配達員・配送員とはどんな仕事かについての写真

あなたは配送・配達の仕事と聞くと、どんなことを思い浮かべますか?

大抵の人は、「荷物を運ぶ仕事」を想像するでしょう。

その想像は間違いではありませんが、実際の配送・配達の仕事にはさまざまな種類があり、種類ごとに仕事内容も違っています。

配送・配達の仕事の業種ごとの違いやその役割、具体的な仕事内容ややりがいなどについてご紹介します!

「配達員・配送員」が自分に向いているか診断するにはこちら →

配達員・配送員とはどんな仕事?

「配達」と「配送」という言葉はよく似ています。

配達員は、荷物を相手に届ける、すなわち「到達させる」ことに重点を置いていますので、大手宅配業者のように、荷物を送り届けるドライバーの仕事を指すことが多いです。

一方の配送員は、「荷物を送る」ことに重点を置いていますので、倉庫で荷物を仕分けしたり、宅配業者に対して荷物を送る仕事を指すことが多いです。

細かい違いはありますが、そんな配達員、配送員の仕事についてご紹介していきます。

配達員・配送員のよくある種類

配達員・配送員にはどのような仕事の種類があるのでしょうか?

私たちにとって身近な仕事からあまり縁のない仕事まで、具体的にご紹介していきます。

郵便配達員

「郵便屋さん」と聞けば、誰もが想像しやすい仕事です。

各家庭の家から会社まで、主に手紙や書類を届ける仕事をしています。

年末年始にはよく、郵便局で年賀はがきの仕分けのアルバイトを募集するチラシがポストに入っていることがありますよね?

その仕分けたはがきを届けるのが、郵便配達員の主な仕事なのです。

宅配便配達員

ネットで買い物をしたら、注文したものが家に届きます。

その際に荷物を持ってきてくれるのが宅配便配達員です。

細かく日時を指定出来たり、宅配だけでなく、集荷も同時に行ってくれるなど、郵便配達員よりもサービスの種類が多いのが特徴です。

新聞配達員

各家庭が目覚める前の時間帯に新聞を配っているのが新聞配達員です。

他の配達業とは違い、皆が寝静まっている夜中から明け方にかけて新聞を配達する仕事です。

自転車で配ったり、バイクで配ったりしていますが、家人が寝ている時間帯に配るため、顔を合わせることはほとんどありません。

宅配デリバリー配達員

最近ではコンビニやファーストフード、飲食店などでよく利用されているのが宅配デリバリーサービスです。

電話で注文したお弁当や商品を家まで届ける仕事が、宅配デリバリー配達員です。

有名どころで言えば宅配ピザでしょう。

小売販売配達員

小売販売配達員は、例えば生花やお酒のように、小売店が注文のあったところへ商品を届ける仕事です。

個人の家庭へ届けることもありますが、お店や専門店などへの配達が主な仕事です。

配達員・配送員の業界構造においての役割とは?

配達員・配送員の仕事は、あまり関わりのない人からすれば、ただ荷物を届けるだけの仕事という印象が強いと思います。

しかし、当たり前と思われている配送・配達の仕事は、なければ誰もが困ってしまうような、物流においてかなりの重要な役割を担っています。

その役割も、業種構造によって少しずつ違っています。

では、どのような違いがあるのでしょうか?

自社商品の配達

小売店の場合、自社商品を各家庭や会社へ配達する仕事が主です。

取り扱っているのは自社商品のみの場合がほとんどで、余所の会社の請負をすることはまずありません。

店や会社への配達であれば生花や酒、飲料水などが多く、各家庭へは例えば化粧品のように自社ブランドの商品を配達することが多いです。

預かり品の配達

預かり品の配達は、例えば私たちが日頃ネット通販などで利用する宅配業者が多いです。

ある会社の商品を宅配業者に委託することによって、預かり品すなわち物品を宅配業者が製造元の会社の代わりに各家庭や会社へ届けます。

正社員、契約社員、バイト、派遣などで求められる役割は変わる

当然ながら、雇用形態によって個人に求められる役割は変わってきます。

正社員の場合は、直接配送・配達の仕事に携わることもあれば、事務仕事やアルバイト・派遣社員に指示を出す立場になることもあります。

契約社員の場合には、正社員に近い働きをすることはあっても、そこまで責任ある仕事内容は任せられないことが多いです。

アルバイトや派遣は多くが日雇いになっており、荷物の仕分けや配達の仕事を請け負うことが大半です。

配達員・配送員の具体的な仕事内容とは?

配達員・配送員は荷物を運ぶイメージが強いですが、実際にはどのように一日を通して仕事を行っているのでしょうか?

具体的な仕事内容を以下にご紹介していきます。

仕分け・積み込み

配送・配達の仕事では、まず仕分け作業を行います。

実際に配達をするのが午前中であれば、仕分け作業は深夜の時間帯に行うことが多いです。

先に仕分け作業をする人がいて、その人たちによって大まかに仕分けられた物品を、配達員が朝イチでさらに細かく仕分けして、自分の車に積み込み作業を行います。

物品の運搬

積み込み作業が終わったら、その日に配達をする荷物の伝票をまとめます。

住所が近いもの同士の伝票をまとめておくと、配達の際には時間を無駄にすることなくスムーズに配達することが出来ます。

伝票を整理し終えたら、いざ一日かけて物品を運搬します。

トラックでの移動

トラックでの移動の場合には、会社へ配達したり、かなり大きな荷物を運んだりすることが多いです。

一度に大量の荷物を同じ場所へと運ぶ際にもトラックを用います。

バイク・自転車での移動

配達するものが書類や手紙、小さな荷物の場合には、バイクや自転車で移動して配達することもあります。

某大手宅配会社では、エコと狭い道での利便性から大きな荷台付きの自転車を使っていますが、そうした移動手段を用いることもあります。

指定時間に指定場所へ配送

配達の時間や場所が指定されていることも少なくはありません。

午前の配達希望であれば、必ず午前中に荷物を送り届けなければクレームになってしまいます。

そのため、配達時には時間指定のものから優先的に荷物を届けます。

配送にはどんな募集があるの?

1. 対個人の配送

貨物の配送先が個人宅のみの場合もあります。

例えば、生協の個人宅配送サービスを担う会社の場合、土日休みであったり、再配達がないこともあるようです。例えば、株式会社ロジカルでは「パルシステム」の宅配を行っており、株式会社アシストでは「コープ」の宅配を担っています。

ルート配送で、販売業務が含まれることもある生協の宅配ですが、いろいろと比較してみるのもおすすめです。

タイミングによって募集が終了している場合もあるため、リンク先から詳細をご確認ください。

2. 対法人の配送

企業間物流を担う企業からは、配送先が法人である募集が出ています。

例えば、福山通運グループからは企業や商店などの法人を顧客とした集配ドライバーの募集が出ています。

また、株式会社ダイオーズジャパンではオフィス用のマットやモップの交換などのためにセールスや配送を行います。

タイミングによっては募集が終了していることもあるため、リンク先から詳細についてご確認ください。

その他に配達員・配送員の募集は?

上記の会社以外にも配送の仕事はたくさん募集されています。

見てみたい人は、以下のボタンからチェックしてみて下さい。

\他にもたくさん「配達・配送」の募集中の仕事があります/

(他の会社も含めて募集を確認できます)

配達員・配送員はどういう人と仕事で関わるの?

配達員や配送員の仕事は孤独だと思われがちです。

確かに一人だけで黙々と配達をしていたら、他人とコミュニケーションなど取らないのではないか、と思われることもあるでしょう。

しかし実際には、荷物を届ける際に届け先の人と軽いおしゃべりをすることがあります。

その軽いおしゃべりが、また次の仕事に繋がることもありますので、配達と言えどある程度人とのコミュニケーション能力も求められます。

配達元の人や企業

もしもどこかの会社から委託されて荷物を預かり、配達する仕事であれば、委託元の会社や企業の人と話す機会は多いです。

委託する側と宅配業者とは、信頼関係がなければ仕事の関係が成り立ちません。

そのため、委託する側も、そして荷物を届ける側も互いに感謝して丁寧な対応をすることで、次の仕事に繋がっています。

配達先の人や企業

荷物を委託する会社ともコミュニケーションは必須ですが、一方で荷物を届けた先の会社や企業とのコミュニケーションもある程度とっておく必要があります。

もしもずさんな荷物管理や適当な対応で荷物を届けていたら、そのクレームを配達先の会社が委託元に連絡する場合があります。

そうなると仕事をする上で信頼性がなくなるため、委託元と配達先のどちらともある程度関係を保っておく必要があります。

配達員・配送員の給料事情は?

配達員や配送員の給料は、雇用形態や業務内容によって大きく変わってきます。

例えば正社員の場合、完全に固定の月給制のところもあれば、月給にプラス配達した分だけの歩合制がついているところもあります。

また、契約社員の場合には正社員よりも少し給料が下がるでしょうし、派遣社員やアルバイトの場合には、歩合制か時給制になっているところが多いです。

そのため給料は安ければ月に13万前後ですし、高ければ30万前後と非常に差が大きいです。

配達員でやりがいを感じること

配達員の仕事は大変ですが、やりがいを感じる瞬間もあります。

その瞬間のために毎日仕事を頑張っているという人もいるでしょう。

では、どんな部分にやりがいを感じられるのでしょうか?

配達先で感謝される

荷物を受け取る人によっては、「いつもありがとうね」と感謝してくれる人もいます。

感謝して欲しいために仕事をしているわけではなくても、誰かから感謝されるとやはり嬉しいものです。

それがやりがいに繋がっているという人もいます。

体が鍛えられる

配達の仕事は体が基本です。

毎日のように荷物を運んでいると、自然と体が鍛えられます。

中には配達の仕事を始めていつの間にやらダイエットに成功していたという人もいます。

担当地域に詳しくなる

自分の見知らぬ土地であっても、それが担当地域であれば、毎日荷物を配っている内に自然と詳しくなれます。

そのため仕事に慣れれば経路のショートカットも出来るようになり、素早く配達に回れるようになります。

\この仕事に「やりがい」があると感じた人は/

配送員・配達員に向いている人のタイプは?

配送や配達の仕事には、向き・不向きがあります。

どんなタイプの人が配送関係の仕事に向いているのでしょうか?

体を動かすのが好きな人

配送・配達の仕事は体が資本です。

健康管理に長けている人や体が丈夫な人、体を動かすのが好きな人にはおすすめです。

仕事をしながら存分に体を動かすことが出来ますので、デスク作業のように体が鈍ることはまずないでしょう。

運転や移動するのが好きな人

仕事中はほとんどが運転と移動です。

そのため、運転嫌いの人には向いていませんが、運転好きには向いている仕事です。

また、一日中社内の同じ場所で仕事をするのが嫌な人にもおすすめです。

\「自分でも出来そう!」と思ったら/

「配達員・配送員」が自分に向いているか診断するにはこちら →

配送員・配達員の仕事で大変なこと

配送員や配達員にはやりがいもありますが、大変なことも多いです。

どのようなことで苦労することが多いのでしょうか?

時間に追われる

配送や配達の仕事は時間に追われることが多いです。

とくに配達の仕事では、一日に何十個、多い時では百個以上の荷物を無事に届けなくてはなりません。

ただ届けるだけでも大変ですが、時間指定のある荷物も多いため、仕事に慣れない内は常に時間に追われることになります。

悪天候の日は大変

荷物の積み込みや配達は、悪天候でも関係ありません。

雪や風雨にさらされようが、台風に煽られようが、荷物を守りながら必死に配達しなければなりません。

繁忙期のある業種は大変

お盆やクリスマス、年末年始などは配達の仕事は大忙しです。

毎日残業は当たり前ですし、たくさん稼げる分とても忙しく大変です。

忙しい時期には早朝から深夜まで時間に追われるため、それが辛い人には厳しい仕事かもしれません。

配送員・配達員になるためにはどうしたらいい?

大変なことも多く、けれどもやりがいもある配送員・配達員の仕事にもし就きたいと思ったら、どうすれば良いのでしょうか?

チラシやネットなど、あちこちで随時求人募集はされていますが、資格など気になる点があって応募に踏み切れない人もいるでしょう。

そんな人は以下を参考にしてみて下さい。

資格は必要?

配送員・配達員の仕事に特別な資格は必要ありません。

もちろん大型免許などの資格があれば便利ですが、普通乗用車や中型のトラックまでであれば、一般的な運転免許だけでも仕事は可能です。

ですから、大型トラックで仕事がしたい!というこだわりがなければ、普通自動車の運転免許さえあれば気軽に応募出来ます。

必要なスキルや資格、経験は?

配送員・配達員の仕事では、持っていなければならないスキルや資格はありません。

精々普通自動車の運転免許くらいで、それ以外には何のスキルや資格がなくても問題ありません。

また、経験者であればより優遇されますが、未経験者でもまったく問題なく応募することが出来ます。

大半が未経験から始める業界ですので、気にすることは何もありません。

\この仕事に就くために必要な事をもっと知りたい人は/

「配達員・配送員」が自分に向いているか診断するにはこちら →

まとめ

いかがでしたでしょうか?

一口に配送員・配達員と言っても、さまざまな業種形態があります。

あなた自身がどんな風に配送や配達の仕事がしたいのかをよく考えた上で、それにふさわしい業種を選んで応募するようにしましょう。

また、体力と気力の要る仕事ではありますが、その分顧客の笑顔を一番に見れたり、感謝されたり、仕事に慣れればある程度融通を利かせられる仕事でもあります。

組織に囚われることなく、自分のペースで仕事をしたい運転好きな人にはおすすめの仕事でしょう。

  この仕事を探せるおすすめ求人サイト
  この仕事を探せるおすすめ求人サイト
転職した人の8割が使ってる!1つ目の転職サイトとして、まずは登録しておくべき大手サイト 公式サイト 公式サイト
最初に、年収診断をしてくれるのがウリ!7万人の転職者データを元にしてちゃんとした適正年収を提示してくれます。 公式サイト 公式サイト
転職支援実績NO.1。41万人以上の転職支援を誇る。No.1だからこその充実サポートでキャリアップを支援してくれます。 公式サイト 公式サイト
【裏技紹介】リクナビNEXTに会員登録したら、TOPページのフリーワード検索で「探したい職種」を入力して検索を!そうすると、自分にあった求人がたくさん見つかります。

関連キーワード

ドライバー求人

配達員・配送員の仕事を探すにはこちら >