ネイリストの仕事は、華やかで憧れる人は多いかと思います。

日本は韓国やアメリカなどと同じくネイリストの実力が高い国として知られています。

ここ数年はネイルサロンも増えてきています。

流行に敏感な女性や最近は爪のケアで男性も通っている人がいます。

ネイリストの仕事は、女性のイメージが強いですが、男性も少数派ながらネイリストとして活動している人がいます。

世界に目を向けて見ると男性ネイリストが多いのはインドと言われています。

つまり決して女性だけの仕事ではないということです。

今回は、ネイリストのバイトにスポットを当ててみました。

ネイリストを目指している人やネイリストの職場がどういうものか体験したい人など実際にネイリストして働く前、ネイリスト養成学校や専門学校に通いながらネイルサロンでバイトとして働くことで実際の職場がどういうものかを知る絶好の機会です。

ぜひ参考にしてみて下さい。

ネイリストのバイトはどんな仕事?

ネイリストのバイトは、資格や経験がなくても始めることができます。

ネイルサロンの雑用がバイトの仕事なのでネイリストを目指して専門学校や妖精学校に通っている学生やネイルサロンがどういうところか実際にネイリストを目指す前に体験してみたい人などが多く働いています。

ネイリストのバイトの大まかな仕事内容

ネイリストのバイトは、基本的に先輩ネイリストのサポート役や雑務です。

雑務は、ネイルサロンの掃除をしたり、来店したお客様の接客をしたりすることです。

未経験でアルバイトを始めて、いきなりネイルに触らせてもらえることはありません。

ネイルサロンによっては営業時間外で練習させてくれるところがあります。

ネイリストのバイトのおすすめ求人の特徴とは?

ネイルサロンはブラック企業と言われていることが多く、激務だと実際に体験して感想を持つ人も少なくありません。

ただ、ネイルサロンも民間企業なのできちんと求人募集から情報を精査することできちんと働くことができます。

ここではネイルサロンのバイトでおすすめの求人を紹介します。

研修期間中の時給が実際の時給とかけ離れていないところ

まず、ネイリストに憧れているとしてもネイルサロンで働いてみたいにしてもお金は生活する上で大切なので、時給や給料はネイルサロンを選択するための要素です。

求人募集で注意すべきポイントは、研修期間中の時給が明記されているかどうかと、研修期間中の時給は研修期間明けた後の時給とどれくらい差があるかどうかというところです。

ネイルサロンがブラックと言われる原因の一つに研修期間中は無給で働かせるネイルサロンが存在していることや、求人募集の表示時給と研修期間中の時給があまりにもかけ離れているネイルサロンがあるからです。

バイト先のネイルサロンを選ぶ際には、研修期間中の時給と研修期間が明けた後の時給に注目してみて下さい。

交通費が支給されるところ

ネイルサロンだけでなく美容院やファッション系に共通することですが交通費が支給されるかどうか明記してあることもチェックポイントです。

自宅の近くでバイトが見つかればいいですが、多くの人は、学校の帰り道や通勤できる圏内でバイトするネイルサロンを探します。

つまり通うことになれば少なからずとも交通費が発生します。

ネイルサロンによっては交通費を支給しない、もしくは上限額が少ないところがあります。

別に交通費はなくてもいいと思うかもしれませんが、こういう小さなポイントがしっかりとしていないところはバイトの扱いが雑であったり、ブラックであったりする可能性が高いため、バイトとして働く環境がよくない可能性も高いと言えます。

正社員のネイリスト募集に資格を必要と記載しているところ

ネイルサロンでアルバイトを募集しているところはほぼ正社員を募集しているところがあります。

バイトとして働くのに正社員のネイリスト募集に資格が必要かどうか書いてあることが何の関係になるか疑問に思うかもしれませんが、正社員のネイリストを募集にするにあたり資格があることを条件にしているところはしっかりしているネイルサロンである可能性が高いです。

逆に最近たまに見かけますが未経験歓迎というネイルサロンはブラックである可能性が高いと言えます。

それは、ネイリストは技術がものをいう世界であるため、未経験者をいきなり正社員で採用することはまずありません。

未経験でも正社員のネイリストとして迎え入れてくれるネイルサロンがあったとしたらバイトとして働くこともやめておいた方がいいと言えます。

ネイリストのバイトはこんな人に向いている!

ネイルサロンでバイトをするのに向いている人がいるのでしょうか?

答えは、います。

今から紹介するのはネイルサロンのバイトをするのにオススメな人、ネイルサロンのバイトに向いている人です。

ぜひ参考にして下さい。

ファッションに興味がある人

ネイルサロンに来店する人はほとんど全員がファッションに興味のあるおしゃれが好きな人です。

ネイリストとして働く上で流行に敏感であることは大切なことです。

つまり、ファッションに興味がなければネイルサロンの仕事はバイトであっても楽しいと思えない可能性が高いため、ファッションに興味がある人やファッションが好きな人にはおすすめの仕事です。

将来的にネイリストになりたい人

ネイルサロンでバイトする人でやはり将来的にネイリストになりたい人にはとても向いているアルバイトです。

ネイリストとしてネイルサロンで働く前にネイルサロンがどういう職場なのか、実際に働いている先輩ネイリストの技術を目の前にして勉強する絶好の機会です。

ネイリストの職場を体験してみたい人

ネイリストの職場を体験してみたいと考えている人にもネイルサロンのバイトはおすすめです。

ネイリストを目指そうかどうか考えていたり、ネイリストの養成学校や専門学校に行く前にネイリストとして働きたいかどうかネイルサロンで実際にバイトして雰囲気を見て決めたいというような人にもおすすめのバイトです。

手先が器用な人

手先が器用な人は、ネイルサロンでバイトとして働くだけでなくネイリストとして活躍できる可能性があります。

バイトの時代は雑務や先輩ネイリストのサポート役が多いですが、ネイリストとしての資格を持っていたり、ある程度の期間バイトとして働いていると実際にネイルをさせてくれるサロンがあります。

手先が器用なことはネイリストに大切な要素なのでバイトだけでなく将来を見据えて活躍ができます。

人と接することが好きな人

ネイルサロンで働くためにはバイトであっても人と接することが好きな人は強みを活かせることができます。

ネイリストのバイトは基本的に雑務や先輩ネイリストのサポートですが、来店したお客様を接客することも多く、お客様との会話を楽しめることができる人は、将来的にネイリストとして働く上でお客様とのコミュニケーションは大切なスキルなので人と接することが好きな人にはネイリストのバイトはおすすめです。

ネイリストのバイト求人でよくある募集内容とは?

ネイリストのバイト求人でよくある募集内容をいくつかの項目に分けて紹介していきます。

ネイリストのバイトを考えている人やネイルサロンで働いてみたいと考えている人はぜひ参考にしてみて下さい。

時給相場

ネイルサロンの時給相場は都市部である東京、大阪、名古屋、福岡などで見ると平均して約1,000円〜1,050円であるところが多いです。

もちろんそれ以上の時給を提供しているところもありますし、それ以下の時給であるところもあります。

シフトの入れ具合

シフトは、バイトなのでシフトに入れれば入れるほど採用される可能性が高まります。

バイトなので基本的に雑務やサポート役のため、人手が欲しいネイルサロンからすると技術よりはまず多くシフトに入ってもらえる人ややる気のある人を採用する傾向にあります。

求められる人物像

ネイルサロンやネイリストのバイトとして求められる人物像は、明るくハキハキした人やコミュニケーション能力の高い人です。

手先が器用な人やスキルが高い人も好まれますが、バイトだとどちらかというと前者を好む傾向にあります。

必要なスキルや資格、経験

JNAジェルネイル技能検定やネイルスペシャリスト技能検定などネイリストに関する資格があれば将来的に役立ってきます。

ただ、バイトをするために必ずしも持っていなくてはいけない資格はありません。

ネイリストのバイトになるために他にも知っておきたいこと

ネイリストのバイトだけでなくネイルサロンで働いたり、将来的にネイリストを目指すのに知っておくべきことや興味を持っておくべきことはいくつかあります。

ここでは大まかに分けて2つ紹介します。

ネイルに関しての知識

ネイルに関する知識は、ネイリストのバイトやネイルサロンで働くためにあれば役立ちます。

ほとんどの人はバイトであってもネイリストの専門学校や養成学校、もしくは以前ネイリストとして働いていたなどが多く、ネイルに関する知識を持っています。

来店するお客様も当然ですがネイルの手入れやデコレーションをしにやってきているため、ネイルに関する知識があれば役立ちます。

ファッションやおしゃれについての知識

ファッションやおしゃれに関しての知識もあれば役立ちます。

ネイルサロンにやってくるお客様の多くはネイルだけでなくファッションや流行に敏感な人が多く、デコレーションしたネイルに合うファッションを考えたり、小物を考えたりします。

お客様とのトークに役立てることができるのでファッションやおしゃれに関しての知識や情報を知っておくことは大切なことです。

ネイリストのバイトで働くメリット

ネイリストの正社員ではなくネイリストのバイトとして働くメリットは何があるか、ネイリストのバイトやネイルサロンでバイトをしてみたい人には気になるポイントです。

ネイリストのバイトやネイルサロンでバイトとして働くメリットについてまとめてみました。

実際の職場を体験することができる

実際のネイリストの働く現場を体験することができるのはメリットの一つではないかと考えています。

ネイリストを目指す多くの人は専門学校や養成学校などで技術を磨きますが学校で学ぶのと実際の現場で働くのとではだいぶ違います。

学校では生徒同士でネイルをデコレーションしあったりしますが、ネイルサロンの場合は、お金を払ってネイルを綺麗にしにくるお客様のため、仕上がりに対してかなりシビアです。

ネイリストとして外に出る前に実際の職場がどういう雰囲気なのか体験するのはネイリストのバイトとして働くメリットになります。

本物のネイリストから実際の仕事を身近で見ることができる

ネイリストのバイトとして働くもう一つのメリットは、実際のネイリストの技術を間近でみて学ベることです。

学校で先生がネイルに関する知識やデコレーションなどの技術を教えてくれますが、第一線で働くネイリストの技術などはまた少し学校で学ぶものとは異なってきます。

最新のトレンドを学ぶことができる

ネイルサロンやネイリストのバイトをすると最新のトレンドがどんなものかを知ることができます。

ネイリストは常に流行に敏感に反応しなくてはなりませんし、お客様に何度も来店しもらうためにマーケットで流行っているネイルデコレーションや海外で流行しているネイルに関する知識や技術をどこよりも早くキャッチして取り入れていかなければお店は継続して成功することができません。

ネイルサロンやネイリストのバイトをしていると最新のトレンドを学ぶ機会に恵まれます。

コミュニケーション能力が身につく

ネイリストとして将来的に独立したり、活躍したりするためにはお客様とのコミュニケーションは避けて通れません。

いくらネイルに関しての知識が豊富であっても、デコレーション技術が高かったとしてもコミュニケーション能力が乏しいとリピーターのお客様を得ることは難しくなります。

ネイリストのバイトやネイルサロンでバイトすることで先輩ネイリストのお客様のと接客方法や会話などを学ぶことができますし、実際にそのまま活用する機械にも恵まれます。

まとめ

ネイリストのバイトは、ネイリストを目指す上では経験しておくべき仕事です。

未経験でネイリストになると一人前として働くのにかなりの時間を要します。

もちろん中には未経験でネイルサロンに入り、後々にネイリストになった人もいなくはありませんが、時間と労力はかなり必要になります。

将来的にネイリストになりたい人やネイルサロンの仕事に興味がある人はまずネイルサロンやネイリストのバイトから始めてみてはいかがでしょうか?


関連キーワード

ネイリスト求人

ネイリスト求人についてもっと深堀りした情報を見る

ネイリストの仕事はどんな人に向いている?得意な人の5つの特徴やキャリアについて解説します

指先を美しく彩る仕事であるネイリストは、今や男性女性問わず憧れの職業の一つとなりました。では、実際にネイリストとはどんな仕事なのでしょうか。ネイリストの仕事内容や、向いている人の特徴などについてご説明します。私はこんなサロンでネイリストの仕事をしていましたネイルサロンには様々な形態があります。「大都市を中心にチェーン展開している大手サロン」「有名ネイリストがオーナーのサロン」「美容室に併設されたネイルブース」「ショッピングモール内で開業しているサロン」「個人経営のサロン(出張型も含む)」などが主に挙げられます。私はネイルスクールを卒業したのちに、そのスクールの講師アシスタントとして勤務しながら

ネイリストの転職を成功させるために!狙い目なネイルサロンの4つの特徴と上手な転職方法を解説します

トータルビューティーには欠かせないネイル。整えられた手元はその人のパーソナリティまで演出しているようにも見えます。ネイルのお手入れは今や身だしなみの一つとなったと言っても過言ではありません。まるで魔法にかかったかのように指先を生まれ変わらせることができるネイリストの転職事情について見てみましょう。狙い目なネイルサロンの4つの特徴とは?ネイリストに転職するにはまず、基本的なスキルを身につけることが必要です。また、お客様の指先を健やかに保つためにも、衛生面についての知識を持つことも重要です。もちろん、お客様と対面で施術を行うことから接客マナーも身につけておきたいですね。ネイリストとして今後スキルア