キラキラしたコスメや、肌が劇的に変化するスキンケア。

そんな商品を開発する化粧品開発の仕事は、とても華やかなイメージがありますよね。

そのため企業の開発職では珍しく、女性に人気のある仕事です。

そんな化粧品開発の仕事は、どのような人に向いているのでしょうか。

今回は化粧品会社における開発職の紹介と、どのような人に適性があるのかを紹介していきます。

自分には「どんな仕事」が向いているか、診断するにはこちら →
(正社員希望の人限定)

まずは「化粧品開発」の仕事例をチェック

化粧品開発はどんな仕事?

化粧品開発は、新しい化粧品を生み出し、世に送り出す仕事です。

しかし、「化粧品」と一言で言っても様々な種類があります。

下記に、開発する化粧品の一例を挙げます。

メイクアップ用コスメ

ファンデーションやアイシャドウ、口紅、マスカラといったメイクアップコスメ。

「色」や「メイクアップ効果」「使用感」の開発がメインで、各シーズンに向けて新しい商品を開発していきます。

消費者のニーズに応え、満足度を高めるため、バリエーションを増やしていく必要がある分野です。

スキンケア用コスメ

化粧水や美容液、クリーム、パックなど、なりたい肌を叶えるための開発です。

上記の他にも最近は脱毛クリームなどの人気もあり、開発の機会が増えています。

消費者が自宅で使用するものだけではなく、エステサロンなどプロが使う化粧品を開発することもあります。

ヘアケア用コスメ

シャンプーやトリートメント、ワックスなどヘアケアに関係するものです。

美容室などでプロが使用するカラー剤やパーマ剤も含まれます。

上記全ての化粧品を製造している会社は、日本のメーカーであれば資生堂やKOSE、花王など、大手の会社に限られています。

日本の化粧品会社のほとんどは得意分野がそれぞれあり、取り扱っているカテゴリーが違います。

化粧品開発の仕事内容

化粧品開発の仕事は、主にマーケティング、商品企画、開発に分かれています。

多くの会社はこの三つの役割を含めて化粧品開発と呼んでいることが多いようです。

それでは、それぞれの職種に求められる役割を紹介していきます。

それぞれの職種の役割とは?

マーケティング

市場で売れている商品や消費者のニーズを分析し、商品企画部門に情報を提供することで、商品のコンセプト・使用感などの企画に繋げていく役割です。

商品企画

上記で得たマーケティングデータを基に、商品を企画していきます。

時には商品をPRするための戦略を練ることもあるなど、幅広い業務があります。

開発

商品の企画に基づいて、化粧品の処方を設計します。

例えば、ジェル状のコスメのあの使用感をどのような成分で作り出すか、スキンケア効果を出す成分はどうするのか、品質を保つためには…など詳細に設計していきます。

また、商品として発売する前の効果の検証も行います。

自分には「どんな仕事」が向いているか、診断するにはこちら →
(正社員希望の人限定)

化粧品開発の仕事はどんな人に向いている?

それでは、化粧品開発はどのような人に向いているのでしょうか。

美容が好きな人

好きなことを仕事にするとモチベーションが上がりますよね。

そのため、化粧品開発の仕事は美容が好きな人におすすめです。

女性

化粧品は女性の使用が大多数であることから、女性が優位になりやすい職種です。

使用する女性の視点を重視し、女性管理職の登用も多い業界です。

上記の理由から、化粧品開発は女性が活躍できる職種であるためおすすめです。

化学や生物学の知見がある人

化学や生物学の知見は、化粧品開発に大いに役立ちます。

化学は処方設計の際に役立ち、生物の知識があることはエビデンスの確認(成分の効果が本当か根拠を確認すること)や新しい開発をする際に役立ちます。

このような内容の職種であることから、化粧品の開発では女性の薬剤師を採用することが多くあります。

化粧品開発の仕事をするために活かせる、今までの経験は?

実際のところ、どのような経験が化粧品開発に活かせるのでしょうか。

薬剤師

上記の通り、薬剤師免許を取得していると化粧品会社では大変重宝されます。

化粧品と医薬品は共通する部分があるため、薬学の知見は化粧品開発において即戦力になります。

更に薬機法に詳しい薬剤師は、商品開発に加え商品PRなど幅広く活躍できるでしょう。

化学や生物の学習経験

化粧品会社では、専門の資格は取得していなくても化学や生物の知見がある場合に戦力として活躍することができます。

特に学生時代に研究していたり修士号を取得した場合は、ぜひチャレンジしてみることをおすすめします。

語学力

最近は海外向けに商品展開をする企業も多く、英語が得意な方は重宝されます。

更に化粧品を海外へ展開する場合には、成分を選定する段階から様々な調整が必要になります。

このようなことから、外国語に強い人材は化粧品業界から大変強く求められています。

商品開発経験

また、化粧品とは異なる業界でも商品開発の経験があると、化粧品開発でも経験を活かすことができます。

企業にもよりますが、特に一般消費者向けの商品開発の経験があると活躍することができるでしょう。

化粧品開発で働くメリットとは?

それでは化粧品開発で働くメリットはどのような部分なのでしょうか。

女性が活躍できる

まず、化粧品会社は女性が広く活躍することができます。

日本の企業では男女平等とされていますが、まだまだ女性が活躍できない場面も多いです。

しかし化粧品業界では女性が活躍しやすい環境が整っていることから、キャリアアップができるメリットの多い業界だと言えるでしょう。

転勤が少ない

企業の大半は本社に開発部門があるため、転勤は少ないが少ないです。

同じ化粧品業界でも営業職は転勤が多い傾向がありますが、開発職は転勤がほぼないため、家族がある人や家を購入している人にとっては大きなメリットですね。

自分が開発した商品が世の中に出る嬉しさがある

どの業界であっても、開発職にとっては自分の開発した商品が世に出て人の役に立っていると大変嬉しいものです。

特に化粧品会社は積極的に商品のプロモーションを行うところが多いため、TVCMや雑誌の広告で自分の開発した商品が紹介されていると、開発して良かったと心から感じるようです。

その後のキャリアについて

この仕事に就いた後のキャリアアップは?

多くの人は、同じ化粧品業界の開発職として転職するようです。

化粧品メーカーの開発からOEM会社へ転職をしたり、より研究に特化したポジションに就くこともあります。

基本的には、化粧品業界の開発という職種の中で係長、課長、部長とキャリアアップすることが多い傾向にあります。

他の仕事にもこの経験を活かせる?

一般消費者向けのメーカーは、その開発経験を活かすことができるでしょう。

美容業界以外であれば、食品業界や製薬会社などの転職も人気があります。

私の化粧品会社の同僚も、製薬会社のサプリメント事業部へ転職しました。

このように人の健康や美容に関連した企業では、経験を活かしやすいようです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

開発職というと男性が多い職種のように感じてしまいますが、化粧品開発ほど女性が活躍しやすい分野はありません。

ぜひ、チャレンジしてみてくださいね。

自分には「どんな仕事」が向いているか、診断するにはこちら →
(正社員希望の人限定)




化粧品メーカー求人についてもっと深堀りした情報を見る

化粧品会社で働くには?資格や勉強しておくべきこと、就職・転職まで経験者が解説!

ここ数年、外国人が日本の商品を買い求めるインバウンド需要が高まっています。特に外国人に人気のある商品が日本の化粧品です。日本の化粧品は品質が高く、多くの方が買い求めているようです。そのためか、ここ数年は化粧品会社の採用活動が盛んになっています。化粧品会社で働きたいと考える人は、どのような資格やスキルを取得すると有利なのでしょうか。数ヶ月前まで化粧品会社で勤務していた私が、化粧品会社へ就職するためのコツをまとめました。化粧品会社で働くには?化粧品会社の求人の多くは、資格の取得を条件にしているところは多くはありません。どちらかというと、ビジネススキルやコミュニケーション能力が重視される傾向にありま

化粧品メーカーの転職を成功させるために!狙い目な会社の3個の特徴と上手に転職するための4個の注意点

化粧品業界は極めて人気の高い業界です。特に女性に人気が高く、化粧品会社で働くことが憧れという人も少なくありません。このように人気がある化粧品会社への転職を成功させるためには、どのような対策をすれば良いのでしょうか。今回は化粧品会社への転職を成功させるためのポイントを、様々な視点でまとめていきます。化粧品会社への転職で意識したほうが良い4つのこと化粧品会社へ転職したい場合、どのようなことに注意して転職活動を進めていけば良いのでしょうか。本記事では以下の四つのポイントをご紹介します。現在、化粧品会社ではグローバルな人材が求められている華やかで人気がある化粧品業界ですが、実は国内需要は伸び悩んでいま