり、年齢層にゆがみがないので、バランスのいい人員配置がなされることから、新人であっても落ち着いて仕事を開始できる可能性が高まります。

自身が何を優先するかを考えて、年齢制限の項目を見るといいでしょう。

選考試験になっているかどうかをチェックしよう

公務員獣医師の場合、行政職等とは別枠で、獣医師採用のために選考試験を実施している場合があります。

この場合、獣医師採用のために特別な環境を整えようとしている自治体であることが分かります。

こういったところでは、獣医師手当が多くついていたり、採用後のポジションがしっかりしていたりする可能性が高いので、採用後も獣医師という免許がある限り優遇されやすい可能性があります。

公務員獣医師の仕事についてよくある疑問

なかなか表に出にくい公務員獣医師はどのように働いているのか、なり方から実際になったあとの仕事まで、わからないことだらけだと思います。

ここでは、多くの方が感じやすい疑問点についてQ&A形式で解説していきます。

採用試験の情報はどうやって探すのか?

気になる都道府県や市などの公式HPにいくと、たいてい採用試験という項目が設けられており、そこに受験情報が開示されています。

基本的にはHPある受験申込書をダウンロードして記入し、相手方に送付するという形で申し込むことができます。

しかしながら、たいていお役所の公式HPはわかりにくく作ってありますから、わかりにくい場合は、検索窓から「獣医師 試験」などというワードで検索すれば必要なページがみつかるでしょう。

動物相手の仕事はできるのか?

動物相手の仕事はありますが、動物病院のような仕事ではありません。

公衆衛生系の場合、動物愛護センターでは犬猫の殺処分を行いますし、食肉衛生検査所では肉になる牛豚の検査を行います。

どちらかというと市に直面する業務になるでしょう。

また、家畜衛生系の場合、各農家を回って防疫対策をしたりしますが、治療は行いません。

また死んでしまった家畜の解剖を行って病理検査をすることもあります。

公務員獣医師の仕事は、書類と人間相手と考えるほうがいいでしょう。

採用試験は難しいのか?

国家公務員になろうと思ったり、人気の都市であれば、内容そのものよりも倍率が高いため採用までの道のりが難しくなるケースがあります。

しかしながら、それでもふつうの行政職の倍率よりかは低いため、獣医師として公務員になることは、ふつうに公務員になろうとするよりかは倍率が低く合格しやすいでしょう。

とくに毎年2次募集を行っているようなところでは、よほど出ない限り合格までたどり着けると思います。

どのような勉強をすれば良いのか?

一般試験は、行政職の人が受験するものと基準が同じになりますので、本屋で売られている各公務員試験対策本を参考にするといいでしょう。

専門試験は、獣医師の独自試験になりますが、国家試験対策と同様に捉えると行いやすいです。

臨床分野よりも、基礎分野や感染症関係、家畜関係の分野をしっかりと抑えておくことをおすすめします。

仕事は面白いのか?

なにを持って面白いと感じるかは人それぞれですが、つまらないけども安定している、と答える人が一定数いるのがこの公務員獣医師の仕事です。

だれでもできるが、だれかがやらなくてはならない仕事、という言われ方もされます。

動物病院のようにだれかに感謝されることは少ない仕事ですし、表立って獣医師であると言えることも少ない仕事ではあります。

それでも、働いている人は様々な工夫をしながら働いているのも事実です。

まとめ

獣医師でありながら公務員として働くという、なかなか一般的にはイメージしにくいこの公務員獣医師という仕事についておおまかに紹介しました。

動物と直接かかわるというよりも、動物と人が関する部分をうまくサポートしていく仕事であるというイメージを持ってもらえれば、少しは分かりやすいかと思います。

目立つような仕事でもなく、感謝されることも少ないです。

しかしながら、だれかがやらなくてはならない仕事でもあります。

少しでも興味を持たれた場合、さらに詳しく調べてみることをおすすめします。


関連キーワード

獣医師求人