タクシー運転手は、拘束時間的にも金銭的にも良いとは言えない仕事と思われていますが、まったくその通りです。

否定はしません。現実です。

それでも何か良い点がなければ、始めないし続かない。

悪い話も聞くものの、良いこともやはりあるのです。

今回は、タクシー運転手のメリットをご紹介します。

「タクシー運転手」が自分に向いているか診断するにはこちら →

タクシー運転手のメリットとは?

タクシーは拘束時間が長くて仕事がキツい。

世間で言われることは正しいです。

けれども、こんな人なら抜け出せないほどハマるかもしれません。

とにかく自由、散策が日常、おひとりさま好きにはプライベートが充実する。

人から与えられる業務のみをこなすことに辟易している方、自由を求めている方には、楽しめる仕事です。

接客の下積みができる

接客に問題のある運転手は確かにしますし、粗暴な方も稀に見られます。

逆を言えば、接客としてのレベルが多少低くても「まだマシ」と思ってもらえるということです。

接客未経験でタクシー業界へ来て、クレームで追い出される人も中にはみえますが、最低限の敬語と、人とのやり取りができれば続けることのできる、敷居の低い職業だと考えています。

自由を満喫できる

守らなければならない法律はあります。

接客のマナーも必要です。

けれども、売上につながるトライアンドエラーを、誰の指示でもなく自分の意志で決定できます。

選択の自由を求める人には、大変楽しめます。

繁忙時間と閑散時間のやりくりをすれば、自分の時間も確保できます。

休憩時間も、休憩の内容も、自分で選ぶことが可能です。

ただし、パチンコや映画館などへ営業車で向かってしまい問題になりました。

営業車は営業所へ預け、休憩時間と切り分けるようにお気をつけください。

平日休み

映画や観劇など、独りで静かにゆったり楽しみたい、休日の混雑は煩わしいという人には自分の時間が満喫できる仕事です。

また、待機時間がどうしても長くなるので、車内で時間を潰せる読書などが趣味の人にも、向いています。

逆に、待ち時間や平日のお休みが耐えられない人には向いていません。

金曜日の夜に遊びたい人にも向きません。

人が呑んで遊んでいる時間に仕事をし、人のいない空いた時間にお酒を静かに楽しみたい人にはオススメしたい仕事です。

好奇心を満たされる

知らない道、知らない町。

知らない工場、知らない土地。

営業職でもない限り、工場勤務などでは立ち入ることのなさそうな場所に、入ることができます。

旅好きな方には、地元再発見の楽しみもあるかもしれません。

それまで工場にこもった仕事をしている自分には、季節の変化を直接感じることができたのは、とても新鮮な体験でした。

時間の許す限り、自動車に乗っていられる

どれだけの人が当てはまるかはわかりませんが、とにかく運転が好き、自動車の車窓から見える景色が好き、町並みが好きな方には天職です。

車種は問わずに自動車に乗っていられれば幸せという方は、仕事をしているだけで幸せになります。

「タクシー運転手」が自分に向いているか診断するにはこちら →

タクシー運転手は、こんな人におすすめの仕事です

意外に思われることもあるかもしれませんが、一部のドライバーと「ひきこもりや社会人経験がない人ほど、やってほしい」と意見が一致しました。

接客としての敷居が低く、コミュニケーション能力も大きく求められない。

けれども金銭のやり取りや、時間の管理など、最低限のことは身につく。

それくらい敷居が低い職業なのですが、楽しく続けるにはこんなことが好きな人に向いているのではないかと言う点を考えてみました。

長距離運転が苦にならない

どうしても、距離は走らざるを得ません。

一日の走行ノルマが300キロという職場もあります。

田舎の待機営業でも、勤務ごとに170キロは走りました。

予約の時間、出発時間という枠はありますが、それ以外は特に時間に迫られる仕事でもありません。

自分のペースで走ることが好きならば、おすすめできます。

人間観察が好き

社長、会長、平社員。

フリータ、パチプロ、巡業中の力士、夜の仕事、デザイナー、設計士。

トラックドライバー、バーの店長、店員、高校生。

そして地域のご高齢の方、妊婦さん。

いろいろな方をお乗せします。

人々のバックボーンに興味があり、いろいろな方の話を聞きたいと感じている方にとっては、様々な職業、境遇の方と直接会話できる良い仕事です。

中には攻撃的な方も見えますし、思想的に偏りのある方も見えます。

無難なことを応えたつもりでも、クレームになることもあるかもしれません。

けれども、それを差し引いても十分楽しめます。

自分の知らない世界を垣間見ることができる仕事です。

精神的にタフ

タクシー業界に不安を感じる要素として、ドライバーの扱いがあるのではないでしょうか。

殴られたりしないか、暴言をはかれたりしないか、そんな不安もありませんか?

正直に言えば、どちらもあります。

酔った方に後ろから蹴られるということもありました。

お金を払おうとしない人も、たくさんのお客様を乗せているうちに何人かは現れます。

そういったときに、きちんと抗議する、警察へ行く、といった対応ができることはとても大切です。

事故の対応は自分自身でしなければなりません。

そういった小さなことを不満として蓄積させないことは、続けるためにはとても大切です。

「タクシー運転手」が自分に向いているか診断するにはこちら →

まとめ

ずいぶん昔、タクシーのドライバーから「雲助稼業から抜け出せない」と聞いた話を父から何度も聞きました。

その時はよくわかっていなかったのですが、乗ってみてわかりました。

会社勤めの閉塞感に我慢ができなくなります。

売上への試行錯誤を自分でしてきた経験から、営業から受け取るだけの仕事への我慢も難しくなります。

自由に慣れてしまうと、束縛されることには戻れなくなるかもしれません。

逆を言えば、自分自身で考えて行動する習慣を身につけることができるということです。

このほうが良い、と感じたことに対してすぐに行動できるようになる。

そうして身につけた力を、タクシー以外にどう生かしていくのか。

それ自体も自分で決める力がついていきます。

先に書いた「ひきこもりや社会人経験がない人ほど」というのは、そういう点です。

ほぼ必ず正社員になれて、考えて行動する習慣が身につくこともあるという可能性を持った仕事です。

楽しもうと思えばとことん楽しくできる仕事ですから、伝聞だけで敬遠するのはもったいないと私は感じています。

「タクシー運転手」が自分に向いているか診断するにはこちら →



関連キーワード

タクシー運転手求人

タクシー運転手求人についてもっと深堀りした情報を見る

タクシー運転手が辞めたい5個のよくある理由とその乗り越え方

中途入社が当たり前で、新卒採用はほぼ行われていないのがタクシー業界です。また、入ってくるのと同じくらい、出て行く人も多いというのが、この業界の特徴でもあります。規模によっては一年後、自分と同じ月に入社した社員の社員番号が100番違っていた、なんてことも珍しくありません。今回は、タクシー運転手を辞めたいと思う理由についてよくあるものを紹介します。タクシー運転手が仕事を辞めたいと思うときによくある5個の理由経験の長い先輩には「次の職を見つけるまでの腰かけ」と言われてしまうこともある、離職率の高いタクシー業界。実際、定年まで勤め上げて、再雇用の手続きをする方より中途で他業種へ転職される方が多いです。

タクシー会社(東京)のおすすめ9選。タクシー運転手が業界事情をもとに考えてみた

平成28度の東京にあるタクシー会社は439社もあります。車両台数は30,911台、個人タクシー台数は13,937台もあります。(全国ハイヤー・タクシー連合会資料から)これだけの数のタクシー会社がありますから当然ピンからキリまであるはずです。タクシー運転手が業界事情をもとに考えたタクシー会社をお勧めしましょう。タクシー運転手の業界事情現在タクシー運転手は不足しています。これはお客とタクシー台数の需要と供給の点からではなく、タクシー会社の事情からのものです。会社に車はあるが乗務員が足りないということです。これは簡単に言うと人気がないということです。長時間労働や安い給料が原因と思われますが、実際はそ

東京のタクシードライバー求人裏情報。こんな会社はツライ!事前の見極めポイントをこっそり教えます

求人誌をみると東京のタクシードライバー求人が多いのにびっくりします。しかも高給可能、給与保証あり、支度金ありなどの好待遇な条件で誘っています。全て事実ならこんないい職場は他にはありません。本当のことなのか何か裏があるのではないか。真実か否か、東京の現役タクシードライバーが求人裏情報を紹介していきます。タクシードライバー求人の裏情報私の推測ですが東京のタクシードライバー求人は東京にあるタクシー会社439社全部が出していると思います。実際私の会社でも私が入社する前から今まで7年間ずっと求人しています。確かに入社してやめていく人もいますが7割位は残っています。でも応募に来る人が少ないのは確かです。な

タクシードライバーの転職を成功させるために!狙い目な会社の2個の特徴と上手に転職するための3個の注意点

タクシードライバーの転職を考える、というのは、一般的には特殊な状況に含まれるのではないでしょうか。地域によって差が大きく、営業形態によっても違いが大きいので、あくまで参考として紹介します。自分はタクシー業界へ中途で正社員にて入社しました。タクシードライバーの転職事情実際には新卒で入社する人よりも転職組の人のほうが多いはず。 大企業などで新卒を大量採用している会社では、中途組は肩身が狭い場合もあると聞いたことがありますが、タクシー業界に限ってはそんなことはないでしょう。転職に狙い目な会社の特徴就職情報誌、タクシーの車体、気にしていれば目に付きやすいタクシードライバー募集。よほどの不景気に減車して

タクシー運転手は副業OK?禁止?OKな場合のオススメの副業14選

タクシードライバーは1ヵ月に12日しか仕事をしていません、18日も休みがあります。休みを有効に使い生活を向上させる事ができるはずです。では収入を増やす副業はどうでしょうか。できるのかできないのか、できるのなら何ができるのか説明していきましょう。タクシー運転手の副業はOKなのか?タクシードライバーは副業してもいいのでしょうか、会社は許可を出すのでしょうか。副業がOKな会社は多い全てのタクシー会社がOKとは限りませんが、かなりの会社は認めています。休みが多いので業務に支障がなければ見逃している形になります。会社によるので就業規定は確認すべき社則に副業禁止となければその会社ではできることになります。

タクシードライバー年収大告白!私が年収500万円を達成した時の働き方・稼ぎ方

これからタクシードライバーをしてみようかなと思っている人達の最大の関心ごとは、一体どのくらい稼げるのかが重要なポイントでしょう。まず平均収入はいくらか、稼いでいる人は何をしているのか、どんな工夫をすれば収入が良くなるのかを考えていきましょう。タクシードライバーの平均年収全国のタクシードライバーの平均年収は平成28年は3,320,100円で、東京は4,428,200円と平均を上回って全国で1位でした。(全国ハイヤー・タクシー連合会資料から)平均だけを見れば決していい金額ではありません。しかしこれはあくまでも平均値です、これを上回る人も下の人もいるのです。年収200万円以下もいるし600万円以上の

タクシーの仕事はどんな人に向いているの?向き不向きやキャリアについて解説します

電車を降りて構内を出るといつもタクシーが停まってお客を待っています。「荷物が多い」、「雨が降っている」、「急いでいる」時はつい利用してしまいます。中には毎日利用している方もいるでしょう。その公共性が高い便利な足であるタクシーとはどんな仕事なのでしょうか、詳しく説明していきたいと思います。タクシーの仕事はどういう仕事?タクシードライバーの仕事は簡単に言うとお客様を乗せて目的地まで運ぶことです。言うのは簡単ですが実際はそんなに楽な事ではありません。昔と違いサービスの向上に力を入れているので接客態度の改善が求められているのです。一言でいえばタクシーは接客につきる仕事なのです。入社時の研修、入社後に社