これからドライバーの仕事を始めてみたい、以前から興味があったけどやった事が無いという人達の為に、ドライバーの仕事はどんな人に向いているのか?

実際の仕事の内容や向き不向き、キャリア等について解説していきたいと思います。

一度も就いた事の無い仕事というのはなかなかイメージもわきにくいですし、かといってそこにいきなり飛び込んでいくのにも勇気が要る事でしょう。

まずはおおまかにその職種について情報を集めてみる事から始めてみましょう。

「ドライバーの仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

ドライバーはどんな仕事?

ドライバーの仕事とは、車やトラック、バス等を運転して業務を行う職種を指します。

車やトラック、バスに人や荷物を積んで目的地まで移動したり、荷物を集荷、配達するような仕事も含まれる事があります。

ドライバーの大まかな仕事内容

このドライバーという職種は、一度もやった事が無い人にとっては結構漠然としたイメージしか持っていない事も多いようです。

ドライバーの仕事は確かに運転がメインなのですが、あなたがどんな種類の免許を保持しているかで、出来る仕事はかなり違ってきます。

運転するのに大型の免許が必要なトラックドライバーの仕事に就く為には当然あなたは大型免許を取得している必要がありますし、タクシーやバスの運転手になる為には、2種免許が必要となってきます。

配達の仕事でも、オートバイでの配達をメインとしている会社ならば、自動車免許は不要かも知れません。

新たな免許の取得にはそれなりの費用と時間、労力が必要となりますから、それらを無駄にしない為にも、前もって自分はどんな種類の運転の仕事に就きたいのかという目的や、イメージを明確に持っておく事が大切です。

仕事上の役割とは?

ドライバーは車で人やモノを運ぶ為にある場所から目的地まで運転する事になります。

特に難しい運転技術等は求められません。

たいていの場合、指定された時間にそこへ到着する必要がありますから、安全運転を行いつつ時間も守るといった事が求められます。

ドライバーの仕事はどんな人に向いている?

ドライバーに向いている人の特徴を以下に幾つか述べてみます。

運転が好きな人

車の運転が3度の飯よりも大好き、という人は一般的にそう多くはないとしても、運転がそれ程苦にならない性格の人はドライバーの仕事に適していると言えるでしょう。

逆に運転の仕事は、とても集中力を使うので嫌だという人もいます。

もちろん、こういう人はドライバーに向いていません。

安全運転な人

言うまでも無い事ですが、ドライバーの仕事では車に乗る事になるのはあなただけではありません。

会社の大切な荷物や人様、場合によってはあなたが運転する車に何十人も同乗するような仕事もあります。

仕事中はそういう大事な財産や命を、あなたが預かるわけですから当然その責任は重大です。

時間通りに指定の場所に到着したりする事も重要ですが、それにもまして事故を起こさないような安全正確な運転が求められる事になります。

稼ぎたい人

ドライバーの仕事というのは、他の単純作業等に比べるとお給料が高めです。

それでいて、仕事をする為に必要な資格は、比較的取得が容易な運転免許だけですし、運転作業自体もたいして労力も必要としないという事で、今よりももっと楽に稼ぎたいと考えて、ドライバーの仕事を考える人は多いと思います。

気楽に仕事がしたい人

基本的には、運転の仕事には、あまりややこしい人間関係はありません。

特に一人で運転して荷物を運ぶような仕事では、わずわらしい人間関係に悩まされる事なく、のびのびと仕事をする事が可能です。

また、外回りなので仕事が早く片付いて、時間が余ったりすれば、自由に休憩したりする事も出来ます。

これがオフィスの中だったとしたらそうもいかず、仕事が終わって手が空いた人は、いちいち何かしらの雑用をしたりしなくてはならないでしょう。

\「自分でも出来そう!」と思ったら/

「ドライバーの仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

ドライバーの仕事で活かせる経験

運転の技術は広く通用します。免許を、ただ持っているというだけのペーパードライバーでは、この種の仕事は出来ません。

運転免許証は、ただのカードに過ぎず、車を実際に運転して仕事をこなせる事が、このドライバーという仕事に就く為の必要最低条件です。

逆に運転さえ出来るのであれば、ドライバーの募集は幾らでもあるので、仕事を見つけるのに苦労すると言う事はありません。

他の会社に転職するような事になっても、運転技術がそのまま通用するので便利です。

ドライバーで働くメリットとは?

運転の仕事は一度覚えてしまえばどの会社でもやる事はほぼ同じなので、どこでも通用する応用範囲の広い技術です。

また、どの職種の業界でも、車を運転する仕事というものは、ついて回る事が多いので募集も必ず存在します。

つまり、早めに覚えておけば、それだけ後々迄長くあなたの役に立ってくれる事でしょう。

ストレスが少ない

比較的、ストレスが少ない仕事としても、ドライバーは人気です。

仕事のストレスの大半は、職場の人間関係でしょう。

そういったものから、かなり開放されている事が、この仕事の大きな魅力の一つではないでしょうか。

\この仕事に「やりがい」があると感じた人は/

その後のキャリアについて

この仕事についた後のキャリアアップの道は?

あなたが、普通自動車免許だけしか所持していないのであれば、どうしても出来る仕事は限られてしまいますが、中型や大型、2種免許や牽引免許等を取得出来れば仕事の幅は、とても広がってきますし、給料や待遇もぐっとアップする事は間違い無しです。

他の仕事にもこの経験を活かせる?

ドライバーの仕事はいろいろなものがありますが、運転のスキルというものはどの職場でもほぼ共通しているのでいろいろな応用が利いてくれます。

(プロのキャリアアドバイザーが無料で相談にのってくれます)

「ドライバーの仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

まとめ

ドライバーの仕事には他の職種には無い独特の魅力があり、それが合っていると感じた人は、それ以外の仕事にはなかなか就けなくなってしまうケースもあります。

また、タクシーの運転手や送迎バスのドライバー等を見ても分かるように、かなりの高齢になっても仕事をしている人が多いです。

つまり、ドライバーの仕事は老後になっても続ける事が出来る数少ない職種の一つなのです。

一方で、運転に抵抗がある為に、なかなか応募に踏み切れない!という人もいるかと思いますが、やはり実際に自分でやってみない事には、その魅力は分かりません。

自信が無い人は、まずはバイト等から、挑戦してみるのが良いのではないでしょうか。


関連キーワード

ドライバー求人