目指せバスの運転手!

バスの運転手への転職で、つまずかない為のポイントを紹介していきます。

「バス運転手」が自分に向いているか診断するにはこちら →

よくある転職理由

なぜバス業界に転職を考えるのか、よくある転職理由とは?

車の運転に慣れているから

普段運転していて、運転することに慣れている人にとって、バスの運転手はプライベートの延長のように感じるかもしれません。

もし、車の運転が好きであれば、好きな事をしながらお金を貰えるという事になりますので、天職になるでしょう。

運転する車の大きさが変わること以外には、道路上で覚えておきたい事と言えば交通ルールくらいなので、他の業界と比較して覚えるべき事は少なく、普段から行なっている事がほとんどですので、心配な点は少なく転職することができるでしょう。

バスの運転手がとてもカッコよく見えるから

バスの運転手は子供にとって憧れの職業であり、それは今でも変わりありません。

社会人になった頃はまだ普通免許を取ったばかりで大型二種免許の取得条件が満たせない状態ですが、3年経てば大型二種免許を取得できるようになります。

それを機に昔憧れだったバス業界に転職を視野に入れることはとても夢のある転職理由です。

もちろん、ほぼ全てのバス業界ではお馴染みの制服を着るので、みんなの憧れになり、カッコいいですよ。

仕事で色んなところに行けるから

高速バスや貸切バスとなると、遠方の街へ行く事になります。

自分で行こうとすると、相応の時間や費用が必要になりますが、バス運転士であればそれらを仕事で、給料を貰いながら行く事ができます。

仕事なので、行きたい場所に行けるとは限りませんが、それでもお金をかけずに、むしろお金を貰いながら行く事ができるのはバス運転士ならではの強みです。

それを見越して転職を考えるのもありだと思います。

求人誌での待遇が魅力的だったから

転職を考えていて、ふと求人誌をめくっているとだいたいバス業界の募集があります。

求人の内容を見ると、給料の内容が25万円〜や、入社お祝い金や、福利厚生の内容が充実している求人があります。

非常に待遇のいい募集内容だった場合、バス業界に転職を検討するのも良い選択です。

バス運転手の転職で狙い目な会社の5個の特徴

バス業界にも様々な特徴があります、後悔しないための注目すべき特徴を紹介します。

月収に記載されている金額が良い

求人を見ると月収の記載が必ずあります。

金額が多ければ多ければ当然モチベーションにも繋がります。

20代や30代の人にとってバス業界の指定されている月収の金額は、他の性産業などに比較して高いのもバス業界の求人の特徴です。

ただ、金額が多いからと言ってそれだけを志望動機として決意を固めてしまうのは後になって後悔する可能性もあるので、金額のいい所は応募の候補としてキープしておくだけに留めて下さい。

入社お祝い金

バス会社に入る社員を増やしたいと言う目的で近年、多くのバス会社の求人で見かけるのがこの入社お祝い金です。

この記載があれば金額についての記載もあるはずです。

入社お祝い金の制度はとても魅力的ですが「いつ」貰えるのか、不透明という問題があります。

求人によっては、研修終了後や正社員登用後と言った明確な支給のタイミングを記載されている求人もありますが、タイミングの記載が無く、単に入社お祝い金がある旨のみ記載されている求人もあります。

入社後トラブルにならない為にも、記載がされていない場合は面接の時に、お金の話だから聞きにくい場合は入社後に聞いてみると良いでしょう。

資格取得支援制度・養成制度

大型二種免許を持っていない人や、ブランクがある人や、運転に不安がある人にとってはとても魅力的な制度です。

ちなみに大型二種免許は普通自動車免許を取得した後3年間経過していれば取得条件を満たす事ができます。

資格取得支援制度は、大型二種免許を取得する際の金額を会社で負担してくれると言うものです。

大型二種免許を自腹で取るとなると教習時に持っている免許で金額は変動しますが、約30万円~40万円前後かかりますので、費用の時点でハードルが高いですが資格取得支援制度を利用すれば、この費用が不要になるのでバス業界に挑戦するハードルは大幅に下がります。

更に養成制度を採用していれば、いきなりお客様を乗せて路線を走る事は無く、先輩の運転士と一緒にバスを運転する練習をし、1人でお客様を乗せて路線を走れらせても大丈夫と認められるまで面倒をみてくれるので、安心して仕事のスタートを切る事ができますよ。

有給、慶弔休暇あり

どちらも当たり前の事ですがバス会社の有給の取得率は他の業界と比較して高いと言われてされています。

他の業界では有給はあっても無いような物で、取る事が悪い事のような風潮があるかもしれません。

有給の取得率が高いのでバス会社の魅力ですので、有給をキッチリ支給してくれるバス会社はオススメです。

福利厚生が多い

バス運転士として働く為に大切なのは、健康管理です。

長時間座って運転をし、安全運転の為に常に神経をすり減らし、時には時間に追われ、お客様からの感謝の言葉も聞ける反面、クレームや理不尽な言いがかりをされる事もあるでしょう。

それがストレスになり、病気を引き起こす事も珍しくありません。

福利厚生と言えばだいたいの企業は社会保険や、交通費と退職金などが主で後は細かな補助と少ない場合が多いです。

バスの運転士の福利厚生の内容は多く、交通費や退職金といった、他の企業にも取り入れているもの以外にも、生活習慣病健康診断やインフルエンザの予防接種、睡眠時無呼吸症候群検査、人間ドックといった健康に関しての福利厚生が重視されています。

バスの求人を選ぶ際には福利厚生の内容にもチェックしてください。

「バス運転手」が自分に向いているか診断するにはこちら →

バス運転手の転職で注意したほうが良い4個のこと

バス会社からバス会社へ転職しても大きな問題はない

※よく、同業社の入社をNGにしている企業がありますが、機密情報を守る為にNGとされています。

バス会社からバス会社への転職に関しては特に問題はなく、むしろ即戦力として歓迎される事になるでしょう。

それでも以前のバス会社の話をペラペラと話すのはよくありませんので、気を付けた方がいいでしょう。

免許取得支援制度を利用した場合の退職

※大型二種免許を会社負担で取得できる免許取得支援制度ですが、メリットだけではありません。

毎月少しずつ給料から教習にかかった費用を天引きされていますので、悪い意味で借金をしていることになっています。

毎月の天引き額で期間は異なりますが、平均的に3年かけて返済されているので、3年以内に退職をしてしまうと、残高を払わなくてはならなくなります。

そうすると、一括での返済を要求されるので、お金が無くて仕事が辞められない状態になります。

もし、転職を検討している場合は、返済すべき残額を把握しておき、それを一括で返済できる余裕を作っておくとスムーズな転職ができます。

もちろん既に完済しているのであればこれの点は問題になりません。

運転をしない仕事では今までの経験・スキルがほとんど役に立たない

※バス運転士はいわば運転のプロフェッショナルですが、それ以外のジャンルに関してはほとんど仕事で経験していません。

なので、車の運転以外を仕事にしていくのであれば、新しく知識やスキルを身に付けなければいけません。

路線バスを取り扱っているバス会社の場合、気まずいシーンがある

※路線バスを運行していると、観光客や近所の住民の人と関わる事になります。

特に近所の人となるとプライベートでも出会う機会があるので、声を掛けられる可能性もゼロではありません。

気軽に話せる間柄なら問題ありませんが、声を掛けられたら嫌だって人はきまずくなるでしょう。

辞めたとなれば尚更です。

また、バス業界を辞めたとしても路線バスは走り続けます。

同僚や先輩が走っているバスとすれ違った時、なんとも言えない状況になります。

辞めた後も少しでも気を遣う事になるのでそれが苦痛に感じてしまう人にとっては転職と同時に引っ越しも視野に入れる必要がでてきます。

転職前に自分の強みやスキルを振り返ってみましょう

バス運転士から転職するときに力になれるスキルと、バス運転士での技術が役に立たない業界での技術。

運転技術

運転職といえば最初に出てくるスキルは間違いなくこれです。

お客様を安全に目的地まで送り届けるバス運転士の運転技術は安全運転です。

停止時に揺れが少ないブレーキの踏み方や、自然な加速のやり方なども安全運転の技術に含まれます。

この技術は、他のお客様を取り扱う運転職で非常に力になります。

バス運転士としての運転技術はレーサーの用にハイスピードのままギリギリでカーブを仕掛ける、と言った運転技術とは全く反対のものです。

土地勘

路線バスを運転していると自然と頭の中に地図が出来上がります。

そして、目的地までにかかる運転時間も頭の中に自然と刷り込まれています。

タクシー運転士はもちろんですが、様々なところへ移動する配送業や、セールスを行う営業職といった転職をするに当たって、土地勘を頭に刷り込まれているのは、非常に有利です。

集中力

安全運転を行う上で集中力はバス運転士にとって必要不可欠なものです。

仕事の中で培ってきた集中力は、異業種に転職する際にも大きく手助けしてくれるものになります。

工場でのライン作業を仕事にする上では心強いスキルとなるでしょう。

危険予測

安全運転に重点を置いて常に神経をすり減らして運行しているバス運転士は危険予測の能力に優れています。

「~かもしれない」と言う意識を刷り込まれているので、異業種でもその能力は活かす事ができます。

主に人の様子を見ている仕事、プールの監視員や、介護職等での見守りをする際に能力を発揮する事ができます。

車に関する知識

各パーツの役割や、故障した際についてのメンテナンスのやり方と言った知識を、バス運転士は自然と身についているものです。

他の運転手との交流で、車に関する知識を得る事ができますので、最初は無知でも問題ありません。

仕事を通じて得る事ができた車の知識は車のディーラーとしても活躍できますし、整備士の資格を取れば、そのまま整備士として活躍できるので、車の事が好きであれば、知識を持っているだけでも転職する上で役に立ちますよ。

「バス運転手」が自分に向いているか診断するにはこちら →

自分の弱みなども把握しましょう

バス運転士で得たスキルでは活躍できない業界もあります、バス運転士からの転職を苦手とする業種とスキルを取り上げて紹介します

パソコンスキル

事務職に転職する上で要求されるスキルになります。

主にエクセルやワードや基本ですが、ソフトウェア開発をする業界への転職だと、専用のプログラミング言語を知っていないと仕事ができません。

バス業界で働いている人はプライベート以外ではパソコンに触れる機会がほとんどありませんので、事務系の転職は不利になります。

体力仕事

意外と思われるかもしれませんが、バス業界で働いていると、一日の大半はバスの運転に費やされますので、自然と体を動かす量が少なく、運動不足になりがちです。

運動不足になると少し階段を登っただけでも息が上がってしまうかもしれません。

重い物を持ち上げる力は人によっては充分あると思われますが、激しく体を動かし、スピードを要求されるような土木関係やスーパーの品出しと言った仕事にはやや不向きと言えるでしょう。

まとめ

バス業界にも様々な種類があり、待遇面や走る路線やバスの機能など、会社ごとの特徴があり、一長一短と言った所です。

業界が多く、自分に合った場所が見つかる可能性がある反面、大幅に足りない人員の中、過労ギリギリまで仕事をさせた結果、大きな事故を巻き起こしてしまうと言った、ブラックのバス業界も少なくありません。

表向きはバスの運転士はとてもカッコいい職業ですが、業界としてはドロドロしている所もあり、自分のライフスタイルと合わずにストレスを抱え込んでしまった結果、病気になってしまったり、事故を起こして、自分の人生をめちゃめちゃになってしまう例もあります。

入社してから「こんなはずじゃなかった。」と後悔してしまう前に、事前に仕事内容や福利厚生などを調べておきいざ面接となった際に調べても不明な点は必ず質問し、必ず後悔のないように転職を成功させてください。

バス運転手の求人を探す時は、こちらの記事を参考に!


関連キーワード

バス運転手求人

バス運転手求人についてもっと深堀りした情報を見る

バス運転手の年収はどのくらい?私の周りの相場や給料の決まり方を紹介します

普段、日常生活において利用することがあるバスですが、バス運転手は年収いくらもらっているか気になるところです。バス運転手といっても実は民間バス会社で働くバス運転手と公営のバス運転手、いわゆる公務員として働くバス運転手の大きく分けて2種類あります。当然ですが民間と公営では給料事情は異なってきますし、民間バスのバス運転手は、民間バスが主催する試験を受けるのですが、公営バスのバス運転手は公務員ですので公務員試験を受ける必要があります。今回は、バス運転手の給料事情について紹介します。バス運転手の給料の相場はどのくらい?バス運転手の給与事情について調べてみました。バス運転手の収入モデルケースを見つけたので

バス運転手の仕事はどんな人に向いている?得意な人の7個の特徴やキャリアについて解説します

バス運転手の仕事はどんな人に向いているか、向いている人の7個の特徴やキャリアについて細かく解説しますバス運転手の大まかな仕事内容バス運転士には大きく分けて4つに分類されます。1つ目が、勤務地周辺の街を走り、各バス停で待っているお客様を乗せて、目的地まで案内する路線バス運転士。2つ目が特定の場所でお客様を乗せた後、高速道路を走り、東京や大阪など遠くの決まった目的地まで案内する高速バスの運転士です。3つ目がバスの大きさは全長7mのマイクロバス~全長12mの大型バスと依頼先によって異なりますが、目的への往復を行う送迎バス。最後にプランに合わせて決まった人員のお客様を目的地へ送る観光目的の観光バスです