ドライバーの仕事といえば、日常生活で利用するタクシーであったり、スーパーやコンビニで普段みなさんが目にしたり、購入する商品を運んだりするトラック、自動販売機のジュースを補充するトラックなど様々なドライバーの仕事があります。

トラックやタクシーのドライバーはよくきつい仕事と言われています。

事実、最近は人手不足により特にトラック業界は深刻と言われています。

しかも人がなかなか集まらない、それはやはり仕事がきついからでしょうか?

今回は、タクシーやトラックドライバーのきついところ、楽しいところを紹介していきます。

「ドライバーの仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

ドライバーの仕事がきついのはこんなところ

ドライバーの仕事できついところは、勤務時間が事務職などと違いばらつきが生じていることです。

自動販売機のジュースを補充するルートトラック配送であれば、時間は決まっていますが、例えば、長距離のトラックドライバーであったり、タクシードライバーの場合は、シフトや勤務状況により時間にばらつきが生じます。

そのため、仕事がきついと感じてしまう原因かもしれません。

他にもきついと思われているポイントを紹介します。

待機時間が長い時がある

長距離や市場のトラックドライバーだったり、夜のシフトのタクシードライバーだったりしますが、待機時間が長かったりします。

ドライバーというとずっと運転しているイメージですが、例えば、タクシードライバーは駅前で停車しているならお客様が乗車するまで待っていないといけませんし、納品トラックを運転しているトラックドライバーならゲートのところで入門を許可されるまで待っていないといけません。

荷主やお客様から到着時間指定がある

トラックドライバーであったり、宅配トラックドライバーであったり、到着時間を荷主つまり依頼人や荷受、実際に荷物を受けとるお客様から指定されることがあります。

交通状況であったり、運転する走行距離だとかは依頼人からするとあまり考慮されず、時間を指定されるため、時間に遅れないよう時間調整をしていかなければなりません。

睡眠時間が定まらない

通常のオフィス勤務のビジネスパーソンであれば、夜寝て朝起きし仕事という生活サイクルが成り立ちますし、可能です。

しかし、タクシードライバーやトラックドライバー、特に長距離のトラックドライバーの場合は、シフトによっては勤務時間や退勤時間がバラバラなため、睡眠時間が毎日同じ時間に取れなかったりします。

荷物集荷場所や配達場所によって出勤時間や出勤場所が変わる

トラックドライバーに言えることですが、荷物の集荷場所や荷物の配達場所によっては出勤時間であったり、出勤場所が異なることがあります。

そのため、決まった場所へ出勤して決まった時間に働くわけではないのできついと思われているかもしれません。

交通状況が仕事に左右する

雨が降ってきたり、雪が降ったり、台風や地震などの天災や自然災害、悪天候だけでなく、長期連休であったり、イベントなど様々な状況で交通状況が異なります。

スムーズに納品できる時もあれば、交通渋滞にはまり、なかなか渋滞から抜け出せず納品時間が遅れそうになったり、遅れたりすると気がきではありません。

長距離トラックドライバーの場合は夜通し運転したりするので精神的なプレッシャーもあります。

早朝深夜シフト

シフト制のタクシードライバーは特にですが、早朝勤務であったり、深夜シフトがあるため、体力的にも精神的にもきつかったりします。

朝が早いと朝起きるのが苦手な人には苦痛かもしれませんし、深夜勤務は時間帯によってはなかなかお客様が捕まらないので精神的なプレッシャーがあります。

精神的な負荷がある

タクシードライバーやトラックドライバーは運転だけしていればいい風に思われています。

タクシードライバーの場合は、お客様とのコミュニケーションが大切ですし、トラックドライバーの場合は、納品であったり、配達時間などを気にかけないといけないので気が休まらないことが多いです。

酔っ払い客などがいる

特にタクシードライバーに言えることですが、夜や深夜にタクシーに乗車するお客様は酔っているケースがあります。

酔っていても何もしない人がほとんどですが、中には暴言を吐いたり、意味不明な言動をしたり、嘔吐したりとあまり歓迎されないお客様もいます。

会社に戻ったら洗車をしないといけない

仕事が終わってホッとしたのもつかの間、会社に帰ったらトラックであったり、タクシーを洗わないといけません。

会社によっては専用のスタッフを設けてくれていますが、会社によっては全て自分でこなさないといけないところもあります。

一日運転して疲れて帰ってきた最後の仕事が結構きついかもしれません。

長時間の運転がきつい

トラックドライバーに特に言えますが、長距離ドライバーの場合は、長時間の運転を必要としています。

長時間の運転は、運転好きであれば問題ないように思われがちですが、実は結構神経を使いますし、事故は絶対に起こしてはいけませんので集中力が必要です。

そのため、こまめに休憩しながらも事故などに注意しながら納品時間や配達時間を守らないといけないので気が休まりません。

ドライバーの仕事が楽しいのはこんなところ

ドライバーの仕事は、多くの人がきつくて激務で大変な仕事という認識を持っています。

長距離ドライバーであったり、タクシードライバーであったりすると確かにきついことがあるかもしれません。

ただ、ドライバーの仕事は常に大変だったり、きついわけではありません。

きつかったり、大変な反面、楽しいところもあります。

ここでは、ドライバーの仕事で楽しいところを紹介していきます。

自分のペースで休みを組める

ドライバーの仕事は、休みでがフレキシブルです。

疲れが溜まったら継続して仕事をするのは運転に支障がでるため無理をして仕事を続けることができません。

そのため、適度にですが休みを取ることができます。

休みが自分のペースでフレキシブルに組めるからといって休みすぎては解雇されてしまうので注意が必要です。

ただ、自分のペースで休みを組めるので休みの日の計画が立てやすく楽しみを持ちながら仕事をすることができます。

正社員として雇用機会がある

トラックドライバーやタクシードライバーは、ほとんどが正社員として雇用しているので正社員の仕事が欲しい人にはぴったりですし、正社員として仕事をさせてもらえるので世間からも認められた感じがあります。

色々な業種の人と出会える

タクシードライバーに特に言えることですが、毎日色々な人が乗車するタクシーでは色々な業種の人と出会える機会があります。

世の中の様々な仕事について知ることができますし、色々な人に出会えるので楽しく面白いところです。

運転が好きには最適の仕事

タクシードライバーやトラックドライバーはタクシーやトラックを運転することが当然ですが仕事です。

そのため、車を運転することが好きならタクシーやトラックを運転して仕事ができるドライバーは楽しくやりがいのある仕事です。

オフィス内のしがらみが少ない

オフィス勤務ですと社内の人間関係を目撃したり、場合によっては派閥に巻きまれたりしますが、ドライバーの場合、勤務のほとんどの時間は外で業務をこなすため、オフィスで上司や他の人と顔を合わすことはあまりありません。

そのためオフィス内のしがらみで悩まされることは他の仕事に比べて少なく、自分のペースで仕事をこなし、自分のペースで休みが取れるのは利点です。

仕事をしながら好きな音楽を聞くことができる

トラックドライバーの特に長距離ドライバーの場合、運転する距離も長いため、無音で走るのはなかなかきついことです。

ただ、道中ずっと一人で運転しているため、車内は自由に過ごすことができます。

そのため、好きな音楽を聞いていても誰にもとがめられることはありません。

運転好きの音楽好きならドライバーの仕事は天職かもしれません。

観光名所を巡れる

長距離トラックドライバーであったり、観光地のタクシーであれば観光名所を巡ることができます。

長距離トラックドライバーは、納品業務が完了すればほとんど仕事は終わりです。

あとは会社へ戻るなり、交代要員と交代するだけです。

そのため、帰る時に観光名所や名物料理を楽しんで帰ることができるのはドライバーの醍醐味の一つかもしれません。

車を運転し放題

タクシードライバーであったり、トラックドライバーは運転が仕事です。

そのため、色々な車種のタクシーやトラックを運転することができるため、運転好き、車好きにも楽しい仕事といえます。

休憩は自分のタイミング

休み同様、タクシードライバーであった理、トラックドライバーはこまめに休憩を取らなければいけませんが、オフィス勤務のように何時から何時までは休憩とかランチ時間などと決まっているわけではありませんので自分の好きなペースとタイミングで休憩を取ることができるのは、嬉しいことです。

「ドライバーの仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

きつい時もあるけど、ドライバーの仕事がおすすめの理由

ドライバーの仕事は現在人材不足のため、これから求人需要は高まってきます。

タクシーやトラック、特に長距離トラックは人材不足が深刻です。

そのため、正社員の仕事を探しているならドライバーの仕事はおすすめです。

ここではドライバーの仕事をすることに対しておすすめしたい理由を紹介していきます。

運転が上達する

トラックドライバーやタクシードライバーは当然ですが、常に車を運転しています。

それが仕事だからです。

そのため、運転が上達します。

しかも、トラックやバスの場合は、普段の乗用車より大きな車体を運転するため、トラックやバスに比べると乗用車は運転しやすいため、運転の上達が望めます。

他にも、トラックやバスのような大きな車体の場合は、後輪がかなり死角になります。

実際に巻き込み事故などが発生してしまっていますが、普段の車を運転する中では注意を払わないところに常日頃から注意を払うことで運転技術が確実に向上していきます。

さらにタクシーやトラック、バスは常に安全確認をしないといけません。

運転技術が優れている、運転が上手というのは、早く目的地に辿り着くことが全てではありません。

安全に事故なく運転できることが運転が上手な条件になります。

普段から仕事で高い注意を周りに払うことでプライベートの運転にも安全確認の意識が根付いているため、家族や友達などを安心させて車に乗せることができます。

観光名所や名物料理など様々な場所を巡れる

長距離トラックドライバーに特に言えることですが、例えば、大阪から秋田までトラックを運転して依頼主に荷物を渡します。

大阪から秋田までトラックで行くことは決して楽なことではありませんし、しんどい仕事になることは間違いありません。

ただ、その反面、自分では旅行先であったり、遊びに行く場所として選ばないようなところ、初めて行く土地などがあり、行く先々で地場の名産品であったり、観光名所を見て回ることがあります。

もちろん仕事で行くので遊んでばかりではいれませんが、ちょっとした観光気分を味わったり、地場の食べ物を楽しむことはできますし、長距離トラックドライバーの醍醐味の一つとも言えます。

また、終始一人で運転して行って帰ってくることが多いので誰かの監視があるわけでもなく、気兼ねなく、好きな音楽を聴きながらトラックを運転しているので時間の許す限りは自由に時間を使うことができます。

仕事がなくなる可能性が低い

トラックドライバーは特にですが、長距離や集配ドライバーなど業界として人材不足が深刻のため、求人需要がここ数年高まっています。

もちろん採用となると正社員が多いため、中型免許や大型免許があれば、すぐに仕事を貰う可能性が高まります。

ここ数年は自動運転の話題が出てはいますが、トラックの場合は、運転して納品先についてから荷下ろしをすることもあるので全ての仕事を自動運転に奪われることもないため、仕事がなくなる可能性はとても低いです。

まとめ

ドライバーの仕事の大変なところやきついところ、楽しいところやおすすめの理由などドライバーについて色々と紹介しました。

正社員として働いてみたいとか車が運転するのが好きだという人なら、トラックドライバーやタクシードライバーは最適と言える仕事なので気になった方はぜひチェックしてみて下さい。


関連キーワード

ドライバー求人