特別な資格が必要ないことも多く、正社員募集も多いのがマンション管理会社です。

マンション管理会社への転職を考えている方のために、注意した方が良いことなどをまとめましたので、ぜひ確認してみてください。

「マンション管理の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

マンション管理会社の転職で注意したほうが良い3個のこと

仕事内容をきちんと把握する

マンション管理会社は、会社によって求められている仕事内容がまちまちです。

例えば管理人はマンションに常駐して警備に近い仕事をする場合、清掃が主の場合、受付業務などを行う場合などが挙げられます。

フロントと呼ばれる営業職は、管理組合と折衝するマンション管理会社の顔となる仕事になります。

必要とされる人物像にも関わりますので、どんな仕事をするのかは確認しておきましょう。

資格が必要かどうかの確認

資格や経験不問の募集もありますが、資格が必要なものもあります。

フロントの場合は主に運転免許か、マンション管理士の資格が必要な場合がありますので確認しておきましょう。

優遇される経験はないか確認

募集の中にはマンション管理の経験の他に、武道の経験、営業や接客など対人業務の経験がある人を優遇している応募もあります。

アピールポイントを逃さないように求められる経験は把握しておきましょう。

事務の仕事もする場合は事務経験やパソコンスキルも優遇されることがあります。

転職を成功させるためには何をすれば良い?

マンション管理会社への転職を成功させるためにしておくべきことはあるでしょうか。

以下のようなことは一度目を通して確認してみてください。

マンション管理士の資格を取得する

フロントは必須でないところもありますが、マンション管理士の資格があると有利になったり、給与がアップするところは多いです。

ただ、かなり難しい試験になりますし勉強時間も嵩みがちですので、転職後のステップアップとしての取得でも良いかもしれません。

転職後のために勉強をし始めておくのはおすすめです。

今までの経験やスキルを書きだしてみる

マンション管理士はコミュニケーション能力とコツコツとした裏方仕事が同居した仕事です。

今までの経験やスキルを活かせる場所は多いので一度書きだして、自分のアピールポイントを明確にしておきましょう。

きっと面接でも役立ちますよ。

「マンション管理の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

転職するにあたっての必要な心構え

転職を考えているということは今の職場に何か不満があったり、あるいは既に何かあって退職をした後なのでしょう。

以下のようなことについては転職をする前に心構えとして持っておきましょう。

転職しても解決できないこともある

これは転職にあたって理解しておかなければならないことです。

100%自分に合っていて自分に優しい仕事というのは基本的にありません。

例え自分で会社を興しても不可能に近いでしょう。

転職しても解決できない問題はどうしても出てくることは覚えておいてください。

転職先を妥協しない

解決できない問題はでてくるとは言え、少しでも自分にとって良い職場を選ぶことに妥協しては後悔することになります。

できる限りの比較と努力を持って新しい仕事先を選びましょう。

絶対に譲れないポイントを押さえる

妥協しないにも関係しますが、譲れないポイントは決まっているでしょうか。

自分に大事なのはお金か、時間か、それとも人間関係なのか、仕事へのやりがいなのか。

譲れないポイントは決めておきましょう。

そこだけは押さえて転職しなければ仕事への辛さは格段に上がってしまいます。

マンション管理会社の転職で年収を上げるためにやるべきこととは?

折角の転職ですから、年収は高いほうが良いですよね。

マンション管理会社に転職するにあたって年収を上げるためにするべきことはあるでしょうか。

マンション管理士の資格を取得する

上記で書いたように、マンション管理士の資格を取得すると資格給などで年収が上がることがほとんどです。

また、マンション管理士を持っている人だけを対象にした求人もあり、こちらは相応の年収が期待できます。

年収の高い会社に転職する

年収の高い会社を選ぶのももちろん有効です。

この時、月収だけを比較するのではなくボーナスや賞与の欄もよく確認しましょう。

また、見込み残業という形で残業代がすでに加算してある月収のところもあるので、あまり残業をしたくない人などはご注意ください。

持っている資格を活かせる会社を選ぶ

一部のマンション管理会社では、事務系の資格に対して手当が出るところがあります。

その他経験によって給与があがるなどがないかは、よく確認しておくと良いでしょう。

「マンション管理の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

自分にあったマンション管理会社の求人の選び方や注意点

転職に当たって自分にあった働き方を考えるのはとても大事です。

以下のような点からマンション管理会社の求人をもう一度精査してみるといいでしょう。

【選び方①】雇用形態から探す

雇用形態は決まっているでしょうか。

マンション管理会社の求人ならばパートがあったり、派遣も多いです。

今度は残業の少ない勤務形態がいいと思っている場合は、パートや派遣を考慮するのも良いでしょう。

また、パートの場合は週の勤務時間や日数が少ない所も多くなります。

【選び方②】給与や雇用条件から考える

給与や雇用条件はやはりよく吟味したいものです。

特に給与と勤務時間のバランスについて悩む人は多いようです。

マンション管理会社はシフト制のところも多いので、そういったところは比較的残業が少なくなっています。

また、24時間体制などで夜間勤務が入ることもあるので、そういった条件でも良いのかもよく考えましょう。

【選び方③】エリアから考える

通いやすいエリアかどうかと共に、もし複数のマンションをまわる場合には地理を覚えられそうかも考えてみてください。

マンション管理会社の中ではかなり複数のマンションを管理していて、一人で複数のマンションを担当する可能性もあります。

最近はカーナビもありますが、最終的に暗記が必要な場面も出てきます。

まとめ

マンション管理会社への転職についてご紹介しましたがいかがでしたでしょうか。

マンション管理会社は人気もあるお仕事ですから、面接などで苦労することも出てくるでしょう。

今までの経験などが活かせるように、ぜひ一度今までの自分のことを振り返ったり将来の働き方について考えてみてくださいね。

  この仕事を探せるおすすめ求人サイト
  この仕事を探せるおすすめ求人サイト
転職した人の8割が使ってる!1つ目の転職サイトとして、まずは登録しておくべき大手サイト 公式サイト 公式サイト
最初に、年収診断をしてくれるのがウリ!7万人の転職者データを元にしてちゃんとした適正年収を提示してくれます。 公式サイト 公式サイト
転職支援実績NO.1。41万人以上の転職支援を誇る。No.1だからこその充実サポートでキャリアップを支援してくれます。 公式サイト 公式サイト
【裏技紹介】リクナビNEXTに会員登録したら、TOPページのフリーワード検索で「探したい職種」を入力して検索を!そうすると、自分にあった求人がたくさん見つかります。



マンション管理求人についてもっと深堀りした情報を見る

マンションコンシェルジュの仕事はどんな人に向いている?辛いと感じない得意な人の特徴。

マンションコンシェルジュの仕事とは、一体どのようなものなのでしょうか?ホテルのフロント業務とは、また管理人との違いは何でしょうか?自分には向いている?向いていない?キャリアアップはできるの…?そんな小さな疑問から、本気でマンションコンシェルジュを目指す人まで、わかりやすくまとめてみました。どうぞ最後までお付き合いいただければと思います。マンションコンシェルジュとはどんな仕事?マンションコンシェルジュとは、いわゆるマンションのフロント係です。24時間体制の所もあり、居住されている住人の方々の様々なニーズにお応えするのが主な仕事です。マンションの規模によって業務内容は多少異なりますが、主な仕事は宅

マンション管理は女性でもできる?女性経験者の私が、できること・大変だったことを解説します

マンション管理、という募集内容の求人をよく見かけるという方も多いと思います。でもどんなお仕事をするのか、女性でも大丈夫なのかは心配ですよね。女性として仕事をしてみてできることや大変だったことをお伝えします。マンション管理の主な仕事内容マンション管理のお仕事はその名の通りマンション内に関する様々な管理をすることです。主にマンションの現場では共有部分のチェックや清掃をしたり、電球を交換したり、自転車が滅茶苦茶になっていたら直したり、点検・工事の立ち会いをしたりと実に様々です。あとは住民からの苦情対応や住民トラブルの仲裁、家主さんと住民との懸け橋にもなります。個人契約や組合の契約ですと事務管理があり

マンション管理正社員求人の年収や仕事内容、おすすめ求人の特徴とは?よくある募集内容や正社員として求められることを解説!

正社員の仕事を探していてよく見かけるのがマンション管理のお仕事です。とは言え、普段見かけることがないという人も多い職業ですよね。どんなお仕事なのか、またよくある募集内容などを解説していきます。マンション管理の正社員はどんな仕事?マンション管理とは名前の通りマンションを管理するお仕事です。見回りをしたり掃除をしたり、共有部分の使い方や破損チェックをする他、住民や家主の相談に乗ることもあります。正社員の管理人の場合は、その他に事務管理まで任されることがあります。また、管理会社の営業フロントは正社員となり、管理組合との折衝や事務管理が主な仕事になります。マンション管理正社員のおすすめ求人の特徴とは?

マンション管理とはどんな仕事?その仕事内容やマンション運営においての役割、なり方など詳しく解説します!

募集も多く未経験可のところもよく見られ、応募しやすいのがマンション管理のお仕事です。しかし、どんな内容の勤務になるのか想像がつきにくい方もいらっしゃいますよね。どんな仕事なのかということや、なり方などを解説していきます。マンション管理とはどんな仕事?マンション管理はその名の通りマンションを管理するお仕事です。マンションの現場では共有部分の点検や清掃をしたり、電灯の交換や点検業者の対応をしたり、住民トラブルの仲介をすることもあります。家主があまり来られないマンションでは特に家主に現状を伝える役割もあります。管理組合の仕事で家賃や管理費などの管理や総会のこと、住民入退去管理、現金管理などの事務管理

マンション管理の仕事内容や向いている人の特徴、キャリアについて解説します

大型マンションの増加に伴い、需要が増えているのがマンション管理の仕事です。しかし、マンション管理の仕事と言っても何となくしか内容が想像できない、という人が多いですよね。今回は仕事内容や向いている人の特徴など詳しく解説しますので、就職や転職を考えている方は特にぜひ参考にしてみてください。マンション管理はどんな仕事?まずは簡単に言えば、マンション管理はマンションを管理する仕事です。マンションは人が住んでいる部分、つまり部屋の中とみんなが使う共用部分に分けられますが、特に共用部分についての点検や管理を行います。また、外観や周囲の環境についても日々チェックしています。管理会社にはフロントという営業と管

マンション管理とはどんな仕事?不動産やマンション運営においての役割、なり方など詳しく解説します!

募集の多いマンション管理やマンション管理人のお仕事ですが、一体どんな内容の仕事をしているのでしょうか。不動産運営やマンション運営においての役割や、この仕事に就く方法など詳しく解説していきます。マンション管理とはどんな仕事?マンション管理は名前の通り主にマンションの管理をする仕事です。例えば、管理人はマンション内外の清掃をしたり、共有部分の電灯の付け替えをしたり、入居者たちの部屋で起こったトラブルに対応する場合もあります。常駐の場合は入り口などで住民を見守ったり来客対応をしたりもします。マンション管理の仕事は多くの人が関わりますが、第一線で活躍しているのが管理人です。マンションの持ち主と個人で契