「1度は大型トラックに乗ってみたいな」、「長距離トラックで日本中を走れたらな」、「運転が好きだ」と思う人は男女を問わずかなり沢山いることでしょう。

ではその夢を叶えるにはどうすればいいでしょうか?まずは運送会社に入社してみましょう、トラック運転手に転職してみてはいかがでしょうか。

いまやトラック無しでは流通は成り立ちません、トイレットペーパー・消しゴム1つでもトラックが運んで我々の生活と日本経済を支えているのです。

現在トラック業界はテレビや新聞等のメディアが伝えているよう未曽有の人手不足に陥っています。

現在そこで働いている人達の高齢化が進んでおり若い人材が”仕事がキツイ””給料が少ない””時間が長い”と言うことで思うように人材が集まらないからです。

業界としても政府も若い人材育成のため前者はヤマト運輸が取り組み始めたように仕事環境の改善に、後者は日本経済の発展のため運転免許制度の改革という後押しをしています。

今は若い方もシニアの方もトラック運転手になりたいと考えている人には絶好の機会なのです。

「トラック運転手」が自分に向いているか診断するにはこちら →

トラック運転手の転職で注意したほうが良い7つのこと

会社を選ぶ事は非常に大切なことで、最近ではブラック企業と言われる会社がどの業界でもニュースになるほどです。

まず勤務条件の確認でしょう。

雇用形態

正社員かアルバイトかでボーナスや退職金が有るか、それと仕事が継続的にできるかと言う違いがでてきます。

あと大手下請けの宅配便会社に多いのですが、完全委託制で車・ガソリン・健康保険そして事故を起こした時まですべて運転手持ちなどのところもあるので注意しましょう。

勤務時間と給料

賃金はいくらか、月給か日給か歩合かよく聞いておかなければならなりません。

この業界の勤務時間はいい加減なものです。

残業はほぼ当たり前で、多くの会社が給料に最初から残業は月に何時間かが込みになっています。

残業時間の確認も忘れないことです。

勤務時間、出勤時間は毎日同じなのか変わるのか等も大切です。

ひどい場合睡眠時間さえ取れない会社も実在しているので絶対確認して下さい。

休日

定期的か不定期かそして1番は月何日休めるのか、有給は使えるのか。

あまり社員を大切にしていないところや中小企業は慢性人手不足なのでろくに休めない場合があり勿論有給など取れないので気を付けることです。

福利厚生

雇用形態のところでも触れましたが社会保険、厚生年金等の保険が充実しているか、交通費は出るのか社員寮、家賃補助等の住宅手当はどうか、社員食堂などの食事補助はあるのかも要確認です。

業務内容

会社によって色々な物を運んでいて業務も分かれている事があります。

例えば2社の下請けをしている会社の業務内容は最低でも2種類あるということです。

宅配便の会社に配属されればターミナル間輸送を、引っ越し会社に配属されれば引っ越しを、デパートに配属されれば倉庫から各店に納品をする業務になりますので何をやりたいのかよく考える必要があります。

何を運んでいる会社なのかどうか

運送会社によって運んでいる物は様々です。

石油製品・建築資材・重機・産業廃棄物・雑貨など上げればきりがありません。

とにかく自分に合っている、したい事があればそれを優先させることです。

頻繁に求人を出している・給料の幅が広すぎる会社には注意か?

冒頭でも触れていますが、この業界は慢性人手不足なので1年中求人をしている会社はいくらでもあります。

その会社の部門によって仕事の質と勤務時間が異なるため給料が違うのは当然でよく確認することです。

横乗り期間があるためすぐに記載されている給料はもらえない

入社したばかりでは何をするのか全く分かりませんしトラックの運転にも慣れなければいけません。

ある会社はトラック専用の教習コースを持ち運転に慣れるまで何日でも練習させます。

業務によって横乗り期間は異なりますが、少なくとも1週間はあると思います。

これはどの業界に行っても同じで先輩から仕事の仕方、段取りを教えて貰わなくては何もできないからです。

会社にもよりますがその間の給料は見習いですので正規の給料は貰えない場合が多いでしょう。

女性乗務員のための設備

最近ではよく女性のトラックの運転を見かけるように女性の進出も増えてきています。

そのため女性専用のトイレ、更衣室、浴室などが整備されているのか、業務は男性と同じ条件か否かなどをよく確かめましょう。

「トラック運転手」が自分に向いているか診断するにはこちら →

どんな会社でトラック運転手の募集があるの?

1. 福山通運グループ

福山通運グループは、全国400か所に拠点を持つ東証一部上場企業です。

物流が増加傾向にあるため、全国での採用を強化しています。

転勤なし、社宅完備、引っ越し費用免除など様々な環境整備がされています。

タイミングによって募集が終了している場合もあるため、詳細はリンク先でご確認ください。

2. 日通トランスポート株式会社

日通トランスポート株式会社は、日通グループの一員です。

日通トランスポート株式会社は国内の陸上輸送を担当しています。

中型・大型免許を取得するための費用は全面支援が受けられる場合もあるとのことです。 

タイミングによって募集が終了している場合もあるため、詳細はリンク先でご確認ください。

その他トラック運転手の募集は?

上記の会社以外にもトラック運転手の仕事はたくさん募集されています。

見てみたい人は、以下のボタンからチェックしてみて下さい。

\他にもたくさん「トラック運転手」の募集中の仕事があります/

(他の会社も含めて募集を確認できます)

転職を成功させるためには何をすれば良い?

何をするにも準備が大切です。

準中型免許・中型免許・大型免許の取得

政府は運送業界の後押しで免許制度の改革を行い準中型免許を新設しました。

普通免許で乗れるのは1.5トントラックまでで、一番需要がある2トンから4トントラックに乗るには中型免許が必要でした。

しかしこの免許所得は20歳以上で試験場で取る(俗に言う1発試験です)のは難しく教習所へ行かなければならないので費用も掛かり、新たに業界に入る人を制限してしまったのです。

しかし準中型免許なら18歳から所得でき4.5トン車まで運転できるのです。

トラックドライバーを目指している人は普通免許を取らずに最初から準中型免許を取るほうが有利で満21歳までに経験を積んでいればすぐに大型免許にも挑戦できるからです。

以上の事からトラック運転手への転職は準中型免許・中型免許、そしてできれば大型免許を持っているとよりスムーズにいきます。

体力と精神的な強さ

運転手はトラックへの荷物の積み下ろしや長時間の運転をしなければなりません。

この仕事の一番大切で一番大変なのが荷物の積み降ろしです。

フォークリフトでする場合は問題在りませんが、手積み手降ろしですとかなりの労力なのです。

大型トラックだと1回に荷物100個から多い時では2000個もの荷物を扱います。

重量物もあります1個30キロもあるセメント袋や米袋を300個とか印刷物の段ボール箱などです。

さらに1日10時間程の運転は普通で、その間何回も積み降ろしがあったりします。

しかも長距離輸送ともなれば長時間運転し続けるなど不規則な生活をするのですから、体力は重要な要素です。

それと荷物の運搬には必ず納期という時間制限があり、時間との戦いという重圧に耐える精神的なタフさを求められます。

宅配便では時間指定、魚など生鮮食品は競りに間に合わせるなどです。

特に競りでは1分でも遅れたらせっかく運んできても商品価値も信用も無くなってしまうのです。

「トラック運転手」が自分に向いているか診断するにはこちら →

もっと具体的な注意点については、
キャリアアドバイザーに個別で質問できます。

転職するに当たっての必要な心構え

安全運転第一!

政府が免許制度の改革をした理由に1つにトラックの事故があります。

一番事故の多いのはやはり一番台数の多い2トン4トンクラスで、しかも転職して最初に乗るのがまず2トン4トン車です。

そのため免許区分を増やし免許所得のための実技指導を充実させたのです。

荷台が箱型のトラックに乗ると判りますがルームミラーを見ても後方は全く見えません。

運転席の左右にあるミラーと目視で全ての安全を確認しなければなりません。

やはりそのような車に乗るには経験が必要なのです。

安全運転を怠り事故を起こせば物的被害・行政処分・給料の減額などがあり、相手がいれば損害賠償もしなければなりません。

事故を起こして一番の被害を被るのは他でもない本人なのです。

安全運転をするのは事故にあわない、事故を起こさない、周りの人に迷惑を掛けないため、しいては自分の命を守る大事なことなのです。

運転マナーを守る

トラックの車体には会社名が必ず書かれています、これは看板なのです。

テレビで事故の中継をしている時に事故車が映り会社名が分かる事があります。

事故を起こした車の会社名と運転手の名前が報道された場合もあります。

見た人はどう思うでしょうか?この会社は事故を起こすような適当な危ない教育をしているのかなどと考えるでしょう、それならまだマシでこの会社の利用、取引を止めてしまう人もいるでしょう。

そして会社の業績が落ちて給料の減額、悪ければそれが原因で倒産してしてしまうかもしれません。

運転マナーを守る事は上記の事故の例と同じです。

いつも看板を背負っていることを忘れてはいけませんし、今社会問題になっている「あおり運転」を誘発するかもしれないのです。

荷扱いについて

かなり前に私が勤めていた会社は荷物を投げる・蹴る・踏むは当たり前でした。

当時は荷主も会社もとにかく早く取り敢えず荷物が着けば荷受人に言い訳できるといった時代環境でした。

しかしそれは大昔の話で、荷物はお客様の物でただお預かりしているだけなのです。

丁寧に扱い荷物に傷を付けないように運べばお客さんも当然嬉しいはずです。

もし荷物がグニャグニャになって届いたらどんな気持ちでしょうか。

これは人としての基本である業務においての誠実さでなのです。

十分な睡眠

会社選びの項目でも書きましたが、睡眠をろくに取れないような会社は現在も在りますがそれは問題外の事です。

しっかり睡眠を取らないと取り返しが付かない重大な事故を起こしかねません。

最近でも居眠り運転での大きな事故が報道されました。

トラックは幸い人を運ぶ車ではないのでお客様を傷つける事はありませんが、自分の身はどうなるのでしょう。

十分な睡眠を取り疲れを癒し仕事をすることを心掛けましょう。

どうしても眠くなったら仮眠して下さい、会社も事故を起こされるよりいいので黙認するはずです。

何よりも自分の身は自分で守るしかないのです。

挨拶を忘れずに

挨拶は日常でもどんな仕事についていても必ず必要です、特にお客様には絶対にしましょう。

いつも感謝の気持ちを持って「ありがとうございました。」と言いましょう、これは魔法の言葉でお互いが信頼できる関係を築いてくれるのです。

飲酒運転

絶対にしてはいけない事です。

昨今は就業前に飲酒チェックがありますから酒帯で仕事をする事は無いでしょう。

しかし誰かがあなたの穴を埋めなければなりません。

周りの人達に大変な迷惑をかけてしまいます。

そしてあなたの信用も無くなってしまうのです。

仕事の前日の飲酒はほどほどにしましょう。

万一酒帯運転で警察に捕まったら多額の罰金と重い行政処分が待っています。

免許取り消しになれば運転の仕事には付けなくなってしまうのです。

「トラック運転手」が自分に向いているか診断するにはこちら →

もっと具体的な注意点については、
キャリアアドバイザーに個別で質問できます。

トラック運転手の転職で年収を上げるためにやるべきこととは?

中型・大型トラックの免許取得

運送会社に入社したら当たり前ですがその会社にあるトラックに乗る事になります。

普通でしたら2トン・4トン・大型車でしょう。

そして乗る車によって給料が違ってきます。

普通免許しかなければ1.5トン車までしか乗れませんし、準中型免許なら4.5トンまでと持っている免許の範囲の車だけになります。

トラックドライバーの給料は車が大きくなるほど高くなる傾向にあります。

考えて見れば大きい車ほど多くの荷物を運べるのだから当たり前の話ですし、免許所持者も上にいくほど少なくなるからです。

では収入を増やすには何をすればいいのか単純に考えても明白です、上の免許をとればいいのです。

トラックを数年も乗っていれば教習所に行かなくても一発試験で合格が狙えますから費用も時間あまり掛かりません、ぜひ挑戦してみて下さい5・6回で合格できると思います。

もし自信が無くて教習所に行っても、長い期間で考えれば元は取れるはずですから心配はいりません。

もし時間があり一発試験で大型免許に挑戦するなら、将来の仕事の幅を広げるのを考えて大型2種免許に挑戦してもいいと思います。

試験で使われるのは4トン車位の大きさのバスですから技術的には問題はないはずです、しかし実技試験の合格点が高いのと学科試験が加わりますから無理をする事はないでしょう。

けん引免許の取得

さらに増収を望むなら大型免許プラスけん引免許の所得があります。

これはかなり実技的難易度が高く経験がないと一発試験では無理だと思いますから、教習所に行くほうが無難でしょう。

実際に免許を取っても実践では18mと車の長さが全然違うので乗りこなすにはかなりの時間がかかるはずです。

危険物取扱者・運行管理者の資格取得

石油や液化天然ガスの運搬タンクローリーを運転するには危険物取扱者でなくてはなりません。

タンクローリーには大型タイプとトレーラータイプがあり上記に記載した運転免許が必要になります。

しかし収入は普通のトレーラーとさほど変わらないですが、荷積み荷降ろしが楽なのが魅力です。

運行管理者は車で物・人を運ぶ全ての会社にいて運行の管理をする人の資格で、ほとんどの場合現役運転手には取れない資格ですが、引退後に管理職にかわる時にあった方がいい免許なので、取れる機会があれば所得しておいた方がいい免許です。

独立する

やはり一番の増収方法は独立して人を使うことでしょう。

一人ではおのずと限界があり大幅な収入アップは望めませんが多くの人を雇えれば可能です。

それにはコネやツテなどのネットワークがないと無理でしょう。

例えば以前働いていた会社から仕事をもらう、頼める友人や家族・親戚がいるなどです。

最も大切なのは長く継続する仕事が取れるかどうかでしょう。

\もっとやるべき事を知りたい人は/

自分にあったトラック運転手の求人の選び方や注意点

自分が何を運んでいるどんな会社に行きたいのか色々な条件から選ぶ事は、将来性にもかかわる事ですので慎重に考えて下さい。

【選び方①】雇用形態から探す

安定した正社員がいいか多少不安定だけど実入りがいい請負を選ぶか、または責任が軽いアルバイトを選ぶかは本人の状況で全く異なるため慎重に考えるべきです。

【選び方②】職種から探す

どんな物を運んでいるかで乗る車が違いますからそれを軸に探してみるのもいいでしょう。

【選び方③】会社の業態から考える

大きな目標でもあれば別ですがあまりにもキツイ仕事では長続きは難しいものです。

自分のできる範囲、したい範囲で考えてみましょう。

【選び方④】給与や雇用条件から考える

転職するほとんどの人は収入アップを考えているはずです。

まず自分はどのくらいの給料が必要なのか、しかし余りにも高望みをして無理な仕事を選ぶと体を壊す可能性がありますから注意しましょう。

【選び方⑤】エリアから考える

独身で自由の身なら別ですが、大抵給料の次に考えるのが勤務地です。

この業界は力仕事が多く体力を使いますから、出来るだけ近いに越したことはありません。

自分に合い長く出来るのでしたら、そのエリアの近くに思い切って引っ越しするのも1つの方法です。

通勤時間が長いと短いでは疲労が全然違ってきますし時間の無駄です。

「トラック運転手」が自分に向いているか診断するにはこちら →

トラック運転手で転職する人は多い?

最初にこの業界に入った人は会社にもよりますが、1年以内に10%位、辞める人の大半が1か月位で、3年以内に更に10%以上が色々な理由で辞めてしまいます。

そして続いている人のほとんどが2,4トン車に乗っていて、何年かするとその一部がステップアップして大型自動車に移っていきます。

それから何年か経つと又その4パーセントがトレーラーに転職して行くので、合わせるとかなりの転職者がいます。

よくある転職理由

退職の訳は、すぐ辞めていく人は体力的にキツイが多く、あとは相性が悪いなどです。

数年後に去る人は給料・待遇・人間関係等の理由が多く、中には病気でしょうがなく辞める等です。

そして上記のように乗る車のステップアップでの転職などがあります。

転職先を比較的自由に選べる

冒頭でも記載しているようにこの業界は人手不足なので、その車に合う運転免許と経験さえあればシニアになっていても就職には困らないのです。

なのでしっかりと経験を積み運転免許のステップアップをしていけば、より待遇の良い方へと転職先を比較的自由に選べるのです。

給料の高さ

転職理由の一番は給料でしょう。

給料は会社や職種・車種・勤務時間等によりかなり開きがあります。

給料の傾向として一概には言えませんが乗る車が大きくなるほど高くなるようです。

運転免許のステップアップでより大きい車に乗れば給料は上がっていきますが、その分仕事量が増え勤務時間も長くなりがちです。

なのでどうせやるならと、より給料の高い方へと転職していくのです。

人間関係

今はワンマンが基本ですから会社を出たら帰社するまで1人です。

お客様のところに到着するまでにやる事はありますが、自由な時間もあり、食事も自由で中には自分の家に帰って取る人もいます。

仕事さえちゃんとしていればいいので気楽と言えるかもしれません。

しかし人間関係は必ずあります。

会社の上司、同僚そしてお客様で彼らとの関係が悪くなって辞めていくのはどの業界でも同じです。

比較的に年齢制限がない

何度も触れてきたように深刻な人手不足ですから、経験無しの18歳でも運転免許があればOKです。

経験さえあれば、いいえ経験さえなくても出来る仕事は多くありますから年齢制限はかなり上まで問題ないのが転職の理由の1つでしょう。

この業界から年を取るとタクシードライバーに転向する人もいます。

そして驚くことにタクシー業界の平均年齢は58歳で、上は75歳も現役で働いているのです。

「トラック運転手」が自分に向いているか診断するにはこちら →

まとめ

ここまで色々な注意事項を書いてきましたが、これからトラックドライバーに転職しようとしている人達に最も大切な資格は何よりも「運転が好き」「車が好き」と誰にでも言えることではないでしょうか。

誰でも好きなことは一生懸命やるものです。

しかしいくら好きと言えどもこれは仕事ですから誠意を持って取り組んで下さい。

そうすれば転職は必ず成功できるはずです。

「トラック運転手」が自分に向いているか診断するにはこちら →

  トラック運転手の仕事を探せるおすすめ求人サイト
  トラック運転手の仕事を探せるおすすめ求人サイト
転職した人の8割が使ってる!1つ目の転職サイトとして、まずは登録しておくべき大手サイト 公式サイト 公式サイト
2位
テレビCM『条件は、今よりいい会社』でお馴染みのdoda。転職の条件を有利になるようサポートしてくれます。 公式サイト 公式サイト
自分らしい働き方で仕事を探せる!他とは違う「自分らしい」「やりがいがある」仕事を見つけたいなら。 公式サイト 公式サイト

関連キーワード

転職 ドライバー求人

ドライバー求人についてもっと深堀りした情報を見る

トラック運転手の年収・給料はどのくらい?私の周りの相場や年収の決まり方を紹介します

トラック運転手は、ずいぶん昔は「稼げる」と言う非常に強いイメージがありました。事実、昔はそうでした。トラックを走らせれば、走らせるほど給料がどんどんアップしていました。でも、現在はそんな時代ではありません。昔ほど稼ぐことは出来ません。その理由を、現在のトラック運転手の年収事情に合わせて見て行きましょう。トラック運転手の年収の相場はどのくらい?トラック運転手の年収は、正直なところ「ピンからキリまで」と言う感じです。働く時間や、トラックを動かす距離などに大きく左右されるので、一概に言えませんが、少ない場合で、額面が400万円を切る場合から、上は700万円と言った感じです。それ以上の年収が出る場合は

ドライバー募集はココを見て!良い求人、悪い求人の見極め方を教えます

業界大手の働き方改革やそれに伴うサービス内容の変更など、話題に上ることも多い「ドライバー」の仕事。今回は「ドライバーの募集」をテーマに、いくつかの観点からこの仕事の実態を紹介していきます。ドライバーの仕事といってもさまざまな職種があるので、まずはよく求人が出ているドライバー職種を3つ紹介していきます。その後、良い求人・悪い求人の見極め方や、しっかり求人探索をしなかった場合に起こり得るデメリット、自分に合った求人を探すコツなどを解説していきます。この仕事に興味がある方は一度以下の内容に目を通してみて、求人に応募するか否かの判断材料にしてください。ドライバーの募集ではどんな求人が募集されているの?

宅配ドライバー求人でよくある募集内容や働き先の種類・おすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

アマゾンや楽天、最近ではZOZOTOWNなど、ますます便利になっていく通信販売を利用する人が増える一方で、大手運送会社などではドライバー不足に悩まされています。ハローワークや求人サイトなどでドライバーの仕事を探すと実に沢山の宅配ドライバー求人の記事を目にすることができます。この記事ではそれぞれの宅配ドライバーの仕事の紹介、また、よく見る宅配ドライバーの募集内容にはどんな物があるのか?気になる質問についても解説しています。これを見てぜひ、自分に合ったドライバーの仕事を見つけてください。宅配ドライバーの仕事にはどんなものがある?一言で宅配ドライバーと言ってもその仕事の中身は様々です。毎日違ったお宅

ハイヤー運転手の年収はどれくらい?相場感や給料の決まり方などを教えます

ハイヤーの仕事に興味はあるけれど、本当に求人情報に書いてある内容で合ってるの?と思われる方も多いと思います。実際にタクシーの話にはなりますが、固定給と書いてあって、実際は歩合給だったり…そんな心配をしている方達に、実際にハイヤーをしている私の会社を基準に、ハイヤー運転手の年収についてお話をさせていただければと思います!ハイヤー運転手の給料の相場はどのくらい?基本的にハイヤーの仕事に新卒、転職は関係ありません。言い方を変えれば、学歴、過去不問となっている会社がほとんどです。ご年配の方を中心に雇っているところもあれば、若い方の方が社会の色に染まってないから育てられると考える会社もあります。あくまで

ハイヤー求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

突然ですが、ハイヤー、と聞いてみなさんはどんな想像をしますか?実は、ハイヤーと言う仕事は運転と接客、気配りなどが重なった非常にハイレベルな仕事です。そんなハイヤーの仕事につきたいと思ってるあなた!今日は、某企業の専属運転手をしている私が気になるハイヤーの仕事、聞きにくい求人の裏側についてお教えします!ハイヤーってどんな仕事?ハイヤーとは、主には運転手のことを言います。街中で、黒塗りの車にスーツをきて白い手袋をした運転手を見かけたことはありませんか?その人達がハイヤー運転手と呼ばれる人たちです。ハイヤーとはタクシーのように手を挙げて乗り、行き先を告げて行くと言う方法ではなく、完全予約制です。事前

バス運転手の年収はどのくらい?私の周りの相場や給料の決まり方を紹介します

普段、日常生活において利用することがあるバスですが、バス運転手は年収いくらもらっているか気になるところです。バス運転手といっても実は民間バス会社で働くバス運転手と公営のバス運転手、いわゆる公務員として働くバス運転手の大きく分けて2種類あります。当然ですが民間と公営では給料事情は異なってきますし、民間バスのバス運転手は、民間バスが主催する試験を受けるのですが、公営バスのバス運転手は公務員ですので公務員試験を受ける必要があります。今回は、バス運転手の給料事情について紹介します。バス運転手の給料の相場はどのくらい?バス運転手の給与事情について調べてみました。バス運転手の収入モデルケースを見つけたので

家具配送求人でよくある募集内容や働き先の種類・おすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

あなたは家具配送の求人を見たことがありますか?ドライバーの募集や配送補助の募集などいくつか求人誌や求人サイトで見にしたことがあるのではないかと思います。イメージとしては、トラックに乗って家具をお客様のもとへ運び設置する、というイメージですよね。では実際にどのような タイムスケジュールで一日が流れていくのかや、おすすめの求人のポイント、気になる疑問についても解説いたします。家具配送のおおまかな仕事内容家具配送の大まかな仕事内容としては販売店から荷物をトラックに乗せ、お客様のもとへ運び設置をする、というのが主な仕事です。しかし実はお店により仕事の内容が様々で、その日に配送する予定の家具を自分で準備

バス運転手の転職を成功させるために!狙い目な会社の5個の特徴と上手に転職するための4個の注意点

目指せバスの運転手!バスの運転手への転職で、つまずかない為のポイントを紹介していきます。よくある転職理由なぜバス業界に転職を考えるのか、よくある転職理由とは?車の運転に慣れているから普段運転していて、運転することに慣れている人にとって、バスの運転手はプライベートの延長のように感じるかもしれません。もし、車の運転が好きであれば、好きな事をしながらお金を貰えるという事になりますので、天職になるでしょう。運転する車の大きさが変わること以外には、道路上で覚えておきたい事と言えば交通ルールくらいなので、他の業界と比較して覚えるべき事は少なく、普段から行なっている事がほとんどですので、心配な点は少なく転職

バス運転手の仕事はどんな人に向いている?得意な人の7個の特徴やキャリアについて解説します

バス運転手の仕事はどんな人に向いているか、向いている人の7個の特徴やキャリアについて細かく解説しますバス運転手の大まかな仕事内容バス運転士には大きく分けて4つに分類されます。1つ目が、勤務地周辺の街を走り、各バス停で待っているお客様を乗せて、目的地まで案内する路線バス運転士。2つ目が特定の場所でお客様を乗せた後、高速道路を走り、東京や大阪など遠くの決まった目的地まで案内する高速バスの運転士です。3つ目がバスの大きさは全長7mのマイクロバス~全長12mの大型バスと依頼先によって異なりますが、目的への往復を行う送迎バス。最後にプランに合わせて決まった人員のお客様を目的地へ送る観光目的の観光バスです

バス運転手求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

身近な存在であるバス運転手の仕事について、募集内容やおすすめ求人についてご紹介していきます。ハードな部分もありつつ、やりがいのあるこの仕事について、よくある疑問などにもお答えしていくのでお楽しみに。バス運転手のおおまかな仕事内容おおまかな仕事内容街の中を走っている乗合バスの場合は、中型または大型バスに乗り、決められている路線を走り、バス停で待っているお客様を乗車させ、目的のバス停まで安全運転で送り届ける仕事です。また、遠くの街まで走っている高速バスは、乗合バスよりも大きいバスに乗り、高速道路を走ってお客様を目的地まで送り届けます。大きな違いはバス停の有無とバスの大きさです。それ以外にも、バスの