トラック運転手といえば、長距離運転で疲れるのでは?というイメージがあるのではあるのではないでしょうか?

ですが、どんな仕事をしているかというと、詳しくご存知な方はそこまで多くないのではないでしょうか。

今回は、知っているようで知らないトラック運転手の募集に関してご紹介いたします。

「トラック運転手」が自分に向いているか診断するにはこちら →

トラック運転手の仕事とはどんな仕事?

ひと言で言って、ただ運転していれば良い職業ではないのです。

かなりの肉体労働で、力と根性は必要です。

特にスキルや頭を使う難しい職業ではありませんので、健康に自信があって、運転が好きな方は向いていると思います。

荷物の積み降ろし作業や荷捌きも要求されるケースもあれば、現場へ行って一人で全て行わなければいけないケースもあります。

また、1.5トン車~2トン車~4トン車~大型車と、様々な大きさがあり、普通免許証で乗れるものもあります。

特に頭を使う訳でもありませんが、運転技術は必要となってきます。

もちろん毎日運転しますので、慣れによる習得もあります。

車が好きという方は大丈夫だと思います。

また、一人の時間も長く、人との接点もサラリーマンに比べると圧倒的に少ないので、人間関係の煩わしさはありません。

トラック運転手の具体的な仕事内容とは?

具体的な業務

地域への配達業務

宅急便など、その日に集荷された荷物を各場所(自宅や会社等)にトラックに荷物を積み込んで配達する業務です。

トラックの乗り降りを頻繁にします。

物流センターから物流センターへのピストン運送

4トン車や、大型車により、物流センターに集められた荷物を積み込み、地方等の物流センターへ運搬する業務です。

高速道路等を使い、中距離、長距離の移動となるので、疲労との闘いもあります。

運転時間が長い業務となります。

建築工事に使うセメントや鋼鉄、瓦礫等を運搬する業務

セメント専用車等で、セメントを現場まで運搬する業務、鋼鉄を運搬する業務、瓦礫を運搬する業務(ダンプカー)、ほとんど、運転のみの業務とされています。

建築現場で使用するシャベルカーやユンボを運ぶ業務

自走できない特殊車両をトラックに乗せて運搬します。(基本的にドライバーが自分で乗せます)

自家用車を乗せて運搬する業務

自家用車を工場から各営業所等へ運搬します。(基本的にドライバーが自分で乗せます)

仕事の流れ

近隣エリアへの配達業務

  • ①トラックをプラットホームへ停車 
  • ②荷物の確認 
  • ③積み込み 
  • ④運搬 
  • ⑤配達 
  • ⑥不在通知投函 
  • ⑦物流センター帰社

物流センターから物流センターへのピストン配送

  • ①トラックをプラットホームへ停車 
  • ②荷捌き 
  • ③コンテナの積み込み 
  • ④運搬 
  • ⑤別の物流センターへ到着~プラットホームへつける 
  • ⑥荷卸し 
  • ⑦次の積む荷物を確認 
  • ⑧積み込み 
  • ⑨運搬 
  • ⑩荷卸し

「トラック運転手」が自分に向いているか診断するにはこちら →

トラック運転手の仕事がおすすめな理由

人間関係のストレスは皆無

仕事中に人との関わりがない少ない事と、運転中は一人なので、人間関係のストレスはほとんど無いと言っていいでしょう。

人とのコミュケーションが苦手な方や、笑顔を作るのが苦手な方はお勧めです。

自分の空間がつくれます

運転中は自分だけの空間ですので、好きな音楽を聞いたり、歌ったりする事も可能です。

誰かに気を遣うこともなく、気持ちを楽にして運転できます。

地理(道路)が詳しくなります

毎日の運転で、同じ道を通行していれば自ずと地理や道路状況(混雑や裏道)にも詳しくなれます。

カーナビなしでも運転できます。

運転が上手になります

毎日の運転により、間違いなく運転技術が上手になります。

2車線以上の道路での走り方や、迅速な車線変更、高速での素早い合流方法など、判断が迅速に正確になってくるので、スムーズな快適な運転ができます。

求人の選び方のコツやポイント!

現在の運送業界は人手不足で若者も減少しています。

人気もありません。

しかも昨今の交通事故の現状もあり、ドライバーへの過剰業務も労基等から警告もあります。

どこの会社も猫の手も借りたい状況ですので、求人の際に気をつけて頂きたいのは、頻繁に募集(求人)をしている会社は離職率がかなり高いと思われます。

労働条件も良くないと思われます。

コンプライアンス(過重労働の有無、ストレスチェック実施の有無、産業医面談等の実施有無など)をキチンと遵守している会社を求人情報のみで見分けるのは困難ですが、労基や厚労省からの警告、指導を受けてしまうと営業への影響もありますので、キチンと順守している会社は必ずあります。

まずは、大手の運送会社は問題ないと思われます。

昨年一昨年の業績はもちろんですが、ハローワークへの求人依頼があるかどうかもチェックし、ハローワークの相談員へ不安視している事を相談しても良いと思います。

また、福利厚生が充実しているかのチェックも必要かと思います。

経営が厳しくなると経費削減で、福利厚生は早いタイミングで削減される可能性があります。

他の企業と比較して充実具合をチェックするのも良いかと思います。

自分にあったトラック運転手の求人の選び方や注意点

普通免許証では、取得した年によりますが、2トン車~4トン車まで運転可能です。

まず、普通免許証で乗れるトラックで近隣エリアを走るのか、大型免許証を取得して、中距離や長距離を走りたいのか?を決める方法もあります。

会社の業態が何かで、配属先を決められてしまうケースも少なくないので、何が向いているのか?何をしたいのか?をある程度固める必要もあります。

トラックの乗り降りが頻繁な業務もあれば、ほとんどの時間を運転している業務もあります(長距離等)。

何が自分に合っているか漠然として分からない方も少なくありません。

業態が合わず、転職という選択もありますが、同じ会社内で複数の業務がある会社もありますので、以下に記載している種類から選択し、実際に勤務していく中で模索しながら自分に合った業務にたどり着けるケースも多々あります。

焦らずに複数の会社の面接を受ける事をお勧め致します。

雇用形態から探す

正社員、契約社員、派遣、バイトで言えば、基本給はそれほど大きな差は無いと思われますが、ボーナス支給の有無が大きいと思います。

会社の業態から考える

物流、運送、宅配、引っ越し等の業態があります。

給与や雇用条件から考える

普通免許証、大型免許証、特殊免許証、大型特殊免許証と、持っている種類で給与も大きく変わってきます。

平均年収でいうと、トラックの種類によって変わりますが、以下の通りです。

中型であれば450~500万円、大型だと450~650万円、長距離ドライバーでは、400~750万円と若干違いがあります。

人事考課評価制度の導入有無や、無事故無違反等の実績評価等もありますので、面接時に伺う必要もあります。

エリアから考える

求人の際に、出張の可否も尋ねられます。

毎日自宅に帰りたいのか?それとも長距離で出張ありでも稼ぎたいのか?その希望により、職場エリアは決めることができます。

「トラック運転手」が自分に向いているか診断するにはこちら →

トラック運転手求人の良い求人、悪い求人の見極め方とは?

業界全体が不景気である事、人手不足という現実があります。

猫の手も借りたいほど困っている会社は山ほどあります。

平均年齢も上がっており、若者が減少しています。

この現実を前提にして頂くと、良い求人、悪い求人の見極めは非常に難しいと思われます。

どこも似たり寄ったりの可能性が高いと思われるので、慎重に選ぶことが大事ではないでしょうか。

頻繁に求人広告がでている会社はキツイので注意

トラック運転手に限らず、頻繁に求人している会社は離職率も高いので、労働条件がかなりキツイのではないでしょうか。

過重労働や休日も少なかったりするケースもあります。

平均給与よりも高給条件は注意

平均給与よりも高給の条件で求人している会社は、仕事内容がキツイ可能性があります。

過重労働はもちろん休日も少ないと思われます。

残業代を含んでの給与体系の可能性があります。

会社法人が有限会社は注意

一概に言えませんが過去の例からいくと、有限会社の場合は、少人数で家族経営の可能性があります。

経営が、ずさんで給与が手渡しであったり、遅延や未払いといったケースも少なくありません。

長期勤続となるとトラブルになる事も考えられます。

求人広告とホームページを比較する

求人の会社のホームページもしっかりと確認し、沿革等の確認もして下さい。

会社名や役員の変更が頻繁にある会社は要注意です。

歴史の長い会社も多いはずです。

何故、長きに渡って営業できてこれたのか?調べてみるのも良いかと思います。

会社の外観や内観の確認

会社の外観や内観があまりにもみすぼらしかったり、プレハブだったりする会社も稀にあります。

新しい志で就職するのに、事務所がボロボロだと不安になります。

内情は儲かっているかもしれませんが、外観や内観がそんな感じでは残念です。

誰もが外観は見栄えする建物で内観は整理整頓されている事務所で働きたいと思っています。

また面接時に、事務所の近くに駐車場があったらトラックをチェックして下さい。

会社やクライアントの看板を背負ってるトラックがキチンと洗車されていて綺麗な状態なのかを。

これはもの凄く大事なことで、汚いまま走行しているのと、いつもピカピカで走行しているのでは、天と地の差です。

プライドを持って仕事しているか、そうでないかの会社の器の大きさを感じざるを得ません。

福利厚生の充実

世の中全体が不景気になっている今、どこの会社も経費削減しやすい勘定項目は、福利厚生、消耗品、人件費です。

福利厚生が充実している企業は、黒字決算の可能性が高いと思われます。

具体的には、家賃補助や育児・介護休暇、交通費全額支給、年次有給休暇日数、健康診断(人間ドック等)の実施、ストレスチェックの実施、産業医面談、誕生日休暇等の有無が判断材料にもなります。

求人広告には全て掲載はしませんので、面接時に伺うことも必要と思われます。

旧態依然の体質

求人広での見極めは不可能ですが、面接時にある程度は判明できる可能性があります。

昔の経営方針が決して悪いとは言いませんが、時代に則した経営転換も必要不可欠と思われます。

特に危険な傾向は、家族経営で社長がワンマンであるケースです。

新しいことを始める際のリスクを考えると恐怖が出て、なかなか進めない方がいます。

しかも右腕(経営陣)はイエスマンばかりで的確なアドバイスはありません。

そんな会社では、自分の意見や企画等に聞く耳は持ってくれるのでしょうか。

面接時に会社の実績や新しい取り組み、社風を伺ってみて下さい。

トラック運転手になるためにはどうしたらいい?

運転が好きで、力仕事が大丈夫であれば、誰でもできる職業だと思います。

人間関係の苦手な方は特に向いていると思います。

運転免許証は必須です。(普通自動車免許証、大型自動車免許証等)

車の運転も好きと向いているは違うケースもありますので、見極めも必要と思われます。

中距離や長距離の運行では夜中に走ることもあります。

夜中の高速道路は視界も狭くなり、他の車もかなり飛ばしているので、危険と隣り合わせです。

雨や雪にも遭遇します。

チェーン装備やタイヤ交換、エンジントラブル等の整備関係にも詳しい必要があります。

トラック運転手に就職するために

最低限、普通自動車免許証は取得して下さい。(大型免許証なら高待遇です)

肉体労働ですから、日頃の健康管理には注意願います。

皆勤賞を取るくらいの意気込みは必要です。(欠勤の場合、ドライバーの代わりはいませんので・・・) 

資格は必要?

普通自動車免許証または、大型自動車免許証があれば、大丈夫です。

整備士の免許等も必要ありません。

必要なスキルや資格、経験は?

特に必要ないと思います。

学歴も不問の求人がほとんどです。

ただ、健康に自信のある方で、自己管理がキチンとできる事が大前提だと思います。

運転には技術も必要ですが、神経を集中し、気を使うので疲労や眠気との闘いもあります。

食事と睡眠はしっかりと摂ること。

お酒の好きな方は飲みすぎないよう要注意です。

飲酒は休日の前日のみにするなどの我慢も必要かと思います。

また毎日の運転と積み下ろしの作業ですので、腰痛は避けて通れません。

腹筋や背筋を鍛えるトレーニングも必要となってきます。

トラックの整備関係も就職してから学べる会社もありますが、事前に最低限のことは勉強しておくことも必要です。

まとめ

メリット、デメリットはどんな職業にもあります。

入口のハードルは低めですので、後は仕事を始めてからどう自分自身をスキルアップしていくのか?会社によっては、トラックを社員に購入させ、委託契約(持ち込み)といった雇用形態をとっているところもあります。

かなりの高収入となります。

今、日本に蔓延しているメンタルヘルスの問題、鬱病などは心配ないと思われます。

人間関係に嫌気をさして運転手に転職された方も少なくありません。

健康面を主に注意して自己管理をキチンとしていれば決して難しい職業ではないと思います。

求人の際には、面接が大きなポイントとなります。

福利厚生面や、事務所の景観、面接官が誰なのか等、面接時に見極めるべき点が多々ありますので、事前にメモにまとめておき、聞き忘れないようにして下さい。

面接は緊張しますので、肝心なことを聞き忘れたり、見落としてしまったりしないよう準備して下さい。


関連キーワード

ドライバー求人

ドライバー求人についてもっと深堀りした情報を見る

トラック運転手の年収・給料はどのくらい?私の周りの相場や年収の決まり方を紹介します

トラック運転手は、ずいぶん昔は「稼げる」と言う非常に強いイメージがありました。事実、昔はそうでした。トラックを走らせれば、走らせるほど給料がどんどんアップしていました。でも、現在はそんな時代ではありません。昔ほど稼ぐことは出来ません。その理由を、現在のトラック運転手の年収事情に合わせて見て行きましょう。トラック運転手の年収の相場はどのくらい?トラック運転手の年収は、正直なところ「ピンからキリまで」と言う感じです。働く時間や、トラックを動かす距離などに大きく左右されるので、一概に言えませんが、少ない場合で、額面が400万円を切る場合から、上は700万円と言った感じです。それ以上の年収が出る場合は

ドライバー募集はココを見て!良い求人、悪い求人の見極め方を教えます

業界大手の働き方改革やそれに伴うサービス内容の変更など、話題に上ることも多い「ドライバー」の仕事。今回は「ドライバーの募集」をテーマに、いくつかの観点からこの仕事の実態を紹介していきます。ドライバーの仕事といってもさまざまな職種があるので、まずはよく求人が出ているドライバー職種を3つ紹介していきます。その後、良い求人・悪い求人の見極め方や、しっかり求人探索をしなかった場合に起こり得るデメリット、自分に合った求人を探すコツなどを解説していきます。この仕事に興味がある方は一度以下の内容に目を通してみて、求人に応募するか否かの判断材料にしてください。ドライバーの募集ではどんな求人が募集されているの?

宅配ドライバー求人でよくある募集内容や働き先の種類・おすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

アマゾンや楽天、最近ではZOZOTOWNなど、ますます便利になっていく通信販売を利用する人が増える一方で、大手運送会社などではドライバー不足に悩まされています。ハローワークや求人サイトなどでドライバーの仕事を探すと実に沢山の宅配ドライバー求人の記事を目にすることができます。この記事ではそれぞれの宅配ドライバーの仕事の紹介、また、よく見る宅配ドライバーの募集内容にはどんな物があるのか?気になる質問についても解説しています。これを見てぜひ、自分に合ったドライバーの仕事を見つけてください。宅配ドライバーの仕事にはどんなものがある?一言で宅配ドライバーと言ってもその仕事の中身は様々です。毎日違ったお宅

ハイヤー運転手の年収はどれくらい?相場感や給料の決まり方などを教えます

ハイヤーの仕事に興味はあるけれど、本当に求人情報に書いてある内容で合ってるの?と思われる方も多いと思います。実際にタクシーの話にはなりますが、固定給と書いてあって、実際は歩合給だったり…そんな心配をしている方達に、実際にハイヤーをしている私の会社を基準に、ハイヤー運転手の年収についてお話をさせていただければと思います!ハイヤー運転手の給料の相場はどのくらい?基本的にハイヤーの仕事に新卒、転職は関係ありません。言い方を変えれば、学歴、過去不問となっている会社がほとんどです。ご年配の方を中心に雇っているところもあれば、若い方の方が社会の色に染まってないから育てられると考える会社もあります。あくまで

ハイヤー運転手の求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

突然ですが、ハイヤー、と聞いてみなさんはどんな想像をしますか?実は、ハイヤーと言う仕事は運転と接客、気配りなどが重なった非常にハイレベルな仕事です。そんなハイヤーの仕事につきたいと思ってるあなた!今日は、某企業の専属運転手をしている私が気になるハイヤーの仕事、聞きにくい求人の裏側についてお教えします!ハイヤーってどんな仕事?ハイヤーとは、主には運転手のことを言います。街中で、黒塗りの車にスーツをきて白い手袋をした運転手を見かけたことはありませんか?その人達がハイヤー運転手と呼ばれる人たちです。ハイヤーとはタクシーのように手を挙げて乗り、行き先を告げて行くと言う方法ではなく、完全予約制です。事前

バス運転手の年収はどのくらい?私の周りの相場や給料の決まり方を紹介します

普段、日常生活において利用することがあるバスですが、バス運転手は年収いくらもらっているか気になるところです。バス運転手といっても実は民間バス会社で働くバス運転手と公営のバス運転手、いわゆる公務員として働くバス運転手の大きく分けて2種類あります。当然ですが民間と公営では給料事情は異なってきますし、民間バスのバス運転手は、民間バスが主催する試験を受けるのですが、公営バスのバス運転手は公務員ですので公務員試験を受ける必要があります。今回は、バス運転手の給料事情について紹介します。バス運転手の給料の相場はどのくらい?バス運転手の給与事情について調べてみました。バス運転手の収入モデルケースを見つけたので

家具配送求人でよくある募集内容や働き先の種類・おすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

あなたは家具配送の求人を見たことがありますか?ドライバーの募集や配送補助の募集などいくつか求人誌や求人サイトで見にしたことがあるのではないかと思います。イメージとしては、トラックに乗って家具をお客様のもとへ運び設置する、というイメージですよね。では実際にどのような タイムスケジュールで一日が流れていくのかや、おすすめの求人のポイント、気になる疑問についても解説いたします。家具配送のおおまかな仕事内容家具配送の大まかな仕事内容としては販売店から荷物をトラックに乗せ、お客様のもとへ運び設置をする、というのが主な仕事です。しかし実はお店により仕事の内容が様々で、その日に配送する予定の家具を自分で準備

バス運転手の転職を成功させるために!狙い目な会社の5個の特徴と上手に転職するための4個の注意点

目指せバスの運転手!バスの運転手への転職で、つまずかない為のポイントを紹介していきます。よくある転職理由なぜバス業界に転職を考えるのか、よくある転職理由とは?車の運転に慣れているから普段運転していて、運転することに慣れている人にとって、バスの運転手はプライベートの延長のように感じるかもしれません。もし、車の運転が好きであれば、好きな事をしながらお金を貰えるという事になりますので、天職になるでしょう。運転する車の大きさが変わること以外には、道路上で覚えておきたい事と言えば交通ルールくらいなので、他の業界と比較して覚えるべき事は少なく、普段から行なっている事がほとんどですので、心配な点は少なく転職

バス運転手の仕事はどんな人に向いている?得意な人の7個の特徴やキャリアについて解説します

バス運転手の仕事はどんな人に向いているか、向いている人の7個の特徴やキャリアについて細かく解説しますバス運転手の大まかな仕事内容バス運転士には大きく分けて4つに分類されます。1つ目が、勤務地周辺の街を走り、各バス停で待っているお客様を乗せて、目的地まで案内する路線バス運転士。2つ目が特定の場所でお客様を乗せた後、高速道路を走り、東京や大阪など遠くの決まった目的地まで案内する高速バスの運転士です。3つ目がバスの大きさは全長7mのマイクロバス~全長12mの大型バスと依頼先によって異なりますが、目的への往復を行う送迎バス。最後にプランに合わせて決まった人員のお客様を目的地へ送る観光目的の観光バスです

バス運転手求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

身近な存在であるバス運転手の仕事について、募集内容やおすすめ求人についてご紹介していきます。ハードな部分もありつつ、やりがいのあるこの仕事について、よくある疑問などにもお答えしていくのでお楽しみに。バス運転手のおおまかな仕事内容おおまかな仕事内容街の中を走っている乗合バスの場合は、中型または大型バスに乗り、決められている路線を走り、バス停で待っているお客様を乗車させ、目的のバス停まで安全運転で送り届ける仕事です。また、遠くの街まで走っている高速バスは、乗合バスよりも大きいバスに乗り、高速道路を走ってお客様を目的地まで送り届けます。大きな違いはバス停の有無とバスの大きさです。それ以外にも、バスの


ドライバー求人に関するコラム

ドライバーの副業事情。ドライバーはどんな副業をしているの?

昔から日本では多くの会社が副業を禁止してきましたが、バブル崩壊やリーマンショックなどを受けて永久雇用の概念が崩れてきた昨今、徐々に副業を認める会社も増えてきました。そんな中、実は、タクシー会社は、基本的に副業を許容している会社が多く見られます。もちろん、副業オッケーですと就業規則に記載している訳ではなく、副業禁止ではありませんのスタンスで副業を認めている形です。なぜならタクシードライバーは隔日勤務のため、1ヶ月に13乗務までしかできないルールになっていて、それ以上の勤務はできません。ただ、タクシードライバーであっても収入を増やしたい、家族を養っていかなくてはならないなど様々な理由があり、タクシ

ドライバーって高収入なの?色々なドライバーの仕事内容から給料事情まで詳しく解説!

ドライバーの仕事とひとえに言っても色々なタイプのドライバーがあります。例えば、トラックドライバー、宅配ドライバー、バスドライバー、自動販売機の補充を行うルートトラック、引っ越しトラックなどあげれば色々あります。現在、特にトラック業界は人材不足が深刻のため、積極的に人材を募集しているため、正社員として働くチャンスが増えています。もちろん、トラック業界に限らず、ドライバーの仕事は常に募集があり、働く門戸は広げられています。ただ、やはり、ドライバーとして働くにしてもドライバーは高収入なのか、仕事内容はどうなのか色々と気になるところがあるかと思います。今回は、ドライバーの仕事内容や給料事情について紹介

ドライバーの仕事ってきつい?きついことも楽しいことも詳しく解説!

ドライバーの仕事といえば、日常生活で利用するタクシーであったり、スーパーやコンビニで普段みなさんが目にしたり、購入する商品を運んだりするトラック、自動販売機のジュースを補充するトラックなど様々なドライバーの仕事があります。トラックやタクシーのドライバーはよくきつい仕事と言われています。事実、最近は人手不足により特にトラック業界は深刻と言われています。しかも人がなかなか集まらない、それはやはり仕事がきついからでしょうか?今回は、タクシーやトラックドライバーのきついところ、楽しいところを紹介していきます。ドライバーの仕事がきついのはこんなところドライバーの仕事できついところは、勤務時間が事務職など

バス運転手を辞めたい時はどうしたら良い?よくある6個の原因と対策。

バスの運転手として働く中で出てくる悩みにはいろいろとあります。辞めたいと考えてしまう原因と後悔しない為の方法を紹介します。バス運転手を辞めたいと感じてしまう6個の原因とその対策とは?小さい頃に憧れていた、バスの運転手。いざ業界に飛び込んでみると、ガッカリしてしまう機会もあることでしょう。辞めたくなってしまうバス業界の事情について解説していき、その問題を乗り越えていく為のアイデアを提案します。出勤時間が早すぎて、退社時間が遅すぎるバス業界の朝はとても早く、早い勤務だと4時には出社をし、退社時間は23時を過ぎる勤務がほとんどです。なぜこんなに拘束時間が長いかと言うと、運転している時間以外は勤務時間

ドライバーの仕事探しで注意した方が良い5個のこと

ドライバーの仕事は、人によってなかなか好き嫌いや合う合わないが分かれる職種だと思いますが、一口にドライバーといっても実に条件は様々です。仕事の基本は車の運転が中心となるのですが、どんな車を運転して一体何を載せるのか、何処を走ってどこに運ぶのかによって話は大分変わってきます。長くこの仕事をやっている人であればその辺の勘が敏感に働いて、この仕事は大変そうだとかヤバそうだとかいうのが何となく想像出来るのですが、やった事の無い人にとってはそんな芸当は真似出来ません。ここではドライバーの仕事を探す時に注意したほうが良い点について幾つか書いていく事にします。ドライバーの仕事探しで注意したほうが良い5つの事