業界大手の働き方改革やそれに伴うサービス内容の変更など、話題に上ることも多い「ドライバー」の仕事。

今回は「ドライバーの募集」をテーマに、いくつかの観点からこの仕事の実態を紹介していきます。

ドライバーの仕事といってもさまざまな職種があるので、まずはよく求人が出ているドライバー職種を3つ紹介していきます。

その後、良い求人・悪い求人の見極め方や、しっかり求人探索をしなかった場合に起こり得るデメリット、自分に合った求人を探すコツなどを解説していきます。

この仕事に興味がある方は一度以下の内容に目を通してみて、求人に応募するか否かの判断材料にしてください。

「ドライバーの仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

まずは「ドライバー」の仕事例をチェック

ドライバーの募集ではどんな求人が募集されているの?

まずはドライバーの仕事としてどのような求人が募集されているのかを確認していきましょう。

ここでは代表的な3つのドライバー職を紹介することで、この仕事でよくある仕事内容について解説していきます。

ちなみに今回は「タクシー運転手」や「バス運転手」など「お客様を運ぶ」ドライバー職についてはあえて紹介していません。

理由としては、二種免許が必要なため誰でも手軽に就職することができる職種ではないこと、荷物を運ぶドライバーと人員を運ぶドライバーでは同じドライバー職でも性質が異なること、などがあります。

今回紹介するドライバー職の内容はほんの一部に過ぎない、ということを了解の上で読み進めていってください。

ドライバーの募集でよくある仕事内容とは?

ドライバーの求人は、昨今の人手不足も相まって増加の一途をたどっており、それでもまだまだ人員が足りない状況が続いているようです。

この仕事に興味がある方にとっては「売り手市場」の現状は追い風といえるでしょう。

ここではドライバーの募集でよく見かける「小口配送ドライバー」「配達ドライバー」「ルート配送ドライバー」の3つを紹介していきます。

それぞれの特徴を簡潔に確認して、自身に合うドライバー職として適切なものはどれかを判断しましょう。

軽トラで配達する小口宅配便ドライバー

ネットショッピングが一般化し、膨大な量の「小口配送」つまり個人宅や事業所などへの小ロット(多くの場合単品もしくは2~3個の品)の配送需要が生まれています。

「ラストワンマイル」ともよばれ、運送業務の最終段階であるこの職種は、自転車での配送やバッグを担ぎながら配送している担当者をよく見かけるようになったことからもわかるように、深刻な人手不足に陥っている職種の一つです。

小口配送を担当する「小口宅配便ドライバー」は、軽トラックや軽バンを使用します。

中型・大型車では進入できない狭い路地なども通行できることがその理由で、普通自動車免許を保持していればどなたでも従事することができます。

中にはマニュアル車を運転するケースもありますが、AT限定免許であったりマニュアル車の運転に慣れていないためにオートマ車のみの運転を希望する場合は、会社に事前に伝えておけば問題ないでしょう。

小口宅配便ドライバーは取り扱う個々の荷物が比較的小さいこともあり、一日に届ける荷物の個数が3ケタに上ることもあります。

他のドライバー職に比べると訪問する場所も圧倒的に多いため、カーナビや地図を読めることが必須です。

また、階段の上り下りや荷物を抱えながらお客様宅まで走っていくこともたくさんあり、体力勝負な部分も大いにある職種といえるでしょう。

一方で、一つひとつの商品に対する知識やお客様への営業活動の必要性などはなく、ただ単純に荷物を届けるという職務に集中すればよいので、仕事内容そのものは単純明快です。

お客様が不在で再配達が必要になったり、時間指定の荷物が重なったりといったことでストレスを抱える場面もありますが、ドライバー職に初めてチャレンジするという方にはおすすめできる職種といえます。

定期的に商品を購入しているお客様宅に商品を届ける配達ドライバー

昔ながらの牛乳の宅配サービスや生活協同組合(生協)に代表される食料品の配達サービスに加えて、最近では飲料水や食料品以外のものにいたるまで、さまざまな商品の「定期宅配」サービスが人気を集めています。

これらのサービスは「サブスクリプション」とよばれるビジネスモデルの一形態と捉えることが可能で、定期的に商品を届けることで顧客が他の商品に買い替えることを防ぎ、商品や会社へのロイヤリティ(忠誠心)を高める効果をねらう、といった点を目的に実践されています。

この手法に欠かせないのは定期的に商品を届ける「ドライバー」であり、サブスクリプションビジネスの広がりとともに、定期宅配サービスに従事するドライバーの数も増加傾向にあります。

定期宅配サービスドライバーは取り扱う商品により、小口配送ドライバー同様に軽トラック・軽バンを運転する場合もあれば、普通自動車免許で運転が可能なサイズのトラックを使用するケースや、大型免許が必要となるトラックを運転することもあります。

ちなみに私が従事していた牛乳配達ドライバーの仕事では、小口配送と同じくオートマ車の軽バンを運転していました。

中型・大型トラックはマニュアル車であることが多いため、すべてのドライバー職のイメージとして、オートマ車しか運転できない人は求人に応募できないと考えている方もいらっしゃいますが、私が経験したようにオートマ車の軽自動車で宅配する仕事もあります。

興味がある方は求人を絞って検索してみましょう。

定期宅配サービスに従事するドライバーは小口配送ドライバーと異なり、ただ商品を定期的に届けるだけではなく、ときには契約解除を考えているお客様のつなぎとめ、自社の他商品のおすすめ、もしくは個数・商品数の増量の促進、というような営業活動をする場面があります。

単純に荷物の宅配業務だけに没頭していても会社から満足のいく評価を得ることは難しく、空き時間に新規顧客を開拓したり、既存のお客様との良好な関係性を構築・維持する活動も、定期宅配サービスドライバーの職務の一つとみなしている事業所が多いようです。

営業職に従事した経験がある方はもちろん、営業職に興味があったり単純なドライバー業務だけに嫌気がさしている方にはおすすめできる職種といえるでしょう。

得意先の店舗や会社事務所をまわるルート配送ドライバー

おそらくここまでに紹介してきた「小口配送ドライバー」や「定期宅配サービスドライバー」に比べて圧倒的に求人数が多いのは、「ルート配送ドライバー」とよばれる職種でしょう。

ルート配送ドライバーは得意先の店舗や会社事務所をまわって商品・製品を配達する仕事に従事しており、取扱荷物の種類が多岐にわたるばかりでなく、定期的に決まった量の荷物を定刻に配達する場合もあれば、受注のたびに受注数量分だけ配達に伺うケースもあるなど、配達方法に関してもさまざまな違いがみられます。

ルート配送ドライバーの求人でよく見かけるのは、「新規顧客開拓不要」や「決まった道順なのでカンタン」といった文句ですが、一般的には言葉の通り受け取ってもよいでしょう。

中には営業不振のためにドライバーにも新規顧客の開拓を求めたり、顧客の契約解除や新規契約などが頻繁に発生し出入りが激しいために配送ルートがなかなか確定せず、カーナビや地図が必須となる現場もあります。

職務内容について疑問点があったり働き方について不安を感じる方は、面接時にしっかりと確認しておくことが大切でしょう。

勤務し始めてから「こんなはずじゃなかった」となってしまうことは会社・従業員双方にとってもっとももったいないケースですので、少しでも不安があれば求人検索の段階でしっかり確認し、それでも解決しない部分については面接官に質問するようにしましょう。

実際にルート配送の仕事を探すときは、こちらの記事を参考に!

ドライバー募集の求人の良い求人、悪い求人の見極め方とは?

ドライバー募集の求人広告を出す会社は多種多様ですが、そのいずれもが深刻な人手不足に悩んでいるといっても過言ではありません。

ここではそんな引く手あまたなドライバー業界の求人情報を探索するにあたって、「良い求人」「悪い求人」を見極める際のヒントをいくつか紹介しておきます。

残業の有無、年間休日数等の待遇面

ドライバー職が現在深刻な人手不足に陥っている原因には、ネットショッピング市場の急激な拡大などによる配達需要の急増だけでなく、「残業が多い」「休日が不定期・少ない」といった「ブラック業界」の典型ともいえる特徴もあると考えられます。

ドライバーを雇用する運送業界もその点は認識しており、最近のドライバー職の求人情報では残業の有無や年間休日等の待遇面をしっかり記載し、いかに働きやすい職場かをアピールしているものを多くみかけます。

どのような種類のドライバー職に従事するかにもよりますが、この仕事は他業種に比べて残業が多い職場として知られています。

たとえば小口配送ドライバーの場合、規定の終業時刻が17時であったとしても、再配達依頼が夜時間帯であったり、単純に荷物の個数が多くて配達処理に時間がかかってしまうと残業が発生します。

私の小口配送ドライバーとしての経験では、むしろ残業が発生せずに定刻で退社できたことの方が珍しかったように記憶しています。

私が勤務していたのが5~6年前のことですので、多少状況が変わっている可能性もありますが、現在ドライバー職に従事している知人によると、やはり残業が発生することは少なくないそうです。

ただし定期配送ドライバーの場合は少々事情が異なることもあります。

私が勤務していた牛乳配達ドライバーの現場は朝早くから夕方までの仕事がほとんどで、集金業務や新規顧客開拓のための営業活動をしていて残業が発生したり、始業時刻前から出勤して「早出残業」のようなかたちで仕事をしている同僚もいましたが、基本的には残業が発生する職場ではありませんでした。

残業するにしても1時間未満であることがほとんどで、同僚から残業に関する不満を耳にすることもありませんでした。

定時に帰宅しなければならない事情がある方がドライバー職に興味がある場合、このような職種を探してみることもおすすめです。

残業と併せて、年間休日数などの労働条件も求人票や求人情報に掲載されている数字を確認しておきましょう。

参考までに、年間52週として週休2日だと104日間の休日となります。

しかし残念ながら、実際の現場では数字どおりの休日が与えられないこともありますので、面接時に休日数などの数字にどれだけ確実性があるかを見極めることも大切です。

休日の与えられ方(週休二日制、年末年始やお盆シーズン等休暇期間の出勤の有無など)に関する質問を用意しておき、より具体的な職場のイメージができるようにしておきましょう。

固定給、歩合制等の給与・報酬面

どのような仕事をするにせよ、その一番の目的は「稼ぐ」ことです。

いくら理想に適った職場であったり楽しくて仕方がない仕事であったとしても、最低限の稼ぎがなければ生計を立てることができません。

たまに金銭面にあまり頓着せずに求人探索をしている方もいらっしゃいますが、理想の職種を見つけてもそれが給与・報酬面で十分でなければ、ほかに仕事を見つけるか何か金策を考えなければならず、結局は理想であったその仕事に費やす時間や体力を削ることになってしまいます。

この点についてはなるべくきれいごとを排除して、より真剣に、またシビアに求人情報を見定めていかなければなりません。

ドライバー職に関しては、基本的にアルバイトであれば時給制、正社員であれば月給制で働いています。

また、月給の中身は固定給がほとんどを占め、業種や職種、会社によっては歩合制やインセンティブ制度などをプラスして採用されているケースもあります。

歩合制はドライバーの仕事に従事する方にも営業活動を求める職種で採用されていることが多いですが、営業職や販売職などのように歩合制が月給額を大きく左右する職種に比べると、それほど気にするレベルのものではないでしょう。

正社員として働いていれば年に何回か賞与(ボーナス)がもらえるチャンスがあったり、昇給・昇格のタイミングを与えられる可能性もあります。

良い求人か悪い求人かを給与・報酬面に関する求人情報の記述だけで判断することは困難ですが、大切なことはどれだけ現場のイメージがしやすいか、という観点で求人探索をすることでしょう。

給与・報酬体系に関してなるべくわかりやすくかつ詳細に記述されている求人の方が、実際に働き始めてから「イメージと違う」と感じることも少なくなります。

面接時に躊躇せずに給与・報酬面に関して質問をすることも重要です。

職場の雰囲気をイメージできるか

給与面の項でもすこし触れましたが、求人情報を探索する際に「職場の雰囲気をイメージできるか否か」という点に注目することは、非常に重要です。

同じドライバー職を募集している求人情報であっても、その記載の仕方や方法は求人ごとに大なり小なり異なります。

決まった形式どおりに記載しているだけの無機質な求人もあれば、「!」を多用して熱意や意欲を表そうとしている求人、現場で働いている方々の声や表情を掲載してなるべくわかりやすくしようとしている求人などがあり、ウェブサイト上の求人情報では動画を駆使したものも一般的になっています。

このように種々雑多な情報があふれている中で、自分に合うバイト先・就職先を見つけるためには、ただ漠然と求人情報を眺めるのではなく、一定の基準をもって求人を選別していくことが必要になります。

そこで私がおすすめするのが、先ほどから述べているように「職場の雰囲気をイメージできるか」という判断軸です。

どれだけ魅力的な条件(高時給、シフト自由、充実した福利厚生制度など)を提示していても、それが本当に現実的な情報なのか疑わしい場合は、一度冷静に判断する時間をとった方がよいでしょう。

ドライバー職を例にとると、先述のように残業が発生しやすい「小口配送ドライバー」の募集内容で「残業なし」と記載があれば、その根拠や理由の記載も併せて確認しなければなりませんし、「歩合給あり」と記載があるのに「営業活動はほとんどありません」とあれば、その「ほとんど」の意味に疑念の目を向けなければなりません。

結局は主観的な判断になってしまいますが、なるべく納得して就業できるように、求人探索の段階からしっかりと判断基準をもって取り組みましょう。

「良い求人」「悪い求人」の見極め方をいくつか解説していきましたが、一人ひとりの判断軸によってその良し悪しは異なります。

もっとも大切なことは「自分自身の判断基準をもつこと」です。

「ドライバーの仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

ドライバーの募集でちゃんとした仕事を探さないと大変なことに!

ここまで、ドライバーを募集する求人にはさまざまな種類があり、良い求人もあれば悪い求人もあることを解説してきました。

ここからは、求人検索にあまり時間をかけず、注意も払わずに就職先・バイト先を決めてしまうと、どのようなデメリットがあるのかを確認していきます。

あくまでも可能性の話であり、また繰り返しの内容になってしまう部分もありますが、仕事は「嫌だからやめよう」という簡単な話で切り替えられるほど単純ではありません。

以下の内容に一度目を通してもらって、このような状況に陥らないように、求人探索にしっかり時間をかける大切さを実感してください。

想像以上に長時間勤務を強いられることがある

かつてドライバーの仕事は、長時間勤務の典型的な職場の一つと見られていました。

とくに大型トラックを運転する長距離ドライバーなどは車内で就寝することもざらで、劣悪な労働環境で働く職種の代表格でもありました。

最近は深刻な人手不足と働き方改革の流れにのって、ドライバー業界も労働環境の改善が進んできたようです。

サービス残業などの違法行為や、適法であっても求職者の方々に敬遠されるような労働環境を改善しなければ、昨今のひっ迫した労働市場で十分な人手を確保することが難しいということの裏返しともいえます。

このようなことから、ドライバーの仕事はほとんどの職種で、以前ほどの長時間労働を強いられることはないでしょう。

しかし実際の現場では、依然として求人票に記載されている以上の残業を求められたり、休日出勤や早出残業のような就職前には想像もしていなかったような働き方をする羽目になるケースもあるようです。

求人探索時や面接時に現場の状況をすべて把握することは困難ですが、少なくともご自身が気になる点やクリアにしておきたい部分に関しては妥協せずに追究し、しっかり納得したうえで働き始めることが理想です。

転職前の方が効率よく稼げていたというケースもある

ドライバーの仕事は職種により稼ぎ方にも違いがある職業です。

主に固定給や(アルバイトであれば)時給制で働いているドライバーもいれば、営業活動や配達した荷物数に応じた歩合給の割合が大きい職場で働いている方もいらっしゃいます。

「稼ぎ方」についても就職前に確認しておくことが大切でしょう。

最近はドライバー職はほぼすべての職種で賃金が上昇傾向にあります。

全業種において深刻な人手不足に陥っていることや、ドライバー職の職場環境が劣悪であるというイメージが先行して、なかなか人材が集まらないことなどがその原因と考えられます。

しかし先述のように一口に「ドライバーの仕事」といっても運ぶ物(人)や運転する車両、お客様の属性などによって、職場環境は大きく異なります。

中には「効率的に稼げる」という理由で他職種からドライバー職に転職する方もいらっしゃいますが、求人探索にあまり時間をかけず、面接時にも特に疑問点・不安な点に関する質問を準備せずに就職してしまうようなケースでは、転職して逆に稼ぎが減ったという話も聞きます。

ご自身の希望する働き方が実現できる職種なのか否かという点は非常に重要です。

転職して給料が減ってしまう憂き目にあわないためにも、求人探索は慎重に行うことが大切でしょう。

イメージとかけ離れた現場で働く場合もある

就職する際にはどなたも漠然とした職場のイメージを描いているものですが、はじめからイメージ通りに働くことができるケースは残念ながら多くありません。

ドライバーの仕事に限らず、離職される方の理由として「想像していた働き方と違う」という点があげられることが多いのも、イメージと現実との乖離を表しているといえます。

また、離職までいかなくとも、従事する仕事や職場に対する忠誠心ややる気が薄れてしまう原因の一つが「イメージと違う」というものであることも理解しておくべきでしょう。

求人情報だけでなく、もし実際に現場で働いている方に話を伺う機会を得られればぜひ利用するべきですし、与えられた情報を駆使してなるべく詳細にまた具体的に現場をイメージする姿勢が大切です。

適当な気分で仕事を始めてしまうと、後に不満が次から次へと出てきてしまうものです。

求人情報を探索する際には現場のイメージをしながら、もしイメージと異なる職場であったとしても働き続けたい仕事か、という点を意識しながら行っていきましょう。

ドライバーの募集で良い求人を探すための方法

ここまでドライバー募集の求人に関して、「良い求人」「悪い求人」という比較軸で求人探索のヒントを解説していきました。

ここからは、良い求人と考えられるものを探す具体的な方法を、いくつか紹介していきます。

求人探索がなかなかうまくいかない方は、一度以下を参考にしてみてください。

1.紹介で探す

ドライバーの仕事に限らず、「バイトを始めよう」「新しい仕事に挑戦しよう」と思い立って求人探索を始めると、世の中にはとても多くの求人媒体が存在することに気がつきます。

フリーペーパーとしてコンビニや街頭に設置されている求人情報誌や、求人情報をカテゴリやこだわり別に検索することができる求人情報サイトなどがその代表例になります。

これほど多くの媒体があふれている状況において、たとえば「ドライバー職」というキーワードで検索してみても、なかなか自分に合った求人を選択することは難しいでしょう。

多くの求人が、横並びの待遇や会社紹介しか掲載していないケースが多いことがその理由で、具体的な職場のイメージができないばかりか、最悪の場合「悪い求人」に応募してしまう可能性もあります。

数ある求人の中から、自分に合った職場を見つける方法としてもっとも有効で手っ取り早いのが「紹介で探す」というものです。

現在ドライバー職に従事している知人や過去に経験がある人などが周りにいれば、自分よりも業界のことや職場の雰囲気などを知っているはずなので、話を聞いてみましょう。

すぐ近くにドライバー経験者がいなかったとしても、友人の友人、先輩の上司、親族の知り合いなど、輪を広げていけば一人や二人は見つかるはずです。

「ドライバーの仕事に興味があってこれから求人に応募しようとしている」という話を、チャンスがあれば周りに伝えるようにしておきましょう。

意外とすんなり、希望に沿った求人を紹介してくれる相手が見つかるかもしれません。

2.口コミで探す

知人からの紹介で教えてもらった求人に関しては、職場の雰囲気をイメージしやすく、入社してからのトラブルも少ない傾向にあります。

そんな「紹介の力」を利用した方法の次におすすめなのが「口コミで探す」という方法です。

「口コミ」は、実際にその職種を経験したことがない全くの素人の方にも伝播する能力を持つ、非常に伝染力の高いものなので、紹介してくれる相手を探すよりも口コミ情報に敏感になる方が、はるかに短い時間で希望職種についての情報を手に入れることができるでしょう。

一方、口コミには「デマ」情報が含まれているケースも多く、オリジナルバージョンは職場で実際に起きたことを経験者が語っていたものであったとしても、それが人から人に伝わっていく過程でまるで「伝言ゲーム」のように内容が変わってしまうことがよくあります。

最近はネット上でも「口コミサイト」が多数存在しており、口コミをもとに自分に合った求人を探すことはますます容易になっています。

この方法は確かに効率的に求人を探索することに適してはいますが、同時にそれぞれの情報の正誤を見極める目が大切になる、ということを肝に銘じておきましょう。

3.複数サイト間での比較で探す

もう一つ、とくにウェブサイト上の求人情報から探索するという方におすすめの方法が、「複数サイト間での比較」により適切な求人を探すというものです。

「ドライバー求人」をキーワードにネット上で検索してみると、膨大な量の情報が瞬時に見つかります。

大切なことは、ただやみくもにサイトを探索したり、一つのウェブサイトに絞ってそこから「何としてでも自分に合う求人を見つけよう」という姿勢で臨むことではなく、同じ求人を複数のサイト間で「比較」することです。

求人情報掲載サイトによっては、掲載の仕方が似通っているものもあります。

同業種・同職種の求人がほとんど違いがわからないほど類似した内容を掲載していたり、掲載の仕方は異なるけれど、時給額やその他待遇面などの具体的な数字に関してはほとんど同じ、というケースも散見されます。

そこで、ウェブサイト上で求人探索をする際には、複数サイト間で求人情報を比較することをおすすめします。

もし同じ会社が複数のサイトで求人を出しているならば、掲載情報に違いがあるか否かを確認することもできますし、「ドライバー」でフィルタをかけて複数のサイト間で比較することで、より多くの(有効な)求人情報に接することができます。

会社によっては複数のサイトに掲載しているところもあれば、一つのウェブサイトにだけ求人広告を出しているケースもあります。

ウェブサイトだけでなく、求人情報誌などをもとに探索をする際にも、なるべく複数媒体を「比較」することで、自分に合った求人に巡り合える可能性が高くなるでしょう。

「ドライバーの仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

まとめ

今回は「ドライバー」の仕事について、求人募集の情報から「良い求人」「悪い求人」を見分ける、という観点で紹介してみました。

人手不足のあおりを強烈に受けている業界の筆頭であり、有効求人倍率が高止まりしていることからもわかるように、ドライバーの仕事は特にこだわりがなければ、どなたでもすぐに就職できる職種といえます。

しかし、求人探索にあまり時間をかけずに、ドライバーの仕事であれば何でもいいという姿勢で就職先を選んでしまうと、思わぬトラブルや現実と理想のギャップに苦しむことになりかねません。

これからドライバーの仕事に応募してみようと考えている方は、今回紹介した求人の見分け方などを参考にして、ご自身に合った職場を探索してみてください。



関連キーワード

ドライバー求人

ドライバー求人についてもっと深堀りした情報を見る

宅配ドライバーが向いている人の4個の特徴とその力を活かせる職種・仕事とは?

宅配ドライバーは、私たちの生活に馴染みの深い仕事です。親から子供に何か荷物を送る時、オンラインで何かを買った時、会社などから書類が送られてくる時だけでなく、最近は移動式スーパーやオンラインで生鮮食材などを購入して配達してくれるなど様々シーンで宅配ドライバーと接する機会があります。宅配ドライバーのイメージは、クロネコヤマトや佐川急便などがよく浮かびます。また、宅配ドライバーと聞くと激務とか体力仕事であるなどのイメージもついて回ります。宅配ドライバーの仕事は、どういう人が適しているのでしょうか?体育会系の人にしか務まらない仕事なのでしょうか?今回は、宅配ドライバーに注目して宅配ドライバーの仕事内容

バス運転手になりたい!そのために必要な資格や勉強、適性の見分け方、働き先の見つけ方を実体験を元に解説します!

将来の夢は、バスの運転手になりたいと思っていたあなたにぴったりな記事です!車が好き、運転するのが好き、大型バスを運転してみたい、そんな車や乗り物好きな方にはバスの運転手の仕事が合うのではないでしょうか?ここでは、バスの運転手に興味をお持ちの方のために、運転手になるために必要な資格や勉強方法、バス運転手の適性の見分け方から就職先の見つけ方まで、私のバス運転経験を元に詳しくお話ししたいと思います。バス運転手にはどんな種類があるの?一言でバス運転手と言っても様々な運転手のスタイルがある為、バス運転手の働き方は多種多様です。大まかに分類すると、バス営業所を中心とした市街を走る「乗合バス」と高速道路を利

大型トラック運転手が得意・向いている人の6個の特徴や必要なスキル・適正とは?

「大型トラックの運転手」は、誰でも出来ます。しかし、「大型トラックの運転手」の仕事を知れば知るほど、大型トラックの運転手に向いている人と、向いていない人の差は明確になっていきます。その仕事とはどのようなものなのかを、大型トラックの運転手に向いている人の特徴をご紹介します!大型トラック運転手とはどんな仕事?大型トラックの運転手に限らず、トラック運転手の仕事は、「お客様から預かった荷物を、指定された時間に、指定された場所に、安全に届ける。」これがトラックドライバーの基本姿勢になります。大型トラックの運転手においては、そのお客様から預かった荷物の量が多い、荷物が重いなど各状況が更に厳しくなります。こ

トラック運転手の年収・給料はどのくらい?私の周りの相場や年収の決まり方を紹介します

トラック運転手は、ずいぶん昔は「稼げる」と言う非常に強いイメージがありました。事実、昔はそうでした。トラックを走らせれば、走らせるほど給料がどんどんアップしていました。でも、現在はそんな時代ではありません。昔ほど稼ぐことは出来ません。その理由を、現在のトラック運転手の年収事情に合わせて見て行きましょう。トラック運転手の年収の相場はどのくらい?トラック運転手の年収は、正直なところ「ピンからキリまで」と言う感じです。働く時間や、トラックを動かす距離などに大きく左右されるので、一概に言えませんが、少ない場合で、額面が400万円を切る場合から、上は700万円と言った感じです。それ以上の年収が出る場合は

宅配ドライバー求人の募集内容は?仕事内容や給料相場などをご紹介!就職・転職の参考に!

アマゾンや楽天、最近ではZOZOTOWNなど、ますます便利になっていく通信販売を利用する人が増える一方で、大手運送会社などではドライバー不足に悩まされています。ハローワークや求人サイトなどでドライバーの仕事を探すと実に沢山の宅配ドライバー求人の記事を目にすることができます。この記事ではそれぞれの宅配ドライバーの仕事の紹介、また、よく見る宅配ドライバーの募集内容にはどんな物があるのか?気になる質問についても解説しています。これを見てぜひ、自分に合ったドライバーの仕事を見つけてください。宅配ドライバーの仕事にはどんなものがある?一言で宅配ドライバーと言ってもその仕事の中身は様々です。毎日違ったお宅

バス運転手の面接前にチェック!面接時によく聞かれること、事前に準備すべきこと、逆質問しておくべきこと

バス運転手の仕事に興味を持った時、気になるのは実際の仕事内容や面接でどんなことを聞かれるかなど様々ですよね。バス運転手の面接の前に読みたい!よくある質問や注意点を中心に、少しずつ解説します。興味をお持ちの方はぜひ最後までお読みくださいね。バス運転手の採用をしている会社で多い募集内容は?募集内容で多いのはどんな条件?バス会社での求人の募集内容を紹介します。大まかな仕事内容路線バスや貸切バスなどバスの種類は様々で、それぞれバスの運行目的と運行内容は異なります。どのバスでも変わらない事はお客様を安全に目的地へと送り届ける事になります。出社時に1日の予定が書かれている運行表を用意し、そのスケジュールに

バス運転手は女性でも出来る?できること・大変なことなどを解説します

バスの運転手は女性でもできるのでしょうか?どちらかといえば、女性はバスガイドさんをイメージされる方が多いかと思いますが、今や多くのバス会社で求人募集されるほど、女性でも運転手になれてしまう時代なんです。今回はそんな女性バス運転手の仕事について詳しく解説していきます。女性であるがゆえに大変な事や、女性が強みになるメリットまで気になるポイントをご紹介させていただきます。運転が大好きで、バスなどの大型車を運転できる仕事に就きたい女性はとにかく必見です。バス運転手はどんな仕事?大型車や中型車のバスを運転し、お客様を乗せて目的地に運ぶ事が大まかな仕事内容になります。運転するバスの用途によって走る内容が異

ドライバーの副業事情。ドライバーはどんな副業をしているの?

昔から日本では多くの会社が副業を禁止してきましたが、バブル崩壊やリーマンショックなどを受けて永久雇用の概念が崩れてきた昨今、徐々に副業を認める会社も増えてきました。そんな中、実は、タクシー会社は、基本的に副業を許容している会社が多く見られます。もちろん、副業オッケーですと就業規則に記載している訳ではなく、副業禁止ではありませんのスタンスで副業を認めている形です。なぜならタクシードライバーは隔日勤務のため、1ヶ月に13乗務までしかできないルールになっていて、それ以上の勤務はできません。ただ、タクシードライバーであっても収入を増やしたい、家族を養っていかなくてはならないなど様々な理由があり、タクシ

ドライバーって高収入なの?色々なドライバーの仕事内容から給料事情まで詳しく解説!

ドライバーの仕事とひとえに言っても色々なタイプのドライバーがあります。例えば、トラックドライバー、宅配ドライバー、バスドライバー、自動販売機の補充を行うルートトラック、引っ越しトラックなどあげれば色々あります。現在、特にトラック業界は人材不足が深刻のため、積極的に人材を募集しているため、正社員として働くチャンスが増えています。もちろん、トラック業界に限らず、ドライバーの仕事は常に募集があり、働く門戸は広げられています。ただ、やはり、ドライバーとして働くにしてもドライバーは高収入なのか、仕事内容はどうなのか色々と気になるところがあるかと思います。今回は、ドライバーの仕事内容や給料事情について紹介

ドライバーの仕事ってきつい?きついことも楽しいことも詳しく解説!

ドライバーの仕事といえば、日常生活で利用するタクシーであったり、スーパーやコンビニで普段みなさんが目にしたり、購入する商品を運んだりするトラック、自動販売機のジュースを補充するトラックなど様々なドライバーの仕事があります。トラックやタクシーのドライバーはよくきつい仕事と言われています。事実、最近は人手不足により特にトラック業界は深刻と言われています。しかも人がなかなか集まらない、それはやはり仕事がきついからでしょうか?今回は、タクシーやトラックドライバーのきついところ、楽しいところを紹介していきます。ドライバーの仕事がきついのはこんなところドライバーの仕事できついところは、勤務時間が事務職など

ハイヤー運転手の年収はどれくらい?相場感や給料の決まり方などを教えます

ハイヤーの仕事に興味はあるけれど、本当に求人情報に書いてある内容で合ってるの?と思われる方も多いと思います。実際にタクシーの話にはなりますが、固定給と書いてあって、実際は歩合給だったり…そんな心配をしている方達に、実際にハイヤーをしている私の会社を基準に、ハイヤー運転手の年収についてお話をさせていただければと思います!ハイヤー運転手の給料の相場はどのくらい?基本的にハイヤーの仕事に新卒、転職は関係ありません。言い方を変えれば、学歴、過去不問となっている会社がほとんどです。ご年配の方を中心に雇っているところもあれば、若い方の方が社会の色に染まってないから育てられると考える会社もあります。あくまで

ハイヤー運転手求人の募集内容は?どんなところをチェックするといい?ポイント教えます!

突然ですが、ハイヤー、と聞いてみなさんはどんな想像をしますか?実は、ハイヤーと言う仕事は運転と接客、気配りなどが重なった非常にハイレベルな仕事です。そんなハイヤーの仕事につきたいと思ってるあなた!今日は、某企業の専属運転手をしている私が気になるハイヤーの仕事、聞きにくい求人の裏側についてお教えします!ハイヤーってどんな仕事?ハイヤーとは、主には運転手のことを言います。街中で、黒塗りの車にスーツをきて白い手袋をした運転手を見かけたことはありませんか?その人達がハイヤー運転手と呼ばれる人たちです。ハイヤーとはタクシーのように手を挙げて乗り、行き先を告げて行くと言う方法ではなく、完全予約制です。事前

バス運転手になるには?必要な資格や免許は何?勉強しておくべきこと教えます!

公共交通機関で普段通勤や通学などで使う機会のあるバスですが、意外と身近にあるため、どういうことにやりがいを感じて、どういうことがバスの運転手をする上でチャレンジなことなのか、転職や就職事情など知らないことだらけではないかと思います。小さい頃に路線バスの運転手を見て憧れた人は少なくないとは思いますが、いざ、バスの運転手を目指そうと思ってもどうしたらいいのかわからないところです。今回は、バスの運転手について仕事内容ややりがい、バスの運転手になるにはどうしたらいいのかなどについて紹介していきます。バス運転手の大まかな仕事内容は?バス運転手は、バスを運転してお客様を目的地へ運ぶことが大まかな仕事内容で

バス運転手の年収はどのくらい?あなたが気になる相場など給料事情を教えます!

普段、日常生活において利用することがあるバスですが、バス運転手は年収いくらもらっているか気になるところです。バス運転手といっても実は民間バス会社で働くバス運転手と公営のバス運転手、いわゆる公務員として働くバス運転手の大きく分けて2種類あります。当然ですが民間と公営では給料事情は異なってきますし、民間バスのバス運転手は、民間バスが主催する試験を受けるのですが、公営バスのバス運転手は公務員ですので公務員試験を受ける必要があります。今回は、バス運転手の給料事情について紹介します。バス運転手の給料の相場はどのくらい?バス運転手の給与事情について調べてみました。バス運転手の収入モデルケースを見つけたので

家具配送求人の募集内容は?勤め先はどんなところ?おすすめ求人のポイントも教えます!

あなたは家具配送の求人を見たことがありますか?ドライバーの募集や配送補助の募集などいくつか求人誌や求人サイトで見にしたことがあるのではないかと思います。イメージとしては、トラックに乗って家具をお客様のもとへ運び設置する、というイメージですよね。では実際にどのような タイムスケジュールで一日が流れていくのかや、おすすめの求人のポイント、気になる疑問についても解説いたします。家具配送のおおまかな仕事内容家具配送の大まかな仕事内容としては販売店から荷物をトラックに乗せ、お客様のもとへ運び設置をする、というのが主な仕事です。しかし実はお店により仕事の内容が様々で、その日に配送する予定の家具を自分で準備

バス運転手の転職を成功させるために!狙い目な会社の5個の特徴と上手に転職するための4個の注意点

バスの運転手へ転職したいという方は必見です。憧れの職業を諦めて、今の仕事に就き、やりがいが持てず、転職をしたいけどいまいち一歩が踏み出せないという人が最近、とても多いかと思います。そこで今回は、バスの運転手に憧れを抱いていた方でも、思い切って転職して成功させる方法について解説していきたいと思います。狙い目な会社の5つの特徴や、転職活動の注意点4個など、様々な情報をまとめてご紹介しますので、転職前にこの記事を読んで予習しておきましょう。よくある転職理由なぜバス業界に転職を考えるのか、よくある転職理由とは?車の運転に慣れているから普段運転していて、運転することに慣れている人にとって、バスの運転手は

バス運転手の仕事内容は楽?それともストレス?向いている人の特徴と一緒に見ていこう!

 バス運転手の仕事とはいったいどんなことをするのでしょうか?今回は、バス運転手の仕事の役割から業務の流れを具体的に解説します。また、バス運転手に向いている人の特徴も知っておきたい情報の1つですよね?他にも、その後のキャリアアップの仕方など、気になるポイントをしっかりご紹介していきたいと思います。今、求人を探している方は、おすすめな選び方や注意点もお話させていただくので、参考にしてみてくださいね。ぜひ自分に合う職場を見つけてみましょう。バス運転手の大まかな仕事内容バス運転士にも色々あります。勤務地周辺の街を走り、各バス停で待っているお客様を乗せて、目的地まで案内する路線バス運転士。特定の場所でお

配送・配達ドライバーは運転が好きな人におすすめ!その理由と実はやってみて大変だったこと

配送や配達は、運転が好きな人にはおすすめの仕事です。それは「たくさん運転出来るから」という単純な理由以外にも、さまざまな理由があるためです。しかし、実際にやってみると、意外と大変な仕事だということが分かります。やってみなければ分からない、配送ドライバーの仕事内容についてご紹介します!配送・配達ドライバーとはどんな仕事?配送・配達ドライバーは、「配る」という漢字の通りに、荷物を運ぶ仕事です。依頼主の元へ個人的な荷物を届けたり、会社や店に頼まれた商品をルート配送したりします。配送・配達ドライバーの役割とは?配送・配達ドライバーの仕事は、単に「荷物を運ぶだけ」と考えている人も多いでしょう。しかし、実

バス運転手求人でよくある募集内容をご紹介!これから求人を探すならチェックしておこう!

バス運転手の求人を探している方は必見です!身近な存在であるバス運転手の仕事について、募集内容やおすすめの求人についてご紹介していきます。大きなバスを運転するってとても難しそうですが、やりがいのある仕事ですよね!仕事内容のよくある疑問などにもお答えしていきます。運転好きな方なら一度は大型車を運転してみたいと思うのではないでしょうか?是非ご一読くださいね。バス運転手のおおまかな仕事内容おおまかな仕事内容街の中を走っている乗合バスの場合は、中型または大型バスに乗り、決められている路線を走り、バス停で待っているお客様を乗車させ、目的のバス停まで安全運転で送り届ける仕事です。また、遠くの街まで走っている

大型トラック運転手求人の募集内容は?必要な資格やおすすめ求人のポイントもご紹介!

現在、日本国内の物流の六割をトラック輸送が担っていると言われています。一方で昨今は若者の自動車離れも一因となり、ドライバー不足もニュースなどで話題となっています。トラック事業は30年ほど前の規制緩和によって価格競争が激化していましたが、この数年で法改正・見直しがすすめられ、関係者が働きやすく適正な賃金を得られる環境が整いつつあります。以前は路線バス乗務員、現在は大型トラックでの食料品輸送ドライバーをしている私が、大型トラック運転職の実情や魅力、そして大型トラック運転手求人でよくある募集内容や働き先の種類・おすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します 。大型トラック運転手のおおまかな仕

トラックドライバーの仕事に向いてる人の特徴は?仕事内容や向き不向きについてご紹介!

トラックドライバーというと、昔と今のイメージは様変わりしています。キツイ・重労働といったイメージで就職率もよくありません。具体的な仕事内容や、どんな人に向いているのかを経験者の立場からご紹介しますので、もしかしたら自分に向いているのかも?と思えるかもしれません。物流は無くなることはありません。世の中で必要不可欠な仕事です。そこにトラックドライバーがいるのです。この記事を読んで一人でも多くの方がトラックドライバーの仕事に興味を持ってもらえたら嬉しいです。トラックドライバーってどんな仕事?トラックドライバーは、運送会社に勤務し、1トン車~10トン車までその運ぶ荷物により使い分けています。走る距離も

バス運転手を辞めたい時はどうしたら良い?よくある6個の原因と対策。

街中でバスを見かけない日はないと言ってもいいくらい、人々にとってなくてはならない交通手段ですよね。そんなバスの運転手を辞めたいと考えている方もいらっしゃるかもしれません。バスの運転手に憧れて仕事をしてみたけど、思っていた仕事とは違った。そんな悩みを持っている方は、バスの運転手を辞める前にもう一度その原因と対策について考えてみてはいかがでしょうか。 世の中には決して楽な仕事はありません。きっとどんな仕事でも誇りと責任を持てば、また違ったやりがいや楽しさが見えてくるはずです。バス運転手を辞めたいと感じてしまう6個の原因とその対策とは?小さい頃に憧れていた、バスの運転手。いざ業界に飛び込んでみると、

タクシー運転手が辞めたい5個のよくある理由とその乗り越え方

中途入社が当たり前で、新卒採用はほぼ行われていないのがタクシー業界です。また、入ってくるのと同じくらい、出て行く人も多いというのが、この業界の特徴でもあります。規模によっては一年後、自分と同じ月に入社した社員の社員番号が100番違っていた、なんてことも珍しくありません。今回は、タクシー運転手を辞めたいと思う理由についてよくあるものを紹介します。タクシー運転手が仕事を辞めたいと思うときによくある5個の理由経験の長い先輩には「次の職を見つけるまでの腰かけ」と言われてしまうこともある、離職率の高いタクシー業界。実際、定年まで勤め上げて、再雇用の手続きをする方より中途で他業種へ転職される方が多いです。

タクシー運転手の5個のメリット。実際に私が働いていて感じたこと

タクシー運転手は、拘束時間的にも金銭的にも良いとは言えない仕事と思われていますが、まったくその通りです。否定はしません。現実です。それでも何か良い点がなければ、始めないし続かない。悪い話も聞くものの、良いこともやはりあるのです。今回は、タクシー運転手のメリットをご紹介します。タクシー運転手のメリットとは?タクシーは拘束時間が長くて仕事がキツい。世間で言われることは正しいです。けれども、こんな人なら抜け出せないほどハマるかもしれません。とにかく自由、散策が日常、おひとりさま好きにはプライベートが充実する。人から与えられる業務のみをこなすことに辟易している方、自由を求めている方には、楽しめる仕事で

タクシー会社(東京)のおすすめ9選。タクシー運転手が業界事情をもとに考えてみた

平成28度の東京にあるタクシー会社は439社もあります。車両台数は30,911台、個人タクシー台数は13,937台もあります。(全国ハイヤー・タクシー連合会資料から)これだけの数のタクシー会社がありますから当然ピンからキリまであるはずです。タクシー運転手が業界事情をもとに考えたタクシー会社をお勧めしましょう。タクシー運転手の業界事情現在タクシー運転手は不足しています。これはお客とタクシー台数の需要と供給の点からではなく、タクシー会社の事情からのものです。会社に車はあるが乗務員が足りないということです。これは簡単に言うと人気がないということです。長時間労働や安い給料が原因と思われますが、実際はそ

東京のタクシードライバー求人裏情報。こんな会社はツライ!事前の見極めポイントをこっそり教えます

求人誌をみると東京のタクシードライバー求人が多いのにびっくりします。しかも高給可能、給与保証あり、支度金ありなどの好待遇な条件で誘っています。全て事実ならこんないい職場は他にはありません。本当のことなのか何か裏があるのではないか。真実か否か、東京の現役タクシードライバーが求人裏情報を紹介していきます。タクシードライバー求人の裏情報私の推測ですが東京のタクシードライバー求人は東京にあるタクシー会社439社全部が出していると思います。実際私の会社でも私が入社する前から今まで7年間ずっと求人しています。確かに入社してやめていく人もいますが7割位は残っています。でも応募に来る人が少ないのは確かです。な

タクシードライバーの転職を成功させるために!狙い目な会社の2個の特徴と上手に転職するための3個の注意点

タクシードライバーの転職を考えている方は成功させるコツを今からお話しさせていただきますので必見です。地域によって差が大きく、営業形態によっても違いが大きいので、今回は自分がタクシー運転手の転職で、中途で正社員になった経験をもとに紹介させていただきます。あくまで参考としてご覧いただければと思います。狙い目な会社の特徴や注意点、自分に合う求人の選び方を知ってタクシー業界の転職を成功させましょう。タクシードライバーの転職事情実際には新卒で入社する人よりも転職組の人のほうが多いはず。 大企業などで新卒を大量採用している会社では、中途組は肩身が狭い場合もあると聞いたことがありますが、タクシー業界に限って

ルート配送の仕事に向いてる人は?楽?大変?自分はどっちか向き不向きを確認しよう!

今回のテーマは、ルート配送の仕事は一体どんな人に向いているか?ルート配送が得意な人の特徴やキャリア等についてです。ドライバーの仕事はいろいろな種類、形態の募集が出ておりますが、中でもルート配送という部分に注目して仕事を探す人もいるのではないでしょうか。ルート配送業務の経験があり、それについて熟知している方であればともかく、今迄経験した事がない人にとっては果たしてこの仕事は自分に向いているのだろうか?という不安はあって当然でしょう。無論、実際にやってみなければその仕事の良い所も悪い所もなかなか見えてはこないものですが、ある程度のリサーチは行っておくと、いざやってみてからこんな筈では無かった・・・

タクシー運転手は副業OK?禁止?OKな場合のオススメの副業14選

タクシードライバーは1ヵ月に12日しか仕事をしていません、18日も休みがあります。休みを有効に使い生活を向上させる事ができるはずです。では収入を増やす副業はどうでしょうか。できるのかできないのか、できるのなら何ができるのか説明していきましょう。タクシー運転手の副業はOKなのか?タクシードライバーは副業してもいいのでしょうか、会社は許可を出すのでしょうか。副業がOKな会社は多い全てのタクシー会社がOKとは限りませんが、かなりの会社は認めています。休みが多いので業務に支障がなければ見逃している形になります。会社によるので就業規定は確認すべき社則に副業禁止となければその会社ではできることになります。

ドライバーの仕事探しで注意した方が良い5個のこと

ドライバーの仕事は、人によってなかなか好き嫌いや合う合わないが分かれる職種だと思いますが、一口にドライバーといっても実に条件は様々です。仕事の基本は車の運転が中心となるのですが、どんな車を運転して一体何を載せるのか、何処を走ってどこに運ぶのかによって話は大分変わってきます。長くこの仕事をやっている人であればその辺の勘が敏感に働いて、この仕事は大変そうだとかヤバそうだとかいうのが何となく想像出来るのですが、やった事の無い人にとってはそんな芸当は真似出来ません。ここではドライバーの仕事を探す時に注意したほうが良い点について幾つか書いていく事にします。ドライバーの仕事探しで注意したほうが良い5つの事

ルート配送とはどんな仕事?その仕事内容や会社においての役割、なり方など詳しく解説します!

今回はルート配送というお仕事について簡単に触れていきたいと思います。運送関係のお仕事等を探していると、このルート配送の募集を目にする事も多いと思います。今回敢えてルート配送について述べるのは、他の配送方法と区別する事でその違いを分かりやすく説明する為です。ルート配送の仕事とはどんな仕事?まず始めに、ルート配送とはどういったものかという事を簡単に説明します。ルート配送が通常の配達業務と大きく異なる点は、荷物を届ける先と運ぶモノが最初から決まっているという点です。例えばアマ○ンのようなネットショップで買い物をした場合には、我々の個人宅までヤ○トとかサ○ワ等の運送業者がその商品を届けにきてくれますが

ルート配送の転職を成功させるために!狙い目な会社の3個の特徴と上手に転職するための2個の注意点

これからルート配送の転職を考えている方に向けて、転職を成功させるために狙い目な会社の特徴や上手に転職するための注意点等を書いていこうと思います。どんな仕事でも楽な仕事はありませんが、ルート配送の仕事も例外ではありません。今の仕事に満足していない、もっと給料もいいところがないかなと思っている方。この記事を読んで上手に転職して、是非年収アップを目指してくださいね。ルート配送で転職する人は多い?ドライバーの仕事をしようと思った時に、まずはルート配送について考える人もいるかと思います。ルート配送というのは、一般的に通常の配達業務等に比べてラクなイメージを持っている方が多くいます。確かにひと昔前はルート

ルート配送求人でよくある募集内容は?給料はいいの?おすすめ求人のポイント教えます!

ここではルート配送ドライバーの求人でよくある募集内容や働き先の種類・おすすめ求人のポイント、気になる疑問等について書いていきます。慢性的なドライバー不足に悩まされているこの業界では求人が多く、簡単にいろいろな会社の募集を見つけることが出来るでしょう。しかし、選択肢が多ければ一体どこに応募すれば良いのか迷う事にもなります。そういう時にしっかりと募集内容や仕事の条件を確認しておく事は重要となってきます。ルート配送のおおまかな仕事内容いつものルートでいつもの場所へルート配送とは一言で言ってしまうと、いつもの決まった日時に、決まった荷物をいつものルート(道順)で、同じ届け先に届けるという仕事です。決め

運送ドライバーが向いている人の3個の特徴とその力を活かせる職種・仕事とは?

運送ドライバーの仕事は一昔前までは体力的にハードであったり、勤務時間が長かったりとなかなか良いイメージで語られない職種でした。しかし最近は賃上げや職場環境の改善が進み、働きやすくなってきています。今回はそんなドライバー職に「向いている」人にはどのような特徴が見られるのかを紹介していきます。加えてドライバー職で得たスキルを活かせる職場も最後に挙げておきますので、併せて参考にしてみてください。運送ドライバーとはどんな仕事?一般に、「運送ドライバー」とは荷主から預かった荷物を指定の配達先に届ける仕事に従事するドライバーを指します。その職種として、宅配便ドライバーなどの「個人向け」や、企業間取引におけ

運送ドライバーの仕事に向いてる人とは?活かせる経験は何?記事を読んで確認してみよう!

運送ドライバーの仕事に興味がある方は必見ですよ!宅配便の配達やコンビニ・スーパーへの搬入など、私たちの周りで様々な用途で活躍している「運送ドライバー」。この記事ではどのような人がドライバー職に向いているのかを簡単に解説していくと共に、キャリアアップの道や求人検索の仕方も紹介していきます。ドライバーを職業にしたい方はぜひこの記事を参考にしていただけたらと思います。そもそも運送ドライバーとはどんな仕事?一般に車を運転して荷物を運んでいる人を「運送ドライバー」と呼びますが、宅配便ドライバーや大型トラックの運転手、引越し作業員などその職種や業務内容は多岐にわたります。運送ドライバーの大まかな仕事内容基

運送ドライバー求人でよくある募集内容をご紹介!おすすめ求人を見極めるポイント教えます

今回取り上げる「運送ドライバー」の仕事は今まさに人手不足問題にもっとも悩まされている職種の一つであり、今後賃上げや待遇改善が期待できる職場でもあります。この記事では、運送ドライバー求人の仕事の内容を把握する為の必要最低限ともいえる情報を簡単に紹介していきます。運送ドライバーの大まかな仕事内容大まかな仕事内容運送ドライバーは荷物をある場所に届けたい「荷主」から荷物を預かり、それを目的地まで「運ぶ」仕事を担います。また、運送ドライバーには勤務する会社が提供する「サービス」を体現する役割もあります。サービスの例を挙げると、スピード配送や時間帯指定といった「時間」に関するものや冷蔵・冷凍車を使用する「

トラック運転手求人でよくある募集内容をご紹介!おすすめの求人は?就職・転職の参考に!

トラック運転手求人について今回は詳しくご紹介させていただきます。モノを運搬するのが主な業務ですが、乗用車では満足できないロケーションを楽しめちゃうトラックの運転手は夢がありますね!今回は、そんなトラック運転手のあるあるな求人情報や詳しい業務内容もしっかりお話しさせていただきます。年収などの気になる質問にも、色々とお答えしますので、ぜひご覧ください。トラック運転手のおおまかな仕事内容トラック運転手の大まかな仕事内容とは?基本的には、モノを運搬する仕事です。モノにも色々ありますし、資格が必要な物もあります。宅配便、郵便、機材、建築資材、コンクリート、車、ガソリン・・・あらゆるモノをトラックを使って

タクシードライバー年収大告白!私が年収500万円を達成した時の働き方・稼ぎ方

タクシードライバーの年収をここでは詳しく解説しちゃいます!これからタクシードライバーをしてみようかなと思っている人達の最大の関心ごとは、一体どのくらい稼げるのかが重要なポイントでしょう。まずタクシードライバーの収入の平均はいくらか、稼いでいる人は何をしているのか、どんな工夫をすれば収入が良くなるのかを考えていきましょう。タクシードライバーで稼げる方法はやり方次第なので、年収500万になった私の経験上のお話をさせていただきますね。タクシードライバーの平均年収全国のタクシードライバーの平均年収は平成28年は3,320,100円で、東京は4,428,200円と平均を上回って全国で1位でした。(全国ハ

ドライバーの仕事に向いてる人の特徴は?仕事内容やメリットと一緒にご紹介します!

これからドライバーの仕事を始めてみたい、以前から興味があったけどやった事が無いという人達の為に、ドライバーの仕事はどんな人に向いているのか?実際の仕事の内容や向き不向き、キャリア等について解説していきたいと思います。一度も就いた事の無い仕事というのはなかなかイメージもわきにくいですし、かといってそこにいきなり飛び込んでいくのにも勇気が要る事でしょう。まずはおおまかにその職種について情報を集めてみる事から始めてみましょう。ドライバーはどんな仕事?ドライバーの仕事とは、車やトラック、バス等を運転して業務を行う職種を指します。車やトラック、バスに人や荷物を積んで目的地まで移動したり、荷物を集荷、配達

タクシー運転手求人でよくある募集内容をご紹介!これから求人を探す方はチェックしよう!

今回は皆さんが一度は利用したことのあるタクシー運転手の求人について詳しくご紹介していきたいと思います。タクシードライバーの仕事に興味があるけれど、実際どんな仕事なのかわからない。そんな未経験の方は必読!お客様を乗せて運転するだけが仕事なの?お給料は?休日は?休憩は?そんな疑問も解決すること間違いなしです!新人研修や、勤務体系など、元ドライバーがタクシー運転手の仕事内容やおすすめポイント、やりがいについて紹介します。タクシー運転手のおおまかな仕事内容タクシーの運行形態は2つあります。自分で走ってお客様を見つける流し営業、会社へ依頼したお客様をお迎えに上がる待機営業です。流し営業でも、お客様の依頼

トラック運転手募集はココを見て!良い求人、悪い求人の見極め方を教えます

トラック運転手といえば、長距離運転で疲れるのでは?というイメージがあるのではあるのではないでしょうか?ですが、どんな仕事をしているかというと、詳しくご存知な方はそこまで多くないのではないでしょうか。今回は、知っているようで知らないトラック運転手の募集に関してご紹介いたします。トラック運転手の仕事とはどんな仕事?ひと言で言って、ただ運転していれば良い職業ではないのです。かなりの肉体労働で、力と根性は必要です。特にスキルや頭を使う難しい職業ではありませんので、健康に自信があって、運転が好きな方は向いていると思います。荷物の積み降ろし作業や荷捌きも要求されるケースもあれば、現場へ行って一人で全て行わ

配達とはどんな仕事?その仕事内容や運送においての役割、なり方など詳しく解説します!

配達の仕事は、「大変だけど稼げる」というイメージがあると思います。実際その通りではありますが、どの程度大変なのか、一体どの程度稼げるのかまでは詳しく知らない人も多いでしょう。また、配達といっても具体的にはどんな仕事をしているのかも知らない人は多いと思います。そこで、配達とはどんな仕事なのか、その仕事内容や運送においての役割、どうすれば配達の仕事で働けるかなどついてご紹介していきます!配達とはどんな仕事?配達の仕事は、一言で言えば「荷物を配達先へと届けること」です。シンプルな仕事内容ですが、問題なく荷物を届けるためにスタッフはあらゆる努力をしています。届け先を間違えないように何度も住所をチェック

配達員・配送員とはどんな仕事?その仕事内容や業界構造においての役割、やりがいなど詳しく解説します!

あなたは配送・配達の仕事と聞くと、どんなことを思い浮かべますか?大抵の人は、「荷物を運ぶ仕事」を想像するでしょう。その想像は間違いではありませんが、実際の配送・配達の仕事にはさまざまな種類があり、種類ごとに仕事内容も違っています。配送・配達の仕事の業種ごとの違いやその役割、具体的な仕事内容ややりがいなどについてご紹介します!配達員・配送員とはどんな仕事?「配達」と「配送」という言葉はよく似ています。配達員は、荷物を相手に届ける、すなわち「到達させる」ことに重点を置いていますので、大手宅配業者のように、荷物を送り届けるドライバーの仕事を指すことが多いです。一方の配送員は、「荷物を送る」ことに重点

配送・配達の仕事はどんな人に向いているの?向き不向きやりがいポイントについて解説します

配送や配達の仕事に興味があるけれど、それが自分に向いている仕事なのか分からないという人は多いでしょう。またどんな会社で配達・配送の募集をしているのでしょうか?興味があってもいざ求人を探そうとしても、漠然としていてどう選べばいいか分かりませんよね。そこで配送の求人を選ぶコツから、働くメリットやどんな性格の人に向いているのか、向いていないのかを簡潔に分かりやすくご紹介したいと思います!配送・配達はどんな仕事?一口に配送・配達の仕事と言えば、会社や家庭に荷物を届けたり、お店に商品を運んだり、または引越し作業をしたりと、「物を運んで届ける仕事」のことです。配送・配達の大まかな仕事内容配送・配達の仕事で

タクシーの仕事に向いてる人の特徴をご紹介!大まかな仕事内容と一緒に見ていこう!

電車を降りて構内を出るといつもタクシーが停まってお客を待っています。「荷物が多い」、「雨が降っている」、「急いでいる」時はつい利用してしまいます。中には毎日利用している方もいるでしょう。その公共性が高い便利な足であるタクシーとはどんな仕事なのでしょうか、詳しく説明していきたいと思います。タクシーの仕事はどういう仕事?タクシードライバーの仕事は簡単に言うとお客様を乗せて目的地まで運ぶことです。言うのは簡単ですが実際はそんなに楽な事ではありません。昔と違いサービスの向上に力を入れているので接客態度の改善が求められているのです。一言でいえばタクシーは接客につきる仕事なのです。入社時の研修、入社後に社

トラック運転手の転職を成功させるために注意すべきこととは?上手な転職方法を解説します

「1度は大型トラックに乗ってみたいな」、「長距離トラックで日本中を走れたらな」、「運転が好きだ」と思う人は男女を問わずかなり沢山いることでしょう。ではその夢を叶えるにはどうすればいいでしょうか?まずは運送会社に入社してみましょう、トラック運転手に転職してみてはいかがでしょうか。いまやトラック無しでは流通は成り立ちません、トイレットペーパー・消しゴム1つでもトラックが運んで我々の生活と日本経済を支えているのです。現在トラック業界はテレビや新聞等のメディアが伝えているよう未曽有の人手不足に陥っています。現在そこで働いている人達の高齢化が進んでおり若い人材が”仕事がキツイ””給料が少ない””時間が長

配送ドライバー求人でよくある募集内容をご紹介!自分に合った求人の選び方教えます!

あなたは配送の仕事に興味を持ったことはありますか?車であちこちに配送する仕事は、募集によって給料が高額なところもあるため、「ちょっと働いてみたいかも・・・」と興味を惹かれたことがある人もいるでしょう。しかし、一口に配送といってもさまざまな仕事があるため、仕事内容を詳しくは知らないという人も多いでしょう。配送業について知りたいという人のために、配送求人でよくある募集内容や、気になる仕事内容をご紹介します!配送にはどんな種類があるの?配送と聞くと、どんなイメージがありますか?大抵はトラックで荷物を運んだり、会社や個人の家へ届け物をするというイメージを持っている人が多いことでしょう。もちろんそれも配

トラック運転手の仕事内容や向いている人の特徴などについて解説

トラック運転手の仕事内容って具体的にどんなことをしているのでしょうか? 実は、トラックの運転手の仕事といっても色々な種類があるんです。 毎日たくさんのトラックを見かけますよね? トラックドライバーの仕事内容を知れば、自分に向いてる職業なのかもわかるはずです。 職探し中の方は、この記事を読んで参考にしていただければと思います。トラック運転手はどんな仕事?トラック運転手の仕事はお客様からお客様に荷物を運ぶことです。大きいことでは港から倉庫へ、産地から市場へ、小さな仕事では店から各家庭までとあらゆる物を荷主の依頼通りに運ぶことなのです。トラック運転手の大まかな仕事内容物を運ぶことは同じですが運