「大型トラックの運転手」は、誰でも出来ます。

しかし、「大型トラックの運転手」の仕事を知れば知るほど、大型トラックの運転手に向いている人と、向いていない人の差は明確になっていきます。

その仕事とはどのようなものなのかを、大型トラックの運転手に向いている人の特徴をご紹介します!

大型トラック運転手とはどんな仕事?

大型トラックの運転手に限らず、トラック運転手の仕事は、「お客様から預かった荷物を、指定された時間に、指定された場所に、安全に届ける。」これがトラックドライバーの基本姿勢になります。

大型トラックの運転手においては、そのお客様から預かった荷物の量が多い、荷物が重いなど各状況が更に厳しくなります。

この各状況の荷物を、基本姿勢に合わせて運ぶ仕事です。

大型トラック運転手の大まかな仕事内容

大型トラックの運行の場合、長距離運転手というイメージを、お持ちではないでしょうか。

実際のところ、長距離運行もあります。

しかし、長距離運行だけではありません。

中距離運行(一日かけて往復するぐらいの距離)や、地場回り(半径150㎞ほどの距離を動き回る仕事)運行を合わせると、約2/3ほどの仕事量が中距離・地場回りの仕事になります。

トラック運転手の荷物の積み下ろしは、基本的に運転手が行います。

大型トラックの積荷の場合、多くがフォークリフトなどを使用して積み下ろし作業を行います。

しかし、中にはフォークリフトを使用せず、人力で荷物の積み込みや、荷物の降ろし(手積み手降ろし作業と言う)作業もあります。

大型トラック運転手が向いている人の6個の特徴とは?

クルマの運転が大好き

まず、第一に「クルマの運転が好き」と言うことです。

一日のほとんどの仕事として運転を行うため、運転そのものが好きでないといくら仕事といえども、続けて行くことは大変難しいです。

まずは、クルマを動かすことに興味があることです。

トラックが好きな人

クルマの中でも特にトラックの好きな人には、合致する職業です。

トラックが好きな人は、整備や洗車なども細かく行います。

土日が休みなどの会社の運転手などは、土曜日は丸一日かけてトラックを磨いていたりします。

また、簡単な整備などは自分で行い、トラックの調子を自分の目で確認しています。

トラックを、自分の大切な人のようにかわいがる人もいます。

地図が読める人

「地図が読める」という人は、地図がわかるということです。

「方向音痴でない」ということも当てはまるかもしれませんが、まず地図を見て、自分が今どの辺にいるのか、どっちの方向を向いているのかが、理解できる力が必要です。

そして、目的地までのルートが大まかに理解できることです。

大型トラックは、道を間違えた時ほど、大変なことはありません。

乗用車のように「通り過ぎた」、「一本道を間違えた」などのように、すぐに引き返えすことはほどんどできません。

車体が大きいために、すぐに切り返して方向転換をすることが、物理的にも安全上でも難しいからです。

人付き合いが苦手な人

「人好き合いが苦手な人には向いている仕事」とよく言われます。

トラック運転手は、会社を一歩出てしまうと、まるっきり一人になります。

トラックを運転している間は、必ず一人です。

この間は、煩わしい人間関係など全くありません。

必要最小限の人間関係だけでよいと、考える人にはよいでしょう。

トラックに車中泊ができる人

「車中泊ができる」と、いうのは、トラックの運転席後方にある、通称ベットで眠るということです。

長距離運行などの仕事で利用します。

意外と慣れていない方や、神経質な方は車中泊が難しい場合が多いです。

理由は、車中が狭く落ち着かない、温度調節が難しい、エンジンの音がうるさいなど、人によって様々な理由があります。

特に長距離運行の場合、トラックの車中泊は寝不足になりやすい可能性があります。

睡眠が摂れないと、次の運行にも大きな影響をあたえます。

大型トラックの運転手として、長距離便を希望するならば、どこでも寝ることができる人にが向いているでしょう。

家族が運転手の仕事に理解のある人

長距離運行を行うと、家に帰る時間が全く無くなる場合があります。

家に滞在できる時間は、極端な場合一週間のうち、1.5日ほどになります。

これは、土日休みの場合、長距離運転手は、荷物が月曜日着で遠方に行くと、日曜日の午後や夕方から出発するケースが多いです。

その分、家族との時間も削られます。

従って、「ご主人やお父さんがいない」ということを十分理解してくれる家族が必要です。

大型トラック運転手が向いていない人の3個の特徴とは?

大型車両の運転が怖い人

たまにいらっしゃるのですが、平成19年6月以前に大型自動車免許を取得されてる方で、「大型自動車の運転は、怖くてできない。」という方がいます。

これは、平成19年6月以前の大型自動車の免許取得のため使用された車両は、現在の中型車で行われていました。

現在のように教習中に、大型自動車の運転を行う教習ではありません。

大型自動車免許を取得して、初めて業務で大型自動車に乗るのです。

そこで「大型自動車は思っていた事と違っている。」などの、ギャップが明らかになり、「怖い!」と思ってしまい運転ができなくなるというケースがあります。

また、平成19年6月以降に、大型免許を取得された方でも、免許取得後に時間が空きすぎてしまってから、大型トラックを運転しようとしても、大型車両が怖くて運転ができない方も、ごくたまにいらっしゃいます。

大型自動車の運転センスがない人

大型自動車はの横幅は、2.5mあります。

日本の道路は片側一車線の場合、約3mです。

数字上みると、道路に対しての車幅がかなり取られてしまいます。

そのため、大型自動車は、横幅においても特別の感覚が必要になります。

前述した、大型自動車の運転は「怖い」と感じられるのは、この車幅にも理由があるでしょう。

従って、車両の決められたのサイズに対し、対物の接触事故等を起こす人は、まずセンスがないと判断されます。

責任感がない人(時間の概念がない人)

責任感の代表例として、時間の概念で説明します。

トラック運転手は、すべて時間で動いています。

お客様のもとへ荷物をお届けする時間は、ほとんどが指定されています。

そのため、その時間を逆算して行動を起こさなければなりません。

また、荷物の到着時間が、「午前中着」などの表記がある場合があります。

この場合は、午後12:00までにお客様に荷物を届ければよいのではなく、午前9:00~10:00頃にはお届けするようにします。

実際は、荷物の引取る場合や、荷物の降ろし先、いずれのお客様に対しても時間は厳守なので、理由がどうあれ延着は許されません。

大型トラック運転手の仕事経験は、その後どんな職種・仕事に活かせる?

ダンプカー・ミキサー車の運転手

大型トラックの運転手の仕事経験を活かす場合、やはり同じ運転手の仕事がメインになります。

同じ大型自動車免許で運行できる運転手です。

しかし、大型トラックとダンプカー・ミキサー車の違いが、大きな意味を持ちます。

大型トラックの場合は、全長12mの長さになります。

ダンプカー・ミキサー車の場合は、約8m弱になります。

この長さの違は、大型トラックからダンプカー・ミキサー車へ転職した場合は、車長が短くなります。

短くなった分だけ、小回りが効きます。

その逆の、車長が短い車から長い車への変更は、大変苦労する場合があるでしょう。

倉庫作業員

大型トラックの運転手に限定したことではありませんが、自社や他社の倉庫業務に従事される方がいます。

倉庫業務の基本は、荷物の移動はフォークリフトを使用します。

大型トラックの運転手は、特に荷物の積み下ろしで、フォークリフトの使用が求められます。

したがって、同じフォークリフトを使用して、倉庫内で荷物の移動をさせるのは、難しい仕事ではありません。

このような意味で、運転手業務を卒業される方が、自分の持ってる技術を活かせる場所として、選択される可能性の高い職場です。

自社の配車係

この場合、転職等の場合ではなく、昇格の一面を持っています。

運転手が、運転業務から事務職になることを「事務所に上がる。」あるいは「事務職になる。」と言います。

ある意味出世を意味しています。

運転手が事務職になった場合、多くは自社の配車業務に就きます。

ドライバーとして経験してきた内容、例えば現地の様子や仕事の流れ、運行時間など様々な知識と経験を活かして、会社の核となって活躍することができます。

これから大型トラック運転手の仕事をはじめるには、どうしたらいい?

全くの未経験から、大型トラックの運転手を始めるにあたっての心構え等を、中心にお話していきましょう。

大型トラック運転手の仕事で就職するために

就職するための特別な準備はいりません。

「やる気」と「健康」だけで大丈夫です。

まずは、面接をクリアしなければなりません。

面接をクリアするのは、未経験だからとか、経験者だからということは、関係ありません。

確かに、「経験者優遇」という言葉があるように経験者は強いです。

従って、未経験者であると少し不安になったりします。

しかし、そこは心配するところではありません。

社会人として、恥ずかしくない身なりや振る舞い(一般常識)が、あれば大丈夫です。

また、就職を本気で考えるならどの業界でも同じですが、面接時に少しでも良いので「やる気」を見せてください。

方法は、簡単です。

余談になりますが、一例として私の経験を踏まえて、以下にその方法を、簡単にお話します。

面接が開始したときは、皆さん結構緊張しています。

履歴書を拝見しながらお話しをしていると、よくわかります。

次に会社の説明を始めるころになると、皆さん結構緊張が少しずつほぐれてきます。

ここで皆さん、膝やテーブルの上に準備しているメモを取り出し、メモを取ろうとします。

面接開始から中盤に差し掛かったころ(開始から20分~30分ほど経過)に、私は一番肝心な「お給料」の話をします。

このころ皆さんの緊張は、結構ほぐれてきてます。

私が作成した資料を基に説明を始めるのですが、ここで皆さん、メモをとる方はほとんどいなくなってしまいます。

資料を見ているだけです。

いろんな手当や、数字が出てくるのに大丈夫かとも思います。

その後、ほとんどの方は、メモを取ることはありません。

ここが違いを見せるところです。

「やる気」を見せてください。

方法は、面接官の顔を見ながら、メモを最後まで取り続けることです。

これで、面接官の評価は、「うちの会社に来る気がある・やる気がある」と上がります。

理由は、面接官も人間です。

自分の話していることをメモに取られ、真剣に顔を見られて話しを聞かれると、悪い気分は全くしません。

真剣に話を聞こうとする態度は、好印象を与えます。

資格は必要?

大型自動車の運転資格は、あったに越したことはありません。

しかし、資格がないからと言って、諦めることはありません。

大型運転手の資格は、面接に合格して入社してからでも十分間に合います。

焦って取得する必要はありません。

入社前から取得した方がよいのは、フォークリフトの「技能講習修了証」です。

この資格は、今日のトラック乗務員とっては、不可欠です。

フォークリフトを使用して荷物の積み下ろし作業を行うことが、ほとんどだからです。

運転免許を持っていなくて、フォークリフトの資格があれば、仕事はいくらでもあります。

しかし、いくら大型自動車の免許を持っていても、フォークリフトの資格がないと、荷物の積み下ろし作業ができないので、仕事になりません。

技能講習は、5日間連続で行われる場合と、週に1回ずつ5週間に渡って行われる場合があります。

費用は、普通自動車の免許を所持していると、3万円~5万円と幅が広いです。

理由は、講習を行っている会社や団体が、それぞれに費用の設定をしているので、差が出てしまいます。

必要なスキルや経験は?

大型自動車の運転スキルや経験は、あったほうが良いかもしれませんが、無くても大丈夫です。

むしろ、ないほうが良いです。

大型自動車の運転経験者でも、転職などをした場合、転職先の会社では、新人扱いになります。

その場合、いくら大型自動車の経験が豊富でも、2t車からの再出発になる可能性が大です。

運送経験がない方は、なおさら「運送会社の仕事は何か」と、いうことから勉強開始です。

ですから、いきなり大型自動車の運転手になる可能性はほとんどなく、2t車などからの勉強になります。

まとめ

もし、本当に大型トラックの運転手になりたいと、考えるのであれば、頭の中で悩んでいても結論はでません。

実際にトラック業界に飛び込んでみて下さい。

人それぞれに事情は違うでしょうが、許される範囲で挑戦をしてみるのが良いでしょう。

しかし、その時は、クルマの運転業務に就くということで、しっかりと家族との話し合いを行って下さい。

なぜなら、周りの人たちは、あなたがトラックを運転する業務に就くことで、自動車事故に合わないかと、非常に心配します。

あなたが、心配する方の立場だとして考えて見てください。

大型トラック運転手の第一歩を踏み出すには、家族等の話し合いが、最初にクリアしなければならない課題です。

実際に大型トラック運転手の仕事を探す時は、こちらの記事を参考に!