どの業種もそうですが、転職の成功か失敗かが分かるのは、実際に働いてみて、給料をもらってからでないとわからない部分が多いです。

特に、運送業界の場合、運転手同士の口コミが非常に多い業種です。

間違った情報も多々発信されています。

そして、運送業界未経験者の場合、情報が取得できない場合が多くあります。

運送業界に異業種から飛び込もうとする未経験者や、または運送業界の経験者に対して、転職が成功するために、間違った情報等に惑わされない方法を紹介します。

転職を成功させるためには何をすれば良い?

面接をクリアしないと、転職は始まりません。

まずは、面接を成功させる事を考えてください。

世間の常識を守る

運送業界だからと言って、特別なことはなにもありません。

世間一般に言われている常識の範囲内の事を行ってください。

服装は、きちんと正装で訪問する。

履歴書は、手書きであれば丁寧に書くなど転職アドバイスにあるようなことができていると問題はありません。

このようなことを言う理由は、運送業界は意外と面接に関して常識外れの部分が多いからです。

私の面接を行った経験から事例を紹介しますと、年齢が上がるにつれて、服装が私服になります。

中には、Tシャツ1枚で面接に来られる方もいました。

また、履歴書に関しても、職歴などが省略されていて、読んだだけではわからない場合もありました。

常識のある面接を受けるように、心がけて下さい。

質問は3つは考えよう

面接アドバイスにおいて、よく「必ず質問をすること。」と言われます。

これも、大切な部分です。

理由は、質問をすることにより、面接に関して、前向きな姿勢であることを面接官に見せることができます。

そして、あなたの評価を上げるきっかけになるからです。

ただ、このように「面接時には、質問をするように。」と聞いているので、面接の時に何か質問をしなければならないと思い、無理やり取って付けたように質問をする方がいます。

このような場合は、面接官も「この人は、無理やり質問を作っているな」とわかります。

質問をしている方の気持ちは、解らないではないですが、取って付けたような質問には、あまり評価はされません。

姿勢だけが評価されます。

この様にならないために、事前に自分が面接を受ける会社のホームページなどで、情報収集を行ってください。

ホームページから1~2問ほどの質問、面接時の会社説明や給料システムなどから1~2問、あるいは、事前情報があればそこから1問ほど、合計3問ぐらいの質問ができればよいでしょう。

「やる気」は不可欠

未経験の場合でも、特に物質的に準備するものはありません。

どの業界でも当てはまりますが、「やる気」だけを準備しておいてください。

面接で「やる気」見せることが出れば、運送業界は、採用通知が来る可能性が高いです。

「やる気」を見せる方法は、必ずメモを取り、面接官の顔を見て面接を受けることです。

この時、面接官の顔を見るのは、面接官の鼻を見るようにして下さい。

面接官の目を見ると、見ていることができません。

目をそらしてしまいます。

また、相手に対して、挑戦的になる印象を与えるので、目から少し離した鼻を見るようにしたほうが、お互いのために良い雰囲気になります。

狙い目な会社の5個の特徴

福利厚生が充実している会社

現在は、運送会社のすべてに社会保険に加入することが、ほぼ基準になっています。

社会保険未加入の会社は、ないと言ってよいでしょうが、たまに未加入の会社もあります。

会社を選ぶときは、必ず確認してください。

ハローワークやフリーペーパーの詳細に必ず記載があります。

また、中にはそれぞれの会社の特徴として、固有の社員福利厚生があります。

例えば、リフレッシュ休暇の取得がある、当社員の家族への福利厚生(社員宅、育児休暇など)が充実しているなどの場合があります。

このような会社は、退職する人がいません。

人材の空席ができることがないので、求人に関しては、滅多にありません。

このような福利厚生が充実しているケースは、本当にまれにある場合で、運送業界にはほとんどありません。

こういう情報は、一般的には知られる事はなく、業界の中で口コミで広がる程度です。

従って、未経験の方には、少し入手し辛い情報でしょう。

車の清掃が行き届いている会社

あなたが、街で見かけたトラックが、洗車をしている車両であるか、そうでない車両かでその会社の質を判断できます。

今の世の中、トラックが洗車されている状態で運行しているのが、当たり前です。

天候によるので一概に言えませんが、車両が洗車されていない状態で常に運行されている会社は、あまり良い会社とは、言えません。

理由は、トラックは、会社の名前を背負っています。

そのトラックが洗車をしないで汚れていたら、街中はもとより、客先で会社の名前を汚す事になります。

トラックの洗車は、運転手が自発的に行うのが普通です。

もし、運転手が洗車を行わない場合、会社側は運転手にトラックを洗車するように、勧告します。

運転手が洗車されていない車両を、運行している場合、会社はそれを放置していると理解されます。

その結果、その会社は運転手の管理が行き届いていない証明にもなります。

逆に、洗車されているトラックを運行している場合、運転手は自分の務めを果たす環境にいるため、会社は運転手の管理ができているとみなしても良いでしょう。

求人広告が頻繁に出ている会社

求人広告が頻繁に出ている会社は、あまり良いとはみなされない場合が多いです。

理由は、人が定着しないという事が挙げられます。

人が定着しないのは、会社に何かの理由があるからでしょう。

その理由は、給料面、労働時間の問題、仕事内容など様々です。

ただし、この理由は一概に言えません。

会社の抱える問題が多いため、人が定着しない理由よりも、もともと人材が少ない場合もあります。

求人広告が頻繁に出ている状況は、面接で、給料面、労働時間、仕事内容、福利厚生などを聞いてみてから、あなたの考えで判断しても遅くはありません。

尚、求人広告が頻繁に出ている会社ほど、採用率は高いです。

コンプライアンスに対し厳しい会社

7・8年前ほど前から運送業界は、コンプライアンスを重視する傾向にあります。

これは、当然ですが法を順守することです。

例えば、運転手の運行状況(運転手はトラックの運転において、4時間の運転中に30分以上の休憩をとることが義務付けられているなど)が法律から逸脱していないか。

労働時間が長くないか、運転手の出発前の点呼は確実に行われているかなどです。

運送会社が、会社の運営を行っていくために守らないといけない法律を、しっかりと守ることです。

この場合、コンプライアンスを逸脱していても、すぐにペナルティー等になることはありません。

陸運局等からの定期監査などにより、コンプライアンスから逸脱していることがわかると、改善を求められます。

しかし、その改善がいつまでたっても不十分であると、最悪事態は「営業停止」となります。

大きい会社ほど、コンプライアンスに対し厳しく確実に実行されています。

ただし、外観からの判断はほとんど不可能です。

面接時に「御社のコンプライアンスの取り組みは、どのようにされていますか。」と面接で質問するのも、その会社の社会的価値観を知る上で、重要なことです。

一番よく会社の管理体制が、外部からも良くわかる手段

高速道路の走行は、各会社の運転手の管理への取り組みがよくわかります。

高速道路の大型トラックの最高速度は、80㎞/hです。

そして、3車線の道路であっても大型トラックの走る車線は、路肩側の車線(第一車線)を走行することになっています。

高速道路上で、大型トラックを見かけたとき、そのトラックが最高速度の80㎞/hで常に第一車線を走行していれば、その会社は運転手に管理に厳しく、うるさい会社と考えられます。

現在の多くの運送会社は、ほとんどがデジタルタコグラフを使用しています。

タコグラフというのは、運行中のすべてのことが細かく記録されます。

高速道路を何キロのスピードで何時間走行したか、一般道を何キロのスピードで何時間走行したか、休憩をどれぐらい取ったした、客先で荷物の積み下ろし作業をどれくらいの時間で行ったかなど、一日の運行状態がすべて記録されます。

そして、高速道路の80㎞/hの速度超過はどれほどの時間あったか、最高に出したスピードはどれぐらいか、なども表示されます。

「運転手に管理に厳しく、うるさい会社と考えられる」理由は、そのデジタルタコグラフをもとに、運送会社は運転手の速度超過や、連続運転の時間などの管理を行っています。

この管理が厳しいと、運転手は、高速道路では80㎞/hの速度を守ります。

いい加減な管理がされていると、運転手はアクセルを全開にして、速度超過を何時間も行ってしまう運転手は多いです。

もしあなたが、高速道路で大型トラックを見かけた時、80㎞/hで走行しているのなら、運転手管理が行き届いている良い会社と判断してもよいでしょう。

90㎞/h(大型トラックの最高速度は90㎞/hになるよう、スピードリミッターが装着されています。)で走行しているトラックの会社は、運転手の管理やコンプライアンスへの取り組みは、いい加減な会社と理解しても良いです。

もし、あなたが運送会社に転職するのであれば少しでも運転手管理の厳しい会社を選択してください。

実際、働くと「うるさい会社だ!」と、思うかもしれません。

しかし、厳しい会社ほど、あなたとその家族は守られます。

上手に転職するための3個の注意点

求人広告を自分の都合の良いように理解しない。

求人情報にお給料が、○○万円~▲▲万円とあります。

必ず、下の金額(○○万円)のほうを念頭において下さい。

高い給料のほうに目が行ってしまい勝ちですが、入社したばかりの場合から、それほど多くの給料がもらえるわけはありません。

また、表示金額は税込み金額です。

手取り金額ではありません。

その金額から、税金や社会保険料が引かれます。

会社などの都合により、仕事が変わる

大型トラックの運転手募集で、応募し、入社したとしても、会社の運行の都合、客先の都合で、大型トラックの運転手でなくなる場合もあります。

4t車や2t車の運転手になる場合もあります。

また、長距離便の運転手として、入社しても会社・客先の都合で、近場の運行に変わってしまうこともあります。

そのことは、理解しておいて下さい。

面接応募に迷ったらなるべく早くに行動

求人広告を目にして、「いいな!」と少しでも感じた場合は、応募してみるのが一番です。

仮に、面接を受けたとしてもその会社に絶対に就職しないといけないルールは、全くありません。

面接などに会社を訪問して未経験の方は、運送会社の雰囲気を感じ取ったり、運送業界のことについて少しでも知識を吸収できます。

話を聞くだけのつもりで、気軽に面接に行ってみましょう。

その結果、「良い会社だ」「やってみよう」など感じ取ることができたなら、就職してみるのも有りです。

転職するに当たっての必要な心構え

やる気

運送業界で働く場合に必要なのは、先ほども言いましたが「やる気」だけです。

どんなにベテランの運転手でも、0からのスタートをしてきました。

長く続けるコツは「やる気」を持って続けることです。

そうしてベテラン運転手は、いろんな知識や経験を積み、信用を勝ち取り、自分なりの仕事の仕方を習得してきました。

特に未経験の方は、不安や心配が表立ってきます。

この不安や心配は、自分のやる気次第で徐々に解消することができます。

最初に目にした時は、「こんな事をするのか!」と驚いたり「自分にはできるだろうか?」と不安に思うでしょう。

しかし、やる気を出してやってみたら、すぐにではありませんが、それほど時間もかからないで出来るようになります。

継続は力なりです。

運送業の転職で年収を上げるためにやるべきこととは?

定期便の場合

運送業界で年収を上げるのは、それほど簡単なことではありません。

運転手の場合、自分の持っている仕事のコースが固定されていると給料は、あまり変動がありません。

荷主さんが、よほど運賃を上げてくれたのなら話は別です。

今の運送業界は、土日が休みとなるパターンが多いです。

そのような中で、土日に運行がある場合は、土曜日か日曜日のいずれかに出勤して運行するこどです。

一般貨物の場合

よく、長距離運行の場合、イメージされるのが、業界用語で「一般貨物」と、言う仕事です。

これは、たまにテレビでも紹介されます。

1週間や2週間かけて自宅には帰らず、トラックの中で生活しながら荷物があるところを日本全国飛び回る仕事です。

この場合の仕事は、不安定な状態です。

常に、荷物を降ろしたら次の荷物がすぐにあるわけではありません。

1日から1日半は、何もすることなく待機を余儀なくされる場合が多々です。

のこ状態で給料をアップさせることは、大変難しいです。

出世

トラックの運転手から、事務職になることです。

運送業界の場合、事務職になるということは、出世を意味します。

これは、今までの運転手で管理される側から、運転手を管理する立場になるということです。

この場合は、責任や資格(社内での肩書等)が付随してきます。

その分の手当てが、基本給にプラスされます。

情報によると、5・6年で取締役などになれるなどありますが、決してそのようなことはありません。

事務職に上がるなどの出世は、自力で何とかなるものではありません。

ただし、運行管理などの資格取得のための勉強は、自己啓発の意味も含め行っておいたほうが良いでしょう。

自分にあった運送業求人の選び方や注意点

自分にあった運送会社を見つけるための一番の良い手段は、面接に出向いて、その会社の話を聞くことです。

そこで、求人情報の情報収集から、面接時に行う情報収集について、その収集の仕方を解説します。

【選び方①】雇用形態から探す

基本的な運送会社の雇用形態は、正社員です。

逆に、正社員の募集でない場合は、特記されるはずです。

確認してください。

見習い期間においては、準社員という形態を設けている会社もあります。

見習い期間中においては、給料形態が別の場合がありあます。

また、見習い期間の長さも会社によって違います。

見習い期間については、募集要項で「見習い期間あり」と、明記されている程度です。

【選び方②】職種から探す

職種から探す場合、自分のスキルと照らし合わせてください。

大型トラックの運行経験がある方は、大型運転手募集の案件に、応募されるでしょう。

しかし、大型自動車の免許を保持していても、経験がない場合や、ましてや運送業界の経験もないとなると、さらに不安や心配が起こります。

このような場合は、、自分が気になる募集が出ている会社に、問い合わせてい見るのが一番です。

「運送業界の経験がない。」、「大型自動車の運行の経験がない」など、自分の状態をハッキリと伝えて、問い合わせてみてください。

先方からは、「経験がなくても、大丈夫です。一度、面接に来てください。」と言われるかもしれません。

逆に、「今回は、大型トラックの運転経験者の募集だけです。」と言われるかもしれません。

確実なのは、問い合わせて聞いてみることです。

【選び方③】会社の業態から考える

会社の業態というと、難しくなります。

簡単に言うと、その運送会社は、「何を運んでいるか。」と、言うことです。

例えば、野菜を運んでいる。

鮮魚を運んでいる。

宅配関係のものを運んでいる。

ブルトーザーなどの特殊車両を運んでいる。

など、一口に運送会社といっても、様々な荷物があります。

運送会社に勤務した経験のない方は、意外と積荷のことはわかりません。

先述した特殊車両の場合は、積荷が見えますが、ほとんどのトラックの積み荷は外からは見えません。

募集要項にも積荷は明記されていません。

積荷の部分については、問い合わせるよりも、気になる会社に面接で出向き、会社側から自分がわかる説明がなければ、ハッキリ質問をするのが良いです。

【選び方④】給与や雇用条件から考える

大まかに見て、会社の違いによる給料額の違いは、それほど大きな差はないでしょう。

中型車の場合は25万円前後から30万円ぐらい。

大型車の場合は30万円から40万円ぐらいが、平均です。

中には、大型車の運行で60万円などという場合もあるでしょうが、まれにみる金額です。

余談ですが、昔は運転手をする理由が、「稼ぎたいから」でした。

しかし、現在は運転手も稼げなくなってきています。

理由は、「働き方改革」による余波です。

この余波が、運転手にも影響を及ぼし、残業時間を減らそうという指導が起こっています。

それまでの運転手は、月の残業時間が130~150時間は普通にありました。

だから稼ぐことができたのです。

しかし、2年前ぐらいから、「月の残業時間を100時間以内に設定せよ」と行政指導があり、現在においては、「残業時間80時間を目標にせよ」と指導されています。

この当たりの情報は、一般的に外部に流れないため、意外と知らない人が多く、運送業界を知るうえで貴重な情報です。

もし、面接などで質問に困ったら「御社の残業時間の目安は、何時間ほどですか」と聞いてみるもの良いでしょう。

運送業界は、人手不足が現状の問題です。

しかし、仕事があるにも関わらず、残業を少なくすることで、稼ぐことが徐々に難しくなっているのが現状です。

【選び方⑤】エリアから考える

エリアの問題は、通勤の問題にもなります。

通勤距離は、長くても30㎞ぐらいの範囲内に収めましょう。

理由は、トラック運転手になると、必ず決まった時間に毎日帰宅できるとは、限りません。

例えば、事故渋滞に合い、帰社時間が遅れた場合など、毎日のことでないとしても、体を休める時間にしわ寄せが来ます。

遠距離通勤で、精神的に疲れを残したり、体力的に疲労を残したりしないためにも、自分の勤める会社は、近いに越したことはありません。

まとめ

運送会社には、様々な会社があります。

その中から、自分が安心して働ける会社を見つけて就業したいと思うのは、誰しも同じです。

ただ、そう簡単には見つかりません。

唯一見つける方法は、情報収集をおこなうことです。

自分の気になる会社があれば、具体的な手段として、まずホームページでその会社を確認することです。

そして、前述しましたように、「話を聞いてみよう」と、気軽な気持ちで面接などに出向いてください。

たとえ採用されたとしても、必ずその会社に就業しないといけないルールはありません。

気になったことは面接時に確認するなど、不安を払拭してから転職されることをおすすめします。


関連キーワード

運送業求人