配送や配達は、運転が好きな人にはおすすめの仕事です。

それは「たくさん運転出来るから」という単純な理由以外にも、さまざまな理由があるためです。

しかし、実際にやってみると、意外と大変な仕事だということが分かります。

やってみなければ分からない、配送ドライバーの仕事内容についてご紹介します!

配送・配達ドライバーとはどんな仕事?

配送・配達ドライバーは、「配る」という漢字の通りに、荷物を運ぶ仕事です。

依頼主の元へ個人的な荷物を届けたり、会社や店に頼まれた商品をルート配送したりします。

配送・配達ドライバーの役割とは?

配送・配達ドライバーの仕事は、単に「荷物を運ぶだけ」と考えている人も多いでしょう。

しかし、実際には大事な役割を担っています。

どんな重要な役割があるのか、以下に簡単にご紹介します。

物流を効率的に支える

荷物を運ぶ作業は単純に見えますが、迅速かつ安全に依頼された荷物を運ぶという責任と使命をもっています。

素早く物を運ぶことで物流を効率的に支える役割があり、市場経済にとっても私たちの日常生活にとっても欠かせない仕事です。

正社員、契約社員、バイト、派遣などで求められる役割は変わる

配送・配達の仕事は、他の会社と同様に、雇用形態によって仕事の役割が変わります。

バイトや派遣であれば荷物の仕分けをしたり、契約社員や正社員であれば荷物を運んだり、事務仕事も行ったりします。

配送・配達ドライバーの具体的な仕事内容とは?

荷物を運ぶだけというイメージの強い仕事ですが、実際にはいくつかの仕事内容に分かれています。

一通りの作業は毎日ルーティーンですので、慣れてしまえば未経験者でも問題なく仕事が出来ます。

物品の仕分け・積み込み

出勤したら、自分の担当する地区宛ての物品の仕分けを行います。

伝票を整理しながら、荷物を分けて自分の車に積み込みを行います。

指定日時に指定場所への配達

一般家庭への荷物の配達の場合には、配達時に不在であれば不在票を届け、その日には配達出来ない場合もあります。

しかし、日時の指定があるものは必ずその日時の間に荷物を届けなくてはなりません。

また、会社やお店へのルート配送でも、指定された日時に指定場所への配達を必ず行います。

これが様々な事情により遅れが生じると、他の配送先へも迷惑がかかってくるので、出来るだけ迅速に指定された場所へ荷物を届ける必要があります。

物品の集荷

荷物を届けながら、時には物品の集荷も行います。

例えば各家庭への荷物の配達時に、どこかへ返品する荷物があればそれを元払い・着払いの伝票を用意して荷物に貼り付け、集荷作業を行います。

配達時に同時に集荷を行う場合もあれば、集荷のためだけに指定された場所へ向かうことも少なくはありません。

配送・配達ドライバーの給料事情は?

配送・配達ドライバーの給料形態は、雇用形態によって変わってきます。

例えば正社員の場合、基本給が最初に定められており、そこにどれだけ荷物を運んだかという歩合が加わる場合があります。

会社によってはどれだけ荷物を配っても月給が固定のところもあるでしょう。

また、契約社員や派遣社員の場合、一日に回った件数や運んだ荷物の個数によって歩合制で給料が決まっているところもあります。

パートやバイトの場合には、荷物の仕分け作業はしても、ルート配送まで行うことはそうないため、時給制で給料が決まっているところが多いです。

給料は雇用形態によって、15万~30万円と幅広いです。

配送・配達ドライバーは運転が好きな人におすすめ!その理由は?

配送・配達ドライバーは、運転が好きな人にこそ向いている仕事と言えるでしょう。

そのため、運転嫌いの人には不向きかもしれません。

具体的におすすめの理由を以下に挙げていきます。

移動の時間が多い

仕事中は移動の時間が多いです。

短い間に車を乗ったり降りたりするので大変ですが、自分が知らない土地に配達に行く際などには、新しい場所を散策する気分が味わえますので、それが楽しいという人もいるでしょう。

休憩時間など自分で調整できる

配送・配達の仕事は、その日の荷物の量によって休憩時間が変わってきますので、一般的な会社のように決まった時間に休憩を取ることはありません。

荷物が少ない日ならさっさと配って、残りの時間をのんびり休憩することも出来ます。

一方で、忙しければまともに休憩が取れない日もあります。

運転スキルが磨かれる

毎日のように運転しますし、時には細い路地で車を切り替えるなど、車に乗る時間が長ければそれだけ運転スキルも磨かれます。

気付いた時にはかなり運転技術が向上している、なんてことも珍しくはありません。

配送・配達ドライバーの仕事でやってみた大変だったこと

配送・配達ドライバーの仕事は、運転好きの人には向いています。

しかし、楽しいことや楽なことばかりでもありません。

実際にやってみると、大変なことも多いのです。

時間にシビア

配送・配達では日時指定の荷物もたくさんあります。

その全てを決められた時間内に配ろうと思うと、かなり頭を使わなければなりません。

時間に遅れるとクレームの原因になることもあり、時間にはとてもシビアな仕事でしょう。

体力が必要

頻繁な車の乗り降りや移動、そして重たい荷物を運ぶのには体力が必要です。

どんなに体力自慢の人でも、ふとした拍子で腰を痛めるなど、体調を崩すことも少なくはありません。

繁忙期は忙しい

お盆やクリスマス、年末年始といった繁忙期にはかなり忙しく、毎日のように残業を覚悟しなければなりません。

心身共にくたくたになることもあるでしょう。

悪天候だと大変

雨や雪、台風のように悪天候の中での仕事はかなり大変です。

しょっちゅう移動するためまともに傘を使うことも出来ず、荷物を風雨から守りつつ配るのはとても骨が折れます。

配送・配達ドライバーになるためにはどうしたらいい?

苦労することも多い仕事ですが、それでもやはり運転好きな人にとってはやりがいの感じられる仕事です。

では実際に自分がドライバーになるためには、どうすれば良いのでしょうか?

運転免許は何が必要?

一般的な配送・配達ドライバーになる場合には、普通自動車の運転免許があればそれで十分です。

もし大型トラックを運転したいと思うのなら、別に大型の免許を取得する必要があります。

必要なスキルや資格、経験は?

配送・配達の仕事の経験者であれば、会社は積極的に採用してくれます。

しかし、例え未経験者であっても採用には何ら問題ありません。

特別なスキルや資格も、あれば得ですがなくても全く問題はありません。

まとめ

配送・配達の仕事は体力勝負ですし、時間にもシビアなので大変なこともたくさんあります。

しかし、健康にある程度自信があり、運転が好きな人にとっては、それもやりがいの内に感じられることは多いです。

ドライバーの仕事は基本的には同じ作業の繰り返しですので、慣れてしまえば楽だという人もいます。

あなたがもし運転好きなら、この機会に配送・配達の仕事にチャレンジしてみてはいかがでしょうか?


関連キーワード

配送ドライバー求人

ドライバー求人についてもっと深堀りした情報を見る

トラック運転手の年収・給料はどのくらい?私の周りの相場や年収の決まり方を紹介します

トラック運転手は、ずいぶん昔は「稼げる」と言う非常に強いイメージがありました。事実、昔はそうでした。トラックを走らせれば、走らせるほど給料がどんどんアップしていました。でも、現在はそんな時代ではありません。昔ほど稼ぐことは出来ません。その理由を、現在のトラック運転手の年収事情に合わせて見て行きましょう。トラック運転手の年収の相場はどのくらい?トラック運転手の年収は、正直なところ「ピンからキリまで」と言う感じです。働く時間や、トラックを動かす距離などに大きく左右されるので、一概に言えませんが、少ない場合で、額面が400万円を切る場合から、上は700万円と言った感じです。それ以上の年収が出る場合は

ドライバー募集はココを見て!良い求人、悪い求人の見極め方を教えます

業界大手の働き方改革やそれに伴うサービス内容の変更など、話題に上ることも多い「ドライバー」の仕事。今回は「ドライバーの募集」をテーマに、いくつかの観点からこの仕事の実態を紹介していきます。ドライバーの仕事といってもさまざまな職種があるので、まずはよく求人が出ているドライバー職種を3つ紹介していきます。その後、良い求人・悪い求人の見極め方や、しっかり求人探索をしなかった場合に起こり得るデメリット、自分に合った求人を探すコツなどを解説していきます。この仕事に興味がある方は一度以下の内容に目を通してみて、求人に応募するか否かの判断材料にしてください。ドライバーの募集ではどんな求人が募集されているの?

宅配ドライバー求人でよくある募集内容や働き先の種類・おすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

アマゾンや楽天、最近ではZOZOTOWNなど、ますます便利になっていく通信販売を利用する人が増える一方で、大手運送会社などではドライバー不足に悩まされています。ハローワークや求人サイトなどでドライバーの仕事を探すと実に沢山の宅配ドライバー求人の記事を目にすることができます。この記事ではそれぞれの宅配ドライバーの仕事の紹介、また、よく見る宅配ドライバーの募集内容にはどんな物があるのか?気になる質問についても解説しています。これを見てぜひ、自分に合ったドライバーの仕事を見つけてください。宅配ドライバーの仕事にはどんなものがある?一言で宅配ドライバーと言ってもその仕事の中身は様々です。毎日違ったお宅

ハイヤー運転手の年収はどれくらい?相場感や給料の決まり方などを教えます

ハイヤーの仕事に興味はあるけれど、本当に求人情報に書いてある内容で合ってるの?と思われる方も多いと思います。実際にタクシーの話にはなりますが、固定給と書いてあって、実際は歩合給だったり…そんな心配をしている方達に、実際にハイヤーをしている私の会社を基準に、ハイヤー運転手の年収についてお話をさせていただければと思います!ハイヤー運転手の給料の相場はどのくらい?基本的にハイヤーの仕事に新卒、転職は関係ありません。言い方を変えれば、学歴、過去不問となっている会社がほとんどです。ご年配の方を中心に雇っているところもあれば、若い方の方が社会の色に染まってないから育てられると考える会社もあります。あくまで

ハイヤー求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

突然ですが、ハイヤー、と聞いてみなさんはどんな想像をしますか?実は、ハイヤーと言う仕事は運転と接客、気配りなどが重なった非常にハイレベルな仕事です。そんなハイヤーの仕事につきたいと思ってるあなた!今日は、某企業の専属運転手をしている私が気になるハイヤーの仕事、聞きにくい求人の裏側についてお教えします!ハイヤーってどんな仕事?ハイヤーとは、主には運転手のことを言います。街中で、黒塗りの車にスーツをきて白い手袋をした運転手を見かけたことはありませんか?その人達がハイヤー運転手と呼ばれる人たちです。ハイヤーとはタクシーのように手を挙げて乗り、行き先を告げて行くと言う方法ではなく、完全予約制です。事前

バス運転手の年収はどのくらい?私の周りの相場や給料の決まり方を紹介します

普段、日常生活において利用することがあるバスですが、バス運転手は年収いくらもらっているか気になるところです。バス運転手といっても実は民間バス会社で働くバス運転手と公営のバス運転手、いわゆる公務員として働くバス運転手の大きく分けて2種類あります。当然ですが民間と公営では給料事情は異なってきますし、民間バスのバス運転手は、民間バスが主催する試験を受けるのですが、公営バスのバス運転手は公務員ですので公務員試験を受ける必要があります。今回は、バス運転手の給料事情について紹介します。バス運転手の給料の相場はどのくらい?バス運転手の給与事情について調べてみました。バス運転手の収入モデルケースを見つけたので

家具配送求人でよくある募集内容や働き先の種類・おすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

あなたは家具配送の求人を見たことがありますか?ドライバーの募集や配送補助の募集などいくつか求人誌や求人サイトで見にしたことがあるのではないかと思います。イメージとしては、トラックに乗って家具をお客様のもとへ運び設置する、というイメージですよね。では実際にどのような タイムスケジュールで一日が流れていくのかや、おすすめの求人のポイント、気になる疑問についても解説いたします。家具配送のおおまかな仕事内容家具配送の大まかな仕事内容としては販売店から荷物をトラックに乗せ、お客様のもとへ運び設置をする、というのが主な仕事です。しかし実はお店により仕事の内容が様々で、その日に配送する予定の家具を自分で準備

バス運転手の転職を成功させるために!狙い目な会社の5個の特徴と上手に転職するための4個の注意点

目指せバスの運転手!バスの運転手への転職で、つまずかない為のポイントを紹介していきます。よくある転職理由なぜバス業界に転職を考えるのか、よくある転職理由とは?車の運転に慣れているから普段運転していて、運転することに慣れている人にとって、バスの運転手はプライベートの延長のように感じるかもしれません。もし、車の運転が好きであれば、好きな事をしながらお金を貰えるという事になりますので、天職になるでしょう。運転する車の大きさが変わること以外には、道路上で覚えておきたい事と言えば交通ルールくらいなので、他の業界と比較して覚えるべき事は少なく、普段から行なっている事がほとんどですので、心配な点は少なく転職

バス運転手の仕事はどんな人に向いている?得意な人の7個の特徴やキャリアについて解説します

バス運転手の仕事はどんな人に向いているか、向いている人の7個の特徴やキャリアについて細かく解説しますバス運転手の大まかな仕事内容バス運転士には大きく分けて4つに分類されます。1つ目が、勤務地周辺の街を走り、各バス停で待っているお客様を乗せて、目的地まで案内する路線バス運転士。2つ目が特定の場所でお客様を乗せた後、高速道路を走り、東京や大阪など遠くの決まった目的地まで案内する高速バスの運転士です。3つ目がバスの大きさは全長7mのマイクロバス~全長12mの大型バスと依頼先によって異なりますが、目的への往復を行う送迎バス。最後にプランに合わせて決まった人員のお客様を目的地へ送る観光目的の観光バスです

バス運転手求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

身近な存在であるバス運転手の仕事について、募集内容やおすすめ求人についてご紹介していきます。ハードな部分もありつつ、やりがいのあるこの仕事について、よくある疑問などにもお答えしていくのでお楽しみに。バス運転手のおおまかな仕事内容おおまかな仕事内容街の中を走っている乗合バスの場合は、中型または大型バスに乗り、決められている路線を走り、バス停で待っているお客様を乗車させ、目的のバス停まで安全運転で送り届ける仕事です。また、遠くの街まで走っている高速バスは、乗合バスよりも大きいバスに乗り、高速道路を走ってお客様を目的地まで送り届けます。大きな違いはバス停の有無とバスの大きさです。それ以外にも、バスの