宅配ドライバーは、私たちの生活に馴染みの深い仕事です。

親から子供に何か荷物を送る時、オンラインで何かを買った時、会社などから書類が送られてくる時だけでなく、最近は移動式スーパーやオンラインで生鮮食材などを購入して配達してくれるなど様々シーンで宅配ドライバーと接する機会があります。

宅配ドライバーのイメージは、クロネコヤマトや佐川急便などがよく浮かびます。

また、宅配ドライバーと聞くと激務とか体力仕事であるなどのイメージもついて回ります。

宅配ドライバーの仕事は、どういう人が適しているのでしょうか?

体育会系の人にしか務まらない仕事なのでしょうか?

今回は、宅配ドライバーに注目して宅配ドライバーの仕事内容や宅配ドライバーに向いている人の特徴などについて紹介していきます。

宅配ドライバーの仕事はどんな仕事?

宅配ドライバーは、主にお客様から預かった荷物をお客様へ安全に届けることです。

例えば、アマゾンなどのネットショッピングサイトで商品を購入すると宅配ドライバーはアマゾンから預かった商品を家まで届けてくれます。

他には、コープなどの生協で定期配達を依頼していると宅配ドライバーが注文された食品や食材を配達してくれます。

宅配ドライバーの仕事の具体的な内容

荷物の積み込み

朝、営業所へ搬入された荷物の中から担当するエリアの荷物を仕分けてまとめるのでまとまった担当エリア内にある荷物をトラックに丁寧に積み込んでいきます。

再配達の対応

日中、個人のお客様に配達へ伺うと高い確率で不在です。

不在の場合は、不在票を置いて他の配達先に向かいます。

中には急ぎの荷物であることからドライバーへ直接連絡を入れてくれるお客様がいるのでそのお客様とは再配達の時間調整などを行い、再配達の対応をします。

荷物の集荷対応

宅配ドライバーでクロネコヤマトや佐川急便のドライバーの場合は、インターネットや電話予約で荷物を家やオフィスまで取りに来て欲しいというお客様のリクエストに応えて集荷対応をしています。

時間指定があるものやそうでないものを効率よく集荷して時間内に営業所に戻らなければならないので集荷のタイミングなどを加味して集荷ルートを導き出します。

宅配ドライバー仕事に向いている人の特徴4個

宅配ドライバーの仕事内容についてわかったところで宅配ドライバーはどういう人が向いているのか知りたい人もいると思いますので、ここでは宅配ドライバーに向いている人の特徴について紹介していきます。

運動が好きな人

宅配ドライバーは体力が必要な仕事です。

体力があれば楽しく仕事ができます。

また、常に体を動かしてあちこち配達に回るため、体を動かすことが好きな人や運動が好きな人だと宅配ドライバーの仕事に向いています。

人と接することが好きな人

宅配ドライバーは荷物を集荷する際や配達する際に必ず人と接する機会があります。

お客様とコミュニケーションをとることもありますし、接客することもあります。

人と接することが苦手な人は何人もの人と接しなければいけない宅配ドライバーには向いておらず、逆に人と接することが好きな人は、宅配ドライバーの仕事に適しているといえます。

運転が好きな人

宅配ドライバーはほとんどがトラックを運転して荷物を集荷したり、配達したりします。

言い換えるとトラックの運転ができなければほとんど仕事になりません。

都心部などの密集したエリアで一方通行が多かったり、道が狭くてトラックが入りにくいようなところではトラックではなく、自転車を使ったりします。

しかし、ほとんどは宅配用のトラックやバンを使って集配に回るため、車の運転は避けれられません。

そのため、運転が好きな人だと長時間でも運転することが苦にはなりませんので宅配ドライバーの仕事に向いています。

真面目な人

宅配ドライバーの仕事は、誠意を持ってお客様から預かった荷物や注文頂いた商品を配達しなければなりません。

言い換えると仕事に対して不真面目な人は、きちんと宅配ドライバーの仕事ができない可能性があります。

宅配ドライバーは、全ての荷物ではありませんが一部の荷物は時間指定されていて、道路状況などによってはお客様のご希望に添えないこともあります。

真面目な人は誠意を持って仕事に取り組めるため、宅配ドライバーの仕事に向いています。

宅配ドライバーの仕事で得られるスキルは?

宅逢ドライバーの仕事をしていて身につくスキルは一体何になるのでしょうか?

宅配ドライバーで向上が期待できるスキルを知りたい人は多いかと思いますのでここでは宅配ドライバーの仕事を通じて得ることができるスキルについて紹介していきます。

運転スキル

宅配ドライバーなのでやはり運転スキルを身につけることができます。

普段は2tトラックやバンの比較的大きな車を長い時間運転するため、駐車スキルや道路の流れをよんでスムーズに運転することができるようになります。

地理に詳しくなれる

宅配ドライバーは、決められたエリアを所狭しと回るため、エリア毎に地理が詳しくなります。

どこに何のお店があるのか、どこに郵便局があるのかなど生活に役立てることができる地理を知ることもできます。

コミュニケーション能力を磨くことができる

宅配ドライバーは常にお客様と接してコミュニケーションをとるため、コミュニケーション能力を磨くことが可能です。

無愛想に荷物を渡してしまうと会社の信用に泥を塗ってしまいますし、お客様からクレームになりかねません。

会社の看板を背負っていると意識して仕事をすることで自然と丁寧に接することの大切さを学び、挨拶やマナー、コミュニケーションに必要な能力を総合的に磨くことができます。

宅配ドライバーのやりがいやメリット

宅配ドライバーの仕事に興味を持つ人は、宅配ドライバーのやりがいやメリットなんかにも興味があるかもしれません。

仕事をする上でやりがいやメリットとなることは重要です。

ここでは宅配ドライバーのやりがいなどについてまとめてみました。

やりがいを感じる点

宅配ドライバーとしてやりがいを感じるのは、お客様から感謝されたり、プレゼントなどの配送でお客様の笑顔を見ることができたり、地域貢献をしていると感じた時です。

お客様から感謝されるのは、時間指定などで、配達先が個人ではなく特に法人である場合、仕事に必要な荷物や展示会・プレゼンなどでその時間にはないといけないような緊急度の高いものであれば、時間指定内で配達することにより感謝をしてもらえます。

また、宅配ドライバーが運ぶ荷物の中には遠くに住む家族からのプレゼントや大切な人からの荷物があります。

そういった荷物を荷受人様に運ぶことで荷受人様の喜ぶ顔が見れ、こちらの疲れを癒してもらえることがあります。

最近は、過疎化の進んでいるような地域の場合、宅配で訪問しながら個人個人の高齢者の健康状態をチェックしたり、話し相手になったり、家の手伝いをしたりして人を助けることで地域社会に貢献することもできます。

特にコープなどの生協の場合は、近くにスーパーがないため、移動販売で生活に必要なものを購入したい高齢者の方の中には外に出たくても体の調子が悪くて出られないなどの事情があります。

そういう人たちの様子を見ながら状況によっては病院に連絡したり、救急車を呼んだりと地域ぐるみで人助けができます。

メリット

宅配ドライバーのメリットとして、運転免許があれば未経験でも仕事が始めやすいことや昨今の人材不足により求人が豊富であるため仕事を探しやすいことです。

他には、仕事内容が複雑でないため、比較的覚えやすいことや仕事に慣れるまで上司や先輩がしっかりと横乗りしてフォローしてくれます。

また、オフィスワークと違い、宅配ドライバーの仕事は荷物を運び終えてしまえばほぼ仕事は終わりです。

そのため、休みの日に仕事をしたり、残業を遅くまですることがなく、ほぼ定時で家に帰れたりするところは宅配ドライバーとして働くためのメリットです。

宅配ドライバーの仕事で大変な点

宅配ドライバーの仕事内容やメリット・やりがいなど様々ポイントを紹介してきました。

いいことばかりであればいいのですが、仕事にはやはりいいことも大変なこともあります。

ここでは宅配ドライバーの仕事をする上で大変なことを紹介します。

配達先に人がいないこと

人材不足の宅配業界では最近特に深刻化してきていますが、配達した際に荷受人様が不在であることです。

配達先に荷受人様がいなければまた来ればいいじゃないかとかいないのだから不在票を入れておけばいいのではと思う人が殆どですが、不在であれば不在票を入れて宅配に伺ったことを証明しますが、そこからが宅配ドライバーの大変なところです。

なぜなら宅配ドライバーは配達先を何十件と抱えており、1件不在であれば当然ですが次の配達先に向かいます。

不在票を見て再配達の連絡がすぐに入ればいいのですが、中にはタイミングが悪く、再配達の連絡を頂いた荷受人様のところから離れている場合があります。

すぐには伺えないことや時間指定の荷物を抱えていることもあり、早急には対応できませんが、お客様によっては早急に配達を要求されることがあり、時間調整をするのがとても大変です。

時間指定の配達

宅配ドライバーで最も大変なことの一つは、時間指定の配達です。

時間指定の配達は指定した時間内に配達しなければなりませんが、当日何が起こるかわかりません。

例えば、通常なら朝、営業所に荷物をまとめたトラックが搬入されて担当エリア毎に仕分け作業をしますが、このトラックが時間通りに来なければ作業が遅れてしまいます。

作業が遅れると当然配達に出かける時間もズレてしまいます。

ただ、時間がズレたからといってトラックやバンを飛ばしてお客様のところに向かうことはできません。

そのため、時間指定の配達があるときは宅配ドライバーにとってプレッシャーがかかってしまいます。

宅配ドライバーの仕事についてよくある疑問 

最後に宅配ドライバーの仕事をしたい人や興味を持っている人が疑問に思うことをまとめてみました。

残業は多いですか?

宅配ドライバーの仕事は残業が基本的に少なめです。

それは、オフィスワーカーのようにパソコンに向かって作業することは殆どなく、エリアに出て請け負った荷物を全て配達すればそこで任務は完了します。

あとは営業所に戻り、明日の準備や仕分け作業を手伝うくらいなため、残業をすることがありません。

休みはしっかり取れますか?

残業が少ないことと休みがしっかり取れるのは宅配ドライバーの仕事をする上で良い点になります。

つまり、宅配ドライバーはしっかりと休みを取ることができます。

トラックドライバーの場合は特に休憩時間なども厳しく決められているため、休みだけでなく休憩時間もしっかり取ることができます。

それは、宅配ドライバーの仕事が荷物を配達するという実務に集中していて家に持ち帰るような仕事もありませんし、パソコンも会社からは貸与されませんので会社の仕事を家ですることもありません。

仕事は激務ですか?

肉体労働のイメージが強い宅配ドライバーの仕事は、体力的にすごく疲れて大変な仕事のイメージがありますが、世間的に想像されているより激務ではありません。

繁忙期である年末年始やクリスマスシーズンなどは配達する荷物が異常に増えますので仕事が忙しくなりますが、繁忙期以外はそこまで忙しくなることがないため、激務ではないと言えます。

未経験でも仕事に就くことはできますか?

宅配ドライバーの仕事がしやすい理由の一つになりますが、未経験でも仕事を始めることができます。

それは、宅配ドライバーに最低限必要なスキルは車の運転ができることだからです。

もちろんそれだけではありませんが、運転免許とやる気があればまず採用してもらえますので仕事を始めることができます。

また、入社後に研修をし基礎知識を学んでからでないと実務には移行しませんので未経験者でも安心して始められる仕事です。

まとめ

今回は宅配ドライバーの仕事について紹介しました。

みなさんがイメージしていた宅配ドライバーと比べていかがでしたしょうか?

これを機に宅配ドライバーの仕事に興味を持って頂けたり、宅配ドライバーの仕事に興味があったから始めてみようと思って頂けたりしたら嬉しく思います。


関連キーワード

宅配ドライバー求人

ドライバー求人についてもっと深堀りした情報を見る

トラック運転手の年収・給料はどのくらい?私の周りの相場や年収の決まり方を紹介します

トラック運転手は、ずいぶん昔は「稼げる」と言う非常に強いイメージがありました。事実、昔はそうでした。トラックを走らせれば、走らせるほど給料がどんどんアップしていました。でも、現在はそんな時代ではありません。昔ほど稼ぐことは出来ません。その理由を、現在のトラック運転手の年収事情に合わせて見て行きましょう。トラック運転手の年収の相場はどのくらい?トラック運転手の年収は、正直なところ「ピンからキリまで」と言う感じです。働く時間や、トラックを動かす距離などに大きく左右されるので、一概に言えませんが、少ない場合で、額面が400万円を切る場合から、上は700万円と言った感じです。それ以上の年収が出る場合は

ドライバー募集はココを見て!良い求人、悪い求人の見極め方を教えます

業界大手の働き方改革やそれに伴うサービス内容の変更など、話題に上ることも多い「ドライバー」の仕事。今回は「ドライバーの募集」をテーマに、いくつかの観点からこの仕事の実態を紹介していきます。ドライバーの仕事といってもさまざまな職種があるので、まずはよく求人が出ているドライバー職種を3つ紹介していきます。その後、良い求人・悪い求人の見極め方や、しっかり求人探索をしなかった場合に起こり得るデメリット、自分に合った求人を探すコツなどを解説していきます。この仕事に興味がある方は一度以下の内容に目を通してみて、求人に応募するか否かの判断材料にしてください。ドライバーの募集ではどんな求人が募集されているの?

ハイヤー運転手の年収はどれくらい?相場感や給料の決まり方などを教えます

ハイヤーの仕事に興味はあるけれど、本当に求人情報に書いてある内容で合ってるの?と思われる方も多いと思います。実際にタクシーの話にはなりますが、固定給と書いてあって、実際は歩合給だったり…そんな心配をしている方達に、実際にハイヤーをしている私の会社を基準に、ハイヤー運転手の年収についてお話をさせていただければと思います!ハイヤー運転手の給料の相場はどのくらい?基本的にハイヤーの仕事に新卒、転職は関係ありません。言い方を変えれば、学歴、過去不問となっている会社がほとんどです。ご年配の方を中心に雇っているところもあれば、若い方の方が社会の色に染まってないから育てられると考える会社もあります。あくまで

ハイヤー求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

突然ですが、ハイヤー、と聞いてみなさんはどんな想像をしますか?実は、ハイヤーと言う仕事は運転と接客、気配りなどが重なった非常にハイレベルな仕事です。そんなハイヤーの仕事につきたいと思ってるあなた!今日は、某企業の専属運転手をしている私が気になるハイヤーの仕事、聞きにくい求人の裏側についてお教えします!ハイヤーってどんな仕事?ハイヤーとは、主には運転手のことを言います。街中で、黒塗りの車にスーツをきて白い手袋をした運転手を見かけたことはありませんか?その人達がハイヤー運転手と呼ばれる人たちです。ハイヤーとはタクシーのように手を挙げて乗り、行き先を告げて行くと言う方法ではなく、完全予約制です。事前

バス運転手の年収はどのくらい?私の周りの相場や給料の決まり方を紹介します

普段、日常生活において利用することがあるバスですが、バス運転手は年収いくらもらっているか気になるところです。バス運転手といっても実は民間バス会社で働くバス運転手と公営のバス運転手、いわゆる公務員として働くバス運転手の大きく分けて2種類あります。当然ですが民間と公営では給料事情は異なってきますし、民間バスのバス運転手は、民間バスが主催する試験を受けるのですが、公営バスのバス運転手は公務員ですので公務員試験を受ける必要があります。今回は、バス運転手の給料事情について紹介します。バス運転手の給料の相場はどのくらい?バス運転手の給与事情について調べてみました。バス運転手の収入モデルケースを見つけたので

家具配送求人でよくある募集内容や働き先の種類・おすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

あなたは家具配送の求人を見たことがありますか?ドライバーの募集や配送補助の募集などいくつか求人誌や求人サイトで見にしたことがあるのではないかと思います。イメージとしては、トラックに乗って家具をお客様のもとへ運び設置する、というイメージですよね。では実際にどのような タイムスケジュールで一日が流れていくのかや、おすすめの求人のポイント、気になる疑問についても解説いたします。家具配送のおおまかな仕事内容家具配送の大まかな仕事内容としては販売店から荷物をトラックに乗せ、お客様のもとへ運び設置をする、というのが主な仕事です。しかし実はお店により仕事の内容が様々で、その日に配送する予定の家具を自分で準備

バス運転手の転職を成功させるために!狙い目な会社の5個の特徴と上手に転職するための4個の注意点

目指せバスの運転手!バスの運転手への転職で、つまずかない為のポイントを紹介していきます。よくある転職理由なぜバス業界に転職を考えるのか、よくある転職理由とは?車の運転に慣れているから普段運転していて、運転することに慣れている人にとって、バスの運転手はプライベートの延長のように感じるかもしれません。もし、車の運転が好きであれば、好きな事をしながらお金を貰えるという事になりますので、天職になるでしょう。運転する車の大きさが変わること以外には、道路上で覚えておきたい事と言えば交通ルールくらいなので、他の業界と比較して覚えるべき事は少なく、普段から行なっている事がほとんどですので、心配な点は少なく転職

バス運転手の仕事はどんな人に向いている?得意な人の7個の特徴やキャリアについて解説します

バス運転手の仕事はどんな人に向いているか、向いている人の7個の特徴やキャリアについて細かく解説しますバス運転手の大まかな仕事内容バス運転士には大きく分けて4つに分類されます。1つ目が、勤務地周辺の街を走り、各バス停で待っているお客様を乗せて、目的地まで案内する路線バス運転士。2つ目が特定の場所でお客様を乗せた後、高速道路を走り、東京や大阪など遠くの決まった目的地まで案内する高速バスの運転士です。3つ目がバスの大きさは全長7mのマイクロバス~全長12mの大型バスと依頼先によって異なりますが、目的への往復を行う送迎バス。最後にプランに合わせて決まった人員のお客様を目的地へ送る観光目的の観光バスです

バス運転手求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

身近な存在であるバス運転手の仕事について、募集内容やおすすめ求人についてご紹介していきます。ハードな部分もありつつ、やりがいのあるこの仕事について、よくある疑問などにもお答えしていくのでお楽しみに。バス運転手のおおまかな仕事内容おおまかな仕事内容街の中を走っている乗合バスの場合は、中型または大型バスに乗り、決められている路線を走り、バス停で待っているお客様を乗車させ、目的のバス停まで安全運転で送り届ける仕事です。また、遠くの街まで走っている高速バスは、乗合バスよりも大きいバスに乗り、高速道路を走ってお客様を目的地まで送り届けます。大きな違いはバス停の有無とバスの大きさです。それ以外にも、バスの

大型トラック運転手求人でよくある募集内容や働き先の種類・おすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

現在、日本国内の物流の六割をトラック輸送が担っていると言われています。一方で昨今は若者の自動車離れも一因となり、ドライバー不足もニュースなどで話題となっています。トラック事業は30年ほど前の規制緩和によって価格競争が激化していましたが、この数年で法改正・見直しがすすめられ、関係者が働きやすく適正な賃金を得られる環境が整いつつあります。以前は路線バス乗務員、現在は大型トラックでの食料品輸送ドライバーをしている私が、大型トラック運転職の実情や魅力、そして大型トラック運転手求人でよくある募集内容や働き先の種類・おすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します 。大型トラック運転手のおおまかな仕