獣医師とはどのような仕事をして、どのようなキャリア形成をしていくのか。

仕事であるため、獣医師の生活にも良い面と悪い面が存在します。

今回は獣医師という仕事と、その良い面悪い面の両方を紹介します。

獣医師とはどんな仕事?

獣医師と聞くと、一般的には犬や猫のお医者さんである「動物のお医者さん」を想像されるかと思います。

獣医師の仕事は実際は多岐にわたっており、犬や猫を診察、治療する小動物臨床獣医師をはじめとし、家畜である牛や豚の診察、治療をする大動物臨床獣医師、公務員として家畜衛生や公衆衛生を守り監視する獣医師など多くの場で獣医師は活躍しています。

また一般企業である製薬会社や検査会社等に勤務し、その知識を幅広く有効活用している獣医師もいます。

獣医師の役割とは?

動物の命を守り、救う

獣医師は人間以外の動物の診察、治療を行うことができます。

ケガをしたり病気になった動物を診察し、治療することが認められているのは獣医師だけなのです。

家畜である牛や豚を治療しなければ、農家が困るだけではなく最終的に食事をとる人間も困ってしまいます。

獣医師と農家が協力することで、おいしい肉や乳が食卓に提供されます。

また、小動物である犬や猫は、今の世の中では家族同然として扱われています。

家族と少しでも長く一緒にいられる時間を増やすためにも、獣医師による診察や治療、また、病気の予防は非常に重要です。

感染症の予防や対策を行う

獣医師は世界中に存在する感染症のプロでもあります。

細菌、ウイルス、寄生虫を原因とした感染症の予防や治療に対して、貢献することが可能です。

動物に対して罹る病気だけではなく、人と動物に共通して病気が発症する人獣共通感染症の知識を持ち、正確な予防や対策を行うことは世界的にも重要視されています。

日本の場合、狂犬病が有名です。

世界中に蔓延する狂犬病について日本が数少ない清浄国でいられるのは、この国が島国であることに加えて日本国内の過去の獣医師達と、現在の獣医師たちの努力の賜物と言えるでしょう。

食や住居に関係する衛生管理を行う

試乗に出回る肉類、流通している食品類、外食産業など、多くの食にまつわる衛生管理を請け負うのも獣医師の役割です。

その他、人々が生活するのに欠かすことのできない、様々な衛生管理を請け負います。

食べ物から水の衛生管理まで、幅広く行う獣医師もいます。

獣医師は人々が生活していくために必要となる衛生を保つことを求められています。

獣医師の具体的な仕事内容とは?

具体的な業務

小動物臨床獣医師としての仕事内容

犬や猫をはじめ、様々なペットたちの病気を診察し、治療します。

人の医師とは違い、専門科に分かれていないため、内科も外科も一人で行います。

大動物臨床獣医師としての仕事内容

牛や豚などの家畜を診察し、治療します。

また、ワクチン接種などの予防業務も丁寧に実施します。

また、繁殖指導や診断も実施します。

公務員獣医師としての仕事内容

食品や食肉の衛生管理であったり、動物愛護管理であったりを仕事内容とする公衆衛生獣医師と、大動物である牛や豚の飼育をする農家に対しての衛生管理や飼育指導を行う家畜衛生獣医師がいます。

仕事の流れ

小動物臨床獣医師の場合

一般的な動物病院では午前中にまず診察を行います。

そしてお昼からは検査や手術を行い、午後から再び診察を行います。

大動物臨床獣医師の場合

診療所を構えてはいますが、牛や豚を移動させることはできないので、獣医師がチームを組んで各農家を巡回し往診します。

往診先で診察を行い、ときには手術を行います。

公務員獣医師の場合

各施設の監視指導を巡回し、その後デスクワークとして事務処理を行います。

また、いろいろな書類の申請を受付、許可を出すようなことも行います。

獣医師の給料事情は?

獣医師の給与は、初任給で20数万円程度です。

また、年収の平均は500万円〜600万円程度(平均年齢40歳)です。

大学卒としては一般的かもしれませんが、同じく6年制である医師、歯科医師、薬剤師に比べると給与面では劣る面もあります。

獣医師の仕事で良い面とは?

多くの獣医師が思う仕事をするうえでの良い面とは何でしょうか。

やりがいがある

特に臨床獣医師として働く人が一番にあげるのがこの「やりがい」です。

動物たちを救い、飼い主や農家からありがとうと感謝される、そのことに一番のやりがいを感じている獣医師が多くいます。

自身の存在価値を確認できるとても気持ちのいいやりがいです。

仕事の幅がある

国家資格であり獣医師しかすることのできない仕事が多く存在します。

そのため、就職困難の時代であっても比較的、選ばなければ就職に困ることが少ないため、価値のある資格と言えます。

獣医師の仕事で悪い面とは?

一方で獣医師が感じる仕事の悪い面とは何でしょうか。

給与が低く、勤務環境が悪い

動物病院を代表として、獣医師の給与はその仕事内容や時間に対して非常に低いのが現状です。

現状では開業しても院長で600万円程度の年収しか手に入らないケースも少なくありません。

また、病気に休日がないため、多くの獣医師は長時間労働を強いられ、睡眠時間を確保することさえ困難なケースは決して稀ではなく、体調を崩して獣医師を辞めるものもいます。

社会的地位が低い

他の国家資格に比べて社会的な認知度が低いため、自尊心を保てないケースがあります。

獣医師以外の仕事へ転職しにくい

国家資格を持つ人々に共通していることではありますが、その資格を活かさない生き方を選択しようとした時に、立ちはだかる壁が大きいのも特徴です。

多くの獣医師への誤解から、獣医師資格を活かさない仕事に就きたい理由が想像されにくいのが理由としてあげられます。

また、獣医師側も一般企業での就業経験がないため一般的なビジネスマナーを知らず、また、就活も経験していないため世間とのズレが大きくなっていることも理由です。

獣医師を辞めたいと感じる人の理由は、こちらを参考に!

まとめ

獣医師の仕事は幅広く、その仕事内容が請け負う社会的責任も大きいです。

そのため、獣医師は仕事にやりがいを感じて日々業務に励んでいる方が多いのですが、その一方で長時間労働や薄給であるなどのマイナス面が獣医師業界を蝕んでいます。

良い面をプラスに捉えるか、悪い面を考え獣医師を辞めるのか、多くの獣医師は常に悩んでいます。

今回の内容で、獣医師という仕事の現状を少しでも知ることができれば、今後のあなたのライフプランに役立つかもしれません。


関連キーワード

獣医師求人

獣医師求人についてもっと深堀りした情報を見る

獣医公務員求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

獣医師の仕事のうち、公務員として働くという方法があります。獣医師なのに公務員?とよくわからない方のほうが多いと思います。同じ公務員として働いている人たちの中にも、獣医師が公務員として働いていることを知らない人がいるくらい、この仕事は世間的には目立たない仕事です。公務員の仕事は縁の下の力持ちである部分が多いですが、公務員獣医師として働く獣医師が請け負っている仕事も、同様に縁の下の力持ちとして活躍する場面が多いのが特徴です。今回は、そんな少しマイナーな印象もある公務員獣医師のお仕事について、そしてその求人がどのようなものなのかについて、みなさんの気になるポイントをご紹介していきたいと思います。公務

獣医師の転職を成功させるために!働き先の種類やおすすめな病院の3個の特徴と上手に転職するための3つの注意点

獣医師として生きていく中で、様々なライフプランがあると思います。そして人生にはいろいろな転機が訪れます。例えば、結婚して家庭ができたり、昇進して責任のある立場になったり。また、自分自身の獣医師としてのステップアップも考えるときがやってくるでしょう。そんなときに、転職という手段がひとつ候補に上がってくるかもしれません。獣医師、とくに臨床獣医師として動物病院で働く獣医師が転職を成功という形で収めるにはどうしたらいいのか。もちろん人により目指す形は異なります。自分自身にとって一番最善の形で転職ができるような動物病院の選び方、また、転職する際に何に気をつければ成功できるのか、これらについて説明していき

獣医師の年収はどれくらい?相場感や給料を上げるための転職術を教えます

獣医師の年収ははたしてどのくらいになるのでしょうか?一般的には医とつくので高給なイメージがあるかもしれません。実際はどうでしょうか。獣医師においても様々な業務形態があるため、今回は各業務形態ごとに、その年収がいくらぐらいになるのか、また給与アップを目指すための転職術についてご紹介したいと思います。「獣医師」が自分に向いているか診断するにはこちら →獣医師の給料の相場はどのくらい?正社員で新卒入社した場合小動物臨床獣医師の場合一般的な犬猫の動物病院に就職した場合、地域差もありますが、初任給が月20〜25万円程度が相場になります。そして、給与のいいところで30万円程度。一般的な大卒初任給と同程度か

獣医師の仕事はどんな人に向いているの?仕事内容や向き不向き、キャリアについて解説します

獣医師はどんな仕事をするのでしょうか。何となく白衣を着て、犬猫相手に優しく語りかけているようなイメージを持たれている方も多いかもしれません。ですが、実際の獣医師の仕事は幅広く多岐にわたり、また決してきれいな部分ばかりではありません。「獣医師」が自分に向いているか診断するにはこちら →獣医師の仕事はどんな仕事?獣医師の仕事はとても広く、「犬猫などの小動物を治療する」「牛豚などの大動物を治療する」「公務員として衛生管理をする」「企業や大学で研究・開発をする」など働き方が多様です。実際に生き物を治療するだけでなく、生き物が生きる環境を整えることも仕事になります。例えば流通する肉の安全面や衛生面を検査

獣医師正社員求人の年収や仕事内容、おすすめ求人の特徴とは?よくある募集内容や正社員として求められることを解説!

獣医師が正社員として働くとは、どういうことでしょうか。雇用される立場として、どのような仕事をしていくことになるのか、また、おすすめされる求人とはどういうものなのかを紹介していきたいと思います。獣医師の正社員の仕事とはどんな仕事?仕事内容は多岐にわたります。同じ獣医師であっても各業種ごとに業務内容は異なります。獣医師の正社員の仕事1:小動物臨床獣医師の場合犬猫をはじめとし、その他うさぎやハムスターといった小動物の病気を治療したり、予防診療を行います。獣医師の場合、医師とは違って、内科、外科等に分かれていません。専門医も少しずつ増えてきてはいますが、多くの動物病院では、総合診療医として働くことにな


獣医師求人に関するコラム

獣医師になるには?資格や勉強しておくべきこと、仕事の探し方まで経験者が解説!

獣医師になるには、どうすればいいのでしょうか。医師とついているけども、獣の医師である。そもそも獣医師とはどういう資格であるのか、そしてどうやって資格を取得すれば良いのか、わからないことはたくさんあるかと思います。今回は国家資格である獣医師免許の取得方法と、重医師免許取得後の就職先等についてご紹介したいと思います。獣医師になるには?獣医師とは、獣医師法第1条に記載されている通り、「獣医師は、飼育動物に関する診療及び保健衛生の指導その他の獣医事をつかさどることによつて、動物に関する保健衛生の向上及び畜産業の発達を図り、あわせて公衆衛生の向上に寄与するものとする。」とされています。一般に、人が飼育す

獣医師のやりがいとは?現役の私が感じる3個のやりがいを感じる瞬間を紹介します

獣医師のやりがいとは、何でしょうか。ひとことで獣医師といっても、その仕事は多岐にわたっています。その分、獣医師の活躍の場は広く用意されています。そのため、獣医師は多くの場でやりがいを感じるきっかけが得られる仕事です。やりがいが多い分、反対に大変さや苦労も多い仕事でもあることが獣医師の特徴です。今回は、獣医師がどのような仕事をしており、どういった場面でやりがいを感じるのかについて、説明したいと思います。獣医師はどんな仕事?獣医師とは、言葉通り獣の医師であるため、犬猫をはじめとした小動物や、牛豚などの家畜の病気を診断し、治療する仕事です。また、そういった治療行為を行うだけでなく、国家公務員や地方公

獣医師を辞めたいと感じる人の5個の理由の種類と対処法。つらすぎる時は働く環境を変えることも必要かもしれません。

獣医師として働いているあなた。以前から、もしくは最近、辞めたいと感じたことはありませんか。多くの獣医師が、働いているうちのどこかで「辞めたい」と感じるようになると言われています。欧米の研究では獣医師の自殺率が高いことが問題として取り上げられています。もしも、あなたが少しでも辞めたいと感じているなら、辞めることも一つの手段です。もちろん、続けることも一つの方法です。今回は、獣医師を辞めたいと感じる理由とそれに対する対処法について紹介したいと思います。獣医師を辞めたいと感じてしまう5個の理由と対処法とは?なぜ、獣医師を辞めたいと感じているのでしょうか。人により様々な理由があるとは思います。獣医師の

獣医師給料の相場は?給料を上げるためにやるべき5つのことも紹介します

獣医師の仕事は幅広く、いわゆる犬猫を相手にした動物のお医者さんから、公務員、製薬会社での研究開発など、多くの場面で資格と知識を活かすことが可能です。今回は、そんな獣医師の給料の相場がどのくらいなのか、そして、給与を上げるためには何をすべきなのかを解説していきます。獣医師の給料の相場はどのくらい?正社員で新卒入社した場合各業種によりますが、新卒での場合大きな差は感じにくいです。基本給よりも福利厚生や手当の部分で大きな差がついてきますので、新卒の場合は基本給以上に福利厚生や手当についてしっかりチェックして仕事を選ぶといいでしょう。小動物臨床獣医師の場合一般的な犬猫の動物病院に就職した場合、地域差も

獣医師の仕事内容5個の働き方。経験者が教えます!

獣医師としての活躍の場は多岐にわたり、多様な働き方が認められています。免許を活用した業務だけでなく、動物のプロとして様々な仕事に携わることが可能です。ここから獣医師の仕事内容について紹介していきます。獣医師の幅広い業務とは?経験者が紹介!獣医師の仕事は幅広く、小動物臨床獣医師、産業動物臨床獣医師、公務員、企業での研究開発など多岐にわたります。獣医師の幅広い業務1:小動物臨床獣医師として働く犬猫を始めとした小動物を診察し治療する仕事です。最近ではエキゾチックアニマルと呼ばれる野生動物を飼育する方が増え、犬猫に限らず様々な動物を診察することになります。人間の医師と違い多くの動物病院では診療科が分か