これからドライバーの仕事を始めてみたい、以前から興味があったけどやった事が無いという人達の為に、ドライバーの仕事はどんな人に向いているのか?

実際の仕事の内容や向き不向き、キャリア等について解説していきたいと思います。

一度も就いた事の無い仕事というのはなかなかイメージもわきにくいですし、かといってそこにいきなり飛び込んでいくのにも勇気が要る事でしょう。

まずはおおまかにその職種について情報を集めてみる事から始めてみましょう。

「ドライバーの仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

ドライバーはどんな仕事?

ドライバーの仕事とは、車やトラック、バス等を運転して業務を行う職種を指します。

車やトラック、バスに人や荷物を積んで目的地まで移動したり、荷物を集荷、配達するような仕事も含まれる事があります。

ドライバーの大まかな仕事内容

このドライバーという職種は、一度もやった事が無い人にとっては結構漠然としたイメージしか持っていない事も多いようです。

ドライバーの仕事は確かに運転がメインなのですが、あなたがどんな種類の免許を保持しているかで、出来る仕事はかなり違ってきます。

運転するのに大型の免許が必要なトラックドライバーの仕事に就く為には当然あなたは大型免許を取得している必要がありますし、タクシーやバスの運転手になる為には、2種免許が必要となってきます。

配達の仕事でも、オートバイでの配達をメインとしている会社ならば、自動車免許は不要かも知れません。

新たな免許の取得にはそれなりの費用と時間、労力が必要となりますから、それらを無駄にしない為にも、前もって自分はどんな種類の運転の仕事に就きたいのかという目的や、イメージを明確に持っておく事が大切です。

仕事上の役割とは?

ドライバーは車で人やモノを運ぶ為にある場所から目的地まで運転する事になります。

特に難しい運転技術等は求められません。

たいていの場合、指定された時間にそこへ到着する必要がありますから、安全運転を行いつつ時間も守るといった事が求められます。

ドライバーの仕事はどんな人に向いている?

ドライバーに向いている人の特徴を以下に幾つか述べてみます。

運転が好きな人

車の運転が3度の飯よりも大好き、という人は一般的にそう多くはないとしても、運転がそれ程苦にならない性格の人はドライバーの仕事に適していると言えるでしょう。

逆に運転の仕事は、とても集中力を使うので嫌だという人もいます。

もちろん、こういう人はドライバーに向いていません。

安全運転な人

言うまでも無い事ですが、ドライバーの仕事では車に乗る事になるのはあなただけではありません。

会社の大切な荷物や人様、場合によってはあなたが運転する車に何十人も同乗するような仕事もあります。

仕事中はそういう大事な財産や命を、あなたが預かるわけですから当然その責任は重大です。

時間通りに指定の場所に到着したりする事も重要ですが、それにもまして事故を起こさないような安全正確な運転が求められる事になります。

稼ぎたい人

ドライバーの仕事というのは、他の単純作業等に比べるとお給料が高めです。

それでいて、仕事をする為に必要な資格は、比較的取得が容易な運転免許だけですし、運転作業自体もたいして労力も必要としないという事で、今よりももっと楽に稼ぎたいと考えて、ドライバーの仕事を考える人は多いと思います。

気楽に仕事がしたい人

基本的には、運転の仕事には、あまりややこしい人間関係はありません。

特に一人で運転して荷物を運ぶような仕事では、わずわらしい人間関係に悩まされる事なく、のびのびと仕事をする事が可能です。

また、外回りなので仕事が早く片付いて、時間が余ったりすれば、自由に休憩したりする事も出来ます。

これがオフィスの中だったとしたらそうもいかず、仕事が終わって手が空いた人は、いちいち何かしらの雑用をしたりしなくてはならないでしょう。

「ドライバーの仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

ドライバーの仕事で活かせる経験

運転の技術は広く通用します。免許を、ただ持っているというだけのペーパードライバーでは、この種の仕事は出来ません。

運転免許証は、ただのカードに過ぎず、車を実際に運転して仕事をこなせる事が、このドライバーという仕事に就く為の必要最低条件です。

逆に運転さえ出来るのであれば、ドライバーの募集は幾らでもあるので、仕事を見つけるのに苦労すると言う事はありません。

他の会社に転職するような事になっても、運転技術がそのまま通用するので便利です。

ドライバーで働くメリットとは?

運転の仕事は一度覚えてしまえばどの会社でもやる事はほぼ同じなので、どこでも通用する応用範囲の広い技術です。

また、どの職種の業界でも、車を運転する仕事というものは、ついて回る事が多いので募集も必ず存在します。

つまり、早めに覚えておけば、それだけ後々迄長くあなたの役に立ってくれる事でしょう。

ストレスが少ない

比較的、ストレスが少ない仕事としても、ドライバーは人気です。

仕事のストレスの大半は、職場の人間関係でしょう。

そういったものから、かなり開放されている事が、この仕事の大きな魅力の一つではないでしょうか。

その後のキャリアについて

この仕事についた後のキャリアアップの道は?

あなたが、普通自動車免許だけしか所持していないのであれば、どうしても出来る仕事は限られてしまいますが、中型や大型、2種免許や牽引免許等を取得出来れば仕事の幅は、とても広がってきますし、給料や待遇もぐっとアップする事は間違い無しです。

他の仕事にもこの経験を活かせる?

ドライバーの仕事はいろいろなものがありますが、運転のスキルというものはどの職場でもほぼ共通しているのでいろいろな応用が利いてくれます。

「ドライバーの仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

まとめ

ドライバーの仕事には他の職種には無い独特の魅力があり、それが合っていると感じた人は、それ以外の仕事にはなかなか就けなくなってしまうケースもあります。

また、タクシーの運転手や送迎バスのドライバー等を見ても分かるように、かなりの高齢になっても仕事をしている人が多いです。

つまり、ドライバーの仕事は老後になっても続ける事が出来る数少ない職種の一つなのです。

一方で、運転に抵抗がある為に、なかなか応募に踏み切れない!という人もいるかと思いますが、やはり実際に自分でやってみない事には、その魅力は分かりません。

自信が無い人は、まずはバイト等から、挑戦してみるのが良いのではないでしょうか。


関連キーワード

ドライバー求人

ドライバー求人についてもっと深堀りした情報を見る

トラック運転手の年収・給料はどのくらい?私の周りの相場や年収の決まり方を紹介します

トラック運転手は、ずいぶん昔は「稼げる」と言う非常に強いイメージがありました。事実、昔はそうでした。トラックを走らせれば、走らせるほど給料がどんどんアップしていました。でも、現在はそんな時代ではありません。昔ほど稼ぐことは出来ません。その理由を、現在のトラック運転手の年収事情に合わせて見て行きましょう。トラック運転手の年収の相場はどのくらい?トラック運転手の年収は、正直なところ「ピンからキリまで」と言う感じです。働く時間や、トラックを動かす距離などに大きく左右されるので、一概に言えませんが、少ない場合で、額面が400万円を切る場合から、上は700万円と言った感じです。それ以上の年収が出る場合は

ドライバー募集はココを見て!良い求人、悪い求人の見極め方を教えます

業界大手の働き方改革やそれに伴うサービス内容の変更など、話題に上ることも多い「ドライバー」の仕事。今回は「ドライバーの募集」をテーマに、いくつかの観点からこの仕事の実態を紹介していきます。ドライバーの仕事といってもさまざまな職種があるので、まずはよく求人が出ているドライバー職種を3つ紹介していきます。その後、良い求人・悪い求人の見極め方や、しっかり求人探索をしなかった場合に起こり得るデメリット、自分に合った求人を探すコツなどを解説していきます。この仕事に興味がある方は一度以下の内容に目を通してみて、求人に応募するか否かの判断材料にしてください。ドライバーの募集ではどんな求人が募集されているの?

宅配ドライバー求人でよくある募集内容や働き先の種類・おすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

アマゾンや楽天、最近ではZOZOTOWNなど、ますます便利になっていく通信販売を利用する人が増える一方で、大手運送会社などではドライバー不足に悩まされています。ハローワークや求人サイトなどでドライバーの仕事を探すと実に沢山の宅配ドライバー求人の記事を目にすることができます。この記事ではそれぞれの宅配ドライバーの仕事の紹介、また、よく見る宅配ドライバーの募集内容にはどんな物があるのか?気になる質問についても解説しています。これを見てぜひ、自分に合ったドライバーの仕事を見つけてください。宅配ドライバーの仕事にはどんなものがある?一言で宅配ドライバーと言ってもその仕事の中身は様々です。毎日違ったお宅

ハイヤー運転手の年収はどれくらい?相場感や給料の決まり方などを教えます

ハイヤーの仕事に興味はあるけれど、本当に求人情報に書いてある内容で合ってるの?と思われる方も多いと思います。実際にタクシーの話にはなりますが、固定給と書いてあって、実際は歩合給だったり…そんな心配をしている方達に、実際にハイヤーをしている私の会社を基準に、ハイヤー運転手の年収についてお話をさせていただければと思います!ハイヤー運転手の給料の相場はどのくらい?基本的にハイヤーの仕事に新卒、転職は関係ありません。言い方を変えれば、学歴、過去不問となっている会社がほとんどです。ご年配の方を中心に雇っているところもあれば、若い方の方が社会の色に染まってないから育てられると考える会社もあります。あくまで

ハイヤー求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

突然ですが、ハイヤー、と聞いてみなさんはどんな想像をしますか?実は、ハイヤーと言う仕事は運転と接客、気配りなどが重なった非常にハイレベルな仕事です。そんなハイヤーの仕事につきたいと思ってるあなた!今日は、某企業の専属運転手をしている私が気になるハイヤーの仕事、聞きにくい求人の裏側についてお教えします!ハイヤーってどんな仕事?ハイヤーとは、主には運転手のことを言います。街中で、黒塗りの車にスーツをきて白い手袋をした運転手を見かけたことはありませんか?その人達がハイヤー運転手と呼ばれる人たちです。ハイヤーとはタクシーのように手を挙げて乗り、行き先を告げて行くと言う方法ではなく、完全予約制です。事前

バス運転手の年収はどのくらい?私の周りの相場や給料の決まり方を紹介します

普段、日常生活において利用することがあるバスですが、バス運転手は年収いくらもらっているか気になるところです。バス運転手といっても実は民間バス会社で働くバス運転手と公営のバス運転手、いわゆる公務員として働くバス運転手の大きく分けて2種類あります。当然ですが民間と公営では給料事情は異なってきますし、民間バスのバス運転手は、民間バスが主催する試験を受けるのですが、公営バスのバス運転手は公務員ですので公務員試験を受ける必要があります。今回は、バス運転手の給料事情について紹介します。バス運転手の給料の相場はどのくらい?バス運転手の給与事情について調べてみました。バス運転手の収入モデルケースを見つけたので

家具配送求人でよくある募集内容や働き先の種類・おすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

あなたは家具配送の求人を見たことがありますか?ドライバーの募集や配送補助の募集などいくつか求人誌や求人サイトで見にしたことがあるのではないかと思います。イメージとしては、トラックに乗って家具をお客様のもとへ運び設置する、というイメージですよね。では実際にどのような タイムスケジュールで一日が流れていくのかや、おすすめの求人のポイント、気になる疑問についても解説いたします。家具配送のおおまかな仕事内容家具配送の大まかな仕事内容としては販売店から荷物をトラックに乗せ、お客様のもとへ運び設置をする、というのが主な仕事です。しかし実はお店により仕事の内容が様々で、その日に配送する予定の家具を自分で準備

バス運転手の転職を成功させるために!狙い目な会社の5個の特徴と上手に転職するための4個の注意点

目指せバスの運転手!バスの運転手への転職で、つまずかない為のポイントを紹介していきます。よくある転職理由なぜバス業界に転職を考えるのか、よくある転職理由とは?車の運転に慣れているから普段運転していて、運転することに慣れている人にとって、バスの運転手はプライベートの延長のように感じるかもしれません。もし、車の運転が好きであれば、好きな事をしながらお金を貰えるという事になりますので、天職になるでしょう。運転する車の大きさが変わること以外には、道路上で覚えておきたい事と言えば交通ルールくらいなので、他の業界と比較して覚えるべき事は少なく、普段から行なっている事がほとんどですので、心配な点は少なく転職

バス運転手の仕事はどんな人に向いている?得意な人の7個の特徴やキャリアについて解説します

バス運転手の仕事はどんな人に向いているか、向いている人の7個の特徴やキャリアについて細かく解説しますバス運転手の大まかな仕事内容バス運転士には大きく分けて4つに分類されます。1つ目が、勤務地周辺の街を走り、各バス停で待っているお客様を乗せて、目的地まで案内する路線バス運転士。2つ目が特定の場所でお客様を乗せた後、高速道路を走り、東京や大阪など遠くの決まった目的地まで案内する高速バスの運転士です。3つ目がバスの大きさは全長7mのマイクロバス~全長12mの大型バスと依頼先によって異なりますが、目的への往復を行う送迎バス。最後にプランに合わせて決まった人員のお客様を目的地へ送る観光目的の観光バスです

バス運転手求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

身近な存在であるバス運転手の仕事について、募集内容やおすすめ求人についてご紹介していきます。ハードな部分もありつつ、やりがいのあるこの仕事について、よくある疑問などにもお答えしていくのでお楽しみに。バス運転手のおおまかな仕事内容おおまかな仕事内容街の中を走っている乗合バスの場合は、中型または大型バスに乗り、決められている路線を走り、バス停で待っているお客様を乗車させ、目的のバス停まで安全運転で送り届ける仕事です。また、遠くの街まで走っている高速バスは、乗合バスよりも大きいバスに乗り、高速道路を走ってお客様を目的地まで送り届けます。大きな違いはバス停の有無とバスの大きさです。それ以外にも、バスの