トラック運転手求人について今回は詳しくご紹介させていただきます。

モノを運搬するのが主な業務ですが、乗用車では満足できないロケーションを楽しめちゃうトラックの運転手は夢がありますね!

今回は、そんなトラック運転手のあるあるな求人情報や詳しい業務内容もしっかりお話しさせていただきます。

年収などの気になる質問にも、色々とお答えしますので、ぜひご覧ください。

「トラック運転手」が自分に向いているか診断するにはこちら →

まずは「トラック運転手」の仕事例をチェック

トラック運転手のおおまかな仕事内容

トラック運転手の大まかな仕事内容とは?

基本的には、モノを運搬する仕事です。

モノにも色々ありますし、資格が必要な物もあります。

宅配便、郵便、機材、建築資材、コンクリート、車、ガソリン・・・あらゆるモノをトラックを使って全国へ運びます。

近距離運転、中距離、長距離とトラックの大きさ(重量)によって役割も様々です。

トラックの運転手と言っても、ただ運転すればいい訳ではありません。

「車の運転が好き」という基本的な気持ちは必要ですが、運転技術はもちろんの事、力仕事もありますし、長距離運転の場合は睡魔や疲労との戦いもあります。

事故は自分が注意していても起きてしまいます。

危険との背中合わせでもあります。

ですが、一度乗ってみれば分かりますが、高い場所からの優越感とロケーションは抜群です。

しかも自分が操縦している満足感もたまりません。

トラックの運転には夢があります。

トラック運転手は会社でどういう役割を求められる?

普通自動車免許、大型免許、大型特殊免許等といった資格が必要な仕事ですから、無くてはならない存在です。

大型になればなるほど、かなり高度な運転技術も必要となってきますので、運転手がいなければ会社は成り立ちません。

トラック運転手にはどんな種類があるの?

トラックの運転と言ってもトラックの大きさ(重量)によって色々な仕事があります。

1t車~2t車の場合は、1日100~200km前後の走行距離範囲内の配達や集荷の仕事。

4t車~10t車の場合は、集荷場から集荷場への配送のみの仕事。

大型車になると全国の範囲で長距離運転となる仕事もあります。

また特殊な物を運ぶトラックとして、ダンプカー、トレーラー、コンテナ車、乗用車専用運搬車、タンク車等があり、それぞれ専用の物を現場へ運ぶ仕事となります。

トラック運転手の募集でよくある会社や事業形態のパターン

宅配会社

よく見かけるのは宅配会社で、近距離エリアの宅配の仕事となります。

普通自動車免許証で可能です。

物流会社

飲料、本、鉄骨、コンクリート、食料品等だけを毎日同じ場所に納品する仕事です。

決まったルートで決まった時間なので、慣れてくるとプレッシャー等は無いかと思われます。

引越し会社

作業員募集も多いのですが、ドライバーの募集も目立ちます。

シーズン時は猫の手も借りたいほど大忙しです。

トラック運転手の募集でよくある働き口

配送ドライバー募集(軽貨物~2t車)

近距離の配送ドライバーは常に募集しています。

普通自動車免許証があれば可能ですので、比較的ハードルは低いので誰でもやれる仕事です。

ただし、時間の制限や配送完了までの拘束等のプレッシャーも付きまとうので、離職率も意外と高く、常に募集している印象があります。

大型トラックドライバー募集(4t~大型車)

要大型免許証です。

中距離や長距離の可能性大です。

夜間の運転や全国規模での移動となりますので、体調管理や睡眠をしっかり摂らないと事故に繋がりますので、自己管理がキチンとできる人でないと務まりません。

日帰り運転の募集

トラックというと中距離や長距離、泊りのイメージも少なくありません。

日帰りで朝から晩までも仕事の募集もあります。

昨今、女性ドライバーが増えてきており、日帰り業務は有り難いと思います。

引っ越し用トラック(2t~4tの箱型タイプ)の持込みドライーバー募集

特に引っ越しシーズンでは、人手も足りないのですが、トラックも不足します。

レンタカーや下請け業者から借りるのはもちろんですが、自分でトラックを持っている方にドライバーとセットで募集しているケースも見受けられます。

「トラック運転手」が自分に向いているか診断するにはこちら →

トラック運転手でよくある募集内容とは?

若手が不足している業界ですので、募集は常にしています。

募集内容で自分に合った会社や業種を選択する事が大事になってきます。

以下にその条件や内容をご紹介します。

給与相場や年収

トラックの大きさ(重量)や、拘束時間にもよりますが大凡の相場は、平均年収で393万円で、月給にすると25万円~30.3万円です。

トラックの大きさ別ですと、長距離ドライバー年収で400万円~750万円、大型ドライバーで450万円~650万円、中型ドライバーで450万円~550万円となっています。(賃金構造基本統計調査調べ)

また、一番年収の良いドライバーのベスト3も紹介します。

  • 1位は大手宅配・引越し兼業配送センター間大型ドライバーで840万円
  • 2位は国内配送コンテナ等の牽引トレーラードライバーで770万円
  • 3位は大手倉庫・メーカー提携大型ドライバーで665万円

それ以降では、工業系倉庫物流専門大型ドライバーが650万円、建設建材・石油化学物流ドライバーが600万円と続きます。

比較的給与が高めであると言えるのではないでしょうか。

トラック運転手の年収は、こちらの記事も参考に!

勤務時間や休日、残業

配属により異なります。

近距離ドライバーですと、朝から晩までの基本8時間勤務となります。

業種により土日祝も勤務しなければいけません。

残業は必ず毎日あると思います。

休日は週休2日の会社は少ないと思われます。

人手不足の影響が大きいと思われます。

福利厚生

会社経費により資格所得が可能。(大型免許証等) 

寮完備。

退職金制度あり。

住宅手当あり。

勤務場所

基本的には、朝会社に出勤します。

その日の配車を確認し出発します。

昨今女性ドライバーも増えつつありますが、まだまだ男性社会ですので、環境としては良くない会社(事務所)が多く存在します。

特にドライバーさんの待合い室(共同の休憩室のような)は、タバコの煙と長年の染み付いた匂いは険悪感を感じざるを得ません。

小規模、中規模の会社には「運送会社あるある」かもしれません。

求められる人物像

人とのコミュニケーションが苦手な方や、自分のペースで仕事がしたい方等は向いているかもしれません。

また、宅配ですと、個人宅や企業への配達となるので、挨拶や元気な振る舞いも大事になります。

細かい商品も多く、積み忘れや配送忘れなど無いように細心の注意が必要となります。

大型ドライバーですと、中距離、長距離の運転となり、一人での時間が長いので、適度な休憩や体調管理、休日のアルコール摂取量、喫煙本数などの自己管理能力が問われます。

仕事終わりに毎日飲酒する方も少なくありません。

適度な量に抑えられるかどうか、喫煙本数も自分の決めた本数をキチンと守られているか。

ちょっとの事でイライラしたり気が短い方は向いていないと思います。

どうしても自分に甘くなりがちですので、自己に厳しくできる方が求められる人物像でなはいかと思います。

未経験者、無資格者でも大丈夫

ドライバーの経験がなくても、最初は助手からスタートしますので、安心して働けます。

ベテランドライバーも必ず居ますので、アドバイスも貰え慌てる事なくドライバーへの道へ進めます。

無資格者については、人手不足の緊急事態につき、会社経費で大型免許を取得できる制度も増えています。

必要なスキルや資格、経験

普通自動車免許証は必須です。

トラックの運転技術については、慣れですので心配はありません。

入社後にゆっくりと学ぶ事ができ、経験がモノを言う仕事です。

道路の把握については、カーナビのない時代では、方向音痴の方は厳しい部分もありましたが、今現在はほとんどのトラックにもカーナビも付いていますし、オートマのトラックも増えていますので、技術的な部分では、右左折の内輪差や、バック走行時の距離感、車間距離、車庫の出入りテクニック等が網羅されていれば問題ないのではと思われます。

人物像での触れましたが、事故や違反もちょっとした心の隙から発生しやすいので、運転時の自分との戦いをキチンと理解し、『何事にも無理をしない』 『イライラしない』 『眠くなったら休憩する』 『高い位置からのロケーションを楽しむ』 等の事を心に強く思いながら運転してほしいです。

トラック運転手のおすすめ求人のポイント

トラック運転手の募集は常にしています。

業界全体が人手不足で若い人もやりたがりません。

ですので、普通自動車免許証を持っていればほとんど採用されるのではと予想されます。

会社規模や自分の希望する業務に就けるかどうかなど、見極める必要もあります。

安易に、最初に面接を受けた会社が採用となったからと言って入社してはダメという事です。

以下にポイントをまとめましたので参照して下さい。

会社規模をチェック

会社の規模は大きければ良いという事ではありませんが、従業員の人数が多ければ部署も役割分担もキチンと組織化されているので、「何でも屋」にならずに済みます。

但し、大きい会社は採用率も低いので面接時でのアピールや即戦力、この会社に入って何がやりたいのか、何ができるのか等を明確にしないと厳しいと思います。

福利厚生面のチェック

前述にもありますが、大型免許を会社経費で取得してくれる制度や、完全週休2日、日帰り業務あり、ボーナス制度あり等をキチンとチェックした方が良いかと思います。

会社の経営が下がってくるとコスト削減がまず遂行されます。

最初に削減するコストは、福利厚生費です。

その次が関節経費です。

そして人件費です。

面接時での見極めは難しいと思いますが、事務所の雰囲気や質問をいっぱいして何とか察する事が出来ると良いでしょう。

給与のチェック

前述の平均年収(給与)を上回っているのかどうかが、一つの指針となります。

上回っている事に越したことはありませんが、中々厳しいのも現実です。

平均年収により近い会社や、人事考課制度でステップアップにより給与も比例して上がるような会社であれば、安心できると思われます。

人事考課制度のチェック

運送会社では、まだまだ人事考課制度をキチンと導入できている会社は多くありません。

普段の仕事ぶりを評価する事が難しい現実もあります。

一般企業のような組織体制ですと上司がおり、普段の仕事ぶりや与えたミッション、プロジェクトを遂行できたかどうかをチェックできる体制もあります。

ドライバーの場合は、毎日同じ業務で評価しづらい部分も多く、上司がチェックできない環境にもあります。

強いて言えば、無事故、無違反、無クレーム、無欠損、無遅刻、毎日の洗車、省エネ運転等の目に見える範囲での評価となりますので、他の社員との差がつきにくいのもあります。

詳細なチェック項目までは教えて頂けませんが、事前に「人事考課制度の有無」はチェックして下さい。

「トラック運転手」が自分に向いているか診断するにはこちら →

トラック運転手の雇用形態による違い

正社員、契約社員、アルバイト、パートと、一般企業と同様に雇用形態はあります。

正社員はボーナス、昇格、昇給もあり、何かあった時(事故や怪我等)も会社が守ってくれます。

まずは、正社員で希望されるのが良いかと思います。

契約社員も正社員同様の待遇はありますが、1年契約等の縛りがあるので、その度に更新の面談があります。

1年間の働きぶりをみて更新するかどうか決められます。

それも適正な人事評価で決めるかどうか不明な会社は山ほどあります。

アルバイトは、時給や日給なので、運転だけの仕事はあり得ません。

荷物の積み下ろしやセンター内での仕分け作業など、「何でも屋」の可能性もあります。

自分にあったトラック運転手の求人の選び方や注意点

何の仕事でもそうですが、自分が何をしたいのか?

この会社で何ができるのか?を明確にしましょう。

将来的に大型免許を取得して中距離や長距離ドライバーになりたいのか等。

雇用形態から探す

自分のやりたい事やできる事が、どの雇用形態が合っているのか?

例えば、「今は子供が小さくて出来れば毎日帰りたい」という事であれば、正社員で日帰りの業務を希望すると良いでしょう。

「40代になり転職したい。大型免許を取得し、老後に備え定年までガッツリ稼ぎたい」という事であれば、正社員or契約社員で、中距離~長距離ドライバーを希望してみるのが良いかと思います。

会社の業態から考える

業態は、運送業(宅配、宅急便)、物流業、引越し業等ある中で、業界全体の売上と人手不足が厳しいと言われている中、物流のコンビニ配送が右肩上がりと言われています。

引越し業界も繁忙期と閑散期の差が激しいので、年間を通じては弱いと思われます。

儲かっているモノを運べるかも選択肢の一つにできれば良いかと思います。

給与や雇用条件から考える

業界の平均年収(月給)を基準に上か下か?

下の場合、それをカバーできるモチベーションがあるか?

モチベーションとなる雇用条件は満たしているか?

例えば、「希望の配属になったか」 「仕分けや、積み荷下しはしない」 「入社2年後に大型免許の取得費用を負担してもらう」等の条件提示は必要です。

また、これが網羅された雇用契約書も締結すべきと思います。

エリアから考える

朝の出勤時間はどこも早いので、自宅から近隣が良いと思われます。

会社横に大きな駐車場を持っている事も多いので、自家用車通勤も認められている会社もあります。

注意点

求人広告では、その会社の規模や上記に挙げたポイントは分かりません。

面接時での質問や会社の雰囲気、働いている方の目つきや身だしなみ、トラックが綺麗かどうか等は、必ずチェックして下さい。

自宅で一番綺麗にしなければいけない所は、トイレであると良く言われるように、運送会社は会社の看板であるトラックが、毎日キチンと洗車されているかどうかは、大きなポイントとなります。

お客様も汚いトラックで自分の荷物を運んで欲しいとは思わないはずです。

もちろんドライバーの身だしなみも重要となります。

靴のかかとを潰して履いていたり、ボロボロの真っ黒な靴であったりしたら、不快感を与えます。

どこまで見極められるかがポイントです。

トラック運転手について気になる疑問

トラック運転手になりたいけど、分からない事もいっぱいあると思います。

よくある疑問をまとめました。

応募方法は?

Webや求人広告、ハローワークでも募集はしています。

ハローワーク以外は、直接電話をして『求人広告を見たのですが、募集はしておりますでしょうか?』と言う感じの切り出しで宜しいかと思います。

ちなみにハローワークは、パソコン検索後に相談窓口で確認してもらい、紹介状を発行してもらいます。

書類を先に郵送するのか、直ぐに電話で面接日等を決めてるのかは、会社次第で相違します。

面接でよく聞かれることを紹介します。

体力に自信はありますか?

もちろん皆さん「ある」と答えますが、何故あるのかの説明もして下さい。

自己管理で気をつけている事は何ですか?

自己管理方法にも繋がりますが、風邪をひきにくい体質で、普段からこんな方法で管理していますなど。

学生時代には運動部(何部かも説明)で○年間辞めずにやりましたなど。

肉体労働、トラックの運転経験はありますか?

長時間の運転や体力仕事でもありますので、肉体労働は得意な方が良いです。

トラックの運転経験も、やはり経験者を雇う方が都合が良いので聞かれます。

(転職の場合)前職を辞めた理由は何ですか?

その人の人柄というか素性を確認したい質問です。

やはり性格は、まじめな方を採用したいので、まじめさをどこまでアピールできるかも大きなポイントとなります。

こちらからの質問もキチンと用意していきましょう。

前述の福利厚生面や、人事考課制度等の確認も含みます。

暗記する必要もなく、メモ帳に書いて見ながら質問をしても大丈夫です。

その際にメモ帳には面接官が言った内容も書き留めましょう。

その姿勢も好印象を与えます。

普通自動車免許を取得してどれくらい経過していますか?

ペーパードライバーや免許を取ってすぐの人は運転に慣れていないので、時間がかかったり事故を起こしやすいため、運転経験はどれくらいなのか確認されます。

運転での事故や違反はありますか?

こちらも人柄を確認したい質問ですので真面目さ、誠実さをアピールしましょう。

面接で着ていく服装は?

面接時の服装ですが、きちんとスーツを着てください。

実際には作業着での仕事となりますが、面接時はスーツが常識となります。

同じ業界からの転職の方については、即戦力になるアピールは絶対にして下さい。

大型免許証を持っている方で、どのような場所で何を運んでいて、そこで学んだ内容や、それをベースにこの会社でどうステップアップできるか等を説明して下さい。

自分のしてきた事や実績は自信となり、その言葉はその人しか出せないものなので、その言霊のようなものは相手に必ず伝わるはずです。

ブレない自分をしっかりと持って下さい。

未経験でも応募できる?

もちろん応募できます。

運転に関しては、助手からスタートとなりますし、徐々に練習しながら公道に出れば大丈夫です。

運転だけではないので、力仕事の経験はあるなしで多少の差は出てくると思いますが、学生の頃に運動部の経験があれば問題ないかと思います。

職場の雰囲気は?

会社によって大きく相違します。

高齢化しており、ベテランドライバーさんで多少の癖がある方もいらっしゃる可能性もありますが、基本的には、体育会系の方が多いので、サバサバしているのでそれほど懸念する事はないと思います。

雇用形態によって給与体系はどう違う?

正社員は、基本給、残業代の他に、社会保険、税金等の控除があります。

契約社員は、ほぼ正社員と同様ですが、ボーナスの有無や契約年数ごとに更新の面談があります。

実績や勤務態度により更新の有無があり、更新毎の不安感はあります。

アルバイト&パートは、時間給や日給なので働いた分のみの報酬となります。

ドライバーの場合の、事故や怪我の保証はあります。

残業って多いの?

残業は、ほとんどの会社があります。

残業時間の問題もあり、法令の1ヶ月45時間以上、年間360時間以上にはならないよう企業努力はしているはずですが、超えざるを得ない状況も現実問題としてあります。

トラックの運転中に交通事故を起こしたら自腹になるの?

会社で任意保険等に加入しているので、自己負担になる事はありません。

自身の怪我に関しても労災保険等もありますので、大丈夫です。

但し、サラリーマンが通勤時間や外出中に怪我をした場合、正規のルート上(場所)での事なのか?

などの細かい調査が入るように、事故が発生した場所も、仕事中であるという裏付けが無いと、保険適用の可否に関わってきますので注意して下さい。

まとめ

トラックの運転手は、肉体労働で長時間の運転での疲労など、厳しい面もありますが、サラリーマンのような人間関係の煩わしさもなく、自分の時間も長いのでストレスも少ない仕事ではないでしょうか。

また、高所からのロケーションと、それを操縦する快感、優越感は代えがたいものがあります。

もちろん運転というのは気を遣い、長時間運転ですと疲労度も高く、腰や肩、首の痛みも併発します。

自己管理等を十分におこない、規則正しい生活習慣を送っていれば問題ない、夢のある仕事だと思います。



関連キーワード

ドライバー求人

トラック運転手求人についてもっと深堀りした情報を見る

大型トラック運転手が得意・向いている人の6個の特徴や必要なスキル・適正とは?

大型トラックの運転手は、免許さえあれば誰でも出来ます。しかし、大型トラック運転についてを知れば知るほど、トラックの運転手の向き不向きの差は明確になっていきます。ここでは運転のセンスがある人とはどんな特徴があるのか詳しくご紹介します!大型トラック運転手になりたい方はぜひ参考までにこの記事を最後までご覧ください。あなたにトラック運転センスがあればこの職業は天職です。大型トラック運転手とはどんな仕事?大型トラックの運転手に限らず、トラック運転手の仕事は、「お客様から預かった荷物を、指定された時間に、指定された場所に、安全に届ける。」これがトラックドライバーの基本姿勢になります。大型トラックの運転手に

トラック運転手の年収・給料はどのくらい?私の周りの相場や年収の決まり方を紹介します

トラック運転手は、ずいぶん昔は「稼げる」と言う非常に強いイメージがありました。事実、昔はそうでした。トラックを走らせれば、走らせるほど給料がどんどんアップしていました。でも、現在はそんな時代ではありません。昔ほど稼ぐことは出来ません。その理由を、現在のトラック運転手の年収事情に合わせて見て行きましょう。トラック運転手の年収の相場はどのくらい?トラック運転手の年収は、正直なところ「ピンからキリまで」と言う感じです。働く時間や、トラックを動かす距離などに大きく左右されるので、一概に言えませんが、少ない場合で、額面が400万円を切る場合から、上は700万円と言った感じです。それ以上の年収が出る場合は

大型トラック運転手求人の募集内容は?必要な資格やおすすめ求人のポイントもご紹介!

現在、日本国内の物流の六割をトラック輸送が担っていると言われています。一方で昨今は若者の自動車離れも一因となり、ドライバー不足もニュースなどで話題となっています。トラック事業は30年ほど前の規制緩和によって価格競争が激化していましたが、この数年で法改正・見直しがすすめられ、関係者が働きやすく適正な賃金を得られる環境が整いつつあります。以前は路線バス乗務員、現在は大型トラックでの食料品輸送ドライバーをしている私が、大型トラック運転職の実情や魅力、そして大型トラック運転手求人でよくある募集内容や働き先の種類・おすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します 。大型トラック運転手のおおまかな仕

トラック運転手の仕事内容や向いている人の特徴などについて解説

トラック運転手の仕事内容って具体的にどんなことをしているのでしょうか? 実は、トラックの運転手の仕事といっても色々な種類があるんです。 毎日たくさんのトラックを見かけますよね? トラックドライバーの仕事内容を知れば、自分に向いてる職業なのかもわかるはずです。 職探し中の方は、この記事を読んで参考にしていただければと思います。トラック運転手はどんな仕事?トラック運転手の仕事はお客様からお客様に荷物を運ぶことです。大きいことでは港から倉庫へ、産地から市場へ、小さな仕事では店から各家庭までとあらゆる物を荷主の依頼通りに運ぶことなのです。トラック運転手の大まかな仕事内容物を運ぶことは同じですが運