化粧品業界は極めて人気の高い業界です。

特に女性に人気が高く、化粧品会社で働くことが憧れという人も少なくありません。

このように人気がある化粧品会社への転職を成功させるためには、どのような対策をすれば良いのでしょうか。

今回は化粧品会社への転職を成功させるためのポイントを、様々な視点でまとめていきます。

自分には「どんな仕事」が向いているか、診断するにはこちら →
(正社員希望の人限定)

まずは「化粧品メーカー」の仕事例をチェック

化粧品会社への転職で意識したほうが良い4つのこと

化粧品会社へ転職したい場合、どのようなことに注意して転職活動を進めていけば良いのでしょうか。

本記事では以下の四つのポイントをご紹介します。

現在、化粧品会社ではグローバルな人材が求められている

華やかで人気がある化粧品業界ですが、実は国内需要は伸び悩んでいます。

ここ数年の化粧品会社は、中国の爆買いをはじめとしたインバウンドや海外への輸出に支えられています。

特に化粧品メーカー各社は国内の販売を伸ばすのではなく、外国人への販売を伸ばす施策へ力を入れています。

それに伴い、化粧品メーカーは外国人への販売の戦力となる人材を求めています。

このように化粧品各社は販売戦略を転換しており、グローバルに対応できるかどうかが今後の会社の成長に大きく影響するため、どの企業も国内外で幅広く活躍できる人材を求めているのは言うまでもありません。

このような環境により、国内の販売戦略でのみ活躍できる人材の募集は狭き門となっています。

研究・マーケティング職は採用人数が少ない

マーケティングの仕事は極めて人気のある仕事です。

また、研究の仕事はなかなかポストが空かない仕事です。

化粧品業界の中でもこのようなポストの仕事は社内での経験を積んだ社員が異動することが多いほか、同業他社の高いスキルを持った経験者が招かれることが多くあります。

そのため、化粧品業界が未経験、あるいはこのような職種の経験がない場合は採用される可能性が少ないようです。

どうしても化粧品会社でこれらの職種に応募してみたいという場合以外は、まずは希望する会社の他の職種で転職をして、その後キャリアアップをすることがおすすめです。

非公開求人が多い

機密事項が多いためか、化粧品会社の求人情報は非公開の場合が多いです。

そのため、公開求人を見て希望する求人情報がないと判断するのではなく、まずはエージェントなどに登録をしましょう。

自分が行きたい化粧品会社のイメージをエージェントに伝えれば、非公開求人を紹介してくれるはずです。

応募する化粧品会社の特徴を把握する

化粧品会社と一口に言っても、様々なタイプの会社があります。

例えばスキンケアに特化した会社や、ヘアケアや爪、メイクアップに特化した会社、更には化粧品メーカーではなく製薬会社が化粧品事業をやっている場合があります。

事業形態においては、最終製品を自社で販売せず他社の化粧品ブランドの商品を製造するOEM事業をメインにしている会社や、製造は外部委託をし商品企画やマーケティング、最終製品の販売のみを行う会社もあります。

また、商品の販売チャネルもインターネットのみであったり、エステや美容室などのサロンでの販売であったり、百貨店や免税店での販売など様々です。

自分が働きたい化粧品会社はどのようなタイプかしっかりと見極めましょう。

転職を成功させるためには何をすれば良い?

それでは、どのようなことを心がけると化粧品会社への転職が成功するのでしょうか。

エージェントに登録する

化粧品会社は非公開求人が数多くあるため、必ずエージェントに登録をするようにしましょう。

非公開求人の紹介のみならず、エージェントに相談することで志望する企業の特徴をしっかりと教えてくれるため、自分が働きたい会社のイメージがしっかりと描けるはずです。

化粧品会社に転職をすると決めたら、まずリクルートエージェントやDODA、ビズリーチなど大手のエージェントを一つ以上登録しましょう。

また、それ以外に以下の二つのエージェントもおすすめです。

アイスタイルキャリア

日本最大の美容総合サイト@cosmeを運営するアイスタイルグループが手掛ける化粧品・美容業界に特化した人材サービスです。

資生堂、RMK、POLA、LUSHといった、女性であれば一度は聞いたことのある化粧品会社の求人があります。

やはり化粧品業界のプロが手掛ける人材サービスのため、より詳しい情報を得ることができます。

クィック

クィックは東証一部上場をしている採用支援会社で、化粧品業界に特化した人材サービスを提供しています。

こちらも多くの化粧品会社の求人情報を持っています。

情報提供や面接対策など、非常にきめ細かい対応が魅力的です。

前職の経験を最大限に活かし、刺さるアピールポイントを作る

前述の通り、現在化粧品会社はグローバルな人材を求めています。

そのため、自分が入社したらグローバルな人材として活躍できるといったイメージを持ってもらうことが採用に繋がりやすいポイントになります。

海外で通用する語学力や海外赴任経験があれば言うことなしですが、そのような経験を持っている人は一握りです。

そのため、経験はなくとも自分の経験の棚卸をしていく中でグローバルな環境でも戦力となるための武器を見つけ出し、アピールすることが大事です。

例えば他メーカーで商品企画を行ってきた場合、新しい領域や地域の特性を分析し特徴をつかむマーケティングスキルや、ターゲットの特性に合わせて一番刺さる商品を企画できるといったアピールなどです。

営業企画など販売関連の経験がある場合でも、新しい販路開拓経験などを上手くアピールすることでグローバルに活躍できる人材と感じることができるでしょう。

必ずしも面接時点でグローバルな人材である必要はなく、入社後に広く活躍できるポテンシャルがある人材だとアピールすることが大切です。

清潔感のある見た目

化粧品会社は人が美しくなることを手助けするお仕事です。

その職業の特性から、ほかの業界以上に働いている人の身なりが注目されます。

汚れのない清潔なスーツを身に着けるのは勿論のこと、髪の毛のセットやメイクなども他業界の面接以上にチェックされるためしっかりと準備しましょう。

特に化粧品会社の面接では、普段美容で気を付けていることは何ですか?という質問はよくあるようですね。

この質問で美意識を判断しているものと考えられます。

求人情報のエントリー資格はある程度無視して応募してもOK

求人情報のエントリー資格に「経験者のみ」と書いてあることがあります。

しかし経験がなくとも、類似の経験がある場合など採用されている例も数多くあります。

企業が求人情報に記載している情報は一義的なため、実際にエントリーシートや面接で採用担当者に活躍できるイメージを抱いてもらうことができれば採用してもらえる可能性は高まるでしょう。

経験者のみという情報ですぐに諦めてしまうのはもったいないです。

自分には「どんな仕事」が向いているか、診断するにはこちら →
(正社員希望の人限定)

転職を成功させるために注目すべき点は?3つの特徴を確認しよう。

転職が成功しやすい化粧品会社も存在します。

そういった企業を見つけ出すために、確認するべき特徴を以下にまとめました。

複数媒体で同時に様々な職種の求人を出している会社

人手が不足している会社は、当然採用される確率がぐっと上がります。

それではどのような会社が人手不足なのでしょうか。

まず確認すべきところは、求人媒体で複数の職種の募集をかけていないかという点です。

このような会社は複数の部署で人手が不足しているため、社内から人材を異動することもできない状況です。

そのため、面接を受けるとどこかの職種で採用される可能性があります。

私も複数求人が出ている会社のマーケティング職に応募しましたが、やはり未経験者は難しい職種のため、商品企画職で採用されました。

新商品が継続的に発売されている会社

新商品を世の中に届ける作業は予想以上に大変です。

人手もすごくかかります。

そのため、新商品がどんどん出ていく会社は人手が不足している可能性が高いです。

特に営業や販売職は採用を強化しているのではないでしょうか。

有名なヒット商品が1つある会社

特に商品企画、開発、マーケティングを志望する場合、有名なヒット商品が一つある会社は狙い目です。

このような会社は既存のヒット商品だけではなく、次の新商品を開発している可能性が高いです。

また、過去にヒット商品が出たことで事業拡大の余裕が生まれ、新しい人材の確保を積極的に行っていると考えられます。

このような会社は採用されやすい「狙い目」の会社であると考えられます。

転職するにあたっての必要な心構え

実は化粧品会社には特有の風土があります。

転職にあたって以下の2点の心構えをご紹介します。

流行や美容に敏感でいる

化粧品会社で働く以上、流行や美容に敏感でいる必要があります。

実際にお客様と接する営業職だけではなく開発や企画職のような内勤の場合でも、美容やファッションなどの流行を知っていると業務に役立ちます。

こまめに雑誌やWEB媒体で情報を収集するようにしましょう。

女性社会に入る覚悟

化粧品会社は女性が多い業界です。

女性が多い環境で働くということを意識するようにしましょう。

化粧品メーカーの転職で年収を上げるためにするべきこととは?

エージェントを通して受ける

化粧品メーカーの転職を通じて年収を上げる方法の一つは、エージェントを利用することです。

エージェントは企業の採用担当者と給与の交渉をしてくれます。

自分で給与交渉をする以上にスムーズに年収を上げることができます。

自分を採用するメリットをしっかりと伝える

どこの業界への転職でも言えることですが、採用担当者は活躍する可能性が高い人材に対しては高い給与を払ってでも採用したいと考えます。

履歴書や職務経歴書、面接を通して、自分を採用するメリットをしっかりと伝えることが重要です。

化粧品会社で人気な職種とその理由

それでは、化粧品会社ではどのような職種に人気があるのでしょうか。

以下に人気のある職種をまとめました。

BA(ビューティーアドバイザー)

百貨店やドラッグストアなどのコスメカウンターで化粧品を販売する仕事です。

ただ販売するだけではなく、お客様の美容に関する悩みをヒアリングし、悩みを解決するために様々なアドバイスをします。

お客様としっかりとコミュニケーションをとることができる人が求められます。

人気の理由

BAはお客様の望みを化粧品を通して叶える仕事です。

そのため、美容が好きな人から絶大な人気があります。

人を喜ばせることができるため、大変やりがいがある仕事です。

マーケティング職

多くの会社でマーケティング職は大変人気のある仕事となっています。

化粧品会社のマーケティング職の業務内容は大きく二つに分かれます。

  • ①新しい商品を開発する際に、市場調査などを行い商品企画職と連携し作り出す。
  • ②企画職や開発職が作り出した商品をより多くの人の手元に届けるために、商品の見せ方や販売手法、プロモーション戦略を検討する。

つまり、商品企画職や開発職と営業、広告部門との橋渡しを行う仕事です。

人気の理由

どんなに良い商品を作り出しても、マーケティング戦略が失敗してしまうと人々の心に響かない商品になってしまいます。

マーケティング職はそれほど重要な役割を担っています。

責任があり厳しい仕事ではありますが、自分が手掛けた商品が世の中に流通するととても嬉しいものです。

この厳しさとやりがいがマーケティング職の人気の理由です。

まとめ

日本の多くの企業は依然として女性よりも男性の人数が多く、「男性社会」の一面が残っています。

その中で化粧品業界は女性比率が高く、女性の管理者も数多く登用されており、女性が働きやすく活躍しやすい環境が整っています。

このような背景により、転職を希望する人にとって化粧品会社は高い人気があります。

これらのことから化粧品会社への転職を成功させるためには、

  • 化粧品業界がグローバル化に向かっていること。
  • 色々な業態の化粧品会社があること。

上記を念頭に置いて、採用担当者に自分が活躍できる人材であることをアピールしてください。

実際に化粧品業界の求人を探す時には、こちらの記事を参考にしてみてくださいね。

自分には「どんな仕事」が向いているか、診断するにはこちら →
(正社員希望の人限定)




化粧品メーカー求人についてもっと深堀りした情報を見る

化粧品開発の仕事はどんな人に向いているの?仕事内容や向き不向き、キャリアについて解説します

キラキラしたコスメや、肌が劇的に変化するスキンケア。そんな商品を開発する化粧品開発の仕事は、とても華やかなイメージがありますよね。そのため企業の開発職では珍しく、女性に人気のある仕事です。そんな化粧品開発の仕事は、どのような人に向いているのでしょうか。今回は化粧品会社における開発職の紹介と、どのような人に適性があるのかを紹介していきます。化粧品開発はどんな仕事?化粧品開発は、新しい化粧品を生み出し、世に送り出す仕事です。しかし、「化粧品」と一言で言っても様々な種類があります。下記に、開発する化粧品の一例を挙げます。メイクアップ用コスメファンデーションやアイシャドウ、口紅、マスカラといったメイク

化粧品会社で働くには?資格や勉強しておくべきこと、就職・転職まで経験者が解説!

ここ数年、外国人が日本の商品を買い求めるインバウンド需要が高まっています。特に外国人に人気のある商品が日本の化粧品です。日本の化粧品は品質が高く、多くの方が買い求めているようです。そのためか、ここ数年は化粧品会社の採用活動が盛んになっています。化粧品会社で働きたいと考える人は、どのような資格やスキルを取得すると有利なのでしょうか。数ヶ月前まで化粧品会社で勤務していた私が、化粧品会社へ就職するためのコツをまとめました。化粧品会社で働くには?化粧品会社の求人の多くは、資格の取得を条件にしているところは多くはありません。どちらかというと、ビジネススキルやコミュニケーション能力が重視される傾向にありま