獣医師を辞めたいと感じる人の理由の種類と対処法についての写真

獣医師として働いているあなた。

以前から、もしくは最近、辞めたいと感じたことはありませんか。

多くの獣医師が、働いているうちのどこかで「辞めたい」と感じるようになると言われています。

欧米の研究では獣医師の自殺率が高いことが問題として取り上げられています。

もしも、あなたが少しでも辞めたいと感じているなら、辞めることも一つの手段です。

もちろん、続けることも一つの方法です。

今回は、獣医師を辞めたいと感じる理由とそれに対する対処法について紹介したいと思います。

「獣医師」が自分に向いているか診断するにはこちら →

関連記事

獣医師を辞めたいと感じてしまう5個の理由と対処法とは?

なぜ、獣医師を辞めたいと感じているのでしょうか。

人により様々な理由があるとは思います。

獣医師の一部では、卒業後2〜3年以内に退職したり、転職したり、また獣医師そのものを辞めることがあります。

その様々な理由と、もしあなたが辞めたいと感じている理由がそこにあるならばその対処法について、まずは紹介していきます。

動物の死をみるのが辛くなった

動物の死

どのような仕事であっても、獣医師として生き物の死に直面することは多いと思います。

それは、小動物である犬や猫の病気が治せなかったときかもしれません。

動物愛護センターに来た犬を殺処分しなくてはならないときかもしれません。

研究のための実験動物であるマウスを安楽死するときかもしれません。

自ら命を奪うこともあれば、どれだけ頑張っても救えない命がある。

この現実にどうしても心が折れてしまうことは、獣医師なら多くの方が通る道だと思います。

視野を広く持ってみる

命を救えなかった、命を奪ってしまった。

そんなときに落ち込むだけ落ち込んだら、少しだけ視野を広げてみましょう。

あなたが獣医師としてやってきたことは、どれも意味がないことだったのでしょうか。

獣医師として働く中で、病気から回復した犬や猫もいるでしょう。

動物愛護センターに来た犬や猫で、新しい飼い主が見つかったこともあるでしょう。

研究が難航していても、その結果が新薬の開発や治療法の開発など、未来の動物を救うきっかけになったこともあるでしょう。

獣医師として働くことで、命が失われるケースはもちろんありえます。

ですが、そのときは少しだけ視野を広げてみると、決して無駄なことばかりではなく、あなたが獣医師として頑張ったからこそ助かった命もあることを思い出してください。

獣医師の仕事には興味はあるけど、自分に向いているか心配な人はこちらから相談してみると良いでしょ。

労働時間がきつく、体力が持たなくなった

とくに臨床獣医師は体力勝負と言われています。

病気は24時間、待ってくれることがないので、夜中に手術をしたり、休憩時間をろくに取れないことも多いでしょう。

あなたの体は一つしかありませんから、倒れてしまうことだってあるでしょう。

過酷な労働体制であることは否定しきれません。

そんなときに辞めたいと感じてしまう、それは自然なことだと思います。

転職や休職を考える、パートなど別の労働体制を選ぶ

もしも、今現在体力に限界を感じているのならば、一度休養を取ることをおすすめします。

獣医師という国家資格は非常に便利な資格でもあります。

また、少なからず動物病院での勤務経験があれば、少し休んだあとでもあなたを獣医師として必要としている動物病院に巡り合うことも決して難しい話ではありません。

また、獣医師の仕事は動物病院に限りませんから、違う業界を選ぶのも選択肢の一つです。

転職を考えることもひとつの手で明日。

仮に自己都合退職の場合であっても、1年以上の勤務実績があれば失業保険を活用して、少なからずの生活費を自治体から補助してもらうことも可能です。

また、勤務先に自分の事情を説明し、可能ならば数ヶ月の休養として休職することも手になります。

もしくは、交渉できるのであればフルタイムの勤務ではなく、体力に余裕ができるまでパートタイム扱いに変更してもらうこともできるかもしれません。

悩むよりはまず相談することが大事です。

思い切って相談してみましょう。

給料が上がらず生活が成り立たない

獣医師、とくに動物病院で働く獣医師の給与は決して高給であるとは言い切れません。

昇給もないまま、残業代も払われないままであれば、将来に不安を感じることも否めないでしょう。

その場合、なぜ自分の給料が上がらないままなのかについて、考えてみることも必要です。

獣医師として、というよりは一人の社会人としてのライフプランを構築する上で、今後の生活を見直して辞めたいと感じることは決して悪いことではありません。

もし、こういった理由で辞めたいと感じているのでしたら、それはポジティブ思考であると言っていいでしょう。

転職サイトを活用する、資格を増やして給料アップを交渉する

給与自体を上げるために、転職での給与アップができないか選択肢を探してみるのもいいでしょう。

全般的に人手不足の業界ですので、経歴や実績により、今の動物病院よりもあなたのことを評価し、給与を上げてくれる動物病院が見つかるかもしれません。

また、別の業界でも獣医師という資格や動物病院での臨床経験を求めている会社はあります。

決して数が多いとは言えませんが、ゼロでもありません。

根気強く探してみるのもいいでしょう。

また、認定資格や特別なセミナーや実習を受講することでスキルアップを計り、その結果として今の動物病院に対して給与アップを交渉してみるのも一つの手になります。

クレームが多く、向いていないと感じる

クレームをつける女性

動物病院では、命を扱います。

場合によっては、力及ばずに亡くなってしまうこともあるでしょう。

また、獣医師も一人の人間ですから、病気を見つけることができなかったり、治すことができなかったりすることも当然です。

その現実を受け入れてくれる飼い主がほとんどですが、中には獣医師にクレームをつけずにはいられない飼い主がいることも否定できません。

なかには、動物が好きならタダで治療するのが当然だろうと言ってきたり、夜中なのに無理やり獣医師を叩き起こして診察を迫る飼い主がいることも現実としても存在します。

そんな人達を相手にしていると、あなたの体力も精神もすり減っていくと思います。

そうして、すり減ってしまった心では、獣医師に向いていないんじゃないかと考える日が来てもおかしくありません。

大丈夫です、あなたは決して獣医師に向いてないわけではないのです。

クレームや裁判沙汰が起きたりすると、真面目な獣医師ほど落ち込みすぎ、辞めたいと考えてしまうこともしかたないとは思います。

ですが、そんなときには次のように対処法を試してみてください。

同業者だけでない第3者との視点を活用しよう

獣医師として同じ動物病院で働く人とだけ接していると、自分自身が本当はどんな人間なのか分からなくなることがあるかもしれません。

クレームに心が荒んでしまうとそういったこともありうるでしょう。

そんなときには、ぜひ第3者となる人の意見を参考にしてほしいのです。

それは、インターネットのサイトでもいいでしょう。

できれば、実際に会うことのできる人から、あなたに対して意見をもらうことをおすすめします。

例えば、同じく臨床獣医師として、別の動物病院で働く獣医師の意見を聞いてみましょう。

実際にあったクレームの事案を説明してもいいと思いますし、あなたのぐちを聞いてもらうだけでもいいのです。

そのかわりに、あなたにとって否があったのかなかったのかを確認してもいいです。

あなたが獣医師として、正しいか正しくないかを確認してもいいです。

あなたが獣医師を辞めなくてもいい理由が、他の人の目から見てひとつでもあるのなら、あなたが獣医師を辞めてしまう必要はないのです。

人間関係がうまくいかず、辛い

動物病院という環境は、かなり少ない人数で常に仕事をしなくてはなりません。

それに加え、勤務の拘束時間も長いので、獣医師とさらには動物看護師との間で、人間関係の示すウエイトがかなり重くなってきます。

先輩獣医師や院長とうまく折が合わないケースもあれば、動物看護師による新人獣医師のいじめがあることも事実です。

もちろん、新人でなくても小さな世界でいじめのターゲットになってしまう獣医師(動物看護師もですが)が存在してしまいます。

そんな日々を送るのは辛いと思います。

その結果、辞めたいと考えることは自然なことだと思います。

とにかく辞めてしまおう

動物病院のような小さな世界での人間関係のこじれを解決することは非常に困難です。

とてもドラマチックな出来事でもない限り、そしてあなた自身が180度変わらない限り、現状を打破することは困難です。

一人でも味方がいればいいのですが、おそらく人間関係の理由で悩んでいる方は、四面楚歌の状態であることがほとんどだと思うので、その場合は思い切って辞めてしまうのが吉です。

合わないならば辞めても良い、その最たるケースが人間関係です。

一般企業のように、人事異動があるわけでもなく、部署の変更があるわけでもないのですから、今の人間関係を改善するきっかけはまずやってきません。

できるとしたら、そのような苦痛から逃れるために辞めてしまうことです。

「獣医師」が自分に向いているか診断するにはこちら →

本当に辞めていいの?獣医師を辞める前に考えること

いろいろな理由で、獣医師を辞めてしまいたいという現実に直面するかと思います。

獣医師として生きていく中で、そういったことに思い悩むのは当然のことだと思います。

ただ、そのときに本当に辞めていいのか、しっかり考えてほしいのです。

獣医師になりたいと思った理由はなぜだったのか、資格をとったときに感じたことは何だったのか、初めて仕事をしたときにあなた自身が考えていたことはどういったことだったのか、よく思い出してほしいのです。

今の動物病院の良いところと悪いところを考えてみよう

今現在動物病院で臨床獣医師として働いて、仕事を辞めたいと考えているあなた。

辞めたい理由はいろいろであることは先程確認しました。

しかしながら、そんなときにまず思い出してほしいのは、あなたが今働いている動物病院で働いてみようと考えたきっかけについてです。

どうしてあなたは今その場所で働いているのでしょうか。

内定をもらったのがその動物病院だけだっとしても、その動物病院に就職してみようと思ったきっかけがあったと思います。

院長に惹かれたからでしょうか。

スキルアップが望めると思ったからでしょうか。

多くの症例が経験できると思ったからでしょうか。

給料がいいと分かったからでしょうか。

人によってそれぞれの理由はあると思いますが、あなたが今の動物病院を選んだ理由を思い出し、初心に戻ってみてください。

そして、現状を振り返り、その中でも今の環境の良いところと悪いところを考えてみましょう。

もし、悪い理由が、あなたの健康を脅かしたり、それこそ自殺願望に追い込まれるほどの精神負荷を与えられているならば、辞めてもいいとも思います。

ですが、もし思った以上にいい理由が見つかったのなら、辞めないという手を選んでも良いのかもしれません。

そのかわりにあなたが感じている不満は解消できるように努力する必要はありますが。

今の職場が自分に合っていないと感じているなら、こちらから相談してみると良いでしょう。

獣医師をいきなり辞めてしまっても良いのか

今の動物病院を辞めたい。

そんなときに、動物病院で働くこと自体を諦めてしまってはいませんか。

動物病院は全国にたくさん存在します。

他の動物病院ならば、あなたがストレスを感じたり悩んだりせずに、楽しく働いていくこともできるかもしれません。

あなたが思い描く獣医医療ができるかもしれません。

どうか今の現状に落ち込み過ぎに、少し休んでからでもいいので、本当に獣医師であることを放棄してしまって良いのかを考えてみましょう。

もし、少しでも獣医師に思い入れがあるならば、別の動物病院にいくなり、獣医師という資格を活用して別の分野で活躍する選択肢を選んでもいいと思うのです。

獣医師として働ける分野の広さを思い出そう

いろんな理由で獣医師になりたいと思って獣医師になったことかと思います。

今、動物病院で働いているあなたは、少なくとも少しは犬や猫のちからになりたいと思い、獣医師を志したのだと思います。

動物病院がたくさん存在することに加え、獣医師の活躍の場が多岐にわたることを思い出してください。

製薬会社で働くことや、公務員として働くこともいいでしょう。

NPO法人のような団体へ加入したり、海外青年協力隊のような慈善事業に加入したりすることも、その選択肢のひとつです。

あなたが獣医師でありたいと願うならば活躍の場は決して今の動物病院だけでないことを思い出し、獣医師である良さを思い出してください。

まとめ

獣医師が日々感じるストレスは大きく、困難も多々あると思います。

今回は獣医師を辞めたいと感じる理由とその対処法、そして獣医師を辞めたいと感じたときにぜひとも考えてほしいことについて解説しました。

もし、今現在苦しんでいることがある獣医師が、少しでも解決の糸口を見つけてもらえたら嬉しいと感じます。


関連キーワード

獣医師求人

獣医師求人についてもっと深堀りした情報を見る

獣医公務員求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

獣医師の仕事のうち、公務員として働くという方法があります。獣医師なのに公務員?とよくわからない方のほうが多いと思います。同じ公務員として働いている人たちの中にも、獣医師が公務員として働いていることを知らない人がいるくらい、この仕事は世間的には目立たない仕事です。公務員の仕事は縁の下の力持ちである部分が多いですが、公務員獣医師として働く獣医師が請け負っている仕事も、同様に縁の下の力持ちとして活躍する場面が多いのが特徴です。今回は、そんな少しマイナーな印象もある公務員獣医師のお仕事について、そしてその求人がどのようなものなのかについて、みなさんの気になるポイントをご紹介していきたいと思います。公務

獣医師の転職を成功させるために!働き先の種類やおすすめな病院の3個の特徴と上手に転職するための3つの注意点

獣医師として生きていく中で、様々なライフプランがあると思います。そして人生にはいろいろな転機が訪れます。例えば、結婚して家庭ができたり、昇進して責任のある立場になったり。また、自分自身の獣医師としてのステップアップも考えるときがやってくるでしょう。そんなときに、転職という手段がひとつ候補に上がってくるかもしれません。獣医師、とくに臨床獣医師として動物病院で働く獣医師が転職を成功という形で収めるにはどうしたらいいのか。もちろん人により目指す形は異なります。自分自身にとって一番最善の形で転職ができるような動物病院の選び方、また、転職する際に何に気をつければ成功できるのか、これらについて説明していき

獣医師の年収はどれくらい?相場感や給料を上げるための転職術を教えます

獣医師の年収ははたしてどのくらいになるのでしょうか?一般的には医とつくので高給なイメージがあるかもしれません。実際はどうでしょうか。獣医師においても様々な業務形態があるため、今回は各業務形態ごとに、その年収がいくらぐらいになるのか、また給与アップを目指すための転職術についてご紹介したいと思います。獣医師の給料の相場はどのくらい?正社員で新卒入社した場合小動物臨床獣医師の場合一般的な犬猫の動物病院に就職した場合、地域差もありますが、初任給が月20〜25万円程度が相場になります。そして、給与のいいところで30万円程度。一般的な大卒初任給と同程度か、少しいいかな、と思えるくらいになります。大動物臨床

獣医師の仕事はどんな人に向いているの?仕事内容や向き不向き、キャリアについて解説します

獣医師はどんな仕事をするのでしょうか。何となく白衣を着て、犬猫相手に優しく語りかけているようなイメージを持たれている方も多いかもしれません。ですが、実際の獣医師の仕事は幅広く多岐にわたり、また決してきれいな部分ばかりではありません。獣医師の仕事はどんな仕事?獣医師の仕事はとても広く、「犬猫などの小動物を治療する」「牛豚などの大動物を治療する」「公務員として衛生管理をする」「企業や大学で研究・開発をする」など働き方が多様です。実際に生き物を治療するだけでなく、生き物が生きる環境を整えることも仕事になります。例えば流通する肉の安全面や衛生面を検査したり、海外からやって来る感染症を防ぐような仕事も獣

獣医師正社員求人の年収や仕事内容、おすすめ求人の特徴とは?よくある募集内容や正社員として求められることを解説!

獣医師が正社員として働くとは、どういうことでしょうか。雇用される立場として、どのような仕事をしていくことになるのか、また、おすすめされる求人とはどういうものなのかを紹介していきたいと思います。獣医師の正社員の仕事とはどんな仕事?仕事内容は多岐にわたります。同じ獣医師であっても各業種ごとに業務内容は異なります。獣医師の正社員の仕事1:小動物臨床獣医師の場合犬猫をはじめとし、その他うさぎやハムスターといった小動物の病気を治療したり、予防診療を行います。獣医師の場合、医師とは違って、内科、外科等に分かれていません。専門医も少しずつ増えてきてはいますが、多くの動物病院では、総合診療医として働くことにな


獣医師求人に関するコラム

獣医師になるには?資格や勉強しておくべきこと、仕事の探し方まで経験者が解説!

獣医師になるには、どうすればいいのでしょうか。医師とついているけども、獣の医師である。そもそも獣医師とはどういう資格であるのか、そしてどうやって資格を取得すれば良いのか、わからないことはたくさんあるかと思います。今回は国家資格である獣医師免許の取得方法と、重医師免許取得後の就職先等についてご紹介したいと思います。獣医師になるには?獣医師とは、獣医師法第1条に記載されている通り、「獣医師は、飼育動物に関する診療及び保健衛生の指導その他の獣医事をつかさどることによつて、動物に関する保健衛生の向上及び畜産業の発達を図り、あわせて公衆衛生の向上に寄与するものとする。」とされています。一般に、人が飼育す

獣医師のやりがいとは?現役の私が感じる3個のやりがいを感じる瞬間を紹介します

獣医師のやりがいとは、何でしょうか。ひとことで獣医師といっても、その仕事は多岐にわたっています。その分、獣医師の活躍の場は広く用意されています。そのため、獣医師は多くの場でやりがいを感じるきっかけが得られる仕事です。やりがいが多い分、反対に大変さや苦労も多い仕事でもあることが獣医師の特徴です。今回は、獣医師がどのような仕事をしており、どういった場面でやりがいを感じるのかについて、説明したいと思います。獣医師はどんな仕事?獣医師とは、言葉通り獣の医師であるため、犬猫をはじめとした小動物や、牛豚などの家畜の病気を診断し、治療する仕事です。また、そういった治療行為を行うだけでなく、国家公務員や地方公

獣医師とはどういう仕事?良い面・悪い面やその後のキャリアなどについて経験者が紹介します

獣医師とはどのような仕事をして、どのようなキャリア形成をしていくのか。仕事であるため、獣医師の生活にも良い面と悪い面が存在します。今回は獣医師という仕事と、その良い面悪い面の両方を紹介します。獣医師とはどんな仕事?獣医師と聞くと、一般的には犬や猫のお医者さんである「動物のお医者さん」を想像されるかと思います。獣医師の仕事は実際は多岐にわたっており、犬や猫を診察、治療する小動物臨床獣医師をはじめとし、家畜である牛や豚の診察、治療をする大動物臨床獣医師、公務員として家畜衛生や公衆衛生を守り監視する獣医師など多くの場で獣医師は活躍しています。また一般企業である製薬会社や検査会社等に勤務し、その知識を

獣医師給料の相場は?給料を上げるためにやるべき5つのことも紹介します

獣医師の仕事は幅広く、いわゆる犬猫を相手にした動物のお医者さんから、公務員、製薬会社での研究開発など、多くの場面で資格と知識を活かすことが可能です。今回は、そんな獣医師の給料の相場がどのくらいなのか、そして、給与を上げるためには何をすべきなのかを解説していきます。獣医師の給料の相場はどのくらい?正社員で新卒入社した場合各業種によりますが、新卒での場合大きな差は感じにくいです。基本給よりも福利厚生や手当の部分で大きな差がついてきますので、新卒の場合は基本給以上に福利厚生や手当についてしっかりチェックして仕事を選ぶといいでしょう。小動物臨床獣医師の場合一般的な犬猫の動物病院に就職した場合、地域差も

獣医師の仕事内容5個の働き方。経験者が教えます!

獣医師としての活躍の場は多岐にわたり、多様な働き方が認められています。免許を活用した業務だけでなく、動物のプロとして様々な仕事に携わることが可能です。ここから獣医師の仕事内容について紹介していきます。獣医師の幅広い業務とは?経験者が紹介!獣医師の仕事は幅広く、小動物臨床獣医師、産業動物臨床獣医師、公務員、企業での研究開発など多岐にわたります。獣医師の幅広い業務1:小動物臨床獣医師として働く犬猫を始めとした小動物を診察し治療する仕事です。最近ではエキゾチックアニマルと呼ばれる野生動物を飼育する方が増え、犬猫に限らず様々な動物を診察することになります。人間の医師と違い多くの動物病院では診療科が分か