運送業で働く人は、運転手だけではありません。

事務職もあれば、管理職もいます。

そのようないろいろな方々の、年収はいくら位なのでしょうか。

また、給料以外の社会保険等も気になるポイントですよね。

そのような運送業の年収・給料・収入そして、仕事についてご紹介します。

運送業の年収の相場はどのくらい?

運送業全体をみますと、担当する仕事内容により差があります。

一番年収が高いのは、運転手になります。

続いて、管理職、事務員の順番でしょう。

しかし、職種の中で、立場の違いから年収の違いがあります。

正社員で新卒入社した場合

「新卒」は、大手の会社では扱いがあります。

将来の管理職候補として扱われます。

3年から5年の運転手の実習経験を基に、本社や地方営業所などに行き、係長や、副所長を歴任し出世をします。

基本的には、実習経験は大型自動車の運転手などの職種には就かず、宅配関係のような集配業務をおこないます。

新卒で入社する会社は、往々にして宅配関係の業種が多いです。

理由は、会社が大きいからです。

この場合のお給料は、運送会社の給料の基準より、世間一般にいわれる、「大卒の給料」になります。

正社員で転職した場合

一般の運送会社(街の運送会社など)は、基本的に正社員です。

運転手で転職をした場合の年収は、400万円~600万円と幅が広いです。

理由は、会社により、給料のシステムや労働時間の長短の違いによるものです。

事務員の場合は、大まかに月の給料が、15万円~18万円が一般的です。

年収にすると、200万円~230万円ほどです。

管理職の場合は、月の給料の計算は意外と難しいので、年収のみで見て、450万円~700万円とみてよいでしょう。

係長クラスから部長クラスの年収を基にしています。

営業所の所長クラスですと、550万円ほどが目安でしょう。

パート・アルバイト

運送業界の場合、パート・アルバイトの仕事は、事務員、倉庫担当者、などです。

倉庫担当者の場合は、出荷荷物を準備する業務・集荷された荷物の仕分け業務になります。

パート・アルバイトの場合は、地域により大きな差があります。

これは、厚生労働省から告示されている、最低賃金が大きく影響しています。

最低賃金にをベースに、会社側が独自の判断で出した金額が、パート・アルバイトの時間給になります。

また、パートの場合、配偶者控除を理由に収入に上限を決めている方が、多くいらっしゃるでしょう。

年収にも響いてくる基本給以外のものは、どうなっているの?

賞与

基本スタイルは、正社員の場合のみ、賞与に関係する査定は行われます。

運転手、管理職、事務員など、そのほかの正社員も対象になります。

その査定においては、各部所・営業所単位で行われます。

パート・アルバイトに関しては、基本的にはありません。

少人数であれば、一律〇〇円として寸志が出される場合もあります。

昇給

昇給は、社員の場合、運転手、管理職、事務員ともすべてにあります。

ただし、その昇給額については、各社様々ですので、転職しようなど考えているのであれば、面接時に確認してみてください。

各種手当

運転手の場合は、手当で給料が成り立っています。

例えば、運行手当、無事故手当、距離手当、洗車手当、など、会社により呼び方や金額は様々です。

基本給の上に各種手当が積み重なり、毎月の給料になります。

事務員の場合は、これも会社によりちがいがありますが、例えば、基本給にプラス事務手当として、給料とする場合があります。

管理職の場合も給料の成り立ちは同じです。

ただし、管理職の場合は、資格手当として表されます。

「係長資格の手当て」、「課長代理資格の手当て」と言うように表す場合もあります。

給与が高い人は何が違うの?

給与が高い人の理由を、考えてみます。

いろいろと考えられる材料を選出してみました。

以下の4つについて、給料が高くなるかどうか検証してみましょう。

スキル

スキルに関しては、運転手の場合は、技術と考えてもよいでしょう。

トラックを運転する技術、フォークリフトを使用して荷物の積み下ろしを行う技術です。

事務員に関しては、能力と考えられます。

例えば、計算能力(売上高や給料の計算)、パソコンを使いこなす能力等です。

管理職においては、能力と人間性でしょう。

立場により、必要なスキルは違いがありますが、業務を進めていく上では、すべて必要になります。

よほど卓越したスキルを持っていて、会社に貢献しない限り、スキルにより給与を上げるのは難しいでしょう。

役職

役職がつくと肩書ができます。

この肩書が付くことが、いわゆる出世です。

運転手の場合は、一般運転手から運転手を数人まとめる「班長」という立場になります。

この時点で、「班長」という肩書ができるので、出世になります。

そこから、「主任」、「係長」などの段階に上っていきます。

この最初の段階に立つと、管理職への出世となります。

事務員の場合も、一般事務員から事務長まで出世をする段階があります。

このように、役職に就くことで資格手当がつきます。

段階が上になるほど、資格手当も増えていきます。

役職がつくことは、給与の違いが大きく出てきます。

但し、責任も大きくなります。

勤続年数

勤続年数においては、「昇給」が中心となります。

この場合、年間で数千円程度の昇給になります。

昇給だけを考えるのであれば、特に大きな差にはなりません。

但し、勤続年数が長いとなると、どの職種も会社からの信頼度が増えていきます。

この信頼度、お金に代わることは無いわけではありませんが、とても重要です。

勤続年数の長いという信頼が会社からあるため、自分の業務をより遂行しやすくしていることもあります。

運送業の年収の決まり方

運転手の場合

運転手の場合は、年俸制や、月給制ではありません。

一般的な言い方をすれば、「日給月給制」です。

これは、一日働いた金額を積み重ねていき、一か月を単位として、給与として支給されるシステムです。

簡単に言うと、「働いた分だけの賃金を、月を基準として給与とする」と、言うことです。

このシステムの場合、年収として決まるのは、12か月間の労働の後になります。

その月に、体調不良で2・3日休んでしまうと、その月は、休まなかった月よりも給与は少なくなっています。

また、それを補うために、有給休暇を使用します。

しかし、実際の運行は行っていないため、運行時に付く手当は支給されません。

事務職の場合

事務員の場合も、一見固定給の様ですが、運転手と同じで、「日給月給制」と考えてください。

やはり、月の会社の指定休日数を超えて休むと、その分「欠勤」扱いになり、給与から差し引かれます。

この場合も、有給休暇を使用して、補います。

従って、事務員も年俸制などはありません。

管理職の場合

管理職の場合は、往々にして、完全固定給です。

会社により、どの役職から固定給とされるかの基準は違いがあります。

この固定給は、営業所が、今月はがんばって売り上げや、利益を上げたと、言っても変動しません。

逆に、先ほどの運転手の例と同じように、体調不良で2・3日休んだとしても、給与から引かれることはありません。

大型の連休(ゴールデンウィーク、お盆、年末年始)など、業務が停止しても給与が減ることはありません。

肩書からもわかるように、それなりの責任がついて回ります。

給与の額と責任の重さのつり合いが、取れていると問題ないのですが、実際は、責任の方が重くなっています。

運送業で年収をあげるためにやるべき4個のこと

では、運送業界で年収を上げるためにできることを、考えてみましょう。

今の勤務先でできること

給料アップの交渉をしてみる

給料アップは、すべての人が望むことです。

従って、給料アップの交渉は、大きい会社であれば、労働組合などから春闘などを利用して、給料アップの交渉をすることは出来るかも知れません。

しかし、小さい会社の場合、労働組合など存在しません。

この場合、個人で会社と交渉することになります。

個人で交渉したとしても、会社は給料のアップを簡単に了承するはずはありません。

もし、会社がそのような場を作ってくれるのであれば、会社が給料アップに了解できる実績が必要になります。

スキルアップを図る

運転手にしても、事務員にしても、単にスキルアップと言っても、だれでも行うスキルアップでは、給料を挙げるためのアピールにはなりません。

この場合のスキルアップとは、将来のために自分を磨いておくことです。

実際に行うのは、運行管理者の資格を勉強する。

衛生管理推進者に立候補してみる、あるいは、衛生管理者の勉強をしたり、試験に合格するなどのスキルアップを行ってください。

このスキルアップが「管理職(役職)」に就くことへのきっかけになります。

土・日のスポット運行などは進んで行う

会社によっては、土・日の運行も定期便がある場合と、土・日の運行がスポットの場合があります。

また、土・日のみ定期便として発生する場合があります。

このような場合、意外と「稼ぐために」と日頃言ってる運転手も、土・日の運行になると、運行しない場合があります。

そんな時、許す範囲で挑戦してください。

手当等の金額にすれば、そんなに大きく変わるほどのものではありません。

しかし、その頑張る姿は、上司等へのアピールにつながります。

できる範囲で、がんばってみることです。

思い切って転職する

では、転職してみると給料はどうなるでしょう。

今までの自分が会社で積み重ねてきた実績等を捨てて、また一から出直すのです。

当然ですが、減ることはあっても、増えることはありません。

給料以外の理由があって転職を考える場合の転職のポイントをお伝えします。

転職先の選び方1:積荷に注目!

運転手が、転職する場合に注目するのは、積荷です。

運送する荷物には、様々な荷物があります。

液体物(ガソリン、薬品、甘味料など)冷凍食品、部品、重機、宅配荷物など様々です。

そして、積み下ろし作業を行うとき、人力で荷の積み下ろしを行う場合や、フォークリフトを使用する場合、クレーンを使用して積み下ろしを行う場合など様々です。

免許などが必要な場合も、多々あります。

人力の場合、体力を必要とする場合もあります。

面接時などに、詳しく聞いてみる必要があります。

転職先の選び方2:求人条件を詳しくチェック!

事務関係の場合、注目するのは転職先の会社が「どのような仕事ができる人を、必要としているか」ということです。

例えば、税務に関して詳しい人が必要なのか、パソコンの数字などの打ち込みが出来ればよいのか、数字の管理が必要なのか、電話番だけでよいのかと言うことです。

この部分は、求人案内に詳しく明記されていません。

面接などで、こちらも詳しく確認する必要があります。

運送業の転職をするときは、こちらの記事を参考に!

年収をアップさせるための求人の選び方

年収を上げるために異業種から、運送業界に入ってこられる方のために、いくつか求人の選び方を紹介します。

給与相場が今よりも高いところを探そう

フリーペーパーの給与欄ですが、○○万円~○○万円というように記載されています。

あるいは、○○万円~と記載されてる場合があります。

この場合基準にするのは、左側の低い額を基準にしてください。

○○万円~○○万円の右側の高い金額を相場と考えないでください。

右側の数字は、会社により様々です。

給与の昨年の最高金額を記載したり、平均金額を記載したり、いろいろです。

また、ハローワークの場合、記載項目が厳しく、(a)基本給、(b)定期定期に支払われるもの、(c)それ以外のもの、と3つに分かれています。

(a)は良いとしても、残りの(b)、(c)においての基準はなかなか現状と合わない場合があります。

従って、この場合も、総合計金額(○○万円~○○万円)の左側の金額のみを考えてください。

(b)、(c)の内容は、参考までのほうが良いです。

賞与や昇給制度をチェック

賞与は、基本的に会社が儲かっていると支給されます。

しかし、会社が、赤字であると支給されません。

このように、賞与は必ず支給されるものではないと、考えてください。

ハローワークの場合、支給が年に何回あるのか、そして、何か月分かと記載欄がありますが。

「何か月分か」というのは運送会社の場合あまり信用できません。

昇給制度においては、年一回が基本です。

残業代はちゃんと出る?

運転手と事務員の場合、残業代は支給されます。

運転手の場合、昔の給料は、売り上げの数パーセントが運転手の取り分などと、いう時代でした。

しかし、現在の運転手の給料の基本は、時間計算になっている場合が増えてきてます。

それぞれの会社が、様々な手法を用いて、運転手の給料を売り上げから算出するのではなく、時間管理により算出します。

ですから、残業代も支給されます

事務関係の場合も、支給されます。

交通費や福利厚生は?

交通費については、すべての会社が支給しています。

運送業界は、基本的にクルマかバイク通勤です。

従って、ガソリン代として支給する形になります。

福利厚生については、運送業界は、社会保険の加入が推奨されています。

推奨ですからすべての運送会社が加入しているわけではありません。

この辺りの情報は、細かく求人情報に記載されています。

確認してください。

経験者が教える、実際に年収がアップしたのはこんなとき

年収がアップするとき

特に運転手の場合は、稼げるコースに変わったりすると、収入が上がることがあります。

しかし、これは一時的なもので、安定性はありません。

会社や客先の理由で、また何かコース変更をさせられることがあります。

年収がアップすると考えると、安定した立場になることです。

要するに、出世です。

この場合は、年間を通して安定しています。

しかし、だれでも出世できるわけではありません。

会社からそれなりに認められないと、いくら自分が希望しても無理です。

また、小さい会社では可能性はあります。

しかし、会社が大きくなるにつれて、その可能性は徐々に消えていきます。

雇用形態ごとに違いは出てくる?

月給や年収

正社員や契約社員など、雇用形態により責任の重さが変わってきます。

その責任の重さにより、月給や年収は違ってきます。

やはり、正社員は雇用形態の中で、一番に責任を負う場合が多いため給与関係は高くなります。

また、管理職はその複数の正社員の業務の責任を負うため、さらに責任が重大になります。

一方、契約社員は、正社員ほどの責任はありません。

この場合、契約期間(3か月更新が多い)が切れると、その会社からは退職します。

契約更新を行って業務遂行をつないでいるので、正社員ほど安定はしていません。

従って月給・年収は落ちます。

パート・アルバイトの場合は、責任の重さから考えると、非常に軽いです。

時間給で働いた分だけ給与になります。

また、パートは、配偶者控除を適応させる場合、年間の業務遂行時間が決められています。

派遣の場合は、給与は派遣元からの支払いになります。

従って、運送会社からの直接の支払いにはなりません。

年収以外における良い点と悪い点

年収以外で、雇用形態に違いがあるかどうかを見てみましょう。

正社員

正社員の場合の良い点は、社会保険の加入が挙げられます。

運送業界の中でも、社会保険は付帯されるようになりました。

逆に、悪い点として挙げられるのは、拘束時間が非常に長い場合があります。

運送業界も、9時間拘束の8時間労働が基本スタイルですが、まだまだ基本スタイルには遠すぎます。

派遣

良い部分としては、少し給与に関して触れますが、自社の雇用のアルバイトよりも時間給が良い場合があります。

また、社会保険になどは、派遣期間に関係なく、派遣元の社員のため加入しています。

悪い部分としては、同じ運送会社の職場で働いていても、正社員や契約社員とは、全くの外部者として扱われます。

契約社員

契約社員でも、社会保険の適応はあります。

契約期間や働く時間に大きく左右されます。

契約が締結された以上社会保険の加入は、事業主は必ず行わなけらばなりません。

悪い点としてい挙げると、契約期間が切れると、事業所から契約更新ではなく、契約打ち切りになる場合があります。

失職してしまいます。

この可能性が高いのが危険です。

アルバイト

アルバイトは、自分の時間の都合の良い時に、都合の良い分だけ働くことができる、メリットがあります。

しかし、社会保険などが付随しているのではないので、保証はありません。

この働き方は、こんな人におすすめ!

生活のパターンにより、働くスタイルは、人それぞれです。

運送業界の中で働く場合、それぞれの仕事内容を、雇用形態に基づいて紹介していきます。

正社員

運転手は、「ガッツリと稼ぎたい人」向けです。

イメージはそのようなものがあります。

しかし一般のサラリーマンよりは、少し稼げるといった感じです。

また、「人との関わり合いを持ちたくない」と、いう方には、非常におすすめの仕事です。

トラックを運行しているとき、運転手は常に一人です。

会社を出発した後は、直接他人とかかわることは、少ないです。

事務職に関しては、売り上げの計算、客先への請求、など、事務上での会社の中枢を担う仕事が中心になります。

契約社員

運転手や事務職の場合は、正社員よりも責任が緩和されます。

従って、他の会社で定年を迎えた方で、再就職などの場合は、お手伝い程度の場合もあります。

また、自社で定年退職後、契約社員になった場合は、定年退職時の地位で仕事が決まります。

例えば、運転手で定年退職した場合は、契約社員後も運転手でしょうし、部長クラス以上で定年退職した場合は、契約社員として会社の経営サポートなどの仕事になります。

アルバイト

就業場所は、倉庫業務が主たる場所です。

倉庫業務の中でも、仕分け業務や、品揃え業務が多くなります。

この場合は、学生アルバイトなどが、活躍しています。

宅配関係の運送会社などの仕分けセンターなどは、深夜業務(夜勤業務)になるので、年配の方も働いていますが、学生アルバイトも多いです。

派遣

事務職と倉庫関係のお仕事があります。

倉庫関係などは、アルバイトと違い自社倉庫の品揃えなどの作業があります。

また、派遣先の仕事として、運送会社の事務員の業務です。

この場合は、それほど重要な仕事を任されることは無く、データーの打ち込み、電話番などの作業が主たる業務になります。

まとめ

いろいろと運送業の内側をちょっと覗いてみましたが、いかがでしょうか。

運送業で「収入をアップしよう。」と考えるのであれば、まずは自分自身を磨き「出世」をすることが一番の近道です。

運転手の場合、コースが変わると一時的に給料は上がります。

運転手のままでは、収入が安定しないため、上を目指す志がある方は、是非管理職を目指してみてください。


関連キーワード

運送業求人