運送ドライバーの仕事に興味がある方は必見ですよ!

宅配便の配達やコンビニ・スーパーへの搬入など、私たちの周りで様々な用途で活躍している「運送ドライバー」。

この記事ではどのような人がドライバー職に向いているのかを簡単に解説していくと共に、キャリアアップの道や求人検索の仕方も紹介していきます。

ドライバーを職業にしたい方はぜひこの記事を参考にしていただけたらと思います。

自分には「どんな仕事」が向いているか、診断するにはこちら →
(正社員希望の人限定)

まずは「運送ドライバー」の仕事例をチェック

そもそも運送ドライバーとはどんな仕事?

一般に車を運転して荷物を運んでいる人を「運送ドライバー」と呼びますが、宅配便ドライバーや大型トラックの運転手、引越し作業員などその職種や業務内容は多岐にわたります。

運送ドライバーの大まかな仕事内容

基本的には事業所や集荷先で積んだ荷物を配達先に届けることが仕事内容になりますが、職種によっては軽い「営業活動」が求められたり、引越しドライバーなら家財道具の荷積みや荷降ろしといった「体力仕事」が必ず付いてきたりと、現場によって違いがあります。

自分には「どんな仕事」が向いているか、診断するにはこちら →
(正社員希望の人限定)

運送ドライバーの仕事はどんな人に向いている?

では、どのような人がドライバー職に向いているのでしょうか。

ここでは代表的なものを三つ挙げていきます。

運送ドライバーの仕事に向いている人1:安全に対して意識が高い人

運送ドライバーは一般ドライバー以上に高い安全意識が求められます。

会社の看板を背負って車を運転する限りは、事故を起こさないことは当然として軽微なマナー違反も厳しく律しなければなりません。

誰もが故意に事故を起こしたり迷惑な運転をしたりするわけではないですが、運送ドライバーの場合は走行距離も運転時間も長い為にどうしても集中力が切れてしまいがちです。

そのような時に休憩を取ったり一旦落ち着ける時間を作る、といった冷静な行動を取れる人こそ、本当の意味で「安全に対しての意識が高い」人と言えます。

運送ドライバーの仕事に向いている人2:長時間の運転が苦ではない人

運転が好きな人や得意な人は沢山いますが、いざ運送ドライバーの仕事をしてみると「予想以上に退屈だった」という感想をよく耳にします。

これに関してはこの仕事に従事してみないと分からないことなので、普段から長時間運転しているから大丈夫という思い込みには注意が必要です。

運送ドライバーの仕事に向いている人3:体力に自信のある人

引越しドライバーのみならず、運送ドライバーの仕事には基本的に体力が必要です。

重たい荷物を運ぶことも多く、時間指定の荷物があれば間に合うように配達を迅速に済まさなければいけないので、配達の間は休む暇がないこともあります。

長時間運転し続けることもあれば短時間の運転と積み下ろしを繰り返すこともあり、とにかく体力を必要とします。

よって、体力に自信のある人こそが向いていると言えるでしょう。

運送ドライバーの仕事で活かせる経験とは?

運送ドライバーの求人に応募する上で、どのような仕事の経験があれば有利に働くのでしょうか。

代表的なものを二つ挙げてみます。

運送ドライバーの仕事で活かせる経験1:接客業の経験

意外に思われるかもしれませんが、接客業を経験したことのある人は運送ドライバーの仕事に適性がある可能性が高いです。

ドライバーの仕事といっても単に車を運転するだけの職種というのはそれほどなく、多くの場合配達先の顧客に対する「接客業務」も求められます。

とは言え、本格的な営業をするわけではなく挨拶程度で済む現場が多いですが、そこでの印象が会社のイメージアップになり継続的な取引にも繋がります。

接客業の経験がある人は自然な笑顔を作れたり当たり障りのない会話をすることに秀でていることが多く、そのスキルはドライバー職の現場でも活かすことができるでしょう。

運送ドライバーの仕事で活かせる経験2:自動車運転経験

当然ですが、日頃からよく車を運転する人はあまり運転しない人に比べてドライバー職に馴染みやすいでしょう。

最初の頃は普段の運転と勝手が違い戸惑う場面もあるかとは思いますが、運転経験が豊富な人ほど現場に慣れるスピードは早いでしょう。

その後のキャリアについて

ここからは、運送ドライバーになってからや退職後にどんなキャリアデザインができるのかを見ていきましょう。

この仕事に就いた後のキャリアアップの道は?

ドライバー職でのキャリアアップの道としては、後輩を育成する主任職への就任や事務所の責任者としてドライバーや配送先を調整する仕事、もしくは大きな会社であれば本社勤務の道も考えられるでしょう。

この業界は現場たたき上げの管理職も多く、社内や業界内でのキャリアアップを目指すことも不可能ではありません。

他の仕事にもこの経験を活かせる?

運送ドライバーの経験を活かせる仕事としては、まずタクシードライバーやバスドライバーなどの他の「ドライバー職」が挙げられます。

運ぶものが荷物から人に変わり運ぶ目的も大きく異なりますが、車を運転するという根本の業務は変わらないので転職先の候補として真っ先に挙がってくるでしょう。

他に「営業職」なども転職先として考えられます。

ドライバーの仕事はところどころで営業活動をすることがあり、その経験を活かして本格的に営業職に挑戦する人も少なくありません。

自分に合った運送ドライバーの求人の選び方や注意点

最後に運送ドライバーの求人情報を探索するにあたっての注意点をいくつか挙げていきます。

【選び方①】雇用形態から探す

ドライバー職の求人は「正社員」か「アルバイト」での募集が多いようです。

長く続けていこうという人は「正社員」、とりあえず働いてみようという人は「アルバイト」というように絞り込んでみるのも良いでしょう。

【選び方②】職種から探す

職種としては宅配便ドライバーなどの「個人向け」配送、工場や事業所にまとまった荷物を届ける「企業向け」配送などがあります。

希望する職種に近いものから探索してみましょう。

【選び方③】会社の業態から考える

配送だけを担っている会社か、ドライバーにも営業成績を求める会社か、といった事業所の業態から求人を絞ることも大切です。

入社後にどのような仕事に従事するのかイメージできるように、疑問点は面接時に必ず質問しましょう。

【選び方④】給与や雇用条件から考える

給与などの雇用条件で絞り込むこともできますが、最近の人手不足の影響もあり多くの求人は似たり寄ったりな印象になってきています。

自分が最低限譲れない条件などがあれば、それを基準に検索してみましょう。

【選び方⑤】エリアから考える

勤務先の場所に加え、勤務する「エリア」が事業所からどれくらいの距離なのかということも把握しておきましょう。

勤務エリアが遠ければそれだけ移動に時間がかかりますし、残業の可能性も高まります。

まとめ

今回は運送ドライバーの仕事がどんな人に向いているのか、どんな経験が活かせてキャリアアップや転職に関してはどうなのかということを簡単に解説しました。

運送ドライバーの仕事は想像しているよりも幅広く、その後のキャリアに活かせる仕事でもあります。

興味を抱いている方はその点も考慮して求人検索をしてみてください。

自分には「どんな仕事」が向いているか、診断するにはこちら →
(正社員希望の人限定)