ここではルート配送ドライバーの求人でよくある募集内容や働き先の種類・おすすめ求人のポイント、気になる疑問等について書いていきます。

慢性的なドライバー不足に悩まされているこの業界では求人が多く、簡単にいろいろな会社の募集を見つけることが出来るでしょう。

しかし、選択肢が多ければ一体どこに応募すれば良いのか迷う事にもなります。

そういう時にしっかりと募集内容や仕事の条件を確認しておく事は重要となってきます。

「ルート配送の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

ルート配送のおおまかな仕事内容

いつものルートでいつもの場所へ

ルート配送とは一言で言ってしまうと、いつもの決まった日時に、決まった荷物をいつものルート(道順)で、同じ届け先に届けるという仕事です。

決められた場所以外に立ち寄ったり、荷物を届けるような事はないので、毎日不特定の住所に色々な荷物を届けるような配達業務とは大分事情が異なります。

仕事で運転する事になる車もワンボックス等の普通車から、2トン程度の小型トラック、5トン以上の中型トラック、11トン以上の大型トラックや大型牽引車迄様々で、配達する場所も地場と呼ばれる会社から比較的近いエリアから中~長距離迄いろいろ分かれています。

扱う荷物も食品から機械類、衣類、液体、薬物等何でもありです。

ルート配送の仕事は、しばらくして仕事の手順を覚えて馴れてしまいさえすればラクな場合も多いです。

一人で気軽にマイペースでやれるという事で昔から人気の職種なのです。

ルート配送の仕事は会社でどういう役割を求められる?

指定の時間に指定された荷物を届けるというのが、ルート配送業務の基本です。

スーパー等の小売業では開店の前に商品が届いていなくてはその日の営業が出来ません。

こういう現場では時間に対してシビアな面があり、当然ドライバーにもそれが要求される事になりますが、そうかといって時間を気にするあまり、無理な運転で危険を冒したり、果ては事故にまで繋がるような事態は何としても避けなければなりません。

時間は正確に、運転は安全にというのが会社の全ドライバーに対する要求でしょう。

ルート配送の働き先の種類にはどんなところがあるの?

運送会社や物流業界、他にも食品業界や大手メーカー、倉庫関連の会社等、そこでモノを扱う業務がある限り、それを運ぶ為のドライバーはどうしても必要となってきますので、働き口はいくらでも探す事が出来るしょう。

ルート配送求人でよくある募集内容とは?

気になるルート配送の募集を見つけたら募集内容を細かくチェックし、同業他社ともいろいろ比較検討してみましょう。

給与相場

会社によってもちろん差がありますが、正社員のルート配送トラックドライバーの年収は約300万~500万円位でした。

あくまで目安ではありますが、私がドライバーをやっていた頃というのは大体コレくらいが相場だったように思います。

長距離、大型トレーラー等の場合は更に高くなる事も。

昔はもっと給料が良かった時代があったのですが、今ではそれほど貰える仕事ではなくなってしまいました。

ちなみにアルバイトの場合ですと、月給ではなく時給1,000円~1,500円位が相場となってくるでしょう。

勤務時間や休日、残業

時間どおりに仕事が終わる場合を除き、残業や休日出勤等の場合もあります。

ルート配送は通常の配達業務に比べて残業となるようなケースは少なめだと思いますが、交通渋滞等、道路状況によっては仕事が遅れたりする事もあります。

また、仕事に馴れない最初のうちはどうしても時間がかかる事もあるでしょう。

また、物量が集中、増大する時期というのは繁忙期としてどこの会社でも猫の手を借りたい位の忙しさとなり、ブラックな会社ではサービス残業を強いられるような場合も。

最近は何かとこういう事はすぐにマスコミ等で取り上げられてしまう為、会社の方でも慎重にはなっているものの、こっそりと、しかし裏ではまだまだ根強く行われているのが実情です。

福利厚生

バイトは不安定な雇用形態ですが、正社員として採用されていれば社会保険や厚生年金の手当てが受けられるので、生活が安定します。

求められる人物像

この手の仕事は、とにかく安全運転第一です。

特に大型車は常に大事故を起こす危険が伴うため、運転は慎重になるべきなのですが、馴れや疲れ、眠気等でそうもいかない時もあります。

そういう時こそ自分を厳しく律する事が出来るような心を持つ必要があります。

ドライバーは朝出社後に、全員アルコールチェックを受ける事になっていますので、仕事の前日に夜遅くまで深酒をやるというような事は許されません。

一部のチャラい職種に見られるような、打ち合わせといいながら深夜までキャバをハシゴしてそのまま朝出勤するといった真似はこのドライバーの仕事ではご法度です。

常に体調や健康管理に気を配る事が求められるという点において、一般的な作業を行う職種よりもストイックにならざるをえない面があるのです。

しかし、深夜の長距離ドライバー業務は体力的にもメンタル的にも結構大変ですし、ツライ事も多いので体調管理も大変ですがその分稼ぎも良いです。

必要なスキルや資格、経験

ドライバーの仕事に就くにあたって必要な資格や技術は運転免許と車の運転能力のみ。

加えて、身体や精神的な負担も比較的少ないルートドライバーは、幅広い年代の人が働いており、高齢になっても長く続けられる多くの人にとって間口の開かれた職種であると言えます。

運転の技術は最初は下手でも仕事を長くやれば誰でも上達しますし、自然に後から身に付くものだと考えています。

普通自動車の免許所持者に比べて、中型以上や牽引車の運転免許は所持している人も少なめです。

会社ではそうしたドライバーの高齢化や人材不足が深刻なので、これらの免許があればハッキリいって強いです。

免許取得には時間とお金と労力がかかりますが、このドライバーという仕事を長くやっていこうと考えている場合、未来への投資と考えて免許の取得にチャレンジしておくのも良いでしょう。

「ルート配送の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

ルート配送求人のおすすめ求人のポイント

初めてドライバーの仕事を探す時には、こういう点に注目してみましょう。

未経験者歓迎、OK

特にドライバーの仕事が初めてのような場合、自分の運転技術に不安を感じるのは至極当然です。

ルート配送の仕事に応募したくても、ドライバー業務経験者と比べて自分は面接では不利と見なされるなのではないか、たとえ運よく受かったとしても果たしてキチンと運転の仕事が出来るだろうかという疑問が出ると思います。

そもそも面接で受かる可能性が明らかに低いと思われるような場合、ハナからその会社には応募などしません。

時間と交通費と履歴書の無駄になるからです。

しかし、各会社のドライバー不足はかなり深刻で、即戦力となるようなドライバー経験者だけを優遇して採用するなんていう悠長な事は言ってられない状況である場合が多いのです。

その為、現在ではドライバー業務未経験者でも会社の方では積極的に採用している場合が多く、そういう所では募集欄にドライバー未経験者歓迎、OKとハッキリ明記してあります。

ドライバーの仕事はかなり就き易いと考えて良いでしょう。

特にあなたの年齢が40代位迄の場合なら、この業界では若手と考えられる程です。

会社では高齢ドライバーは事故の危険性も考えて、なるべく早めに若手と交代させたいと考えるのですが、如何せんドライバーのなりてがいない為、嘱託等にも頼っているような状況です。

そんな環境ですから会社としては、たとえ未経験者でもとりあえず採用してから社内研修をしっかり行ってドライバーの育成に努める事で人材確保に繋げていきたいという考えがありますので、あなたが面接でヤル気を示す事が出来れば仕事にありつくのは難しくありません。

ルート配送求人についてよくある疑問

ルート配送の求人について疑問に思われるような点を幾つか挙げてみます。

普通の配達とは違うの?

ルート配送は配送先や走行するルートは予め決まっています。

その為、地理に弱い人や方向音痴、迷子になりやすい人でも安心して仕事が出来る業務です。

ドライバー未経験者でも大丈夫?

ルートドライバー業務未経験者歓迎という募集を出している企業も多くあります。

そういう所では、自分の会社でドライバーを育てていく為にしっかりとした研修を行っていますので安心です。

給料はいいの?

ドライバーの中でもルート配送ドライバーは高給取りも多いです。

普通車の運転業務の場合は他と大差はありませんが、特に長距離、大型、深夜、牽引ドライバーになってくると貰えるお給料はかなり高くなってきます。

反面、求められるスキルも高度で難しくなり、業務を行う為に必要となる資格や運転技術等も特別なものになり、加えて業務内容も過酷になってくる為、その分精神的にも体力的にも負担が大きくなってきます。

大型ドライバーになりたいけど

大型車やトレーラーの運転業務は支給されるお給料も高くなるのでやりたいと思われる人もいるでしょう。

しかし、2.の質問で述べた事とは矛盾するようですが、あなたが大型免許等を所持している場合であっても、大型やトレーラーの運転業務は経験者優遇という場合も多いです。

やはり他の車に比べて大型や牽引車の運転は難しく危険も伴うという事でしょうか。

会社によっては運転業務未経験者にはイキナリやらせてくれない場合もあるようです。

要は段階を踏む必要がある訳で、最初は小型や中型トラックの運転から始めて、徐々に馴れてきたら大型車の運転業務に移る事が出来るようになるでしょう。

持っていると便利な資格は?

例えば会社がたまたま募集しているのが小型トラックの運転業務であったとしても、あなたが大型免許を所持しているとなれば、「大型あるの?だったら今中型車のドライバーがいなくて困ってたんだ。小型より給料高くなるし、こっちの方お願い出来ないかな?」というふうに仕事の幅が広がってくるわけです。

もしあなたがこれから普通車の免許を取ろうというのであれば、いっぺんに大型まで取得しておくと今後のドライバー人生でかなり応用が利く事になるでしょう。

自動車免許の合宿等を利用すれば効率良く経済的にゲットする事が出来ます。

更にヤル気のある人ならば、牽引免許も取得しておけば高額なトレーラーの運転も出来るようになります。

(しかし、牽引はバックが結構難しく、慣れるまでは結構大変でした。

あくまでヤル気のある人におススメです。

)また、ルート配送業務に関しては直接関係なさそうですが、大型2種免まで持っていると完璧です。

別にルート配送では人を乗せる事も無いのですが、この免許があるという事で信用という面ではかなり会社のあなたを見る目が変わってくるのではないでしょうか。

つまり、2種免保持者というのは安全運転の出来る人という事で、安心して仕事を任せられるという風に見なされ、面接でも有利に働く場面があると思います。

まあ、2種免の取得は大変ですし、お金もかかるのでルートの仕事に就く為だけに何もそこまでする必要もないかと思いますが、例えルート配送を辞めたとしてもバスの運転手とかになれたりするわけですから仕事に困るような事がなくなるのは確かですね。

「ルート配送の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

まとめ

今回はルート配送求人についての疑問等についてまとめてみました。

ドライバーの需要は全国的に見てもかなり不足しており、それに加えて高齢化も進んでいる為、求人数は年々増加しています。

そんな感じの売り手市場ですから、それだけドライバーになりたいと考えている人にとっては今は絶好の就業チャンスであると言えます。

確かに最初は二の足を踏む人もいるかと思いますが、いきなり正社員はちょっと、と考える方はまずバイト等でドライバーとしての運転業務経験を積み、じっくりと仕事の流れを覚えてからこの業種に腰を落ち着けるか決めるのもアリでしょう。

この職が気に入ったならば、更に上級の免許を取得したりして徐々にステップアップしてゆく事も出来るわけです。

会社によっては、最初はバイトで入っても仕事に慣れてきた頃には、正社員の誘いが向こうから来るような事も珍しくありません。

会社としてもスグに辞められるバイトよりは、少しでも長く継続して働いてくれるような人材を社員として出来るだけ多く確保しておきたい筈なのです。

ドライバーの仕事は一度身についてしまえば、どの会社でも通用する応用の利く技術ですから、同業種間の転職でも有利に働く事は間違いありません。



関連キーワード

配送ドライバー求人

ルート配送求人についてもっと深堀りした情報を見る

ルート配送の仕事に向いてる人は?楽?大変?自分はどっちか向き不向きを確認しよう!

今回のテーマは、ルート配送の仕事は一体どんな人に向いているか?ルート配送が得意な人の特徴やキャリア等についてです。ドライバーの仕事はいろいろな種類、形態の募集が出ておりますが、中でもルート配送という部分に注目して仕事を探す人もいるのではないでしょうか。ルート配送業務の経験があり、それについて熟知している方であればともかく、今迄経験した事がない人にとっては果たしてこの仕事は自分に向いているのだろうか?という不安はあって当然でしょう。無論、実際にやってみなければその仕事の良い所も悪い所もなかなか見えてはこないものですが、ある程度のリサーチは行っておくと、いざやってみてからこんな筈では無かった・・・

ルート配送とはどんな仕事?その仕事内容や会社においての役割、なり方など詳しく解説します!

今回はルート配送というお仕事について簡単に触れていきたいと思います。運送関係のお仕事等を探していると、このルート配送の募集を目にする事も多いと思います。今回敢えてルート配送について述べるのは、他の配送方法と区別する事でその違いを分かりやすく説明する為です。ルート配送の仕事とはどんな仕事?まず始めに、ルート配送とはどういったものかという事を簡単に説明します。ルート配送が通常の配達業務と大きく異なる点は、荷物を届ける先と運ぶモノが最初から決まっているという点です。例えばアマ○ンのようなネットショップで買い物をした場合には、我々の個人宅までヤ○トとかサ○ワ等の運送業者がその商品を届けにきてくれますが

ルート配送の転職を成功させるために!狙い目な会社の3個の特徴と上手に転職するための2個の注意点

今回は、これからルート配送の転職を考えているような方に向けて、転職を成功させるために狙い目な会社の特徴や上手に転職するための注意点等を書いていこうと思います。ルート配送で転職する人は多い?ドライバーの仕事をしようと思った時に、まずはルート配送について考える人もいるかと思います。ルート配送というのは、一般的に通常の配達業務等に比べてラクなイメージを持っている方が多くいます。確かにひと昔前はルート配送といえば、警備員、郵便局、ビルメンや駐車場の管理人等と並んでラクな仕事の代表格として、特に大型車のドライバーは給料も高い仕事と見なされていたように思います。これらの職種は、そうした昔のイメージがいまだ