突然ですが、ハイヤー、と聞いてみなさんはどんな想像をしますか?

実は、ハイヤーと言う仕事は運転と接客、気配りなどが重なった非常にハイレベルな仕事です。

そんなハイヤーの仕事につきたいと思ってるあなた!

今日は、某企業の専属運転手をしている私が気になるハイヤーの仕事、聞きにくい求人の裏側についてお教えします!

ハイヤーってどんな仕事?

ハイヤーとは、主には運転手のことを言います。

街中で、黒塗りの車にスーツをきて白い手袋をした運転手を見かけたことはありませんか?

その人達がハイヤー運転手と呼ばれる人たちです。

ハイヤーとはタクシーのように手を挙げて乗り、行き先を告げて行くと言う方法ではなく、完全予約制です。

事前に時間や、お迎え場所、向かう先の場所や時間、全てを取り決めた後初めて、ハイヤーがお客様の所に向かうのです。

タクシーの様に、今すぐ乗りたいから迎車で呼ぼう!と行って来るものではなく、遅くても3日前、基本は1週間前には予約の手配を入れるのが大きな違いです。

例えば大事な取引先の方をお送りするとき、会食会場までドレスコードをして行くときに、自家用ではなく運転手を付けて。

など、VIP待遇と呼ばれるものがそれに相当します。

ハイヤーの業務に携わるには、二種免許という、営業ナンバーと呼ばれる車を運転できる資格を取得しなければなりません。

また、白ナンバーの運転手を探している方でも、やはり雇ってもらえる可能性が高いのは二種免許を持っている人たちです。

二種免許とは、お金(運賃)を貰って人、物を運送する免許と言う意味です。

さらにざっくりとかけば、お客様を乗せて走れるか、走れないかと言うことです。

運転のプロ、としてみられることが多い二種免許は周りのドライバーたちに模範的になるような運転を心がけないといけませんが、それと同時に、お客様の要望にも応える為、道路の混雑状況、時間、技術、気配り、言葉遣いなど求められるスキルも高くなってきます。

ハイヤー求人でよくある募集内容とは?  

ハイヤーで求められる資格があります。

二種免許と呼ばれるものです。

「ハイヤーってどんな仕事?」でも少し触れましたが、二種免許がないと仕事ができません。

最近では会社に入社時に取得制度として、取らせてくれる会社も多いですが、基本的には給与から積立返済をすることが多いですし、2〜3年は会社にいてください、その間に辞めてしまったら、一括返済しください。

となるので、注意が必要です。

職種

ハイヤーの仕事は旅客運送業と言う分類に位置します。

バスや鉄道と同じ公共交通機関です。

ほとんどのハイヤーは、タクシー会社の中にハイヤー部門としてあることが多いので、入社をするとなると、タクシー会社への入社となります。

ハイヤー専門でやっている会社さんもありますが、その場合は、タクシー営業もできる車両で、ハイヤーをメインに活動し、予定がないときはタクシー営業をする。

と言うパターンと、メーター機も何もなく、予約していただいた方を順番に回るハイヤーと言うのがあります。

給与相場

ハイヤーの給与はピンキリと言われています。

実はハイヤーの仕事は給与形態が複数あります。

職種で述べた、2つのパターンがありましたよね?

そのパターンによって給与形態が異なるのです。

また、その2つのパターンから、さらに派生して形態が変わるのです。

タクシー+ハイヤーの場合は、300〜400万前後+α。

ハイヤーのみの場合は、350〜450万前後+気合いと言われています。

ハイヤーのみ方はふざけてるのか!と思われる方、お待ちください。

本当にハイヤーのみだと気合いが重要になってくるのです。

また、会社さんによっては1000万プレーヤー目指せます!とか書いてることが多いですが、大抵は家に帰る時間がないくらいハードに仕事を入れないとその金額は成り立ちません。

それは次の「給与形態」で詳しくお話しします。

給与形態

給与の相場はおわかりいただけたかと思います。

そのまで気を張る仕事なのに少なくない?と思われる方もいらっしゃるかと思います。

実はそこが複雑にできているのがハイヤーなのです。

会社の求人には、固定給◯◯万円〜と書いてあることが多いですが、実際に明細をみるとあれ?となることが多いです。

実際私もそうでした。

ハイヤーには、時間換算給与と距離換算給与と言うものがあります。

ちなみにタクシーは完全歩合給です。

それを踏まえて形態をお話ししましょう。

タクシー+ハイヤーの場合は「タクシーの歩合+ハイヤーの給与=総支給」となります。

ハイヤーのみの場合は「勤務時間(走行距離)+残業時間(規定距離超過分)=総支給」になります。

ハイヤーには最低常務時間か最低規定距離と言うのがあります。

例えば、170時間が最低常務時間とします。

170時間を超える勤務をすれば、当然満額支給がされますが、万が一それに満たない場合は、基本給が時給換算になります、また、残業時間を上乗せし、170時間を超えるようにして支払われます。

上記に当てがって、ある月が規定時間140時間と残業が50時間としましょう。

そうすると、「140+50=190」となりますが、規定時間が170時間を超えていないので「170+20=190」となるのです。

残業時間が半分以上削られてしまいました…全ての会社がそうか、と言われればそうではないですが、この様な形態の会社もあります。

しかし、面接や求人情報ではこの様な書き方をすると、人が入ってこないため固定給として表示していることがほとんどです。

距離に関しても同じです。

機械によって残業時間帯に、何km走行したかが、データで出るので、それを規定距離に置き換えてるのです。

勤務時間や休日、残業

ハイヤーの勤務時間はサラリーマンと似ています。

朝出社して、夜帰るです。

しかし、ハイヤーのお客様の中には、要人や、会社役員、国賓級のお客様がいらっしゃる場合もあります。

そうなると、朝から夜中までを連日…なんてこともあります。

勤務時間は基本のシフトが決まってはいますが、お客様に合わせるので、まちまちです。

私は社長専属の運転手ですが、勤務を少し紹介しますと、朝8時に社長のご自宅へ。

日中はその日のご予定に合わせて夜会食やお出かけ先へ送迎、車を所定の位置に戻し帰宅となります。

自宅から車の保管場所まで1時間かかるので、毎日5時台には家を出て帰宅するのは23時前後が当たり前です。

また、土日はゴルフへ…なんてこともありますから、休日も呼び出されることもあります。

稀に終電がなくなってタクシーで帰ることもありました。

仕事の内容によってはかなり複雑な勤務形態になることもあります。

しかし、基本としては土日祝が休み。となっている会社が多いようです。

私もそうですが、会社の役員の方をメインで送迎されてる。

なんて人は企業は土日休みが基本ですから、週休2日が基本の形となります。

社長や会長、役員専属の運転手となると、基本的にはその方しかお乗せしないので、その方のスケジュールによって休みが変わります。

福利厚生

福利厚生は会社によって様々ですが、ハイヤーの面白いものとして、給与保証と言うものがあります。

これは、入社してから半年、または1年間は月給を保証しますと言うものです。

どうしても新人の時は道がわからなかったり、おいしい仕事は先輩が持って行ってしまうものです。

その様な時はどうしても給与が減ってしまうので、会社としても補填をかけます。

それが給与保証です。

また二種免許を持っていない人のためにも取得制度と言うものがあります。

会社側が二種免許取得に必要な金額(約30万円前後)を全額負担してくれると言うものです。

しかし、全額負担と言っても、毎月の給与から天引きで返済をしていくので、実際には、初期費用建て替えと読む方が正しいのかもしれません。

他には、保養所やスポーツジムが割引になる。

ボーナスがあるなど会社によって様々です。

求められる人物像

ハイヤーはまず、運転が好き!と言う人が大前提になってきます。

運転が嫌いでは、当たり前ですが務まる仕事ではありません。

それと同じくらい必要なのが、綺麗にすること、と周りをよくみて、気配りができる人です。

運転をしながら、ミラーをみて、道路の前方をみて、渋滞がないか予測をして、車内の空調を気にして、話しかけられたらその話題に対して考えて…

ハイヤーは考えること、動作するものが常に複数あります。

高速道路を走っていてカーブのトンネルがあるとします。

その先が渋滞していたら事故につながるので、トンネルに貼られてるタイルの反射光をみながら、前車はがブレーキを踏んだか踏んでないかを確かめます。

それを確認しながら会話をしたり、車内の空調を気にしてみたり、色々やりながらなので精神的にもかなり疲れます。

車を綺麗に保つのも運転手の仕事ですから、無頓着な人はあまりお勧めできません。

ハイヤー求人のおすすめポイント

ハイヤーのここがいい!と言うところは数えだすと数多くあります。

似た様なものもありますが、細かいところまで考えると実は運転以外にも得られるものがたくさんあるのです。

運転が大好き!って人は天職かも?!

運転が好きで休日も運転したい。

と言う人にはすごく向いている仕事だと思います。

自分の好きなものを仕事にできると言う面に関しては文句なしです。

また、運転技術自信がある人も向いているかもしれません。

人とは違う仕事をしてみたい!

普通の会社勤めのサラリーマンではなく、人と違う仕事がしたいと思っている方も向いていると思います。

肩書きなどは置いておいても、大事なお客様にストレスなくお送りする仕事。

接客とも運転とも言えるこの仕事は、やはり二種免許という限られた人たちしかできない仕事であり、この仕事を選ぼう!と思っている方は少ないのではないでしょうか?

人から感謝を言われる仕事。

タクシーにもつながる話ですが、この仕事は感謝されることが多いです。

ドアサービスであったり、ナビの設定だったり、些細なことに「ありがとう」と言われることがあります。

当然プロとして通ってる私たちですから、ありがとうと言われた時は、なんとも言えぬ嬉しさと達成感があります。

ゴール地点がない(終わりがない)

ハイヤーには目標は設定できても、ゴールがありません。

例えば、営業ならノルマ、販売なら販売個数など業務に対するゴールがありません。

自分で目標を設定して、今度はその目標を超える水準をキープし続けます。

また、新しくできた道路によって渋滞ができるのか消えるのか。

日々変わる交通状況に柔軟な対応が求められる仕事なので、運転も接客も終わりがないのです。

目標を高く設定して、それに向けて奮起するぞ!

って人にはやりがいを非常に感じる仕事になるでしょう。

同期は仲間でありライバル

タクシーもハイヤーも営業所を出てしまえば、個人事業主と一緒です。

その日の売り上げは自分で稼ぐ。

同期や先輩は会社の仲間であり、良きライバルとみます。

言い方をもっと悪く言えば、他業者なのです。

切磋琢磨しあえる仲間たちができるのは、仕事のモチベーションに対してすごく影響があるので、大事にしたいですね。

ハイヤーの仕事についてよくある疑問

ハイヤーの仕事をしていると気になることがあると思います。

私が実際に聞かれた質問に対し、この場で答えていきましょう!

人と話すのが苦手なんだけど、ハイヤーになれるの?

大丈夫です!

むしろ話が大好きで話すぎる人より、意外と内気な性格の方が向いていたりします。

ハイヤーは予約で乗る乗り物です。

車の中が唯一のくつろぎの場になっている方も少なくありません。

その中で聞かれた質問や会話に倍以上で返す様なことを嫌う方もたくさんいらっしゃいます。

なので、内気な人の方が向いているのです。

二種免許を取るのはすごく難しいと聞いたけど、私でも取れる?

ありがちな答えになりますが、勉強をちゃんとしていれば大丈夫です。

車の免許を初めて取る時、勉強しましたよね?

二種免許の内容は意外と一種免許と共通している問題が多いです。

ですので、しっかりと予習をし、対策をとって行けば、問題ありません。

手を抜くと私みたいに二回も三回も落ちますよ…笑

運転に自信がないけども、大丈夫?

運転技術に自信がない方でも大丈夫です。

ハイヤーはタクシーと違いゆったりと行動される方が多いです。

また、会社の教習の中で添乗研修と言うものを行ってくれるはずです。

横に先輩が乗り、良い点、悪い点を伝えてくれるので、安心してください。

また、日々の乗務の中でも、練習できることはたくさんありますので、自然と身についてくると思います!

タクシーとハイヤーどちらが稼げる?

これに関しては、当人のやる気次第になってきます。

自分がどれだけのペースで、しっかりと仕事ができるかになります。

また、会社さん選びでも給与が変わる場合があるので、しっかしと募集ページを見比べ、何社か見学や説明会に行くのが良いと思います。

その時は、合同の説明会などではなく、個人的にお願いをして、実際の営業所などに行くのが良いでしょう。

乗務前の先輩たちの話を聞けるチャンスが広がるからです。

まとめ

いかがでしたか?

ハイヤーと言う仕事は、しっかりと勉強し、資格を取り、なおかつ社内研修を積んだものができる、プロの仕事です。

運転と接客、同時にやることは言葉や文章で説明するのは簡単ですが、実際にやってみると意外と難しいものがあります。

友人とドライブしてる時に、仕事の喋り方をして!と言われても恥ずかしさや、面倒だなと思いますよね。

ハイヤーのドライバーは皆、たとえ友人だろうと、仕事として認識をすれば、しっかりとこなせなければならないのです。

私はこの仕事を、誇りがある仕事と思っています。

このご時世、挨拶をまともにできない人も少なくありません。

その中で、日々勉強し、普段は使わない様な言葉遣いで仕事をすると、自然と仕事に対する考え方やプライドが生まれます。

特別感と言えばいいのでしょうか。

私も、この仕事の前はチャラついた今時の若者でした。

しかし、仕事をして一年と経たずに周りから「老けたね笑」なんて言われる様になりました。

本当に老けたのかもしれないですが、私はこの仕事をして、品格や風格が変わったのかなと思う様にしています。

ハイヤーという仕事に興味がある方、ぜひ、ご自身で調べてみて、営業所へ見学に行き、雰囲気を感じてみてください。

お金に余裕があれば、ご家族、ご友人、最愛の人などと乗ってみるのも良いかもしれません。

みなさんが、良き職場、良き仕事に巡り合えることを願っています。


関連キーワード

ドライバー求人

ドライバー求人についてもっと深堀りした情報を見る

トラック運転手の年収・給料はどのくらい?私の周りの相場や年収の決まり方を紹介します

トラック運転手は、ずいぶん昔は「稼げる」と言う非常に強いイメージがありました。事実、昔はそうでした。トラックを走らせれば、走らせるほど給料がどんどんアップしていました。でも、現在はそんな時代ではありません。昔ほど稼ぐことは出来ません。その理由を、現在のトラック運転手の年収事情に合わせて見て行きましょう。トラック運転手の年収の相場はどのくらい?トラック運転手の年収は、正直なところ「ピンからキリまで」と言う感じです。働く時間や、トラックを動かす距離などに大きく左右されるので、一概に言えませんが、少ない場合で、額面が400万円を切る場合から、上は700万円と言った感じです。それ以上の年収が出る場合は

ドライバー募集はココを見て!良い求人、悪い求人の見極め方を教えます

業界大手の働き方改革やそれに伴うサービス内容の変更など、話題に上ることも多い「ドライバー」の仕事。今回は「ドライバーの募集」をテーマに、いくつかの観点からこの仕事の実態を紹介していきます。ドライバーの仕事といってもさまざまな職種があるので、まずはよく求人が出ているドライバー職種を3つ紹介していきます。その後、良い求人・悪い求人の見極め方や、しっかり求人探索をしなかった場合に起こり得るデメリット、自分に合った求人を探すコツなどを解説していきます。この仕事に興味がある方は一度以下の内容に目を通してみて、求人に応募するか否かの判断材料にしてください。ドライバーの募集ではどんな求人が募集されているの?

宅配ドライバー求人でよくある募集内容や働き先の種類・おすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

アマゾンや楽天、最近ではZOZOTOWNなど、ますます便利になっていく通信販売を利用する人が増える一方で、大手運送会社などではドライバー不足に悩まされています。ハローワークや求人サイトなどでドライバーの仕事を探すと実に沢山の宅配ドライバー求人の記事を目にすることができます。この記事ではそれぞれの宅配ドライバーの仕事の紹介、また、よく見る宅配ドライバーの募集内容にはどんな物があるのか?気になる質問についても解説しています。これを見てぜひ、自分に合ったドライバーの仕事を見つけてください。宅配ドライバーの仕事にはどんなものがある?一言で宅配ドライバーと言ってもその仕事の中身は様々です。毎日違ったお宅

ハイヤー運転手の年収はどれくらい?相場感や給料の決まり方などを教えます

ハイヤーの仕事に興味はあるけれど、本当に求人情報に書いてある内容で合ってるの?と思われる方も多いと思います。実際にタクシーの話にはなりますが、固定給と書いてあって、実際は歩合給だったり…そんな心配をしている方達に、実際にハイヤーをしている私の会社を基準に、ハイヤー運転手の年収についてお話をさせていただければと思います!ハイヤー運転手の給料の相場はどのくらい?基本的にハイヤーの仕事に新卒、転職は関係ありません。言い方を変えれば、学歴、過去不問となっている会社がほとんどです。ご年配の方を中心に雇っているところもあれば、若い方の方が社会の色に染まってないから育てられると考える会社もあります。あくまで

バス運転手の年収はどのくらい?私の周りの相場や給料の決まり方を紹介します

普段、日常生活において利用することがあるバスですが、バス運転手は年収いくらもらっているか気になるところです。バス運転手といっても実は民間バス会社で働くバス運転手と公営のバス運転手、いわゆる公務員として働くバス運転手の大きく分けて2種類あります。当然ですが民間と公営では給料事情は異なってきますし、民間バスのバス運転手は、民間バスが主催する試験を受けるのですが、公営バスのバス運転手は公務員ですので公務員試験を受ける必要があります。今回は、バス運転手の給料事情について紹介します。バス運転手の給料の相場はどのくらい?バス運転手の給与事情について調べてみました。バス運転手の収入モデルケースを見つけたので

家具配送求人でよくある募集内容や働き先の種類・おすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

あなたは家具配送の求人を見たことがありますか?ドライバーの募集や配送補助の募集などいくつか求人誌や求人サイトで見にしたことがあるのではないかと思います。イメージとしては、トラックに乗って家具をお客様のもとへ運び設置する、というイメージですよね。では実際にどのような タイムスケジュールで一日が流れていくのかや、おすすめの求人のポイント、気になる疑問についても解説いたします。家具配送のおおまかな仕事内容家具配送の大まかな仕事内容としては販売店から荷物をトラックに乗せ、お客様のもとへ運び設置をする、というのが主な仕事です。しかし実はお店により仕事の内容が様々で、その日に配送する予定の家具を自分で準備

バス運転手の転職を成功させるために!狙い目な会社の5個の特徴と上手に転職するための4個の注意点

目指せバスの運転手!バスの運転手への転職で、つまずかない為のポイントを紹介していきます。よくある転職理由なぜバス業界に転職を考えるのか、よくある転職理由とは?車の運転に慣れているから普段運転していて、運転することに慣れている人にとって、バスの運転手はプライベートの延長のように感じるかもしれません。もし、車の運転が好きであれば、好きな事をしながらお金を貰えるという事になりますので、天職になるでしょう。運転する車の大きさが変わること以外には、道路上で覚えておきたい事と言えば交通ルールくらいなので、他の業界と比較して覚えるべき事は少なく、普段から行なっている事がほとんどですので、心配な点は少なく転職

バス運転手の仕事はどんな人に向いている?得意な人の7個の特徴やキャリアについて解説します

バス運転手の仕事はどんな人に向いているか、向いている人の7個の特徴やキャリアについて細かく解説しますバス運転手の大まかな仕事内容バス運転士には大きく分けて4つに分類されます。1つ目が、勤務地周辺の街を走り、各バス停で待っているお客様を乗せて、目的地まで案内する路線バス運転士。2つ目が特定の場所でお客様を乗せた後、高速道路を走り、東京や大阪など遠くの決まった目的地まで案内する高速バスの運転士です。3つ目がバスの大きさは全長7mのマイクロバス~全長12mの大型バスと依頼先によって異なりますが、目的への往復を行う送迎バス。最後にプランに合わせて決まった人員のお客様を目的地へ送る観光目的の観光バスです

バス運転手求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

身近な存在であるバス運転手の仕事について、募集内容やおすすめ求人についてご紹介していきます。ハードな部分もありつつ、やりがいのあるこの仕事について、よくある疑問などにもお答えしていくのでお楽しみに。バス運転手のおおまかな仕事内容おおまかな仕事内容街の中を走っている乗合バスの場合は、中型または大型バスに乗り、決められている路線を走り、バス停で待っているお客様を乗車させ、目的のバス停まで安全運転で送り届ける仕事です。また、遠くの街まで走っている高速バスは、乗合バスよりも大きいバスに乗り、高速道路を走ってお客様を目的地まで送り届けます。大きな違いはバス停の有無とバスの大きさです。それ以外にも、バスの

大型トラック運転手求人でよくある募集内容や働き先の種類・おすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

現在、日本国内の物流の六割をトラック輸送が担っていると言われています。一方で昨今は若者の自動車離れも一因となり、ドライバー不足もニュースなどで話題となっています。トラック事業は30年ほど前の規制緩和によって価格競争が激化していましたが、この数年で法改正・見直しがすすめられ、関係者が働きやすく適正な賃金を得られる環境が整いつつあります。以前は路線バス乗務員、現在は大型トラックでの食料品輸送ドライバーをしている私が、大型トラック運転職の実情や魅力、そして大型トラック運転手求人でよくある募集内容や働き先の種類・おすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します 。大型トラック運転手のおおまかな仕