安定している、終身雇用制である、といった点で話題となる公務員の中でも、地方の自治体を支える地方公務員。

ときには税金泥棒と揶揄されてしまいストレスを感じる方も多くいる仕事ではあります。

その地方公務員の仕事内容はどのようなものであるのか。

また、地方公務員といえども多くの人間が存在するがどんな職種があるのか。

今回は地方公務員の仕事内容について紹介していきたいと思います。

「地方公務員」が自分に向いているか診断するにはこちら →

地方公務員の仕事は大きく3個の役割に分けられる

行政職

一般企業における事務職にあたる仕事がこれになります。

行政職の採用数は、地方公務員の採用の割合として最も多く、それと同時に倍率の高い職種と言えます。

行政職の仕事は多岐にわたっており、様々な部局の様々な課に配属されます。

どのような部署にも総務という仕事が存在するため、行政職の場合はこの総務の仕事であったり、人事の仕事であったりを請け負うことになります。

また、それだけでなく様々な税金の徴収であったり、経理、庶務としての仕事をしたり、複数の許認可事務を担うなど、非常に幅広い仕事が用意されているのが行政職の特徴です。

技術職

とくに理系専攻となる、建築、土木、農学といった専門的な学問を学んだ人が選ぶ仕事がこちらの技術職になります。

各職種ごとに異なる専門的な業務が用意されており、その分行政職とは異なり配属先が限定的になる特徴があります。

行政職がいわゆるジェネラリストであるならば、技術職はそれぞれの専門分野におけるスペシャリストになります。

また、技術職の場合は各自治体が所持する試験研究機関のような場所での業務であったり、必要に応じて民間や大学等の研究機関に学びにいったうえで、それらを地域に還元する役割も担うことになります。

資格免許職

国家資格をはじめとした各資格を有することが大前提となる職種が、この資格免許職です。

薬剤師、獣医師、看護師、保健師などの資格免許職が存在します。

これらの仕事は技術職と同様に、配属先は限定的になります。

また、各資格がないとすることができない仕事が多く、各分野のスペシャリストとして仕事をすることになります。

行政職のおおまかな2個の業務

市役所の場合

防災や街づくりといった、地域の安全や発展を担う業務、戸籍や住民票を管理し、その発行を行う業務、様々な社会的弱者に対しての福祉対策や健康保険、年金の取り扱い、健康診断や予防接種のような衛生管理業務などがメインとなります。

例えば、皆さんが必要に応じて受け取りに行くことになる住民票の発行をしていたり、引っ越しの際に行う転出・転入届の申請受付であったりを仕事とする、いわゆる窓口対応業務を行っている人が地方公務員のうちの行政職員になります。

また市役所内での人事管理であったり、経理管理であったり、市役所を組織として運営していく中で欠かせない業務を担うことにもなります。

では、市役所における行政職員が担う仕事を具体的に紹介していきたいと思います。

例:観光課の場合

その自治体を訪れる観光客の獲得を目的に、自治体のアピールであったり、あらたな観光資源の発掘であったりを業務とするのが観光課です。

いま流行りのゆるキャラを使ったイベントの発案や、スケジュール管理なども行ったりします。

観光は大事な資源です。

この場合、行政職といえども、必要に応じて土日に出勤したり、早朝や夜間の勤務になることもあり、変則的なタイムスケジュールになることもあります。

例:市民課の場合

市役所で直接市民と接することの多いのがこの市民課です。

戸籍や住民票の発行などを業務としています。

婚姻届などもこちらの担当になります。

基本的には市役所に来庁する市民と直接対応する窓口対応業務がメインになりますが、その他に電話での問い合わせやメールでの問い合わせにも対応しなくてはなりません。

また、業務の内容はその人の生活にかなり密着したものになり、少しの過ちが市民に与える影響が大きく、簡単なように見えて責任の重い仕事になります。

各都道府県の場合

政策立案のような社会政治的な業務、様々な情報を都道府県民に広報する業務(県政の案内など)、産業・観光・農業等の振興に関する業務、雇用対策に関する業務、保健福祉サービスなどの幅広い業務を行うことになります。

都道府県の場合は、市町村とは異なり、県民に対して直接対応する業務以上に、県政に関する業務を担うことが多くなります。

例えば、自動車税を始めとする各種税金の徴税も行政職員が請け負う仕事になります。

滞納が続く場合差し押さえを実行するのもこの行政職員です。

例:徴税課の場合

自動車税のような都道府県民税を対象として、税の徴収を行います。

滞納が続く場合には、滞納者に連絡を取り、税金を払うように催促をしていきます。

しかしながら、それでも税金が支払われないケースでは差し押さえを実行しなくてはなりません。

この場合、滞納者が預金口座に残高がある場合、残高から必要な税金分をすべて徴収することが可能です。

また、実際に自宅を訪問し、物品に対する差し押さえを実行しなくてはならないこともあります。

そのため、お金を徴収されることで泣き崩れる人や暴言を吐く人、暴力に訴える人が出てくることもあり、この業務は精神的に辛いと語る人が多い仕事でもあります。

例:人事課の場合

各自治体には必ず人事課が存在します。

特に都道府県の場合、母体が大きくそこで働く地方公務員の人数も非常に多くなります。

適正な人事評価のもと、個人の希望や適性を考慮し、それぞれの部署に欠員が出ないようにうまく異動を考え実施するのが人事の仕事です。

また、採用試験を実施し、新たな地方公務員を採用する際も人事課の果たす役割が大きくなります。

これらの業務内容は、都道府県民に対してではなく、地方公務員に対しての業務になりますが、多くの人員を適正に動かしていくことは、自治体を退廃させないためにも必要な業務となります。

そのため、人事課は特に異動の発生する3月後半から非常に忙しくなります。

「地方公務員」が自分に向いているか診断するにはこちら →

技術職の各種業務

技術職として採用された後は各専門分野におけるスペシャリストとして仕事を行うことになります。

ここでは一例を紹介したいと思います。

建築職の場合

都市計画を担う業務であったり、各自治体の公共施設の維持管理をする業務などを行います。

大学等で建築学を専攻した人が主に希望する職種になります。

各自治体には公共の施設が必ずあります。

県庁や市役所、公営の図書館であったり、公園なども含まれます。

これらを維持したり安全管理していくのが、建築職の役割になります。

土木職の場合

建築職と同様に都市計画を担う業務であったり、道路や河川の維持管理をする業務などを行います。

たとえば、県道を増設したり、もしくは綺麗に舗装し直したりを計画し、民間会社に工事を依頼するのが業務になります。

また、河川の氾濫を防ぐために堤防を築いたり、安全管理のために啓発活動を行ったりします。

農学職の場合

農村振興であったり、農学発展のための研究業務であったりの仕事を担います。

日本全体として現在一次産業である農業は衰退の傾向にあり、高齢化も進んでいます。

そんな農業の現状について調査し、若者の就農を支援する事業を計画したり、地域の特産物を新たに研究開発して農業そのものだけでなく町おこしをしていくような業務をします。

また、単純な農業だけでなく、少しずつ話題になっているジビエの活用をしたりするなど、幅広い仕事を行います。

資格免許職の様々な業務

資格免許職も、技術職同様に各方面のスペシャリストとして採用され働くことになります。

資格が必要なため、技術職以上に、少数で構成されていることが多いです。

医師の場合

公衆衛生を守るための業務を行います。

特に、医師の場合各地に設置された保健所の保健所長となります。

保健所長は、保健所の運営に関わる全ての業務を把握しなくてはなりません。

各医療機関の衛生指導、薬物管理、母子健康の指導、難病に苦しむ人への支援、HIVの検査や動物の引き取り処分などまで、非常に幅広い業務が保健所では行われています。

それらの業務を統括するトップとして、公衆衛生を守っていきます。

保健師の場合

同じく公衆衛生を守るための業務を行います。

保健師は自殺防止などの精神疾患の方を相手にしたり、母子健康の発展のために働くことになります。

また、特定の難病に指定されている病気に苦しむ人たちに対して支援事業を行なったり、各地域にある医療機関を定期的に監視して、医療行為に問題がないかや病院の衛生管理に問題がないかについて指導していく仕事も行います。

エイズや麻疹といった感染症に関するエキスパートでもあるため、感染症の広がりがないかや、パンデミックの発生時に対しての緊急対応などを実施します。

薬剤師の場合

麻薬の取締であったり、産業廃棄物の許認可事務のような、幅広い業務に携わることになります。

また、環境衛生として、理美容所や、公衆浴場の衛生管理指導であったり、食品を取り扱う飲食店やスーパー、コンビニの衛生指導も行います。

たとえば食中毒が飲食店で発生した時に、飲食店にかけつけ衛生指導をするとともに、食中毒の原因調査をしたりするのも、薬剤師が担う業務のひとつになります。

地方公務員の良いところ

やりがいを感じるポイント

地方公務員の場合、業務を実行する中で利益追求をする必要がありません。

結果としてその業務自体が赤字になろうとも、その地域に住む人達にとってプラスになることであれば行っていいことになります。

ですので、単純にお金のためではなく、本当に人のためになる仕事をすることができます。

もちろんその人の信条によるところも大きいのは事実ですが、お金儲けではなく、誰かの役に立てることにやりがいを感じられるでしょう。

決して直接的にありがとうを言われるような仕事ではないかもしれません。

地方公務員の業務の多くは、やられてあたり前、存在していた当たり前を維持することが目的です。

ですので、当たり前であるがゆえに感謝を感じる人が少なく、お礼を言われる場面は少ないかと思われます。

しかしながら、縁の下の力持ちとして、各自治体に生きる人々を支える力があり、目にははっきり見えなくとも誰かがやらなくてはならない仕事が地方公務員の仕事です。

その使命感に燃える人には、非常にやりがいのある仕事と言えるでしょう。

地方公務員のやりがいは、こちらの記事も参考に!

面白いポイント

より便利な都市を作るにはどうしたら良いか、より多くの人が幸せに生きるためには何ができるのか、そういった大きなテーマを考えることができるのも地方公務員の仕事の特徴です。

特に、自分の生活の一部に欠かせないものを支える業務が多いのポイントです。

ですので、例えば上下水道を管理する部局で仕事をすれば、水一滴を供給するのにどういった管理が必要であるかを学ぶことができます。

その大切さを改めて知ることができ、現状を維持することの難しさや複雑も学べるでしょう。

日常生活をただ送るだけでは気づくことのできなかったことに多く出会える可能性があります。

また、地方公務員の多くは2〜3年毎に異動があります。

そのため、幅広い業務を経験することが可能です。

技術職であっても、その範囲内で多岐にわたる業務が用意されています。

そのため、配属先の異動があるたびに新鮮な気持ちになることができるのも特徴であり、これが地方公務員の面白いポイントであるといえます。

\地方公務員の仕事に「やりがい」があると感じた人は/

「地方公務員」が自分に向いているか診断するにはこちら →

地方公務員の仕事はこんな人にはおすすめ!

ライフワークバランスを大切にしたい人

多くの地方公務員は残業を毎日行っていたり、休日出勤を経験することになり、決して楽な仕事ではありません。

しかし、有給休暇の取得がしやすかったり、産休育休制度が充実していたりと、生活がし易いこと、福利厚生が充実していることが特徴になります。

仕事中心の生活ではなく、休日や余暇を充実させたいと考えている人には、オススメできる仕事といえます。

変化よりも安定を好む人

地方公務員の仕事は維持管理が多く、今ある当たり前を支えていく仕事です。

そのため、常に変化や核心を求める人には向いていないかもしれませんが、一方で変わらないことを好む人には向いているといえます。

しかしながら、昨今の現状では、地方公務員にも新しい時代にしっかりと追従していくことが求められることもあります。

そのため、決して変化することを嫌うような意固地な人には向いていないといえます。

大切なのは現状を維持しながら、変化を受け入れる余裕を持つことになります。

そのため、安定を好みながらも柔軟な対応ができる人は、地方公務員に向いているといえるでしょう。

コツコツと真面目に取り組む人

地方公務員の仕事は決して面白いものばかりではありません。

いわゆるルーチンワークと言われる画一化された業務も数多く存在します。

そのような業務でも、しっかりと真面目に取り組む事ができる人は地方公務員の仕事にあっているといえるでしょう。

柔軟な考え方のできる人

地方公務員の仕事はルールや規範を大切にする仕事です。

あくまでも法に則って仕事を行うため、場合によっては四角四面な対応を取ってしまうケースがあります。

また、時代の変化についていく必要もあります。

接する各自治体に住む人たちは十人十色、千差万別の考え方を持つ人達です。

ですので、こういった多くの多様性に対して柔軟に対応できる人は地方公務員に向いているといえるでしょう。

また、この対応ができる人は2〜3年ごとにある異動の際にも役立ちます。

異動した先で全く違う仕事をするのが地方公務員の特徴ですので、柔軟に対応できる人はこの異動もうまく受け入れることができるでしょう。

\「自分でも出来そう!」と思ったら/

\地方公務員が自分に合ってるか心配という人は、向き不向きの相談を/

まとめ

地方公務員の仕事が非常に幅広いものであることに加え、ひとことで地方公務員といっても様々な職種があることが理解していただけたかと思います。

多くの幅広い業務に対して柔軟に対応していくことが地方公務員に求められています。

地方公務員の仕事内容をよく理解し、そのうえで地方公務員を目指していくことができれば、実際に地方公務員として仕事に当たる際にプラス面にはたらくでしょう。

地方公務員を目指す方は、こちらの記事を参考に!


関連キーワード

公務員求人


▼記事をスキップして見たい人向け▼
地方公務員の仕事を探すにはこちら >