獣医師のやりがいとは、何でしょうか。

ひとことで獣医師といっても、その仕事は多岐にわたっています。

その分、獣医師の活躍の場は広く用意されています。

そのため、獣医師は多くの場でやりがいを感じるきっかけが得られる仕事です。

やりがいが多い分、反対に大変さや苦労も多い仕事でもあることが獣医師の特徴です。

今回は、獣医師がどのような仕事をしており、どういった場面でやりがいを感じるのかについて、説明したいと思います。

「獣医師」が自分に向いているか診断するにはこちら →

獣医師はどんな仕事?

獣医師とは、言葉通り獣の医師であるため、犬猫をはじめとした小動物や、牛豚などの家畜の病気を診断し、治療する仕事です。

また、そういった治療行為を行うだけでなく、国家公務員や地方公務員として仕事に従事し、家畜の防疫体制を担ったり、食の安全や環境の衛生を維持したり、動物愛護活動を行います。

その他にも、大学や各企業において研究職や検査職に従事し、動物業界だけでなく人医療に関しての分野を含めて、その医学の発展のために研究開発を行うことも獣医師の担う役割です。

獣医師は単に動物の命を守るだけではなく、地球全体に生きる命を通して、人間の生活を守っていく仕事になります。

獣医師の大まかな仕事内容

一番メジャーな仕事は、臨床獣医師です。

動物病院で勤務、もしくは動物病院を開業し、犬や猫などの病気を治療したり、病気の予防をしたりするのが仕事です。

また、家畜のための産業動物獣医師もいます。

産業動物獣医師は、牛や豚などの家畜を中心とした動物の病気を治療する仕事です。

公務員になる獣医師の場合、空港での検疫を行ったり、各都道府県で家畜の防疫や食の安全を守ります。

こちらの場合、人々の生活を守るのがメインの仕事になります。

一方、研究開発に携わる獣医師は、動物に関してだけではなく、人の医療を発展させるためにも、実験動物を用いた研究に携わったり、医薬品の開発に携わったりと、幅広い分野で活躍することが可能です。

雇用形態によって、仕事内容はどう変わる?

正社員、パートアルバイト、契約社員といった雇用形態の違いにより、その仕事内容が大きく変わることはありません。

ですが、任せられる仕事の幅広さは異なってきます。

やはり正社員のほうが責任のある仕事を担うことが多くなるのは、獣医師に限らずその他の仕事でも同様になります。

やりがいをより感じられるのは?

先程説明したように、雇用形態の違いが仕事内容の大きな差を作ることはありません。

しかし、獣医師としてのスキルアップや地位の向上を望む場合、間違いなくやりがいを感じられるのは正社員として勤務した場合でしょう。

そうでなければ、動物病院で大きな手術を任せられることや、公務員として新たな企画を提出したりするきっかけが得られず、獣医師としてもどかしい日を送ることになるかもしれません。

獣医師としてやりがいを感じる生活をしたいと望むならば、やはり正社員として働くことが一番だと思われます。

やりがいを感じる3個のポイント

では、実際に、獣医師は様々な仕事をする中でどのようなことにやりがいを感じているのでしょうか。

仕事内容が多岐にわたるため、やりがいを感じるポイントは多くあります。

その中でも、多くの獣医師が感じるであろうやりがいのポイントについて、代表的な3つのポイントを紹介していきます。

命を救うことができる

文字通り、治療の結果として病気を根治させ、目の前の動物が再び元気になったという事実、そのことにやりがいを感じる獣医師は多いです。

また、命を救ったという事実に加え、その飼い主さんや農家さんなど、動物を飼う立場の人から感謝の言葉を述べられたとき、頑張ってよかったと感じる獣医師が多いです。

獣医師らしいやりがいの最たるものが、この生命を救えるという事実に加えて、感謝される喜びにあると思います。

多くの獣医師が、治療のかいあってなんとか元気になった患者さんの飼い主さんから、お礼を述べられた経験があるでしょう。

また、患者である犬や猫、牛なども言葉を話すことはできませんが、その元気になった姿を見せてくれます。

それはすごく素敵な光景でしょう。

この瞬間のために、頑張っているんです。

そういう獣医師は少なくありません。

獣医師を志した人の多くは、「命を救いたい」という単純でありながらもきちんとした意識を持って獣医師になっています。

ですので、命を救えるということ、そのもの、それが獣医師の感じるやりがいの大きなポイントになります。

人の生活を支えることができる

先程紹介した内容は、いわゆる臨床獣医師の感じるやりがいではありますが、この人の生活を支えることができるというやりがいは、臨床獣医師だけに限らず、公務員獣医師を含め、すべての獣医師に通じるやりがいであると思います。

例えば、大事な家族と言えるペットが元気であることで、その家庭は今後も幸せな生活を続けることができるでしょう。

公務員獣医師の活躍で、鳥インフルエンザの驚異から地域の家畜を守り、それはすなわち私達一般家庭への食料供給の維持や、農家の生活そのものを支えることが可能です。

目に見えたはっきりしたやりがいではないかもしれませんが、すべての仕事がだれかの生活に関わっていることが分かるとき、それは大きなやりがいとなるでしょう。

希望や未来を与えることができる

飼っている動物が今後も元気に生きる可能性がある。

この家畜が元気に育てば、将来いい肉になってくれるし農家としての評価も上がる。

競馬で走る馬が健康でい続けてくれれば、レースで勝てるかもしれない。

人々は自分たちの生活の中で、動物をいろんなかたちで自分の人生の糧としているケースがあります。

獣医師は、その動物たちの健康を守ることができます。

つまりは、動物そのものの未来だけでなく、人の未来に希望をもたせることもできるのです。

病気を直したその場ではなく、その数年後に御礼を言われるケースを経験した獣医師は、こういった未来を作れたことにさらなるやりがいを見出すようです。

一番嬉しいのは、人の笑顔が見られること、そう答える獣医師もいます。

自分の仕事が何かの形で役立ち、誰か他の人を笑顔にできるというのは、素晴らしい職業だと思います。

「獣医師」が自分に向いているか診断するにはこちら →

やりがいを持って働くために必要なこととは?

このように、獣医師の仕事は、人々の生活を支えるような、やりがいのある仕事であることがお分かりいただけたかと思います。

では、そのようなやりがいのある仕事ですが、実際にやりがいを持って働くために必要なこととは、なんでしょうか。

一生懸命頑張ることでしょうか、いえ、そんなに単純なものではありません。

獣医師としてやりがいを持って働くためには、以下のような心構えが必要です。

常に向上心を持ち、勉強を怠らないこと

獣医師の世界では、常に研究がなされており、日々新しいことが発見されています。

新薬であったり、新しい治療法であったり、また、これまでの治療をよりよくするためのちょっとした工夫の方法だったりと、枚挙にいとまがありません。

こういった情報を常に仕入れて勉強し、それを還元してく必要性があります。

決して怠け者ではいけないのです。

たとえば、最新の情報を仕入れるためにセミナーに参加したり、技術を向上するために実習に参加したりすることが必要です。

これらのセミナーや実習に参加するには、日々の業務の合間を縫って参加する必要がありますので、普段の仕事終わりの夜の時間帯や、休日を利用することになります。

もちろん参加費用もかかってきますので、生半可な心意気では続けられないのが現状です。

肉体的にも精神的にも体力が必要なこと

とにかく体力です。

それは決してフルマラソンを走り抜く体力とは似て非なるものです。

休憩時間がわずかであったり、もしくはほとんど取れなくても働き続けないといけない日もあります。

また、動物の死に直面したり、クレームにあったりと、決して楽しいことばかりではないため精神的にも辛いところが出てきます。

そんな中で日々の業務を全うしていくためには、働き続けられる体力と、強い精神力が必要になるのです。

さきほど挙げたようにセミナーに参加したり勉強を続けたりすることにも、体力が必要です。

日頃から、可能な範囲で体調を崩さないように自分の体をよく知ることが大切になります。

日々の業務で、帰宅時間が22時や23時になり、身の回りのことをなにかする余裕もないままに再度また朝8時には出勤をする生活です。

いかに効率よく生活していけるかという点も大事になってきます。

人の視線に立つのを忘れないこと

どんな仕事にも言えることですが、なれてきたときが一番怖いということです。

常に、自分本位ならず独りよがりにならず、相手のためを思って仕事をしていく、こういった心がけを忘れないようにすることが大切です。

そうでなければ、獣医師としてやりがいを感じていた本来の自分を見失う可能性があります。

常に第三者の目線に立てる冷静さが必要になるということです。

獣医師の仕事で大変なことは?

休みが少なく体力的にきつい

さきほど獣医師に必要なこととして、体力の必要性を挙げました。

肉体的な体力に加えて、精神的にもタフである必要があります。

そのくらい獣医師としての仕事は大変です。

例えば、一般的な動物病院の一日をイメージしてみましょう。

朝8時過ぎに出勤し、入院中の患者の治療や検査を行います。

朝9時から診察が始まり、12時で終了します。

たいてい、かけこみの患者さんがいたり治療に時間がかかる患者さんがいたりするため、終わるのは13時頃になります。

その後、手術の準備を始めます。

手術が終わる頃には15時を過ぎているでしょう。

そして、1時間ほど休憩した後、再び入院している患者の治療をします。

17時頃からは再度午後の診察が始まり、終わるのは20時頃です。

午前と同じようにピッタリ終わることはないため、スムーズに診察が行われても20時半〜21時の終了です。

場合によっては、緊急手術が入り、夜中まで手術をすることもあります。

体力は必ず必要になってきます。

労働時間の割には給料が安い

上記のようにかなりの時間を働いたとしましょう。

それでも、もらえる給料はそこまで高くありません。

人間の医師であれば、年収1000万ほど行くケースが通常かもしれませんが、獣医師の場合はだいたい年収400万円前後です。

仕事の中身以上に、その対価として貰える金額が決して高くないことは、反対にやりがいを失いやすいポイントなのかもしれません。

お金のためだけに働いているわけではありませんが、お金はとても大事です。

たとえば、セミナーなどに参加したりするときも、個人負担で行く必要があることがあります。

ですので、自分の給料のいくぶんかを仕事のために捻出する必要が出てきます。

そんなときにお金の余裕があるかどうかを気にしてセミナーに行けない、なんていうのはだれのためにもなりません。

ですが現状はお金の捻出が難しく悩む獣医師がいるのも事実です。

そのため、給料が比較的安いというのはマイナスポイントになってしまいます。

社会的地位が得られにくいこと

獣医師の仕事は、どちらかというとサポートをするような仕事です。

公務員獣医師の場合はとくにそれが顕著です。

動物病院で働く獣医師でも、ペットを買っていない人には縁もゆかりもない職業です。

生活の身近なところにある職業が様々ある中で、どちらかといえば獣医師とは名前を聞いていても実際の仕事が見えにくいマイナーな仕事になってしまいます。

そのため、世間的は政治の分野や経済の分野で活躍するわけではないため、決して社会的地位が高い仕事とは言いづらい点のデメリットは存在します。

そのため、獣医師という仕事の大変さが理解されなかったりすることもあります。

そういった世間の目との差というのを実感しながら生きていくのも獣医師の大変な部分ではあります。

「獣医師」が自分に向いているか診断するにはこちら →

まとめ

獣医師とは大変やりがいのある仕事です。

言葉の通じない動物たちの味方になれるだけでなく、さらに、動物たちを通じて人の社会に貢献することができるからです。

しかし、そのやりがいを実感し、獣医師として働いていくためには、肉体的にも精神的にもタフである必要があります。

また、獣医師の仕事は決して華やかではありません。

それでも、だれかの役に立てるという大きなやりがいはあります。

命という重たいものを取り扱うだけに、大変な部分は多いですが、獣医師としてのやりがいを理解し、獣医師という仕事への理解が深まることを願います。


関連キーワード

獣医師求人