業界大手の働き方改革やそれに伴うサービス内容の変更など、話題に上ることも多い「ドライバー」の仕事。

今回は「ドライバーの募集」をテーマに、いくつかの観点からこの仕事の実態を紹介していきます。

ドライバーの仕事といってもさまざまな職種があるので、まずはよく求人が出ているドライバー職種を3つ紹介していきます。

その後、良い求人・悪い求人の見極め方や、しっかり求人探索をしなかった場合に起こり得るデメリット、自分に合った求人を探すコツなどを解説していきます。

この仕事に興味がある方は一度以下の内容に目を通してみて、求人に応募するか否かの判断材料にしてください。

ドライバーの募集ではどんな求人が募集されているの?

まずはドライバーの仕事としてどのような求人が募集されているのかを確認していきましょう。

ここでは代表的な3つのドライバー職を紹介することで、この仕事でよくある仕事内容について解説していきます。

ちなみに今回は「タクシー運転手」や「バス運転手」など「お客様を運ぶ」ドライバー職についてはあえて紹介していません。

理由としては、二種免許が必要なため誰でも手軽に就職することができる職種ではないこと、荷物を運ぶドライバーと人員を運ぶドライバーでは同じドライバー職でも性質が異なること、などがあります。

今回紹介するドライバー職の内容はほんの一部に過ぎない、ということを了解の上で読み進めていってください。

ドライバーの募集でよくある仕事内容とは?

ドライバーの求人は、昨今の人手不足も相まって増加の一途をたどっており、それでもまだまだ人員が足りない状況が続いているようです。

この仕事に興味がある方にとっては「売り手市場」の現状は追い風といえるでしょう。

ここではドライバーの募集でよく見かける「小口配送ドライバー」「配達ドライバー」「ルート配送ドライバー」の3つを紹介していきます。

それぞれの特徴を簡潔に確認して、自身に合うドライバー職として適切なものはどれかを判断しましょう。

軽トラで配達する小口宅配便ドライバー

ネットショッピングが一般化し、膨大な量の「小口配送」つまり個人宅や事業所などへの小ロット(多くの場合単品もしくは2~3個の品)の配送需要が生まれています。

「ラストワンマイル」ともよばれ、運送業務の最終段階であるこの職種は、自転車での配送やバッグを担ぎながら配送している担当者をよく見かけるようになったことからもわかるように、深刻な人手不足に陥っている職種の一つです。

小口配送を担当する「小口宅配便ドライバー」は、軽トラックや軽バンを使用します。

中型・大型車では進入できない狭い路地なども通行できることがその理由で、普通自動車免許を保持していればどなたでも従事することができます。

中にはマニュアル車を運転するケースもありますが、AT限定免許であったりマニュアル車の運転に慣れていないためにオートマ車のみの運転を希望する場合は、会社に事前に伝えておけば問題ないでしょう。

小口宅配便ドライバーは取り扱う個々の荷物が比較的小さいこともあり、一日に届ける荷物の個数が3ケタに上ることもあります。

他のドライバー職に比べると訪問する場所も圧倒的に多いため、カーナビや地図を読めることが必須です。

また、階段の上り下りや荷物を抱えながらお客様宅まで走っていくこともたくさんあり、体力勝負な部分も大いにある職種といえるでしょう。

一方で、一つひとつの商品に対する知識やお客様への営業活動の必要性などはなく、ただ単純に荷物を届けるという職務に集中すればよいので、仕事内容そのものは単純明快です。

お客様が不在で再配達が必要になったり、時間指定の荷物が重なったりといったことでストレスを抱える場面もありますが、ドライバー職に初めてチャレンジするという方にはおすすめできる職種といえます。

定期的に商品を購入しているお客様宅に商品を届ける配達ドライバー

昔ながらの牛乳の宅配サービスや生活協同組合(生協)に代表される食料品の配達サービスに加えて、最近では飲料水や食料品以外のものにいたるまで、さまざまな商品の「定期宅配」サービスが人気を集めています。

これらのサービスは「サブスクリプション」とよばれるビジネスモデルの一形態と捉えることが可能で、定期的に商品を届けることで顧客が他の商品に買い替えることを防ぎ、商品や会社へのロイヤリティ(忠誠心)を高める効果をねらう、といった点を目的に実践されています。

この手法に欠かせないのは定期的に商品を届ける「ドライバー」であり、サブスクリプションビジネスの広がりとともに、定期宅配サービスに従事するドライバーの数も増加傾向にあります。

定期宅配サービスドライバーは取り扱う商品により、小口配送ドライバー同様に軽トラック・軽バンを運転する場合もあれば、普通自動車免許で運転が可能なサイズのトラックを使用するケースや、大型免許が必要となるトラックを運転することもあります。

ちなみに私が従事していた牛乳配達ドライバーの仕事では、小口配送と同じくオートマ車の軽バンを運転していました。

中型・大型トラックはマニュアル車であることが多いため、すべてのドライバー職のイメージとして、オートマ車しか運転できない人は求人に応募できないと考えている方もいらっしゃいますが、私が経験したようにオートマ車の軽自動車で宅配する仕事もあります。

興味がある方は求人を絞って検索してみましょう。

定期宅配サービスに従事するドライバーは小口配送ドライバーと異なり、ただ商品を定期的に届けるだけではなく、ときには契約解除を考えているお客様のつなぎとめ、自社の他商品のおすすめ、もしくは個数・商品数の増量の促進、というような営業活動をする場面があります。

単純に荷物の宅配業務だけに没頭していても会社から満足のいく評価を得ることは難しく、空き時間に新規顧客を開拓したり、既存のお客様との良好な関係性を構築・維持する活動も、定期宅配サービスドライバーの職務の一つとみなしている事業所が多いようです。

営業職に従事した経験がある方はもちろん、営業職に興味があったり単純なドライバー業務だけに嫌気がさしている方にはおすすめできる職種といえるでしょう。

得意先の店舗や会社事務所をまわるルート配送ドライバー

おそらくここまでに紹介してきた「小口配送ドライバー」や「定期宅配サービスドライバー」に比べて圧倒的に求人数が多いのは、「ルート配送ドライバー」とよばれる職種でしょう。

ルート配送ドライバーは得意先の店舗や会社事務所をまわって商品・製品を配達する仕事に従事しており、取扱荷物の種類が多岐にわたるばかりでなく、定期的に決まった量の荷物を定刻に配達する場合もあれば、受注のたびに受注数量分だけ配達に伺うケースもあるなど、配達方法に関してもさまざまな違いがみられます。

ルート配送ドライバーの求人でよく見かけるのは、「新規顧客開拓不要」や「決まった道順なのでカンタン」といった文句ですが、一般的には言葉の通り受け取ってもよいでしょう。

中には営業不振のためにドライバーにも新規顧客の開拓を求めたり、顧客の契約解除や新規契約などが頻繁に発生し出入りが激しいために配送ルートがなかなか確定せず、カーナビや地図が必須となる現場もあります。

職務内容について疑問点があったり働き方について不安を感じる方は、面接時にしっかりと確認しておくことが大切でしょう。

勤務し始めてから「こんなはずじゃなかった」となってしまうことは会社・従業員双方にとってもっとももったいないケースですので、少しでも不安があれば求人検索の段階でしっかり確認し、それでも解決しない部分については面接官に質問するようにしましょう。

実際にルート配送の仕事を探すときは、こちらの記事を参考に!

ドライバー募集の求人の良い求人、悪い求人の見極め方とは?

ドライバー募集の求人広告を出す会社は多種多様ですが、そのいずれもが深刻な人手不足に悩んでいるといっても過言ではありません。

ここではそんな引く手あまたなドライバー業界の求人情報を探索するにあたって、「良い求人」「悪い求人」を見極める際のヒントをいくつか紹介しておきます。

残業の有無、年間休日数等の待遇面

ドライバー職が現在深刻な人手不足に陥っている原因には、ネットショッピング市場の急激な拡大などによる配達需要の急増だけでなく、「残業が多い」「休日が不定期・少ない」といった「ブラック業界」の典型ともいえる特徴もあると考えられます。

ドライバーを雇用する運送業界もその点は認識しており、最近のドライバー職の求人情報では残業の有無や年間休日等の待遇面をしっかり記載し、いかに働きやすい職場かをアピールしているものを多くみかけます。

どのような種類のドライバー職に従事するかにもよりますが、この仕事は他業種に比べて残業が多い職場として知られています。

たとえば小口配送ドライバーの場合、規定の終業時刻が17時であったとしても、再配達依頼が夜時間帯であったり、単純に荷物の個数が多くて配達処理に時間がかかってしまうと残業が発生します。

私の小口配送ドライバーとしての経験では、むしろ残業が発生せずに定刻で退社できたことの方が珍しかったように記憶しています。

私が勤務していたのが5~6年前のことですので、多少状況が変わっている可能性もありますが、現在ドライバー職に従事している知人によると、やはり残業が発生することは少なくないそうです。

ただし定期配送ドライバーの場合は少々事情が異なることもあります。

私が勤務していた牛乳配達ドライバーの現場は朝早くから夕方までの仕事がほとんどで、集金業務や新規顧客開拓のための営業活動をしていて残業が発生したり、始業時刻前から出勤して「早出残業」のようなかたちで仕事をしている同僚もいましたが、基本的には残業が発生する職場ではありませんでした。

残業するにしても1時間未満であることがほとんどで、同僚から残業に関する不満を耳にすることもありませんでした。

定時に帰宅しなければならない事情がある方がドライバー職に興味がある場合、このような職種を探してみることもおすすめです。

残業と併せて、年間休日数などの労働条件も求人票や求人情報に掲載されている数字を確認しておきましょう。

参考までに、年間52週として週休2日だと104日間の休日となります。

しかし残念ながら、実際の現場では数字どおりの休日が与えられないこともありますので、面接時に休日数などの数字にどれだけ確実性があるかを見極めることも大切です。

休日の与えられ方(週休二日制、年末年始やお盆シーズン等休暇期間の出勤の有無など)に関する質問を用意しておき、より具体的な職場のイメージができるようにしておきましょう。

固定給、歩合制等の給与・報酬面

どのような仕事をするにせよ、その一番の目的は「稼ぐ」ことです。

いくら理想に適った職場であったり楽しくて仕方がない仕事であったとしても、最低限の稼ぎがなければ生計を立てることができません。

たまに金銭面にあまり頓着せずに求人探索をしている方もいらっしゃいますが、理想の職種を見つけてもそれが給与・報酬面で十分でなければ、ほかに仕事を見つけるか何か金策を考えなければならず、結局は理想であったその仕事に費やす時間や体力を削ることになってしまいます。

この点についてはなるべくきれいごとを排除して、より真剣に、またシビアに求人情報を見定めていかなければなりません。

ドライバー職に関しては、基本的にアルバイトであれば時給制、正社員であれば月給制で働いています。

また、月給の中身は固定給がほとんどを占め、業種や職種、会社によっては歩合制やインセンティブ制度などをプラスして採用されているケースもあります。

歩合制はドライバーの仕事に従事する方にも営業活動を求める職種で採用されていることが多いですが、営業職や販売職などのように歩合制が月給額を大きく左右する職種に比べると、それほど気にするレベルのものではないでしょう。

正社員として働いていれば年に何回か賞与(ボーナス)がもらえるチャンスがあったり、昇給・昇格のタイミングを与えられる可能性もあります。

良い求人か悪い求人かを給与・報酬面に関する求人情報の記述だけで判断することは困難ですが、大切なことはどれだけ現場のイメージがしやすいか、という観点で求人探索をすることでしょう。

給与・報酬体系に関してなるべくわかりやすくかつ詳細に記述されている求人の方が、実際に働き始めてから「イメージと違う」と感じることも少なくなります。

面接時に躊躇せずに給与・報酬面に関して質問をすることも重要です。

職場の雰囲気をイメージできるか

給与面の項でもすこし触れましたが、求人情報を探索する際に「職場の雰囲気をイメージできるか否か」という点に注目することは、非常に重要です。

同じドライバー職を募集している求人情報であっても、その記載の仕方や方法は求人ごとに大なり小なり異なります。

決まった形式どおりに記載しているだけの無機質な求人もあれば、「!」を多用して熱意や意欲を表そうとしている求人、現場で働いている方々の声や表情を掲載してなるべくわかりやすくしようとしている求人などがあり、ウェブサイト上の求人情報では動画を駆使したものも一般的になっています。

このように種々雑多な情報があふれている中で、自分に合うバイト先・就職先を見つけるためには、ただ漠然と求人情報を眺めるのではなく、一定の基準をもって求人を選別していくことが必要になります。

そこで私がおすすめするのが、先ほどから述べているように「職場の雰囲気をイメージできるか」という判断軸です。

どれだけ魅力的な条件(高時給、シフト自由、充実した福利厚生制度など)を提示していても、それが本当に現実的な情報なのか疑わしい場合は、一度冷静に判断する時間をとった方がよいでしょう。

ドライバー職を例にとると、先述のように残業が発生しやすい「小口配送ドライバー」の募集内容で「残業なし」と記載があれば、その根拠や理由の記載も併せて確認しなければなりませんし、「歩合給あり」と記載があるのに「営業活動はほとんどありません」とあれば、その「ほとんど」の意味に疑念の目を向けなければなりません。

結局は主観的な判断になってしまいますが、なるべく納得して就業できるように、求人探索の段階からしっかりと判断基準をもって取り組みましょう。

「良い求人」「悪い求人」の見極め方をいくつか解説していきましたが、一人ひとりの判断軸によってその良し悪しは異なります。

もっとも大切なことは「自分自身の判断基準をもつこと」です。

ドライバーの募集でちゃんとした仕事を探さないと大変なことに!

ここまで、ドライバーを募集する求人にはさまざまな種類があり、良い求人もあれば悪い求人もあることを解説してきました。

ここからは、求人検索にあまり時間をかけず、注意も払わずに就職先・バイト先を決めてしまうと、どのようなデメリットがあるのかを確認していきます。

あくまでも可能性の話であり、また繰り返しの内容になってしまう部分もありますが、仕事は「嫌だからやめよう」という簡単な話で切り替えられるほど単純ではありません。

以下の内容に一度目を通してもらって、このような状況に陥らないように、求人探索にしっかり時間をかける大切さを実感してください。

想像以上に長時間勤務を強いられることがある

かつてドライバーの仕事は、長時間勤務の典型的な職場の一つと見られていました。

とくに大型トラックを運転する長距離ドライバーなどは車内で就寝することもざらで、劣悪な労働環境で働く職種の代表格でもありました。

最近は深刻な人手不足と働き方改革の流れにのって、ドライバー業界も労働環境の改善が進んできたようです。

サービス残業などの違法行為や、適法であっても求職者の方々に敬遠されるような労働環境を改善しなければ、昨今のひっ迫した労働市場で十分な人手を確保することが難しいということの裏返しともいえます。

このようなことから、ドライバーの仕事はほとんどの職種で、以前ほどの長時間労働を強いられることはないでしょう。

しかし実際の現場では、依然として求人票に記載されている以上の残業を求められたり、休日出勤や早出残業のような就職前には想像もしていなかったような働き方をする羽目になるケースもあるようです。

求人探索時や面接時に現場の状況をすべて把握することは困難ですが、少なくともご自身が気になる点やクリアにしておきたい部分に関しては妥協せずに追究し、しっかり納得したうえで働き始めることが理想です。

転職前の方が効率よく稼げていたというケースもある

ドライバーの仕事は職種により稼ぎ方にも違いがある職業です。

主に固定給や(アルバイトであれば)時給制で働いているドライバーもいれば、営業活動や配達した荷物数に応じた歩合給の割合が大きい職場で働いている方もいらっしゃいます。

「稼ぎ方」についても就職前に確認しておくことが大切でしょう。

最近はドライバー職はほぼすべての職種で賃金が上昇傾向にあります。

全業種において深刻な人手不足に陥っていることや、ドライバー職の職場環境が劣悪であるというイメージが先行して、なかなか人材が集まらないことなどがその原因と考えられます。

しかし先述のように一口に「ドライバーの仕事」といっても運ぶ物(人)や運転する車両、お客様の属性などによって、職場環境は大きく異なります。

中には「効率的に稼げる」という理由で他職種からドライバー職に転職する方もいらっしゃいますが、求人探索にあまり時間をかけず、面接時にも特に疑問点・不安な点に関する質問を準備せずに就職してしまうようなケースでは、転職して逆に稼ぎが減ったという話も聞きます。

ご自身の希望する働き方が実現できる職種なのか否かという点は非常に重要です。

転職して給料が減ってしまう憂き目にあわないためにも、求人探索は慎重に行うことが大切でしょう。

イメージとかけ離れた現場で働く場合もある

就職する際にはどなたも漠然とした職場のイメージを描いているものですが、はじめからイメージ通りに働くことができるケースは残念ながら多くありません。

ドライバーの仕事に限らず、離職される方の理由として「想像していた働き方と違う」という点があげられることが多いのも、イメージと現実との乖離を表しているといえます。

また、離職までいかなくとも、従事する仕事や職場に対する忠誠心ややる気が薄れてしまう原因の一つが「イメージと違う」というものであることも理解しておくべきでしょう。

求人情報だけでなく、もし実際に現場で働いている方に話を伺う機会を得られればぜひ利用するべきですし、与えられた情報を駆使してなるべく詳細にまた具体的に現場をイメージする姿勢が大切です。

適当な気分で仕事を始めてしまうと、後に不満が次から次へと出てきてしまうものです。

求人情報を探索する際には現場のイメージをしながら、もしイメージと異なる職場であったとしても働き続けたい仕事か、という点を意識しながら行っていきましょう。

ドライバーの募集で良い求人を探すための方法

ここまでドライバー募集の求人に関して、「良い求人」「悪い求人」という比較軸で求人探索のヒントを解説していきました。

ここからは、良い求人と考えられるものを探す具体的な方法を、いくつか紹介していきます。

求人探索がなかなかうまくいかない方は、一度以下を参考にしてみてください。

1.紹介で探す

ドライバーの仕事に限らず、「バイトを始めよう」「新しい仕事に挑戦しよう」と思い立って求人探索を始めると、世の中にはとても多くの求人媒体が存在することに気がつきます。

フリーペーパーとしてコンビニや街頭に設置されている求人情報誌や、求人情報をカテゴリやこだわり別に検索することができる求人情報サイトなどがその代表例になります。

これほど多くの媒体があふれている状況において、たとえば「ドライバー職」というキーワードで検索してみても、なかなか自分に合った求人を選択することは難しいでしょう。

多くの求人が、横並びの待遇や会社紹介しか掲載していないケースが多いことがその理由で、具体的な職場のイメージができないばかりか、最悪の場合「悪い求人」に応募してしまう可能性もあります。

数ある求人の中から、自分に合った職場を見つける方法としてもっとも有効で手っ取り早いのが「紹介で探す」というものです。

現在ドライバー職に従事している知人や過去に経験がある人などが周りにいれば、自分よりも業界のことや職場の雰囲気などを知っているはずなので、話を聞いてみましょう。

すぐ近くにドライバー経験者がいなかったとしても、友人の友人、先輩の上司、親族の知り合いなど、輪を広げていけば一人や二人は見つかるはずです。

「ドライバーの仕事に興味があってこれから求人に応募しようとしている」という話を、チャンスがあれば周りに伝えるようにしておきましょう。

意外とすんなり、希望に沿った求人を紹介してくれる相手が見つかるかもしれません。

2.口コミで探す

知人からの紹介で教えてもらった求人に関しては、職場の雰囲気をイメージしやすく、入社してからのトラブルも少ない傾向にあります。

そんな「紹介の力」を利用した方法の次におすすめなのが「口コミで探す」という方法です。

「口コミ」は、実際にその職種を経験したことがない全くの素人の方にも伝播する能力を持つ、非常に伝染力の高いものなので、紹介してくれる相手を探すよりも口コミ情報に敏感になる方が、はるかに短い時間で希望職種についての情報を手に入れることができるでしょう。

一方、口コミには「デマ」情報が含まれているケースも多く、オリジナルバージョンは職場で実際に起きたことを経験者が語っていたものであったとしても、それが人から人に伝わっていく過程でまるで「伝言ゲーム」のように内容が変わってしまうことがよくあります。

最近はネット上でも「口コミサイト」が多数存在しており、口コミをもとに自分に合った求人を探すことはますます容易になっています。

この方法は確かに効率的に求人を探索することに適してはいますが、同時にそれぞれの情報の正誤を見極める目が大切になる、ということを肝に銘じておきましょう。

3.複数サイト間での比較で探す

もう一つ、とくにウェブサイト上の求人情報から探索するという方におすすめの方法が、「複数サイト間での比較」により適切な求人を探すというものです。

「ドライバー求人」をキーワードにネット上で検索してみると、膨大な量の情報が瞬時に見つかります。

大切なことは、ただやみくもにサイトを探索したり、一つのウェブサイトに絞ってそこから「何としてでも自分に合う求人を見つけよう」という姿勢で臨むことではなく、同じ求人を複数のサイト間で「比較」することです。

求人情報掲載サイトによっては、掲載の仕方が似通っているものもあります。

同業種・同職種の求人がほとんど違いがわからないほど類似した内容を掲載していたり、掲載の仕方は異なるけれど、時給額やその他待遇面などの具体的な数字に関してはほとんど同じ、というケースも散見されます。

そこで、ウェブサイト上で求人探索をする際には、複数サイト間で求人情報を比較することをおすすめします。

もし同じ会社が複数のサイトで求人を出しているならば、掲載情報に違いがあるか否かを確認することもできますし、「ドライバー」でフィルタをかけて複数のサイト間で比較することで、より多くの(有効な)求人情報に接することができます。

会社によっては複数のサイトに掲載しているところもあれば、一つのウェブサイトにだけ求人広告を出しているケースもあります。

ウェブサイトだけでなく、求人情報誌などをもとに探索をする際にも、なるべく複数媒体を「比較」することで、自分に合った求人に巡り合える可能性が高くなるでしょう。

まとめ

今回は「ドライバー」の仕事について、求人募集の情報から「良い求人」「悪い求人」を見分ける、という観点で紹介してみました。

人手不足のあおりを強烈に受けている業界の筆頭であり、有効求人倍率が高止まりしていることからもわかるように、ドライバーの仕事は特にこだわりがなければ、どなたでもすぐに就職できる職種といえます。

しかし、求人探索にあまり時間をかけずに、ドライバーの仕事であれば何でもいいという姿勢で就職先を選んでしまうと、思わぬトラブルや現実と理想のギャップに苦しむことになりかねません。

これからドライバーの仕事に応募してみようと考えている方は、今回紹介した求人の見分け方などを参考にして、ご自身に合った職場を探索してみてください。


関連キーワード

ドライバー求人