運送ドライバー求人についてここでは詳しくお話していきたいと思います。

今回取り上げる「運送ドライバー」は今まさに人手不足問題にもっとも悩まされている職種の一つであり、今後賃上げや待遇改善が期待できる職場でもあります。

この記事では、そんな運送ドライバーの業務内容を把握する為の必要最低限ともいえる情報をご紹介していきます。

運送でおすすめな求人を見極めるコツもドライバー希望の方は必見です!

自分には「どんな仕事」が向いているか、診断するにはこちら →
(正社員希望の人限定)

まずは「運送ドライバー」の仕事例をチェック

運送ドライバーの大まかな仕事内容

大まかな仕事内容

運送ドライバーは荷物をある場所に届けたい「荷主」から荷物を預かり、それを目的地まで「運ぶ」仕事を担います。

また、運送ドライバーには勤務する会社が提供する「サービス」を体現する役割もあります。

サービスの例を挙げると、スピード配送や時間帯指定といった「時間」に関するものや冷蔵・冷凍車を使用する「品質」に関するものがあります。

運送ドライバーはどういった役割を求められる?

運送ドライバーには会社の「広告塔」とも言える役割が求められます。

マナーの順守や安全運転は勿論のこと、お客様はドライバーを通して運送会社の評価をする為、会社の看板を背負っている意識を常に持ち責任感を持って確実に荷物を送り届けることが求められる仕事です。

運送ドライバーにはどんな種類があるの?

運送ドライバーにも多くの職種があり、運ぶ「物」も職種ごとに異なります。

ここでは代表的な「職種」と「物」を紹介します。

運送ドライバーの求人募集でよくある職種

宅配便ドライバー

顧客がインターネットで購入した商品などを配達するドライバーで、皆さんにもっとも馴染み深いドライバー職でしょうだ。

営業や高度なスキルは求められませんが、日々配達先が異なり配達件数も非常に多く、更には時間指定のある荷物も含まれている為、とても忙しい職種となっています。

配達・配送ドライバー

主に企業間取引における物品の配達・配送を担います。

配達先が固定されていることも多いですが、場合によっては大型トラックを運転したり高速道路を利用したりする職種でもあります。

引越しドライバー

依頼人の荷物を荷積みし、引越し先まで運搬するドライバーです。

この職種の一番の特徴は、車の運転だけでなく「引越し作業」という重労働も必ず付いてくるということが挙げられます。

ドライバー職というよりは体力仕事と言ったカテゴリーの方がしっくりくるかもしれません。

運送ドライバーがよく運ぶ物の種類

食品

食品には常温で運べる物もありますが、中には「冷蔵・冷凍」運送が必須の物や形が崩れる等の理由で運送に細心の注意が求められる物もあります。

宅配物

宅配物も食品同様にその「物」の種類によって取り扱い方が異なってきます。

しかし最近では宅配物の形状に関わらず一定の大きさの段ボールに詰める荷主も多く、そういった意味では食品よりも扱いやすいと言えます。

自分には「どんな仕事」が向いているか、診断するにはこちら →
(正社員希望の人限定)

運送ドライバーの求人でよくある募集内容とは?

次に、運送ドライバーの求人情報に掲載されている項目を抜粋して紹介していきます。

給与相場

給与相場は職種によって走行距離や配達物・配達件数などが違うので一概には言えませんが、一つ共通しているのは、今後給与相場が上昇していく可能性が非常に高いということです。

人手不足の影響をもろに受けている業界にも関わらず運ぶ荷物の量自体は増え続けているので、人材確保の為に多くの会社が賃金水準を引き上げています。

勤務時間や休日、残業

勤務時間は早朝からのところもあれば、夜通しの配達をするトラック運転手もいます。

休日は週休二日制を取っている会社が多く、土日休みの事業所もありますが平日に2日間休みを取れるだけで基本的に連休がない職場も存在します。

残業については、特に宅配便ドライバーなど再配達業務がある職種は1時間~2時間の残業は起こり得るでしょう。

運送ドライバーの求人で見極めるべきポイント

運送ドライバーの求人を探索するにあたり、どのような点に注意すれば良いのでしょうか。

ここでは見極めるポイントを二つ紹介しておきます。

福利厚生がしっかりしているか

まずは社会保険の有無や給与以外の待遇などの「福利厚生制度」で求人を絞り込んでみましょう。

人手不足の影響もあり最近では多くの会社が福利厚生制度の充実を図っていますが、中には法律で定められた最低限のもののみを備えているような会社もあるので注意が必要です。

自宅から通いやすい場所にあるか

自宅から勤務先までの距離で求人をある程度絞り込んでみるのも良いでしょう。

勤務先が自宅から近ければそれだけ時間を節約できるので、自宅からの距離や通いやすい場所(混雑する道路を避けて通勤できるなど)かどうかを検討することも大切です。

運送ドライバーの求人についてよくある質問

最後に、ドライバー職についてよくある質問とその簡単な回答をまとめておきます。

応募方法は?

ハローワークや求人情報誌などから応募します。

最近は特に人手を必要としていますので、知人からの紹介やDMチラシを見て応募することもあるでしょう。

面接でよく訊かれることは?

一番に訊かれることは「運転適性」に関する内容です。

つまり「長時間運転が可能か?」「過去の事故・違反歴は?」などの質問です。

運転に関する質問は必ず訊かれますので、事前にある程度回答を準備しておくことが大切です。

未経験でも応募できる?

運送ドライバーは未経験で始める方も多い職種です。

もちろんドライバー経験がある方は面接時に優遇されますが、それとは別に未経験の方も沢山いる職場が多いようです。

会社の雰囲気は?

ドライバーの仕事は基本的に一人で行うものですので、会社の雰囲気はどちらかというと淡々と仕事をこなす職人集団のようなイメージです。

黙々と自身の仕事を執り行うことが好きな方には良い環境でしょう。

正社員、派遣社員、アルバイトの募集があるの?

ドライバー職は正社員もしくはアルバイトでの募集が大半を占めます。

業務委託契約を締結して個人事業主として仕事をしている「赤帽ドライバー」の方などもいますが、派遣社員として働いている人はほとんど見かけません。

まとめ

運送ドライバーはその職種によって職場環境や待遇などに違いがあります。

そのため、「ドライバーの仕事」とひとまとめに求人を探するよりも、ご自身が希望する働き方や待遇などを整理してからそれに見合う求人を探すという段取りがおすすめです。

どんな人が運送ドライバーに向いているかは、こちらの記事を参考にしてみてください!

自分には「どんな仕事」が向いているか、診断するにはこちら →
(正社員希望の人限定)



関連キーワード

ドライバー求人

運送ドライバー求人についてもっと深堀りした情報を見る

運送ドライバーが向いている人の3個の特徴とその力を活かせる職種・仕事とは?

運送ドライバーの仕事は一昔前までは体力的にハードであったり、勤務時間が長かったりとなかなか良いイメージで語られない職種でした。しかし最近は賃上げや職場環境の改善が進み、働きやすくなってきています。今回はそんなドライバー職に「向いている」人にはどのような特徴が見られるのかを紹介していきます。加えてドライバー職で得たスキルを活かせる職場も最後に挙げておきますので、併せて参考にしてみてください。運送ドライバーとはどんな仕事?一般に、「運送ドライバー」とは荷主から預かった荷物を指定の配達先に届ける仕事に従事するドライバーを指します。その職種として、宅配便ドライバーなどの「個人向け」や、企業間取引におけ

運送ドライバーの仕事に向いてる人とは?活かせる経験は何?記事を読んで確認してみよう!

運送ドライバーの仕事に興味がある方は必見ですよ!宅配便の配達やコンビニ・スーパーへの搬入など、私たちの周りで様々な用途で活躍している「運送ドライバー」。この記事ではどのような人がドライバー職に向いているのかを簡単に解説していくと共に、キャリアアップの道や求人検索の仕方も紹介していきます。ドライバーを職業にしたい方はぜひこの記事を参考にしていただけたらと思います。そもそも運送ドライバーとはどんな仕事?一般に車を運転して荷物を運んでいる人を「運送ドライバー」と呼びますが、宅配便ドライバーや大型トラックの運転手、引越し作業員などその職種や業務内容は多岐にわたります。運送ドライバーの大まかな仕事内容基