獣医師の仕事は幅広く、いわゆる犬猫を相手にした動物のお医者さんから、公務員、製薬会社での研究開発など、多くの場面で資格と知識を活かすことが可能です。

今回は、そんな獣医師の給料の相場がどのくらいなのか、そして、給与を上げるためには何をすべきなのかを解説していきます。

「獣医師の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

獣医師の給料の相場はどのくらい?

正社員で新卒入社した場合

各業種によりますが、新卒での場合大きな差は感じにくいです。

基本給よりも福利厚生や手当の部分で大きな差がついてきますので、新卒の場合は基本給以上に福利厚生や手当についてしっかりチェックして仕事を選ぶといいでしょう。

小動物臨床獣医師の場合

一般的な犬猫の動物病院に就職した場合、地域差もありますが、初任給が月20〜25万円程度が相場になります。

給与のいいところで30万円程度。

一般的な大卒初任給と同程度か、少し良いかな、と感じるくらいになります。

大動物臨床獣医師の場合

いわゆるNOSAIなどに就職し、産業動物を相手に治療をする獣医師の場合、これも初任給は20〜22万円前後のところが多いです。

一般企業に就職した場合

その企業によるところの差が大きいですが、獣医師としてではなく、新卒(大卒)として扱われるため20〜22万円程度といったところになります。

公務員獣医師の場合

国家公務員と地方公務員による差は多少ありますが、初任給としては20〜22万円程度が相場です。

正社員で転職した場合

転職する際に注意しなくてはならないのが、同じ獣医師であっても職種を変えるかどうかです。

例えば、臨床獣医師→公務員や、公務員→企業、など、獣医師の経験を積んでいたとしても、180度違うような内容の仕事をする祭には給与がアップする可能性は低いです。

むしろ、下がる可能性も大いにありえます。

新卒と同じ給与からスタートするというケースも決して少なくはありません。

異業種への転職では、給与がどうなるかをよく考える必要はあります。

一方で、臨床獣医師としてのステップアップで別の病院を選んだり、公務員でも同様の職務になる場合は、前職の経験年数を換算してもらうことが可能です。

ステップアップの場合では、新卒よりも5万円程度は給与が高くなるケースが多いですが、例えば獣医師として何ができるのか、知識や技術がどこまであるのかにより左右されることが多く、実力主義の業界とも言えます。

パート・アルバイト

パート・アルバイトは一般的には正職員よりも給与が劣りますが、小動物臨床獣医師の場合は、時間給換算するとお得かもしれません。

時給では1500円程度のところが多いですが、長期間の勤務を余儀なくされる正社員と比較すると、短時間で効率的に稼ぐことができます。

しかしながら、経験のない状態でとくに臨床獣医師のパート・アルバイトとして雇用されるケースは珍しく、大抵の場合が数年の経験を積み一人である程度の業務を遂行できるだけの実力を持った人しか雇用されないことがほとんどです。

また、地方公務員で募集される臨時職員の場合は、時間としてはフルタイムで働くのと同じになりますが、その分正職員とほぼ同等の福利厚生や給与を得ることが可能です。

年収にも響いてくる基本給以外のものは、どうなっているの?

賞与

小動物臨床獣医師の場合、賞与はないところも多く、ある場合でも、年1〜2ヶ月分のところがほとんどです。

4ヶ月分支給されるところはまれな病院となります。

公務員、企業、産業動物獣医師は、民間給与の実態に右に習えとなり、年4ヶ月分程度もらえるところが多いです。

賞与の有無は年収に大きく響いてきますので、求人票をしっかりチェックしてその有無を確認しましょう。

昇給

昇給はある場合もあれば、ない場合もあります。

一般的に、小動物臨床獣医師の場合は年5000円から1万円程度、公務員の場合は年5000円程度昇給することが多いようです。

各種手当

獣医師としての資格手当、固定残業手当、住宅手当、通勤手当、夜間休日当番手当、一般的な福利厚生に加えて、セミナー参加費手当のような、自分自身がスキルアップするための福利厚生が用意されてる場合があります。

動物関連の企業の中には、少し特殊なペット慶弔休暇のような、自身が飼育するペットのための福利厚生がある場合もあります。

また、動物病院では自身の動物の治療費が半額になるようなケースもあります。

給与が高い人は何が違うの?

給与が高い獣医師は特に何が違うのでしょうか。

各業種の中でも、スキルアップにより給与に差が出やすい小動物臨床獣医師に焦点を当ててみていきたいと思います。

残念ながら公務員の場合は右に習えの年功序列制ですので、給与アップにスキルの差はできにくいのが現状です。

公務員の場合は着実に勤務年数を重ねることが給与アップへの一番の近道でしょう。

スキル

認定医制度を活用し、専門医として勤務することができれば一般的な給与は上がります。

他人になく、自分だけに特別なスキルがあり、なおかつそれを第三者から認められるという認定医制度は一番の方法と成るでしょう。

また、整形外科、眼科のような外科スキルが必要とされる手術が得意な場合も同じように給与アップにつながります。

役職

開業して院長になることとは別に、各系列病院の分院長や、副院長といった立場になることで、給与アップが望めます。

また、専門診療を行うような規模の大きい動物病院の場合は、「専門医」として立場を得ることで給与アップにつながります。

勤続年数

勤続年数が長い(経験年数が長い)ほど給与アップの機会は得られますが、年数相当のスキルがないといけませんので、むしろ年数を重視するよりかはなにができるかが大事になります。

年数が少なくても多くの技術や他の人が知らない知識を持っていることは大きなメリットになります。

年数にこだわらずに、なにができるようになるか、スキルの面を重視していくほうが求められています。

地域

やはり地方よりも都心部においての給与が高いと思われがちですが、勤務医の人手不足がある現状、地方に目を向けると想像よりも高給与な求人が見つかる場合があります。

地方都市(例えば、愛知、大阪など)では、規模の大きな動物病院から小さな動物病院まで様々な形態が存在していますが、人が集まりにくいため、高めの給与設定をしている場合があります。

勤務時間

特別な業務にはなりますが、夜間病院での勤務は勤務時間に対しての給与が高いです。

しかしながら、夜間病院での勤務は緊急性の高い疾患が多いこと、また、通常の昼勤務と違い身体の健康を損なう可能性が高いことなどを考慮する必要はあります。

獣医師で給料をあげるためにやるべき5つのこと

一朝一夕で給料を上げることは難しいです。

地道な積み重ねが必要になりますが、焦らずに知識と経験を蓄積していくこと、そして、あとはチャンスを掴む勇気で給料アップを目指していきましょう。

今の勤務先でできること

スキルアップを図る

スキルが認めれられること=信頼につながります。

多くのセミナー等を受講したり、認定医制度を活用したりして経験を増やすことでスキルアップにつながります。

時間の少ない中では大変ですが、コツコツと積み上げていくことをおすすめします。

給料アップの交渉をしてみる

日本人にはなかなか難しく、また個人経営の動物病院が多い中給与アップの交渉は難しいかもしれません。

獣医師としての経験が増えて、一人でできることが多くなった時、院長にアドバイスを得る形で進言してみるのもひとつです。

思い切って転職する

転職先の職場で、これまでの経験が活かされたり、自分のスキルが認められたりと、思った以上に給与アップする可能性があります。

すぐに転職しなくても、各転職サービスを活用するなどし、常に自分の価値を考えていくべきでしょう。

いまはインターネット上にも多くの転職サービス会社があり、獣医師や動物業界に特化したサービス会社もありますので、登録だけしておくのも損にはならないでしょう。

ふとしたときに、思いがけないような職場との出会いで、よりよい獣医師としての生活をおくることができるかもしれません。

転職先の選び方1: 今以上の仕事ができる転職先を選ぶ

例えば、今までなかった医療機器が使用できたり、二次病院に送っていたような症例を診ることができたり、症例の幅が広がることで自分自身の獣医師としてのスキルが上がるような病院を選ぶといいでしょう。

スキルアップの機会が多くてに入るほど、自分自身が成長でき、結果として昇給やボーナスの上乗せなどの機会を手に入れやすくなります。

転職先の選び方2: 福利厚生があり、しっかり休める転職先を選ぶ

人間は身体が資本です。

選ぶならばしっかり休日がとれ、セミナー等に参加しやすい環境を選ぶといいでしょう。

メリハリをつける生活をおくることで、モチベーションを保つこともできます。

現在の職場での生活リズムで疲れている場合は、給与そのものも大事ですが、一方で福利厚生を優先することで安心して働くことができ、結果出費を抑えることで手元に残るお金を増やせるかもしれません。

転職先の選び方3: チャレンジできる転職先を選ぶ

勤務医に難しいことは任せない、という方針の院長がいるのも現実であり、まっとうな事実です。

自分自身がやりたいことがやれるか、そんな職場選びが大切です。

これは面接時や見学時に、どういった方針の病院であるかや、現在勤務医がすでにいる病院ならば、その勤務医のスキルはどの程度のなのかをじっくり見ることが大事になるでしょう。

さらに思い切って、異業種へ転職する

単純な給与アップ、生活水準の向上を考えれば、一般企業での臨床開発職など、獣医師の資格があれば優遇されるような仕事に切り替えるのも一つの手です。

獣医師免許をどこまで活用するのか、それはアナタ次第です。

仮に、未経験の業界であっても、国家資格である獣医師免許は優遇されます。

気になる業務があれば、インターネットで検索してみたり、応募資格について検討してみたりすることをおすすめします。

少し視野を広げてみるだけで、思ってもいなかったような業務との出会いや、給与アップの機会が手に入ったりするものです。

とくに獣医師は人数が少ないため視野が狭くなりがちですが、他業種に目を向けることで自身の価値を再確認することもできます。

ぜひ視野を広く持つようにしてみましょう。

さらにさらに思い切って、開業をする

冒険と言われる可能性も大いにありますが、開業し院長となることで多くの収入を得られるチャンスはあります。

その一方で経営をしなければならないことや、勤務医のように常に安定した金額が手に入るわけではありません。

ハイリスクハイリターン(場合によってはハイリスクローリターンかもしれません)の方法になりますが、自分自身を試すことや、休業日を自由に設定したりできることなど、メリットもあるため、勤務医での限界を感じてきた方は検討する価値のある方法です。

「獣医師の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

給料をアップさせるための求人の選び方

各転職サービスや、企業ホームページ、求人情報などをしっかり読み込む必要があります。

一般的な転職サイトには獣医師向けの求人は少ないですが、日本獣医師会の求人募集ペーシや、各動物関連企業の求人募集ページに登録することで、自分が知らなかった多くの求人を知る機会を増やすことができます。

また、医療業界向けの求人サイトにも、獣医師免許を必要としている求人がありますので、視野を広く持つことで給料アップにつなげることができるでしょう。

また、時々ですが求人票と実際の内容が違うというケースがあります。

実際には週休2日ではなく1.5日だった、残業が想像以上に多かった、ボーナスの支払いがここ数年行われていない、などのことがあります。

そればかりは実際に働いてみないと分からないかもしれませんが、そういったケースが存在してしまうという事実は念頭に置くべきです。

結果時給換算したら前職のほうが給与が良かった、なんてことになれば元も子もありません。

給与相場が今よりも高いところを探そう

まず基本給をチェックしましょう。

しかし、基本給だけでなく、残業手当などの手当もしっかりチェックすることです。

そうしないと、給与が上がったのに手当がなくて結局トータルの給与が下がってしまった、ということにしたいですね。

賞与や昇給制度をチェック

賞与は何ヶ月分なのか、昇給制度があるのか、きちんと求人情報に書かれている場合は信頼に足ります。

個人経営の動物病院では、賞与はあまり大きく当てにすることはできませんが、企業経営の動物病院であったり、一般企業であれば賞与はありますので、トータルいくらになるのか考える時に賞与は大事になります。

残業代はちゃんと出る?

こればかりは情報を見ているだけで分かりません。

口コミをチェックしたり、実際に企業訪問や病院見学を行うことをおすすめします。

残業も、どこからどこまでが残業なのか、しっかりと定義されていないケースが多いです。

タイムカードが導入されている場合でも、いわゆるタイムカードを押してからが本当の残業ということも少なくありません。

なかなか見学時にそこまで判断するのが難しいケースが多いと思いますが、それとなく従業員に話を聞いてみたりするのがいいでしょう。

交通費や福利厚生は?

福利厚生は手厚いほどいいです。

手取りが少なくなったと感じる場合でも、これまで支払っていた税金等を考えてプラスになる場合があります。

また、女性の場合は今後のライフプランも考えて、産休や育休が取得可能なのか、また実際に取得して復帰した人がいるのかどうかを確認することは大事です。

経験者が教える、実際に給料がアップしたのはこんなとき

一人で任される仕事が増えたとき

例えば、外科手術を執刀医としてこなすことができる範囲が増えたり、診察においても難しい症例を請け負えるようになってきたときに、スキルアップをしたと判断されて給与が上がります。

上がるタイミングが各動物病院により異なりますが、多くの場合定期昇給は1年に1度設けられていますので、そのタイミングで数千円から数万円程度の昇給が見込めます。

基本給が上がることで、ボーナスにも影響が出ますので、積極的にスキルアップを目指すのがいいでしょう。

雇用形態ごとに違いは出てくる?

月給や年収

月給、年収を比較した場合、やはり正社員として勤務することが一番給与を得る手段になります。

しかし、時給換算してどうか、というところや、福利厚生にも目を向ける必要があるでしょう。

給料以外における良い点と悪い点

正社員

給与はいいが、拘束時間が長い。

時給換算すれば普通のアルバイト以下のこともありますので、自分の体力との相談も必要になります。

しかし、ほかの雇用形態にはない福利厚生があったり、賞与がでるというのは大きなメリットです。

また正社員として働くことで、ローンの契約もしやすいですし、社会的な信用も得やすいというメリットもあります。

派遣、契約社員

給与が安くなってしまう、福利厚生が薄い、何よりも長く働くことができません。

しかし、やりたい仕事の第一歩になる、経験が得られるという意味では、柔軟な働き方ができるためメリットといえる勤務形態です。

アルバイト、パート

短時間の勤務でそれなりの給与が得られるメリットが有ります。

ある程度のスキル、経験がないと勤務することが難しく、また、正社員ほどの福利厚生がないため、ワークライフバランスを重視する際には選びたい勤務形態です。

例えば子育て中だったり、一旦休職したあとの復職の一歩として活用することもできます。

その後正社員として雇用されるケースもあるため、今後正社員としてフルタイム働くことも考えている方の場合は、積極的に活用していきたい雇用形態になります。

その場合は、正社員として雇用してもらえる可能性があるかどうかについて事前にしっかり確認しておくことが必要になります。

この働き方は、こんな人におすすめ!

多様な働き方が認められる現状ですが、それでも獣医師の求人の多くは正社員としての勤務であり、働くか辞めるかを迫られることが多くあります。

そのような時ほど、自分自身何を重視して働くのかをしっかりと考えて、柔軟な働き方を選んでいきましょう。

正社員

獣医師としてスキルアップしたい、自立したい、経験を得たい、というような給与以上に求めるものが大きい場合におすすめです。

もちろん福利厚生も一番充実した働き方ですので、家庭を支えるなどの目標があるかたはやはり正社員として働くことをおすすめします。

派遣、契約社員

短期間ひとまず働きたい、どうしても経験してみたい業務内容だ、というように、ステップアップのきっかけとして選びたい働き方です。

その先に、正社員への道が開かれているケースや、さらなる転職時にアピールポイントとして活用できます。

また、自分がその仕事に本当にマッチしているのか、想像だけでミスマッチはないのか知りたいというときにも選びたい働き方です。

給与以上にスキルアップを目指したり、経験の幅を増やしたいというような方にはおすすめです。

アルバイト、パート

短時間だけ働きたい、趣味や家庭と両立したい、というような方に一番のおすすめできる働き方です。

自分の得たスキルを落としたくない、でも正社員で働けるほど時間が取れない、という場合にもこちらの働き方はおすすめです。

時間がとれるようになれば正社員として雇用されるケースもありますので、ゆくゆくはフルタイムで働くことを考えている方でもデメリットにはなりにくいでしょう。

「獣医師の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

まとめ

獣医師として給与をアップしていくには、やはり経験・スキルが大事になります。

それを得るためにはもちろん時間がかかりますが、コツコツと努力を重ねることで獣医師としてスキルアップしていきましょう。

石の上にも三年といいますが、一般的にも3年働くと、次どうするべきかを考える時期にやってくるかと思います。

自身のライフスタイルが変わったり、仕事をしていく中で自分が求めるものが違ってきたり、さらなるステップアップをするのかどうか、どういう道に進むべきなのか悩むことも多いでしょう。

自分自身が想像しているよりも、あなたのことを必要としている求人情報が世の中にあるかもしれません。

スキルアップをしながら、求人情報をこまめにチェックすることでよりよい仕事に出会える可能性を捨てないようにしましょう。


関連キーワード

獣医師求人

獣医師求人についてもっと深堀りした情報を見る

獣医公務員求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

獣医師の仕事のうち、公務員として働くという方法があります。獣医師なのに公務員?とよくわからない方のほうが多いと思います。同じ公務員として働いている人たちの中にも、獣医師が公務員として働いていることを知らない人がいるくらい、この仕事は世間的には目立たない仕事です。公務員の仕事は縁の下の力持ちである部分が多いですが、公務員獣医師として働く獣医師が請け負っている仕事も、同様に縁の下の力持ちとして活躍する場面が多いのが特徴です。今回は、そんな少しマイナーな印象もある公務員獣医師のお仕事について、そしてその求人がどのようなものなのかについて、みなさんの気になるポイントをご紹介していきたいと思います。公務

獣医師の転職を成功させるために!働き先の種類やおすすめな病院の3個の特徴と上手に転職するための3つの注意点

獣医師として生きていく中で、様々なライフプランがあると思います。そして人生にはいろいろな転機が訪れます。例えば、結婚して家庭ができたり、昇進して責任のある立場になったり。また、自分自身の獣医師としてのステップアップも考えるときがやってくるでしょう。そんなときに、転職という手段がひとつ候補に上がってくるかもしれません。獣医師、とくに臨床獣医師として動物病院で働く獣医師が転職を成功という形で収めるにはどうしたらいいのか。もちろん人により目指す形は異なります。自分自身にとって一番最善の形で転職ができるような動物病院の選び方、また、転職する際に何に気をつければ成功できるのか、これらについて説明していき

獣医師の年収はどれくらい?相場感や給料を上げるための転職術を教えます

獣医師の年収ははたしてどのくらいになるのでしょうか?一般的には医とつくので高給なイメージがあるかもしれません。実際はどうでしょうか。獣医師においても様々な業務形態があるため、今回は各業務形態ごとに、その年収がいくらぐらいになるのか、また給与アップを目指すための転職術についてご紹介したいと思います。獣医師の給料の相場はどのくらい?正社員で新卒入社した場合小動物臨床獣医師の場合一般的な犬猫の動物病院に就職した場合、地域差もありますが、初任給が月20〜25万円程度が相場になります。そして、給与のいいところで30万円程度。一般的な大卒初任給と同程度か、少しいいかな、と思えるくらいになります。大動物臨床

獣医師の仕事はどんな人に向いているの?仕事内容や向き不向き、キャリアについて解説します

獣医師はどんな仕事をするのでしょうか。何となく白衣を着て、犬猫相手に優しく語りかけているようなイメージを持たれている方も多いかもしれません。ですが、実際の獣医師の仕事は幅広く多岐にわたり、また決してきれいな部分ばかりではありません。獣医師の仕事はどんな仕事?獣医師の仕事はとても広く、「犬猫などの小動物を治療する」「牛豚などの大動物を治療する」「公務員として衛生管理をする」「企業や大学で研究・開発をする」など働き方が多様です。実際に生き物を治療するだけでなく、生き物が生きる環境を整えることも仕事になります。例えば流通する肉の安全面や衛生面を検査したり、海外からやって来る感染症を防ぐような仕事も獣

獣医師正社員求人の年収や仕事内容、おすすめ求人の特徴とは?よくある募集内容や正社員として求められることを解説!

獣医師が正社員として働くとは、どういうことでしょうか。雇用される立場として、どのような仕事をしていくことになるのか、また、おすすめされる求人とはどういうものなのかを紹介していきたいと思います。獣医師の正社員の仕事とはどんな仕事?仕事内容は多岐にわたります。同じ獣医師であっても各業種ごとに業務内容は異なります。獣医師の正社員の仕事1:小動物臨床獣医師の場合犬猫をはじめとし、その他うさぎやハムスターといった小動物の病気を治療したり、予防診療を行います。獣医師の場合、医師とは違って、内科、外科等に分かれていません。専門医も少しずつ増えてきてはいますが、多くの動物病院では、総合診療医として働くことにな


獣医師求人に関するコラム

獣医師になるには?資格や勉強しておくべきこと、仕事の探し方まで経験者が解説!

獣医師になるには、どうすればいいのでしょうか。医師とついているけども、獣の医師である。そもそも獣医師とはどういう資格であるのか、そしてどうやって資格を取得すれば良いのか、わからないことはたくさんあるかと思います。今回は国家資格である獣医師免許の取得方法と、重医師免許取得後の就職先等についてご紹介したいと思います。獣医師になるには?獣医師とは、獣医師法第1条に記載されている通り、「獣医師は、飼育動物に関する診療及び保健衛生の指導その他の獣医事をつかさどることによつて、動物に関する保健衛生の向上及び畜産業の発達を図り、あわせて公衆衛生の向上に寄与するものとする。」とされています。一般に、人が飼育す

獣医師のやりがいとは?現役の私が感じる3個のやりがいを感じる瞬間を紹介します

獣医師のやりがいとは、何でしょうか。ひとことで獣医師といっても、その仕事は多岐にわたっています。その分、獣医師の活躍の場は広く用意されています。そのため、獣医師は多くの場でやりがいを感じるきっかけが得られる仕事です。やりがいが多い分、反対に大変さや苦労も多い仕事でもあることが獣医師の特徴です。今回は、獣医師がどのような仕事をしており、どういった場面でやりがいを感じるのかについて、説明したいと思います。獣医師はどんな仕事?獣医師とは、言葉通り獣の医師であるため、犬猫をはじめとした小動物や、牛豚などの家畜の病気を診断し、治療する仕事です。また、そういった治療行為を行うだけでなく、国家公務員や地方公

獣医師を辞めたいと感じる人の5個の理由の種類と対処法。つらすぎる時は働く環境を変えることも必要かもしれません。

獣医師として働いているあなた。以前から、もしくは最近、辞めたいと感じたことはありませんか。多くの獣医師が、働いているうちのどこかで「辞めたい」と感じるようになると言われています。欧米の研究では獣医師の自殺率が高いことが問題として取り上げられています。もしも、あなたが少しでも辞めたいと感じているなら、辞めることも一つの手段です。もちろん、続けることも一つの方法です。今回は、獣医師を辞めたいと感じる理由とそれに対する対処法について紹介したいと思います。獣医師を辞めたいと感じてしまう5個の理由と対処法とは?なぜ、獣医師を辞めたいと感じているのでしょうか。人により様々な理由があるとは思います。獣医師の

獣医師とはどういう仕事?良い面・悪い面やその後のキャリアなどについて経験者が紹介します

獣医師とはどのような仕事をして、どのようなキャリア形成をしていくのか。仕事であるため、獣医師の生活にも良い面と悪い面が存在します。今回は獣医師という仕事と、その良い面悪い面の両方を紹介します。獣医師とはどんな仕事?獣医師と聞くと、一般的には犬や猫のお医者さんである「動物のお医者さん」を想像されるかと思います。獣医師の仕事は実際は多岐にわたっており、犬や猫を診察、治療する小動物臨床獣医師をはじめとし、家畜である牛や豚の診察、治療をする大動物臨床獣医師、公務員として家畜衛生や公衆衛生を守り監視する獣医師など多くの場で獣医師は活躍しています。また一般企業である製薬会社や検査会社等に勤務し、その知識を

獣医師の仕事内容5個の働き方。経験者が教えます!

獣医師としての活躍の場は多岐にわたり、多様な働き方が認められています。免許を活用した業務だけでなく、動物のプロとして様々な仕事に携わることが可能です。ここから獣医師の仕事内容について紹介していきます。獣医師の幅広い業務とは?経験者が紹介!獣医師の仕事は幅広く、小動物臨床獣医師、産業動物臨床獣医師、公務員、企業での研究開発など多岐にわたります。獣医師の幅広い業務1:小動物臨床獣医師として働く犬猫を始めとした小動物を診察し治療する仕事です。最近ではエキゾチックアニマルと呼ばれる野生動物を飼育する方が増え、犬猫に限らず様々な動物を診察することになります。人間の医師と違い多くの動物病院では診療科が分か