配送や配達は、運転が好きな人にはおすすめの仕事です。

それは「たくさん運転出来るから」という単純な理由以外にも、さまざまな理由があるためです。

しかし、実際にやってみると、意外と大変な仕事だということが分かります。

やってみなければ分からない、配送ドライバーの仕事内容についてご紹介します!

配送・配達ドライバーとはどんな仕事?

配送・配達ドライバーは、「配る」という漢字の通りに、荷物を運ぶ仕事です。

依頼主の元へ個人的な荷物を届けたり、会社や店に頼まれた商品をルート配送したりします。

配送・配達ドライバーの役割とは?

配送・配達ドライバーの仕事は、単に「荷物を運ぶだけ」と考えている人も多いでしょう。

しかし、実際には大事な役割を担っています。

どんな重要な役割があるのか、以下に簡単にご紹介します。

物流を効率的に支える

荷物を運ぶ作業は単純に見えますが、迅速かつ安全に依頼された荷物を運ぶという責任と使命をもっています。

素早く物を運ぶことで物流を効率的に支える役割があり、市場経済にとっても私たちの日常生活にとっても欠かせない仕事です。

正社員、契約社員、バイト、派遣などで求められる役割は変わる

配送・配達の仕事は、他の会社と同様に、雇用形態によって仕事の役割が変わります。

バイトや派遣であれば荷物の仕分けをしたり、契約社員や正社員であれば荷物を運んだり、事務仕事も行ったりします。

配送・配達ドライバーの具体的な仕事内容とは?

荷物を運ぶだけというイメージの強い仕事ですが、実際にはいくつかの仕事内容に分かれています。

一通りの作業は毎日ルーティーンですので、慣れてしまえば未経験者でも問題なく仕事が出来ます。

物品の仕分け・積み込み

出勤したら、自分の担当する地区宛ての物品の仕分けを行います。

伝票を整理しながら、荷物を分けて自分の車に積み込みを行います。

指定日時に指定場所への配達

一般家庭への荷物の配達の場合には、配達時に不在であれば不在票を届け、その日には配達出来ない場合もあります。

しかし、日時の指定があるものは必ずその日時の間に荷物を届けなくてはなりません。

また、会社やお店へのルート配送でも、指定された日時に指定場所への配達を必ず行います。

これが様々な事情により遅れが生じると、他の配送先へも迷惑がかかってくるので、出来るだけ迅速に指定された場所へ荷物を届ける必要があります。

物品の集荷

荷物を届けながら、時には物品の集荷も行います。

例えば各家庭への荷物の配達時に、どこかへ返品する荷物があればそれを元払い・着払いの伝票を用意して荷物に貼り付け、集荷作業を行います。

配達時に同時に集荷を行う場合もあれば、集荷のためだけに指定された場所へ向かうことも少なくはありません。

配送・配達ドライバーの給料事情は?

配送・配達ドライバーの給料形態は、雇用形態によって変わってきます。

例えば正社員の場合、基本給が最初に定められており、そこにどれだけ荷物を運んだかという歩合が加わる場合があります。

会社によってはどれだけ荷物を配っても月給が固定のところもあるでしょう。

また、契約社員や派遣社員の場合、一日に回った件数や運んだ荷物の個数によって歩合制で給料が決まっているところもあります。

パートやバイトの場合には、荷物の仕分け作業はしても、ルート配送まで行うことはそうないため、時給制で給料が決まっているところが多いです。

給料は雇用形態によって、15万~30万円と幅広いです。

配送・配達ドライバーは運転が好きな人におすすめ!その理由は?

配送・配達ドライバーは、運転が好きな人にこそ向いている仕事と言えるでしょう。

そのため、運転嫌いの人には不向きかもしれません。

具体的におすすめの理由を以下に挙げていきます。

移動の時間が多い

仕事中は移動の時間が多いです。

短い間に車を乗ったり降りたりするので大変ですが、自分が知らない土地に配達に行く際などには、新しい場所を散策する気分が味わえますので、それが楽しいという人もいるでしょう。

休憩時間など自分で調整できる

配送・配達の仕事は、その日の荷物の量によって休憩時間が変わってきますので、一般的な会社のように決まった時間に休憩を取ることはありません。

荷物が少ない日ならさっさと配って、残りの時間をのんびり休憩することも出来ます。

一方で、忙しければまともに休憩が取れない日もあります。

運転スキルが磨かれる

毎日のように運転しますし、時には細い路地で車を切り替えるなど、車に乗る時間が長ければそれだけ運転スキルも磨かれます。

気付いた時にはかなり運転技術が向上している、なんてことも珍しくはありません。

配送・配達ドライバーの仕事でやってみた大変だったこと

配送・配達ドライバーの仕事は、運転好きの人には向いています。

しかし、楽しいことや楽なことばかりでもありません。

実際にやってみると、大変なことも多いのです。

時間にシビア

配送・配達では日時指定の荷物もたくさんあります。

その全てを決められた時間内に配ろうと思うと、かなり頭を使わなければなりません。

時間に遅れるとクレームの原因になることもあり、時間にはとてもシビアな仕事でしょう。

体力が必要

頻繁な車の乗り降りや移動、そして重たい荷物を運ぶのには体力が必要です。

どんなに体力自慢の人でも、ふとした拍子で腰を痛めるなど、体調を崩すことも少なくはありません。

繁忙期は忙しい

お盆やクリスマス、年末年始といった繁忙期にはかなり忙しく、毎日のように残業を覚悟しなければなりません。

心身共にくたくたになることもあるでしょう。

悪天候だと大変

雨や雪、台風のように悪天候の中での仕事はかなり大変です。

しょっちゅう移動するためまともに傘を使うことも出来ず、荷物を風雨から守りつつ配るのはとても骨が折れます。

配送・配達ドライバーになるためにはどうしたらいい?

苦労することも多い仕事ですが、それでもやはり運転好きな人にとってはやりがいの感じられる仕事です。

では実際に自分がドライバーになるためには、どうすれば良いのでしょうか?

運転免許は何が必要?

一般的な配送・配達ドライバーになる場合には、普通自動車の運転免許があればそれで十分です。

もし大型トラックを運転したいと思うのなら、別に大型の免許を取得する必要があります。

必要なスキルや資格、経験は?

配送・配達の仕事の経験者であれば、会社は積極的に採用してくれます。

しかし、例え未経験者であっても採用には何ら問題ありません。

特別なスキルや資格も、あれば得ですがなくても全く問題はありません。

まとめ

配送・配達の仕事は体力勝負ですし、時間にもシビアなので大変なこともたくさんあります。

しかし、健康にある程度自信があり、運転が好きな人にとっては、それもやりがいの内に感じられることは多いです。

ドライバーの仕事は基本的には同じ作業の繰り返しですので、慣れてしまえば楽だという人もいます。

あなたがもし運転好きなら、この機会に配送・配達の仕事にチャレンジしてみてはいかがでしょうか?


関連キーワード

配送ドライバー求人